ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 10月 11日 ( 2 )

10/10センターレポート B部屋 1頭/C部屋 2頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








【B部屋】1頭


※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

この子もあっという間に半年が経過してしまいました。
シニアではありますが、とても元気一杯で
見た目だけではとてもシニアだとは思えないほどです。
ケージの中ではいつも「出して!出して!」と呼んでいますが
外に出てしまえば満足して吠えることはありません。
以前、ドッグランに出してみた時に、
やはり運動不足なのか筋力が衰えていることを感じました。
シニアに入ったら尚更、ゆっくりでもいいので
運動させてあげることが大切だと思います。
やはり足腰が弱ると人間もそうですが
老け込んでいってしまいます。
f0078320_19303873.jpg
f0078320_19305495.jpg
f0078320_19310826.jpg
f0078320_19312441.jpg
人を信頼していることは、この子の表情を見ていれば
すぐにわかります。
年齢相応の落ち着きもあり、とても飼い易い子だと思います。
もう少しすると寒い季節がやってきます。
シニアの子たちにとっては、厳しい季節がやってきます。
現在、センターにはたくさんのシニアの子が収容されています。
この子に限らず、寒くなってしまう前に
暖かいお布団の上でゆっくりと寝かせてあげたい、と
心底願うばかりです。
f0078320_19343035.jpg
f0078320_19344074.jpg
f0078320_19350026.jpg
f0078320_19351139.jpg









【C部屋】2頭


※10/3よりレポート登場 (9/25収容)
ワイヤーフォックステリア?
 オス 5-6歳 7-8キロ(痩せ過ぎ)

ドレッド状態になってしまっている被毛は
ガチガチに固まってしまっていて、
どれだけ放浪期間が長かったのか、もしくは
飼われていた家庭でも全く手入れしてもらえていなかったのか
とにかくこんなにかわいい子がこのような状態でいることは
本当にかわいそうでなりません。
また、とても痩せてもいます。
一体どんな環境で飼われていたのでしょうか。
ボサボサになってしまっている毛でかわいいお顔も台無しです。
毛をかき分けて目が見えるようにしてあげると
とてもかわいいクリクリの小さな瞳でした。
f0078320_22102548.jpg
f0078320_22105575.jpg
f0078320_22113967.jpg
こんな状態ではありますが、この子は本当に人が大好きで
ケージからでてきた途端に飛びついて甘えていました。
人を信頼していることは明らかです。
結局大事にされていなかったであろうと思われますが
それでも人を疑うこともなくいるこの子が
不憫でなりません。
一度は毛を短く刈ってしまう必要があるかもしれませんが
綺麗にシャンプーしてお手入れしてあげたら
見違えるほど綺麗になることと思います。
この子にたくさんの愛情をかけてくださるご家族との
ご縁を願ってやみません。
f0078320_22315770.jpg
f0078320_22351493.jpg
f0078320_22344475.jpg



※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 3-5歳 9-10キロ(9/26修正)

ケージの中では「早く!早く!」と吠えていましたが、
外に出てくると嬉しくて嬉しくて大はしゃぎしていました。
なかなか落ち着かず撮影が出来なかったので
抱っこした写真ばかりになってしまいました。
とても人懐こく、かわいい笑顔の女の子です。
抱っこも嫌がることなくおとなしくしていましたが、
とにかく人にじゃれついていたいようで
降ろしてあげるとまたはしゃいでいました。
f0078320_22502256.jpg
f0078320_22505208.jpg
f0078320_22512359.jpg
この部屋は「小型犬部屋」となっていて、
ケージが2段になっており、この子の上には
この日、全盲と思われる小さなチワワの子が入って、
悲しげにフンフン鼻鳴きしていました。
この子はその声にとても反応していたようで、
外に出てからも、抱っこしている最中も
ずっとそのチワワのいる方を気にして体を伸ばして
覗き込んでいました。
ケージの中で「出して!」と叫んでいる声とは
明らかに違う声でチワワに甲高い声でキャンキャン
言っていました。威嚇ではなく、気にかけているように
見ていて感じました。
母性の強い子なのかもしれないなと思いました。
年齢の割には落ち着きのないように思われてしまうかも
しれませんが、人が大好きなこの子にとっては
この環境は辛いだけなのだと思います。
f0078320_22574890.jpg
f0078320_22581745.jpg
f0078320_22584820.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-11 19:43 | 愛護センターレポート

10/10センターレポート 旧子犬舎   10頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






<1-1> 2頭

f0078320_16082772.jpg

☆カブ壱くん
※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

この日もドアの外から声をかけて中に入ると
伏せたまま嬉しそうに尻尾をブンブン振って
私たちを出迎えてくれました。
いつも部屋の隅で伏せたままの状態から動くことがなく、
なんとか少しでも動かそうといろいろ試していましたが
この日はおやつを見せると積極的に起き上がり、
こちらに近づいてきてくれました。
カブ兄弟ももうすぐ1年を迎えます。
基本的な性格は2頭共に穏やかでとてもいい子です。
f0078320_16183883.jpg
f0078320_16182692.jpg
f0078320_16184681.jpg
f0078320_16185725.jpg
ベタベタな甘えん坊ではありませんが、
人が近くにいてくれることはカブ壱にとっては嬉しい
ことなのだと思います。
立ち上がった姿を久しぶりに見た気がしますが、
心配していたほど太っているような感じには見えませんでした。
それでもこれだけしっかりとした体格ですから、
しっかりとお散歩もしてあげられるご家族に
迎えてもらえたらと思います。
穏やかで優しいカブ壱にもぜひ目を向けてあげてください。
f0078320_16213788.jpg
f0078320_16214563.jpg
f0078320_16215711.jpg
f0078320_16220846.jpg



☆カブ二郎くん
※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

カブ二郎もこの日はメンバー2人で部屋に入っても
逃げ回るようなこともなく、カブ壱と競っておやつを
もらいに来ていました。
カブ二郎はあまりしつこく体を触ったりすると
翌週まで少し警戒するような様子を見せたりするので
あまりしつこく触らないようにしています。
それでも撫でられたりすることを拒否するわけでは
ありません。
とてもマイペースな子なので、自分のペースで動きたい
という子なのだと思います。
f0078320_16260650.jpg
f0078320_16261587.jpg
f0078320_16262605.jpg
f0078320_16263870.jpg

カブ二郎も基本的な性格はカブ壱と同じで
本当にとても穏やかな子です。
カブ壱といつもべったりくっついているということも
ありませんので、恐らく1頭でも自分のペースで
やっていける子だと思います。
外に出ていませんので、お散歩もどの程度歩けるのかはわかりません。
以前飼われていたお宅で
お散歩してもらっていたかどうかもわかりません。
ただ、どんな犬でもお外の楽しさを知ってしまえば
お散歩が大好きになる子がほとんどです。
ゆっくりとカブ壱、カブ二郎と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_16341672.jpg
f0078320_16342518.jpg
f0078320_16343599.jpg
f0078320_16344393.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_16353226.jpg

※8/29よりレポート登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 7-8キロ

私が部屋に入ると真っ先に窓枠に登り、
上からこちらの様子を伺っていました。
部屋の外から覗いている時にはドアの近くまで来て
こちらの様子を見ているのですが、
近づいてこられるとまだ怖いようです。
撮影でゆっくりと移動するようにしているのですが
動くたびにそわそわしてできる限り私から遠ざかる
ように逃げていきます。
f0078320_16443711.jpg
f0078320_16444516.jpg
f0078320_16451057.jpg
f0078320_16452881.jpg
笑っているように見える写真がありますが、
緊張していていっぱいいっぱいなだけです。
私を見る目は上目遣いで、まだまだ信用しないぞ、という
この子の思いが伝わってきます。
体も小ぶりですし飼い易そうに見えますが、
心を開いてくれるまで少し時間が必要かもしれません。
それでもしっかりと愛情を注いであげれば
必ず心を開いてくれる瞬間はやってきます。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_16491942.jpg
f0078320_16492763.jpg
f0078320_16493560.jpg
f0078320_16494440.jpg



※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 12-13キロ 15-16キロ

最初だけとても緊張した様子で、自分より体の小さい2頭を
頼るようにくっついていますが、しばらくすると落ち着きます。
それでも積極的に体に触ったりするとまた焦らせてしまうので
ゆっくりと時間をかけて近づいていくようにしています。
落ち着いたときに体を触ることはできますが
焦って動きまわっている時には無理には触らないように
しています。
f0078320_16534311.jpg
f0078320_16533420.jpg
f0078320_16542201.jpg
f0078320_16540845.jpg
おやつは大好きなようで、最初は少し考えていても
すぐに首を伸ばしておやつを食べてくれます。
食べ方はとても優しく、そっと口を近づけてくれます。
体は大きくてもとても優しく穏やかな子なのだと思います。
体毛の脱毛はそれほど進んでいるようには見えませんが
それほど良くなっているようにも見えません。
そこまで人を拒絶しているような臆病さんではないので
まだ若く順応性が高い今のうちに、一日も早く家庭に入って
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
f0078320_16582137.jpg
f0078320_16583203.jpg
↓↓先週レポートより
f0078320_13571856.jpg
f0078320_13574805.jpg





※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ?

まだ子犬かと思うほど体の小さな男の子です。
口をあけて笑っているような表情をすることの多いこの子ですが
決して嬉しくて笑顔を見せているのではなく、
人が入ってくると緊張でいっぱいいっぱいになってしまいます。
以前は人に飼われていた子だと思われますが、
それまでどのような環境で飼われていたのだろう?と
不思議になってしまうほど臆病な子です。
f0078320_17043671.jpg

f0078320_17050148.jpg

f0078320_17053091.jpg

f0078320_17051339.jpg

必死に人から逃げ回る姿は、いつ見ても切なくなります。
小さいのですばしっこく、なかなか落ち着かせることも
触ることもできずにいます。
本当に嬉しくてのこの子の笑顔も見てみたいです。
恐らく人に何をされるかわからず、
近づいたら危ないと思っているのでしょう。
近づいて触ろうとしても、今のところお口が出ることもありません。
少しずつでもこの子の恐怖心、警戒心を解いてあげたいと
思いますが、週に一度の触れ合いではなかなか難しいです。
ゆっくりと時間をかけてこの子と向きあってくださる方との
ご縁がありますように。
f0078320_17104871.jpg

f0078320_17151711.jpg

f0078320_17161737.jpg

f0078320_17154775.jpg






<1-3> 3頭

f0078320_17175107.jpg


※10/10レポート初登場(9/7収容)
▽薄茶 メス 2-3歳  8-9キロ(痩せすぎ)


譲渡対象として選定されたものの、収容する部屋が
空いておらず最終日部屋で移動を待っていた、
とても優しいお顔をした女の子です。
とても脚が長く、一目を惹く子だと思います。
最初のうちは近づいてもビクビクしながら動き回っていましたが、
ゆっくり近づいてもそのうち小さく唸っていました。
何がなんだかわからない状況で近づいてこられて
驚かせてしまったのかもしれません。
動き回っている間に体を触ってもスルスル逃げていくだけで
警告してくることはありませんでしたが、
じっとしている時に手を差し出して撫でようとすると
また唸っていました。
それでも攻撃的になることはなく、あくまでも「警告」なのだと
思います。
f0078320_17251037.jpg

f0078320_17254082.jpg

f0078320_17261079.jpg

f0078320_17264021.jpg

今回初めて紹介する子ですので、私も初めてこの子と接したので
あまり今回は無理をしないようにしようと思い、
それ以上は近づかないように気をつけました。
それでも唸る声もとても小さく、か細い声でしたので
抵抗するのはそれが精一杯のような感じも受けました。
腰から後脚にかけて全体的に毛が薄くなっていて
皮膚の状態がよくないのがわかりました。
皮膚病の可能性があるため、センターでも処置して
くださっています。
来週以降もよく様子をみていきたいと思います。
f0078320_17321677.jpg

f0078320_17314654.jpg

f0078320_17324683.jpg

f0078320_17331681.jpg




※28/8/9よりレポートに登場 (28/7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 15キロ


この日一番嬉しかったことは、
この子に変化が見られたことです!
すでに1年以上経過しても、部屋に入ると大小漏らしてしまうほど
臆病な子でしたが、この日は恐らく初めてといっていいくらい
部屋に入って近づいていってもうんちもおしっこも漏らすことが
ありませんでした。
そんなことくらいで・・と思われるかもしれませんが、
毎週通ってこの子にずっと接してきて
何もしなくてももれなく大小お漏らししていたこの子が
1年2ヶ月を経過したこの子が、同じ姿勢のままではあったものの
部屋を出る最後まで大小どちらも出ることがありませんでした。
本当に本当に嬉しかったです。
f0078320_17393964.jpg

f0078320_17400931.jpg

f0078320_17403986.jpg

そればかりではなく、私が部屋を出てから
もう一人のメンバーが試しにおやつを差し出してみたところ、
なんとおやつも手から食べることができたのです!
これはすごい変化です。
この子の中で何かが弾けたのかもしれません。
f0078320_17424248.jpg

心なしかお顔の表情も柔らかくなった気がします。
この子はどこを触っても怒ることもありませんでしたし、
抵抗することもない、とても穏やかな子です。
もちろん抱っこも暴れることなくされるがままです。
人との関わり方がわからないだけで、人を怖がっているようには
見えなかったのですが、毎回のお漏らしを見る度に
なんとかこの子の不安感を払拭してあげたいという気持ちで
メンバー一同接してきました。
ようやく少し気持ちが伝わったようで
とても嬉しく思いました。
ずっと同じ姿勢でいたり、逃げて動き回っていたりしていましたが
「人はそんなに怖いものじゃないのかも」と
少しでも感じてくれていたら嬉しいです。
来週以降もお漏らしせずにいられますように。
f0078320_17493513.jpg

f0078320_17494407.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

以前は部屋をあけると真っ先に外に出てきて
廊下にある棚の下に潜り込むのが定番の動きでしたが、
最近こちらの部屋に入った時には、すぐにドアを閉めるので
すぐに逃げ出そうとする様子がなくなってきました。
もうおやつを手から食べることは当たり前になっていますが
やはり体を触ろうとすると警戒して
じっとこちらの手の動きを監視しています。
「触ったら噛むわよ!」とでも言われているかのように
触ろうとする手のすぐそばまで顔を近づけているので
なかなか触ることができません。
f0078320_17561030.jpg

f0078320_17561959.jpg

f0078320_17563715.jpg

何度もおやつを渡す時に
「おやつをあげる手とあなたを撫でる手は一緒なんだよ」と
おやつを見せながら声をかけていますが
まだ緊張感が伝わってきます。
それでも人の手が怖いものだといつまでも思ったままでは
この子もかわいそうです。
触られたらお口を出せば触られずに済む、と思わせたくはないので
もっとおやつで仲良くなって人が怖いことをするものではないと
信用してもらえるようになってからにしたいと思います。
f0078320_18060525.jpg

f0078320_18062043.jpg

↓↓先週レポートより
f0078320_14371614.jpg









<1-4> 2頭

f0078320_18091606.jpg


※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 8-9歳? 13-4キロ

1年半を経過してしまったこの子にとって2度目の夏が
終わろうとしています。
それでもまだまだこの日も暑く、
この子も辛いだろうと思いますが
いつものように元気よくワンワン吠えて迎えてくれました。
おやつを見せればグイグイ近づいてきますし、
部屋の外に出なくても、笑顔を見せてくれる回数が
どんどん増えてきています。
体を拘束されることには相当抵抗していた子ですが
現在はどのように反応するかは未知数です。
毎週人と接することで、「人は怖いもの」からは
大分警戒心は解かれてきているように思います。
f0078320_18293794.jpg

f0078320_18295189.jpg

f0078320_18300416.jpg

f0078320_18310094.jpg

もうシニアになっているこの子は
おやつをあげると口からぽろぽろとこぼしてしまうほど
少し歯も少なくなっているかもしれません。
まだ冬毛と思われるアンダーコートがお尻の方に
残って浮き出ていて、取ってあげたいのですが
スルスルと逃げ回って触らせてくれません。
もう数週間もすれば、段々と寒くなってくる時期になるのに
季節に合った状態を保ててあげられないことに
とても残念な気がしてなりません。
ただ、この子にここで2度目の冬を経験させたくはありません。
これから寒くなった時に、暖かいおうちの中で
ゆっくりのんびり過ごせる日がやってきますように。
f0078320_18350288.jpg

f0078320_18351183.jpg

f0078320_18353248.jpg

f0078320_18352267.jpg




※8/8よりレポート登場 (7/25収容)
▽茶 メス 8-9ヵ月(10/3更新) 9-10キロ(10/3更新)

相変わらずビクビクしていて、部屋に入ると
必死に私から遠ざかろうとワタワタしていました。
収容室にいた頃は体を触ると悲鳴をあげていましたが
今は逃げ回っている間に体をそっと触っても
悲鳴をあげるようなことはありません。
体を拘束されるのが怖いのかもしれません。
部屋の隅にいる時にゆっくり近づくと
逃げ回ろうと足を開いて逃げるタイミングを探して
いるようでした。
f0078320_18495527.jpg

f0078320_18502643.jpg

f0078320_18505687.jpg

f0078320_18512579.jpg

不安そうな表情は見ているとかわいそうになりますが、
まだまだ人が怖くてしょうがないのでしょう。
人が怖いことをするものではないと
しっかり伝えてあげないといけないと思います。
決して人に対して攻撃的になることもありません。
まだまだ幼い子ですから、順応性も高いと思います。
人と一緒にいる時間が長くなり、
人馴れしている先住犬がいるご家庭だと
この子もいろいろと学んでいくことができるのではないかと
思います。
f0078320_19023842.jpg

f0078320_19030824.jpg

f0078320_19033841.jpg

f0078320_19040818.jpg






レポートは続きます。






by centre_report | 2017-10-11 19:05 | 愛護センターレポート