ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愛護センターレポート( 1910 )

10/17引き出し編・レポート紹介 全 64頭



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




10/17に引き出した犬5頭を紹介します。

f0078320_17565227.jpg
f0078320_18002413.jpg
f0078320_18032282.jpg
f0078320_18025553.jpg
f0078320_17573206.jpg
準備が整い次第、いぬ親さん募集開始いたします。

応援のほどよろしくお願いいたします。





ご提供いただきました古新聞をお届けしました。
いつもご協力いただきましてありがとうございます。

f0078320_18041461.jpg



~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。



f0078320_20291328.jpg


f0078320_00521775.jpg

f0078320_19035694.jpg
f0078320_00534525.jpg
f0078320_19014249.jpg
f0078320_18112790.jpg




「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)




by centre_report | 2017-10-19 18:13 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート収容室①②③  7頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<収容室① 3頭>



※10/3よりレポート登場(9/22収容)
▽黒茶 オス 2−3歳 10キロぐらい


被毛のきれいさや少し丸っこい体系などを見ると
飼い犬であることは間違いないと思いますが
あまり見知らぬ人と接してこなかったのか
または今の状況にまだ慣れていないのか
まだまだ緊張感いっぱいのようです。

少し震えていますし、身体の力も入りっぱなしです。
しばらく撫でていると、人を頼るような
甘えとは違う感じで身を隠すようにすり寄ってきていました。

人に触られたり抱き上げられたりすること自体には
慣れているようですので、この状況が不安で仕方ないのだと思います。

活発なビーグルの血が入っているようですし
本当は元気な子なのかもしれません。
家庭に入って、心から安心できる暮らしに身を置ければ
本来の明るさが出てくることと思います。
f0078320_23244813.jpg


f0078320_23291780.jpg


f0078320_23290201.jpg


f0078320_23274928.jpg


f0078320_23272501.jpg


f0078320_23273391.jpg


f0078320_23274224.jpg





※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15−6キロ

ケージの中から切羽詰まったようにしきりに鳴くので
トイレがしたいのかと思い、早めに出してみたのですが
なかなかポジションが決まらず、オシッコをするのに
時間が掛かっていました。

おやつを見てお座りをしてくれますが
早く食べたくて、お座りの姿勢がなかなか持続しません。

でも、人の声はしっかり耳に届く子です。

f0078320_23323159.jpg



レポートに登場したばかりの時は
表情が暗く、大人しい印象が強かった子です。

f0078320_16461586.jpg
f0078320_16462121.jpg

身体を拘束しても反抗したり暴れたりすることはありません。
人に触れられること自体慣れているようです。


最近は随分と表情も変わり
「あれをしたい、これをしたい」と
自分の要求も素直に表現するようになりました。

f0078320_23323902.jpg


f0078320_23332854.jpg


f0078320_23333599.jpg

散歩が好きそうな子なので
沢山散歩させたり、旅行に連れて行ってくれるような方と
ご縁が結ばれますように。






※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 

▽茶 メス 78歳 13-4キロ

最初はこの部屋の誰よりも賑やかにアピールしていた子ですが
最近は自分の順番を大人しく待つことができるようになりました。

ケージ外に出してからの態度もとても落ち着いています。
身体のどこに触れられても全くへっちゃらで
人に対して強気になるような場面は見たことがありません。

シニア期に差し掛かってはいますが
足腰が弱っているようなことはなく、見た限りではとても健康そうです。
犬生の折り返し地点に立ったばかりで
散歩したり、旅行に連れて行ったり
犬とともに楽しむあれこれ、まだ十分一緒に経験できる子だと思います。

人のそばにいることが何より幸せと感じるこの子を
迎えてくださる温かいご家族とのご縁が見つかりますように。
f0078320_00080686.jpg


f0078320_00081462.jpg


f0078320_00082076.jpg


f0078320_00082649.jpg







<収容室② 2頭>


※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-13キロ

ケージの中から出す一瞬だけ抵抗してトルネードしますが
落ち着くまでの時間がかなり短くなりました。
推定4-5歳ですが恐らく今までリードなどで引かれて
散歩に出たりする経験そのものがないのだと思います。

この日は今までのどの日よりも落ち着くまでの時間が短く
いったん落ち着いてしまえば、周りを見回す余裕も出てきました。

ゆっくりと撫でる手には恐怖心はないようで
静かに受け入れてくれます。
背中に抜けかけの毛がごっそり残っていたので
それを少しずつ取り除いたのですが、その時も嫌がったり抵抗することもなく
大人しくされるがままでした。

この子の生きてきた年月の分だけ
心開かせるのには時間が掛かるかもしれませんが
焦らずゆっくり向き合ってくださる方と出会えますように。

f0078320_00130893.jpg


f0078320_00131506.jpg


f0078320_00132093.jpg


f0078320_00132579.jpg


f0078320_00133060.jpg


f0078320_00133773.jpg






※10/3よりレポート登場(9/25収容)
▽白茶 オス 3歳ぐらい 15キロぐらい(痩せ気味)

お顔だけ見ていると、本当にあどけなくて
秋田犬の子犬にしか見えません。
でも成犬であることに間違いはないようです。

いかにもヤンチャそうなイタズラっ子なお顔していますが
外に出すと意外に落ち着いていて
人に飛びついてくるほどのテンションの高さは見られません。

ただ、この限られた空間での様子なので
外に出て散歩などした場合は、見た目通りのヤンチャな面も
見られるのかもしれません。

f0078320_00102628.jpg


少し後肢の股関節が開き気味なのでしょうか・・。
座り方が少し変わっているなと思いました。
歩き方は特別変わったことはなかったと思います。

以前、座ってオシッコをしている姿を見て
ヤンチャな男の子っぽいのに足を上げてしないんだなと
不思議だったのですが、なにか影響があるのでしょうか。。
f0078320_00103358.jpg
f0078320_00104027.jpg
f0078320_00104667.jpg

適正体重はプラス2〜3キロだと思いますので
そうなるとそこそこな大きさになりますが
扱いやすい子だと思いますので
大き目な中型犬と暮らしたことのある方でしたら
問題なく一緒に過ごせるのではないかと思います。




<収容室③ 2頭>


※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-12キロ

まだ人に心を開くまではいっていないと思うのですけど
食べ物にはとても感心が高いので
今はそれを利用して、出てきてもらっています。

良く良く見てみると、目がクリクリでこんなに可愛い顔をしていたのですね。
目もお鼻も艶があり黒々していて
まだまだ若さいっぱいです。

生き抜くことに必死な時期があったのだろうと思います。
もしかすると放浪中には怖い目にも遭っているのかもしれませんね。
一見すると人慣れしているようですが
まだまだ警戒心は解いておらず、人を観察している段階だと思います。

幸い、食べものに良く反応するので
それを利用して、少しでも警戒心を解いてもらえるようにしたいと思います。

f0078320_00162541.jpg


f0078320_00163039.jpg


f0078320_00163625.jpg


f0078320_00164158.jpg


f0078320_00164760.jpg


f0078320_00165136.jpg


f0078320_17370913.jpg

警戒心がもう少し解けるまでは無理に触らないようにしていますが
一番最初に見た9/26の時には、触れても無抵抗な様子でした。





↓この日ケージから外に出して見てはいますが
写真を撮りはぐれてしまったので先週レポートより
転載します。


※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ

順番に撮影していたのですが
しきりに出して出してとアピールしているなと
思っていたら、どうやらトイレを我慢していたようです。
ケージから出すと、扉に一直線で
しきりに外に行きたがっていました。
しばらく外を歩いてからトイレをしたい子なのかもしれません。

この日は新聞紙を広げてそこで様子を見たら
しばらく経ってから渋々そこでしていました。

最初に見た時は感情がイマイチわかりずらく
ほわわんとしていただけでしたが
最近は随分と表情が出てきたと思います。
シニアに差し掛かる頃ですが、まだまだ元気はあり
大人の犬の落ち着きもあり、扱いやすい子だと思います。

f0078320_18093709.jpg


f0078320_18094202.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-19 17:41 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート B部屋2頭/C部屋2頭/別室1頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








【B部屋】2頭


※10/10よりレポート登場 (9/28収容)
▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい

先週は収容室③にいました。
こちらに移動してきてから初めて会いましたが
とても穏やかな雰囲気を持った男の子です。
ケージの中でもとても落ち着いてこちらをじっと見つめ、
「出してください」と言っているかのようでした。
ドアを開けてあげても飛び出してくるようなこともなく、
ゆっくりと外に出てきてお利口にお座りして見せてくれました。
間違いなく人に飼われていたことがわかります。
こんな穏やかな子がどうしてここにいるのでしょう。
シニアにさしかかっているようではありますが
年齢相応の落ち着きがあり、とても飼い易そうな子です。
f0078320_12222197.jpg
f0078320_12225351.jpg
f0078320_12232232.jpg
f0078320_12235282.jpg
いつ怪我してしまったのかわかりませんが、
しっぽが途中でちぎれてしまっています。
少し気になるようで舐めたりしているのでしょう、
先っぽがうっすら血が滲んでいました。
まだ収容されてから日が経っていないので
これから少し変化が見られるかもしれませんが
この子の穏やかさは元々の性格なのではないかと
思われます。
アイコンタクトもしっかりできますし、
一緒にいたらとても癒される子だと思います。
ケージに戻す頃には少し笑顔も見せてくれました。
また来週もこの子と触れ合いたいなと思わせてくれるような
とてもかわいい子です。
f0078320_12305205.jpg
f0078320_12312379.jpg
f0078320_12315333.jpg
f0078320_12322334.jpg
f0078320_12325369.jpg



※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

この日も元気良くケージの中で私たちを呼んでいました。
いつ会ってもとても元気なこの子は
本当にシニアなのかな?と思ってしまうくらいです。
外に出してもらうと、ニコニコの笑顔で私たちを出迎えて
くれます。
ふさふさの真っ白な毛はとても綺麗です。
もう少し運動もさせてあげられたら気分転換にも
なるのだと思いますが、なかなかその時間も取れません。
ずっとケージの中だけでいることでシニアのこの子の
筋力が衰えてしまわないか心配です。
f0078320_13314323.jpg
f0078320_13322483.jpg
f0078320_13324213.jpg
f0078320_13325979.jpg
抱っこは少し苦手なようで、抱き上げようとすると
うまく体をかわしていきます。
それでも人に撫でられることは大好きで
撫でてあげていると嬉しくてお腹を見せたりもします。
これからどんどん寒くなってきますので
シニアの子たちには本当に辛い日々がやってきます。
どうぞ、暖かいご家庭のお布団の上で
この子を寝させてあげてくれませんか。
f0078320_13382100.jpg
f0078320_13385359.jpg
f0078320_13393127.jpg
f0078320_13400664.jpg








【C部屋】2頭


※10/3よりレポート登場(9/25収容)
▽白茶 オス 1歳未満 8キロぐらい

先週は収容室②にいました。
ケージの中では外に出たくて吠えていましたが、
外に出てくると全く吠えることはありません。
とても人懐こく、皆にかわるがわる甘えていました。
抱っこも嫌がることなくおとなしくしていました。
この子の人を見る眼差しから、
人に飼われていたことは間違いないと思われます。
まだ幼い表情も見えるこの子がなぜここにいるのか
全く理解できません。
お座りもできますし、こちらのいうことをしっかりと
聞いているのがわかります。
f0078320_12563785.jpg
f0078320_12570737.jpg
f0078320_12573709.jpg
f0078320_12580737.jpg
写真ではわかりづらいかと思いますが
前足はX脚で両方共に外側を向いていて、
左後ろ足は少し短いのか、お座りをすると左側だけ
外に投げ出して座るような姿勢になります。
ただ、この子はそのことも全く気にしている様子もなく
普通に歩いています。
先天性のものでこれが当たり前になっているように
見えます。
小柄ですし、集合住宅などでも飼育可能な大きさだと
思います。
この子の良いところを伸ばしてくださり、足のことも
ご理解いただけるご家族に迎えてもらいたいと思います。
f0078320_13032689.jpg
f0078320_13042606.jpg
f0078320_13035691.jpg
f0078320_13045601.jpg



※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 3-5歳 9-10キロ(9/26修正)


この部屋は小型犬部屋になっていて、
全員の大合唱で耳が痛くなるほどなのですが、
この子も負けじとケージの中で吠えて呼んでいました。
人馴れも全く問題なく、とても人懐こいのですが
落ち着きなくずっと動き回っているので
今回もまた抱っこした状態の写真ばかりになってしまいました。
抱っこしてしまえばおとなしくしています。
f0078320_13305355.jpg
f0078320_13321173.jpg
f0078320_13324263.jpg
先週もそうだったのですが、
この子の上の段に全盲のチワワがいて、
その子のことをとても気にしており、
しきりに体を伸ばしてのぞこうとしていました。
抱っこした状態で対面させてあげると、
ケージの中で吠えていた声とは明らかに違う甲高い声で
キャンキャンと鳴いて、チワワを呼んでいるようでした。
チワワのほうも怖がるようなこともありませんでした。
この子は出産経験はないようですが、
母性が働くのかなぁと思いました。
とても優しい子なのだと思います。
f0078320_13381285.jpg
f0078320_13384889.jpg
f0078320_13391871.jpg
f0078320_13394880.jpg







【別室】1頭


※10/10よりレポート登場 (9/28収容)
▽薄茶 オス 8ヵ月ほど 8-9キロ


別室のクレートの中にいたのですが、
人が入って来たのを察すると、ドンドンとこの子のしっぽが
当たる音がして、クンクン鼻鳴きも聞こえてきました。
とても人懐こい子で、クレートから出してあげると
クネクネしながら嬉しそうに全力でしっぽを振っていて
気がつくと床がこの子のうれションまみれになっていました。
とてもかわいいので半身抱き上げてチュッチュしていると
ずっとやられたままになっていて、
本当に子犬らしい子だなぁと思っていましたら
私の白衣がうれションでびしょびしょになっていました。
f0078320_14485169.jpg
f0078320_14492155.jpg
f0078320_14495192.jpg
f0078320_14502235.jpg
抱っこしてみましたが、されたことがないのか
手足も体も硬直させて、お顔はヌーンと前に突き出し
とてもおかしな格好になってしまい、
先程までのベタベタな甘えん坊とは別犬かと思うような
状態になっていました。
それでも何をしても全く抵抗することもなく、
歯を見せてね、と口をめくってみると
そのままの状態でじっとしていて、思わず笑ってしまいました。
とても素直でいい子だと思いますが
恐らく何も躾されていないと思いますので
一つ一ついけないこと、いいことをしっかり教えてあげてくれる
ご家族に迎えていただければと思います。
f0078320_14580964.jpg
f0078320_14583941.jpg
f0078320_14590900.jpg
f0078320_14594069.jpg




レポートは以上です。





by centre_report | 2017-10-19 13:41 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート A部屋    6頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週もセンターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 5歳くらい 13.6キロ
「飼い主募集中No.4500」

相変わらずケージの中でも大人しく待っていて
ケージを開けてあげてもすぐに飛び出すこともなく
こちらの指示で出てくることができます。
人の指示でケージの出入りも出来ますし、
お座りや待てもできる、本当にお利口さんです。
人馴れは全く問題ありませんが、
ベタベタと甘えてくるタイプではなさそうです。
それでも人の指示にしっかりと従えるというのは
本当に大事なことです。人を信頼している証拠です。
f0078320_00342151.jpg

f0078320_00354505.jpg

f0078320_00363102.jpg

f0078320_00364592.jpg

首を少しかしげてこちらをじっと見つめる姿は
すっかりお馴染みになりました。
こちらで撮影することをしっかりと理解しているのか、
暴れたり動き回ったりすることもなく
いつもカメラ目線をくれます。
最近とても太ってきて
背中が真平らになってしまっています。
明らかにウエイトオーバーです。
ただ、ここにいると運動不足になってしまうのは
致し方ありません。

気になっていた他犬との相性も、
メスばかりだけでなく、オスでも穏やかなエネルギーの子には
威嚇することがないようです。
1年以上もセンターでお利口に待っていた田中君にも
優しい手が差し伸べられますように。
f0078320_00421926.jpg

f0078320_00423842.jpg

f0078320_00425322.jpg

f0078320_00430720.jpg




№ Ⅲ

※8/29よりレポートに登場(8/28他抑留所より移送) 
▽薄茶 メス 5歳 10キロぐらい(痩せ気味)

とても穏やかな女の子です。
綺麗にウエーブがかかった被毛が目を惹きます。
長毛ではないのですが、短い毛が本当にクルクルとしていて
優しい女の子という印象をうけます。
積極的にベタベタ甘えてくる子ではなさそうですが
静かに寄り添っていてくれそうな感じがします。
まだまだとても痩せていて、もう少し太らせてあげたいです。
じっとこちらを見つめてくる瞳は
少し控えめなこの子の性格を表しているようでした。
f0078320_00554650.jpg

f0078320_00582933.jpg

f0078320_00591416.jpg

f0078320_00585961.jpg

とてもおとなしそうなこの子ですが、
全ての犬に対してではありませんが
ケージの中で吠え掛かる場面も見られました。
どういう子が苦手なのかまだ見極められないので
今後も様子を見ていこうと思います。
人に対しては一切そういった威嚇行動は見られません。
年齢的にも落ち着いてきた年頃ですから
一緒に生活していきやすそうな子です。
f0078320_01062451.jpg

f0078320_01064270.jpg

f0078320_01065668.jpg

f0078320_01070763.jpg




No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

センターでの生活が1年を超えてしまったコンくんですが
いつも私たちが来るのをとても楽しみにしてくれています。
あまりにも嬉しすぎてケージの中でピョンピョン飛んで
頭に傷を作ってしまっていました。
出して欲しくていつも大騒ぎのコンくんはこんな感じです。

人が大好きなコンくんは、人がやってくると嬉しくて
出してあげると嬉しそうに動き回ります。
構ってあげると寄って来てペロペロ舐めてくれたりもします。
f0078320_01511892.jpg

f0078320_01515414.jpg

f0078320_01522653.jpg

落ち着きなく動き回っていることも多く、
特に部屋の出口に行きたがり、お散歩に行きたそうに
しています。
長い間こちらのケージにいるコンくんは
お外に出て気分転換することがきっと楽しみなんだと
思います。
人に飼われていたコンくんは、きっとお散歩が大好き
だったのではないでしょうか。
少し落ち着きがないところは玉に瑕ですが、
とても人懐こく、人を信頼してくれているコンくんにも
ぜひ目を向けてあげて欲しいと思います。
f0078320_02034342.jpg

f0078320_02041329.jpg

f0078320_02044331.jpg

f0078320_02051364.jpg




No.Ⅴ

※10/3よりレポート登場 (10/2他抑留所より移送)
▽茶 オス 1-2歳 12-3キロ

この日はボラトリさんが来られていて、
この子が綺麗にシャンプーされていました。
普段はとても元気一杯なこの子が妙に大人しく
じっとしながらトリミングを受けていました。
いつも見ているこの子とはギャップがあり
とてもかわいかったです。
f0078320_15261305.jpg

f0078320_15254472.jpg

この部屋の撮影をしている時にちょうどこの子が戻ってきて
すぐに撮影することができました。
とても綺麗にしてもらい、シャンプーのいい匂いがしていました。
抱っこからおろしてあげると、とにかくウロウロと動き回り
落ち着きがありませんでした。
いたずらっ子のようなおちゃめな顔つきは
この子がまだ幼いことを表しているようでした。
全く撮影ができないほど元気よく動いていたので
足の間に挟んで動けないようにしてる隙に
撮影したような状態でした。
まだお子ちゃまですから、これだけ元気が良いのも
当然だと思います。
これからいろいろ教えてあげなければいけないことが
たくさんありそうです。
f0078320_11345661.jpg
f0078320_11354757.jpg
f0078320_11374107.jpg
f0078320_11365127.jpg
もちろん人馴れは全く問題ありません。
おやつをねだって手をかけてきたりもします。
抱っこをしようとすると、ちょっと抵抗したので
上半身だけ抱えるようにしてみましたが、
長い時間我慢することは出来ませんでした。
体はそれほど大きくないのですが
恐らく何も躾してもらっていないようですが
この子の天真爛漫な性格を上手に伸ばしてくれる方との
ご縁があるといいなと思いました。
f0078320_11415191.jpg

f0078320_11424990.jpg

f0078320_11435093.jpg

f0078320_11445979.jpg





No.Ⅵ

☆大志くん
※8/29よりレポートに登場(8/14他抑留所より移送)
▽茶 オス(去勢済) 1-2歳 18.7キロ
「飼い主募集中No.4943」

ケージの中でずっと吠えて「出せ!出せ!」と
主張していました。
外に出てくるとひとしきり動き回り、
皆にかわるがわる挨拶をして回っていました。
写真でもおわかりになると思いますが、
体長があるので伸び上がると小柄な女性の肩くらいまで
あります。
大きさ相応の力もありますので、
高齢の方や大型犬を飼った経験がない方は
コントロールするのが難しいかもしれません。
f0078320_11465780.jpg

f0078320_11475960.jpg

f0078320_11484995.jpg

f0078320_11494144.jpg

人が大好きな子で、撫でられたり触られたりするのが
とても嬉しそうでした。
体を抱きしめてあげるとクネクネと嬉しそうに
体をくっつけてきて甘えていました。
元気に飛びついてきて甘えたりすることは
一見かわいくて許してしまいそうですが
小さい子供さんに同じことをしてしまえば
とても危険なことです。
特にこれだけ大きな体格の子の場合には
そういうこともしっかりと教えてあげる必要があります。
人を信頼している大志くんですから、
いろいろ教えてあげたら吸収力も高い子だと思います。
f0078320_11510061.jpg

f0078320_11515474.jpg

f0078320_11525914.jpg

f0078320_11540659.jpg





No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)

以前収容室に長期間いた頃は、
人の姿を見るとずっと吠えて騒いでいたのですが、
こちらの部屋に移ってきてからは吠えずに待つことが
できるようになりました。
じっと待っていれば出してもらえるのだと学習したのだと
思います。
ふわふわな被毛でまるでぬいぐるみのような子です。
人が大好きで抱きしめてあげると
本当に嬉しそうな満面の笑みをみせてくれます。
人懐こくて本当にかわいい子です。
f0078320_11275602.jpg

f0078320_11280625.jpg

f0078320_11282608.jpg

f0078320_11283890.jpg

フィラリアの影響か血尿が出ていた時期もありましたが
現在はその兆候も見られていないようなので
落ち着いてきているのだと思います。
それでも、個別にケアしてあげたい子です。
人が大好きなこの子は、人が常に近くにいてくれたら
それだけで幸せだと思ってくれるのではないでしょうか。
積極的なフィラリア治療も始めてあげて
リスクを軽減させてあげたいと思います。
とても素直なこの子と一緒に
憎きフィラリア退治を頑張ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_11331835.jpg

f0078320_11332829.jpg

f0078320_11333662.jpg

f0078320_11334376.jpg




レポートは続きます。





by centre_report | 2017-10-19 02:06 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート 子犬舎    9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-8 2頭>

※10/17レポート初登場 (10/12他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 1-2歳 13-14キロ

とても人懐っこく、フレンドリーで
天真爛漫な女の子です。
扉を開けた途端に飛び出すように出てきて
すぐに人のそばに行って飛びついたり、身体を擦り付けるようにしたり
とにかく構ってもらえることが嬉しくて仕方がないといった様子でした。
身体のどこに触れても怒ることはなく
人に対して不信感などは微塵も持っていないようです。

性格も素直そうで、家庭犬としての躾なども入り易そうですが
まだなにも人から教わっていないような感じもします。
とても若い子なので、これから関わる人次第で
どれだけでも輝ける子だと思います。
f0078320_22422690.jpg

f0078320_22424013.jpg

f0078320_22442964.jpg

f0078320_22451804.jpg

f0078320_22440155.jpg

f0078320_22452742.jpg




※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ

いつも壁に顔を押し付けて
ただひたすら気配を消しているので
この日は抱き上げてみたのですが、そう抵抗することもなく
ひょいと抱き上げられていました。
力はなかなか抜けませんでしたが
降ろした後はしっかりおやつを食べることができていました。

センター収容から4ヵ月余り。
まだ痩せていますが、被毛は綺麗になってきました。
f0078320_22474743.jpg

f0078320_22475458.jpg

f0078320_22480000.jpg

一度食べ始めると、食欲が止まらないといった様子で
人が見ていてもパクパク食べていました。
f0078320_22480614.jpg

子犬のようにあどけないお顔をしていますが
何度も出産、子育てを繰り返したようなお乳をしています。
どれだけ過酷な過去を持っているのか・・。
誰にも頼れない、守られない、そんな状況下で
小さな身体で必死に生き抜いてきた子だと思います。
f0078320_13581197.jpg

↑以前のレポートより






<2-7 2頭>

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 

同室のライアンが同等の大きさになり
立場が微妙に変わったのか、動こうとするその度にライアンの方を見て
どことなく遠慮するような様子を見せるようになりました。
と言っても、ライアンが威圧的なわけではありません。
今まで同室になる子に時に強めに接していたので
敵わない相手と争わずに共存する術を身に付けるのは
この子にとっては良い経験なのかもしれません。
f0078320_22492753.jpg

いつも人気を感じると元気に吠えてアピールするのですが
逆の順番で、部屋の奥から撮影していくと
不思議とあまり吠えません。
待ち時間が長いのがじれったくて仕方がないのかもしれません。
f0078320_22493475.jpg

f0078320_22501086.jpg

f0078320_22501746.jpg

まだ若い子です。
好奇心もありますし、沢山の可能性を秘めた子だと思います。
この子の良さを引き出してくださる方と巡り合えますように。






☆ライアン

※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス(去勢済) 1歳ぐらい 12.85キロ
(現在はもう少し体重があると思います。
大きさは同室の黒い子とほとんど変わりません。)


同室の黒い子と争ったり、強く出ているところは見たことがありませんが
黒い子に一目置かれているライアン君です。
とても落ち着いていて、ハチャハチャするようなテンションの高ぶりは
見たことがなく、慎重でゆっくとした動きをしています。
人には自ら近づいてきますが
こちらから手を伸ばすと、器用にスルスルと避けてしまいます。
収容室にいた時、逃げられない状況の時に
半身を抱き上げたりしていますが
嫌がってお口が出る、なんてことはありませんでした。

写真ではこの子の美しさの全てをお伝えできず
歯がゆく感じてしまうほど
金色に近い被毛がなんとも優雅で、思わず目を引く子です。
f0078320_22530185.jpg

f0078320_22530694.jpg

f0078320_22531311.jpg

f0078320_22532385.jpg

f0078320_22531873.jpg








<2-6 2頭>


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

子犬舎に移ってきたばかりくらいの時はもう少し
人に寄ってくることが出来ていたのですが
同室のビビリっ子ちゃんのウロウロと絶えず動き回る様子に
影響を受けてしまったのか
この子も扉を開けると、しばらく落ち着かずに出たり入ったり
良く動くようになっています。
落ち着くまでこちらも座って、しばらく知らん顔していると
必ずこの子の方から近づいて来てくれるので
人に興味は大いにあるのだと思います。

おやつは手から食べられますし
そう頑なに心を閉ざしているわけでもないの子ですが
センターにいるままではどうしてもこれ以上の人慣れは望めません。
f0078320_22562724.jpg

家庭に入るだけでも大きな変化は見られそうな子ですので
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_22563273.jpg

f0078320_22563826.jpg

f0078320_22564933.jpg

f0078320_22564349.jpg

↓以前のレポートより
f0078320_14345144.jpg

↓6/27のレポートより

f0078320_14420155.jpg

攻撃性はないので、抱き上げても大人しくされるがままです。









※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 6-7ヵ月(10/3修正) 9-10キロぐらい(10/3修正)


f0078320_14520905.jpg

8月初めに撮影された姿からは想像もつかないくらい
美しい子になりました。
成長期の体型のアンバランスさもなくなり
なかなかのハンサムくんになりました。

どんなにビビっていても
この子自身はきちんと成長しているのだと感じました。
f0078320_23015843.jpg


同室の鼻黒くんの動きに合わせ
後をくっ付いて歩く姿は可愛らしいですが
この子にとっては置いて行かれまいと必死なのだと思います。

最初の頃は動くこともなく、ただ気配を消しているだけでしたので
動くようになったことや、動き回った後に落ち着けるようになったのも
ここ最近見られた変化です。
同室の子と影響し合っているようですので
人にも犬にもフレンドリーな犬と一緒にいられる状況であれば
また違った良い影響を大いに受けて変化すると思います。
人馴れしている先住犬のいるお家に受け入れていただけますように。

f0078320_23020524.jpg


f0078320_23021390.jpg


f0078320_23022039.jpg




<2-5 3頭>

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 10-11ヵ月(10/3更新) 9-10キロ


いつも壁と壁の間に顔を入れて固まってしまうので
結局抱き上げないとこの可愛いお顔は撮ることができません。

この日は私の抱き上げ方が悪かったのか
肢の力がなかなか抜けませんでした。
「隙あらば逃げ出してやろう。」
そんなちょっとしたこの子の意思が感じられ
抱き上げられている時にそんなことを考えるようになったのかと
少し逞しくなった身体の重みと共に
この子なりの成長を腕に感じました。

f0078320_23065619.jpg


f0078320_23070969.jpg


この姿だけ見ると、捕獲した野生の小鹿
みたいな絵面です。

以前と違うのは、緊張感いっぱいで頭真っ白状態ではないということです。

逃げ出すことを冷静に考えているので
それだけの余裕・・とは言いすぎかもしれませんが
それに近いものはこの子の中で出てきたのだと思います。

f0078320_23070424.jpg

この子が人のそばでくつろいだり
お腹を出して寝る姿を、いつかこの目で見てみたいです。





※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 8-9ヵ月  9-10キロ(10/3修正)

この部屋の中にこちらから入ると
一瞬だけ外に出て行ってしまったものの、自分から戻ってきて
白衣についたいろんな子の匂いをしきりに嗅いでいました。

f0078320_23113569.jpg
最近は怖いという感情よりも
好奇心の方が勝っているようです。
f0078320_23115204.jpg


f0078320_23114257.jpg



触られたりすることは他の子ほど苦手ではないようです。
抱き上げたりされる時も、お口が出ることはなく
ほぼ無抵抗ですが、身体の力はなかなか抜けませんでした。

f0078320_23125240.jpg


f0078320_23124622.jpg

抱っこから解放し、おやつを与えると
人のすぐそばでも食べることができました。

f0078320_23130314.jpg


f0078320_23130928.jpg
最近、好奇心の芽が育ってきている子です。
今のこの時期にいろんな経験を人のそばでさせてあげることで
家庭にも早く馴染めるのではないでしょうか。





※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 9-10ヵ月(10/3修正) 12-3キロ 

同室2頭を先に撮影していても
その場から逃げるでもなく、至近距離から目をそらさず
ジッと見つめていました。

手を出さなければ、ものすごくそばに行っても
唸ったりせずに、背中を向けていれば匂いを嗅ぐような様子も見せます。

以前は落ち着きなく歩き回っていたようですが
この日は1、2回部屋の外に出ただけで
あとはこぼれそうな大きな瞳でジッと顔を見ていいることが多かったです。

この場所でこのまま成長すればするほど
家庭での通常の暮らしに馴染むまでの時間が長くなると思いますので
適切な対応ができる方の元で暮らせる日が来ることを祈っています。

f0078320_23232883.jpg


f0078320_23224560.jpg


f0078320_23222233.jpg


f0078320_23222918.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-18 23:14 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート 譲渡管理室 13頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規預かりボランティアを希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





☆ファンタジー

※28.6/21よりレポートに登場(28.6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 17-8キロ
(現在は20キロ近くありそうです)  
f0078320_13280076.jpg

f0078320_13281433.jpg

f0078320_13282721.jpg

f0078320_13284352.jpg

f0078320_13285630.jpg

一時期ガリガリに痩せてしまい心配しましたが、
嘘のようにしっかりとした体格になり、
気候も関係しているのか、
同時に興奮した時にあふれ出ていた、アワアワのヨダレもなくなり、
見た目には体調はとても落ち着いてるように見えますが、
健康面ではご理解をいただかないといけないことも出て来るかもしれません。

いつ会っても、全身で喜び迎えてくれるファンタジー。
人が大好きなこの子も、ここでの生活が1年を過ぎてしまいました。
犬の1年は、人間の何年に相当するのでしょう。

人のそばにいたいこの子も、
犬生の後半に差し掛かっています。
そこそこの体格の子ですから、
お世話にはそれなりの体力は必要になるかとは思いますが、
一日も早く大好きな人のそばで、
穏やかな時間を過ごさせてあげたいです。









☆マップ

※6/20よりレポートに登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 19.45キロ
飼い主募集中!!4883
f0078320_13263368.jpg

f0078320_13264435.jpg

f0078320_13265711.jpg

f0078320_13271954.jpg

f0078320_13273541.jpg

年齢的なこともあるのかもしれませんが、
ビーグルにしては、とても穏やかな子だと感じます。
時々吠える声は、ビーグル独特の迫力ある野太い声ですが、
無駄に吠えているということはなく、
自分の存在を時々アピールする程度で、
犬なのだから吠えて当たり前の域だと感じます。

ビーグルならではですが、
見た目よりズシッとしていて意外と体重はあります。

この子も人が大好きで疑うことを知りません。
一時は大切にされていたのでしょう。
人の愛情を知っています。

シニアの子ですが、
シニアならではの良いところも沢山持ち合わせています。
犬とのんびり散歩を楽しみ、ゆっくり時間を過ごしたい方には、
幸せな時間が共有できると思います。
どうかそんな方の目に止まりますよう祈っています。







☆おこめ

※8/22よりレポート登場(8/15収容)
▽薄茶白 オス(去勢済) 2-3歳 14.6キロ
f0078320_13251430.jpg

f0078320_13252671.jpg

f0078320_13254240.jpg

f0078320_13255601.jpg

f0078320_13261780.jpg

人馴れ全く問題なく、
かなりの甘えん坊さんです。

以前に見た時は、
どんな悪戯をしようかといった目をしていたように記憶していますが、
垂れ目が目立つほど、穏やかな表情になって来ました。
少しの時間の戯れの中で感じただけですが、
性格は花丸くんです。

写真でもわかるように痩せていますが、
オヤツなどの食べ方はとても優しいです。
家庭に入り散歩で筋肉がついたり、
生活が安定し出すと、上記の体重より2キロは増えるかと思われます。

まだ若いこの子に、
たっぷり時間を作ってくれるご家族の一員になれると良いなと思っています。






☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13.15キロ
f0078320_13234798.jpg
f0078320_13233514.jpg
f0078320_13235653.jpg
f0078320_13241969.jpg
f0078320_13243358.jpg
f0078320_13245618.jpg
とても慎重な子との印象がありましたが、
ランに出てくる様になってからメキメキと表情もあかるくなり、
綺麗なお顔に更に磨きがかかり、名前通りにキラキラとしてきました。
決まった人以外も受け入れ始めた様子も見て取れます。

外での緊張も和らいできて、
当たり前のように手からオヤツも食べるようになりました。
人にちゃんと寄り添える子だと思いますから、
様子を見ながら、焦らずに向き合って下さる方の目に、
どうか止まって欲しいです。



☆金時
※8/29よりレポートに登場 (8/22収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 現在14,2キロやせぎみ
適正17-8キロ
f0078320_02354098.jpg

f0078320_02355455.jpg


f0078320_02360528.jpg

f0078320_02361645.jpg

f0078320_02363017.jpg


人が大好きでとても甘えん坊さんです。
鼻鳴きして自分の番が来るのを待っていました。
ストレートに甘えて来る子で、
解り易い子だと感じます。

若い子ですから当たり前のようにとても活発ですが、
そんな中に優しさも持ち合わせていて、
オヤツの食べ方はとても紳士的。
小さくして指の中に入れたオヤツは、
歯を当てないように首を左右に動かし苦戦しながらも、
最後まで優しく食べる、を貫きました。

今度こそ、
この子の屈託ない笑顔が曇ることが無いよう、
そばでずっと愛しんであげて欲しいと思います。





☆クルリ
※9/19よりレポートに登場 (9/6収容)
▽茶黒 オス(去勢済) 1歳前後 14,4キロ
飼い主募集中!!No.4962
*写真・コメントともに転用します。

f0078320_02124808.jpg
f0078320_02130411.jpg
f0078320_02131984.jpg
f0078320_02133319.jpg
f0078320_02135160.jpg
シェパードの子供のような凛々しい見た目の男の子です。
とても人懐っこい子で、おそらく人恋しくて仕方がなかったのでしょう。
ケージの中で一生懸命「こっちこっち!」とアピールしていて
外に出した時は喉がカラカラに乾いていたようで
入れたての冷たい水をガブガブと美味しそうに飲んでいました。

お顔は凛々しいものの、まだ幼さも残っていて
子犬の無邪気さで、力いっぱい甘えてきました。
でもそれほど興奮は続かずに、座って呼吸を整えたり
人の顔を見上げたり、他の犬に挨拶に行ったり
落ち着きとは違いますが
子犬独特のハチャメチャな行動をする時期は過ぎているようです。
力はそこそこありますし、運動量もありそうです。
アクティブに犬との生活を楽しみたい方にはピッタリの子だと思います。



☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ
飼い主募集中!!No.4554

f0078320_04064287.jpg
f0078320_04071282.jpg
f0078320_04074732.jpg
f0078320_04081733.jpg

f0078320_04084758.jpg
くまさんもここでの生活が長くなっています。
体調は安定しているようで、毛艶も毛ぶきも良く、
心なしか若返ったように感じました。

終始、立派な尻尾を優雅にユサユサと振って、
気持ちを伝えてくれます。
この日もとてもご機嫌でした。

お目目は少し濁って来ており、
シニアであることは間違いないのですが、
シニアにしかない魅力を持ち合わせていて、
一緒に暮らす人とは、沢山の癒しと幸せな時間を共有できる子だと思います。

これからのくま爺さんの大切な時間を、
一緒に過ごして下さる方の目に止まりますよう、
願っています。







ポップ

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス(不妊手術済) 8歳ぐらい 6.95キロ

飼い主募集中!!No.4730

f0078320_04144160.jpg


f0078320_04151105.jpg


f0078320_04155479.jpg


f0078320_04162953.jpg


f0078320_04170041.jpg


f0078320_04173105.jpg
相変わらず元気に吠えてはいますが、
収容棟にいた時よりは改善したように感じます。
とにかく元気いっぱいです。

人馴れは問題ありません。
抱っこも大好きです。
そばに行けば何かを訴えるように吠えますが、
少し離れると、まったりとしてる様子も目にしました。
思い切って横で座り込み視線を低くしてみたら、
意外にも無視するかのように、大きなアクションもなく、
周りをチョロチョロしているだけでした。

今は吠えることしかできないのでしょう。
生活が落ち着けば、その必要がないことを学習してくれるのでは。
と、期待したいです。








☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 11.8キロ
飼い主募集中!!No.4735 【特殊事情(要相談)】


f0078320_04211339.jpg

f0078320_04214340.jpg

f0078320_04221393.jpg

f0078320_04225255.jpg
人馴れは進んでいます。

以前から人馴れはしていましたが、
恐々と近づいて来たり離れたりするようなところがあり、
関わり方や触り方によっては、奇声に近いような声をあげるなど、
とてもとても不思議なよもぎちゃんでした。

今回はかなり積極的に寄って来てくれて、
その時に手を出してみても下がることなくガンガンきてくれました。

そんな風に戯れている中、職員さんの姿を見つけると、
私にはもう興味なし。
職員さんを見失わないよう、必死に目で追っていました。
その姿はとても可愛らしく、
きっとご家族に一途になる子なんだろうなと思いました。






☆サン太

※7/18よりレポートに登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 3歳ぐらい 13.6キロ(やせぎみ)
飼い主募集中No.4900

f0078320_04361268.jpg

f0078320_04364184.jpg

f0078320_04371285.jpg

f0078320_04374183.jpg

f0078320_04391588.jpg

f0078320_04395686.jpg
元気いっぱいで、底抜けに明るい子です。
人が大好きです。

今回は、隣に係留されていた子と意気投合して、
良く遊んでいました。
力任せに遊ぶのではなく、関心するほど上手に遊んでいました。
とても優しい子だと感じます。

この良い性格を、
引き続き思いっきり伸ばしてあげれたらなと思います。
人の話をジッと聞けるようですから、
良くも悪くも色々と吸収してくれると思いますので、
これから関わる人間次第で、更に魅力ある子に変身しそうで、
とても楽しみな子です。

まだ若いこの子にたっぷり時間を取ることができて、
しっかりリードできる方に迎えていただきたいです。






☆ストック

※6/20よりレポートに登場
▽ビーグル オス(去勢済み)5歳ぐらい 13.6キロ

飼い主募集中No.4877

f0078320_04280971.jpg

f0078320_04283960.jpg

f0078320_04290951.jpg

f0078320_04294040.jpg

f0078320_04300948.jpg

f0078320_04303933.jpg

f0078320_04310967.jpg
安定感があり、
ビーグルらしく見た目よりしっかりとした体格の子です。

毛色や目の色が、よく見るビーグルとは違っていて、
人で言うと、日本人離れした雰囲気を持ったような子で、
目を引きます。

とってもフレンドリーで、程よい落ち着きもある子です。
とは言っても元気いっぱいの子ではあります。
時々吠える声は、これぞビーグルといった感じで、
野太く迫力のある吠えです。

オヤツも好きですが、それよりも人と戯れることのほうが好きで、
座り込むとそばから離れようとはしません。

この日は隣に係留されていた子と遊ぶ姿を目にしましたが、
とても上手に遊んでいました。
凄く楽しそうで、暫く眺めてしまいました。
陽気な子で、まだまだ遊ぶことも好きなようですから、
たっぷり散歩などで発散させてあげる必要があると思います。





↓以下2頭別室より移動


※10/10レポートより登場 (9/28他抑留所からの移送)
▽薄茶 オス 2-3歳 10キロぐらい(やせぎみ)
f0078320_23405747.jpg
f0078320_23411448.jpg
f0078320_23413044.jpg
f0078320_23420505.jpg
f0078320_23422406.jpg
f0078320_23424347.jpg

人は大好きなようですが、
最初だけは、こちらの様子を見ていました。
数分で私の声掛けにしっかり反応をしてくれ、
興味を持って、そばまできてくれました。

その後はビクビクすることなく、
周りの様子を落ち着いて眺めていました。










※10/10よりレポート登場 (9/28収容)
▽黒茶 メス 1-2歳 10キロ程度
f0078320_23431644.jpg
f0078320_23433720.jpg
f0078320_23435256.jpg
f0078320_23441255.jpg
f0078320_23442689.jpg
職員さんに引かれ、かなりテンション高めに走って部屋から出て来ました。
初めて会った私が前に立っていても、物怖じすることなく、
外の空気を目一杯楽しんでいました。
終始動いていて、元気いっぱい。
写真を撮るのに大変苦労しました。







レポートは続きます。


by centre_report | 2017-10-18 16:16 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート 4日目部屋  5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








f0078320_16195418.jpg

※10/3よりレポートに登場(9/21他抑留所より移送)
▽白茶黒 オス 2-3歳 10キロ未満


今回は部屋に入って様子を見てみました。
部屋に入ると真っ先に近寄ってきて、
軽く吠えてから近づいたり退いたりを繰り返し、
人には興味があることは明確にわかりました。
その後どうするかと思って目線を合わせずにいると
へっぴり腰ながらも私に近づいてずっと匂いを嗅ぎ
その後、ウロウロしている同室の子やじっと固まっている子
全部の子たちのところに行って
まるで「大丈夫!オイラに任せとけ!」とでも言っているかの
ような行動を繰り返していました。
f0078320_16190383.jpg
f0078320_16191331.jpg
f0078320_16193100.jpg
小さい体のこの子がこの部屋でうまくやっていけるか
心配していましたが、その心配はなさそうです。
思った以上に自立心が強い子のようで、
収容棟で犬たちの世話をしているおじさんが
「もうこの子はこの部屋のボスになってるよ」と
教えてくれました。
変にビクビクしているところもなく、
かといって攻撃性があるわけでもないようなので
この群れの中にうまく溶け込めているようです。
人馴れは抜群とはいきませんが、おやつも手から食べられますし
興味を持って近づいてくるところを見ると
警戒心もそれほど強くなく、一緒にいる時間が長くなれば
馴れてくるにも時間がかからないかもしれません。
f0078320_16251753.jpg
f0078320_16253089.jpg
f0078320_16254358.jpg



※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

相変わらずせわしなくウロウロと部屋の中を
動き回っていました。
それでも↑の子が私に近づいて匂いを嗅いだり
しているのをじっと見ていたりもしていました。
人とは一定の距離を保ちたがる子ですが、
ただただ人が怖くて逃げ回っているというわけではなく、
ウロウロするのがクセになりつつあります。
f0078320_16312302.jpg
f0078320_16313100.jpg
f0078320_16314381.jpg
まだ幼い子なので人に対する警戒心や恐怖心が
これ以上進まないように、一日も早く家庭に入って
人と一緒に生活する環境に置いてあげたいと思います。
↑の子と一緒に行動していることも多いようなので、
いい影響を受けてくれることを願っています。
放浪している時にシニアの子と行動を共にしていたので
他犬との相性も悪くないのだと思います。
先住犬がいるご家庭でもうまくやっていけるのでは
ないでしょうか。先住犬の行動を見て真似してくれるように
なってくれればいいなと思います。
f0078320_16412115.jpg
f0078320_16405869.jpg
f0078320_16411045.jpg



※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

以前はこの子が一番部屋の中をウロウロしていましたが、
最近ではとても落ち着いてきているように思えます。
近づいていくと避けていくのは相変わらずですが
逃げていくスピードもかなりゆっくりになっています。
この子も1年を経過してしまいました。
人馴れという点では確かにそれほど変化は見られませんが
やはり人との接触する時間が限られていますので
これ以上の変化を期待するのは難しいと思います。
f0078320_16531104.jpg
f0078320_16532121.jpg
f0078320_16533488.jpg
この部屋はかなり広いので、人が入ってきても逃げるスペースは
いくらでもあります。
このような状態でなかなかこの子に近づいて
撫でたりするということは難しいのです。
それでもとても心優しい子なので、新しい子が来ても
うまくやっています。他犬との同居も可能だと思います。
2度目の冬をこちらで過ごすことがないよう、
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16580393.jpg
f0078320_16575466.jpg
f0078320_16574554.jpg



※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

なんといってもおもしろかったのは、
ついにこの子も↓の黒い子のまねをして
同じようにお座りした状態で後脚をあげたおかしな座り方
をしていました。
↓の子にぴったりくっついて同じ格好をしているのを見て
思わず笑ってしまいました。
見ているとまるで親分と子分が一緒にいるかのようです。
この子はいつでもこの黒い子にくっついていて、
同郷なので一緒にいることで安心できているのかもしれません。
この子ももう1年を経過してしまいました。
f0078320_17011561.jpg
f0078320_17013985.jpg
f0078320_17012563.jpg
↓の子はこの格好が楽でそうしているのだと思いますが、
この子はまねしているだけだと思うので、
時々バランスを崩しそうになってグラグラしたりして
それでもまだ必死にこの姿勢を保とうとしていました。
おやつを手から食べるのはもう当たり前のようになって
体撫でても空噛みもしなくなってきました。
ただ、そこからの変化はやはり見られません。
一日も早く家庭に入れる日がやってきますように。
f0078320_17055781.jpg
f0078320_17061646.jpg
f0078320_17060604.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

くまのプーさんのようなお座りをして
またじっと部屋の片隅で座っていました。
同郷の↑の子がこの子と全く同じ格好で寄り添っており
とても微笑ましい光景でした。
この子はこの姿勢が楽なのだと思います。
近づいていってもこの姿勢を崩すことなく、
こちらを気にすることもなくそのままの姿勢でいます。
ずっと同じ姿勢で、お尻にタコができてしまわないか
心配してしまうほどです。
f0078320_17112449.jpg
f0078320_17122492.jpg
f0078320_17115534.jpg
以前は近づいただけでも唸ったりするくらいでしたから
今はすぐ横に座ったりしても
唸ることも威嚇することもしなくなっています。
それでもまだ体を簡単に触ることはできませんが、
人は自分に危害を与えないものだというのは
理解し始めているように思います。
なんとか体を撫でることに抵抗がなくなるように
もっと関わっていかないといけないと思います。
f0078320_17174328.jpg
f0078320_17175291.jpg
f0078320_17180249.jpg




レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-18 16:08 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート D部屋    5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






f0078320_23470089.jpg


※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)


いつも部屋のドアからこちらを見つめていて
人に対して一番興味を示してくれる子です。
触ろうとするとひょいひょいと逃げていくのですが
この日はおやつをもらいに近づいてきた時に
しばらくそばにいて、体を撫でてもその場に留まっていました。
この部屋の中では一番人馴れが進んでいる子ではありますが
簡単に体を触れるときもあれば、逃げていくこともあり、
まだ完全に心を許してくれているとまでは言えないかも
しれません。
とにかくおやつも大好きで、最近少し太り気味なので
あまりあげすぎはいけないと思いながらも
近づいてきてくれるのでついついあげすぎてしまいます。
f0078320_00154765.jpg
f0078320_00162770.jpg
f0078320_00174555.jpg
f0078320_00170275.jpg
受け口で下の歯が出ていて、目が少し離れていて
一度見たら決して忘れることのない愛嬌のある顔を
しています。
この子もシニアにさしかかっている年齢です。
ここでの生活も半年を迎えようとしています。
これから寒くなってくるとシニアの子たちには
厳しい環境になってきます。
一日も早く暖かい家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_00353901.jpg
f0078320_00350821.jpg
f0078320_00363625.jpg
f0078320_00370714.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい


この子も収容されてから半年経過しています。
収容当初からはかなり体重が増えてしまい、
体が重そうで見ていてもつらそうです。
この部屋ではフードはいくらでも食べられる環境なので
なかなか体重管理することができません。
それでも少しずつ人に対しての警戒感は軽減されてきて
いるように思います。
以前は体を触ろうとするだけで低く唸っていたりもしましたが
最近は太ってしまって思うように体を曲げられないというのも
あるものの、ほんの少しは触ることができます。
ただ、何度も触っていると嫌がって意思表示してきます。
f0078320_00431222.jpg
f0078320_00433070.jpg
f0078320_00434055.jpg
f0078320_00440101.jpg
この日は手から直接おやつも食べてくれました。
置いたおやつは食べてくれていましたが、
手から食べてくれたのを見たのは初めてかもしれません。
嫌なことははっきりと嫌だと意思表示してくる子なので
人を信用してくれるようになるまでは少し時間が
かかるかもしれませんが、少しずつでも変化は見せて
くれていますので、やはり常に人のいる環境にいさせて
あげることが大事なのだと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_00472781.jpg
f0078320_00473679.jpg
f0078320_00475891.jpg
f0078320_00480951.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

こちらの子もすでに8ヶ月目に突入しています。
いつもの定位置、部屋の一番左奥の隅で
いつもじっとしています。
先週爪切りをしてもらいましたが、
大人しくやらせてくれたようでした。
収容されてからしばらくの間は顔も隠して
ずっとうつむいたままの状態だったことを考えると
今ではしっかりと前を見据えていられるように
なっただけでも進歩していると思います。
f0078320_00521857.jpg
f0078320_00522973.jpg
f0078320_00524201.jpg
f0078320_00525835.jpg
体のどこを触っても嫌がることもなく、
大人しくされるがままの状態でいます。
ただ、このままではあまり進歩は見られないでしょう。
もっと人と生活することで、人がそばにいることが当たり前になって
たくさんの愛情を注いでもらえれば、
この子も心を開いてくれていくと思います。
こちらの大部屋で問題なく他犬とも過ごせていますので
先住犬との同居も可能だと思います。
この子にもどうぞ目を向けてあげてください。
f0078320_01021079.jpg
f0078320_01022010.jpg
f0078320_01023034.jpg
f0078320_01024298.jpg



※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ


収容当初はおやつを食べに近づいて来ていて、
手から直接おやつを食べることができていたのですが、
ここ最近はおやつにも寄って来なくなってしまいました。
周りのビビリっ子たちの影響を受けてしまっているのかも
しれません。
スタイルも抜群で、綺麗な琥珀色の瞳は
とても目を惹きます。
最初の頃にできていたことができなくなってしまったのは
本当に残念でなりません。
f0078320_10244407.jpg
f0078320_10255626.jpg
f0078320_10262762.jpg
f0078320_10270453.jpg
ただ、とても不思議な子で、怖いはずなのに
私たちの目の前を通っていったり、
わざわざ背中にぶつかりながら後を通っていったりします。
怖くて回りが見えてないだけとも言えますが
こちらのことはしっかりと見ながら動いているので
こちらの出方を試しているのかなと思ったりもします。
おやつに興味はあって近づくことは出来るので、
今はこれ以上怖がらせないようにしながらも
様子を見て関わるようにしていかないといけないと思います。
f0078320_10502898.jpg
f0078320_10513077.jpg
f0078320_10525120.jpg
f0078320_10532913.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

↑の子とおそらく血縁関係にあると思われる子ですが、
こちらの子は警戒心が強く、最初から近づいてくることが
ない子です。
1ヶ月以上経過してもまだ変化は見られません。
いつも人とかなり距離を置いた状態で
こちらの様子を伺っています。
↑の子同様、とても綺麗な瞳の女の子です。
それでも人を避けて逃げ回っている割には
距離を置いてこちらをしっかりと見ているので
そこまで人への恐怖心は強くないかもしれません。
f0078320_11034216.jpg
f0078320_11042793.jpg
f0078320_11045583.jpg
f0078320_11052641.jpg
とても目力が強い子で、この子の芯の強さを
感じます。
おやつには目もくれず、そんな簡単には触らせないよ、と
言われているような気持ちになります。
人との接し方がわからないだけなのかもしれません。
やはり人と接する時間を増やしてあげることが
人馴れへの方法なのだといつも思います。
家庭に入って常に人がいる環境の中にいることで
賢いこの子は人が怖いものではないと学習していくことが
できるのだと思います。
f0078320_11125517.jpg
f0078320_11132909.jpg
f0078320_11135803.jpg
f0078320_11143346.jpg



レポートは続きます。


by centre_report | 2017-10-18 16:05 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート E部屋    5頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<E-1>


※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後左肢骨折歴あり?

いつものように外に出すと排水の格子の上にオシッコをしていました。
自分の部屋は汚したくないきれい好きな子のようです。

最初の頃の控えめな感じはほぼ見られなくなり
扉を開けた途端、軽快に飛び出るような
活発な部分も見られるようになりました。

明るい表情で、友好的なオーラに満ち溢れていて
悲壮感などはまるで感じられません。

骨折がすでに固まっているであろう左肢は
痛みも感じていないようで、浮かせて歩くこともなく
多少のぎこちなさはありますが
歩くのには殆ど支障はないようです。

10歳ぐらいと推測されますが
最近は若々しくなってきたことから
もしかするともう少し若いのかも・・と感じるようになりました。
f0078320_13155411.jpg
f0078320_13160003.jpg
f0078320_13160672.jpg
f0078320_13161223.jpg
f0078320_13161729.jpg
↓先週レポートより
f0078320_13171788.jpg





<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい

普段は人懐っこい普通の女の子ですが
不意にスイッチが入ってしまい
その時に触ってしまうと、強く意思表示することがあります。

興奮が収まるといつものあぐちゃんなのですが
人間側もきちんと理解して慎重に接することが大切だと思いました。

他の犬に対しても、ケージに近づく犬に対して
攻撃的になってしまうため、こちらも注意が必要です。
f0078320_13192724.jpg
f0078320_13193615.jpg
f0078320_13194264.jpg






<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

おやつ、おやつ♪と期待に満ちた表情で
ヨタヨタしながらも、絶えず良く動いていました。
身体は極端に痩せたりしておらず、栄養状態は良さそうです。
足腰は見る度に弱くなっているようにも感じますが
まだ自分の意思で歩くことができています。
f0078320_13414471.jpg
f0078320_13420267.jpg
f0078320_13420608.jpg
↓先週レポートより
f0078320_13430002.png
10歳を超えていると思われるこの子は、
体重も13-4キロぐらいはあると思われますので、
今後介護になった場合のことを考えますと、
この子を抱っこ出来る力も必要になってきますし、
時間や治療費なども必要になってきます。
「かわいそうだから」という一時の感情だけで受け入れることは
厳しい結果を招きかねません。
それでもいろいろなことを理解した上で
是非うちで一緒にのんびり過ごそうよ!
と迎えてくださる方の目にとまりますように。






<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)

優しい笑顔の通りの穏やかな女の子で
いつも朗らかに微笑んでいます。
隣の女の子と会わせてみましたが、しつこくするでもなく
怒るでもなく、いたって平常心で接していました。

チャカチャカした賑やかさは見られないので
犬とののんびりした暮らしを好む方には
良いパートナーになると思います。

少しウエイトオーバーなので、今後の健康面も考え
合せて食事管理もしっかりできるような環境が好ましく思います。
f0078320_13452379.jpg
f0078320_13453097.jpg
f0078320_13453533.jpg
f0078320_13454059.jpg
f0078320_13474146.jpg
f0078320_13474610.jpg

背中の毛も逆立てておらず
他犬と友好的に接することができるようです。
f0078320_13454646.jpg




<E-7>

☆中丸君

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス(去勢済) 6-7歳 12.5キロ
「飼い主募集中No.4922」
ケージの中では、早く出してほしくてしきりに
鳴いてしまいますが
外に出すととたんに穏やかになります。
全くといっていいほど騒ぎません。
かなりのギャップだと思います。

室内フリーで人のそばで過ごすという生活に
もしかすると慣れているのかもしれません。

人に飛びつくようなチャカチャカした感じもなく
こちらもゆっくり観察することができるくらいの落ち着きもあります。

構ってもらうのも、話しかけてもらうのも大好きで
人のそばにいてこそ輝ける子だと思います。
f0078320_14564420.jpg
f0078320_14564963.jpg
f0078320_14565424.jpg

レポートは続きます。







by centre_report | 2017-10-18 16:03 | 愛護センターレポート

10/17センターレポート 旧子犬舎   9頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






<1-1> 2頭

f0078320_16082772.jpg

☆カブ壱くん
※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

この日もドアの外から声をかけて中に入ると
伏せたまま嬉しそうに尻尾をブンブン振って
私たちを出迎えてくれました。
いつも部屋の隅で伏せたままの状態から動くことがなく、
なんとか少しでも動かそうといろいろ試していましたが
この日はおやつを見せると積極的に起き上がり、
こちらに近づいてきてくれました。
カブ兄弟ももうすぐ1年を迎えます。
基本的な性格は2頭共に穏やかでとてもいい子です。
f0078320_16183883.jpg
f0078320_16182692.jpg
f0078320_16184681.jpg
f0078320_16185725.jpg
ベタベタな甘えん坊ではありませんが、
人が近くにいてくれることはカブ壱にとっては嬉しい
ことなのだと思います。
立ち上がった姿を久しぶりに見た気がしますが、
心配していたほど太っているような感じには見えませんでした。
それでもこれだけしっかりとした体格ですから、
しっかりとお散歩もしてあげられるご家族に
迎えてもらえたらと思います。
穏やかで優しいカブ壱にもぜひ目を向けてあげてください。
f0078320_16213788.jpg
f0078320_16214563.jpg
f0078320_16215711.jpg
f0078320_16220846.jpg



☆カブ二郎くん
※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

カブ二郎もこの日はメンバー2人で部屋に入っても
逃げ回るようなこともなく、カブ壱と競っておやつを
もらいに来ていました。
カブ二郎はあまりしつこく体を触ったりすると
翌週まで少し警戒するような様子を見せたりするので
あまりしつこく触らないようにしています。
それでも撫でられたりすることを拒否するわけでは
ありません。
とてもマイペースな子なので、自分のペースで動きたい
という子なのだと思います。
f0078320_16260650.jpg
f0078320_16261587.jpg
f0078320_16262605.jpg
f0078320_16263870.jpg

カブ二郎も基本的な性格はカブ壱と同じで
本当にとても穏やかな子です。
カブ壱といつもべったりくっついているということも
ありませんので、恐らく1頭でも自分のペースで
やっていける子だと思います。
外に出ていませんので、お散歩もどの程度歩けるのかはわかりません。
以前飼われていたお宅で
お散歩してもらっていたかどうかもわかりません。
ただ、どんな犬でもお外の楽しさを知ってしまえば
お散歩が大好きになる子がほとんどです。
ゆっくりとカブ壱、カブ二郎と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_16341672.jpg
f0078320_16342518.jpg
f0078320_16343599.jpg
f0078320_16344393.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_16353226.jpg

※8/29よりレポート登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7-8キロ

私が部屋に入ると真っ先に窓枠に登り、
上からこちらの様子を伺っていました。
部屋の外から覗いている時にはドアの近くまで来て
こちらの様子を見ているのですが、
近づいてこられるとまだ怖いようです。
撮影でゆっくりと移動するようにしているのですが
動くたびにそわそわしてできる限り私から遠ざかる
ように逃げていきます。
f0078320_16443711.jpg
f0078320_16444516.jpg
f0078320_16451057.jpg
f0078320_16452881.jpg
笑っているように見える写真がありますが、
緊張していていっぱいいっぱいなだけです。
私を見る目は上目遣いで、まだまだ信用しないぞ、という
この子の思いが伝わってきます。
体も小ぶりですし飼い易そうに見えますが、
心を開いてくれるまで少し時間が必要かもしれません。
それでもしっかりと愛情を注いであげれば
必ず心を開いてくれる瞬間はやってきます。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16491942.jpg
f0078320_16492763.jpg
f0078320_16493560.jpg
f0078320_16494440.jpg



※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 12-13キロ 15-16キロ

最初だけとても緊張した様子で、自分より体の小さい2頭を
頼るようにくっついていますが、しばらくすると落ち着きます。
それでも積極的に体に触ったりするとまた焦らせてしまうので
ゆっくりと時間をかけて近づいていくようにしています。
落ち着いたときに体を触ることはできますが
焦って動きまわっている時には無理には触らないように
しています。
f0078320_16534311.jpg
f0078320_16533420.jpg
f0078320_16542201.jpg
f0078320_16540845.jpg
おやつは大好きなようで、最初は少し考えていても
すぐに首を伸ばしておやつを食べてくれます。
食べ方はとても優しく、そっと口を近づけてくれます。
体は大きくてもとても優しく穏やかな子なのだと思います。
体毛の脱毛はそれほど進んでいるようには見えませんが
それほど良くなっているようにも見えません。
そこまで人を拒絶しているような臆病さんではないので
まだ若く順応性が高い今のうちに、一日も早く家庭に入って
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
f0078320_16582137.jpg
f0078320_16583203.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_13571856.jpg
f0078320_13574805.jpg





※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

まだ子犬かと思うほど体の小さな男の子です。
口をあけて笑っているような表情をすることの多いこの子ですが
決して嬉しくて笑顔を見せているのではなく、
人が入ってくると緊張でいっぱいいっぱいになってしまいます。
以前は人に飼われていた子だと思われますが、
それまでどのような環境で飼われていたのだろう?と
不思議になってしまうほど臆病な子です。
f0078320_17043671.jpg

f0078320_17050148.jpg

f0078320_17053091.jpg

f0078320_17051339.jpg

必死に人から逃げ回る姿は、いつ見ても切なくなります。
小さいのですばしっこく、なかなか落ち着かせることも
触ることもできずにいます。
本当に嬉しくてのこの子の笑顔も見てみたいです。
恐らく人に何をされるかわからず、
近づいたら危ないと思っているのでしょう。
近づいて触ろうとしても、今のところお口が出ることもありません。
少しずつでもこの子の恐怖心、警戒心を解いてあげたいと
思いますが、週に一度の触れ合いではなかなか難しいです。
ゆっくりと時間をかけてこの子と向きあってくださる方との
ご縁がありますように。
f0078320_17104871.jpg

f0078320_17151711.jpg

f0078320_17161737.jpg

f0078320_17154775.jpg






<1-3> 2頭

※後ろにいる白黒の子はこの日引き出しました。
f0078320_17175107.jpg


※10/10よりレポートに登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)


譲渡対象として選定されたものの、収容する部屋が
空いておらず最終日部屋で移動を待っていた、
とても優しいお顔をした女の子です。
とても脚が長く、一目を惹く子だと思います。
最初のうちは近づいてもビクビクしながら動き回っていましたが、
ゆっくり近づいてもそのうち小さく唸っていました。
何がなんだかわからない状況で近づいてこられて
驚かせてしまったのかもしれません。
動き回っている間に体を触ってもスルスル逃げていくだけで
警告してくることはありませんでしたが、
じっとしている時に手を差し出して撫でようとすると
また唸っていました。
それでも攻撃的になることはなく、あくまでも「警告」なのだと
思います。
f0078320_17251037.jpg

f0078320_17254082.jpg

f0078320_17261079.jpg

f0078320_17264021.jpg

今回初めて紹介する子で、私も初めてこの子と接したので
あまり今回は無理をしないようにしようと思い、
それ以上は近づかないように気をつけました。
それでも唸る声もとても小さく、か細い声でしたので
抵抗するのはそれが精一杯のような感じも受けました。
腰から後脚にかけて全体的に毛が薄くなっていて
皮膚の状態がよくないのがわかりました。
皮膚病の可能性があるため、センターでも処置して
くださっています。
来週以降もよく様子をみていきたいと思います。
f0078320_17321677.jpg

f0078320_17314654.jpg

f0078320_17324683.jpg

f0078320_17331681.jpg






※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

以前は部屋をあけると真っ先に外に出てきて
廊下にある棚の下に潜り込むのが定番の動きでしたが、
最近こちらの部屋に入った時には、すぐにドアを閉めるので
すぐに逃げ出そうとする様子がなくなってきました。
もうおやつを手から食べることは当たり前になっていますが
やはり体を触ろうとすると警戒して
じっとこちらの手の動きを監視しています。
「触ったら噛むわよ!」とでも言われているかのように
触ろうとする手のすぐそばまで顔を近づけているので
なかなか触ることができません。
f0078320_17561030.jpg

f0078320_17561959.jpg

f0078320_17563715.jpg

何度もおやつを渡す時に
「おやつをあげる手とあなたを撫でる手は一緒なんだよ」と
おやつを見せながら声をかけていますが
まだ緊張感が伝わってきます。
それでも人の手が怖いものだといつまでも思ったままでは
この子もかわいそうです。
触られたらお口を出せば触られずに済む、と思わせたくはないので
もっとおやつで仲良くなって人が怖いことをするものではないと
信用してもらえるようになってからにしたいと思います。
f0078320_18060525.jpg

f0078320_18062043.jpg

↓↓先週レポートより
f0078320_14371614.jpg