ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 06日 ( 4 )

12/5センターレポート 収容室①②③    9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室① 3頭



※11/14よりレポートに登場 (11/1収容)
▽白 オス 6ー7歳 14-15キロ

推定6-7歳ですが、少し困ったような表情は
とてもあどけなくて幼く見え
この子の穏やかな性格を象徴しているかのようなお顔をしています。

他の同室の犬達がけたたましく吠えるのに対し
この子はひとり物静かに佇んでいました。
まだ吠え声を一度も聞いていない気がします。

人馴れは特に問題なく、人を見て怯えるでも嫌がるでも
怒るでもなく、かとって嬉しくて飛びついてくるような
感情を爆発させるようなこともなく
ケージ扉を開けると淡々と外に出てきて、おやつをもらい
感情を変える様子はなく、騒ぐようなことは一切ありませんでした。
また外だと様子が違うかもしれないので、
次週はドッグランに連れだしてみたいと思います。
f0078320_23511786.jpg



f0078320_23512335.jpg



f0078320_23512701.jpg



f0078320_23513937.jpg



f0078320_23513338.jpg



f0078320_23514460.jpg



抱き上げられるのは得意ではなさそうでした。
おそらく経験がないのだと思います。
でも決して怒ったり歯を当てたりということはありませんでした。
f0078320_23514988.jpg



f0078320_23515517.jpg



f0078320_23520136.jpg








※11/14よりレポートに登場(10/31収容)
▽茶黒 メス 4歳ぐらい 10-11キロ(痩せ過ぎ)

最初見た時から痩せている子でしたが
さらに細くなっていました。下痢などはしておらず
食欲もかなりあるので、何か疾患があるというよりは
食べられなかった時期が長くあり
今現在きちんと食べられるけれども
吸収する力が落ちているのかもしれません。

元気はあり、食欲も旺盛です。
人懐っこく、明るい性格の子ですが
食べ物の方に気が行ってしまって
終始落ち着かない様子でした。
職員さんも気を付けて見ていてくださっていますので
体重の増加と共に、落ち着きも出てくると思います。
f0078320_23555565.jpg



f0078320_23560212.jpg



f0078320_23561615.jpg



f0078320_23562217.jpg



f0078320_23562787.jpg



f0078320_23563102.jpg








※11/28よりレポートに登場 (11/20収容)
▽黒茶 メス 2-3歳 14キロ程度

保定してくれたメンバーにホールドされてるので
まるで大人しい子に見えますが
育ち盛りの子犬のように、まあ動く動く!
毛が黒いのもあって、ほとんどの写真がブレブレになってしまいました。
顔を近づけるとベロベロ舐めて歓迎してくれます。
犬と密なコミュニケーション取ることを好む方には
たまらないタイプだと思います。

抱き上げられる時、嫌がったりしませんが
その後腕の中でジッとしているのが耐えられないようで
活きの良いシャケのようにバッタンバッタン暴れて腕から逃れていました。

思うがまま生きているような子です。
この子の生まれ持った性格の良さを活かしつつ
クールダウンさせて人の声が届きやすいよう
適切に躾のできる方の元で過ごせたら
無限の可能性が広がりそうな子だと思います。
f0078320_00010524.jpg



f0078320_00011089.jpg



f0078320_00011569.jpg



f0078320_00012095.jpg



f0078320_00012664.jpg



↓先週レポートより
f0078320_11215780.jpg


f0078320_11221874.jpg








収容室 ② 3頭




※11/7よりレポートに登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10キロ前後


お顔はまるっきり柴犬ですが
身体は柴犬よりも胴や手足が長めです。
綺麗好きな子のようで、外に出すとまず排尿する場所を探します。

相変わらずお尻まわりは脱毛していましたが
体調面そのものは問題がないようで元気にしていました。

人馴れしていて、怖がったり不安がったりする様子は見られませんが
従順なタイプと言うよりは、どことなくマイペースで
思ったまま行動しているようにも見えます。
ただ、気が強かったり、我が強かったりといった様子は見受けられませんで
人に依存したり頼ったりし過ぎないタイプなのだと思います。

おやつを見せるとビシッとお座りして見せてくれて
以前の飼い主から、こうすると褒めてもらえたり
おやつをもらえたりしていたのかもしれません。

情緒の乱れも感じませんので
人との暮らしの中に入っても
すぐに馴染んで自分のペースで行動できそうな子です。
f0078320_00060617.jpg



f0078320_00061188.jpg



f0078320_00061937.jpg



f0078320_00062620.jpg



f0078320_00071366.jpg


↓先週レポートより

f0078320_11370819.jpg







※11/28よりレポートに登場 (11/17収容)
▽薄茶 メス 4-5歳 12-3キロ

他の子が「早く出して!」とケージ扉の前で騒ぐ中
皆何騒いでいるのか、不思議そうな顔しながら
いたって安定した精神状態のままこちらを大人しく見ていました。

外に出すと大きくひとつ伸びをして体をほぐすと
「おやつタイムでしたっけ?」と言いたげに
でもガツガツほしそうにするわけでもなく
こちらからおやつを差しだすのをジッと待つことができました。

身体のどこに触っても、抱き上げても
怒ることはありません。
人に対しての不信感は全く持っていないようです。

身体的なケア、心のリハビリが必要な子が多い中
この子は情緒も安定していて
すぐにでも再出発できそうな子です。

f0078320_00103766.jpg



f0078320_00104444.jpg



f0078320_00105257.jpg



f0078320_00105756.jpg



f0078320_00110289.jpg


↓先週レポートより
f0078320_11284368.jpg









※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

この日もケージから出た一瞬だけバタバタっとしましたが
すぐに大人しくなり、大人しく座っていることができました。
余裕がなさそうに見えますが、隣のケージの中にいるビーグルのことが気になるのか
時折目線をそちらに向けて中の様子を見ることがありました。
何をされるのかわからず、興奮して目を血走らせていた
最初の余裕のない様子とはかなり変化が見られます。
f0078320_00162370.jpg



f0078320_00162972.jpg



f0078320_00163529.jpg




そしてこの日一番の変化は
人の手からおやつを食べられたことです。
いつもより、匂いが強いおやつを持って行ったのも功を奏したのかもしれません。
最初のひと口こそ怖々食べていましたが
ひと口食べてしまうと、後は躊躇することなく
何度も手からパクパク食べていました。

小さな変化のようですが
この子にとってはものすごい勇気がいったことでしょうし
かなりの心境の変化だと思います。

これを足掛かりに、もっとこの子との距離を縮められたらと思います。
f0078320_00164214.jpg



f0078320_00164717.jpg



f0078320_00165185.jpg



f0078320_00165646.jpg



f0078320_00170295.jpg







【収容室③】 3頭


※11/21よりレポートに登場 (11/16他抑留所より移送)
▽テリア雑 オス 7-8歳 11-12キロ

テリア雑と聞いていましたが、パッと見はそう見えませんでした。
でも外に出して見て納得。
お顔周りが確かにテリア系に見えます。

マズルが短めだからでしょうか
推定年齢よりもずいぶんと幼く見えました。
つい先日まで人と暮らしてきた様子が見えるくらい
人に馴れた子で、一緒にいたメンバーに代わる代わる甘え
おやつをねだっていました。

抱き上げた時、少し震えていたと先週のレポートにありましたが
環境に慣れたためか、今回は不安がったり震えたりする様子はなく
ましてや怒ったり反抗したりする様子も見られませんでした。

どことなくジャックラッセルがほんの少し混じっているように見え
お顔だけ見ているとすごく活発な子なのかと思いましたが
年齢相応の落ちつきもあり、扱いやすい子だと思いました。
f0078320_00211954.jpg



f0078320_00212457.jpg



f0078320_00212977.jpg



f0078320_00213432.jpg



f0078320_00213882.jpg



f0078320_00214337.jpg






※12/5レポート初登場 (11/24収容)

▽薄茶テリア雑 オス 1-2歳 10キロ程度
(片方の睾丸が陰睾)

テリア系の子はどうしてもお爺ちゃんのような見た目になりますが
とても若い子で、性格はピュアな子犬のようです。
落ち着きがあるようにも見えましたが
おそらくまだ多少緊張しているところもあるのだと思います。
すぐ若い子らしくはっちゃけた子になりそうな感じがします。

人馴れは全く問題がなく
身体のどこに触れても怒ることはありませんでした。
可愛らしく甘えるしぐさも見せてくれて
穏やかな性格なのも見て取れました。

他犬との関わりはまだ見られていないので
今後の撮影時に見てきたいと思います。
f0078320_00253506.jpg



f0078320_00254148.jpg



f0078320_00254720.jpg



f0078320_00255483.jpg



f0078320_00260028.jpg



f0078320_00260674.jpg











※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-2キロ

もともと細かったですが、より細くなっていました。
食欲は旺盛で、元気もあり体調面に著しい問題などは見受けられませんでした。
あまりに痩せてきているので
職員さんにも今後の様子を見ていただくようお伝えしています。

食べ物の方に意識が向いてしまっているので
どうしても険しい表情に写ってしまいますが
決して怒っているわけではありません。
随分と慣れてきていますが、まだ表情が暗いのは否めません。

今までただ生き抜いてきた毎日だったのかもしれません。
何も心配することなく、自力で生き抜かなくても良いと
安心して生きていける環境に一日も早く入ることができますように。
f0078320_00285663.jpg



f0078320_00290101.jpg



f0078320_00290864.jpg



f0078320_00291281.jpg



f0078320_00291615.jpg



f0078320_00295709.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-12-06 16:12 | 愛護センターレポート

12/5センターレポート E部屋 5頭+幼犬 3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<E-7>

12/8追記:他団体さんに引き出されました。

※12/5レポート初登場 (11/27他抑留所より移送)
▽セッター メス 7-8歳 14-15キロ

セッターというとハチャハチャした元気いっぱいの様子を思い浮かべますが
この時のこの子の様子はとても落ち着いていて
少し遠慮がちにも見えました。

ホールドされていますが、決して動き回るからではなく
カメラを向けられるのが怖いのか
顔を背けてしまうため
可愛いお顔を撮るために押さえてもらったのです。

表情が暗いのは体調不良とかではなくて
カメラが苦手なせいで、テンションが下がってしまったのだと思います。

痩せていることもあり
セッターにしてはかなり小ぶりな印象でした。
他の犬に対して柵越しに怒ったり唸ったり
気にするような様子は見られませんでした。

なんとも不安気で頼りなげで思わず守ってあげたくなる子です。
セッターらしい元気いっぱいな様子や笑顔を見てみたいです。
またじっくり観察してきたいと思います。
f0078320_15392711.jpg
f0078320_15394133.jpg
f0078320_15394836.jpg
f0078320_15395548.jpg
f0078320_15400048.jpg
f0078320_15400766.jpg








<E-6>

※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ


この日も外に出たくて、ずっと外に通じる中廊下の方を見つめていました。
以前は外に自由に行ける環境だったのか、外飼いだったのか
もしかするとお散歩に連れて行ってもらえる環境にいたのか
とにかく外が好きな子です。

ウルウルした大きな垂れ目と丸く大きな耳。
まるでどこかのご当地ゆるキャラのような見た目をしています。

人馴れは問題なく、抱き上げても抵抗したりしませんが
あまり自分から構ってほしいと主張することはありません。
ある意味マイペースな子だと思います。

以前からお尻が便で汚れやすい子でしたが
どうしても切れが悪いのか
この日もお尻まわりは汚れていました。
腸内のバランスが乱れがちなのかもしれません。

大好きなお散歩にたくさん連れて行ってくれる方と
ご縁がありますように。

f0078320_12535608.jpg


f0078320_12540536.jpg


f0078320_12541212.jpg


f0078320_12542187.jpg


f0078320_12542792.jpg


f0078320_12543307.jpg


f0078320_12544100.jpg





<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)


いつ見ても、いつ接しても
誰よりも穏やかで、この子の周りだけは
時間がゆっくり流れているように感じます。

人に対して友好的なのはもちろんなのですが
以前他の犬に会わせて見た時も
相手も穏やかだったということも影響しているかもしれませんが
安心して見ていられるほどごく普通のテンションで
穏やかに接していました。

職員さん達も外に連れだしたりしてくださっていますが
それでも多くの時間を個別ケージでじっと過ごしていますので
どうしても太り気味になってしまいます。
適正な体型に保ち、健康管理もしっかりしてくださる
そんなご家族募集中です。

f0078320_12560927.jpg


f0078320_12561789.jpg


f0078320_12562460.jpg


f0078320_12563126.jpg


f0078320_12563889.jpg


f0078320_12564575.jpg


f0078320_12565224.jpg


f0078320_12570097.jpg







<E-3>

※11/7よりレポート登場(10/26収容)
▽黒灰 メス(不妊手術済か?) 7-8歳 14キロぐらい


寒い地域で過ごす犬種が混じってるのか
純粋な四国犬なのか分かりませんが
ギュッと密集した被毛が美しく、和犬らしい堂々とした姿に
思わず目を奪われそうになります。

おやつを差し出すと、鼻をヒクヒク匂いを嗅ぎ
探す仕草をしていて、少し見えにくいのかなと思いました。

撫でられることは好きなようですが
抱き上げられたすることは苦手なようで
先週は嫌だとハッキリ意思表示したそうです。

とは言っても、どんな犬にも苦手なものはあるでしょうから
無理にする必要はありませんので
今回はこの子の好きなナデナデのみにしておきました。

まだこの子の全ては見られていないと思います。
これからどんな変化が見られるか楽しみです。
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_13011361.jpg


f0078320_13012240.jpg


f0078320_13012875.jpg


f0078320_13013770.jpg


f0078320_13014453.jpg


f0078320_13015244.jpg


f0078320_13015900.jpg


f0078320_13020703.jpg








<E-2>


☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい


この日はとてもご機嫌なあぐちゃんで
終始ニコニコしていました。
テンションは高めですが、おやつのためなら
ビシッとお座りしてジッと待つこともできます。

無理に何かをすると怒りのスイッチが入ってしまうので
あぐちゃんの嫌がることを避け
良いイメージのままクレートに戻すことが重要なのだと思います。
その経験を積み重ねていって
信頼してもらえるように、こちらも努力したいと思います。
あぐちゃんのことをもっと理解したいです。

f0078320_13033480.jpg


f0078320_13034346.jpg


f0078320_13035046.jpg


f0078320_13035858.jpg


f0078320_13040506.jpg








<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後左肢骨折歴あり?

とてもシニアとは思えないほど
ハツラツとしていて、とても元気のある女の子です。
おやつを貰えることが本当に楽しみなようで
目はおやつにくぎ付けです。
抱っこしても抵抗したりせず、人との触れ合いにとても慣れています。
小ぶりな子で、マンションのような集合住宅でも
十分に過ごせる大きさの子だと思います。
撮影中は落ち着きなく絶えず動いていますが
体力が有り余っているだけで
家庭に入れば落ち着きも出ることと思います。
人馴れも全く問題ありませんし、
一緒に生活しやすそうな子だと思います。
これから本格的な寒さがやってくる前に
暖かい家庭のお布団で寝かせてあげたいと思います。
f0078320_13051848.jpg

f0078320_13052931.jpg

f0078320_13053609.jpg

f0078320_13054495.jpg

f0078320_13055157.jpg

f0078320_13055815.jpg

f0078320_13060553.jpg




<プール内 幼犬3頭>


まだなにがなんだか状況が飲みこめず
3頭ともほわわんとしていましたが
人に飼われていた犬が産んだ子というような感じがします。

※3頭とも預かり先のみ募集しています。



12/5レポート初登場
▽テリア系 オス 生後 2ヵ月ほど

f0078320_22531023.jpg


以下2頭は兄弟。
どちらもオス。生後2ヵ月ほど
f0078320_15585248.jpg
f0078320_15585939.jpg





f0078320_22532213.jpg

f0078320_16000678.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-12-06 16:11 | 愛護センターレポート

12/5センターレポート 4日目部屋     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。


引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

この子もあっという間に半年が経過してしまいました。
同室だった「コペン」がこの部屋から移動すると
少し落ち着いていたこの子も、
また部屋の中をウロウロするようになってきました。
またクセのようになってしまっています。
おやつを見せても近づいてくることはなく、
とにかく人と距離を取りたいという気持ちが
ひしひしと伝わってきます。

このままここにいてもこれ以上の人馴れは
なかなか難しいと思います。
一頭で向き合ってあげれば変化を見せてくれると
思うのですが、この環境ではそれが出来ません。
まだ去勢していない男の子同士でも
他犬と一緒に過ごせるというのは
基本的な性格が穏やかな子なのだと思います。
この子にも人の暖かさを教えてくださるご家族に
迎えてもらえますように。
f0078320_13423637.jpg
f0078320_13430686.jpg
f0078320_13433624.jpg
f0078320_13440511.jpg
f0078320_13443628.jpg
f0078320_13450684.jpg




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

この子も1年3ヶ月経過してしまいました。
この部屋にいる子たちは、他の部屋と違って
フリーになっている分、運動もできるのでいいように
見えますが、人を避けて逃げ回ることができてしまうので
臆病な子にとっては逃げ回るクセがついてしまい、
なかなか人馴れも進まず歯がゆく思ってしまいます。

この子も収容当初はとにかく人を避けるように
動き回ることが多かったのですが、
最近では大分落ち着きも出てきました。
ただ、まだこの子から寄って来るようなことはありません。
こちらの様子はよく見ているのですが
まだおやつも手から食べることはできません。
新しくこの部屋に入ってくる子はこの子を頼りにして
一緒に行動していることも多く見られ、
とても優しい子なのだと思います。
馴れるまでには多少時間はかかるかもしれませんが、
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16370270.jpg
f0078320_16345158.jpg
f0078320_16360290.jpg
f0078320_16353299.jpg
f0078320_16363245.jpg
f0078320_16373563.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この日も黒い子にくっついて
後足を浮かせたようなかわった体勢で座っていました。
この座り方は黒い子をまねしているように
思っていましたが、この子は黒い子とは同郷で
血縁関係があるのかもしれないので
似ているのかもしれません。

触ることはできるものの、ちょっとまだビクッと
してしまうことがあります。
この部屋では唯一、手から直接おやつを食べられる子です。
ただ、それ以上はなかなか進歩することができません。
なんとか人の手を受け入れることができる子なので
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
人馴れも進んでいくものと思います。
今は黒い子にくっついていることで安心感を得ていますが
人に寄り添うことで安心感を得られるように
人の暖かさを教えてあげたいです。
f0078320_17030578.jpg
f0078320_17031490.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_23000634.jpg
f0078320_23010642.jpg
f0078320_23020582.jpg






※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

黒茶白の子と同様に、この子もいつもの定位置で
伏せていました。
以前は定位置にいても、顔もこちらに向けることなく
じっとしていることが多かったのですが、
最近はカメラを向けるとこちらに目線を向けるように
なってきました。
一時期、ほんの少しお尻のあたりを触ることも
できたのですが、またそれすら許してくれなくなっています。
この日も近づいて声をかけながら触ろうとしましたが
低く小さな声で唸っていたので
無理はしませんでした。
おやつにも興味を示してくれないので
なかなかこの子と接触することが出来ないのが
もどかしいですが、
無理はしすぎずとも、毎週少しずつでも積極的に
この子と関わっていかないといけないと思います。
f0078320_17145194.jpg
f0078320_17150132.jpg
f0078320_17151203.jpg
f0078320_17152062.jpg



レポートは続きます。


by centre_report | 2017-12-06 09:17 | 愛護センターレポート

12/5センターレポート D部屋       5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい

この子もあっという間に8ヵ月経過しています。
収容当初は頑なになっていて、近寄るだけで唸ったり
触ろうとするだけで空噛みをしてくるような子でしたが
時間はかかっているものの、
少しずつ人の手を受け入れられるようになってきました。
おやつを手から直接食べることも当たり前になり、
体を触られることにもあまり抵抗しなくなってきました。
まだ触られることを完全に容認してくれたようではないのですが
「もういいでしょ?」となると
触っている手に「もうやめて」と
そっとかわいく顔を伸ばしてきて意思表示します。
最初の頃に比べればかなりの進歩だといえます。
表情も段々穏やかになってきて
とても優しくかわいい女の子のお顔になってきました。
ここにいる間にかなり体重が増えてしまいましたので
一日も早く個別に体重管理もしてくださる
優しいご家族に迎えてもらえますように。
f0078320_11545793.jpg
f0078320_11550991.jpg
f0078320_11551946.jpg
f0078320_11553689.jpg
f0078320_11554954.jpg
f0078320_11555924.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

この日もいつもの部屋の片隅でじっとしていました。
初めてセンター訪問のお手伝いをしてくださった方が
ずっとこの子を撫でてくれていましたが、
初めての人でも全く変わることなく
おとなしく撫でてもらっていました。
お顔も伏せることなく、堂々と前を見ていられて
じっとしているだけではなく
人のことを恐怖だと感じているわけではないのだなと
改めて感じました。

人とどう接していいのかわからないだけなのでしょうか。
今度ロープをかけてみて、どういう反応をするのか
様子を見てみたいと思います。
じっとしているだけなので、ついつい他の子よりも
印象が薄くなってしまいがちなのですが、
とても優しく穏やかな子だと思います。
どうぞこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_12030971.jpg
f0078320_12032265.jpg
f0078320_12033195.jpg
f0078320_12033962.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

最近、目に見えて変化が見られてきました。
少し前から、部屋に入ろうとすると最前線に出てきて
キャンキャンと甲高い声で吠えて警戒するようになり
ただただ逃げ回っていた頃からは想像できないほど
積極的になってきました。
その変化だけでも嬉しく思っていたのですが、
手から直接おやつを食べられるようにもなったのです。
人はそれほど怖くないと思い始めてくれたのかもしれません。

何度も何度も積極的におやつを持っているメンバーに
寄って行きながら普通におやつを食べている姿を
見ていて感激しました。
こちらから近づけばまだまだ逃げ惑ってしまいますが
それでも大きな進歩を見せてくれたことは
とても良い兆候です。
おやつが大好きな子なので、これからもっともっと
おやつを使って仲良くなっていけたらと思います。
f0078320_12144562.jpg
f0078320_12151467.jpg
f0078320_12154370.jpg
f0078320_12161386.jpg
f0078320_12164349.jpg
f0078320_12171406.jpg



※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

もうすっかりこの部屋ではお馴染みになってしまいました。
この子も茶黒の子と共に常に最前線に出てきますが
この子は人を警戒しているということではなく
人=おやつをくれる、という図式ができあがっているようで
この部屋に入る前に廊下を歩いているだけでも
この子だけはドアの近くにいつも寄ってきて
人の動きを見ています。
早くこっちに入ってきておやつをくれないかなぁと
思っているかのようです。

とても人馴れしているように思えますが
そこまで心を許してくれているわけではないのが
不思議なところです。
それでも一頭で家庭に入れば変わってくると思います。
もうシニア期にさしかかってきているこの子も
きっとこの寒さは堪えていると思います。
一日も早く暖かいお布団の上でのんびり過ごせる日が
やってきますように。
f0078320_12334494.jpg
f0078320_12335693.jpg
f0078320_12340434.jpg
f0078320_12341449.jpg
f0078320_12342238.jpg
f0078320_12342992.jpg



※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

収容された当初は、血縁関係があると思われる茶黒の子より
この子の方が警戒心が薄く、
人に近づいてくることができていたのですが
この子はどんどん警戒心が強くなってしまい、
今では全く近づいてくることもなく
常に人から逃げ回るように動き回っています。
最初は普通に手からおやつも食べられていたのに
何がこの子をこんなに警戒させてしまうようになったのか
思い当たる節がまったくないので
本当に残念でなりません。
人からおやつをもらえる2頭の良い影響を受けて
まねして近づいてくることができたらなぁと
思うばかりです。

カメラを向けるだけで怖がって逃げてしまうので
撮影したものもブレたものばかりになってしまい、
先週撮影したものを転載します。
とても綺麗な瞳をしたこの子の心が
少しずつでも溶けていってくれることを
願ってやみません。
f0078320_12413765.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_18384012.jpg
f0078320_18374270.jpg

f0078320_18375216.jpg

f0078320_18381842.jpg

f0078320_18382727.jpg





レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-06 00:15 | 愛護センターレポート