ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 09月 14日 ( 7 )

9/12センターレポート D部屋     5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






f0078320_13401337.jpg

※8/15よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▽薄茶黒 メス 1歳前後 9-10キロ

とても綺麗なお顔をしたスタイル抜群の女の子です。
前回会った時とあまり印象は変わらず、
近づくと避けていくのは相変わらずですが、
おやつを差し出すと近づいてくるのも前回と一緒でした。
人のことが怖くて仕方がないということはないようですが
人馴れしているかといわれるとそこまでではない、
といった感じです。
ただ、おやつで寄ってきてくれるのでおやつで仲良く
なることが出来そうです。
同室の茶白垂れ耳ちゃんが食いしん坊で、
おやつを差し出すと横取りされてしまうのが残念です。
それでもこの子は争うこともなく、きちんと引くことが
でき来ます。
f0078320_14233094.jpg
f0078320_14240312.jpg
f0078320_14243267.jpg
f0078320_14250290.jpg
アイラインがはっきりしていて、琥珀色の瞳も
少しきつい印象があるかもしれませんが、
気が強そうな感じは一切受けません。
他犬と争うようなことも現時点ではありませんし、
一緒にいるのが安心できるように見えます。
人を怖いものだと思ってしまわない今のうちに
家庭に入って人との生活を味合わせてあげたい子です。
f0078320_14283980.jpg
f0078320_14285039.jpg
f0078320_14290444.jpg




※8/22よりレポート登場 (8/10他抑留所より移送)
▼茶(背中などに黒の差し毛) メス 2歳ぐらい 10-11キロ

こちらの子も前回とあまり変わった様子はありませんでしたが、
前回見た時よりも積極的に人から逃げ歩くというほどでは
なくなっているようにも思えました。
もちろん自ら人に近づいてくることもありませんし、
おやつを差し出しても全く見向きもしません。
ただ、遠くから様子を伺っている姿は変わりありません。
なんとなく興味はあるけれど、近づいていく勇気はない
といった状態なのでしょうか。
f0078320_14583663.jpg
f0078320_14581507.jpg
f0078320_14584499.jpg
f0078320_14585818.jpg
気がつくとかなりそばにいたりすることもありました。
↑の子と同郷と思われるだけあって、
目つきがそっくりです。
↑の子がおやつに誘われて私たちに近づいてきているのを
しっかりと見ていますので、良い影響を受けてくれると
いいなと思います。
ただ、この日すぐそばを通っていった時に体に触れてみましたが
びっくりして走って逃げるようなこともありませんでした。
家庭に入って人との生活をしていく中で
人に対する恐怖感も薄れていくものと思われます。
一日も早く家庭に入れてあげたい子です。
f0078320_15045248.jpg
f0078320_15050259.jpg
f0078320_15051316.jpg
f0078320_15052389.jpg




※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12キロぐらい(太りぎみ)

この日も最前線に出てきて、ニコニコ笑顔を見せてくれました。
人に甘えたくて寄って来るわけではなく、
私たちが持っているおやつが目的です。
とても食いしん坊で、他の子にあげようと差し出していると
横からそっと寄って来て取っていってしまいます。
近くに寄ってきてくれた時にそっと触ることは出来ますが
あまり嬉しそうではなく、やめて~と逃げていきます。
唯一この部屋の中でおやつにつられてはいるものの
人に近づいて来られる子です。
f0078320_15153268.jpg
f0078320_15151258.jpg
f0078320_15154756.jpg
f0078320_15160173.jpg
収容当初からそれは変わらないのですが、
その後大きく人馴れが進んでは来ておらず
やはり人と一緒にいる時間がもっともっと必要なんだと
思い知らされます。
シニアにさしかかっているこの子にも暖かい手が
差し伸べられますように。
f0078320_16395057.jpg
f0078320_16385749.jpg
f0078320_16402036.jpg
f0078320_16405014.jpg




※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

いつもこの部屋の左奥隅でじっとしています。
この日もいつものように同じ場所でじっとしていました。
どこを触っても嫌がることもなくじっとしていますが、
平気なわけではなく、その瞬間をなんとかやり過ごそうと
しているのでしょうか。
撫でてあげても表情が全く変わりません。
感情をどこかに忘れてきてしまったようでかわいそうになります。
f0078320_17013128.jpg
f0078320_17005832.jpg
f0078320_17011296.jpg
f0078320_17012036.jpg
よく見ると何度もおっぱいをあげたような大きな乳首が
この子がお母さんだったことを証明しています。
顔にもあちこち傷痕のような箇所もあり、
過酷な環境で子供たちを守りながら放浪していたのかと
思うとこみ上げてくるものがあります。
なんとか同じ格好から動かそうと思い、
この子の体を抱き起こそうとしてみましたが、
やはり抵抗することはないものの、体を硬くして
少し体を起こしたものの動くことはありませんでした。
次回こそなんとかこの子が動く姿を見てみたいです。
f0078320_17065715.jpg
f0078320_17071125.jpg
f0078320_17074668.jpg
f0078320_17075574.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ 20キロぐらい

収容当初、とてもきつい顔をしていたように記憶していますが
最近大分表情が柔らかくなってきたように思います。
トレードマークだった綺麗な巻き毛はほとんどが抜け落ち
また違った直毛の被毛が見えてきましたが、
ブラッシングしてあげられるわけでもないので、
この子が動くところでバサバサと毛が舞っていました。
また冬毛になるときには綺麗な巻き毛が復活するのでしょうか。
直毛の被毛で覆われた体はラブのように見えてきました。
f0078320_17155660.jpg
f0078320_17161617.jpg
f0078320_17164605.jpg
f0078320_17162602.jpg
やはり少し太りすぎで体が重そうです。
動きもとてもスローで、立ち上がったり座ったりするたびに
「よっこいしょ」というこの子の声が聞こえてきそうです。
この日はまだ少し浮いている毛を取ってあげようと
同行したメンバーがチャレンジしていましたが、
やはり触られるのはあまり好きではないようで
ゆっくりと空噛みするような素振りを見せていました。
大分近くに寄っても逃げなくなってきましたが、
動くのがしんどいだけなのかもしれません。
体重管理をしてあげられる家庭で個別にケアして
あげたい子です。
f0078320_17211530.jpg
f0078320_17213860.jpg
f0078320_17220028.jpg






レポートは続きます。




by centre_report | 2017-09-14 17:23 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート E部屋     8頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<E-1>

※8/8よりレポートに登場 (7/27収容)
▽茶白黒 メス 10歳ぐらい 7キロ程度(痩せすぎ)
後右肢骨折歴あり?

シニアではありますが、ケージの中でもとても元気で
早く出して!とアピールしていました。
とても笑顔がかわいいおばあちゃんです。
ケージから出てきても嬉しそうにウロウロと動き回り
写真がブレブレになってしまうほどでした。

先週までのレポートでは、とても穏やかな子だと紹介
していましたが、大分この環境にも慣れてきて
本来の明るい性格が出てきたのではないでしょうか。
ただ、はっちゃけているというほどではなく、
外に出られた嬉しさでついついはしゃいでしまった、と
いう感じなのではないかと思います。
f0078320_10255928.jpg
f0078320_10262700.jpg
f0078320_10263872.jpg
後ろ脚が変形している部分があるのですが、
この日見た限りではそれを気にしている様子はほとんどなく、
普通に嬉しそうに歩き回り、悲壮感が漂っているような子では
ありません。
抱っこをしてあげると嬉しそうに笑顔を見せて
足を触っても嫌がることもありませんでした。
もちろん人馴れは全く問題なく、人と一緒にいられるのが
本当に嬉しいようですので、残りの犬生を一緒に穏やかに
過ごしてくださるご家族とのご縁が繋がりますように。
f0078320_10305244.jpg
f0078320_10310579.jpg
f0078320_10311600.jpg




<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳  7-8キロ 10キロぐらい

この部屋の撮影が久しぶりで、あぐちゃんに会うのも
久しぶりでしたが、体がかなりぽっちゃりしてきて
驚きました。
一時期ガリガリに痩せていておやつをあげても手ごと食いつきそうな
勢いを見せていたあぐちゃんが、まだ勢いはあるものの、
以前のようにすごい形相で飛びつくようなことはありませんでした。
大分体力的にも精神的にも落ち着いてきたのでしょうか。
人が大好きなあぐちゃんは、ケージから出してあげると
頭を低くして私の足元につっこんでくる、甘えん坊さんです。
f0078320_10400990.jpg
f0078320_10402582.jpg
f0078320_10403315.jpg
f0078320_10404292.jpg
相変わらず他犬には厳しいあぐちゃんでしたが、
何度もご紹介していますように、一頭で飼っていただければ
飼い主には従順な子になると思います。
とにかく人にくっついていたい子なので、ここでの生活が長く
なっている今は、あぐちゃんにとって辛い日々だと思います。
A部屋にいる田中くん(一般譲渡対象になりました!)と
同じような性格で、他犬がダメというところ以外は
人の話もしっかり耳を傾けていますし、指示も入りやすいと
思います。
どうぞかわいいあぐちゃんにも目を向けてあげてください。
f0078320_10444547.jpg
f0078320_10445659.jpg
f0078320_10494797.jpg
f0078320_10500056.jpg





<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 7キロぐらい(8/22修正)

この子に会うのも久しぶりでしたが、
収容当初に撮影した時には、上から見ていたら
お腹のほうがこんなにアカラスのような状態になっているとは
わからないほど、毛がふさふさとしていましたが、
この暑さと湿度もあって、センターの方々もケアしてくれては
いますが、背中も脱毛が進んでしまってきています。
やはり投薬だけでなく、こまめな薬浴など、個別のケアが
必要な子です。
この子には何の罪もありません。
皮膚病になってしまってから、きちんとお世話してくれなかった
以前の飼い主の責任です。
f0078320_10555016.jpg

f0078320_10561143.jpg

f0078320_10562234.jpg

f0078320_10563498.jpg

シニアになっていてなかなか太れず、しかも全身が痒くて
仕方ないような状況に追い込んだ元飼い主を恨んでも
この子の状態が良くなるわけではありません。
とても人懐こくて、人が大好きなこの子が体を掻き毟って
それでも週に一度のふれあいの時間を楽しみにしていて
くれるこの子にも幸せになる権利はあります。
もちろん皮膚病を治すには根気が必要です。時間もお金も
かかると思います。かわいそう、という一時の同情心だけでは
一生お世話することは難しいと思います。
それでもこんなに人を信頼して甘えてくれるこの子に
手を差し伸べてくださる方はいらっしゃいませんか。
f0078320_11101172.jpg

f0078320_11102286.jpg

f0078320_11104060.jpg

f0078320_11104906.jpg





<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ メス 10歳もしくはそれ以上 13-4キロ

この日も元気にケージの中から私たちを呼んでいました。
目が見えにくいのか、おやつを差し出してもすぐには
気づかず、匂いのする方向にパクっと口を出すので
手ごと食べられそうになりますが、それもご愛嬌です。
左目の涙やけがひどくなっているようで、
目のふちにできているおできのようなものも影響して
いるのかもしれません。
人馴れも問題なく、抱っこもすることができます。
f0078320_11262878.jpg

f0078320_11270133.jpg

f0078320_11273033.jpg

f0078320_11280000.jpg

穏やかな子で、ゆったりと犬と一緒に過ごしたい方には
ぴったりな子だと思います。
まだまだこの子には残された犬生を幸せに過ごすことが
出来るはずです。この年齢になってここでの生活が長くなる
ことはこの子にとって辛いことだと思います。
今後、この子がお散歩する姿などもご紹介できる機会を
作れたらと思っています。
f0078320_11400224.jpg

f0078320_11403289.jpg

f0078320_11410152.jpg

f0078320_12142943.jpg





<E-5>

※7/4よりレポートに登場(6/21収容)
▽茶・白 メス 9-10歳 14-15キロ(太り気味)

相変わらず今日もゆったりとしていて、
ケージをあけるとゆっくりと途中まで出てきて
ニコニコ笑顔を見せていました。
本当にいつも穏やかで、シニアの魅力たっぷりな子です。
少しぽっちゃりしていますが、そこもかわいいおばあちゃんです。
おやつにはあまり興味を示しませんが、
人のそばにいられることが幸せだということが
この子のお顔を見ていると本当によくわかります。
f0078320_12292584.jpg

f0078320_12295609.jpg

f0078320_12302517.jpg

f0078320_12305535.jpg

f0078320_12312596.jpg

先週レポートで、ドッグランにてフリーにしてあげたところを
ご紹介しました。
あまり動かずじっとしているかと思いきや、
とても楽しそうに走り回る姿を見て、
こちらもとても嬉しく思いました。
再度その時の様子を掲載します。
f0078320_18173809.jpg










<E-6>

※9/12レポート初登場(8/30収容)
▽茶 メス 4歳ぐらい 11-12キロ

ケージの奥で申し訳なさそうなお顔をしてじっとして
いましたが、ロープをかけてあげると自分から外に出て来ました。
調子が良くないのか、食べたフードをほとんど吐いてしまっていました。
ただ、具合が悪そうという感じでもなく、ただただ「すみません」
とでも言っているかのように頭を低くして出て来ました。


とても穏やかでされるがままで、抱っこもできましたが
抱っこをしてもずっと下を向いているような状態で
とても控えめな子のように感じました。
どこを触っても嫌がることもなく、人馴れは問題ありません。
ヒートがきているようで、部屋の中に点々と血がついていました。
おやつをあげても食べませんでした。少しムカムカしていたのかも
しれません。
痩せていて、体が大きい割には抱っこしても軽かったです。
まだ環境に慣れていないだけかもしれませんので、
来週以降もう少しよく様子を見てみたいと思います。

f0078320_12473456.jpg

f0078320_12480461.jpg

f0078320_12483462.jpg

f0078320_12490414.jpg

f0078320_12503728.jpg

f0078320_12510788.jpg

f0078320_12513735.jpg

f0078320_12520760.jpg





<E-7>

☆中丸君

※8/22よりレポートに登場(8/2収容)
▽茶・白・黒 オス(去勢済) 6-7歳 12.5キロ
「飼い主募集中No.4922」

とてもはっきりとした顔立ちの美男犬くんです。
アイラインがばっちり入っているために、少しきつめに見えますが
本犬はとても穏やかで大人しい子です。
長毛でふわふわした毛質のためか、少しぽっちゃりしているように
思いますが、抱っこをしてみるとそれほど体重もなく、
ふわふわした毛の下は適正な体格のようです。

人馴れも全く問題なく、どこを触っても嫌がることもありません。
こんな穏やかな子がなぜここにいるのか、
雷や花火などに驚いて逃げてしまったのでしょうか。
f0078320_13074106.jpg

f0078320_13081264.jpg

f0078320_13091124.jpg

f0078320_13084117.jpg

抱っこもおとなしくされていて、
抱っこされている時に足を握ってみても無反応でした。
お座りもできましたし、おやつも優しく食べてくれました。
今すぐにでも家庭に入って生活できそうな子です。
一般譲渡対象としても選定されていますので、
たくさんかわいがってくださるご家庭に迎えて頂ければと
願っています。
f0078320_13123473.jpg

f0078320_13130411.jpg

f0078320_13133430.jpg

f0078320_13140491.jpg





<プール内>

※8/22よりレポート登場 (8/14収容)
▽テリア系雑 オス 3-4歳 7-8キロ

プール内でしきりにアピールしているかわいい男の子です。
見た目はケアンテリアっぽく、被毛はかなり汚れているのですが
シャンプーしてトリミングしてもらったらとってもかわいくなる
と思います。
落ち着きもあってすぐにでも家庭で過ごせそうな子ですが
↑の男の子が出てきた時にはガウガウ言っていました。
ただ、注意するとすぐにやめることが出来、その後もガウガウ
言うことはなく、人の指示がしっかり伝わる子だと思いました。
f0078320_13251966.jpg

f0078320_13254257.jpg

f0078320_13255530.jpg

f0078320_13260719.jpg

抱っこもされ馴れているようで、ずっと抱っこされていたい
そんな感じに見えました。
赤ちゃん抱っこのようにお腹を上にした状態で抱っこしても
全く嫌がるどころか、幸せそうなお顔をしていました。
きっと以前はかわいがられていたのでしょう。
毛が汚れているだけでなく、固まってしまっている部分もあるので
一度はバッサリカットしてしまわないといけないかもしれません。
それでも小型犬によく見られるわがままな感じもなく
飼い易そうな子だと思います。
f0078320_13295596.jpg

f0078320_13302487.jpg

f0078320_13314191.jpg

f0078320_13300451.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-09-14 13:32 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート 4日目部屋   4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。


※大きな変化がありませんでしたので、コメントは先週レポート
 より転載します。写真は最新のものを掲載しています。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

ここでの生活が1年を経過してしまいました。
収容当初は脱毛があったりして皮膚の状態が悪く
また、痩せていたためにとても貧相に見えましたが
今ではすっかり毛も生え揃い、体格もしっかりしてきて
格好いい男の子に変身しています。
以前のようにひたすらウロウロと部屋の中を
動き回るような落ち着きのなさは少し落ち着いてきました。
なぜかわかりませんが、この部屋に撮影で入って
しばらくすると入口のところで大小排泄をします。
f0078320_22211132.jpg
f0078320_22212169.jpg
f0078320_22212956.jpg
f0078320_22214508.jpg
おやつを見せても寄ってくることはありませんが、
知らん顔をしていると、知らない間にすぐそばを
通っていったりすることがあります。
少しずつではありますが人への警戒心も薄らいできつつ
あるように思います。

この日は私一人でこの部屋に入って撮影をしたので
比較的落ち着いていました。少人数で部屋に入ればいいのですが
人数が多くなるとソワソワしてしまいます。
この部屋の茶黒の若い子がこの子を頼りにしているようで
常について歩いていますが、嫌がる素振りを見せず
優しい子なのだと思います。
f0078320_22224586.jpg
f0078320_22223744.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_11205632.jpg





※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

収容された頃より一回り体格も大きくなり、
お顔も幼かったのがお兄ちゃんになってきました。
ただ、いつこの部屋に入ってもこの子は人からかなり距離をとって
ウロウロと動き回ることが多く、あまり触ることができません。

この日は一人で部屋に入ったからか、
一定の距離は保っているものの、かなりこちらに興味を示し
座ったまま撮影をしていると、
カメラを向ける方向に何度も立ち止まりシャッターチャンスを
与えてくれました。
いつもこの子は動き回っていてうまく撮影できないのですが
この日はこちらを向いてじっとしてくれている時間が長く
とても撮影しやすかったです。
f0078320_22244746.jpg
f0078320_22245506.jpg
f0078320_22251406.jpg
f0078320_22250670.jpg
以前のレポートでも、一人でこの部屋に入ると
近寄ってきたり、落ち着いている様子だった、とありました。
きちんとゆっくり向き合ってあげれば
きっとこの子も心を開いてくれるのに時間はそれほど
かからないかもしれません。
まだ幼い子ですので、こちらの部屋で他の子と同調してしまうのも
仕方ないことかもしれません。
一日も早く家庭で人との生活をしていくことで
人との信頼関係を築いていけるのではないかと思います。
f0078320_22260151.jpg
f0078320_22261109.jpg
↓↓ 先週レポートより
f0078320_11290677.jpg





※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この子もここでの生活が1年を超えてしまいました。
この部屋の中で、唯一手からおやつを食べられる子です。
ただ、いつもずっと伏せていて
動く姿はほとんど見たことがありません。
体を触ることも始めのうちは「イヤ!」と意思表示していましたが
今では大分我慢できるようになっています。
ただ、何も言わずに触ろうとするとやはり空噛みしようと
することもありますので、必ず「いい子だね」と
声をかけながら触るようにしています。
f0078320_22275169.jpg
f0078320_22280890.jpg
f0078320_22280076.jpg
皮膚の状態が一時期あまりよくなかったようでしたが、
この日見た限りでは改善されているようでした。
いつも伏せているかお座りしている状態でいることが多いのですが
この日は、↓の黒い子がよくしているような
後足を少し浮かせたおかしな座り方をしていて
黒いこの真似をしているのかと思わず笑ってしまいました。
食いしん坊でおやつは大好きですから、
おやつを使って仲良くなることはできると思いますので
一日も早く家庭の暖かさを味合わせてあげられたらと思います。
↓↓ 先週レポートより
f0078320_11435052.jpg

f0078320_11443582.jpg

f0078320_11444218.jpg







※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

人を避けるわけでもなく、いつも部屋の奥隅で
じっとしてます。
近づいていっても動くことはありません。
この子もここでの生活が1年を超えてしまいました。
痩せているようには見えませんので
人が見ていない時には動いてフードもちゃんと食べれている
のだと思います。
ほぼ野良に近い状態だったと思われるこの子は
人への警戒心がなかなか解けないのだと思います。
f0078320_22310074.jpg
f0078320_22313666.jpg
f0078320_22314353.jpg
おやつも差し出してみましたが、
全く反応はありませんでした。
それでも以前は手を差し出したり、近づいたりするだけで
ウ~~~っと低く小さい声で唸っていたことを思うと
少しは変化を見せてくれているのかなと思います。
近くでお顔をよく見るととても幼いかわいいお顔をしています。
真っ黒な被毛に白い差し毛があって
以前に比べたら大分表情も柔らかくなってきた気がします。
人と一緒に生活していくことで
人への恐怖心や警戒心は少しずつでも軽減されていくものと
思います。
↓↓ 先週レポートより
f0078320_12220354.jpg

f0078320_12223275.jpg

f0078320_12230215.jpg





レポートは続きます。

by centre_report | 2017-09-14 02:11 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート B部屋     3頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※9/12レポート初登場 (9/7他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 3歳ぐらい 11-2キロ

ラブの子犬のような風貌の女の子です。
今見る限りではシャイで遠慮がちな様子で
最初は部屋から出てきたがりませんでしたが
ロープを掛けて誘導するとさほど抵抗せずに出てきてくれました。

不安そうではあるのもも
人馴れしていない感じでもなく
触れられることにも抵抗は見せませんでした。
何をされても嫌がりもせずにされるがままで、
嫌だと主張するような強さも
今のところ全く感じられません。

歯は真っ白で綺麗でしたので
まだ幼い子なのかと思いましたが
過去に授乳したようなお乳をしていました。
現在もお乳が少し出るので
ごく最近も子育てをしていたのか
もしくはヒートによる偽妊娠を起こしていたのかもしれません。


ケージの中でもとても大人しく
今のところ問題は見当たりませんが
また変化も見られるかもしれませんので
次週もよく観察してきたいと思います。
f0078320_01264777.jpg

f0078320_01265585.jpg
f0078320_01270357.jpg
f0078320_01272276.jpg
f0078320_01273597.jpg


f0078320_01272825.jpg

f0078320_01274040.jpg









※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 10-11キロ

以前のレポートで
人馴れも問題なく、どこを触っても嫌がるようなそぶりは
全く見られません。」

と紹介しましたが
抱きしめられたり、脇腹から下腹部にかけて触られるのは
あまり好きではなく、ヤダ!と軽く意思表示することはあります。

ドッグランで遊ばせたのですが
人の後をちょこまか付いてきて
その姿は大変愛らしかったです。

リードの引きも強くはなく、横について歩くのも
とても上手だと思います。

動画で紹介していますので
ぜひご覧ください。

f0078320_14443360.jpg


f0078320_14443925.jpg


f0078320_14444718.jpg


f0078320_14445649.jpg


f0078320_14450267.jpg


f0078320_14451262.jpg
















※8/15よりレポートに登場 (8/14他抑留所より移送)
▽茶 メス 2歳程度 10-11キロ


少しシャイな子で、まだ緊張しているようでした。
綺麗好きなのかケージから出すとクルクル回って外で排泄していました。
ケージの中にいる時は終始落ち着いていました。

以下コメントのみ先週レポートより転載します。
↓↓↓
ケージの中でも大人しくしていて、
ドアを開けてあげても最初はその場にじっとして
上目遣いでこちらを見ていました。
ロープをかけて「出ておいで」と声をかけてあげても
なかなか外に出ようとしないので、
少し距離を取って呼んであげると自ら外に出てきました。
それでも外に出てくるとすぐに
そのままケージに戻ってしまいました。
人が何人もいたことに驚いたのか、景色が変わって驚いたのか
ケージから体が出たか出ないかという程度で
すぐに戻ってしまいました。

自分の意思で外には出てこれるので、
その後はケージに戻れないようにドアを閉めてみると
今度は排泄したいようで、いろいろな場所で何度もクルクル回り
少し時間はかかりましたが外でうんちをしていました。
ケージの中はとても綺麗で、部屋の中を汚したくない綺麗好きな子
なのだと思います。


抱っこをしてみようとしましたが、嫌がったので
今回は無理はしませんでした。
あまり人と目を合わせようとしなかったり、
ケージに戻すと緊張からかあくびをしたりしていたので
まだまだ環境に慣れていないようでした。
少し臆病ではありますが、時間と共に変化が見られそうな子なので
来週以降も様子を見てみたいと思います。

f0078320_14501181.jpg


f0078320_14501624.jpg


f0078320_14502283.jpg


f0078320_14503003.jpg





レポートは続きます。


by centre_report | 2017-09-14 02:06 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート A部屋     6頭

姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



☆先週レポートより転用しています。

今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 5歳くらい 13.6キロ
「飼い主募集中No.4500」


ケージから出ると直ぐにお座りをしてくれます。
ちゃんとカメラを見て撮影に協力してくれる良い子です。
真っ直ぐに人の目を見て
「何をしたらいい?」と言っているようです。
人の話を理解しようと首をかしげて一生懸命聞いています。

この日は他の犬に吠えつく様子はありませんでした。
先週のレポートに「オス犬に吠えた」とありましたので
相性があるのかも知れません。
身体を拘束されることはあまり好きではないようで、
抱こうとするとスルスルと上手にかわして逃げていました。
人は好きです、クールガイなんだと思いました。

この子も1年を過ぎてしまいました。とても良い子です。
早くご縁に恵まれますように願っています。

f0078320_18225272.jpg

f0078320_18231079.jpg

f0078320_18232755.jpg

f0078320_18234501.jpg

f0078320_18240279.jpg

f0078320_18243380.jpg




№ Ⅲ

※8/29よりレポートに登場(8/28他抑留所より移送) 
▽薄茶 メス 5歳 10キロ位(痩せ気味)


少しシャイな女の子です。
慣れない環境でどうしていいのか分からないのだと思います。
ロープをかけるとビクビクしていましたが、
直ぐに理解できたようで抵抗なくケージから出て来ました。
穏やかな性格の女の子だと思います。

手足を持っても嫌がりませんでした。まだ戸惑っているようです。
抱っこも問題なくできました。
子育て経験があるようなお乳をしていました。
オヤツも上手に受け取って食べていました。
声を出さない子だなぁと思っていたら、
ケージに戻して結構な時間がたってから
クンクンと呼んでいるような声を出していました。

もう少し環境に慣れて来ると活発になるような気がしました。
f0078320_18290006.jpg

f0078320_18291704.jpg

f0078320_18293434.jpg

f0078320_18295116.jpg

f0078320_18302519.jpg

f0078320_18300793.jpg


No. Ⅳ

☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

ケージの中で出して欲しくて待ちきれず、バタバタしてしまう可愛い子です。
出してもらった時の目の輝き、幸せいっぱいの良いお顔をしています。
こんなに人が好きなんですから、独りでいる時間が長いのは辛いのだと思います。
家庭に入って常に人のそばにいることができれば、
もう少し落ち着くのではないかと思います。

お座りもできますし、アイコンタクトもとれています。
躾の練習を楽しんでやってあげればグングン吸収して行くと思います。
オヤツも好きですし、指示待ちをしているように見えました。

この子もセンターの生活が長くなっています。
良いご縁に恵まれますように願っています。
f0078320_18313920.jpg

f0078320_18315761.jpg

f0078320_18321479.jpg

f0078320_18325238.jpg

f0078320_18333855.jpg



↓収容室③より移動

No.Ⅴ

※8/29よりレポートに登場 (8/22収容)
▽茶 オス 2-3歳 現在15キロ程度やせぎみ
適正17-8キロ
先週までは収容室③にいました
ケージの中では出して欲しくて必死にアピールして
いましたが、外に出してあげると中で騒いでいた姿は
どこへやら、落ち着いていて驚きました。
もっとはちゃはちゃしている子かと思いましたが
まだこちらの環境に馴れていないだけかもしれません。

体格はやや大きめですが、やせています。
しっかりお肉がつけば立派な男の子になると思います。
大きい子のわりには抱っこは好きなようで力も入らず
ずっと抱っこされていました。
f0078320_19533856.jpg
f0078320_19534746.jpg
f0078320_19535834.jpg
f0078320_19540930.jpg

f0078320_20000401.jpg
f0078320_20001544.jpg
f0078320_20002352.jpg
f0078320_20003085.jpg


№ Ⅵ

☆大志くん

※8/29よりレポートに登場(8/14他抑留所より移送)
▽茶 オス(去勢済) 1-2歳 18.7キロ
「飼い主募集中No.4943」

半垂れ耳の可愛い男の子です。人馴れは全く問題ありません。
元気いっぱいで、バタバタしていましたが、人恋しくて仕方ないのでしょう。

お座りなどの躾は入っていないようです。
手足の長い大き目の子ですので、しっかりとリーダーシップをとって
人との暮らし方を教えてあげる必要があると思います。
人が大好きでオヤツも大好きで、ついつい人に手をかけてしまう感じです。
アイコンタクトはとれていますので、
ちゃんと教えてあげればできる子だと思います。

たくさんお散歩をして下さるご家庭とご縁が繋がると良いと思います。

f0078320_18411636.jpg


f0078320_18413301.jpg


f0078320_18414950.jpg


f0078320_18420545.jpg


f0078320_18430445.jpg





No.VIII

※8/8よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶黒長毛 オス(去勢済) 5-6歳 11-2キロ(やせぎみ)

この日もケージの中から一生懸命呼んでいました。
ケージから出ると嬉しくてお耳ペタンでおメメくりくりピカピカです。
人が大好きで、嬉しそうなお顔が見ているこちらまで嬉しくなる可愛い子です。

お座りもできますしオヤツも好きです。
家庭に入って人のいる生活になればもう少し落ち着くと思います。
とにかく誰かと一緒に居たいのだろうと思いました。
この子と居たら毎日楽しく過ごせるのではないかと思えました。

f0078320_18440609.jpg

f0078320_18442383.jpg

f0078320_18443994.jpg

f0078320_18445898.jpg

f0078320_18451396.jpg

この日はケージに戻りたくなくて抱っこで入れました。

以下レポートは先週の転載します↓

フィラリアの症状と思われる血尿により
治療して経過観察となっていましたが、
体調が落ち着いてきたために譲渡対象として
紹介できるようになりました。

元気一杯で体調は悪くなさそうに見えますが、
やはりフィラリアの影響と思われる特徴的な咳が出ています。
この暑さで心臓にも負担がかかりますので心配ですが
幸いなことにこの部屋にはエアコンがついているので
負担は最小限に抑えることができていると思います。
それでもフィラリアの積極的な治療も施してあげたいです。
一日も早く個別にケアしてあげられる家庭に
入れてあげたいと思わずにはいられません。





レポートは続きます






by centre_report | 2017-09-14 02:02 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート C部屋     2頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



先週レポートより転載しています。


※8/22よりレポートに登場(8/21他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 5歳ぐらい 10キロ前後



人懐っこく終始ニコニコとご機嫌でした。
精神的にも安定した感じを受けます。
すぐにでも家庭犬として再出発できそうな子です。

第一印象ではとても幼い感じに見えましたが
そこそこ年齢は重ねている子のようです。
ケージの中では他の子よりもかなり甲高い声で
私たちを呼んでいました。
ケージから出してあげると全く吠えることはなくなり、
とても甘えん坊のようで、かわるがわる皆に甘えていました。
人馴れも抜群です。おやつをあげても興味は示さず
とにかく人にくっついていたいようでした。
抱っこもすることができましたが、
それほど慣れてはいないようでした。


鼻のところにおできのようなものができていたのが
少し気になりました。
体格も小ぶりですので、女性でもコントロールし易いと
思います。集合住宅などでも飼育可能な大きさかと思います。


f0078320_17584592.jpg


f0078320_17590405.jpg


f0078320_17591001.jpg


f0078320_17591684.jpg



↓先週レポートより

f0078320_20564218.jpg








※8/29よりレポート登場 (8/16収容)
▽薄茶テリア系雑 メス 1-2歳 5-6キロ
収容室①より移動。

先週見た時よりも少し環境に慣れてきたのか
この子本来の姿も見えてきました。

メンバーの膝に代わる代わる乗ってきて
膝の上でひっくり返って甘えていました。

小型犬によくある「可愛くて何をしても許される」と
猫可愛がりされて育てられたような感じを受けます。
今はまだわがままが出るところまでは確認できませんが
家庭に入って安心できる環境では、そういう一面も出てくるかもしれません。

何をしても怒ったりはしませんが
口周りを触ろうとした時だけイヤイヤをしていました。

同室の他の犬がギャン吠えする中
この子は騒ぐことなく比較的大人しくしていましたが
こちらも時間の経過と共に変化が出てくるかもしれません。
9/12:やはりこの日もケージの中で騒ぐような様子は見られませんでした。
私たちの顔を見て嬉しそうに尾を振っていました。


今回改めて見て
お顔はワイヤーダックスのようで、身体は
肢が細く長いプードル犬のような見た目をしています。

f0078320_14325052.jpg


f0078320_14330466.jpg


f0078320_14335359.jpg


f0078320_14340643.jpg


f0078320_14341115.jpg


f0078320_14341667.jpg


f0078320_14342239.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-09-14 01:56 | 愛護センターレポート

9/12センターレポート 収容室①②③  5頭

ひなのんさん・ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



今週も、センターにて譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室① 1頭


※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 
▽茶 メス 78歳 13-14キロ

ケージの中にいる間、とにかく外に出して欲しくて
悲鳴にも近いような声でずっと叫んでいました。
収容棟の外にまで響いてくるほど大音量です。
ただ、外に出してあげれば全く吠えることはありません。
狭いところに入れられるのが苦手な子なのかもしれません。
ケージから出てくるとかわるがわる人に甘え、
ご機嫌な笑顔を見せてくれていました。
f0078320_13362225.jpg

f0078320_13365445.jpg

f0078320_13372517.jpg

f0078320_13375466.jpg

シニアの落ち着きもあり、飼い易そうな子です。
抱っこはあまり得意ではないようで、
先程まで満面の笑みを見せてくれていたこの子も
少し憂鬱な顔になっていました。
こちらの言うこともしっかりと聞いていましたし、
アイコンタクトも取れる子です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_13443953.jpg

f0078320_13450971.jpg

f0078320_13453844.jpg

f0078320_13460955.jpg





収容室② 3頭




※9/12レポート初登場
▽白茶 メス 6歳程度 11-12キロ(9/1収容)

写真の中の屈託ない笑顔そのままの
明るくて朗らかな女の子です。
人馴れ抜群で、初対面の私たちにもすぐに心を開いてくれました。
元気があり活発な面もありますが
興奮しすぎるようなこともなく、人の声が良く耳に届きますし
とても扱いやすい印象を受けます。

ドッグランで他の犬に会わせてみましたが
とても友好的に接していて、相手に唸られても
特に怒り返すようなこともありませんでした。
お散歩も上手にできますし
欠点のようなものは今のところ見当たりませんでした。
またよく観察してきたいと思います。
f0078320_01432479.jpg

f0078320_01433051.jpg
f0078320_01433608.jpg
f0078320_01434005.jpg
f0078320_01434676.jpg
f0078320_01435096.jpg



※8/22よりレポートに登場 (8/9収容)
▽黒白茶 オス 3歳前後 12-13キロ

年齢の割には落ち着きのある男の子です。
人馴れは問題ありませんが、シャイな子のようで
自分からグイグイ寄って来るようなことはありません。
それでもギュッと抱きしめてあげると安心するようで
そのままの状態でしばらくじっとしていました。
まだまだこの環境に慣れていないだけなのか、
不安な表情をしていました。
f0078320_14122132.jpg
f0078320_14125170.jpg
f0078320_14132439.jpg
f0078320_14135377.jpg

人を怖がることはありませんが、
音などの少し敏感な反応を見せていました。
抱きしめてあげている間も少し震えていました。
いろいろなことが怖いのかもしれませんが、
おどおどしている様子は見ていてもかわいそうでした。

それでもギュッとしてもらっている間は落ち着いていて
人を頼りにすることができるということは、
間違いなく人と生活していたことがある子だということが
わかります。
まだまだ若い男の子ですのでもっと元気にはしゃぐ姿も
見てみたいと思ってしまいます。
f0078320_14184987.jpg
f0078320_14182090.jpg
f0078320_14192011.jpg
f0078320_14195053.jpg




※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4-5歳 12-13キロ


先週ご紹介したように、センターで出産したものの
可哀想なことに子供たちは亡くなってしまったそうです。
何かこの子を見ていると、いろいろな悲しい出来事を
一人で抱え込んでじっとここで毎日を過ごしているような
悲しげな表情がそう物語っているように思えてしまいます。

ロープをかけることは多少の抵抗はするものの、
そこまで大騒ぎするほどではありません。
ただ、外に誘導してあげようとするとかなり抵抗しました。
それでもなんとか外に出してみましたが、
やはり相当怖かったのかトルネードしながら大暴れ
でしたので、すぐにケージに戻ってもらいました。
f0078320_14275215.jpg
f0078320_14282232.jpg
f0078320_14285229.jpg
f0078320_14292275.jpg
それでもケージの中に戻るとすぐに落ち着きを取り戻し
こちらを向いて座っていましたので、
やはり少しずつでもロープで引かれるという経験を
させていかないといけないなと思いました。
ロープを外す時にもお口が出るようなこともなく、
体を触っても今はじっとしているような状態です。
不安な思いを抱えながら産んだ子を全て亡くすという苦難を乗り越え
これからはこの子自身が幸せになる番です。
どうぞ頑張ったお母さんにも目を向けてあげてください。
f0078320_14332467.jpg
f0078320_14340900.jpg
f0078320_14344091.jpg
f0078320_14350924.jpg





収容室③ 1頭



※8/29よりレポート登場(8/22収容)
▽茶白黒 オス 4歳ぐらい 8-9キロ

この日引き出した垂れ耳白茶黒の女の子と同じ場所での捕獲なので
同郷の子と思われます。
こちらの子は白茶黒の子よりも臆病な度合いが高く、
触ろうとすると体をよじって避けようとします。
緊張感からかおやつも手から食べることができませんでした。
それでも飼われていたと思われるこの子は
人から逃げ回るようなこともなく、人との距離を保ちながら
じっと座ってこちらを見ていたりもしていました。
f0078320_20450268.jpg
f0078320_20453113.jpg
f0078320_20460207.jpg
f0078320_20463190.jpg
他のケージにいる男の子のそばでは
少し小さな声で唸ったりもしていましたので、
もしかすると他犬が苦手なのかもしれません。
ただ、吠えたりすることはありませんでしたので、
「近くに来ないで!」という警告だけだったかもしれません。
人のことをそれほど怖がっている様子もありませんので
もっと人と関わる時間が長くなれば
少しずつ心を開いてくれるようになるのではないかと
期待しています。
f0078320_20514889.jpg
f0078320_20514029.jpg
f0078320_20515643.jpg
f0078320_20520206.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-09-14 01:55 | 愛護センターレポート