ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愛護センターレポート( 1792 )

8/1センターレポート D部屋   3頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。




引き続き、動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)


7/25:この部屋に数名で入ると警戒してしまうのですが
撮影者ひとりで入ると、尾を振って出迎えてくれます。

おそらく、家庭に入って
飼い主さんに心開けば、一筋に懐く子なのだろうと思います。


この日は少し警戒していたのか、
おやつをあげようとすると寄っては来るものの、
おやつだけをくわえて遠ざかっていってしまいました。
それでもこの部屋で手から直接おやつが食べられるのは
この子だけなので、周りの子たちにも良い影響を
もたらしてくれることを願っています。
食いしん坊なので、おやつを使ってもっと警戒心を
緩めてあげられたらと思っています。
f0078320_23103433.jpg


f0078320_23103986.jpg


f0078320_23104413.jpg
f0078320_18275433.jpg









※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

7/25:お顔を写したくて、手でこちらに引き寄せて
身体の向きを変えましたが
力を入れて身を固くするものの、口が出ることは無かったです。



この日も部屋の一番奥の隅でじっとしていました。
この子は部屋に入っても全く動くこともなく
いつもじっとしたままですが、
体格にも変化は見られませんので、
普段はきちんと食事も摂れているのだと思います。
近づいていっても逃げることもなく、
体を触っても抵抗することもなくじっと受け入れてくれます。
いつも思うことですが、とても表情が乏しい子です。
何か諦めきったような表情を見ると
なんとかこの子にも人と一緒に過ごすことの楽しさを
教えてあげたいと思わずにはいられません。

f0078320_23121987.jpg


f0078320_23122569.jpg


f0078320_23123143.jpg









※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい

7/25:見る度に身体が大きくなっているような気がします。
心臓に負担が掛からなければよいのですが・・。
近づくと逃げる割に
知らん顔していると、けっこうそばにいたりします。
人と暮らしていた子のようですし
どこかに人を頼りにしたい気持ちが残っているのかもしれません。


とても特徴的な綺麗な巻き毛が印象的で
体だけでなく、尻尾まで綺麗な巻き毛になっていて
大変目を惹く子です。
おやつは離れたところであれば、私たちが見ている目の前でも
食べることができます。
離れたところから手を伸ばして顔を背けた状態で見せると
興味があるのでクンクンと少し匂いを嗅ぐ様子は見せますが
まだ直接手から受け取って食べる勇気が出ないようです。
それでも以前に比べれば匂いを嗅ぐような仕草もするように
なりましたので、焦らずゆっくりと接してあげたいと思います。

f0078320_23160074.jpg


f0078320_23160761.jpg


f0078320_23161547.jpg


f0078320_23162201.jpg


f0078320_23162960.jpg

レポートは続きます。



by centre_report | 2017-08-04 18:56 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート 4日目部屋 5頭

ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※コメントは先週レポートより転載します。
 写真は8/1現在の最新のものになります。



※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

7/25:ハッとするほど表情が可愛らしくなりました。
蒸し暑い時期ですが、皮膚の状態が悪化した様子はありません。
この子が座っているところに
人が近づいても少し身は固くするものの
逃げようとはしません。
少なくとも、人は危険ではないと学んでいるようです。


人が近づいても積極的に逃げようとはしません。
いつも同郷と思われる黒くんにくっ付くように座っています。
ゆっくりであれば頭も撫でさせてくれて
人への警戒心は薄めです。
撫でられる以上のコミニュケーションはあまりとったことがなく
未知なことにはまだびびってしまうこともありますが
経験を積むことで少しずつ慣れてくれそうな子です。

人の手からもおやつを食べますし
知らん顔していると、この子の方から匂いを嗅ぎに来ます。
この部屋の中では、人に対して一番警戒心が少ない子だと思います。
f0078320_00511259.jpg
f0078320_00512441.jpg
f0078320_00513311.jpg
f0078320_00514030.jpg
f0078320_00514963.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

7/25:この子は座り方が特徴的で
最近はいつもこの姿勢で座っています。
そーっと外から部屋を覗いた時は
足を投げ出して横になって寝ていて
リラックスすることもちゃんとあるようで安心しました。


黒い子なので、写真では表情があまりはっきりしませんが
目がクリッとしていて、マズルは短めで
実は少しベビーフェイスです。

多頭でほぼ野良に近い生活をしてきた子ではありますが
人から餌をもらっていた経緯がありますので
人を見てもパニックになって歩き回る
なんてことはありません。

野良時代に行動を共にしていたであろう子たちは
一部を除き、新しい生活環境でゆっくりと慣れてきて
家庭犬として人との生活に馴染んできています。

5月まで同室だった茶白くんも、迎え入れてくれたご家族の愛情に
少しずつ答えるようになってきたようです。

家庭で人との生活の中に入ることができれば
歩みはゆっくりかもしれませんが
必ず変化は出てくると思います。
f0078320_00531869.jpg
f0078320_00532571.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより
f0078320_23031910.jpg


f0078320_23032519.jpg


f0078320_23033036.jpg





※28/2/16よりレポートに登場 (28.2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

7/25:この部屋の中では
一番触ることのできる子だと思います。
他の子も、ロープなどで逃げられないようにすれば触れますが
そうではなく、この子は拘束しなくても触れます。
今はビビリっ子の中で皆が同調し合っていますが
環境が変われば変化も見られると思います。

撮影者が一人だけで入ると、いつもよりも警戒心が薄くなり
そばに行っても逃げることもせずにその場に座って
大人しく撫でさせてくれました。
警戒心が薄れるだけでなく、おやつを期待するように舌をぺろぺろさせて
手元からおやつが出てくるのを待っているようで
差し出すと、手からは食べなかったものの
人がいる前でも置いたおやつはちゃんと食べていました。

リラックスしている様子が見られてとても嬉しかったです。

ゆっくりと撫でている時に、唸ったり鼻にシワを寄せたりなどの
行為は見受けられません。
基本は穏やかなタイプの子だと思います。

人への興味はある子ですから
家庭に入れば少しずつでも人との生活のひとつひとつを
好奇心の中で学び、変わっていくことができると思います。
f0078320_00555340.jpg
f0078320_00560182.jpg
f0078320_00561100.jpg
f0078320_00562483.jpg
f0078320_00563863.jpg
f0078320_00561802.jpg



※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

7/25:仲間を頼りにする姿を見ることが多くなってきました。
同室の子は皆、あまり人馴れしていないので
今は同調し合っていますが
頼りにする犬が人懐っこい子であれば
良い影響を受けられるかもしれません。


この子もしきりに外(廊下)を気にしていて
落ち着かない様子でした。
丁度新たな収容犬たちがトラックで運ばれてきた後だったので
それが気になっていたのかもしれません。

この子も野良に近い生活を送っていたと思われ
そのあたりで同室の犬たちと気が合ったのか
群れにすんなり馴染みました。

この子が棲んでいた地域は、同じような
気が弱めで穏やかな野良っぽい子が時折捕獲されます。

同郷と思われる野良ちゃん達の中で
家庭に入ることができた子たちは
人との生活に慣れ、家庭犬として過ごすことができています。

攻撃性はなく、いたって穏やか
気が弱めで、人よりも犬を頼りにしますので
同居犬がいる環境の方がこの子には向いていると思います。
f0078320_00575186.jpg
f0078320_00575713.jpg
f0078320_00580699.jpg
f0078320_00581377.jpg
f0078320_00582091.jpg




※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

7/25:この子はやはり数名でのこの部屋に入ると
落ち着きがなくなります。
逆に撮影者ひとりですと、好奇心の方が勝るのか
少しそばに寄ってきます。
とは言っても一定の距離は保とうとしますので
無理強いせずに自分から来てくれるのを待つのが
一番良い表情を見せてくれると思いまいた。


先週は興味深げにすぐ傍までこの子の方から近づいてきましたが
この日は外(廊下)に何か気になることがあったようで
しきりにそちらを見てウロウロし、落ち着かない様子でした。

いつも廊下からそっとこの部屋を覗き込むと
皆はスノコの上に固まって座っていますが
この子は皆から離れたところにひとりで丸まっています。

人が部屋に入ると、他の皆のところに駆け寄って行くので
頼りにはしているようですが
自分から積極的に群れに溶け込もうとはしていないようです。

捕獲される前に行動を共にしていた老犬のベレンくんは
一足先に幸せを掴みました。

この子も家庭犬として再出発できる日が一日も早くやってきますように。
f0078320_00594032.jpg
f0078320_01000374.jpg
f0078320_00593255.jpg
f0078320_00595662.jpg
f0078320_00594762.jpg
f0078320_01001681.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-08-04 01:05 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート B部屋3頭・C部屋1頭

ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を
探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



※一部先週レポートより転載しています。





【B部屋】3頭


8/1:人恋しいのか、人の気配を感じるとケージの中から
吠えて一生懸命アピールしていました。
人に対しての不信感などは微塵も持っていないようで
しきりに甘えてきました。人はとても好きなようです。
抱っこもし慣れていて、今まで十分甘えさせてくれる
そんな環境にいたのかもしれません。


※7/25よりレポート登場 (7/18収容)
▽白茶黒 メス 6-7歳 8キロ程度 

小ぶりで、クリクリ目が可愛い女の子です。
ついこの間まで人のそばでニコニコ朗らかに笑っていたのだろう
そんな印象を受ける子です。

動きが激しすぎるような、チャカチャカした感じは見受けられませんでした。

本来人懐っこい子でも、センターのような場では
様々な犬達の気配で気後れしてしまう子が多い中
笑顔を見せられる子は、よほど人を信頼しているか
もしくは気持ちが安定していてどっしりしているか

いずれにしても、この子が強いストレスを感じていないのは見て取れました。

また変化などもあるかと思うので
次週詳しく観察してきます。



f0078320_18324562.jpg
f0078320_18325041.jpg
f0078320_18330196.jpg
f0078320_18325696.jpg
f0078320_18330653.jpg





※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

外に出すと落ち着きがありますが
出してもらえるまで吠えてアピールしていました。

目が少し見え辛いのか、人の顔をじーっとよく見つめますので
カメラ目線はいつもバッチリです。

人に構ってらったり、話しかけてもらうことなど
とても好きな様子ですが
ややマイペースなところもあり
無理に体を動かそうとすると
甘噛みして嫌だと意思表示することもあります。

ケージの中でジッとしているのは好きではないようで
おそらく室内フリーの環境であれば
人にべったりすることはなく
好き勝手にマイペースに楽しむタイプだと思います。
f0078320_23350887.jpg


f0078320_23352527.jpg


f0078320_23353078.jpg


f0078320_23353594.jpg


f0078320_23353944.jpg





☆おもち

※2016/10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)

首輪にリードを付ける時、全く抵抗することがなくなったおもちです。
隣で朗らかな表情をみせるおもちは
今の姿だけを見ると、我の強いマイペースな時期があったとは
思えないほど、人と過ごす時間を素直に楽しむことができる子になってきています。
もともとのおもちの良さが出てきたのだと思います。


現在は色んな人と交流ができて
本当に良い意味でおもちは変わりました。

人をきちんと尊重するようになったことが
一番の変化だと思います。

f0078320_23383710.jpg


f0078320_23384565.jpg


f0078320_23390068.jpg


f0078320_23391151.jpg




f0078320_23392448.jpg








【C部屋】1頭

※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

この日小雨が降っていましたが、
ストレスがたまっていると思われるこの子を
ドッグランに連れ出してみました。

相変わらず自分からウロウロ動き回ることもなく、
私たちについて歩くくらいで、
ケージの中にいる時の大騒ぎとはうってかわって
外に出てしまえば常に人のそばに寄り添っており
本当に甘えん坊で人恋しくて仕方がないことがわかります。
半年以上ケージの中で過ごしているこの子にとっては
人のそばにいられないストレスも相当なものがあると思います。
f0078320_23491375.jpg
f0078320_23492079.jpg
f0078320_23492905.jpg
f0078320_23493789.jpg
f0078320_23494458.jpg
お座りもきちんと出来ますし、
じっとこちらの言うことを聞いていますので
しっかりとこちらの指示は伝わる子だと思います。
f0078320_23505232.jpg
この暑さで皮膚の状態もあまりよくないようで、
ドッグランに出ている間もしきりにお腹や足を掻いていました。
よく見ると脇の下などは掻き壊してしまっていて
皮膚に血が滲んでいました。
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。
投薬や薬浴などでケアしていくことが必要になりますので
お世話は大変かもしれませんが、
人には従順で本当に人を信頼している子ですので
とても良いパートナーになってくれると思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23564513.jpg
f0078320_23565455.jpg
f0078320_23570181.jpg
f0078320_23570825.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2017-08-03 23:58 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート 収容室①2頭・収容室②1頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を
探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



【収容室①】2頭


※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 12-3キロ 13-4キロ

収容当初にこの子を見た時には、もっと戸惑っている様子でしたが
久しぶりに対面し、ケージ扉を開けてロープをかけてあげると
自らスタスタと外に出て来ました。
ただ、外に出てくるとどうしていいかわからず
狭い隙間に入り込もうとしてしまいますが、
ロープで誘導して落ち着かせると
緊張感が抜けるまでには時間がかかるものの
じっとしていることができました。

1歳未満のこの子はぐんぐん体が成長している
ように思えます。
体も心も成長していく時期だからこそ、
一日も早く人と一緒に生活することで
いろいろと経験を積んでいけることと思います。
今のこの子には経験値が足りないだけだと思いますので
早く家庭に入れることを願ってやみません。
f0078320_12092963.jpg
f0078320_12095913.jpg
f0078320_12102901.jpg
f0078320_12105919.jpg
f0078320_12112928.jpg
f0078320_12115912.jpg
f0078320_12122958.jpg
f0078320_12125997.jpg





※8/1レポート初登場 (7/11収容)
▽プードル雑種 黒 オス 6-7歳 5-6キロ

ケージの中では大騒ぎで、出して!出して!と
吠えていましたが、外に出てくれば吠えることはありません。
とても甘えん坊で抱っこもされ馴れているようで
問題なくおとなしく抱っこされていました。

元の家で甘やかされていたのか、かなり体重オーバーです。
それでも動きは俊敏でチョロチョロと
よく動き回っていました。
真っ黒な毛なため、かわいいお顔がなかなかうまく
撮影できませんでしたが、ほぼトイプードルに近いこの子は
小柄でかわいい子です。
推定年齢のわりには落ち着きもあまりありませんが、
人馴れは抜群です。
ケージに戻すときには、戻りたくないと踏ん張っていました。
お散歩もしっかりして、体重管理もしてくださるご家族に
是非迎えていただければと思います。
f0078320_22522804.jpg
f0078320_22525951.jpg
f0078320_22535654.jpg
f0078320_22542509.jpg
f0078320_22545652.jpg
f0078320_22552612.jpg
f0078320_22555689.jpg
f0078320_22562644.jpg






【収容室②】1頭


※8/1レポート初登場 (7/19収容)
▽テリア系雑種 茶 オス 3歳ぐらい 11-12キロ

若いわりにはとても穏やかな男の子です。
まるでヨークシャーテリアのように細くてツルツルな長い毛に覆われて
見た目もとてもかわいい男の子です。
まだ収容されて間もないので、この環境に馴れていないだけ
かもしれませんが、動き回ることもなくじっとしていました。

ロープをかけることにも抵抗はなく、
ロープで誘導してあげればすぐにケージから出てくることが
できました。
どこを触っても嫌がることもなく、人馴れは問題ありません。
よく見ると足の毛もボサボサで、
ほとんど手入れしてもらえてなかったことがうかがえます。
ベタベタと甘えてくるタイプではないかもしれませんが、
とても飼い易そうな印象を受けました。
来週以降も様子をよく見てみたいと思います。
f0078320_23324146.jpg
f0078320_23325044.jpg
f0078320_23325784.jpg
f0078320_23330472.jpg
f0078320_23331013.jpg
f0078320_23341872.jpg
f0078320_23342573.jpg
f0078320_23343382.jpg




レポートは続きます。






by centre_report | 2017-08-03 14:23 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート A部屋   5頭



ひなのんさん&姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※ケージNo.Ⅴの子のみ新たにアップしています。
No.Ⅰ~Ⅳまでの子達は皆元気にしていることを確認しており
情報は先週レポートより転載します。



№ Ⅴ


※8/1レポート初登場 (7/27他抑留所より移送)
▽茶たれ耳 メス 2-3歳 17-18キロ程度

人馴れ抜群の女の子です。順番を待っている間も大人しくしていました。
訪問メンバー一人一人に挨拶をしてニコニコとご機嫌でした。
シッポを引っ張ってみたりしても全く気にする気配もありません。
今すぐ家庭犬として問題なく暮らしていける子だと思います。
まだ若いので力は強く何かに興味を持ってグッと引っ張ることもあると思います。
運動量も多く必要だと思われますので、リーダーシップを持って、沢山お散歩に
行っていただけるご家族が向いていると思います。

他の犬のケージの前でも全く気にすることなく、我が道を行く感じで見つめていて
他犬が鼻にしわを寄せて怒っているのに分かっていないようでした。
空気を読めない感がややあります。
かまって欲しくて手を出したり、顔を舐めたり一生懸命アピールして甘えていました。
センターの職員さんの話では、最終部屋にいたときも
他の犬とケンカをすることはなかったそうです。
f0078320_00090914.jpg

f0078320_00095240.jpg

f0078320_00105541.jpg

f0078320_00115107.jpg

f0078320_00122738.jpg

f0078320_00130064.jpg

f0078320_00092989.jpg







No.Ⅰ

※7/18よりレポートに登場 (6/27収容)
▽薄茶 秋田犬 メス 4-6歳 20キロ程度

8/1:嫌なことは嫌と主張するようだ、と聞き、改めてよく観察してみました。
ほとんどの和犬に見られる程度の主張はしていました。
お尻や頭、シッポ、脚などを触られるのはあまり好きでは無く、
我慢はしていても限界を超えると「ガウ」と怒って止めてと主張をする程度です。
良く観察して接すれば特に問題はないと思いますが、
知らずに接すると急に怒ったように感じてしまうかもしれません。

7/25:子犬のような甘噛みがあると聞いていましたが
最初に見た日はそれは見られませんでした。
今回の撮影時には、なるほど、これかという素振りが見られました。
甘噛みの他に、嫌なことは嫌だと主張するような場面がありましたが
それについては断定できないので(勘違いかもしれないので)
来週、少し時間を掛けて観察してきます。


純粋な秋田犬だと思いますが、体格は小ぶりな方で
お顔も良く知る秋田犬の古風な感じではなく
“今どき”な可愛らしいお顔をしています。

人のそばで暮らしていたことが良く分かるほど人馴れしていて
見知らぬ人に警戒する様子はなく
初対面の私たちにも屈託のない表情で接してくれる子です。

職員さんのお話では、無邪気でヤンチャな面もあるそうで
子犬のように甘噛みもするのだとのことです。

この日、私たちが見る限りでは
落ち着きもあるように見えました。
時間の経過と共に変化も見られるかもしれませんので
また時間を掛けて観察してきたいと思います。





f0078320_22452510.jpg

f0078320_22453039.jpg

f0078320_22453667.jpg

f0078320_22454298.jpg






No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ
この日も一番撮影に協力的だった田中クンです。
ケージから出す時も、戻す時も
とても聞き分けが良く、なによりチャカチャカと興奮することがないので
どの写真も殆どブレずに撮れることでは田中クンと竹蔵クンはダントツです。

先週のレポートで紹介しました通りに
収容当時から落ち着きのある性格で
決して一時的なものではないのだと思います。

他犬に対して厳しい面はありますが
全ての犬に対してではなく、比較的大人しいメスには
さほど反応しないこともわかりました。

田中クンがストレスを感じずに過ごせる環境で
再出発できることを祈っています。
f0078320_22472860.jpg

f0078320_22471228.jpg

f0078320_22472300.jpg

f0078320_22471743.jpg
↓8/1撮影 やはり少し太り過ぎだと思います
f0078320_00551307.jpg







No. Ⅲ

※7/4よりレポートに登場(6/26他抑留所より移送)
▽チョコラブ オス(去勢済) 7-8歳 22-25キロ

先週のレポートで、“スタミナが続かず、床にゴロゴロする”と紹介しましたが
実はそうではなく、おやつを見せると
“お座り”からの“伏せ”を一生懸命見せていてくれたのだとわかりました。

そうすることで人が喜ぶことも知っているのだと思います。
今までもそうやって元の家族の前でそうしていたのかと思うと
なんだか健気で少し切なくなりました。

チョコラブのイメージ通りに明るく無邪気な性格で人懐っこい子です。
はっちゃけし過ぎる子ではなく、今までセンターに収容されてきた
ラブの子達に比べると、はるかに落ち着きがあります。

得意の“伏せ”を目を細めて見てくれる
優しく温かい飼い主さんに恵まれますように。
f0078320_22431900.jpg

f0078320_22432580.jpg

f0078320_22433020.jpg

f0078320_22433512.jpg

f0078320_22434150.jpg

f0078320_22434778.jpg
↓8/1撮影 お座りも伏せも上手に出来る元気いっぱいの可愛い子です
f0078320_00575374.jpg






No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

自分の順番が待ち切れなくて
個別ケージに身体ごとガンガンぶつけながら
一生懸命アピールしていたコンくんです。

一日の多くの時間をそこで過ごしているので
興奮してしまうのも無理はないと思います。
ですが、最近は外に出すと落ち着きも出るようになりました。

一時期、意思疎通が難しいほど
たえず動き回るような情緒面での心配は見られなくなりました。

嫌なことは嫌!と意思表示するところもあるようですが
少なくとも撮影時にそういう場面を見たことはないです。
f0078320_22492487.jpg

f0078320_22504051.jpg

f0078320_22524941.jpg

f0078320_22522685.jpg
↓8/1撮影 目を輝かせて喜んでいる姿はこちらまで嬉しくなります
f0078320_01000275.jpg
レポートは続きます






by centre_report | 2017-08-03 01:04 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート E部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 9-10キロ?

すっかり体つきもふっくらしてきたあぐちゃんです。
一時期の異常な痩せ方からは完全に脱しました。
相変わらずの甘えん坊ぶりで、ケージを開けるのが待ちきれない
といった様子で出てくるとすぐに頭を低くして
私の足元になだれこんできました。
しっぽをブンブン振って、体全体で嬉しさを表現してくれます。
そんなあぐちゃんもこちらでの生活が1年を経過しています。
2度目の夏をセンターで迎えることになってしまいました。
f0078320_20251077.jpg
f0078320_20252175.jpg
f0078320_20253370.jpg
f0078320_20254349.jpg
どうしても他犬との関わり方がへたくそで、
他犬との相性があるためになかなかご縁が繋がりませんが
人には本当に従順で、とてもかわいい甘えん坊さんです。
1頭飼いで接していただけるなら、とてもいいパートナーになることは
間違いないと思います。
人のそばにいることがあぐちゃんにとって一番幸せなことです。
たっぷりあぐちゃんをかわいがってくださる方に
迎えていただけますように。
f0078320_23033858.jpg
f0078320_23040738.jpg
f0078320_23085500.jpg
f0078320_23092506.jpg



<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 10キロ未満

この子も人恋しくてケージの中では大騒ぎしています。
ケージから出してあげると吠えることは全くありません。
この暑さと湿度で皮膚の状態が悪化しているようでした。
以前よりも脱毛が進行してしまっており、
センターでのケアにも限界がありますので
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。
それでもこの子は悲壮感が漂うようなこともなく、
元気一杯に私たちに甘えてきます。
f0078320_23393336.jpg
f0078320_23400326.jpg
f0078320_23403493.jpg
f0078320_23420269.jpg
f0078320_23410430.jpg
皮膚の状態が良くなり、毛が生え揃えば
少し大きめのポメラニアンのような風貌になりそうな感じがします。
こういったアカラスのような皮膚病の治療には
根気が必要になると思いますが、
それ以上にこの子へ愛情をかけてあげることで
自分の居場所があることに安心して
精神的にも落ち着いてくるのではないかと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23551682.jpg
f0078320_23544664.jpg
f0078320_23554539.jpg
f0078320_23561627.jpg




<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

日によっては歩き方もたよりげない感じの時もあるとのことでしたが、
この日は普通にケージから出てくることができました。
左目に涙やけができていて、
イボのようなものができている方の目だったので
多少それが影響しているのもあるのかなと思いました。
この暑さで、10歳を超えているこの子にはしんどいだろうと
いつも心配になりますが、食欲も特に変わりはないようで
お皿は空になっていました。
f0078320_00095558.jpg
f0078320_00102578.jpg
f0078320_00105514.jpg
f0078320_00113462.jpg
抱っこは少し嫌がる素振りを見せましたので、
上半身を抱きかかえてみたところ
とてもいい笑顔を見せてくれました。
人にかまってもらうことは嬉しいのだと思います。
シニアであるからこそ尚更、適度な運動も必要です。
どうしても足腰が弱ってしまいますので、
ケージの中だけの生活では厳しいものがあります。
シニアの魅力を理解してくださるご家庭に
迎えていただける日を待っています。
f0078320_00231826.jpg
f0078320_00234848.jpg
f0078320_00241956.jpg
f0078320_00244811.jpg





<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 12-13キロ

これぞシニアの魅力といった穏やかさをもった
かわいいおばあちゃんです。
ケージから完全に外に出てきたところで止まってしまい
ずっとその場でニコニコと笑顔をふりまいていました。
顔をわしゃわしゃと触っても、体をぎゅーっと抱きしめても
嫌な顔一つせず、ずっとニコニコしていました。
一緒にそばで添い寝したくなるほどかわいい子です。
f0078320_00345834.jpg
f0078320_00352849.jpg
f0078320_00355757.jpg
f0078320_00362725.jpg
以前もっと太っていたのか、
あちこちの皮膚がたるんでいます。
ゆったりと犬との生活を楽しみたい方には
ぴったりな子だと思います。
シニアにはシニアにしかない魅力がたくさんあります。
残りの犬生、一緒に過ごしてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_01051505.jpg
f0078320_01054537.jpg
f0078320_01061689.jpg
f0078320_01070260.jpg




<E-6>

※2/14よりレポートに登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-17キロ

まだ痩せ気味ではあるものの、
収容当初に比べれば格段にふっくらしてきました。
収容された頃のこの子のお乳はかなり大きく、
授乳中だったのかと思うぐらいでした。
今は大分お乳もしぼんできました。
まだ若いのにとても落ち着きがありますが、
甘えん坊でもあり、静かに甘えてくるところが
たまらなくかわいい子です。
f0078320_01131216.jpg
f0078320_01134234.jpg
f0078320_01144283.jpg
f0078320_01141211.jpg
普段はおとなしいこの子も、
やきもちからなのか、他犬に吠え掛かることがあります。
ただ、一頭でいる分には吠えることもなく
大人しくしていることができます。
あちこちミルクティーを垂らしたような薄茶のブチが
オンリーワンの雑種の魅力を醸し出しています。
是非この子にも目を向けてあげてください。
f0078320_01323850.jpg
f0078320_01330874.jpg
f0078320_01333803.jpg
f0078320_01340899.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-08-02 20:29 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート 別室    4頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-3キロ

f0078320_17312562.jpg

f0078320_17314048.jpg

f0078320_17315287.jpg

f0078320_1732742.jpg

f0078320_17322082.jpg

f0078320_17323935.jpg

f0078320_17325823.jpg

コメントのみ、以前のものを転用します。
クレートに戻る前に、排泄と気分転換のため
外の木陰に係留されていたよもぎちゃんです。
人の気配を察すると尻尾ブンブンで歓迎してくれていました。

人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるタイプではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。

お世話をしてくださっている職員さんには
私たちに見せるのとはまた違う
甘えっ子な表情をみせるよもぎちゃんです。








☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ
f0078320_1737398.jpg

f0078320_17372268.jpg

f0078320_17373857.jpg

f0078320_17375367.jpg

f0078320_1738673.jpg

f0078320_17381820.jpg

f0078320_17383154.jpg
数名お世話をして下さっている職員さまの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。

私達の前では、表情一つ変えず、
いつも観察されているように感じます。
小さい頭で、一生懸命に考えているのだと思います。

以下↓以前のコメント引用します。
少し臆病で慎重な女の子です。
クレートに入っていたので誘導して出そうとしたのですが
最初は少し抵抗していました。
それでも外に出てきてもらうと暴れるようなことはなく、
緊張はしていたのだと思いますが、おとなしくしていました。
メンバーがたくさんこの部屋にいたので
尚更緊張してしまったのかもしれません。

体や頭を撫でられてもおとなしくしていました。
まだ緊張感はあるものの、それほど人は怖くないかもと
思い始めているような感じを受けます。
焦らずゆっくりとキララちゃんのペースに合わせて
接してあげれば、心を開いてくれると思います。
キララちゃんにも暖かい手が差し伸べられますように。







☆九太郎
*先週はE部屋にいました。

※7/25よりレポートに登場 (7/10他抑留所からの移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 12,9キロ

f0078320_0503886.jpg

f0078320_051423.jpg

f0078320_0512598.jpg

f0078320_0514315.jpg

f0078320_052253.jpg

f0078320_0522123.jpg
人が大好きなのと、散々順番を待たせてしまったこともあり、
暫くは人の声が耳に入らないほど落ち着きのない様子でしたが、
少しすればちゃんと人の話に耳を傾けられる子で、
お座りをしてオヤツをもらうのを待つこともできました。

以下↓以前のコメント引用します。
とても人懐っこくて甘えん坊な男の子です。
おそらく人には良いイメージしか持っていないと思われ
不信感などは微塵もないようです。

抱っこも好きなのか、下ろしてほしそうなそぶりは全くなく
永遠に抱っこしていられそうでした。

若い子らしくハチャハチャもしていますが
エネルギーが有り余っているのでしょうから
思う存分身体が動かせれば少し落ち着くかもしれません。

犬に対してもフレンドリーなようです。
ただ、あまり空気を読まずに思うがままに行動しているので
相手の犬によっては嫌われてしまうこともあると思います。







※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ 
*先週はD部屋にいました。
f0078320_15448.jpg

f0078320_152260.jpg

f0078320_15387.jpg

f0078320_15542.jpg

f0078320_161117.jpg

とても臆病な子ですが、優しい子でもあると思います。
職員さまに引かれ、外に出て来ましたが、
ロープで引かれた経験がないようで、
必死に噛み切ろうとする行動がありましたので、
注意が必要です。

以下↓先週D部屋にいた時の様子です。
収容室のケージの中にいた時と同じように
気配を消そうとして必死に壁に鼻を押し付けて
息も出来ないのではないかというくらいの姿で
固まっていました。
鼻からの息が壁に押し付けていることでシューシュー
音が部屋の中で響いていました。
緊張しているからだとは思いますが、
どこを触っても全く反応することはありません。
お顔の写真を撮ろうとして頭をぐいっと持ち上げても
力は入っているものの、お口が出るようなことも
全くありませんでした。

抱っこをしても最初こそ暴れるものの、
抱き上げてしまえばおとなしくなります。
人が怖いと思っていても、とにかくじっとしてやりすごす
ことができる子です。
収容室にいた時に撮影した写真では、とても大きなお乳で
何度も出産した経験がある子です。
赤ちゃんを守るために、きっと大変な思いもしてきたのでしょう。
こどもたちは今頃どうしているのだろう、と心配になりますが、
今は目の前にいるこの子に
人の優しさ、暖かさを教えてあげることしかありません。




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-08-02 17:47 | 愛護センターレポート

8/1センターレポート 譲渡管理室 8頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)









☆あずきちゃん

※28/5/10よりレポート登場(28/4/26収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 12.1キロ
飼い主募集中!No.4417
f0078320_0433179.jpg

f0078320_0521477.jpg

f0078320_0522554.jpg

f0078320_0523568.jpg

f0078320_053897.jpg

f0078320_05318100.jpg

f0078320_0533098.jpg

f0078320_0533980.jpg

f0078320_0535588.jpg

コメントのみ、以前のものを転用します。
以前、あずきちゃんの収容当初の写真を
掲載しましたが、今ではその頃の面影がないほど
体格もしっかりしてきましたし、何よりも人を信頼して
くれるようになったことが本当に嬉しくてなりません。
体を触ろうとするだけでキャーキャー悲鳴をあげ、
逃げ回っていたあずきちゃんが、今ではしっぽを振って
近づいてきてくれるようになっているのです。
センターの方々が愛情こめてお世話してくださっている
賜物だと思います。








☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ
飼い主募集中!!No.4554
f0078320_0582635.jpg

f0078320_0583952.jpg

f0078320_0585097.jpg

f0078320_059226.jpg

f0078320_0591791.jpg

コメントのみ、以前のものを転用します。
耳がまあるくて、ぬいぐるみ感がますますアップしたくまさんです。
毛がきれいにホワホワしています。

ベタベタ甘えてくるタイプではありませんが、
人馴れは全く問題ありませんし、気がつくとそばにいる、
そんな感じの子です。
おやつを食べる時だけはガブッと手まで食べてしまいそうな
勢いを見せますが、それもご愛嬌です。









☆ポップちゃん

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス(不妊手術済) 8歳ぐらい 6.95キロ

f0078320_124167.jpg

f0078320_125447.jpg

f0078320_13794.jpg

f0078320_132165.jpg

コメントのみ、以前のものを転用します。
(7/18:ドッグランに出られるようになり
見る度に若くなっていくポップちゃんです。

座って撮影する私の膝に転がる様に甘えて来たり
プレイバウしたり、終始ご機嫌でした。
外の空気を存分に吸えることが
精神的に良い作用をもたらしているのだと思います。)

E部屋プールにいた時のように
ドッグランでもクルクルと回っていました。

ただ確実にプール内にいた時よりは
ストレスが軽減されているのが感じ取れました。

吠えている時の顔が、犬歯が見えるので
まるで威嚇しているように見えますが
決して怒っているわけではありません。

抱っこが大好きで
人に抱っこされている時の表情は、別犬のように穏やかになります。
とても幸せそうです。

多少の吠えが残ることも考慮しながら、
出来る限りこの子との時間を一緒に過ごせる家族さまの目にとまって欲しいです。









☆はんくん

※7/4よりレポートに登場(6月下旬他抑留所より移送)
▽白テリア系 オス(去勢済) 3歳ぐらい 5.6キロ
飼い主募集中!!No.4880
f0078320_15272312.jpg

f0078320_15274045.jpg

f0078320_15275527.jpg

f0078320_1528161.jpg

f0078320_15283251.jpg

f0078320_15284537.jpg

f0078320_1529168.jpg

f0078320_15291872.jpg
人が大好きな子ではありますが、
人から乱暴に扱われた嫌な経験を覚えているようで、
関わり方次第では尻尾が格納し、別犬のように大人しくなって、
それでも離れたくないといった姿がとても健気に映りました。

以下は↓以前のコメントを引用。
アウアウ!と威勢よく吠えていた割に
不意な音や、すれ違う人にビクッとしたりして
弱い部分を隠すように威勢良く見せているだけなのだなと思いました。

人馴れ自体は問題ないようです。
要求吠えはあるようなので、猫可愛がりするだけでは
それを助長してしまう可能性もあります。









☆マップくん

※6/20よりレポートに登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 19.45キロ

飼い主募集中!!4883
f0078320_15443685.jpg

f0078320_15445315.jpg

f0078320_1545924.jpg

f0078320_15452524.jpg

f0078320_15454098.jpg
シニアの魅力をふんだんに持ち合わせた子です。
どんなに周りが騒いでいても、
この子のそばにいるとゆったりできるから不思議です。
この日も吠えることなく、いつ自分の所に来るかな?
と、ジッと待っていました。
そばに行っても、ズンズンと甘えるような子でもなく、
人が横に居てくれたらそれでいい、という感じのクールな爺ちゃんです。

犬ですから、一声二声の吠えはあっても不思議ではありませんので、
その時は犬種の特徴である響く声は理解してあげて欲しいです。

そこそこの体格の子ですから、
ご年配の方には厳しいのかなとは思いますが、
のんびり犬と暮らしたいという方には、
幸せな時間を共有できるような子だと思います。

ここ3回の訪問の際は、咳込む様子は見ていませんが、
以下↓情報もありました。
以前のコメント引用します。
暑くなってきたことが影響しているのか
ひどく咳き込む場面が度々見られるようになりました。
とは言っても元気はあるようで
おやつも手から食べていました。
(フードは残していました)









☆ファンタジー

※28.6/21よりレポートに登場(28.6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 17-8キロ
f0078320_16204387.jpg

f0078320_162124.jpg

f0078320_16211564.jpg

f0078320_16213250.jpg

f0078320_16215317.jpg

f0078320_16221354.jpg

f0078320_16223270.jpg

コメントのみ、以前のものを転用します。
この日も甘々甘っ子のファンタジーです。
そばに行くと本当に嬉しそうに歓迎してくれます。

暑くて少々バテていましたが
食欲などはあり、おやつもよく食べていました。

一時期よりは身体にお肉が付いて
痛々しいほど痩せていた時期が思い出せないほどになりましたが
いつか迎えていただくご家族には
健康面でご理解いただかなくては
いけないこともあるかもしれません。

だとしても、愛情深いファンタジーの良い面を見てくださる方でしたら
ありのままを受け入れていただけるのではと思います。










☆ストックくん

※6/20よりレポートに登場
▽ビーグル オス(去勢済み)5歳ぐらい 13.6キロ
飼い主募集中No.4877
f0078320_1635695.jpg

f0078320_16352045.jpg

f0078320_16353637.jpg

f0078320_16355825.jpg

f0078320_16361353.jpg

f0078320_16363111.jpg

コメントのみ、以前のものを引用します。
体型がシッカリしていて
骨太なタイプのビーグルのストックくんです。
フレンドリーで甘えん坊の男の子で
隣にいたはんくんと仲良く遊んでいる姿が可愛らしかったです。

性格に目立ったクセなどはありませんが
力が強く、パワフルな印象を受けますので
決してご年配の方向きの子ではないと思われます。

落ち着き具合はこの歳のビーグル相応で
ハチャハチャな面も落ち着きのある面も両方あります。

可愛がってもらっていたのか
人に対して嫌なイメージは全くないようで
いつ見ても嬉しそうに迎え入れてくれます。









☆サン太
*先週はA部屋にいました。

※7/18よりレポートに登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 3歳ぐらい 13.6キロ(やせぎみ)
飼い主募集中No.4900
f0078320_1741688.jpg

f0078320_1743144.jpg

f0078320_1744655.jpg

f0078320_175213.jpg

f0078320_1751875.jpg

f0078320_1753260.jpg

f0078320_1755177.jpg

f0078320_1761087.jpg

人が大好き過ぎる故の行動ではありますが、
ただただ可愛いだけで何も躾けずに育て、
飽きたからポイッと放棄されたのかと推測できる子です。
幸い、人に対して不信感など微塵も感じない子で、
良く言うと純粋でそのまま育っています。

マウントするわ、遊びたいわで、
全身で嬉しさを表していました。

とても賢そうで可愛い子ではありますが、
甘やかすだけではなく、
しっかり運動をさせてあげながら、
愛情を持って躾けて行く必要はあると思います。
この子のリーダーになれる家族様の元で生活ができたら、
見違えるほど良い子に成長する、
そんな素質を持った子のように感じます。






レポートは続きます。



by centre_report | 2017-08-02 01:05 | 愛護センターレポート

7/25引き出し編 レポート紹介 全 52頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



7/25 成犬1頭を引き出しました。

f0078320_18464657.jpg

1年4カ月センターで過ごし
“新田くん”の愛称で親しまれていました。

預かりボランティア宅に入り、準備が整い次第
いぬ親さん探しを新たにスタートします。



応援のほどよろしくお願いいたします。




~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。



「イベント情報」詳しくはコチラ。

8/6 11~15時

f0078320_15184213.jpg




↓毎月第3日曜日
f0078320_00113899.jpg




当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)





by centre_report | 2017-07-28 23:42 | 愛護センターレポート

7/25センターレポート 子犬舎    7頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※一部コメント先週レポートより転載しています。
写真は7/25撮影で最新です。





<2-5>3頭
f0078320_22174214.jpg







※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7ヵ月程度 7-8   8-9キロ

7/25:この部屋の3頭の中では一番落ち着いていると思います。
端っこに座っていましたが、顔はしっかりとこちらを向き
人の動きをよく見ていました。


同室の2頭と同じように丸まっていました。
小部屋から追い出すようにして出てもらいました。
ビビってはいましたが、すんなりと抱くことが出来ました。
とても大人しく抱かれていて、お顔を触っても困っているだけです。
攻撃性はなく声も出しませんでした。
抱っこされているうちに力が抜けて来ました。

まだ幼い子ですので、人馴れは早いと思います。
センターにいるままでは人馴れに限界があります。
少しでも早く人と暮らして、人との関りを学習させてあげたい子です。

同室の子達の緊張が伝わっていたのか、オヤツも食べられませんでした。
楽しく子犬らしく遊べる環境で早く暮らせることを願っています。
f0078320_22180796.jpg

f0078320_22181284.jpg

f0078320_22181733.jpg
↑先週レポートより
f0078320_18363631.jpg





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ? 9-10キロ

7/25:フェンスによじ登りそうになったら一度部屋を出て
仕切り直しした方が良いとアドバイスをもらったので
この子がフェンスに登るタイミングを逃してしまった時に
近づくようにしました。
最初の2画像は力が入っているのが分かりますが
下2画像は力が抜けているのが分かります。
力が抜けるまで待ってから下ろした方が良いとのことでしたので
力の入り具合や表情などを確認してから下ろすようにしました。


いつも小部屋のフェンスを上ってしまう身体能力の高い子です。
この日は上るタイミングを逃してしまい、小さく丸まって頭を隠していました。
抱き上げると、いつものようにビビしょん、ビビうん、緊張していました。
体を包み込むようにがっちりと抱きかかえると、別犬のように大人しく、
話しかけながら、体を撫でているうちに力が抜けて来ていました。
特に耳の後ろを掻いてあげると気持ち良かったようで、
お顔が穏やかになり、首の力も抜けたようでした。
抱っこされると安心できて、気持ちが良くて、良いことがある、
と学習して欲しいと思います。

人が来ると捕まる、怖いからフェンスを上る、フェンスを上ると人も焦る、緊張感が伝わる、伝わるから興奮する、増々怖くなる、逃げれば捕まらない、困ったスパイラルになってしまっているようなので、まずはフェンスを上らせないという所から断ち切らないとなかなか前へ進めないように思えました。

それでも、この子は咬むことはしません。
どうか、この子に温かい手が差し伸べられますように願います。
f0078320_22195851.jpg

f0078320_22200362.jpg

f0078320_22200815.jpg

f0078320_22201506.jpg






※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

7/25:動き回れるようになった分だけ
身体に触れることが少し難しくなってきました。
身体も大きくなってきていますし
抱き上げるのもそろそろ難しくなってくる頃なので
次週少し時間を掛けて接してみようと思います。


小部屋の中で小さく丸くなっていましたが、
小部屋の扉を開けると廊下へ出て隅でおしっこをしていました。
ビビしょんという感じではなく、部屋を汚したくなかったように思えました。
私と会うのが初めてだったせいなのか、オヤツを差し出しても食べませんでした。
少し緊張気味で、人が立って近づくと低い体勢で逃げ回ります。
近くで人が座っている時には背中や頭を撫でても我慢していましたが、
首の辺りを撫でようとすると小さく唸っていました。
やめてとパクパクしてはいましたが、歯が当たることはありませんでした。

人の動きを良く見ています。耳もこちらに向けて話も聞いていました。
パニックになって逃げるのではなく冷静に判断している感じです。
自分の嫌なことを意思表示もできているようです。
家庭に入って経験を積んでいけば良いパートナーになれそうです。
学習能力は高い賢い子だと思います。

f0078320_22213296.jpg

f0078320_22213950.jpg

f0078320_22214775.jpg





<2-6>2頭 
f0078320_22230957.jpg





※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

7/25:触られると少し身を引くものの
人にはとても興味があるようで
他の子を見ている時も、部屋の入り口付近で
人の動きを観察していました。
緊張感はあまり感じられませんので、少なくとも
同じ空間に人がいることを好ましくは思っているようです。
好奇心がありますので、新しいことや環境を
受け入れやすい子だろうと思います。

お座りは最初から知っていたのか
同室の子を見て学んだのか
ビシッと披露してくれました。

犬と一緒にいることで良い影響があったのか、先週の写真より良いお顔になっていました。
触られるのは、ちょっと・・・という感じで逃げ腰でしたが、撫でても怒りません。
攻撃性はないと思います。同室の子に釣られるように首を伸ばしていました。
スッとしたカッコイイ男の子です。

オヤツを手から食べてくれました。だいぶ緊張が解れているようです。
同室の子にオヤツを横取りされても争うこともなく、悲しそうな顔になって
特別扱いしたくなる雰囲気の子です。

まだ若い子です。経験をたくさん積んで欲しいと思います。
どんどん吸収していろんなことを学習していける子だと感じました。
f0078320_22243255.jpg

f0078320_22243820.jpg

f0078320_22244496.jpg

f0078320_22245033.jpg
f0078320_20013627.jpg




※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス(去勢済) 1-2歳 17.35キロ


7/25:人に触れられることにも随分となれました。
首回りのマッサージは心地よいようでとても好きです。
背中やお腹周りはまだ苦手なようで
怒ったりは全くしませんが、やや身を引きます。


小部屋に入るまでは頑張って吠えていましたが、扉を開ければ吠えは止みます。
胸板の厚いカッコイイ子です。
小部屋に入るとメンバーに教わった「お座り」を見せてくれます。
「できるよ」と目を輝かせて見つめてくれます。
撫でようとすると反射的に避けていました。オヤツを上手に食べていましたが、
同室の子にあげようとしたオヤツも横取りしていました。
抱こうとすると上手にかわして抱けません。
体重が重くて私には持ち上げることが出来ませんでしたが、同行メンバーが頑張ってくれました。
暴れることもなく大人しく抱かれていました。しかし・・・重いです。

人が嫌いということはないと思います、オヤツも好きですので躾は入ると思います。
家庭に入って人との関りの中で経験を積んでいけば良い子になれる子です。

f0078320_22262754.jpg

f0078320_22263433.jpg

f0078320_22264632.jpg

f0078320_22265225.jpg
↓先週レポートより
f0078320_16550415.jpg

f0078320_16544083.jpg




<2-7>1頭 


※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ

7/25:この日も得意気にビシッとお座りを見せてくれました。
「良くできたね」と褒めると、それをちゃんと理解して
嬉しそうにしています。
些細なことでも人の言葉が理解できるのは
自信に繋がるのだと思います。
色んなことを教えてくれる方に巡り会えたら
とても良いパートナーになれる子だと思います。


小部屋に入ると直ぐにお座りをしてくれました。
毎週ちばわんメンバーが頑張ってくれている練習の賜物です。
そばに来てオヤツをちょうだい!と言っているんですが、
触ろうとすると、スルッとかわしていました。
なかなか上手にかわしますが、
側に付いていて離れることもありません。

偶然投げたオヤツをパクッとキャッチしたので、おや?できるの?と思い
何回かオヤツを投げてみましたが、見事にへたくそで笑えました。

もっと密に人と関われば仲良くなれる穏やかな子だと思います。
センターにいるままではこの子1頭にかかわれる時間は限られます。
この子も早く家庭に入れますように願っています。
f0078320_22350321.jpg

f0078320_22351094.jpg

f0078320_22351841.jpg

f0078320_22352537.jpg

f0078320_22353263.jpg





<2-8>1頭


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

7/25:いつも人目があると頑なにおやつを食べませんが
部屋から少し離れたところで見ていると
おやつをこっそり食べていました。
覗いた時目が合って
「いいえ、違います。食べてません」と言いたげな表情をしていましたが
口はしっかりモゴモゴしていました。

小さいけど、ほんの一歩、いや半歩進んだような気がしました。



他の小部屋の子達がワンワン賑やかな中、丸くなって気配を消している子です。
この日は 小部屋の扉を開けた瞬間にうっかり廊下に出てしまいました。
本人もしまった!という表情をしていました。
何とかして小部屋に戻ろうと頑張りました。その姿は愛おしく感じました。

頭を撫でたり、背中やお尻を撫でたりしても、怒ることもなくただただ小さくなるだけです。
ココでの生活が長くなっています。
これ以上の進歩は、やはり家庭でなければ学習は難しいと思います。
犬とは上手くやっていける子です。
後は自分に自信が付けば変われると思います。

穏やかに暮らせる家族が早くできることを望んでいます。

f0078320_22371608.jpg

f0078320_22390686.jpg

f0078320_22391486.jpg

f0078320_22392106.jpg



by centre_report | 2017-07-28 22:30 | 愛護センターレポート