ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 12月 01日 ( 9 )

11/28引き出し編 レポート紹介 全 63頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。





お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



幼子含む全13頭の犬達を引き出しました。


f0078320_13321939.png
f0078320_12395405.jpg
f0078320_12400086.jpg


f0078320_12295477.jpg
f0078320_12295975.jpg


f0078320_12303987.jpg


f0078320_12321458.jpg
f0078320_12322070.jpg



f0078320_12400699.jpg


成猫2頭も引き出しました。

猫・問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) ちばわん 幸丸
お名前のないメールには返信できません

f0078320_23250723.jpg
f0078320_23251783.jpg
準備が整い次第、いぬ親さん、ねこ親さん募集開始いたします。
応援のほどよろしくお願いいたします。




この日も皆様にご提供いただきました
古新聞や毛布をお届けいたしました。

いつもご協力ありがとうございます。

f0078320_12473216.jpg



~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




「イベント情報」詳しくはコチラ。






f0078320_17463732.jpg
f0078320_21323539.jpg

f0078320_01570187.jpg
f0078320_12444749.jpg
f0078320_12461531.jpg






「イベント情報」開催場所などの詳細につきましては
↑↑↑こちらをご覧ください。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)


by centre_report | 2017-12-01 18:14 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート 4日目部屋    4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

この子もあっという間に半年が経過してしまいました。
同室だった「コペン」がこの部屋から移動すると
少し落ち着いていたこの子も、
また部屋の中をウロウロするようになってきました。
またクセのようになってしまっています。
おやつを見せても近づいてくることはなく、
とにかく人と距離を取りたいという気持ちが
ひしひしと伝わってきます。

このままここにいてもこれ以上の人馴れは
なかなか難しいと思います。
一頭で向き合ってあげれば変化を見せてくれると
思うのですが、この環境ではそれが出来ません。
まだ去勢していない男の子同士でも
他犬と一緒に過ごせるというのは
基本的な性格が穏やかな子なのだと思います。
この子にも人の暖かさを教えてくださるご家族に
迎えてもらえますように。
f0078320_13423637.jpg
f0078320_13430686.jpg
f0078320_13433624.jpg
f0078320_13440511.jpg
f0078320_13443628.jpg
f0078320_13450684.jpg




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

この子も1年3ヶ月経過してしまいました。
この部屋にいる子たちは、他の部屋と違って
フリーになっている分、運動もできるのでいいように
見えますが、人を避けて逃げ回ることができてしまうので
臆病な子にとっては逃げ回るクセがついてしまい、
なかなか人馴れも進まず歯がゆく思ってしまいます。

この子も収容当初はとにかく人を避けるように
動き回ることが多かったのですが、
最近では大分落ち着きも出てきました。
ただ、まだこの子から寄って来るようなことはありません。
こちらの様子はよく見ているのですが
まだおやつも手から食べることはできません。
新しくこの部屋に入ってくる子はこの子を頼りにして
一緒に行動していることも多く見られ、
とても優しい子なのだと思います。
馴れるまでには多少時間はかかるかもしれませんが、
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16370270.jpg
f0078320_16345158.jpg
f0078320_16360290.jpg
f0078320_16353299.jpg
f0078320_16363245.jpg
f0078320_16373563.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この日も黒い子にくっついて
後足を浮かせたようなかわった体勢で座っていました。
この座り方は黒い子をまねしているように
思っていましたが、この子は黒い子とは同郷で
血縁関係があるのかもしれないので
似ているのかもしれません。

触ることはできるものの、ちょっとまだビクッと
してしまうことがあります。
この部屋では唯一、手から直接おやつを食べられる子です。
ただ、それ以上はなかなか進歩することができません。
なんとか人の手を受け入れることができる子なので
家庭に入って人と一緒に生活するようになれば
人馴れも進んでいくものと思います。
今は黒い子にくっついていることで安心感を得ていますが
人に寄り添うことで安心感を得られるように
人の暖かさを教えてあげたいです。
f0078320_17030578.jpg
f0078320_17031490.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_23000634.jpg
f0078320_23010642.jpg
f0078320_23020582.jpg






※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

黒茶白の子と同様に、この子もいつもの定位置で
伏せていました。
以前は定位置にいても、顔もこちらに向けることなく
じっとしていることが多かったのですが、
最近はカメラを向けるとこちらに目線を向けるように
なってきました。
一時期、ほんの少しお尻のあたりを触ることも
できたのですが、またそれすら許してくれなくなっています。
この日も近づいて声をかけながら触ろうとしましたが
低く小さな声で唸っていたので
無理はしませんでした。
おやつにも興味を示してくれないので
なかなかこの子と接触することが出来ないのが
もどかしいですが、
無理はしすぎずとも、毎週少しずつでも積極的に
この子と関わっていかないといけないと思います。
f0078320_17145194.jpg
f0078320_17150132.jpg
f0078320_17151203.jpg
f0078320_17152062.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-01 17:16 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート E部屋      7頭

ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


※写真は最新のもので、コメントは先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




<E-7>

☆中丸君

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス(去勢済) 6-7歳 12.5キロ
「飼い主募集中No.4922」

早くケージから出してほしくて、一生懸命吠えてアピールしますが
外に出すと途端に落ち着き、聞き分けの良い子になる中丸くんです。
なにもかも分っているような、色んなことを見透かしているような
人間味のある表情をするのも
シニア期に差し掛かっている成犬の魅力です。
日の光を背中に受け、キラキラと赤黄色い被毛が光って
神々しい中丸くんでした。

人に対してはとても穏やかに接することができます。
明日、急に中丸くんが隣にいても
普通にそのまま一緒に暮らせそうな
とても安心感を感じる不思議な魅力のある子です。
f0078320_13390114.jpg

f0078320_13371825.jpg

f0078320_13372504.jpg




f0078320_13373567.jpg


f0078320_13374597.jpg






<E-6>

※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ



この日も外に出たくて、ずっと外に通じる中廊下の方を見つめていました。
以前は外に自由に行ける環境だったのか、外飼いだったのか
もしかするとお散歩に連れて行ってもらえる環境にいたのか
とにかく外が好きな子です。

ウルウルした大きな垂れ目と丸く大きな耳。
まるでどこかのご当地ゆるキャラのような見た目をしています。

人馴れは問題なく、抱き上げても抵抗したりしませんが
あまり自分から構ってほしいと主張することはありません。
ある意味マイペースな子だと思います。

以前からお尻が便で汚れやすい子でしたが
どうしても切れが悪いのか
この日もお尻まわりは汚れていました。
腸内のバランスが乱れがちなのかもしれません。

大好きなお散歩にたくさん連れて行ってくれる方と
ご縁がありますように。
f0078320_12535608.jpg
f0078320_12540536.jpg
f0078320_12541212.jpg
f0078320_12542187.jpg
f0078320_12542792.jpg
f0078320_12543307.jpg
f0078320_12544100.jpg



<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)



いつ見ても、いつ接しても
誰よりも穏やかで、この子の周りだけは
時間がゆっくり流れているように感じます。

人に対して友好的なのはもちろんなのですが
以前他の犬に会わせて見た時も
相手も穏やかだったということも影響しているかもしれませんが
安心して見ていられるほどごく普通のテンションで
穏やかに接していました。

職員さん達も外に連れだしたりしてくださっていますが
それでも多くの時間を個別ケージでじっと過ごしていますので
どうしても太り気味になってしまいます。
適正な体型に保ち、健康管理もしっかりしてくださる
そんなご家族募集中です。
f0078320_12560927.jpg
f0078320_12561789.jpg
f0078320_12562460.jpg
f0078320_12563126.jpg
f0078320_12563889.jpg
f0078320_12564575.jpg
f0078320_12565224.jpg
f0078320_12570097.jpg



<E-4>

※5/23よりレポートに登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ


以前よりも目の白濁が濃くなってきました。
でも元気いっぱいに吠え、一生懸命アピールしていました。
外に出すと、ヨイヨイと歩き
動くものは全ておやつと勘違いしてパクリとしますが
それがあまりにも必死で、ついつい笑ってしまいます。

小刻みに良く動き、写真がぶれてしまうので
メンバーに抱き上げてもらったのですが
ピタッと大人しくなった時の表情が“無”な感じで可愛すぎです。

これから寒さは本格化してきて
老体にはキツかろうと思います。

温かい年越しがどうかできますように。
縮こまって寝なくても良いぐらい
温かく過ごせる環境に一日も早く入り、ゆっくり休めますように。
f0078320_12583202.jpg
f0078320_12584135.jpg
f0078320_13132361.jpg
f0078320_12585453.jpg
f0078320_12590282.jpg
f0078320_12590951.jpg



<E-3>

※11/7よりレポート登場(10/26収容)
▽黒灰 メス(不妊手術済か?) 7-8歳 14キロぐらい



寒い地域で過ごす犬種が混じってるのか
純粋な四国犬なのか分かりませんが
ギュッと密集した被毛が美しく、和犬らしい堂々とした姿に
思わず目を奪われそうになります。

おやつを差し出すと、鼻をヒクヒク匂いを嗅ぎ
探す仕草をしていて、少し見えにくいのかなと思いました。

撫でられることは好きなようですが
抱き上げられたすることは苦手なようで
先週は嫌だとハッキリ意思表示したそうです。

とは言っても、どんな犬にも苦手なものはあるでしょうから
無理にする必要はありませんので
今回はこの子の好きなナデナデのみにしておきました。

まだこの子の全ては見られていないと思います。
これからどんな変化が見られるか楽しみです。
またよく観察してきたいと思います。
f0078320_13011361.jpg
f0078320_13012240.jpg
f0078320_13012875.jpg
f0078320_13013770.jpg
f0078320_13014453.jpg
f0078320_13015244.jpg
f0078320_13015900.jpg
f0078320_13020703.jpg



<E-2>


☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい


この日はとてもご機嫌なあぐちゃんで
終始ニコニコしていました。
テンションは高めですが、おやつのためなら
ビシッとお座りしてジッと待つこともできます。

無理な事をすると、怒りのスイッチが入ってしまうので
あぐちゃんの嫌がることを避け
良いイメージのままクレートに戻すことが重要なのだと思います。
その経験を積み重ねていって
信頼してもらえるように、こちらも努力したいと思います。
あぐちゃんのことをもっと理解したいです。
f0078320_13033480.jpg
f0078320_13034346.jpg
f0078320_13035046.jpg
f0078320_13035858.jpg
f0078320_13040506.jpg



<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後左肢骨折歴あり?


とてもシニアとは思えないほど
ハツラツとしていて、とても元気のある女の子です。
おやつを貰えることが本当に楽しみなようで
目はおやつにくぎ付けです。
抱っこをしても抵抗したりせず、人との触れ合いにとても慣れています。
小ぶりな子で、マンションのような集合住宅でも
十分に過ごせる大きさの子だと思います。
撮影中は落ち着きなく絶えず動いていますが
体力が有り余っているだけで
家庭に入れば落ち着きも出ることと思います。
人馴れも全く問題ありませんし、
一緒に生活しやすそうな子だと思います。
これから本格的な寒さがやってくる前に
暖かい家庭のお布団で寝かせてあげたいと思います。
f0078320_13051848.jpg
f0078320_13052931.jpg
f0078320_13053609.jpg
f0078320_13054495.jpg
f0078320_13055157.jpg
f0078320_13055815.jpg
f0078320_13060553.jpg



レポートは続きます。




by centre_report | 2017-12-01 13:14 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート 収容室12頭+新たに選定2頭 

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。





お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




【新たに選定れた、移送の2頭】


※11/28レポート初登場
▽薄茶鼻黒 メス 4歳ぐらい 14キロ(11/27他抑留所より移送)

この日引き出した4匹の子犬のお母さん犬です。
すでに離乳していたので、子犬達とは別の部屋に入っていました。

人を見てニコニコとした友好的な表情を見せていて
人馴れしている子だとわかりました。
子育てしていたさなかでの収容で、直前までお乳を飲む子がいたのか
お乳は大きく垂れ下がっていました。
f0078320_10543928.jpg
f0078320_10571459.jpg
f0078320_10572133.jpg
f0078320_10572635.jpg
下の写真は、お母さん犬が選定に合格し譲渡対象となった直後に
この日、引き出す子犬達に会わせた時の様子です。
子犬達も母犬達も再会をものすごく喜んでいて
また離れ離れにさせてしまうことを思うと
見ていて切なくなってしまいました。

子犬達は預かり家庭で大切にお預かりし
準備が整い次第、家族探しを開始します。

頑張ったお母さん犬にも飛び切りの良いご縁がありますように。
f0078320_12032528.jpg
f0078320_12041916.jpg





※11/28レポート初登場
▽薄茶 メス 1-2歳 10キロぐらい(11/27他抑留所より移送)

潤んだ大きな目から涙がこぼれそうなほど
不安気で怯えた様子でした。
不安気ではありましたが、固まる系ビビリで
何をしてもお口が出たりする様子はありませんでした。
職員さんのお話しでは半野良っ子だろうとのことです。

撮影の後、抱き上げられて別棟に移動になっていましたが
腕の中から逃げ出すでもなく
されるがままに大人しく腕の中で小さくなっていました。
また次週詳しく様子を見てきたいと思います。
f0078320_11105355.jpg
f0078320_11110043.jpg
f0078320_11111271.jpg
f0078320_11112348.jpg
f0078320_11112983.jpg






収容室① 4頭


※11/28レポート初登場
▽黒茶 メス 2-3歳 14キロ程度(11/20収容)

一言で言うと“やんちゃ坊主”のような女の子です。
無邪気で明るくて、人に対して不信感などは全く持っていないようです。
外に出すと、嬉しくて嬉しくて片時もジッとしていられませんでした。
同行メンバーにホールドされてやっと写真が撮れました。
どこを触られても怒るどころか身体をクネクネさせて喜びます。

少し興奮していたのか
隣のケージの中のオスに突っかかるような様子が見られました。
他の犬に対しての様子は次回も詳しく見てこようと思います。
f0078320_11215780.jpg
f0078320_11221304.jpg
f0078320_11221874.jpg
f0078320_11222361.jpg
f0078320_11222942.jpg




以下3頭先週レポートより転載しています。

※11/21よりレポートに登場(11/14収容)
▽黒茶白 オス 2-3歳 15キロぐらい


いたずらっ子そうなお顔をして
ケージの中で自分の順番がまだかまだかと待っていました。
幼い顔つきをしているのと、歯がとても小さく
これは子犬なのかと思いましたが、
奥歯を見てみると歯石も多少ついており、
歯が小さいのは発育不良だったのか、
どこも歯と歯の間が空いていてスカスカな感じです。
また、受け口とは逆の「オーバーショット」という
上あごが下あごより大幅に出ている形状になっているので
口を閉じていても笑っているような表情に見えます。
ケージから出してあげるとウロウロと動き回り
そのうち私たちを遊びに誘う仕草をしてきました。
とても陽気な子ですが、落ち着きがないので
ガシガシ強めに触ってあげると満足したのか
ようやくおとなしくなりました。
他犬のケージを覗いたりしていましたが、
威嚇するようなことはなく、他犬との相性も悪くなさそうです。

来週以降も様子を見てみたいと思います。
f0078320_17450830.jpg
f0078320_17452581.jpg
f0078320_17453825.jpg
f0078320_17455781.jpg
f0078320_17461030.jpg
f0078320_17462314.jpg
f0078320_17463539.jpg
f0078320_17470496.jpg



※11/14よりレポートに登場 (11/1収容)
▽白 オス 6ー7歳 14-15キロ

とても穏やかで落ち着きのある男の子です。
半長毛の白い被毛に包まれて少し太めに見えますが
体もそこそこ大きくそれほど太ってはいません。
どこを触っても嫌がることはありませんでした。
ケージの外に出てきてもほとんど動くこともなく
じっと立ち尽くしていました。
まだこの環境に慣れていないだけなのかもしれませんが、
いきなり活発になるような感じは受けませんでした。
人馴れは全く問題ありません。

見た目ではあまりわからないのですが、
首回りは毛玉でゴロゴロしたような状態です。
抱っこはされなれていないようではありましたが、
おとなしくさせてくれましたし、
両前足でしっかりと腕にしがみつく姿は
とてもかわいかったです。
年齢相応の落ち着きがあり、とても飼い易そうな子だと
いう印象を受けました。
来週以降も様子を見ていこうと思います。

f0078320_23464193.jpg
f0078320_23465143.jpg
f0078320_23465964.jpg
f0078320_23470828.jpg
f0078320_23471709.jpg
f0078320_23472561.jpg
f0078320_23473281.jpg
f0078320_23474172.jpg




※11/14よりレポートに登場(10/31収容)
▽茶黒 メス 4歳ぐらい 10-11キロ(痩せ過ぎ)


顔つきだけ見ていると、よく見かけるような感じですが
全体を見てみると足が短く、コーギーの血が混ざっているような
まさにオンリーワンの女の子です。
とても痩せていて、あばら骨もくっきり見えています。
落ち着きもあり、かちゃかちゃした面は見られませんでした。
まだ収容されてから間もないので、
今後もっと活発な面が見られるかもしれません。
まだこの環境に慣れておらず不安で一杯なのかもしれません。

人馴れは問題なく、甘えん坊のようで
しきりに甘えていました。
それでもまだ不安もあるのか笑顔は見られませんでした。
今後もっと自分を出せるようになってくれたらいいなと
思いました。
来週以降も様子を見てみたいと思います。
f0078320_00045796.jpg
f0078320_00052675.jpg
f0078320_00055740.jpg
f0078320_00062746.jpg
f0078320_00065724.jpg
f0078320_00072763.jpg
f0078320_00075775.jpg
f0078320_00082739.jpg



収容室② 6頭


※11/28レポート初登場
▽薄茶 メス 4-5歳 12-3キロ(11/17収容)

落ち着いた印象の女の子です。
つい先日ほどまで人のそばで暮らしていたかのようで
見る限り情緒の乱れは感じられません。
落ち着いた雰囲気や穏やかな態度から
きちんと可愛がられていた子ではなかろうかと思います。

お腹周りを撫でたり、抱き上げたりしても
抵抗することはなく、人に触れられることにも
まったく嫌がる様子はなくとても慣れているようです。
すぐに家庭犬として再出発できそうな子です。
f0078320_11284368.jpg
f0078320_11284940.jpg
f0078320_11290501.jpg
f0078320_11291357.jpg
f0078320_11292090.jpg





※11/21よりレポートに登場(11/2収容)
▽茶白 オス 3-4歳 12-13キロ(痩せすぎ)

先週の様子よりは元気なように見えました。
おやつを見せるとすぐにお座りしますので
とてもお行儀の良い子に見えますが、やんちゃな部分も秘めている子だと思います。
痩せ過ぎていますので、もっと健康的に肉付きも良くなって
体力も出てくれば、本来のハチャハチャした姿も見られるのかもしれません。
人馴れは問題なく、特にビクビクしたり億したりすることなく
誰にでもすぐに馴れる子なのだろうと思われます。
f0078320_11324639.jpg
f0078320_11325814.jpg
f0078320_11330693.jpg
f0078320_11331248.jpg






※11/7よりレポートに登場(10/30収容)
▽白柴? オス 4歳ぐらい 10キロ前後

この日も部屋から出るなり元気に動き回っていました。
少々落ち着きは無いようにも見えましたが
トイレをしたかったようで
さすが柴系の子だけあって、自分の寝床は汚したくないようでした。
ホルモン系の異常があるのか、お尻周辺は脱毛と膨らみが見られます。

この子自体はとても元気いっぱいなので
今すぐどうこうなってしまうというような状態ではありませんが
今後専門的な治療も必要になるかもしれません。

性格は明るくて
ややマイペースながらヤンチャ過ぎるところもなく
扱いやすい子だという印象です。
f0078320_11364550.jpg
f0078320_11365118.jpg
f0078320_11365676.jpg
f0078320_11370284.jpg
f0078320_11370819.jpg




以下3頭先週レポートより転載しています。


※11/21よりレポート登場(11/14収容)
▽黒茶 オス 2歳ぐらい 10キロ前後


落ち着きのある甘えん坊の男の子です。
ケージから出すとすぐ、ずっと我慢していたのか、
うんちをした後にかなり長いおしっこをしていました。
ケージの中を見ると全く汚れていなかったので
綺麗好きな子なのだと思います。
最初のうちはおとなしくしていて
撫でられるとうっとりしたりしていましたが、
少し時間がたつと子犬のようにはしゃぐ姿も見せてくれました。
まだ若い子なので動きはやはり子犬のようです。
体を触っても嫌がることはないのですが、
ホールドしようとすると少し嫌がる様子もあり、
抱っこすることはできませんでした。
まだ収容されてから間もないので今後変化があるかも
しれません。
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_18210715.jpg
f0078320_18213997.jpg
f0078320_18220732.jpg
f0078320_18223086.jpg
f0078320_18224686.jpg



※11/7よりレポート登場(10/27収容)
▽茶 オス 6歳ぐらい 9-10キロ

ケージの中でも早く出して欲しくて
しきりにワンワンと元気よく吠えていました。
外に出てくると嬉しいようではしゃぎ回っていました。
落ち着きなくかちゃかちゃと動いているのですが
こちらの指示でお座りすることもできます。
たくさん運動させてあげれば落ち着きも出てくるのでは
ないかと思います。

人馴れは全く問題なく、皆に甘えていました。
おやつをあげると、先週はそれほどでもなかったのですが
この日はかなり勢いよく食いついてきて
手まで食べそうな勢いでした。
かなり痩せていますので、お腹もすいているのだと思います。
f0078320_00350560.jpg

f0078320_00351430.jpg

f0078320_00352330.jpg

f0078320_00353155.jpg

抱っこをすると先程の元気のよさはどこへやら
すっかり大人しくなってしまいます。
体の大きさはそこそこあるのですが
まるで今まで何度も抱っこされたことがあるかのように
抱っこに慣れているようでした。
よく見かける顔立ちではあるのですが、
マズルが長くて細長い顔が特徴的な子です。
適正体重はあと2キロ以上は必要かと思われます。
たくさん栄養のある食事をさせてあげたいです。
もう少しお肉がついてしっかりとしてくれば、
おやつへのがっつきも解消されてくるかもしれません。
f0078320_00452094.jpg

f0078320_00453219.jpg

f0078320_00454117.jpg




※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-3キロ

この日もロープをかけると自分から外に
出てくることができました。
出てくると狭いところに逃げ込むのはいつも通りですが
本当に一瞬だけで、そばに引き寄せるとすぐに
抵抗することもなく体をゆだねていました。
いつも顔を下に向けて不安そうにしていましたが
この日はずいぶん顔をあげていられるようになりました。
体を引き寄せるとこの子のドキドキが伝わってくるのですが
少しずつドキドキも落ち着いていくのがわかり
この子なりにこの状況を少しずつ理解して
乗り越えようとしているのだなと感じることができます。
頑張っているこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。


f0078320_00555791.jpg

f0078320_00560633.jpg

f0078320_00561429.jpg

f0078320_00562271.jpg

f0078320_00563722.jpg

f0078320_00563078.jpg






収容室③2頭、先週レポートより転載しています。

【収容室③】2頭


※11/21よりレポートに登場 (11/16他抑留所より移送)
▽テリア雑 オス 7-8歳 11-12キロ

落ち着きのある穏やかな男の子です。
シニア期にさしかかっている年齢からくるものなのか、
動きも激しくなく、落ち着きがあります。
ただ、カメラを向けるとプイっと横を向いてしまうので
抱っこした写真ばかりになってしまいました。
一瞬見ただけではテリア系の子だとはわからないくらい
お顔の毛はほんの少しだけしかテリアっぽい毛はありませんが
体の毛質はテリア系のものです。

おやつが大好きで欲しがって近づいてきます。
食べ方も歯をあてるようなことはありませんでした。
他犬のケージを覗いて歩いていましたが、
威嚇するようなこともなく、他犬との相性も悪くないかも
しれません。
抱っこすることはできましたが、少し震えていて
まだ少し不安なのかもしれません。
ただ、お顔を両手で包んで顔を近づけると
顔をペロペロ舐めてくれたりもしました。
来週以降も様子をみていきたいと思います。
f0078320_18405783.jpg
f0078320_18421677.jpg
f0078320_18423152.jpg
f0078320_18424548.jpg
f0078320_18425834.jpg
f0078320_18430969.jpg



※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-2キロ

ずいぶん馴れてきたようで、ロープをかけると
すぐに外に出てくれるようになりました。
自己主張ができるようになってきたようで
順番が回ってくるまでの間、
ケージの中でしきりに吠えていました。
外に出てくると落ち着きなく動き回っていましたが
この日はわりと落ち着いていました。
周りも見えるようになってきたようです。


f0078320_01235953.jpg

f0078320_01241019.jpg

f0078320_01242788.jpg

f0078320_01244033.jpg

それでもまだ触られることには少し抵抗があるようで
はじめのうちは体をよけていますが、
時間をかけてゆっくり触ってあげると
段々力が抜けていき、抵抗しなくなっていきました。
まだ触られることに慣れていないだけで
人の手の暖かさを理解してくれれば
甘えん坊さんになるかもしれません。
これからのこの子の変化がとても楽しみになってきました。
f0078320_01312406.jpg

f0078320_01321153.jpg

f0078320_01321995.jpg

f0078320_01323030.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-12-01 13:00 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート A部屋      6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさん&メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載しています。



引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







No.I

※11/21レポート初登場(11/13他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 7-8歳 20キロ以上

とても人懐こく甘えん坊の男の子です。
少しぽっちゃり気味なので、ダイエットが必要そうです。
No.Ⅶにいる女の子と似た感じですが、
こちらの子は立ち耳です。
シニア期にさしかかっている年齢のようなので
落ち着きも見られ、飼い易そうな子です。
お座りも出来ますし、こちらの言うことをじっと聞いているので
躾もはいりやすそうな印象です。
ただ、体をホールドされるのは少し苦手なようです。
お腹に手を回して抱き上げようとしたところ、
奇声をあげて逃げていました。
ただ苦手なだけならいいのですが、
お腹あたりに触られると痛いなどといったことが
なければいいなと思いました。
来週以降も様子を見ていこうと思います。
f0078320_19242792.jpg
f0078320_19245741.jpg
f0078320_19252768.jpg
f0078320_19255728.jpg
f0078320_19270015.jpg
f0078320_19273349.jpg
f0078320_19280393.jpg
f0078320_19283332.jpg



No.II

※11/21よりレポートに登場(11/13他抑留所より移送)
▽柴 メス 8-9歳 10-11キロ


お目目ぱっちりのとてもおとなしい女の子です。
撮影前に4人ほどでケージの掃除や触れ合いを
していた時にはケージから出て来られなかったそうですが、
撮影の時には2名で入室したので少し安心したのか
ケージ扉を開けると自ら外に飛び出してきました。
どこを触っても嫌がることもなく、
人馴れは問題なさそうです。
まだこの環境に慣れていないせいか
ケージの中のフードがほとんど減っていませんでした。
自分がなぜここにいるのか理解できないのでしょう。
よく見るとうっすらと目が白くなっていて
やはりシニア期にさしかかっているのかなと思います。
体も小柄ですので集合住宅などでも飼育可能な大きさ
ではないでしょうか。
まだ緊張感もあるでしょうから、来週以降の変化も
見ていこうと思います。
f0078320_19530278.jpg
f0078320_19532847.jpg
f0078320_19534736.jpg
f0078320_19533877.jpg
f0078320_19535528.jpg
f0078320_19540442.jpg
f0078320_19542573.jpg
f0078320_19541248.jpg




No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)
f0078320_22573931.jpg

f0078320_22575036.jpg

f0078320_22575865.jpg

f0078320_22580764.jpg

f0078320_22581530.jpg

f0078320_22582741.jpg

f0078320_22583752.jpg

f0078320_22584771.jpg

f0078320_22585628.jpg

f0078320_22590657.jpg

ちょっとお目目が離れていて、横顔の雰囲気とはまた違い、
個性的な子です。

部屋に入ると、ケージの中で誰よりも元気にアピールしており、
その様子はあり余る体力を一気に使っているかと思うほど、
激しく動いています。
眉間の辺りにある傷は、そんな時に作ってしまったのだと思います。
まだ若いオスで、体力が余っていますから、
こんな行動も仕方ないかと感じます。

順番が来てケージから出してあげる頃にはすでに息も上がっていて、
可哀そうになります。
私達と戯れる少ない時間を、目一杯楽しんでいます。
人が大好きな子なのに、ここでの生活が1年超、ストレスがあって当然です。
この子にもっと時間をかけてあげられる環境で生活できれば、
安心して情緒も安定し、もう少し落ち着いた子になるのではないかと思われます。
そんな姿を見てみたいです。

きっとコンくんは、
家族に元気と明るさを運んでくれるような子です。
家庭犬として、一日も早くスタートできることを祈っています。


No.Ⅴ

※11/7よりレポートに登場 (10/27収容)
▽セッター オス 6歳ぐらい 18-20キロ
f0078320_22510686.jpg

f0078320_22511553.jpg

f0078320_22512538.jpg

f0078320_22513414.jpg

f0078320_22514464.jpg

f0078320_22515465.jpg

f0078320_22520310.jpg

f0078320_22521368.jpg

見るからにオスといったお顔は、少々厳つい感じではありますが、
とても穏やかで性格の良い子です。

差し出したオヤツを見て、嬉しそうに寄って来てくれましたが、
食べ方は、ゆっくり上品で手に歯が当たらないよう優しくて、
その姿を見ていて、ギャップがたまらなく可愛いなと感じました。

パワフルといった感じはなく、とても落ち着いてて、
ロープをガンガン引くこともせず、
反対に人のそばを離れたくないといった様子をとても感じました。
撫でてあげてたらコロッとお腹を出して来るほど、
人を信頼していて、まるで大きな赤ちゃんみたいに甘えん坊さんです。

犬種的に、今後もう少しパワフルな一面も出て来るかもしれませんが、
この犬種の特徴を理解されている方にとっては、
共に生活し易いのではないかと感じました。
この日見た限りでは、他犬を気にする様子も見受けられませんでした。








No.VII

※11/7よりレポートに登場(10/26収容)
▽茶 ラブ風MIX メス 7-8歳 16-7キロ

11/21追記
相変わらず甘えん坊で抱っこされて
嬉しそうにしていました。
ご飯を食べている時にしつこく触られると
やめて!と意思表示してくることがあるそうです。
f0078320_20062202.jpg
f0078320_20063371.jpg
↓↓ 以下先週レポートより
f0078320_22543598.jpg

f0078320_22545572.jpg

f0078320_22550769.jpg

f0078320_22552026.jpg

f0078320_22553103.jpg

f0078320_22554469.jpg

f0078320_22555364.jpg

見る角度によっては、ラブそのものという感じの子です。
お顔を見ただけで穏やかさが伝わってくるほど、
良い表情をしていて、かなりの甘えん坊さんです。

シニアの域に入ってるようなのですが、
ニコニコ元気一杯で、とてもシニアとは思えないほどです。

触ってもらえていることが何より嬉しいようで、
歯もしっかり見せてくれました。
奥歯にはビッシリと歯石が付いていましたので、
やっぱりシニアには間違いないのかなと思います。

一時は大事に育てられていたのでしょう。
人に対して疑うとか警戒するとか、微塵も感じない子です。

抱っこも怖がることなく大人しくされてます。
そこそこの体格ではありますが、
飼い易い子だと思います。

人のそばにいることだけで満足していて、
今はオヤツや他犬に興味はないといった様子でした。

どうかこの子の第二の犬生は、
もう裏切ることのない家族の中心で、不安なく暮らさせてあげたい。
そう願ってやみません。

この日、ケージ内に少量の血痕があるのに気づきました。
ヒート中だろうと思いましたが、
他の病気でなければ良いなと思います。




No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)
f0078320_22454751.jpg

f0078320_22455930.jpg

f0078320_22461273.jpg

f0078320_22462359.jpg

f0078320_22463401.jpg

f0078320_22464393.jpg

f0078320_22465369.jpg

f0078320_22470447.jpg
早くケージから出して欲しくて、吠えて猛アピールしていました。
人のそばにいることの幸せを知っているこの子にとっては、
無理もない行動かも知れません。
この子もかつて人に飼われていたことが見て取れます。

何をしてもどこを触っても嬉しくて仕方ない様子でした。
元気一杯ですが、そんな中にも程よい落ち着きを持っていますので、
写真を撮るのがとても楽です。

今回は血尿は確認できませんでした。

↓以下先週のコメントです。
外でおしっこしたのをよく見てみると
また血尿が出ていました。
フィラリアの影響なのか、それ以外の内臓関連なのか
わかりませんが、この子の体の中では何かがおきている
ということは間違いないようです。
これだけ元気にしているうちに、
一日も早く家庭に入れて個別にケアしてあげられたらと
願わずにはいられません。


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-01 12:54 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート D部屋      5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き動物愛護センターにいる、
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 20キロぐらい

この子もあっという間に8ヶ月を経過しています。
収容当初は頑なになっていて、近寄るだけで唸ったり
触ろうとするだけで空噛みをしてくるような子でしたが
時間はかかっているものの、
少しずつ人の手を受け入れられるようになってきました。
おやつを手から直接食べることも当たり前になり、
体を触られることにもあまり抵抗しなくなってきました。
まだ触られることを完全に容認してくれたようではないのですが
「もういいでしょ?」となると
触っている手に「もうやめて」と
そっとかわいく顔を伸ばしてきて意思表示します。
最初の頃に比べればかなりの進歩だといえます。
表情も段々穏やかになってきて
とても優しくかわいい女の子のお顔になってきました。
ここにいる間にかなり体重が増えてしまいましたので
一日も早く個別に体重管理もしてくださる
優しいご家族に迎えてもらえますように。
f0078320_11545793.jpg
f0078320_11550991.jpg
f0078320_11551946.jpg
f0078320_11553689.jpg
f0078320_11554954.jpg
f0078320_11555924.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

この日もいつもの部屋の片隅でじっとしていました。
初めてセンター訪問のお手伝いをしてくださった方が
ずっとこの子を撫でてくれていましたが、
初めての人でも全く変わることなく
おとなしく撫でてもらっていました。
お顔も伏せることなく、堂々と前を見ていられて
じっとしているだけではなく
人のことを恐怖だと感じているわけではないのだなと
改めて感じました。

人とどう接していいのかわからないだけなのでしょうか。
今度ロープをかけてみて、どういう反応をするのか
様子を見てみたいと思います。
じっとしているだけなので、ついつい他の子よりも
印象が薄くなってしまいがちなのですが、
とても優しく穏やかな子だと思います。
どうぞこの子にも目を向けてあげてください。
f0078320_12030971.jpg
f0078320_12032265.jpg
f0078320_12033195.jpg
f0078320_12033962.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

最近、目に見えて変化が見られてきました。
少し前から、部屋に入ろうとすると最前線に出てきて
キャンキャンと甲高い声で吠えて警戒するようになり
ただただ逃げ回っていた頃からは想像できないほど
積極的になってきました。
その変化だけでも嬉しく思っていたのですが、
手から直接おやつを食べられるようにもなったのです。
人はそれほど怖くないと思い始めてくれたのかもしれません。

何度も何度も積極的におやつを持っているメンバーに
寄って行きながら普通におやつを食べている姿を
見ていて感激しました。
こちらから近づけばまだまだ逃げ惑ってしまいますが
それでも大きな進歩を見せてくれたことは
とても良い兆候です。
おやつが大好きな子なので、これからもっともっと
おやつを使って仲良くなっていけたらと思います。
f0078320_12144562.jpg
f0078320_12151467.jpg
f0078320_12154370.jpg
f0078320_12161386.jpg
f0078320_12164349.jpg
f0078320_12171406.jpg



※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

もうすっかりこの部屋ではお馴染みになってしまいました。
この子も茶黒の子と共に常に最前線に出てきますが
この子は人を警戒しているということではなく
人=おやつをくれる、という図式ができあがっているようで
この部屋に入る前に廊下を歩いているだけでも
この子だけはドアの近くにいつも寄ってきて
人の動きを見ています。
早くこっちに入ってきておやつをくれないかなぁと
思っているかのようです。

とても人馴れしているように思えますが
そこまで心を許してくれているわけではないのが
不思議なところです。
それでも一頭で家庭に入れば変わってくると思います。
もうシニア期にさしかかってきているこの子も
きっとこの寒さは堪えていると思います。
一日も早く暖かいお布団の上でのんびり過ごせる日が
やってきますように。
f0078320_12334494.jpg
f0078320_12335693.jpg
f0078320_12340434.jpg
f0078320_12341449.jpg
f0078320_12342238.jpg
f0078320_12342992.jpg



※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

収容された当初は、血縁関係があると思われる茶黒の子より
この子の方が警戒心が薄く、
人に近づいてくることができていたのですが
この子はどんどん警戒心が強くなってしまい、
今では全く近づいてくることもなく
常に人から逃げ回るように動き回っています。
最初は普通に手からおやつも食べられていたのに
何がこの子をこんなに警戒させてしまうようになったのか
思い当たる節がまったくないので
本当に残念でなりません。
人からおやつをもらえる2頭の良い影響を受けて
まねして近づいてくることができたらなぁと
思うばかりです。

カメラを向けるだけで怖がって逃げてしまうので
撮影したものもブレたものばかりになってしまい、
先週撮影したものを転載します。
とても綺麗な瞳をしたこの子の心が
少しずつでも溶けていってくれることを
願ってやみません。
f0078320_12413765.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_18384012.jpg
f0078320_18374270.jpg

f0078320_18375216.jpg

f0078320_18381842.jpg

f0078320_18382727.jpg





レポートは続きます。




by centre_report | 2017-12-01 12:43 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート 旧子犬舎     7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。



※先週レポートより転載しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






<1-4> 1頭


※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ

扉を開けると、いつものように慣れた様子で近づいて来てくれました。
以前は黒々していた被毛も、少し色が薄くなってきたというか
白いものもちらほら混じってきたようです。
1年と9ヶ月、人にとってはあっという間ですが
犬にとっては人の何倍も時間の刻み方が早いことを
この子を見ていると思い知らされます。

人馴れはというと、正直それほど変化は見られないと思います。
やはり、もっともっと人のそばで過ごす時間が増えない限り
これ以上の変化は望めないのだと思います。

シニアの域に入っている子ですが
元気はまだまだあり、足腰も弱ってはいないようです。
じっくりと向き合ってくださる方といつの日か巡り会えますように。
f0078320_11500689.jpg


f0078320_11503992.jpg


f0078320_11504484.jpg


f0078320_11504971.jpg


f0078320_11505491.jpg






<1-3> 2頭

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

大きな丸い目で本当に可愛らしいお顔をしている女の子です。
此処での生活も1年2か月を経過してしまいました。
表情は落ち着いていますが、触れようとすると
まだ口でやめてと意思表示することがあります。
怖さゆえだと思いますが、慎重に対応する必要があります。
自分から向かってくるようなことはありません。

おやつは人の手からパクパク食べることができるので
人の手が怖いわけではないようです。

経験不足からくるビビりさんだと思います。
人のそばでじっくりと経験を積ませつつ
家庭の中で月単位、年単位で変化を見守ってほしい子です。

f0078320_11585678.jpg


f0078320_11590184.jpg


f0078320_11590714.jpg


f0078320_11591154.jpg


f0078320_11591795.jpg






※10/10よりレポートに登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)

そばに行くと、不安や怖さの裏返しで
ヴ~、ヴ~と唸っていますが、おやつを見せると
コロッと態度が変わり
「それそれ、それはいただきます」とばかりに
首を精一杯伸ばして、手からおやつを食べてくれました。

こちらがそっぽを向いていたりすると
安心するのか、すぐそばに来たりしますが
こちらから近づこうとすると、急に不安になるのか
またヴ~と唸りますので
まだ少し距離をとり、この子から来てくれるのを待ちたいと思います。

f0078320_12085056.jpg


f0078320_12091087.jpg


f0078320_12092315.jpg


f0078320_12092807.jpg


↓先週レポートより

f0078320_12133012.jpg


f0078320_12134072.jpg






<1-2 2頭>

※8/29よりレポートに登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7- 8キロぐらい(10/24訂正)

まだ少し緊張した表情をしていて
この子にとって人は未知なものなのか
頑なになっているように感じます。
もちろんこれから変化していく可能性は大いにありますが
現時点では、まだまだ距離を感じます。
足元に置いたおやつも人が見ているうちはまだ食べようとはしません。
捕獲時首輪がついていたので飼い犬だっただろうとは思いますが

心を閉ざしている様子から
どんな生活をしてきたのか想像もつきません。
犬同士では小さな子とも、大きな子とも争う様子は見られません。

また引き続き、詳しく様子を見てきたいと思います。

f0078320_12183333.jpg


f0078320_12183853.jpg


f0078320_12184310.jpg



↓先週レポートより

f0078320_00144684.jpg


f0078320_00145237.jpg


f0078320_00150102.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5- 6キロ強?(10/24訂正)

同室の大きな子の下に隠れると安心なのか
最近はよくこの場面を見ることがあります。

この子は最初の頃の方が手からおやつを食べたりできていたのですが
ビビりっこ同士で影響し合ったせいか
警戒心は増してしまったように思います。

この子も野良っ子ではないと思うので
飼い犬としてどんな生活を送ってきたのか
この小さく可愛らしい子がどう人と関わってきたのか
想像がつきません。

犬を頼りにする子のようなので
この子にとって良い影響を及ぼしてくれる
フレンドリーな先住犬のいるお家に迎えていただくこと
そして焦らずにゆっくり向き合ってくださる方に巡り会えることが
理想だと思います。
f0078320_12280902.jpg

f0078320_12281680.jpg

f0078320_12282512.jpg

↓先週レポートより
f0078320_23435958.jpg


f0078320_23440556.jpg

f0078320_23442133.jpg






<1-1 2頭>


☆カブ壱くん
※28.11/22よりレポートに登場(28.11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)


カブちゃんズが収容されてから
一年が経過しようとしています。
最初は時間が経過すれば落ち着いて人馴れが進むと思っていたカブ壱くんですが
正直、あまり大きな変化は見られません。
人を極端に怖がっているかといえばそうではありませんが
今一歩、距離が縮まっていないように感じます。

もともと感情を表すのが上手ではないだけかもしれませんが
まだ若い子ですし、はつらつとした表情を見せても良いと思います。
精神的なものが表情に表れているのだと思いますが
カブ壱くんの笑顔をいつか見てみたいです。

今年はどこかの家庭で年越しできるよう祈るばかりです。
f0078320_12311555.jpg

f0078320_12312122.jpg

f0078320_12312891.jpg

f0078320_12313874.jpg




☆カブ二郎くん

※28.11/29よりレポートに登場 (28.11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

最初の頃はカブ壱くんよりもシャイだという印象でしたが
最近はすっかりカブ二郎くんの方が人慣れが進んできました。
頭を撫でる程度でしたら手を避けることもなくなってきて
カブ二郎くんの息遣いが肌に感じるほどすぐそばにもいられるようになりました。

手からおやつを喜んで食べ
もっとちょうだいと催促もしてきます。

身体を拘束されるようなことはまだ苦手だとは思いますが
カブ壱くんもカブ二郎くんも、収容室にいた頃から
軽くホールドしても決して口が出るようなことはありませんでした。

まだ若い子なので、一日も早く
人のそばで暮らすことができるよう心から祈っています。
f0078320_12351132.jpg

f0078320_12352359.jpg

f0078320_12353010.jpg

f0078320_12353711.jpg

f0078320_12354272.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-01 12:06 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート 子犬舎      6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。




ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


※先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<2-5> 2頭

※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 10-11ヵ月(11/1修正) 13-4キロ
(11/14修正) 

部屋に入る人数が少し多いと途端に震えてしまいますが
撮影時は1人で対応したところ、警戒心が少し解けたようでした。
警戒心が薄れると、今度は好奇心の方が勝るようです。
室内の濡れた新聞を取り換えていると
後から覗き込むように見ていました。
怖いなら遠くにいても良さそうなのに、気が付くといつも
そばで何をしているか大きな目でじっくり観察しています。

自分から来る分には近くても構わないようで
震えるでもなく、唸るでもなく
こちらから近づくぞというオーラを出さずにいれば
人がそばにいても気にならないようです。
f0078320_11200383.jpg


f0078320_11200841.jpg

f0078320_11201484.jpg

f0078320_11202105.jpg

f0078320_11202788.jpg






※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 11-12ヵ月(11/1更新) 9-10キロ

久々に壁によじ登ろうとしていたので
その瞬間にひょいと抱き上げたら
「ああ、捕まっちゃった」と言いたげに、すぐに諦めて観念していました。
この子は抱き上げる時に殆ど抵抗しなくなっています。
むしろ、壁に登って高いところから落ちると身体が大きくなった今では
衝撃も強いでしょうし、落ち着かせるためにも
ホールドしてしまった方が安全なようです。
すごく怯えているかと思うとそうでもなく
抱き上げている時に、鼻先におやつを近づけたら鼻をヒクヒクさせ
意識はおやつの方に少し動いたようでした。
f0078320_11221474.jpg

f0078320_11222110.jpg

f0078320_11222652.jpg

部屋に戻してから、おやつをこの子の近くに投げ入れたら
うまく鼻先の近くにおやつが落ち
それをヒクヒク匂いを嗅ぎ
f0078320_11233377.jpg

次の瞬間
なんと、なんと、食べていました!!
人がまだいるのに食べていました。
f0078320_11233866.jpg

この瞬間をようやく見ることができました。
後退したり前進したりしながら
でも確実に変化は見られているようでとても嬉しかったです。







<2-6 2頭>


※8/1よりレポートに登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 7-8ヵ月(11/1修正) 10-11キロ(11/14修正)

扉を開けてしばらくはウロウロしますが
こちらが動かないでいると、部屋の中に戻り
少し落ち着きました。
足元に置いたおやつはそばにいると食べられないけれど
少し離れると、途端にパクパクと、急いで口に頬張っていました。

この子はまだ好奇心で人のそばに来るということがありません。
あるとすれば、頼っている犬の後ろをくっ付いてきて
そばに来るといった感じです。
無理に触ったとしても固まる系ビビリで
今のところ口が出るような素振りは見られません。

落ち着いた大人ばかりの家庭か
もしくは犬にも人にもフレンドリーな先住犬のいるお家に迎えていただければ
良い影響を受けるように思います。
f0078320_11252716.jpg

f0078320_11253322.jpg

f0078320_11253887.jpg

f0078320_11254549.jpg







※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 13-4キロ
(11/14修正)

部屋の扉を開けて、離れたところに座り
「おやつ食べたければそっちから来てね」と
ジッと待っていたら、さほど時間もかからずに
恐る恐る食べに来てくれました。
一度口にしたらあとは何度も部屋から往復しながら
食べに来てくれました。

すばしっこく器用に人の手を避けるので
あまり撫でたりはできませんが、撫でたとしても
怒ったり唸ったりする様子は見られません。

状況が変わりさえすれば
もっと人馴れは進んでくる子だろうと思います。
他の犬に対しても強く出たりしている場面は
知る限りでは見られませんので
多頭でも暮らしていけるタイプの子だと思います。
f0078320_11291392.jpg


f0078320_11301198.jpg



f0078320_11292163.jpg


f0078320_11292666.jpg


f0078320_11293199.jpg


f0078320_11293837.jpg


f0078320_11294472.jpg






<2-7> 2頭

☆ナイト

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス(去勢済) 1歳前後 16.5キロ 


ますます凛々しく恰好良くなってきたナイトくんです。
入口の扉を開けると、あまり躊躇することもなく
すぐにそばに寄ってきてくれます。
お得意のお座りもビシッと披露してくれました。

こんなにそばに来てくれますが、こちらが手を伸ばして
触ろうとするとすぐに遠ざかってしまいます。
それを無理に触れようとするならば、唸ることもあると思います。

でも最近は食べている最中に顎先なら撫でさせてくれるようになりました。
少しでも、人の手は怖くないと覚えてくれると良いなと思います。

同室のゴーヤとの関係も落ち着いたようで
現在は小競り合いもなく過ごせているようです。
f0078320_12215301.jpg


f0078320_11325424.jpg


f0078320_11325981.jpg


f0078320_11330444.jpg


f0078320_11331772.jpg


f0078320_11332282.jpg


f0078320_11332835.jpg


f0078320_11333315.jpg





☆ゴーヤ 

※10/24よりレポートに登場(10/10収容 )
▽茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

同室のナイトと比べると
身体がふた回りほど小さく、線の細い美少年といった感じの印象です。

入口の扉を開けて待っていても
ほんのちょっと外に出てはすぐに部屋に戻るということを繰り返していました。
よく観察していると、ナイトよりは決して前に出ようとしていません。
自分より優位な立場の相手を怒らせることは賢く避けているようです。

表情などは一見するととても人懐っこそうに見えますが
まだまだ人に対しての不安感などはぬぐえないようで
一定の距離を保とうとします。
それでも毎週少しずつ警戒心を弱めつつあるので
今後もっと変化は見られてくると思います。

f0078320_11360589.jpg


f0078320_11361033.jpg


f0078320_11361525.jpg


f0078320_11362153.jpg


f0078320_11362901.jpg


f0078320_11375113.jpg


f0078320_11375692.jpg


f0078320_11380272.jpg


f0078320_11380949.jpg




レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-01 12:02 | 愛護センターレポート

11/28センターレポート B部屋 3頭・C部屋 1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


※写真は最新ですが、コメントは先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







【C部屋】1頭


※11/28レポート初登場(11/20他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 7-8歳 10-11キロ


ケージの中ではビーグル特有の野太い声で
吠えていましたが、出してあげるとすっかりおとなしくなり
とても嬉しそうに寄って来ました。
間違いなく人に飼われていたと思われるほど
とても人懐こく、お座りやお手もできました。
シニア期にさしかかっているようではありますが
とても元気もよく活発な男の子といった印象です。
放浪期間が長かったのか、とても痩せています。
抱っこをしましたが、あまり馴れていないようで
すぐにおろしてくれ!と体をよじって意思表示していました。
痩せていますのでお腹もすいているのでしょう、
他のケージの中に残っているフードを
しきりに覗き込んでいたのが切なかったです。
おやつはとても優しく手から食べてくれました。
今度こそ一生一緒にいてくれるご家族と
新しい犬生をスタートさせることができますように。
f0078320_11164054.jpg
f0078320_11165978.jpg
f0078320_11170754.jpg
f0078320_11171697.jpg
f0078320_11172379.jpg
f0078320_11173027.jpg
f0078320_11173983.jpg
f0078320_11174620.jpg






【B部屋】3頭


※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 78歳 13-4キロ

部屋に入るとキャンキャン吠えていましたが、
それも長いことは続かず、しばらくすると落ち着いて
何やら文句を言っているようなもごもごした口調で
出してもらうのを待ってくれていました。
ケージ外に出てくるとやはり嬉しいのでしょう、
必死にウロウロと動き回り、皆に甘えていました。
おやつも優しく食べてくれます。
撮影をするために少し待たせると
「早くちょうだいよ!!!」と吠えてしまいますが
しつこく吠えるというよりも催促といった感じです。
f0078320_11214369.jpg
f0078320_11215548.jpg
f0078320_11220307.jpg
f0078320_11221489.jpg
シニア期にさしかかっているようですが、
全くそうは感じられないほど元気一杯です。
こちらの言うこともしっかり聞いているようですし、
指示は入りやすそうです。
まだまだ長いこの子の犬生を
共に過ごしてくださる方の目に留まりますように。
f0078320_11233497.jpg
f0078320_11234682.jpg
f0078320_11240048.jpg
f0078320_11235318.jpg



※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15-6キロ

気になっていた右前足ですが、
この日はきちんとつけるようになっていました。
痛み止めなどを処方してもらい、
一昨日くらいから普通に足をつけるようになった
とのことでした。一安心です。

ケージの中にいる時は「早くボクを出して!!!」と
大騒ぎしているのですが、
外に出してあげると吠えることはありません。
f0078320_11260266.jpg
f0078320_11261105.jpg
f0078320_11262011.jpg
f0078320_11263182.jpg
性格はとても穏やかで、どこを触っても嫌がらず
撫でてあげればうっとりするほどの甘えん坊くんです。
少し目が離れていてマズルも短く、
パッと見た目が特徴的な男の子です。
抱っこはあまり得意ではないようで、
表情がどよ~んとしてしまいますが
またそれもかわいく思えてしまいます。
f0078320_11275420.jpg
f0078320_11280267.jpg
f0078320_11280974.jpg
f0078320_11281642.jpg



※10/10よりレポートに登場 (9/28収容)
▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい(痩せています)

少し前にこの部屋の撮影を担当した時には
ケージの中でも結構吠えていたりしていましたが
この日は収容当初と変わらない落ち着きを取り戻していて
私たちの姿が見えると嬉しそうにしっぽを振りながら
ほとんど吠えずに順番を待っていました。
見たとおりの穏やかさのある男の子です。
この日は落ち着いていたのもあったのか、
とてもいい笑顔をずっと見せてくれていました。
嬉しくてしっぽをブンブン振るので
ケージの壁にもまた当たってしまって
ケガしているしっぽの先がなかなか完治しないのが
わかるような気がしました。
f0078320_11312485.jpg
f0078320_11313545.jpg
f0078320_11314494.jpg
f0078320_11315223.jpg
しかしながら、本当に痩せていて
あばら骨がくっきりと見え、腰骨もしっかりわかるような
状態です。
栄養のある食事をさせてあげて、
しっかりお肉がつけば、体格はそこそこ大きいので
立派なカッコいい男の子になると思います。
シニアと思われる年齢のようではありますが、
無邪気なこの子の笑顔を見ていると
とてもそんな年齢には見えません。
穏やかで一緒に過ごしていったら
この子の笑顔にとても癒されることと思います。
今度こそ最期まで一緒にいてくださる方に
迎えてもらえますように。
f0078320_11325249.jpg
f0078320_11325947.jpg
f0078320_11330502.jpg
f0078320_11332236.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-12-01 11:35 | 愛護センターレポート