ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愛護センターレポート( 1801 )

8/15引き出し編 レポート紹介 全 54頭


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



8/15 成犬5頭を引き出しました。

f0078320_19075773.jpg
f0078320_19080647.jpg
f0078320_19081236.jpg
f0078320_19081870.jpg
f0078320_19082479.jpg

準備が整い次第いぬ親さん募集いたします。

応援の程宜しくお願いいたします。






~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。



「イベント情報」詳しくはコチラ。



         
       ↓8/20(日)開催
f0078320_19104469.jpg
   

f0078320_21455415.jpg

f0078320_21475261.jpg
f0078320_21045201.jpg

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)




by centre_report | 2017-08-18 19:14 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 収容室③ 1頭 +2頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



収容室③ 1頭

※8/15レポート初登場 (8/2収容)

▽白茶黒まだら メス 2-3歳 8キロ程度

少し気弱そうな子で、耳を倒し腰低くしていましたが
小さく尾を振り、おずおず近づいてきて
撫でると少し安心してピトッと身体をくっつけてきました。
ただ不安なだけのようで、人馴れはしている子だと思います。
まだ若々しく、幼げな表情で守ってあげたくなるような子です。
こんなに小ぶりなのに、抱っこされた経験が少ないようで
抵抗はしませんがピキッと固まっていました。
攻撃的な面は皆無で、基本的な性格は従順なタイプと思われます。
時間の経過と共に変化は見られるかもしれません。
f0078320_16224136.jpg


f0078320_16224969.jpg


f0078320_16225451.jpg


f0078320_16230054.jpg


f0078320_16230552.jpg


f0078320_16231149.jpg


f0078320_16231707.jpg








【最終部屋より2頭新たに選定】





※8/15レポート初登場 (8/10他抑留所より移送)

▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

まだ1歳未満かもしれないそうで
見た目からも幼さが伝わってきました。

状況になれておらず、不安そうな表情でしたが
パニックになったりはせずに、触れても手を避けるような行動も
見られませんでした。

O看護士さんがウエットフードを手に乗せ差し出したところ
匂いを嗅ぎ、少しペロッとしたようです。
この状況で食べ物に意識が向く冷静な面があるのだと思いました。

f0078320_16412230.jpg


f0078320_16412707.jpg


f0078320_16413321.jpg


f0078320_16413843.jpg


f0078320_16490254.jpg






※8/15レポート初登場 (8/14他抑留所より移送)

▽茶 メス 2歳程度 10-11キロ

「あたしに構わないでください・・・」そんな表情で
ジッと息をひそめていました。
選定作業の様子を見学していた際
前足先を持たれて威嚇したり怒ったりしないか
念入りに調べられていましたが
困ったような表情を見せるだけで、攻撃的になったりはしていませんでした。

まだ短時間しか観察出来ていないので
次週、詳しく見てきます。

f0078320_16453030.jpg


f0078320_16453500.jpg


f0078320_16454005.jpg


f0078320_16454590.jpg


f0078320_16455155.jpg





レポートは続きます。



by centre_report | 2017-08-18 19:04 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 譲渡管理室 9頭

わんとぉくさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※写真のみ8/15撮影で最新です。
コメントは先週レポートより転載しています。



今週も、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



☆くまさん

※28/9/6よりレポートに登場 (28/8/29収容)  
▽黒茶 オス(去勢済み) 8-10歳 11.55キロ
飼い主募集中!!No.4554
f0078320_17594916.jpg
f0078320_18002866.jpg
f0078320_18004053.jpg
コメントのみ、以前のものを転用します。
耳がまあるくて、ぬいぐるみ感がますますアップしたくまさんです。
毛がきれいにホワホワしています。

ベタベタ甘えてくるタイプではありませんが、
人馴れは全く問題ありませんし、気がつくとそばにいる、
そんな感じの子です。
おやつを食べる時だけはガブッと手まで食べてしまいそうな
勢いを見せますが、それもご愛嬌です。






☆あずきちゃん

※28/5/10よりレポート登場(28/4/26収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 12.1キロ
飼い主募集中!No.4417

f0078320_18023768.jpg
f0078320_18022502.jpg
以下先週レポートより転載。
f0078320_20542449.jpg
以前、あずきちゃんの収容当初の写真を
掲載しましたが、今ではその頃の面影がないほど
体格もしっかりしてきましたし、何よりも人を信頼して
くれるようになったことが本当に嬉しくてなりません。
体を触ろうとするだけでキャーキャー悲鳴をあげ、
逃げ回っていたあずきちゃんが、今ではしっぽを振って
近づいてきてくれるようになっているのです。
センターの方々が愛情こめてお世話してくださっている
賜物だと思います。







☆ストックくん

※6/20よりレポートに登場
▽ビーグル オス(去勢済み)5歳ぐらい 13.6キロ
飼い主募集中No.4877
f0078320_18092355.jpg
f0078320_18092994.jpg
f0078320_18093604.jpg
f0078320_18094396.jpg
f0078320_18104087.jpg
コメントのみ、以前のものを引用します。
体型がシッカリしていて
骨太なタイプのビーグルのストックくんです。
フレンドリーで甘えん坊の男の子で
隣にいたはんくんと仲良く遊んでいる姿が可愛らしかったです。

性格に目立ったクセなどはありませんが
力が強く、パワフルな印象を受けますので
決してご年配の方向きの子ではないと思われます。

落ち着き具合はこの歳のビーグル相応で
ハチャハチャな面も落ち着きのある面も両方あります。

可愛がってもらっていたのか
人に対して嫌なイメージは全くないようで
いつ見ても嬉しそうに迎え入れてくれます。








☆九太郎


※7/25よりレポートに登場 (7/10他抑留所からの移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 12、9キロ

首の皮膚がただれてしまっていましたが
現在治療中とのことです。

f0078320_18133298.jpg
f0078320_18134036.jpg
f0078320_18134804.jpg
f0078320_18143091.jpg
人が大好きなのと、散々順番を待たせてしまったこともあり、
暫くは人の声が耳に入らないほど落ち着きのない様子でしたが、
少しすればちゃんと人の話に耳を傾けられる子で、
お座りをしてオヤツをもらうのを待つこともできました。

以下↓以前のコメント引用します。
とても人懐っこくて甘えん坊な男の子です。
おそらく人には良いイメージしか持っていないと思われ
不信感などは微塵もないようです。

抱っこも好きなのか、下ろしてほしそうなそぶりは全くなく
永遠に抱っこしていられそうでした。

若い子らしくハチャハチャもしていますが
エネルギーが有り余っているのでしょうから
思う存分身体が動かせれば少し落ち着くかもしれません。

犬に対してもフレンドリーなようです。
ただ、あまり空気を読まずに思うがままに行動しているので
相手の犬によっては嫌われてしまうこともあると思います。






☆サン太


※7/18よりレポートに登場 (7/10他抑留所より移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 3歳ぐらい 13.6キロ(やせぎみ)
飼い主募集中No.4900
f0078320_18162569.jpg
f0078320_18163285.jpg


人が大好き過ぎる故の行動ではありますが、
ただただ可愛いだけで何も躾けずに育て、
飽きたからポイッと放棄されたのかと推測できる子です。
幸い、人に対して不信感など微塵も感じない子で、
良く言うと純粋でそのまま育っています。

マウントするわ、遊びたいわで、
全身で嬉しさを表していました。

とても賢そうで可愛い子ではありますが、
甘やかすだけではなく、
しっかり運動をさせてあげながら、
愛情を持って躾けて行く必要はあると思います。
この子のリーダーになれる家族様の元で生活ができたら、
見違えるほど良い子に成長する、
そんな素質を持った子のように感じます。







☆ファンタジー

※28.6/21よりレポートに登場(28.6/9収容)
▽濃い茶黒 オス(去勢済) 6ー7歳 17-8キロ
f0078320_18193541.jpg
f0078320_18194241.jpg
f0078320_18195083.jpg
コメントのみ、以前のものを転用します。
この日も甘々甘っ子のファンタジーです。
そばに行くと本当に嬉しそうに歓迎してくれます。

暑くて少々バテていましたが
食欲などはあり、おやつもよく食べていました。

一時期よりは身体にお肉が付いて
痛々しいほど痩せていた時期が思い出せないほどになりましたが
いつか迎えていただくご家族には
健康面でご理解いただかなくては
いけないこともあるかもしれません。

だとしても、愛情深いファンタジーの良い面を見てくださる方でしたら
ありのままを受け入れていただけるのではと思います。






☆マップくん

※6/20よりレポートに登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 19.45キロ

飼い主募集中!!4883

f0078320_18222922.jpg
f0078320_18223848.jpg
f0078320_18224568.jpg
f0078320_18225089.jpg
シニアの魅力をふんだんに持ち合わせた子です。
どんなに周りが騒いでいても、
この子のそばにいるとゆったりできるから不思議です。
この日も吠えることなく、いつ自分の所に来るかな?
と、ジッと待っていました。
そばに行っても、ズンズンと甘えるような子でもなく、
人が横に居てくれたらそれでいい、という感じのクールな爺ちゃんです。

犬ですから、一声二声の吠えはあっても不思議ではありませんので、
その時は犬種の特徴である響く声は理解してあげて欲しいです。

そこそこの体格の子ですから、
ご年配の方には厳しいのかなとは思いますが、
のんびり犬と暮らしたいという方には、
幸せな時間を共有できるような子だと思います。






☆はんくん

※7/4よりレポートに登場(6月下旬他抑留所より移送)
▽白テリア系 オス(去勢済) 3歳ぐらい 5.6キロ
飼い主募集中!!No.4880
f0078320_18254126.jpg
f0078320_18260394.jpg
f0078320_18255250.jpg
人が大好きな子ではありますが、
人から乱暴に扱われた嫌な経験を(推測ですが)覚えているようで、
関わり方次第では尻尾が格納し、別犬のように大人しくなって、
それでも離れたくないといった姿がとても健気に映りました。

以下は↓以前のコメントを引用。
アウアウ!と威勢よく吠えていた割に
不意な音や、すれ違う人にビクッとしたりして
弱い部分を隠すように威勢良く見せているだけなのだなと思いました。

人馴れ自体は問題ないようです。
要求吠えはあるようなので、猫可愛がりするだけでは
それを助長してしまう可能性もあります。





☆ポップちゃん

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス(不妊手術済) 8歳ぐらい 6.95キロ
f0078320_18285709.jpg
f0078320_18290368.jpg
f0078320_18291111.jpg
f0078320_18291963.jpg
f0078320_18293770.jpg

座って撮影する私の膝に転がる様に甘えて来たり
プレイバウしたり、終始ご機嫌でした。
外の空気を存分に吸えることが
精神的に良い作用をもたらしているのだと思います。)

E部屋プールにいた時のように
ドッグランでもクルクルと回っていました。

ただ確実にプール内にいた時よりは
ストレスが軽減されているのが感じ取れました。

吠えている時の顔が、犬歯が見えるので
まるで威嚇しているように見えますが
決して怒っているわけではありません。

抱っこが大好きで
人に抱っこされている時の表情は、別犬のように穏やかになります。
とても幸せそうです。

多少の吠えが残ることも考慮しながら、
出来る限りこの子との時間を一緒に過ごせる家族さまの目にとまって欲しいです。



レポートは続きます。


by centre_report | 2017-08-18 18:32 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート C部屋   1頭

ぐーちゃんママさんとわんとぉくさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を
探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




8/15:撮影
f0078320_17493475.jpg
f0078320_17495514.jpg
f0078320_17500355.jpg
f0078320_17502234.jpg





※以下、先週レポートより転載します。


※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

人が大好きで、常に人と一緒にいたいこの子を
この日もドッグランに連れ出してみました。

f0078320_22342748.jpg


f0078320_22351840.jpg


f0078320_22353715.jpg


食べても食べてもなかなか太ることが出来ず
写真で見る以上に本当にとても痩せています。
それでもこの子は元気一杯です。
とにかく人と一緒にいられることが嬉しくて嬉しくて
全身で「大好き!」を伝えてくれる子です。

f0078320_22412418.jpg


f0078320_22413295.jpg


f0078320_22414661.jpg


今回も少し動画を撮ってみました。
お座りしながらおやつをもらうのが待ちきれず
一生懸命おしゃべりしているコッカーくんです。


この暑さと湿気で皮膚の状態もよくありません。
甘えていたりしていても、
我慢できずにすぐにカキカキしてしまいます。
本当に辛いと思います。
この子のお腹や足の内側はアカラスと思われる状態が
ずっと続いています。
もちろんセンターでも出来る限りのケアをしてくださっていますが、
これだけ多くの子たちが収容されている中で
この子だけに割ける時間は本当に限られています。

f0078320_22553688.jpg


f0078320_22554731.jpg


こんなに人を信じてやまないこの子が
一体何をしたというのでしょう・・・。
この痒さからも、甘えたいのに甘えられない辛さからも
一日も早く開放してあげたいと思わずにはいられません。
お散歩も上手について歩くことが出来ます。
とにかく甘えん坊で、常に人と一緒にいたい子です。
この子に手を差し伸べてくださる方はいらっしゃいませんか。

f0078320_22592351.jpg


f0078320_22593609.jpg


f0078320_22594648.jpg





レポートは続きます。




by centre_report | 2017-08-18 17:53 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート A部屋   5頭

わんとぉくさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※写真のみ8/15撮影で最新です。
コメントは先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



No.Ⅰ

※7/18よりレポートに登場 (6/27収容)
▽薄茶 秋田犬 メス 4-6歳 20キロ程度

この日も人見知り度合ゼロの朗らかな笑みで出てきてくれました。
秋田犬としては小ぶりですが、それでも20キロほどの大きさは
それだけで独特の存在感があります。

この子のことを少しは理解したうえで接しているためか
“子犬のような甘噛み”も、“嫌なことは嫌と意思表示”も
殆ど触れ合っている間感じることがなくなってきました。

秋田犬や大型犬、和犬などの飼育経験があり
犬種の特性をよくご存じの方にとっては
扱いやすい方の子に含まれるだろうと思われます。

f0078320_17243610.jpg
f0078320_17244677.jpg
f0078320_17245336.jpg
f0078320_17250101.jpg





No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ

毎週見る度丸みを帯びてきている田中君です。
栄養が行き届いているのか毛艶が良く、見るからに健康そうです。

人の言葉の多くを理解していて
常に人の声に耳を傾けています。

他の犬に対して強いところのあった田中君ですが
穏やかなメスにはほとんど反応しないこともわかりました。
まだまだ伸びしろの多い子です。
f0078320_17202889.jpg
f0078320_17204437.jpg
f0078320_17205779.jpg
f0078320_17210492.jpg







No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

何度も言ってしまいますが
意思疎通も難しかった、異常なまでの落ち着きの無さが
今は全く見られずに、ちゃんとアイコンタクトもとれ
なによりジッとできる時間が長くなってきました。

それでもケージの中では「早く出して」と
今にも飛び出してきそうなほど体当たりしてアピールしているのは
以前と変わりません。

ごく普通に朝晩お散歩に行って
家の中を自由に歩ける環境で過ごすことができれば
この子本来の落ち着きなどが出てくるものと思われます。

f0078320_17284700.jpg
f0078320_17285321.jpg
f0078320_17290071.jpg







※8/8よりレポート登場 (7/28収容)
▽薄茶白 オス(去勢済) 3歳ぐらい 15-6キロ

人が大好きで、とても人恋しかったようで
出した途端にぎゅーっと抱き付いてきました。
最初、マウンティングかと思いましたが
そうではなく、「待ってたんだよ~、寂しかったんだよ~」と
言いたげに、ヒンヒン言いながら抱き付いたり
身体をピッタリ寄せてもたれかかったり
見ていて切なくなるほどです。

そんな様子なので、身体のどこに触れても
喜びはしても、決して怒ったりはしませんでした。

家庭に入っても、ずっと人のそばにくっ付いて
甘えていたい子なのだろうなと思います。

f0078320_17315470.jpg
f0078320_17322097.jpg
f0078320_17322821.jpg
f0078320_17323560.jpg
f0078320_17324321.jpg



No.Ⅷ

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)
収容室③より移動

元気があり、性格は陽気で明るく
人馴れ抜群の男の子です。

収容されたのは6/2ですが、収容当時血尿が見られ
治療と共に経過観察を行っていました。
膀胱炎などではなく、恐らくフィラリアの影響が考えられますが
2ヵ月ほど投薬治療を行い
体調は良さそうなので、譲渡対象となり
ようやくレポートでも紹介できることとなりました。
いつもいつも、この部屋に撮影に入ると
人恋しそうに必死に鳴いてアピールしていた姿が印象的に残っています。
こんなに人懐っこい子だったとは・・・。

モコモコの毛で体が大きく見えますが
骨ばっていて、適正体重は+2キロ位と思われます。

抱っこにも慣れていて、安心して身を任せる辺りは
人への信頼が厚いことが良く分かります。
可愛がられていた時期もちゃんとあったのだろうと思います。

思う存分甘えさせてくれる
優しい家族にどうか出会えますように。

f0078320_17381019.jpg
f0078320_17382066.jpg




f0078320_17383121.jpg

f0078320_17391992.jpg

↓先週レポートより
f0078320_17413671.jpg

レポートは続きます。




by centre_report | 2017-08-18 17:36 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 別室    3頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



別室3頭は先週レポートより転載します。


引き続き、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-3キロ

f0078320_17312562.jpg

f0078320_17314048.jpg

f0078320_17315287.jpg

f0078320_1732742.jpg

f0078320_17322082.jpg

f0078320_17323935.jpg

f0078320_17325823.jpg

コメントも、以前のものを転用します。
クレートに戻る前に、排泄と気分転換のため
外の木陰に係留されていたよもぎちゃんです。
人の気配を察すると尻尾ブンブンで歓迎してくれていました。

人馴れしていますが、信頼関係ができるまでは
人のちょっとした動きを怖がることがあります。
静かにストレスを溜めるタイプではなく
怖いことがあると少しオーバー気味に悲鳴を上げるので
わかり易いタイプだと思います。

お世話をしてくださっている職員さんには
私たちに見せるのとはまた違う
甘えっ子な表情をみせるよもぎちゃんです。








☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ
f0078320_1737398.jpg

f0078320_17372268.jpg

f0078320_17373857.jpg

f0078320_17375367.jpg

f0078320_1738673.jpg

f0078320_17381820.jpg

f0078320_17383154.jpg
数名お世話をして下さっている職員さまの中でも、
今は決まったお2人だけには少し心を開き始めているそうで、
その方々がクレートの前に立つと、自ら出てくると仰っていました。
誰にでもという訳にはなかなかいかない子のようですが、
反対に、いったん信頼させてしまえば、
他の人には見せない姿を独り占めすることができ、
他の子では味わえない感動をもらえるような子だと思います。

私達の前では、表情一つ変えず、
いつも観察されているように感じます。
小さい頭で、一生懸命に考えているのだと思います。

以下↓以前のコメント引用します。
少し臆病で慎重な女の子です。
クレートに入っていたので誘導して出そうとしたのですが
最初は少し抵抗していました。
それでも外に出てきてもらうと暴れるようなことはなく、
緊張はしていたのだと思いますが、おとなしくしていました。
メンバーがたくさんこの部屋にいたので
尚更緊張してしまったのかもしれません。

体や頭を撫でられてもおとなしくしていました。
まだ緊張感はあるものの、それほど人は怖くないかもと
思い始めているような感じを受けます。
焦らずゆっくりとキララちゃんのペースに合わせて
接してあげれば、心を開いてくれると思います。
キララちゃんにも暖かい手が差し伸べられますように。









※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス(不妊手術済) 4-5歳 14キロ 
*以前はD部屋にいました。
f0078320_15448.jpg

f0078320_152260.jpg

f0078320_15387.jpg

f0078320_15542.jpg

f0078320_161117.jpg

とても臆病な子ですが、優しい子でもあると思います。
職員さまに引かれ、外に出て来ましたが、
ロープで引かれた経験がないようで、
必死に噛み切ろうとする行動がありましたので、
注意が必要です。

以下↓先週D部屋にいた時の様子です。
収容室のケージの中にいた時と同じように
気配を消そうとして必死に壁に鼻を押し付けて
息も出来ないのではないかというくらいの姿で
固まっていました。
鼻からの息が壁に押し付けていることでシューシュー
音が部屋の中で響いていました。
緊張しているからだとは思いますが、
どこを触っても全く反応することはありません。
お顔の写真を撮ろうとして頭をぐいっと持ち上げても
力は入っているものの、お口が出るようなことも
全くありませんでした。

抱っこをしても最初こそ暴れるものの、
抱き上げてしまえばおとなしくなります。
人が怖いと思っていても、とにかくじっとしてやりすごす
ことができる子です。
収容室にいた時に撮影した写真では、とても大きなお乳で
何度も出産した経験がある子です。
赤ちゃんを守るために、きっと大変な思いもしてきたのでしょう。
こどもたちは今頃どうしているのだろう、と心配になりますが、
今は目の前にいるこの子に
人の優しさ、暖かさを教えてあげることしかありません。




レポートは続きます。

by centre_report | 2017-08-18 16:40 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 旧子犬舎  7頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





※先週レポートより転載します。
 




<1-1>2頭 
f0078320_01163304.jpg

☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)


7/25:お顔は困ったような表情をしていますが
部屋に入る前はいつも通り尾を振って迎えてくれました。
触れても嫌がりませんが、喜ぶような素振りもありません。
あまり動きまわったりせずに、定位置でズッシリ座っていました。


しっかりとした体格の子ですが、
ギュッと抱きしめて守ってあげたくなるような子です。

オヤツも手から食べられますし、触られるのも問題ありません。
決して人を拒否している風でもなく、微かに尻尾を振り、
気持ちを表現してくれていました。

兄弟犬がソワソワと動いている中、
この子はずっと伏せたままでした。

ここで見る限りは穏やか以外の言葉が見つからないほどの子ですが、
そこそこの体格の男の子ですので、
しっかりとコントロールできる方が望ましいかもしれません。

この子の自信あふれた笑顔が見てみたいです。
きっと素敵な子に変身しそうな気がします。
f0078320_01175877.jpg
f0078320_01174238.jpg
f0078320_01175138.jpg
f0078320_01181871.jpg
f0078320_01181024.jpg
f0078320_01183159.jpg
f0078320_01183978.jpg



☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ


7/25:声を掛けられたりおやつをもらったり
そうしている間は嬉しそうに尾を振って人のそばにいますが
身体に触れると一気にシュンとなって遠ざかろうとします。
頑なな感じではありませんので
人の手が心地いいと少しでも良いイメージを持ってくれるよう
気を付け接してあげたいと思います。

今回も小部屋を開けてくれるのを待つよう、
扉近くまで来て嬉しそうにしていました。
色んな表情を見せてくれるようになり、少し余裕が出て来た感じです。

人にそっと寄り添うことの嬉しさに目覚めた半面、
余りベタベタするのは好まないのか、ある程度で満足すると、
隣の部屋に窓から入って行き、寛ぐ場面もありました。
ツンデレ君かもしれません。
(窓の外側には高い囲いが施されています)
f0078320_01212403.jpg
f0078320_01222510.jpg
f0078320_01215432.jpg
f0078320_01225439.jpg
f0078320_01232485.jpg
f0078320_01235525.jpg
f0078320_01242417.jpg




<1-2>2頭 
f0078320_01260875.jpg

※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月8-9ヵ月(7/11修正) 
11-12キロ  12-13キロ


7/25:この子はただ固まっている時期はとうに過ぎて
ある意味環境に慣れてきて
人が近づくとどこに逃げようか一生懸命に逃げようとするようになりました。
ただ、攻撃性はないので
逃げられないとわかるとジッと固まるだけです。
身体が大きくなってきたので
本気を出せば部屋の誰より強いはずなのに
いつも自分より小さい子達を頼りにしています。


良い面構えになりオトコっぽくなりましたが、
まだお子ちゃま。
色んなことに興味はあるものの、
経験不足からか、関わり方がわからない様子です。
人にもかなり関心があるようで、
目が合うことが多いです。

当初は足の大きさを見て、グングン成長する子かと思いましたが、
大分足と身体のバランスが良くなり、とてもカッコ良くなりました。
f0078320_01273594.jpg
f0078320_01274528.jpg
f0078320_01275518.jpg
f0078320_01280615.jpg
f0078320_01281632.jpg
f0078320_01283918.jpg
f0078320_01282710.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?


7/25:この日もすばしっこく動き回っていて
以前はもう少し積極的におやつを食べに来ていたのですが
最近は落ち着きなく逃げるところを探しているような状態です。
次週は撮影者の身で近づいて様子を見て見ます。


身体も小さく臆病さんだからか、
最初の頃は、同室の子達に唸る場面をよく目にしました。
怖かったからなのだと思います。
今は私達が小部屋に入ると、
逆に他の子達の陰に隠れよう隠れようと、
必死に動き回っています。
ある程度すると動きが止まり落ち着きます。
毎回同じ動きで、これがわかってしまうと、
その後は触ることも何とか出来ます。

人馴れしていませんが、全くしてないとも思えない子で、
人との生活は経験があるのだろうと思われます。
一体、どんな飼われ方だったのでしょう…。
f0078320_01311503.jpg
f0078320_01312483.jpg
f0078320_01313247.jpg
f0078320_01314262.jpg
f0078320_01315609.jpg
f0078320_01320625.jpg
f0078320_01321356.jpg




<1-3>2頭
f0078320_01333286.jpg

※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 15キロ(29/7/11修正)


7/25:隣の部屋(1-4の部屋)から移動したそうです。
薄茶の女の子と仲は悪くないようですが
1-4に帰りたがっているので
午前中は戻すのだと言っていました。
長い間一緒にいてすっかり仲間意識が出ていたのでしょうね。

 
当初の表情とはさほど変わることなく、
間もなく1年になろうとしてます。
当初から抱っこも出来た子でしたが、
今もそばに行くと、それだけでビビリションが出てしまいます。
後退はしてないものの、1歩も進んでいないように感じますので、
やはりこの子にこれ以上の人馴れを望むのは、
家庭に入れることしかないと思います。

普段からこうやって伏せていることが多いのか、
またお肉がついたように感じます。
抱いた感じで、推定体重を修正しました。
しっかり食事もとれているのは安心ですが、
そろそろウエイトオーバーになりそうです。
f0078320_01345036.jpg
f0078320_01350322.jpg
f0078320_01351537.jpg
f0078320_01352396.jpg
f0078320_01353239.jpg
f0078320_01354171.jpg
f0078320_01355076.jpg
f0078320_01355962.jpg



※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
(28.7/28他抑留所より移送)


7/25:扉を開けると、迷いなくいつもの定位置の棚下に走って向かいます。
身を潜めているかと思いきや
おやつを待っているようで、顔を伸ばしてきます。
怖がって棚下に入るのだとばかり思っていましたが
そうではないのかもしれません。


いつものように、扉をあけると、
勢いよく出て来て、物が置かれている棚の下に入り込みました。
追い込んだ訳でもないのに、棚の下でビビリションをしていました。
人の顔を見ては目を逸らす、を何度も繰り返してる様子は、
一生懸命に自分で落ちつかせているように見えました。

行動は相変わらずですが、
表情は随分と変わり、オンナのコらしくなったと思います。

以下 ↓ 以前のコメント転用します。
保護前に多頭で餌だけもらい過ごしていた子達の中の一頭で
家庭に入った子達はすでに人との暮らしに慣れつつあります。

この子はたまたま収容期間が長くなってしまいましたが
特に問題が多くあったわけではなく
部屋の顔ぶれが変わる度に、同室になる犬達に頼りにされ
慕われてきた子です。
先住犬のいるお家でも全く問題なく溶け込めると思います。
センターでの生活が長くなり、落ち着いてきたのは良いことですが
ここは決してこの子の終の棲家ではありません。
多頭で問題なく過ごせることなど
良い面に目を向けていただき
うちにおいでと言ってくださる方と巡り会えますように。
f0078320_01375659.jpg
f0078320_01380648.jpg
f0078320_01381436.jpg
f0078320_01382299.jpg
f0078320_01383069.jpg
f0078320_01384028.jpg
f0078320_01384878.jpg
f0078320_01385633.jpg




<1-4>1頭 
f0078320_01411077.jpg

※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-4キロ


最近は同室の黒い子一緒になって
「ふたりなら勇気100倍!」と言った表情で
近づいてくるようになりました。

経験不足のビビリ同士で、同調してしまうかと思いきや
この2頭に関しては良い影響がでているようです。

と言っても、まだ撫でるまでには至っていません。
この子はシニア期に差し掛かっていますので
性格をガラリと変えることは難しいかもしれません。

人は見慣れているけれども
コミュニケーションは苦手という
現在のこの子をまずは理解することが必要と思われます。
f0078320_01424542.jpg
f0078320_01425669.jpg
f0078320_01430579.jpg
f0078320_01432956.jpg
f0078320_01433835.jpg
f0078320_01434777.jpg
f0078320_01435812.jpg





レポートは続きます。



by centre_report | 2017-08-18 16:38 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 4日目部屋 5頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載します。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






5頭

f0078320_1955667.jpg

f0078320_196620.jpg







※28/2/16よりレポートに登場 (28.2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

f0078320_1982211.jpg

f0078320_1983390.jpg

f0078320_1984423.jpg

f0078320_1985943.jpg

f0078320_1991219.jpg

f0078320_1992288.jpg

f0078320_1993471.jpg

f0078320_1994512.jpg

f0078320_1995546.jpg
 ↓ コメントは以前の情報を転用します。

この部屋の中では一番触ることのできる子だと思います。
他の子も、ロープなどで逃げられないようにすれば触れますが
そうではなく、この子は拘束しなくても触れます。
今はビビリっ子の中で皆が同調し合っていますが
環境が変われば変化も見られると思います。

撮影者が一人だけで入ると、いつもよりも警戒心が薄くなり
そばに行っても逃げることもせずにその場に座って
大人しく撫でさせてくれました。
警戒心が薄れるだけでなく、おやつを期待するように舌をぺろぺろさせて
手元からおやつが出てくるのを待っているようで
差し出すと、手からは食べなかったものの
人がいる前でも置いたおやつはちゃんと食べていました。

リラックスしている様子が見られてとても嬉しかったです。

ゆっくりと撫でている時に、唸ったり鼻にシワを寄せたりなどの
行為は見受けられません。
基本は穏やかなタイプの子だと思います。

人への興味はある子ですから
家庭に入れば少しずつでも人との生活のひとつひとつを
好奇心の中で学び、変わっていくことができると思います。








※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

f0078320_19113371.jpg

f0078320_19114793.jpg

f0078320_1912266.jpg

f0078320_1912954.jpg

f0078320_19121932.jpg

f0078320_19122913.jpg

f0078320_19124456.jpg

f0078320_1913062.jpg

f0078320_19131224.jpg

f0078320_19132136.jpg
撮影のために部屋に入ると、急にソワソワと落ち着きなく動き出し、
その内、排泄を両方済ませていました。
その後もしばらくは動いていないといられない様子で、
ジッとすることなくあっちウロウロ、
こっちウロウロと気を紛らわせているようにも感じました。

 ↓ 以下のコメントは、以前の情報を転用します。
仲間を頼りにする姿を見ることが多くなってきました。
同室の子は皆、あまり人馴れしていないので
今は同調し合っていますが
頼りにする犬が人懐っこい子であれば
良い影響を受けられるかもしれません。

この子もしきりに外(廊下)を気にしていて
落ち着かない様子でした。
丁度新たな収容犬たちがトラックで運ばれてきた後だったので
それが気になっていたのかもしれません。

この子も野良に近い生活を送っていたと思われ
そのあたりで同室の犬たちと気が合ったのか
群れにすんなり馴染みました。

この子が棲んでいた地域は、同じような
気が弱めで穏やかな野良っぽい子が時折捕獲されます。

同郷と思われる野良ちゃん達の中で
家庭に入ることができた子たちは
人との生活に慣れ、家庭犬として過ごすことができています。

攻撃性はなく、いたって穏やか
気が弱めで、人よりも犬を頼りにしますので
同居犬がいる環境もこの子には向いていると思います。









※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

f0078320_19144854.jpg

f0078320_1915699.jpg

f0078320_19152469.jpg

f0078320_19153899.jpg

f0078320_19155395.jpg

f0078320_1916651.jpg
この子も↑上の茶の子につられるように、しきりに動きまわっていました。
周りの子達の影響もあるので、
この部屋で落ち着いていることは、
この子には厳しいのではないかと感じます。

以前見た時より、身体つきがしっかりし、
顔つきもおとなびて来たように見えました。

 ↓ 以下のコメントは、以前の情報を転用します。
この子はやはり数名でのこの部屋に入ると
落ち着きがなくなります。
逆に撮影者ひとりですと、好奇心の方が勝るのか
少しそばに寄ってきます。
とは言っても一定の距離は保とうとしますので
無理強いせずに自分から来てくれるのを待つのが
一番良い表情を見せてくれる方法だと思いまいた。

先週は興味深げにすぐそばまでこの子の方から近づいてきましたが
この日は外(廊下)に何か気になることがあったようで
しきりにそちらを見てウロウロし、落ち着かない様子でした。

いつも廊下からそっとこの部屋を覗き込むと
皆はスノコの上に固まって座っていますが
この子は皆から離れたところにひとりで丸まっています。

人が部屋に入ると、他の皆のところに駆け寄って行くので
頼りにはしているようですが
自分から積極的に群れに溶け込もうとはしていないようです。

捕獲される前に行動を共にしていた老犬のベレンくんは
一足先に家庭犬となり幸せを掴みました。

この子も家庭犬として再出発できる日が一日も早くやってきますように。









※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

f0078320_19172959.jpg

f0078320_19174251.jpg

f0078320_19175133.jpg

f0078320_1918120.jpg

f0078320_19181443.jpg

f0078320_19182626.jpg
ここでの生活が、丸1年を過ぎてしまいました。

 ↓ コメントは以前の情報を転用します。
ハッとするほど表情が可愛らしくなりました。
蒸し暑い時期ですが、皮膚の状態が悪化した様子はありません。
この子が座っているところに
人が近づいても少し身は固くするものの
逃げようとはしません。
少なくとも、人は危険ではないと学んでいるようです。

人が近づいても積極的に逃げようとはしません。
いつも同郷と思われる黒くんにくっ付くように座っています。
ゆっくりであれば頭も撫でさせてくれて
人への警戒心は薄めです。
撫でられる以上のコミニュケーションはあまりとったことがなく
未知なことにはまだびびってしまうこともありますが
経験を積むことで少しずつ慣れてくれそうな子です。

人の手からもおやつを食べますし
知らん顔していると、この子の方から匂いを嗅ぎに来ます。
この部屋の中では、人に対して一番警戒心が少ない子だと思います。









※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

f0078320_19213699.jpg

f0078320_19215477.jpg

f0078320_19221167.jpg

f0078320_19222929.jpg

f0078320_19224079.jpg

f0078320_19225498.jpg

f0078320_19231829.jpg
この子もここでの生活が丸1年を過ぎてしまいました。

 ↓ コメントは以前の情報を転用します。
この子は座り方が特徴的で
最近はいつもこの姿勢で座っています。
そーっと外から部屋を覗いた時は
足を投げ出して横になって寝ていて
リラックスすることもちゃんとあるようで安心しました。

黒い子なので、写真では表情があまりはっきりしませんが
目がクリッとしていて、マズルは短めで
実は少しベビーフェイスです。

多頭でほぼ野良に近い生活をしてきた子ではありますが
人から餌をもらっていた経緯がありますので
人を見てもパニックになって歩きまわる
なんてことはありません。

野良時代に行動を共にしていたであろう子たちは
一部を除き、新しい生活環境でゆっくりと慣れてきて
家庭犬として人との生活に馴染んできています。

5月まで同室だった茶白くんも、迎え入れてくれたご家族の愛情に
少しずつ答えるようになってきたようです。

家庭で人との生活の中に入ることができれば
歩みはゆっくりかもしれませんが
必ず変化は出てくると思います。





レポートは続きます。
by centre_report | 2017-08-18 16:34 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート D部屋   3頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載します。



今週も、動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






3頭
f0078320_1733625.jpg








※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

ペチャッと押したような鼻が、とても個性的で愛らしい表情の子です。
f0078320_17291950.jpg

f0078320_17293950.jpg

f0078320_17295788.jpg

f0078320_1730115.jpg

f0078320_17302465.jpg

f0078320_1730381.jpg

f0078320_1730522.jpg

f0078320_1731544.jpg

f0078320_17311954.jpg
部屋の入り口前に立つと、
この子だけが興味有り気に近寄って来てくれました。
部屋に入ると、最初は下がって行きますが、
直ぐに「オヤツ持ってますよね!」と言いたげに、
そばまで来てくれました。

人馴れは問題ないのですが、
それでもどこか恐々で、警戒しながらといった感じではあります。
きっと収容前は怖い思いをしたのだと想像できます。
こちらが急な動きをしなければ、
人が部屋にいても特に避けるような行動はありません。

人の手からオヤツを優しく食べることもできる子で、
それもオヤツにかなり執着しますから、
オヤツを上手く使うことで、人馴れも進むと思われます。
ただ、週1での仲良し作戦では、この状態が精いっぱいのように感じます。

収容中はできるだけ嫌われないように接してあげたいと思います。








※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

不安でたまらないと言った表情が切なくなる子です。
f0078320_17324638.jpg

f0078320_17342446.jpg

f0078320_17343838.jpg

f0078320_1735039.jpg

f0078320_1742205.jpg

f0078320_17352626.jpg

f0078320_17354210.jpg

f0078320_17355670.jpg
この日も、近寄らないでオーラを出しており、
終始変わらずの姿勢でジッと時間が過ぎるのを待っているようでした。

ゆっくりゆっくり撫でてあげることしかできませんが、
本犬は、撫でられるのも本当は嫌なのかもしれません。

オヤツを置いても食べてはくれませんから、
嫌でもせめて人の手に慣れて欲しい。
そう思い部屋にいる間は、そっと身体に触れていました。

何気に体格もチェックしてみましたが、
特に痩せてもいませんでしたから、
食事は摂れていて、ちゃんと身になっているようですので少し安心しました。

この子の表情が、明るくなる日が一日も早く来ることを祈りたいです。










※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい
*体重は、もしかしたらもう少しあるのではと感じました。(8/8)

f0078320_17371414.jpg

f0078320_17373114.jpg

f0078320_17374669.jpg

f0078320_17443942.jpg

f0078320_17381630.jpg

f0078320_17383178.jpg

f0078320_1745326.jpg

f0078320_1739165.jpg

f0078320_17391696.jpg

f0078320_1739317.jpg
身体が重そうでした。
こちらが動くと避けるように動くので、
その度に身体の重さと暑さも重なり、
息が上がり見ていて可哀そうになるほどでした。
心臓への負担が心配になります。

以下 ↓ 以前のコメントを転用します。
近づくと逃げる割に
知らん顔していると、けっこうそばにいたりします。
人と暮らしていた子のようですし
どこかに人を頼りにしたい気持ちが残っているのかもしれません。

とても特徴的な綺麗な巻き毛が印象的で
胴体だけでなく、尻尾まで綺麗な巻き毛になっていて
大変目を惹く子です。
おやつは離れたところであれば、私たちが見ている目の前でも
食べることができます。
離れたところから手を伸ばして顔を背けた状態で見せると
興味があるのでクンクンと少し匂いを嗅ぐ様子は見せますが
まだ直接手から受け取って食べる勇気が出ないようです。
それでも以前に比べれば匂いを嗅ぐような仕草もするように
なりましたので、焦らずゆっくりと接してあげたいと思います。





レポートは続きます。
by centre_report | 2017-08-18 16:33 | 愛護センターレポート

8/15センターレポート 収容室①② 2頭




姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




(収容室① 1頭)


※7/11よりレポートに登場 (7/4収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 12-3キロ 13-4キロ

ロープも怖い、環境も怖いのでしょう、
ケージから出ると狭いところに逃げ込もうと必死になっていました。
とにかく隠れたいようでした。

触ったりすることはたいして気にならないようでしたが、
たまたま部屋の外が賑やかだったこともあり、落ち着きませんでした。

不安だらけなのでしょう、心ここにあらず 
といった感じで、そばにいる人を見ることもしませんでした。
もう少し時間をかけて見ていく必要があると思います。
f0078320_14000808.jpg

f0078320_14003147.jpg

f0078320_14005281.jpg

f0078320_14011377.jpg

f0078320_14013450.jpg

f0078320_14015719.jpg




(収容室② 2頭)

※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 7-8ヵ月 8-9キロ

全てが怖いです といっているようです。
何をされるのか不安でいっぱいです。
ロープも怖くて可愛そうでしたが出て来てもらいました。
バタバタとどこかに隠れようと必死になっていました。
なるべく体制を低くして抵抗していました。
この環境では無理もないです。

収容室の外廊下が賑やかで色んな声が聞こえていたので、
怖かったらしくプチパニックといった感じでした。
少し時間がたつと落ち着いて様子を伺っていましたので、
観察力のある賢い子だろうと思います。

まだ子犬です。
置かれている環境や経験で大きく変わります。
大切なこの時期を優しい人と過ごしてもらいたいと願っています。
f0078320_14043535.jpg

f0078320_14045559.jpg

f0078320_14051329.jpg

f0078320_14053610.jpg

f0078320_14055614.jpg

f0078320_14061690.jpg

先週レポートより転載 ↓
f0078320_00391661.jpg


レポートは続きます














by centre_report | 2017-08-16 14:12 | 愛護センターレポート