ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 10 )

11/15 センターレポート 仔犬舎    6頭

メイマミさんのレポートです。

加筆・修正しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


2-5 2頭


※8/2よりレポートに登場 (7/末 他所からの移送)
▼オス 薄茶 1歳位 11-12キロくらい

たよりなかった身体がしっかりし、毛のせいもあるのか、
随分ふくよかになりました。
今回も相変わらずの体制で迎えてくれましたが、まだ緊張はしているものの、
心なしか表情が柔らかくなったように感じました。
f0078320_2452991.jpg

f0078320_2455246.jpg

f0078320_246247.jpg

f0078320_2465018.jpg

f0078320_2471292.jpg

f0078320_2473081.jpg


話しかけながらゆっくり動けば、触ることも問題なく出来ます。
家庭に入り人との時間を多く持てれば
人馴れも面白いように進むような気がする子です。
f0078320_248198.jpg

f0078320_2491060.jpg

わざと前に手をかざして横の子を触っていても、
お口が全く出ることもありませんでした。

以前のレポートではお腹を見せている姿がありました。
自分は何にもしないよと言いたげな姿を見て、
きっと優しい子に違いないと思っています。

今は何をどうしていいのかわからないだけのように感じます。
もっと人と一緒の時間を持てる環境に早く移動が出来ますよう祈っています。





※7/12よりレポートに登場 (6/29収容)
▼茶(足先白)オス 10-12ヵ月 9キロ前後

この子も、人が部屋に入るとどうしていいのかわからず、
ひたすら固まってしまいます。

アイラインの入った目が鋭く見えますが、
攻撃するチャンスを伺っているのではありません。
とても綺麗なお顔をしている子です。
自信が持てれば見違えるような子に変身しそうです。
f0078320_2572035.jpg

f0078320_2573472.jpg

f0078320_2575013.jpg

f0078320_258585.jpg

f0078320_2582156.jpg

f0078320_2583626.jpg

f0078320_259087.jpg

f0078320_2591929.jpg

f0078320_259341.jpg

背中も頭も足も。。。
声を掛けながらゆっくり手を当てればどこでも触ることが出来ます。

今は毎週会うたびにこの子に観察されているように感じます。
若い今の内に、人との関わり家庭の温かさをたっぷり味わせてあげたい子です。



2-6 1頭


※11/15 レポート初登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 オス 7ー8か月 7-8キロ
下のメスと同胞

人馴れはこれからになりますが、今のところ攻撃的な様子はありませんでした。
お目目が中心に寄っていて、とても個性的な子です。
f0078320_310948.jpg

f0078320_310248.jpg

f0078320_3104494.jpg

f0078320_3111121.jpg

f0078320_3112711.jpg

ここにきて間もない仔犬ちゃんですから、
何が何だかわからなくて当然だと思います。
一緒に居たメスの子とも別の部屋になり、部屋には知らない人が
入って来るわで、不安もマックスだったことでしょう。

こちらが動くたびジッと見ていました。


f0078320_3114786.jpg

f0078320_312499.jpg

脅かさないよう順序良く触れば、
パニックになるようなこともなく触らせてくれました。

まだ仔犬ですから、家庭に入れたら人馴れは問題なく進んでくれそうです。
どの子にも一日でも早く家庭に入れてあげたいと思いますが、
人馴れイマイチの仔犬は特に早く家庭に入れてあげたいと思ってしまいます。

次週も良く見て来たいと思います。




2-7 3頭

※11/15 レポート初登場(11/7他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 7ー8か月 7-8キロ
上のオスと同胞です。

毛の配色は違いますが、よく似た子達です。
この子も人馴れはこれからになりますが、この日接した限りお口も出ず
攻撃性は無いように思われます。
f0078320_3165434.jpg

f0078320_317937.jpg

f0078320_3172578.jpg

f0078320_3174048.jpg

f0078320_3175585.jpg

f0078320_3181283.jpg

この子も触ってても固まったままでした。
今は触れるというだけでも充分だと思いましたので、
これ以上のことをするのはやめました。
少しずつ慣れてもらえるよう、次回も様子を見て来たいと思います。






※11/1よりレポートに登場(10/18収容)
▽茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強

べっ甲色と言うかとても綺麗な毛色をした子で、
ヨーキーを大きくしたような感じの子です。
f0078320_12402155.jpg

f0078320_12411784.jpg

f0078320_1241444.jpg

f0078320_1242225.jpg

以前のレポートでは逃げ惑うなどの様子も書かれて居ましたが、
要領が良いのか一番臆病なのか二匹の隙間にスッポリ入り
安心してる様子で、今回はひたすら固まっていました。



f0078320_12422133.jpg

f0078320_12423855.jpg

急な動きをしなければ、触ってても問題ありません。

人馴れが進んだら、より愛らしい子になると思います。




※11/1よりレポートに登場 (10/18収容)
▽こげ茶 テリア系MIX メス 6ヵ月くらい 6キロ強

この子も、ぬいぐるみのようなとても可愛い子です。
人馴れはしていませんが、この子の方がしっかり者の様です。
f0078320_12434462.jpg

f0078320_1244776.jpg

f0078320_12442920.jpg

f0078320_12444898.jpg

この子は、人を良く見ていました。
家庭に入ったら急激に人馴れが進みそうな感じは受けました。

f0078320_1245620.jpg

f0078320_12452417.jpg

f0078320_12454046.jpg

人の手は優しいと早く気付かせてあげたいです。
そしてウマウマをくれる手とも。。。

一日も早く家庭に入り、
仔犬の大切な時期を愛情たっぷり受けて育って欲しいと願ってます。





レポートは続きます。
by centre_report | 2016-11-18 08:16

7/26センターレポート 旧子犬舎  5頭

ハマちゃんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちの紹介です。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




1-1

※1/19よりレポートに登場 (1/8収容)
▼トライカラー オス 1歳くらい 12キロ~
 「今までの情報はコチラ」
今日はお部屋に一人だったのでなんとなく心細そうな表情をしていました。
f0078320_1428157.jpg

少し近くに寄らせてもらいましたが、
不安になったのか『うぅぅ~~ワッフッッ』って高い声で
何度か私たちを追い払おうとしていました。
が、むしろそのかわいい声におもわず近寄ってしまいました。
この表情でわかると思いますが
攻撃的なのではなくて不安からくるものだと思います。
f0078320_14304599.jpg

現に近寄っても全然大丈夫でした。少し離れるとじっとこちらを見ていました。
f0078320_14351437.jpg

f0078320_14361917.jpg

静かで優しい子だと感じました。
1日でも早く家庭に入って家庭の暖かさを知ってほしいです。
f0078320_14363213.jpg


※4/15よりレポート登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1歳未満 10キロ前後 脱肛手術済
前回のレポートにもありましたが、
やはりとても緊張していて
同部屋の子と一緒に部屋を出たり入ったりを繰り返していました。
※施錠等しっかりとして確認をしてから出しています。
f0078320_1450569.jpg

その際ビビりうんちやオシッコを出していました。
攻撃的な面はないので、経験不足からただただ人間が怖いんだと思います。
f0078320_14563273.jpg

f0078320_14572352.jpg

この子のペースでゆっくり暮らしていけるご家庭が向いていると思います。

※4/5よりレポート登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1歳未満 9-10キロ?
この子も不安そうな顔をしていましたが、
↑の子よりも怖がりではないように感じました。
↑の子と部屋を出たり入ったりを何度かしましたが、
ビビりうんちもオシッコも出ていませんでした。
f0078320_150271.jpg

不安げな顔でこちらをみていましたが、
同行メンバーが撫でると意外と逃げることなく大人しく撫でさせてくれました。
f0078320_151859.jpg

f0078320_1511916.jpg

家庭に入れば人馴れも早いかもしれません。
f0078320_1534382.jpg



1-3

※5/10よりレポート登場 (4/28収容)
▼白茶 オス 7-8歳 10キロ弱
今日はいつもの3頭のうち↓の2頭が去勢手術のため不在だったせいか、
いつもより落ち着いている感じがしました。
相変わらずおやつが大好きでグイグイと寄ってきてくれました。
f0078320_15131050.jpg

人が近くにくるのは得意ではないようでしおらしくしていましたが、
すぐに気を取り直しておやつ探しをしていました。
きっとすぐ馴れると思います。
f0078320_1517522.jpg

f0078320_15171835.jpg

今日はなぜか舌出しショットが多く撮れました。
笑ってるような感じがしてとてもチャーミングでした。
f0078320_15144388.jpg

f0078320_15145771.jpg

f0078320_15162097.jpg





※2/16よりレポート登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳 13-14キロ
「今までのレポートはコチラ」
お外から見ると勢いよく吠えているのですが、中に入るとあれ~?さっきの子はどこにいっちゃった~?状態に静かでした。
f0078320_15482010.jpg

f0078320_15483746.jpg

おやつも最初は警戒していましたが、最終的には手のひらからも食べることができました。
半年の間に頑張って成長しているようです。
f0078320_15491321.jpg

f0078320_15493859.jpg

f0078320_15495135.jpg


レポートは続きます。
by centre_report | 2016-07-28 14:51

6/14センターレポート 4日目部屋  2頭

るる母さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



4日目の部屋に収容されている子たちです。

どの子も怖がりです。
人間が近づくと、逃げ去る子、くっついて固まる子、それぞれですが
人間に対しての敵意は感じられず、攻撃性はありません。

f0078320_16592767.jpg
f0078320_16594320.jpg
f0078320_170180.jpg

このまま怖がり同士固まって過ごしていては
進歩はあまり期待できないでしょうが
家庭に入り個々にしっかり向き合って愛情をかければ、
心を開いてくれる日が必ず来ると思います。



この日はここから3頭を引き出しましたので、
現在いる2頭について紹介します。


※2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼茶白 オス 3-4歳 11キロぐらい

この子は近づくと、ウロウロ逃げ回ります。
オヤツはにおいをかぐところまではしますが、
人が見ているところでは食べません
f0078320_1703942.jpg


鼻の頭の部分に脱毛がありますが、
この子のチャームポイントにもなっているようにも思えます。
f0078320_17139100.jpg


つかず離れず歩き回っているのは、見方によっては人の注意を引こうとしているようにも思えます。
すれ違う時に「タッチ」程度にしか触れませんが、
それで怒ったり怖がったりすることはありません。

たまたま笑顔のように写りましたが、
人と接する機会がもっと多くなれば本当の笑顔が見られるのも近いと思います。
f0078320_171215.jpg
f0078320_171158.jpg



f0078320_172051.jpg




※3/1よりレポート登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 1歳程度? 11キロ~

この子は怖くて固まるタイプのようです。
この日は、近づいたときに反対のコーナーに歩いただけでした。
f0078320_1722520.jpg

オヤツも食べられませんが、ジッとしているときに撫でても
怒ったりはしないで我慢しています。
人との接触の機会がごく少なかったのではないかと想像されます
もっともっと人の手に触れてほしいです。
f0078320_1725876.jpg


f0078320_1724487.jpg

まだとても怖いのでしょう
ほかの犬を頼りにしていることが多いです。
この部屋の怖がりの犬が少なくなったことが、
この子にいい影響を与えてくれることを願います。
f0078320_1731841.jpg
f0078320_1732891.jpg

by centre_report | 2016-06-15 17:25

5/17センターレポート  D部屋     5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、譲渡先・預かり先募集中の仔たちを紹介します。




問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






2015年3/17よりレポート登場 (3/10収容)
▼茶 メス 2歳ぐらい 12-13キロ
※5/7更新
「今までのレポートはこちら」
この子も1年を経過してしまいました。
逃げるのがクセのようになってしまっています。
一日も早く暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_235849100.jpg
f0078320_23591457.jpg

c0358879_0114717.jpg
(先週レポートより)




※3/29よりレポートに登場 (3/17収容)
▼茶(黒の差し毛)メス 1-3歳? 8-9キロ
※5/7更新
「今までのレポートはコチラ」
近づくと顔をそむけてしまうくらい緊張していました。
とても綺麗な顔をしている美犬さんです。
何も怖いことなんかしないからね。
怖がらずにおやつが食べれるようになりますように。
f0078320_0567.jpg
f0078320_0554100.jpg
f0078320_061469.jpg

c0358879_140647.jpg
(先週レポートより)




※2/9よりレポート登場 (1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 10キロぐらい
※5/7更新
「今までのレポートはコチラ」
ずっと部屋の隅っこで固まっていました。
一番緊張していたように思えます。
この子にも人の暖かさをわかってもらいたいです。
f0078320_0113125.jpg

c0358879_0123645.jpg
(先週レポートより)



※4/15よりレポート登場 (4/5収容)
▼ 黒 メス 若い 12キロぐらい
収容当初は固まって動けなかったようですが、
今日は茶色のビビリチームにくっついたり、
部屋の中をウロウロしたりと動きが見られました。
まだ人を信用してないような眼差しが辛かったです。
同室の人馴れしている子の良い影響を受けて欲しいなと思いました。
f0078320_0164531.jpg
f0078320_018626.jpg
(先週レポートより)



※3/29よりレポートに登場  (3/16収容)
▽茶黒(胸と足先白) メス(不妊手術済) 2歳くらい 11-12キロ
この部屋で唯一人馴れしている子です。
とにかく人と一緒にいるのが楽しいようで
部屋にメンバーが入ってくると真っ先に挨拶代わりに飛びついてきます。
いつでも満面の笑みで迎えてくれるので
こちらもついつい笑顔になってしまいます。
この部屋にいる子は皆臆病なので
この子の元気の良さや、人を怖がらずに懐いてくる様子を見て
他の子たちにも良い影響になればと思います。
f0078320_0225387.jpg
f0078320_0231227.jpg
f0078320_0233519.jpg
f0078320_025196.jpg
(以前のレポートより)





レポートは続きます。
by centre_report | 2016-05-19 09:15

2/23センターレポート パート4  ⑨(53)

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



2/23センター・レポートパート3からの続きです。
D室・E室に居る犬達を紹介しています。



【D室   4頭】



*昨年3月からの収容ですが、6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 3-4歳? 12-3キロ
f0078320_154894.jpg

ここがこの子が頑張れる場所のようで、
常にこの場所で寄り添っている場面を見ることが多いです。
しかし、この日は、目の前に人が座っても、
目を合わさずゆっくり動く分には慌てふためくこともなく、
こちらの様子を観察することが出来ていました。





(2/16訪問時の写真)
f0078320_172174.jpg

今回はおやつを食べることは出来ませんでしたが、
先週の訪問時には食べたとの報告がされていましたので、
この子なりではありますが確実に変わって来ています。
家庭に入ればもっと人馴れは進むように感じます。









*昨年3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶 メス 1-2歳 12・3キロ
とても綺麗な姿の美犬ちゃんです。
f0078320_161760.jpg


f0078320_165680.jpg


f0078320_172457.jpg

どれだけ怖い思いをして来たのでしょう。

気持ちのわかる子同士が寄り添い慰めあっていることが、
さらに不安にさせているようにも感じてしまいます。

この子に笑顔が出たときは、きっと別犬になると思います。









*2/23レポート初登場 (2/12収容)
▼白 メス 2-3歳 16、7キロ
どちらかと言えば臆病な子かもしれませんが、
他の子達の影響も受けて居るようにも感じました。



f0078320_175598.jpg

f0078320_182278.jpg

f0078320_185047.jpg


人と目を合わせることはせず、避ける様にウロウロとしては居ましたが、
単にこの場所が落ち着かず
外に出たくて居るのではないかと思うような様子でした。
f0078320_192042.jpg

f0078320_194964.jpg


私と他1名が部屋に居て見ていても、排泄が出来るのですから、
この子は環境が変われば人馴れは急速に進むような気がします。









*2/9よりレポート登場 (1/28収容)
▼茶 メス 2-3歳 10キロくらい
隅に居たこの子は、入って行っても移動もせずに、
低い声でかすかに唸って居ました。
f0078320_1102375.jpg

f0078320_1105274.jpg

今は単に、まだ怖くて怖くて居るのだと思います。
今この部屋に居る子たちは誰ひとりとして人に寄ってくることはしませんので、
このままだとこの子にも人は怖くないとわかってもらえるまでには、
少し時間がかかってしまうようで不安はよぎります。


長く居る子は勿論ですが、この子の様な収容間もない子も、
この生活が当たり前になる前に、一日でも早く一般家庭の中に入り、
人の温かさを知らせてあげたいです。








【E室     5頭】



ケージ①
*8/18よりレポート登場(8/7収容)
▼薄茶 折れ耳 メス 4-5歳 13キロくらい

f0078320_1202932.jpg

まん丸の愛くるしい表情で、この日も迎えてくれました。

すっかりここの生活に落ち着いてしまいましたが、
人が大好きなこの子はいつも人が来るのをこうして待ってるのかと思うと、
笑顔も切なく感じてしまいます。



f0078320_1205465.jpg

新しい家族のお迎えがくるまで、体調を崩さず頑張ってて。。と、
祈ることしかできず歯がゆいです。




ケージ②
*2/16よりレポート登場(2/4収容)
▼薄茶 オス 5-6歳 12キロくらい
落ち着きがあり人が大好きな子です。
中年の年齢からくるものか、まだ環境に戸惑いがあるのか、
程よい落ち着きが好印象の子でした。

f0078320_1212070.jpg



(2/16レポートのお写真)
f0078320_2059012.jpg


写真には撮れませんでしたが、自分から他の子のところに挨拶に行き、
柵こしではありましたが、全く表情を変えず警戒する様子もありませんでした。






エージ③
*2/23レポート初登場 (2/18他抑留所からの移送)
▼茶 柴? メス 7-8キロ
人が大好きで、限りなく柴と思える子です。
最初はロープを嫌がり抵抗しましたが、ほどなくして落ち着きました。
次週の報告もご覧ください。

f0078320_1264286.jpg


f0078320_12781.jpg

人を信じてやまない子でしたので、
繰り返すことですぐに理解するように感じます。




f0078320_1273176.jpg
f0078320_1275349.jpg

写真を撮るのに抑えたら、逆にしっかりしがみ付かれ、
しばらくこのまま離れませんでした。



f0078320_0232054.jpg

f0078320_0233833.jpg

抱っこも全く問題なく、明らかに人との生活をしていただろうこの子は、
人が大好き、ひたすら信頼しています。



ケージ⑥
*2/23レポート初登場 (2/10収容)
▼白 メス 3-4歳 8キロ弱
まだ環境に戸惑いがあるのか、それとももともと物静かな子なのか、
表情も変えずにケージからすんなり出てきました。

f0078320_1355115.jpg

足が長く綺麗にしたら目を引くような子です。




f0078320_0253854.jpg

f0078320_0255986.jpg

f0078320_026162.jpg

抱っこも全く抵抗することなく、慣れた様子でした。



f0078320_1363049.jpg

オヤツはお気に召さなかったんか、それとも緊張からか
手から食べることは出来ませんでした。
今後変化は出てくるように思えた子です。



f0078320_1365742.jpg

歯も抵抗なく見せてくれました。

直ぐにでも家庭犬として暮らせる子の様に感じました。





ケージ⑦
*2/23レポート初登場 (2/9収容)
▼白(少しベージュ) オス 3歳くらい 10キロぐらい
色素が薄く、美白美犬さんです。

ケージから出すと嬉しくて動き回り、写真が撮れないほどでした。
人が大好きな子で、全身で嬉しさを表してくれました。
写真にはありませんが、他犬にもテンション高く寄って行く様子もあり、
陽気で可愛い子です。

f0078320_0235974.jpg
f0078320_1312558.jpg
f0078320_1315035.jpg

余りにも動くので抱っこをしたら別犬になり、
一気にテンションが下がり可笑しくなりました。

実際は、もっともっと可愛いお顔の子です。


f0078320_1321496.jpg

歯も問題なく見せてくれました。




レポートは、以上です。
by centre_report | 2016-02-27 00:27

2/25センターレポート パート2

ひなのさんのレポートです。
加筆・修正しています。



2/28:追記

最終部屋より新たに選定され、譲渡対象となりました。
飼い主による持ち込み。

▽テリア系MIX オス 4歳 (片方の眼だけに白濁がみられます。)
愛想がよく、人懐っこい子です。
抱っこされることや、歯を見られること、
共に抵抗することなどはありませんでした。
あまり手入れされていなかったのか
ボサボサで汚れていますが
トリミングなど受ければかなり可愛らしくなると思います。
f0078320_18122383.jpg

f0078320_1820286.png

f0078320_18201638.png

f0078320_18205211.jpg
 △元飼い主が亡くなり、その親族により持ち込まれたのだそうです。
帰り際に最終部屋を覗くと、部屋奥の隅っこに丸くなったこの子がいました。
突然の出来事に戸惑いもあったのでしょう、もうあきらめたような表情で・・・

話しかけに行ったら、ゆっくりと顔を持ち上げて撫でさせてくれました。
それから尻尾を振り、だんだんと喜びを表してくれた子です。

抱き上げると、見た目よりも重くて13-4kgはあると思います。



以下3頭、きょうだいワンコ。
ややビビりさんながらも
自ら寄って来てくれるようになりました。
抱っこをすると緊張するのか、3頭とも固まります。

▽茶黒 オス 生後5-6ヵ月 6キロぐらい
f0078320_1653171.jpg

f0078320_1155365.jpg

f0078320_116314.jpg



▽黒 オス 生後5-6ヵ月 7キロぐらい
f0078320_1142359.png

f0078320_1143933.png

f0078320_1144969.jpg



▽黒茶 メス 生後5-6ヵ月 6キロぐらい
f0078320_1162116.jpg

f0078320_1163945.jpg

f0078320_1165667.jpg





▽茶白 メス ちょうど1歳ぐらい 7.5キロ
触れようとすると、腰を低くし、耳を倒し尻尾をパタパタ振って
敵意がありませんよと言いたげに、控えめに接してくれます。
最初の頃に比べると、人馴れがかなり進んだように思います。
f0078320_1193719.png

f0078320_1194762.jpg





▽黒こげ茶 オス 去勢済み 2~3歳? 16-7kg
レポート初登場
先週後半に収容期限が切れて、譲渡用に選定されました。

ニコニコしながら迎え入れてくれました。
撫でられることがすきなようで、頭をズイズイと寄せてきます。
f0078320_11122826.jpg

f0078320_11123934.jpg





▽うす茶 オス(去勢済み) 推定3~4歳 13.5キロ
「飼い主募集中No.2452」
ややシャイな性格のようで、ドア越しに吠えていましたが
部屋に入ると距離を取りながら匂いを嗅いできました。
慣れたら甘えん坊になるそうで、慎重な態度は最初だけなのかもしれません。
f0078320_11141879.jpg

f0078320_11143299.jpg






▽白 オス(去勢済み) 推定2~3歳 10-11キロ
部屋に入ると人懐っこく寄ってきて撫でさせてくれました。
ドア越しに吠える事もなく、穏やかな印象でした。
f0078320_11161369.jpg

f0078320_11162821.jpg

f0078320_1117247.jpg







【旧シャンプー室】


▽薄茶 メス 2歳(飼い主申告) 11-12キロ
少し前に、具合が悪いのかと思うほど大人しい時期があり
心配でしたが、この日は自ら寄って来て
甘えてきてくれました。体調は良いようです。
f0078320_11303996.jpg

f0078320_11304798.jpg

↓先週レポートより
f0078320_11404097.jpg






▽茶(鼻黒) メス 8才(飼い主申告) 13-14キロ
人懐っこく、甘えん坊な子で
部屋に入るとすぐに寄って来てお顔を近づけてくれます。
この部屋に新しく入る子に対して、やや強く出ることがあるようですが
同室で何の問題もなく一緒に過ごせる子もいるので
相性次第なのかもしれません
f0078320_1130591.jpg

f0078320_11411981.jpg

f0078320_1131723.jpg






※先週からレポート登場
▽白(薄茶) メス 推定1歳~1歳弱 7-8キロ
怯えていたので、今回は抱っこすることを止めました。
前回訪問時は抱っこできたようですが
ビビりウンは出たそうです。
幼い横顔、不安そうな表情です。
f0078320_114355.jpg

f0078320_11431366.jpg

↓先週レポートより
f0078320_11435832.jpg






▽薄茶白の長毛 メス(不妊手術済み) 1歳位 13キロ
ボラトリの会の皆さんがこの日もトリミングをしてくださっていました。
「なっちゃん」と呼ばれるこの子はシャンプーがかなり苦手なようで、
洗うのにとても苦労したそうです。
ドライヤーの時は大人しくしていました。
f0078320_11445495.jpg

↓以下2枚先週と以前のレポートより
f0078320_11462451.jpg

f0078320_16441144.jpg

性格そのものはとても明るく活発で、フレンドリーな子です。





▽茶(鼻黒) メス 1-2歳 8キロ 
センター敷地内のドックランで他の子達と一緒に遊んでいました。
触れようとすると逃げるものの
知らん顔していると、そっと近くまで寄ってきます。
控えめなタイプで、騒いだり吠えたりすることはあまりないようです。
f0078320_1341814.jpg

f0078320_134281.jpg

↓以前のレポートより
f0078320_1381215.jpg






【鑑定室】


▽茶鼻黒 オス 推定2-3才 8.5キロ(適正11キロくらい)去勢済み
「飼い主募集中No.2346」
f0078320_11552466.jpg

f0078320_11554033.jpg

f0078320_1156890.jpg
 △少し体重は増えてきているように思います。





【小型犬用部屋】


▽コーギー メス 7-8才 10キロくらい
ケージの扉を開け手を差し伸べると、ピョンと腕の中に飛び乗ってきました。
最初の頃より落ち着きが出てきて、人に素直に甘えるようになったと思います。
f0078320_11585735.jpg

f0078320_11591249.jpg

f0078320_126525.jpg

片耳が垂れていて、一見キュートな風貌に見えますが
先月のボラトリで担当してくださった方のお話しによると
過去、外耳炎などを悪化させしかもそのまま放置されていたため
耳が片方だけ垂れてしまったのではないか、とのことでした。
今現在、かゆがったりはしていませんが、耳の中は真っ黒だったそうです。





▽茶 額と鼻が黒 メス 8.5キロ 1-2才
耳をぺったんこにして、尻尾をフルフリ
いつも友好的な態度を示してくれる子です。
f0078320_1231317.jpg

f0078320_1232476.jpg

f0078320_1254746.jpg

f0078320_123318.jpg






▽柴犬 オス去勢済み 推定5歳 8キロ
飼い主募集中!№2426
ドックランでとても楽しそうに遊んでいて
飛び切りの笑顔を見せてくれました。
明るく活発な子で、懐っこく寄って来てくれます。
f0078320_1275637.jpg
f0078320_128241.jpg

↓先週レポートより
f0078320_1283394.jpg





▽柴犬 オス 3才くらい 8.5キロ 去勢済み
ボラトリさんに懐っこく甘えていました。
柴犬ですが、和犬気質バリバリと言うような印象もなく
ややシャイな甘えっ子という印象です。
飼い主募集中!№2451
f0078320_1292748.jpg
f0078320_1293515.jpg

↓先週レポートより
f0078320_1210186.jpg






▽黒薄茶 メス 不妊手術済み 3-4歳 10-11キロくらい
先週一般譲渡が決まり、間もなく引き取られる予定です。
ドックランで気持ちよさそうに風にあたっていました。
他の犬達ともめる様子は特に見られず
終始穏やかに過ごしているようでした。
f0078320_132865.jpg

f0078320_133633.jpg

f0078320_1331945.jpg






【譲渡室】



ケージNo Ⅱ
▽茶白 メス 推定2-4歳 11-12キロ
いつもながら部屋から出すと最初はパワー炸裂で
ピョンピョコ動き回りますが、少しすると落ち着きます。
f0078320_12155641.jpg

f0078320_1216723.jpg






※先週レポートより登場
▽黒茶白 メス 推定4-5歳? 7キロぐらい 
落ち着いた様子で、きちんとお座りした状態で撫でさせてくれました。
他の犬に吠えられ委縮していたと先週レポートにあったので
恐がりさんかと思いきや、人に対しては落ち着いた態度で接することができるようです。
f0078320_121904.jpg

f0078320_12191156.jpg

f0078320_12192390.jpg






ケージNo Ⅴ
▽茶白 オス 去勢済 3-4歳 14キロ
またまた体が大きくなったような気がします。
この日も“お手”や“お座り”を披露してくれました。
飼い主募集中 No.2324
f0078320_12231250.jpg

f0078320_12232562.jpg

f0078320_12233662.jpg






ケージⅥ
▽茶 オス(去勢済み) 推定2歳 16キロ
「飼い主募集中2335」
底抜けに明るく、人が大大大好きな男の子です。
力が強く、少々落ち着きがありませんが
屈託のない性格で、陽気で楽しい子です。
f0078320_1228775.jpg
f0078320_12283474.jpg
f0078320_12284358.jpg






ケージⅦ
▽茶 オス(去勢済み) 推定2歳 15キロ
「飼い主募集中2369」
同行メンバーに「撫でて撫でて」と言いたげに甘えていました。
f0078320_1231959.jpg

f0078320_12311819.jpg

f0078320_12312862.jpg
 △落ち着いていて穏やかな子です。




ケージⅧ
▽柴犬 茶 メス 推定5~6歳 8キロぐらい
上唇の形から、歯が見えやすいので
表情によっては威嚇しているように誤解されるかもしれませんが
本人はそんな気は全くなく、笑顔のつもりだと思います。
人懐っこく、穏やかな性格です。
f0078320_12341978.jpg

f0078320_12344296.jpg

f0078320_12345477.jpg







【四日目の部屋】


▽白 オス去勢済み 2~3歳 9.5キロ
人懐っこく寄ってきます。
他の子に特に怒る様子は見られず
落ち着いて過ごしていたように思います。
「飼い主募集中2244」
f0078320_12405487.jpg

f0078320_12412266.jpg

f0078320_1241406.jpg





▽茶 オス(去勢済み) 4~5歳 
18キロ(現在は20キロくらいかもしれません)
他の子が人の傍に積極的に寄っていると
一歩引いて眺めているような控えめなタイプです。
「飼い主募集中2325」
f0078320_12434119.jpg

f0078320_12435653.jpg






▽茶 メス 13-14キロ? 推定3~4歳
懐っこく寄って来て撫でさせてくれました。
扉を開ける度、少々強引に外に出ようとしていたので
こちらも強めに押し戻しましたが
それに対して怒るようなことはありませんでした。
f0078320_12464823.jpg

f0078320_1247326.jpg






※先週レポートより登場
▽茶 オス 推定1歳 9-10キロ
ひたすら逃げ回っていたので
この日は触れるに至りませんでした。
先週は抱っこできていて、特に抵抗するような様子はなかったようです。
f0078320_12491068.jpg

f0078320_12492261.jpg






▽茶長毛 メス 生後7ヵ月 8-9キロ
レポート初登場
先週、飼い主からの引き取り

人懐っこい子で、穏やかな性格なのがすぐに伝わってきました。
口笛を吹くと「ん?」と首を傾げてみせて、
それがたまらなく可愛らしかったです。
f0078320_12513187.jpg

f0078320_12514161.jpg

f0078320_12514964.jpg






【別室】


▽茶 メス 不妊手術済み 推定1-2歳 10キロ程度
これまで選定室№3ケージにいた子です。
いつもはケージ内で出してほしくて鳴いていますが
この日はセンター内のドックランで自由に遊んでいてので
とても落ち着いていて、本来のこの子の良さが出ていました。
嬉しそうに駆け寄ってきてくれました。
f0078320_12544919.jpg

f0078320_1255065.jpg

f0078320_1255931.jpg

↓以前のレポートより
f0078320_1810256.jpg




▽茶 メス 不妊手術済み 2才くらい 11キロ(痩せ気味)
現在、選定室№3に入っています。
ボラトリさんにシャンプーしていただいていました。
担当してくださった方のお話しによると
お座りや呼び戻しなどができるとのこと。
ドライヤーが少し苦手なようですが
シャンプーは大人しくさせてくれたようです。
f0078320_1255557.jpg

↓先週レポートより
f0078320_12561028.jpg





▽茶 メス 不妊手術済み 3-4歳 10kg未満
ドックランで遊ぶさなか、フッと近くに寄って来てくれ
撫でさせてくれました。
いつもよりずっと明るい表情を見せていました。
f0078320_1855633.jpg

f0078320_19184792.jpg

f0078320_19185918.jpg

↓以前のレポートより
f0078320_1851321.jpg






この日引き出したワンコ達

f0078320_12582913.jpg


f0078320_1312492.jpg


f0078320_1313676.jpg


預かり家庭で体調を整えた後
いぬ親様募集となります。

応援よろしくお願いします!

~お知らせ~


本当の家族を待つワンコ、&ニャンコ達の出会いの場であるいぬ親会が開催されます。

3月のいぬ親会開催日は以下の通りです。



2014年3月2日(日)
「ちばわん品川ねこいぬ親会開催案内」←詳細はこちら。

f0078320_19241483.jpg





2014年3月16日(日)
「ちばわん定例いぬ親会開催のご案内」←詳細はこちら。

f0078320_12322824.jpg



可愛いワンコ&ニャンコ達にぜひ会いに来てください。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まず、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

 
※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望および、
子猫のみの預かり希望は、現在受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)
by centre_report | 2014-02-26 22:25

ファンタについて

保護犬ファンタに関しまして、人に対する深刻な攻撃性により、更なる重大事故を回避するために、先月、安楽死と言う苦渋の選択をいたしました。

ファンタがちばわんの保護犬となった経緯を簡潔に説明します。(詳細は後記します)
ファンタは、ちばわんボランティアが毎週訪問、引き出しを行っている愛護センターとは
別のH支所からやってきました。
ちばわんにボランティアとして在籍しながら個人ボランティアとしても登録、引き出しを行っている者の要請により、ちばわんの保護犬として引き受けた次第です。
通常の引き出しと異なる保護犬でありましたが、いったん引き受けた大切な命です。
最後まで守り抜きたいと、でき得る限りの手段を講じて来ました。
Mさんは、「素人の手には負えない」と言う理由で預かり移動の依頼の出ていたファンタの預かりを引き受けてくださいました。しかし、残念ながらファンタの攻撃性は収まらず、Mさんに大けがを負わせる結果となってしまいました。
ファンタの咬み方は、試し咬みから本気咬みへと移行する攻撃性の高いもので、首を狙ったものでした。Mさんは、驚くほど深い傷を負われ、現在仕事はもちろん日常生活にも支障をきたしています。
Mさんは、トレーナーの資格を持つこともあり、預かりを引き継いでくださいましたが、日常生活を共にしてファンタのトレーニングには非常に困難を感じていたそうです。
そのため、より高度なスキルを持つトレーナーさん数人に相談され、指導を仰ぎながら努力されてきました。
恩師であるトレーナーさんには、正式な仕事としてファンタのトレーニングを依頼すれば、重度の攻撃性を矯正することは可能なのかどうか、など、あらゆる可能性について相談されてきました。
残念ながらその結果は「矯正できる可能性はゼロに近いであろう」と言うものでした。
つまり、我々のファンタ矯正への道を考え手段を講じた結果も、その道は断たれたのです。

人への深刻な攻撃性の矯正が不可能である、と言うことは、いぬ親さんへの譲渡は不可能です。
そのことをちばわんに報告しようとしていた矢先、咬傷事故が起こりました。

私たちは、この先起きるかもしれない事態について、考えることを余儀なくされました。
どれだけ注意を払っても、さらに深刻な咬傷事故が起こる可能性は完全に否定できません。
ちばわんでは、今まで、攻撃性のある犬であっても安楽死と言う選択肢を取ったことはありません。
しかしながら、事故が起きてしまった時の責任、その事故がもたらすレスキュー活動全体への影響等を熟考し、今回私たちは苦渋の選択をせざるをえませんでした。


ファンタの引き出しの詳しい経緯は、下記の通りです。
H支所からの依頼を受けてのものです。


① 2011年5月末 個人譲渡ボランティアとして登録しているAさんが支所に電話した際、「あまりに性格が良く、処分場(センター本所)に送るには忍びない犬がいるので、ボランティアさんのほうでこの子も引き受けてはもらえないだろうか?」 との要望を受ける。
個人引き受けができないため、ちばわんの保護犬として引き受けたいので許可して欲しいと、Aさんから副代表に写真付きメールが届く。

“Aさん、もしくはBさんの2名いずれかが、必ず最後まで責任を持って預かりますから” 

との要望であり、12kg程度の若く性格の良い鼻黒雑種犬♂という情報であったのと、何より責任感のある2人を信頼し、引き出しにあたりちばわんの名前で申請書類を作成することを許可する。

手続き等をAさんに委任する。

② 2011年6月3日 Bさんが1人で支所に出向き、犬を引き出し(Bさんから引き出し希望が出ていたもう1頭の犬と共に)、預かり開始。
このとき支所から渡され引き取って来た犬は、ちばわんが予定していた犬とは全く別の犬(20kg以上 ラブラドール風雑種♂攻撃性有)であった。

③ 2011年6月8日 副代表が犬引き出しのため毎週訪問しているセンター本所にて、上記①で引き受けたはずであった鼻黒雑種犬♂と遭遇する。
前日に支所から期限切れで移送されてきた、ということで、すでに最終部屋にいたその犬を副代表自身が見て、触り、性格を確認したうえで譲渡にまわしてもらうように申請する。

④ ①のやり取りで、H支所とAさんとの連絡に行き違いがあった事が後日判明するが、②の時点ですでにちばわん名での引き出し書類を作成しており、引き出しも完了していたため、そのまま「ちばわん保護犬」として募集掲載を行うことにする。

⑤ 2011年8月 Bさんが預かり移動要請を出す。

⑥ 2011年11月、トレーナー資格を持つMさんから一時預かりボランティアの申し込みを受け、ファンタの預かりを依頼する。

⑦ 2011年12月1日Mさん宅へ移動する。


以上

はじめから凶暴極まりない犬というわけでは決してなく、適切に接することができれば
矯正も可能かと、引き出しの時点では思われました。
それこそが、ファンタの性質の見極めが難しかった最大の原因だったかも知れません。


最初の預かりボランティアのBさんも、ファンタの攻撃性についてはすぐ気が付いたそうですが、自ら進んで引き受けた犬であり、トレーナーさんに付いてもらいながら様々な努力を続けました。
しかし、とても素人の手に負える犬ではなく、酷く咬まれた末に、預かり移動を懇願して来ています。
限界を感じ、何よりもお子さんへ攻撃が及ぶことを恐れてのことだったのだと思います。
最初に引き出しの話をちばわんに持ち込んだAさんも、ファンタを預かることはまず不可能でした。
ファンタは他犬の存在により攻撃性が増す傾向にあり、多くの犬・猫と同居する家庭には最も向いていませんでした。

センターからの引き出しは、一般家庭への再譲渡を目的としている以上、家庭犬として暮らし易い性質の良い犬を選ぶことが大前提となります。
このことを着実に守り続けることこそが、救える命の数が増える=センターで殺処分となる数を減らすことに繋がります。
犬猫殺処分数が全国第1位という不名誉を持つ千葉県のセンターでは、こうしている間にも、性格が良く、人と暮らすのに何ら問題ない犬たちが、引き取り手がいないという理由で処分されているのです。
ちばわんでは毎週、キャパシティー限界までの頭数を引き受けています。でも、これ以上預かり場所がないために、引き出しを諦めた犬たちの数はとうてい数えきれるものではありません。
短時間で犬の性質を見極めるのは非常に困難な作業で、今まで引き出してきた犬、保護した犬の中で、咬む犬の数は少なくないのです。
事実、咬傷事故はこれが初めてではありません。

預かりボランティアは、自分や家族が咬まれることがあっても、その犬の性質・特性などを観察して、トレーニング等、さまざまな方法で矯正の道を探っています。

いぬ親様の選定も慎重に慎重を期して行い、その犬の状態を深くご理解いただけるご家族との縁組を行ってきました。
しかしながら今回の事故は、そういったレベルを超越したものでした。

一般家庭への譲渡は不可能でありますが、譲渡しない場合でも誰かが世話しなければなりません。しかし、完全に他者に迷惑・被害を及ぼさない状態を維持する確信は持てませんでした。
そのような状態で、この先再び重大な事故が発生した場合、動物保護活動が白い目で見られるような事にもなりかねません。
ちばわんとしてはそのような事態だけは絶対に避けなければならない、と思いました。
これまで、攻撃性は無く、恐怖や保身のために咬む犬でさえ、

“咬傷犬をも引き出している団体ちばわんは、社会の敵、一刻も早く潰れるべきである”

とネット上に書かれ、叩かれて来ました。


Mさんの怪我は重症です。両手を咬まれましたが、現在もまだ聞き手の握力は反対の手の三分の一しかありません。
また、今後握力が回復するかどうかはわかりません。
前述のとおり、ファンタが狙ったのはMさんの首であり、手を咬まれたのはそれを阻止しようとした結果です。
咬み続けながら、いったん落ち着いたように見えた後、再び攻撃が始まったことも、矯正が困難であると判断した理由の一つです。
ただ、これだけ酷い怪我ではありましたが、Mさんであったからこの程度で済んだというのが現状です。

子供やお年寄りに攻撃の矛先が向かった場合に想定される事態を想像した時、私たちは恐ろしい現実と直面することになりました。

深刻な事故が起きた場合、センターもボランティアへの成犬譲渡が出来なくなる可能性も出てきます。
そのような場合、千葉だけでなく全国での保護活動への支障は避けられません。
代表と副代表で、熟考した結果、達した決断でした。
処置当日は、Mさんだけなく、皆で送りたいと4名が自主的に集まりました。
他のボランティアに告知しなかったのは、メンバーに重い十字架を背負わせることはないと考えたからです。


点滴により意識が遠のいたファンタの手を皆で握り、さすりながら祈りました。
そして最後を見届けました。

どんな経緯であれ、縁あってちばわんの保護犬となったファンタです。
5人で心からファンタに謝りました。
もう二度とこんな事故も、このような思いも繰り返したくありません。


ファンタの亡骸を引き取り、Mさん宅に戻って、今までできなかった全身のブラッシングを
して、花を供え葬儀場へ向かいました。

以上がファンタの最後です。


ファンタにお別れをしたいので霊園の場所を知りたい、と言うお問い合わせを
いただたのでここに記します。

千葉県佐倉市飯野にある、緑の里さくらペット霊園です。


なお、今回ファンタの処置にかかった病院・葬儀等の費用は、皆様からのご寄附
ではなく、すべて代表の個人負担です。
「寄付の目的使用外である」と言うご指摘をいただいたので、付け加えさせていただきました。

H支所に対しては、ちばわんから経緯の報告と、反省を求める文書を送付いたしました。
担当者からはお詫びとお見舞いの電話をいただき、今回のことを今後の譲渡体制への反省材料としていただくために、県全体の所課長会議にて報告がなされたとの言葉を確認しました。
その後、県衛生指導課担当副主幹からも、謝罪と、再発防止に努めるとの約束をもらっています。
この事実を重く受け止め、H支所、F市センターに対しては、受け入れ能力のない個人に対しての無理な依頼を、今後一切自粛していただきたいと思います。


最後に、このたびは私たちの力が及ばず、このような結果になり大変申し訳ありませんでした。
また、ご説明が遅れた事により、沢山の方にご迷惑をかける結果となり、誠に申し訳ありません。
どのような理由であろうとも、私たちがファンタの命を奪った事実は変えることはできません。
しかしながら、ちばわんは今後も、これまで通りセンターからの引き出しを続け、一つでも多くの命をつなげる努力をしていく所存です。


ちばわん代表 扇田 
副代表 吉田
by centre_report | 2012-08-08 00:00

2月25日のレポート

たーぼーさんのレポートです


本日は、副代表、3週連続運搬のSさん、るる母さん、こーままと訪問してきました。

私は1月ぶりの訪問でしたが、わんちゃんの数が少なくなっていました。
最近収容された子のうちでも、4頭ほど返還になったと聞きました。


f0078320_2120179.jpg

↓シェルティMIXは引き取り先が決まっています。
体調に問題なさそうでした。
f0078320_21203812.jpg

↓穏やかそうな10KG超の子
収容期限内sa100224-01(オス、3月2日期限)
f0078320_21205120.jpg

左のMIXの子は検疫をお願いしています。
右は狩猟犬
同行したスタッフが今日は珍しく狩猟犬が少ないと言ってましたが、
ここにいることは、許されることではありませんよね。

f0078320_2121486.jpg


↓引き取り予定あり
f0078320_21211615.jpg

↓今日引き出した子

f0078320_21213061.jpg


f0078320_21214177.jpg

左側の子は今日引き出しました。
右側の子犬は検疫中ですが、この幼さのわりにはおとなしく、体調が悪いのかも知れません。

f0078320_2121565.jpg

↓引き取り先未定 ビーグル持ち込み4歳メス 来週検疫が明けるそうです。
f0078320_2122711.jpg

↓今日引き出した子
f0078320_21344912.jpg

子犬もたくさんいました。
この1週間は子犬舎への移動は行わなかったようです。
少しでも元気な状態で子犬舎に移動できるよう、移動してからも病気が出ることのないよう、O先生もワクチンの接種方法など工夫してくださっています。
f0078320_21361830.jpg

具合が悪そうな子犬
f0078320_21375667.jpg


とっても元気に動き回っていた子犬たち
f0078320_21402196.jpg
f0078320_21404921.jpg
f0078320_2141575.jpg
f0078320_21415718.jpg


f0078320_21454543.jpg

3日目の部屋に独りぽつんといたオスの子。
同行したスタッフが、心細かろうと引き取りを申し出てくれ、検疫をお願いすることができました。
f0078320_21531664.jpg

f0078320_21464529.jpg

↓引き取り先未定の子。
落ち着いていて12~4KG位のオス、とてもきれいな子です。
まだ収容期限内、sa100223-01(3月1日収容期限)です。
f0078320_21473093.jpg

ビーグル、5~6歳オス。
パルボと思われる症状から奇跡的に回復し、今週頭に検疫が明けましたが行き先がないそうです。
おとなしくて吠えるのを聞いたことがないそうですが、ずっと寝た姿勢でいたせいか、陰嚢周辺が辱創のようにただれてしまっています。
引き取れる方、預かれる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまでぜひご連絡をお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。
f0078320_21483870.jpg


子犬舎にはオスしかおらず、今日はここから2匹引き出しました。

f0078320_21574844.jpg
f0078320_2158491.jpg
f0078320_21582288.jpg
f0078320_21584288.jpg
f0078320_215918.jpg
f0078320_21591369.jpg
f0078320_2265767.jpg


本日は子犬舎から2匹、収容棟から2匹の引き上げを行いました。


当レポートに関してのお問い合わせはセンターではなく、ちばわんまでお願いいたします
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。
”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことをどうかご理解、ご了承いただきたいと思います。
また、消息のみのお問い合わせはご遠慮ください

センターで使用する古新聞紙を募集してます。
申し訳ありませんが、今回は
3月7日品川ねこ親会、いぬ親会にご持参いただける方のみ受付としたいと思います。
どうかよろしくご協力ください。
by centre_report | 2010-02-25 22:17

清掃ボランティア参加レポート

ひーままさんのレポートです。

------------------
初めて「清掃ボランティア」として参加したレポートです。

2010年2月12日、朝9時にセンターに着き、清掃ボラのベテランでもあるちばわん運搬ボランティアKさんと、私同様初めてお掃除に参加してくださることになった都内運搬ボラの男性の方と合流。
センターのO先生に挨拶しロッカーで着替え(合羽上下に腕カバー、ビニール手袋、マスク、ヘアキャップ。作業後すべて廃棄します)、Kさんが手順の説明をしながら、大急ぎで清掃作業に取り掛かりました。

【清掃の手順】

・検疫室にあるステンレスゲージから犬たちを順番(具合の悪そうな犬のゲージは最後にする)に別のゲージに移動し、清掃(新聞紙・排泄物などの撤去、洗浄)、ビルコン消毒。

・水いれ、食器も同様。

・消毒後しばらく置いてからゲージから水分を除去し、元のように新聞・毛布を新しく敷き、水入れ・食器を補充して戻し、犬たちを順番に戻していく。

・犬たちを一時入れていたゲージ等も、同様に洗浄消毒。

・黄色いカゴ、床も全面洗浄消毒。

・清掃道具・脚立なども洗浄し、ビルコン消毒。

・最後に壁にビルコン噴霧。

・途中、仔犬は一時入れているゲージ等でも排便をするので、すぐに処理。

今回は、大人3人で2時間掛かりました。

Kさん以外初めてでしたので、最初、説明を聞くのに時間が掛かったのもあります。
何よりも・・・説明を聞くにも、検疫室は仔犬や小型犬たちの鳴き声で、それはすごいものがあり、聴こえないのです!
「え?え?」と何度も聞きなおし、叫ぶように説明を受けたり。
人が入ったことで、犬たちは一斉に興奮して叫びだすのです。
また掃除中、水が掛かったりすると悲鳴に変わりますし、洗浄でブラシがガシガシ壁に当たる音に悲鳴を上げる子もいます。
清掃で一番苦労したのがその声でした。

洗浄するために犬たちを順に移動させますが、どの子もとてもいい子でした。
でも、仔犬たちは、手を差し伸べるととっても嬉しがって、我さきに!と溢れるように殺到するので、ゲージから落ちないようにするのにとても気を使いました。
かと思うと、具合の悪い子や怖がりの子は、じっと隅にうずくまっていました。

作業中、ちっとも寒くありません。
いえ、かえって、汗を掻きそうになるほどでしたよ!
今日の寒さがかえって心地よかったかもしれません。
排泄物のにおいなどもあまり気になりませんでした。

それも、O先生が毎日の作業でここを綺麗にしてくれていたからです!
今回は「かなり綺麗な状態ですね」とKさんも言っておられました。
しかし、せっかく綺麗にしても、すぐに水?おしっこ?でぐしゃぐしゃ。ごはんを食べたらすぐに排泄。
エンドレスです。

この部屋を綺麗に衛生的にしておくには、やはり清掃ボランティアとしての協力が何より必要と痛感しました。
O先生だけでここを今まで綺麗にしていてくださったなんて、本当にすごすぎます。
感謝ばかりです。


この子達が検疫期間を無事乗りきるためにも、一人でも多くの方の協力が必要です。
でも、一人でやるのはとてもムリです。
お友達と一緒でも構いません。
チームで参加されるとチームワークで段取り良くやれるかもしれませんね。

また1回参加すれば流れも分かりますから、そこからどんどん輪を拡げられたら、今回の運搬ボラKさんなど清掃ボラのベテランさんの負担も減ると思います。

なお、平日のみになります、御了承ください。
-----------------

一度参加下さった方は、積極的に『いつ掃除に行きます!他の参加者を募って下さい』と連絡していただくと嬉しいです。

また、電車バスだけで行くのが難しい場所ですので、お車で行かれる方は、他の参加者を駅で拾うなどご協力いただきたいと思います。

一緒に参加された方同士で連絡を取り合って日時を決め、チーム参加して下さると、ちばわん担当者の手間が省けてとても助かります。

千葉県内だけでなく、関東圏内からのご参加大歓迎です。

何卒よろしくお願いいたします。

by centre_report | 2010-02-12 20:08

2月4日 センターレポート

Chieさんのレポートです。


2月4日(木)、
1匹のやや高齢のワンコの引取りのため
センターに行ってきました。


この日の千葉県は朝から氷点下となり、
お天気は良かったのですがとても寒い一日でした。





今日はまず最初に引き出してきた子のご紹介をします。

やや高齢っぽい柴犬系の男の子です。
去年の10月にこのセンターに収容されました。

f0078320_23241393.jpg


レポートを見てくれた複数の方から声がかかりましたが、そのうちの一家族の方が千葉県内在住とのことで直接センターからの引き取りを申し出られたということを聞きました。

実際に家族でセンターまで出向いて見学をし、正式に「引き取り希望」をされたので、この子は検疫に入りました。

なので、「行き先が決まりました」と他の方へもお断りしていました。

ところが・・・・・


その後、何度センターを訪れたときにもこの子はいて、引き取られていませんでした。
挙句に、引き取りをキャンセルされてしまったというのです。

無事に検疫が明けたのに、引き取り先のない状態がつづいていたのです。

年末にセンターを訪れた際、O先生が
「検疫明けたけど引き取り先がないと可哀相だけど処分かな・・・。
他の犬にちょっとキツイしな・・」
と話していたのを聞いて、
引き取ることを申し出ました。

そしてやっと迎えに行くことが出来、
3ヵ月半ぶりに外の空気を味わうことが出来ました。

帰宅後、
シャンプーし、我が家の犬たちと対面させてみましたが
まったくキツイところなどはなく過ごしています。

いぬ親さま募集開始となった際にはよろしくお願い致します。





そして今日のセンターの様子です。


まずは【子犬舎】へ。

昨日のレポートにもありましたが
本当にたくさんの子犬たちが収容されていて、
無事に検疫を明けていつでも迎えることが出来る子犬舎の子だけでも
20匹近くいました。

殆どが譲渡会でもらわれていく確率の低い女の子です。
預かれる方、譲渡希望の方がいらっしゃいましたら
是非ちばわんまでご連絡下さい。

▽みんな女の子
f0078320_23501748.jpg

f0078320_2350366.jpg

▽この子達は男の子だそうです
f0078320_23505168.jpg

▽白い2匹は男の子だそうです
f0078320_23512764.jpg

▽ほとんど女の子
f0078320_23523466.jpg

f0078320_23524877.jpg

f0078320_2353348.jpg

▽性別をはっきりと確認できませんでしたが、
ほとんどが女の子だと思います
f0078320_2355739.jpg

f0078320_236963.jpg

f0078320_23552738.jpg

f0078320_2355412.jpg

f0078320_23555290.jpg


どうして譲渡会では女の子を希望する人が少ないかと言うと、

『番犬として外で飼っていても、オスなら子供を産むことはない。
メスは生理がきたり、子供を産んだりと面倒だから』

だそうです。

子犬のお世話をしている職員さんがそう話してくれました。

今でもこんな考えを持っている人がいっぱいいるところです・・・。
子犬の持込が”ゼロ”になるのはいつになることか・・・。





【収容棟】へ。


【1日目】の部屋にいた6匹、みんな検疫中だそうです
f0078320_013897.jpg


▽ですが、引き取り先が決まっているのは
このちばわん引き取り予定の子犬2匹と
f0078320_1105310.jpg

f0078320_111613.jpg


▽向かって左側の子、それ以外はビーグルだけだそうで
行儀よく座っている右側の子、
そしてとても穏やかなゴールデンはまだ決まっていません。
預かれる方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい!

※ゴールデンには多くの預かり希望お申し出をいただきましたので、いったん打ち切らせて下さい。

f0078320_112273.jpg



【2日目】の部屋には3匹、
まだ引き取り先はどの子も決まっていないようです。
どなたか預かれる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します・・。

f0078320_1182656.jpg


▽真っ黒な短毛の男の子、まだ若そうです。
f0078320_1185490.jpg


▽真っ黒な長毛で足先だけが白い毛の男の子、この子もまだ若そうです。
f0078320_1214392.jpg


▽まだ1才未満の男の子のようです。隅で静かに座っていました。
f0078320_123384.jpg



【3日目】の部屋には4匹
f0078320_1254310.jpg


▽この3匹には声が掛かっていますが
f0078320_1272763.jpg


▽この子だけが掛かっていません。12~13キロくらいの男の子です。
どなたか預かれる方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。
f0078320_1295264.jpg



【4日目】の部屋には8匹、
収容期限内ですがどの子も声が掛かっていません。
預かれる方、譲渡希望の方がいらっしゃいましたら是非ちばわんまでご連絡下さい!

f0078320_131320.jpg


▽黒茶マーブル模様の男の子。13キロ前後くらいだと思います。
とても人が大好きなようで、ずっとこの窓のそばにいてくれました。
f0078320_1324311.jpg

f0078320_1325490.jpg


▽まだ若そうな2匹の男の子たち。
少しずつ少しずつ、2匹揃ってそばまで来てくれました。
f0078320_1353560.jpg

f0078320_1354859.jpg

f0078320_136232.jpg


▽この2匹の男の子は同じ日に同じ地域で捕獲されたようです。
どちらも首輪が着いているし、同じように切れたヒモまで着いています。
どういったわけでココにいるんでしょうか・・・。
そしてどちらも鳴くことなく過ごしていました。
f0078320_140768.jpg
f0078320_1401785.jpg


▽昨日のレポートの中でも、そして今日もずっとそばに寄り添っている2匹です。
奥にいる子がやや高齢に見える女の子、
手前はビーグルミックスのような男の子です。
f0078320_1432099.jpg

f0078320_1441856.jpg


▽エサ箱から出てこなかった子と、この隅から動かなかった子・・・。
f0078320_1453683.jpg

f0078320_146147.jpg



【最終部屋】には3匹。
この日飼主に持込まれた真っ白な兄弟(もしくは親子)と柴犬系の子。
真っ白な子達は、性格に問題なさそうであれば検疫室に移されるそうです。
でも柴犬系のこは気が強いらしく、
残念ながら処分にまわされるそうです・・・。

性格がキツクなってしまったのも人間のせいなのに、
それが理由で処分されてしまうこの子の犬生とは何だったんでしょうか・・・。
f0078320_1493159.jpg

f0078320_1512910.jpg

f0078320_151364.jpg






【検疫室】へ。

▽12部屋に区切られたステンレスゲージ。
その中には小型犬、検疫を無事に明けることが出来た子犬たちがいっぱいです。
f0078320_1584934.jpg


年末には検疫を明けた子犬全頭を引き出すことが出来ましたが
年明けてまだ1ヶ月だというのに、
この日の子犬の数は、子犬舎含めて50匹近くいました。

▽この日飼主に持ち込まれたMシュナウザーの女の子。
性格は問題ない子でした。
ずっと震えながらキュンキュン不安そうにないていました。
引き取り先が決まっていません。
(※譲渡に回すべくこのケージに入れられたので、当面処分予定はありません)
f0078320_235120.jpg


▽昨日のレポートにあった、目の不自由なダックス。
問い合わせがたくさんあったそうです!
とても穏やかな子でした。
f0078320_253163.jpg


▽一般の方への譲渡が決まっているダックス、とても元気でした
f0078320_261416.jpg


▽他のボランティアさんが引き取り予定のダックス
f0078320_27443.jpg


▽そして、週末か週明けには子犬舎へ引越し予定の子犬たちです!
無事に検疫期間を乗り越えました!!
f0078320_283017.jpg

f0078320_28402.jpg

f0078320_285078.jpg

f0078320_285888.jpg

f0078320_29773.jpg

f0078320_291777.jpg

f0078320_29309.jpg
f0078320_294091.jpg



▽昨日のレポートに載っていたこの場所にいた子・・・、
具合が悪そうでしたが、この日の朝亡くなってしまったそうです・・・。
寂しくクサリだけが置かれていました・・。
f0078320_210538.jpg


▽検疫中の子です。
f0078320_217106.jpg

下腹部に怪我があり、毎日O先生が化膿止を飲ませてくれているそうです。
この写真では分かりませんが、
あばら骨が浮いてしまっていてガリガリに痩せていました・・・。

「点滴や栄養剤を打って治療してもらえるなら
連れて帰ってもらったほうがこの子のためになる・・・」とのO先生の言葉で
急遽連れて帰ることを決め、
キャリーなどを用意するために一旦この場を離れたんですが、
戻ってきたら大量の血便がありました・・・。

このあとすぐに薬を飲ましてくれ、
しばらく様子をみることになりました。

回復したら連絡をくれる予定になっていますが、
また会える日が来てほしいです・・。

▽他の収容施設から移送されてきたばかりの子犬たち。
これから検疫期間に入ります。
f0078320_2215026.jpg

f0078320_2215916.jpg

f0078320_2221159.jpg


▽検疫中の子犬たち。みんな元気そうでした!
f0078320_2224446.jpg

f0078320_223099.jpg

f0078320_223813.jpg


▽一般の方に譲渡予定の柴犬と、他のボランティアさん引き取り予定のチワワ。
どちらも元気そうでした。
f0078320_2242595.jpg

f0078320_2243662.jpg


▽真っ白な子猫3匹。ただ今検疫中です。
f0078320_2252465.jpg






この焼却棟の煙突から
天に昇っていく煙がなくなる日が一日もはやく来て欲しい・・・、
そう願います。

f0078320_2404498.jpg






お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。


なお、大変申し訳ないのですが、
譲渡希望・一時預かりのお申し込みは、関東のみとさせていただいております。

”お届けやフォローをできる範囲”に限らざるを得ないことを
どうかご理解、ご了承いただきたいと思います。
by centre_report | 2010-02-05 02:27