ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 10月 05日 ( 2 )

10/3センターレポート 4日目部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


※新しく紹介する1頭以外は以前のレポートより転載します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)








※10/3レポート初登場(9/21他抑留所より移送)
▽白茶黒 オス 2-3歳 10キロ未満


この部屋に久しぶりに新しい子が入ってきました。
他の臆病な子たちを刺激しないように外から撮影しましたが
人をそれほど怖がっている様子もなく
おやつを見せると近づいてきました。
最初は「おいで」とおやつを見せても
ある程度は近づいてくるものの、手から食べなかったので
この子がいるところにおやつを投げてあげると
躊躇なくすぐにパクパクとおいしそうに食べていました。
それを繰り返しているうちに、自ら寄って来て
直接手からもおやつを食べてくれました。
f0078320_15352104.jpg
f0078320_15355120.jpg
f0078320_15362154.jpg
f0078320_15371799.jpg
それでも写真で見てもわかるように、
人に対しては警戒心が強そうな目つきで
こちらを伺っていました。
体は小さいですが、この子のしっかりとした目力に
半分野良状態で過ごしてきた芯の強さを感じました。
人を疑っているような目つきに少し悲しくなりましたが
まだまだこれから人の暖かさを知ることが出来る
可能性を秘めた子だと思います。
今回は初めての紹介でしたので、触れ合いませんでしたが
来週以降は近くでこの子の様子を見ていきたいと思います。
同部屋の臆病な子たちに同調してしまわないように
積極的に触れ合っていく必要があると思います。
f0078320_15471083.jpg
f0078320_15475654.jpg
f0078320_15482682.jpg
f0078320_15512096.jpg




↓↓ 以下、以前のレポートより転載します。


※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

いつものようにずっと部屋の中をウロウロ動きまわっていました。
茶色の子を頼っているようで一緒に動くことが多いのですが
それも撮影を始めて最初のうちだけで、
その後は一人でこちらの様子をチラチラ見ながら
移動している感じです。
人のことは気になるものの怖くて近づけない、
でも何をするのか気になる、といった様子が感じられます。
たまに立ち止まってはこちらを凝視していたりもしますので
人が怖くてたまらない、というところまではいっていないと
思いたいです。
f0078320_13041957.jpg
f0078320_13044118.jpg
f0078320_13044974.jpg
f0078320_13050718.jpg

まだ幼いこの子には人と接する時間が必要です。
半分この部屋では逃げ回ることがクセになりつつあり、
このままでは人馴れも期待できないと思います。
人と関わる時間が長くなれば、少しずつでも人を信用できる
柔軟性のある年齢です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
写真ではなかなか伝わりにくいと思いますので
この子が動き回っている様子を動画でご紹介します。






※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

収容当初とは比べ物にならないくらい被毛も綺麗に生え揃い、
痩せていた身体もしっかりしてきて、立派な男の子に成長しました。
この子もこちらでの生活が1年を経過してしまいました。
確かに人を避けて逃げ回ってはいますが、
こちらの部屋が非常に広いため、
そうすることができるからだと思います。
それでも以前に比べれば動き回るスピードもかなりゆっくりに
なってきましたし、こちらがじっとしていればすぐ近くまで
寄って来ることもあります。
その様子はまるでこちらの出方を試しているかのようです。
f0078320_13191437.jpg
f0078320_13192691.jpg
f0078320_13202572.jpg
f0078320_13194502.jpg
大人数で部屋に入ると落ち着きがなくなりますが、
一人か二人くらいで入る分にはそれほど激しく動くことは
なくなってきています。
新しくこの部屋に入ってくる子がいると、
この子を頼りにしているところを見ていると、
とても優しい子なのだと思います。
まだまだ若い子ですので、お外に出て楽しくお散歩したり、
ご家族と楽しくどこかへ出かけたりするチャンスを
一日でも早く与えてあげたいと思います。
f0078320_13203104.jpg
f0078320_13201739.jpg
f0078320_13200685.jpg
f0078320_13194502.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

今日もじっと部屋の奥隅で黒い子と一緒に
じっと伏せていました。
この子は近くに寄っていっても決して逃げることはありません。
ただただじっとして、人が側に来てもいなくなるまで我慢して
やり過ごそうとしているのだと思います。
それでも人に対する恐怖心があれば逃げていくと思いますので
そこまで人に対しての恐怖心はないような気がします。
f0078320_13262760.jpg
f0078320_13261642.jpg
f0078320_13263628.jpg
f0078320_13264498.jpg
唯一この部屋で人の手からおやつが食べれます。
最初は少し遠慮気味にしていますが、
何度かおやつをあげていると自分から少し顔を出して
「おやつちょうだい」と意思表示してきます。
この日は何度もこの子の体を撫でてみましたが、
以前のように空噛みしようとする素振りはありませんでした。
長く撫でていると少し撫でている手を気にする様子が
見られたので、その時点で撫でるのはやめました。
この子も人とどう接していいかわからないだけなのでは?と
思いますので、家庭にはいって人との生活をしていく中で
人を信頼できるようになっていくものと思います。
f0078320_13321986.jpg
f0078320_13322713.jpg
f0078320_13324451.jpg
f0078320_13323478.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

↑の子と一緒にいつもの場所にいました。
以前にも紹介したことがありますが、お尻をぺったりとつけて
後ろ脚を浮かせたような変わった格好でいることが多いです。
くまのプーさんのような格好で座ってる様子は
見ていてもとてもかわいいです。
近くに寄ってもそのポーズを変えることもないので
リラックスできる格好なのだと思います。
見た目ではとても臆病な子だとは思えないです。
f0078320_13371934.jpg
f0078320_13373228.jpg
f0078320_13374235.jpg
f0078320_13375864.jpg
正面のかなり目の前で撮影してもピクリともせず、
なに??とでもいっているかのようなお顔をしていました。
最近、かなり近づいても唸ることはなくなりました。
それだけでもかなりの進歩だと思います。
この日は↑の子とお尻同士がくっついていたので、
↑の子を撫でる時にどさくさに紛れて少し触ってみましたが
ほんの少ししか触るのは許してくれませんでした。
それも以前のように強めに空噛みする様子はなく、
「やめろって~~」というくらいゆっくりと私の手の方向に
顔を寄せてくるような感じでした。
焦らずゆっくりと、それでも毎週しっかりとこの子と向き合って
いかないといけないな、といつも感じさせられます。
f0078320_13434904.jpg
f0078320_13441961.jpg
f0078320_13444912.jpg
f0078320_13451915.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-10-05 15:55 | 愛護センターレポート

10/3センターレポート 収容室①②③  9頭


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







【収容室①】4頭


※10/3レポート初登場(9/22収容)
▽黒茶 オス 2-3歳 12キロくらい


とても幼い顔をした男の子です。
臆病でケージの奥で固まっていましたが、
ロープをかけてお外に出てきてもらいました。
まだまだ環境に慣れておらず、
近づくと小さく唸ったりしていましたが、
唸らなくていいよと伝えるとすぐにやめました。
それでも必死に狭いところに入り込もうとしていましたが
入り込む余地がないとわかると、
一番端の他犬が入っているケージの前で固まっていました。
おやつもまだ手から食べることはできません。
f0078320_12482422.jpg
f0078320_12484005.jpg
f0078320_12483418.jpg
f0078320_12484779.jpg
ゆっくりと体を撫でてあげて落ち着かせてから
抱きあげてみましたが、固まるだけで暴れたりすることは
ありませんでした。
抱かれている間はそれほど力が入った状態でもなく、
人は何も怖いことをするものではないと学習してくれれば
若いだけに順応力も高いと思われますので
少しずつ心を開いてくれるのではないでしょうか。
来週以降も様子を見ていきたいと思います。
f0078320_13084880.jpg
f0078320_13090192.jpg
f0078320_13090863.jpg
f0078320_13091679.jpg



※9/26よりレポートに登場(9/14収容) 
▽柴 メス 9キロ程度 3-4歳


小ぶりで大人しい女の子です。
触られるたびにビクっとしていました。
頭を撫でようとすると目をつぶったりする仕草が見られ
人に撫でられることに慣れていないのか、
ややハンドシャイなところを見ると
叩かれたりしていた過去があるのかもしれません。
まだ若い子だと思いますが、とても落ち着きがあり
ベタベタと甘えてくるタイプではなさそうですが
人馴れという点では問題ないと思います。
おやつには全く興味を示さず、
ケージの中を見るとフードもほとんど残っていました。
f0078320_13145508.jpg
f0078320_13150370.jpg
f0078320_13151014.jpg
f0078320_13151603.jpg
抱っこしてみましたが、抱かれた経験がないのか
終始緊張しているような格好をしていました。
それでも暴れることはありませんでした。
小柄ですので女性でもさっと抱き上げられる大きさです。
恐らく飼われていたことは間違いないと思いますが
人との接触があまりなかったのかもしれません。
優しくこの子に接してくださる方とのご縁があると
いいなぁと思いました。
f0078320_13191953.jpg
f0078320_13192740.jpg
f0078320_13193405.jpg
f0078320_13194162.jpg



※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 
▽茶 メス 78歳 13-4キロ

収容棟の外まで聞こえてくるような
大音響での叫び声もなくなり、
鼻鳴きと少し吠える程度におさまってきました。
待っていれば外にだしてもらえるのだと学習したのでしょう。
それまでは大声を出しすぎて声もかすれ気味でしたが
今はそのようなこともありません。
いつもニコニコ笑顔を見せてくれるかわいい子です。
f0078320_13230180.jpg
f0078320_13230919.jpg
f0078320_13231871.jpg
f0078320_13232762.jpg
シニアの域に入っていると思われますが
背骨も触れてゴツゴツしており、とても痩せています。
人懐こくて人と一緒にいたいこの子が
この環境でずっといるのはとても辛いことだと思います。
抱っこをしようとすると嫌がり、スルスルと逃げていきます。
お尻の方を触れるのは苦手なようでした。
まだまだ元気一杯なこの子には、
たくさんの愛情をかけてくださり、たくさんお散歩もしてくれる
優しいご家族に囲まれて生活することが
何よりの幸せなのだと思わずにはいられません。
f0078320_13293862.jpg
f0078320_13294435.jpg
f0078320_13295337.jpg
f0078320_13300035.jpg



※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15-6キロ


薄茶というよりも白に近い薄いベージュのような色合いです。
ケージから出してあげるとすぐにウロウロと動き回り
おしっこをする場所を探しているようでした。
場所が決まるとたくさんのおしっこをしていました。
ずっとケージの中で我慢していたのでしょう。
部屋を汚したくない綺麗好きな子なのだと思います。
表情が乏しいような気もしますが、
ちょっとおとぼけ顔でとても愛嬌があります。
少し痩せ気味に感じましたので、
もう少ししっかりご飯を食べてお肉がつけば
もっと立派な男の子になりそうです。
f0078320_13353074.jpg
f0078320_13353829.jpg
f0078320_13354551.jpg
f0078320_13355897.jpg
体のどこを触っても嫌がることもありませんし、
大きな体ですが抱っこも問題なくさせてくれました。
他犬のケージを覗いたりしていましたが、
全く威嚇するようなこともなく、他犬との相性は問題ない
かもしれません。
おやつは小さくちぎったものだと手ごと食べてしまいそうな
勢いですが、大きいものは大丈夫です。
体をギュッと抱きしめてあげても緊張している様子もなく、
馴れてくれば実は甘えん坊なのかもしれないなと思いました。
f0078320_13403819.jpg
f0078320_13410970.jpg
f0078320_13415589.jpg








【収容室②】3頭


※10/3レポート初登場(9/25収容)
▽白茶 オス 1歳未満 8キロぐらい


チワワを大きくしたような風貌の
人馴れ抜群の男の子です。
まだ1歳に満たないと思われ、表情も動きも
とても幼い子です。
とても甘えん坊で、近寄るとペロペロ舐めてくれるほど
人が大好きなようです。
お座りもできますし、待てもできます。
間違いなく人に飼われていただろうと想像できます。
近づいて撮影しようとするとすぐに近寄ってくるので
写真ではわかりずらいと思いますが
前脚はX脚のようで両足共に外側をむいており、
左後ろ足は少し短いように見えました。
生まれつきのものなのか、怪我の影響なのかはわかりません。
本犬は全く気にする様子もありませんが、
歩いていると時々スキップするような様子が見られました。
f0078320_13593270.jpg
f0078320_14001049.jpg
f0078320_14003912.jpg
f0078320_14011056.jpg
f0078320_14014039.jpg
後足が少し短いからか、お座りも横座りのような状態で
いつもしていました。
抱っこも問題なく出来、力も入らずリラックスできていました。
小柄ですので恐らくいつも抱っこされていたのだと思います。
とても人懐こく、どこを触られても嬉しそうにしていました。
白い毛もそれほど汚れておらず、
放浪期間もそれほど長くなかったかもしれません。
逃げ出してきてしまったのか、捨てられてしまったのか
今となってはわかりませんが、
人を信頼してしっぽをブンブンふって甘えてくる姿は
本当にかわいかったです。
たくさんかわいがってくださるこの子にも
暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_14095902.jpg
f0078320_14104422.jpg
f0078320_14111664.jpg
f0078320_14114614.jpg



※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4-5歳 12-13キロ

この日もロープをかけるのにはそれほど抵抗しませんでしたが、
やはり外に出そうとすると最初だけ目一杯抵抗します。
リードで引かれるという経験がない子だと仕方がありません。
外に出ると隙間に入り込もうと必死になりますが
体を寄せて抱きしめてあげると
徐々に落ち着きを取り戻します。
落ち着く時間も以前より短くなったように思います。
外に出ることが怖いと思ってしまわないように
毎週少しずつでも外に出して
外で落ち着くことを覚えさせることを
続けていくようにしたいと思っています。
f0078320_14172157.jpg
f0078320_14174543.jpg
f0078320_14175787.jpg
f0078320_14180450.jpg
落ち着いてくれば、体を撫でても、
顔回りを撫でても力も入らず抵抗することはありません。
まだまだ不安で一杯なのだと思いますが
人の手が怖いものではない、ということを
しっかりとこの子にも伝えてあげなければと思います。
以前はケージの中でも何をされるかわからず
ずっと顔を隠しているような子でしたので
少しずつですが進歩していると思います。
この子に人の優しさをゆっくりと教えてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_14222219.jpg
f0078320_14223072.jpg
f0078320_14223701.jpg
f0078320_14224465.jpg



※10/3レポート初登場(9/25収容)
▽白茶 オス 3歳ぐらい 15キロくらい(痩せ気味)


見た目は短毛の秋田犬のようなお顔をしている
人馴れ問題なしの男の子です。
体格からいうと17-18キロくらいはあってもいいと思いますが
とても痩せており、背骨もあばら骨もしっかり見えるような
状態です。
ずっとおしっこを我慢していたのか、
外に出してあげると1分近く長いおしっこをして、
その後もまた違う場所で30秒くらいはしていましたので
どれだけ我慢していたのかと思うと切なくなりました。
f0078320_14314085.jpg
f0078320_14314959.jpg
f0078320_14315750.jpg
f0078320_14320889.jpg
f0078320_14322326.jpg
お座りもできましたし、おやつの食べ方もとても優しいです。
まだ若い子だと思いますが、落ち着きもあります。
まだ環境に慣れておらず、これからもう少し元気な様子を
みせてくれるようになるかもしれません。
抱っこはイヤだとスルスルとかわしていましたが、
ひょいっと抱き上げるとまんざらでもない感じで
おとなしく抱かれていましたが、
本当に見た目からは想像できないほど軽く感じました。
たくさんご飯を食べてもう少し太らせてあげたいです。
大きめの子ではありますが、攻撃性も全く見られませんし、
落ち着きもある子ですので、
大型犬を飼ったことがある方であれば扱い易い子では
ないかと思います。
f0078320_14433064.jpg
f0078320_14433727.jpg
f0078320_14434477.jpg
f0078320_14435198.jpg






【収容室③】2頭


※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6-7歳 11-2キロ

この日も私たちが来るのを待っていたかのように
ケージから出づと一目散に出てきて
ひとしきり甘えていました。
本当に人が大好きな子なのだと思います。
甘えた後は、とにかく部屋の出口に行っては
「お外に行きたいよ」と訴えていました。
おやつを見せても全く興味も示さず、
外へ出ることの方がこの子にとって大事なこと
のようでした。
f0078320_14515114.jpg
f0078320_14520097.jpg
f0078320_14520802.jpg
これだけ人馴れしている子ですが、
抱っこをすると表情が一変して困った顔になります。
この日も同じように抱っこしてみたところ、
最初こそ困ったちゃんになっていましたが、
その後は少し笑顔も見せてくれるようになりました。
少しずつですが抱っこされることにも慣れてくれたようです。
お外に行ってお散歩たくさんしたいんだよね。
たくさんお散歩にも連れていってくれる方とのご縁が
繋がりますように。
f0078320_14560536.jpg
f0078320_14561432.jpg
f0078320_14562004.jpg
f0078320_14562855.jpg



※10/3レポート初登場(9/15収容)
▽茶 オス 3-4歳 11-12キロ


ケージの外から覗いてみたところ、低い声で唸っていましたので
無理はせずケージの中での撮影としました。
おやつを見せても最初は全く知らん顔をしていましたが、
お皿の中に入れてあげると、こちらが見ていてもパクパクと
おいしそうに食べていました。
とてもお腹がすいていたようで、そのうち直接手からも
おやつを食べてくれたりもしました。
たくさん話しかけてから、ゆっくりとロープを体に触れさせ
ロープをかけることには抵抗しませんでしたが、
少し引こうとするとすごい顔で怒っていましたので
ロープをかけたままの状態でしばらくケージの上でメモを
取っていると、少し落ち着いてきたのか、
入口のところまで自分で寄って来て
「もうおやつないの?」とでもいっているかのように
顔を出していました。
f0078320_15042544.jpg
f0078320_15053303.jpg
f0078320_15045392.jpg
f0078320_15050038.jpg
ケージの外からおやつを見せると
顔を伸ばしておやつを取りに来ましたが
外には出て来られませんでした。
まだ収容されて間もないので、あまり刺激しないように
この日は外に出さずに終わろうと思い、
ロープを外そうとゆっくり手を伸ばしてみましたが
威嚇してはっきりと「やめろ!!!」と意思表示してきました。
体に触ろうとしたときも同様の反応でしたので
まだ少しぴりぴりしたところがあるようです。
食いしん坊のようですので、おやつで少しずつでも
仲良くなれたらと思います。
f0078320_15092074.jpg
f0078320_15043387.jpg
f0078320_15092813.jpg
f0078320_15093471.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-10-05 15:10 | 愛護センターレポート