ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 06月 30日 ( 6 )

6/27引き出し編  レポート紹介 全 57頭

6/27に子犬1頭と成犬1頭を引き出しました。

お問い合わせはちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



f0078320_22554228.jpg

f0078320_22554874.jpg

放浪中トラバサミにかかってしまったらしく、

左前脚を酷く損傷していた子犬です。
引き出し後すぐに治療を施しましたが、足の切断手術は免れませんでした。
とても残酷な罠が今でも多く使われていること、

そして、お外での過酷で孤独な暮らしを余儀なくされても一生懸命に生きようとしているわんこたちがその罠にかかってしまうケースが少なくないことに、

言いようのない憤りを感じます。





今回も古新聞紙提供のご協力をいただきました。
いつもありがとうございます。

f0078320_23003296.jpg







~お知らせ~

ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。



「イベント情報」詳しくはコチラ。

f0078320_00104760.jpg


f0078320_00130836.jpg


f0078320_23224387.jpg




↓毎月第3日曜日
f0078320_00113899.jpg


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)





by centre_report | 2017-06-30 23:03 | 愛護センターレポート

6/27センターレポート 旧子犬舎   11頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<1-1>2頭

☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-8キロ

子犬舎を覗くと、尻尾を大きく振って
ドアの前に来てくれるカブ二郎くんです。

表情が最初の頃とはすっかり変わり
甘えるような、優しいまなざしになりました。
ベタベタするほどの甘えはなく
おやつをもらって撫でてもらうとすぐに満足して
ゆったりと横になります。

人のそばでもリラックスできるようになって
ずっと見てきた私たちも嬉しい限りです。

人に飼われていた子達でしょうから
家庭での再出発はし易いと思われます。
カブ壱以外での他犬との関わりをまだ見たことがないので
家庭に入った場合は観察する必要はあると思います。
f0078320_23423806.jpg


f0078320_23423278.jpg


f0078320_23424550.jpg


f0078320_23484665.jpg

↑先週レポートより

f0078320_22094413.jpg







☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)

この日もやはりどことなく遠慮がちに見えたカブ壱くんです。
カブ二郎くんと争っているところや
やり込められているところは見たことがありませんし
職員の方からもそのようは話は聞いていませんので

カブ二郎くんに遠慮しているのではないのかもしれません。

身体は大きめですが、大人しくゆったりしていて
そして少しシャイなカブ壱くんは
思わず守ってあげたくなる男の子です。

多頭飼育も可能だと思われますが
一頭だけで可愛がってもらえたら
もっと違う一面や、自分を前に出せるのかもしれません。

この子も人に撫でられたりすることは決して嫌いではなく
小さく尾を振って応えてくれます。

f0078320_23571348.jpg


f0078320_23571986.jpg


f0078320_23572404.jpg


f0078320_00005217.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_00131903.jpg

※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 11キロ前後


カブくん達の部屋にいると、この子は興味津々に
隣から覗いてきて、いつもバッチリ目が合います。
いつもカメラに収めようとすると
サッと隠れてしまうので撮れていませんが
来週こそはその可愛い姿を撮って来ようと思います。

お顔がずいぶんと大人びてきました。
この子は野良の子犬と思われますが
この子の住んでいた地域でも
穏やかな性格の半野良ビビリっ子が良く捕獲されています。

人との関わりが少ない中育ってきただけで
人そのものが怖いわけではなさそうです。

収容室にいた時は抱っこなども
さほど抵抗することなくさせてくれました。

食べ物によく反応するので
それをうまく使えば、仲良くなるのにそう時間はかからなそうです。
ビビリ度合いも比較的低めです。

f0078320_00032657.jpg

f0078320_00033308.jpg


f0078320_00034047.jpg

f0078320_00054511.jpg

f0078320_00055462.jpg




※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳前後 10キロぐらい

やはりいつものように、逃げるでもなく
落ち着いた表情で座っていました。
手をおもむろに頭に持っていっても、避けることもせずに
撫でても静かに受け入れてくれます。

攻撃性は見受けられません。
触れてもジッとされるがままです。

おやつも手から食べることができ
食べている最中に触れても怒ることはありません。
ビビリというよりは、慎重派といった方がぴったりで
同室のビビリちゃんに同調している感じはあるものの
最近は本当に落ち着いた感があります。

f0078320_00092078.jpg

f0078320_00093002.jpg

f0078320_00095290.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロくらい

最初の頃は一番小さいながらも同室の子達の中で
一番気が強いように見え
多頭に向いていない子なのかなと思っていました。
最近は他の子の後ろに隠れたり、他の子を頼っているようにも見え
一生懸命自分を強く見せようとしてピリピリした感じが無くなったのは
この子にとって良かったと思います。

人馴れはというとあまり進歩はしておらず
優しく撫でられたりした経験が過去にほとんどないまま
育ってきたのかと思われます。
触られることはかなり嫌がります。

野良生活をしてきたわけではなさそうなのに
触られ慣れていないだなんて
どんな生活だったのか、想像が付きません。

子犬と見間違ほど小さくて
ちょこまか動く姿は本当に可愛らしいです。
この可愛らしさだけで安易に迎えるのは賛成できませんが
ゆっくり焦らずに向き合ってくださる方と巡り会えますように。

f0078320_00130273.jpg

f0078320_00130863.jpg

f0078320_00131342.jpg







<1-3> 3頭

※5/16よりレポートに登場 (5/11他抑留所より移送)
▽茶 メス 1-2歳 9キロ前後

決して前に出てくるような子ではありませんが
後にいても美しい顔立ちで目立つ子です。
臆病な子ですが、まだなにもかも経験したことの無いことだらけ。
沢山の経験や刺激がこの子には必要だと思います。

無理に触れても歯を当ててくることはなく
扱いやすいビビリさんだと思います。
身体も小ぶりでひょいと抱き上げられる大きさです。

まだ若い子なので、早く家庭に入れて
人との生活に慣れさせたら馴染むのにはそう時間はかからなそうです。
f0078320_00155331.jpg

f0078320_00155927.jpg

f0078320_00160436.jpg

f0078320_00161089.jpg

f0078320_00161620.jpg




※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ程度

この日は近づくと小さく唸っていました。
とはいっても攻撃的な感じは無く
触れてもビクビクするだけで口が出ることはありません。

栄養状態が良くなったためか
以前よりも少しふっくらしたようです。
部屋に入ったとたんに背中を丸めて気配を消していました。
頑なに拒否しているようですが
抱き上げたり撫でたりしても無抵抗です。
歯を当ててくるようなことは、まだ一度もありません。

気の弱めな繊細そうな女の子ですが
人の動きをよく見ている冷静な面もあります。

この子も食べ物には反応しますので
これを上手く使って仲良くなれたらと思います。
f0078320_00173647.jpg

f0078320_00174667.jpg






※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
28.7/28他抑留所より移送)

部屋のドアを開けると、この子は決まって飛び出てきて
新聞などをストックしてある棚の下に隠れます。

隠れながらもおやつを差し出すと
それはいただきますとばかりに
しっかり食べます。

保護前に多頭で餌だけもらい過ごしていた子達の中の一頭で
家庭に入った子達はすでに人との暮らしに慣れつつあります。

この子はたまたま収容期間が長くなってしまいましたが
特に問題が多くあったわけではなく
部屋の顔ぶれが変わる度に、同室になる犬達に頼りにされ
慕われてきた子です。
先住犬のいるお家でも全く問題なく溶け込めると思います。
センターでの生活が長くなり、落ち着いてきたのは良いことですが
ここは決してこの子の終の棲家ではありません。
多頭で問題なく過ごせることなど
良い面に目を向けていただき
うちにおいでと言ってくださる方と巡り会えますように。
f0078320_00252463.jpg

f0078320_00253091.jpg

f0078320_00253580.jpg

f0078320_00254020.jpg

f0078320_00254639.jpg



<1-4> 3頭

※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11 12-13キロ(6/6修正)

ビビりションをしていたので
この子を抱き上げて、下の新聞を取り換えてもらったのですが
その間ずっと抱っこしていて
女の子らしいぽてっとした肉付きに気が付きました。
写真だと筋肉質に見えるのですが
身体全体、ふわっとしています。
栄養状態が良くなり、運動はあまりしない生活の中にいるので
どうしてもぽっちゃりしてしまうようです。

収容されてから間もなく1年を迎えようとしていますが
まだ人がそばに行くとビビりションをしてしまいます。

ですが、床に置いたおやつを食べるようになっていました。
些細なことですが、これは大きな進歩だと思います。

f0078320_00323687.jpg

f0078320_00294248.jpg

f0078320_00294810.jpg

f0078320_00301114.jpg

f0078320_00302109.jpg

f0078320_00303290.jpg





※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-14キロ


扉を開けるといち早く飛び出して
笑顔で振り返ってくれて、思わず頭を撫でてあげたくなるのですが
撫でるには拳一個分いつも距離が縮まりません。
手からおやつは問題なく食べられます。

人は見慣れていますし、ある程度馴れてはいるのですが
まだあまり触れられていない
今一歩のところで距離が縮まらない。
それを繰り返しているようです。

恐らくはセンターで同じ生活をする間は
これ以上の人馴れは難しいのかもしれません。

身体を拘束されたり、リードを着けられたり
そういうことは非常に苦手ですが
月単位、年単位で変化を見守ってくださる
穏やかな家庭環境に入る日がやってくることを心から祈っています。
f0078320_01100611.jpg


f0078320_01102194.jpg


f0078320_01101609.jpg


f0078320_01112130.jpg





※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ 11-12キロ


この子は収容当時の時とはかなり様子が変わりました。

f0078320_22434040.jpg

怯えた感じが無くなり、人のそばに寄ってくるようになりました。
おやつも手から食べ、その時の表情はごく普通の
若い女の子と言った感じです。

人に触れられ慣れはしていないのですが
それも徐々に慣れてくると思います。

まずはおやつに釣られているのもあるのでしょう。
それでも良いのです。まずはそこから。

この子もやはり性格が良く、扱いやすい野良っ子が
多くいる地域で捕獲されています。
血筋はしっかり受け継がれたようで
やはりビビリ度合いは低めで好奇心があり
扱いやすいビビリさん、といった感じです。
家庭に入れば馴染めそうで、時間もさほど要さず慣れそうな子です。

f0078320_01134826.jpg


f0078320_01135606.jpg


f0078320_01140322.jpg


f0078320_01141040.jpg


f0078320_01141840.jpg





by centre_report | 2017-06-30 22:47 | 愛護センターレポート

6/27センターレポート 子犬舎     6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-5> 1頭

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ?

この日も、パニックになる前に抱っこをして落ち着かせました。
ビビリウン&ションはしたものの
下ろしてもフェンスをよじ登ることなくいられました。

抱き上げる時などに、口が出たりはしません。
身体能力が高く、フェンスによじ登る術を覚えてしまいましたが
とび抜けてビビリというわけでもないと思います。
人は未知でしかないので、どう接して良いのか分からず
逃げることしか今は頭にありませんが
抱き上げられることに慣れつつあるので
少なくとも、人にひどいことをされるのではない
と学んでくれたと思います。
f0078320_01173035.jpg

f0078320_01173694.jpg
f0078320_01174343.jpg
↓先週レポートより
f0078320_02581540.jpg



【2-6 2頭】


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 15-16キロ

この日も安定していて、どっしりとした態度で迎えてくれました。
お顔周りはもちろん、首筋のマッサージはとても好きなようです。
背中を撫でられるのは少し緊張するようでした。

手からおやつはもう当然のように食べられ
警戒心はすっかりなくなっています。

ただ、人との密なコミニュケーションは知らずに育ってきていますので
ハグや抱っこなどはまだ出来ていません。
それらはこの子の家族となる人に信頼関係を築いた上で
少しずつ挑戦してほしいと思います。
f0078320_01214792.jpg
f0078320_01215375.jpg
f0078320_01220348.jpg
f0078320_01221033.jpg



※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 14-15キロ

同室の黒い子よりも警戒心はやや強めです。
とは言っても、手からおやつを食べるようになり
少しずつですが人を理解し始めているのだと思います。

攻撃的な面はなく、人を見て吠えるのも弱さを隠そうと必死なだけで
そばに寄ると小さくなるのがすべてを物語っています。

同室の子を一喝することはあれど
大きな争いを起こすことなく、体格の同じくらいのオスとも
上手く過ごせる穏やかな子です。

外で様々な刺激を受けて、色んな経験を積ませることで
自信にも繋がってくるだろうと思います。
ゆっくり向き合ってくださる方と巡り会えますように。
f0078320_01230803.jpg
f0078320_03014727.jpg
f0078320_03013785.jpg




<2-7 2頭>


※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月10-11ヵ月 11-12キロ

見るたびに凛々しくなり、格好良くなってきます。
同室の子が良く吠えても、この子は釣られて吠えることもなく
思い返してみれば、私はまだこの子の吠え声を聞いていないです。

同室の黒い子が“お座り”を覚えて
それを横で見ていたこの子も“お座り”をするようになりました。

月齢からすると、一番ハチャハチャして良い時期なのに
落ち着きがあり、なおかつ極端にシャイという訳でもありません。
触ろうとすると、「いやーん」という感じに器用に手を避けますが
無理に触ったからといって、歯を当ててくるようなことはありません。

穏やかで落ち着いていて大人しい子。
今見ている限りではその印象が一番強いです。
f0078320_01281860.jpg
f0078320_01282334.jpg
f0078320_01283212.jpg
f0078320_01283954.jpg
f0078320_01284413.jpg




※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ

収容当時の悲壮感はまるでなくなり
ヤンチャでイタズラっ子のような表情をするようになりました。
“お座り!”の掛け声に従い、ビシッと座って
おやつをもらう、そんなやりとりが
この子の自信につながったのだと思いました。

野良っ子で人を見るのも怖がり
ビビりションをしていた子はもうどこにもいません。
もともと臆病なのではなく
人との関わりを知らなかっただけで、本当は好奇心旺盛で
やんちゃなごく普通の男の子なのだと思います。

f0078320_22523766.jpg
f0078320_01322419.jpg
f0078320_01323235.jpg
f0078320_01324245.jpg
f0078320_01325383.jpg
f0078320_01325999.jpg







<2-8> 1頭

※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

抜け毛が多かったので
それを少しずつ抜いて見たのですが
一切抵抗せずに、されるがまま大人しくしていました。
固まって動かずにいる方が安心するのかもしれません。

収容室にいた時は抱っこなどもできていて
むしろそうした方が落ち着いていられた子です。
逃げられるスペースがあるとワタワタして
そんな自分に余計ビビってしまうようですが
最近は固まっていることも多いので
パニックになる姿を久しく見ていません。

この子も現在の状況ではこれ以上の人馴れは進むことが無いように感じます。
まずは家の中での生活に慣れさせて
ゆっくりゆっくり心を開かせられるような
家庭環境に早く入れてあげたいと思いました。

f0078320_01345378.jpg
f0078320_01345943.jpg
f0078320_01350524.jpg
f0078320_01351013.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-06-30 22:00 | 愛護センターレポート

6/27センターレポート 収容室①②   6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



収容室① 3頭

※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス 4-5歳 12-13キロ 

野良っ子だったと思われるこの女の子は
人に触れられたこともないと思われ
そのため、最初はバタバタとあちこちに身を隠そうと
上に下にとプチパニックを起こしますが
抱き上げてしまうとあっさり観念して途端に大人しくなります。

抱き上げようとしても口が出る様子はありません。
目を白黒させながら、ジッと時が過ぎるのを待っているかのようです。

驚かせてかわいそうと思うかもしれませんが
人に触れられたり抱き上げられたりしても
無害なんだということを理解してもらう必要があります。

身をもって覚えてもらうことで
この子も先週よりは今週の方が、明らかにパニック度合いが
少なくなっています。

攻撃性はないビビリちゃんです。
どの子もそうですが
家庭に入れて、家庭犬として導いていただける環境が必要だと思います。
f0078320_01405040.jpg

f0078320_01405895.jpg
f0078320_01410922.jpg
f0078320_01411419.jpg
f0078320_01434395.jpg

f0078320_01412119.jpg
f0078320_01414438.jpg





※6/13よりレポートに登場 
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ (6/2収容)

“穏やかな野良っ子”の多い地域での捕獲の子ですが
この子はとても落ち着き払っていて、人を見ても怖がるふうでもありません。
人に飼われていたか
もしくはそれに近い生活環境で育ってきた子なのかもしれません。

器にいれたおやつも、手から与えたおやつも食べられます。

暴れたり震えたりもせずに抱っこされていましたが
得意ではないようでした。
どこに触れても歯をムキっとさせることもなく
ジッと耐えている感じでもなく
自然に人の手を受け入れている感じです。

“人馴れしている”とは言い難いのですが、ビビリっ子でもなく
経験が少ない中で困惑している感じはあれど
もともとの性格は決して臆病ではないと思われます。
f0078320_01461134.jpg
f0078320_01462246.jpg
f0078320_01462894.jpg
f0078320_01463785.jpg
f0078320_01464561.jpg




※6/27レポート初登場 (6/15収容)
▽茶白 オス 1歳ぐらい 10-11キロ

まだ幼さの残る、頼りなげな男の子です。
困ったような表情で今にも涙がこぼれそうな
潤んだ目が、なんとも切なそうに見えて
思わず守ってあげたくなるような子です。

人馴れはあまりしていないのか
ただ困惑して大人しくしているのか
まだはっきりわかりませんが
この子も半野良のような子が時折捕獲される場所にて
捕獲されていますので、人に飼われていた子ではないのかもしれません。

攻撃性はなく、1歳くらいと大変若く
柔軟性のある時期ですから、家庭に入り
人との暮らしを身を持って体験していけば
慣れるのにはそう時間は掛からなそうです。
f0078320_01490055.jpg
f0078320_01490560.jpg
f0078320_01491223.jpg
f0078320_01492170.jpg
f0078320_01492836.jpg



収容室② 3頭


↓医療処置により不在でしたので
先週レポートより転記します。

※6/20よりレポート登場 (6/6収容)
▽茶白 オス 6-7歳 15-6キロ

屈託のない笑顔を見せる人懐っこい男の子です。
推定年齢は6-7歳ですが
動きは軽やかで若々しい子です。
人に対してはとてもフレンドリーなので
嫌だという気持ちは微塵も持っておらず
ちゃんと可愛がられていたのだろうと思います。
抱っこをしても身体のどこに触れても
怒るどころか嬉しそうにはしゃいでいました。

何かの拍子に住み慣れたお家から飛び出してしまい
そのままお散歩に出ているつもりなのかもしれません。

この子の家族も、いつか帰ってくるだろう
そんな風に思っているのかもしれません。
この地域では、そういうケースは決して少なくないと思われます。

人大好きなこの子が安心して暮らすことができて
決して手を離さないでいてくれる優しい家族が見つかりますように。
f0078320_04022170.jpg


f0078320_04022824.jpg


f0078320_04023371.jpg


f0078320_04023859.jpg


f0078320_04024598.jpg





※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

お顔は大人びていますが
皮膚や爪の形状を見ると、やはりまだ成長途中の子犬であることが分かります。
唸るだけですが、ロープを掛けようとしたり
顔周りを触ろうとすると、鼻にしわを寄せムキムキした表情になります。

身体は、ゆっくりと驚かせないようにすれば撫でることができます。

食べ物は人が見ていても食べることができホッとしました。
食べ物をうまく使って警戒心を少しでもなくしてもらえるよう
また触れ合ってきたいと思います。
成長期の今、この子にとって一日一日が非常に大切で
頑なになってしまう前に
人との触れ合いができるようになってほしいと思います。

f0078320_01531292.jpg
f0078320_01531994.jpg
f0078320_01532474.jpg
f0078320_01533609.jpg
f0078320_01534268.jpg




※6/6よりレポートに登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/20時点)9-10キロ

ロープをかけて外に出てくる一連の流れが
この子の中ではすっかり慣れたものになっているようで
この日も抵抗することなくすんなり出てきました。

人との生活はしてきたことがないと思われますが
柔軟性のある幼さということを除いても
人との生活にすんなり馴染みそうな子です。
良い意味で諦めが早いというか、抵抗する方へ意識が向かない
もともとそんな子なのだと思います。

抱き上げられても一切抵抗せずされるがまま。
撮影するうえでも、今まで一切大変だったことはありません。
手足先がとても大きいので
この子自身大きく成長するのが想定されます。
f0078320_01565508.jpg
f0078320_01570117.jpg
f0078320_01570760.jpg
f0078320_01571219.jpg
f0078320_01571980.jpg
f0078320_01572766.jpg
f0078320_01573567.jpg

レポートは続きます。




by centre_report | 2017-06-30 21:18 | 愛護センターレポート

6/27センターレポート A部屋     5頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




No. I

※2/28 よりレポートに登場(2/14収容)
▽茶白 メス 3歳ぐらい 12-13キロ


人馴れしていて明るい性格の子ですが
同時に少しシャイな面も持ち合わせています。
撮影する時に、いつもとは違う顔があると
とたんに慎重な態度を取り始めます。
人の顔をよく覚える賢い子なのだと思います。

でもゆっくり撫で声掛けするうち
すぐにいつものように打ち解けてくれますので
ビビリっ子というほどでもありません。

だからこそ、油断してしまいそうですが
万が一逸走させてしまった場合はやっぱり捕まりにくい子かもしれません。

他の犬にケージ越しに吠えついたりしてしまうこともありますが
他犬NGという感じでもなく
怖い気持ちが先行してしまうだけのような気もします。
いずれにしても人が間に入りしっかり見ていてあげたい子です。
f0078320_23080404.jpg

f0078320_23081026.jpg

f0078320_23081653.jpg

f0078320_23082249.jpg

f0078320_23083017.jpg

f0078320_23083856.jpg




No. II
☆タナカくん

※2016/7/19 よりレポートに登場(2016/7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ

またちょっとぽっちゃりした感じのある田中くんです。
今までのレポートでも何度も言っていることですが
いつ見てもどの子よりも一番お行儀よく
吠えもせずにずっと出してもらえるのを大人しく待っています。

家庭に入ったら、犬らしくイタズラなどするのかしら?
人を困らせるような行動をするのかしら?

ついつい考えてしまいますが
今まで見てきた田中くんからは
他犬が苦手ということ以外に問題と思われる行動を
目の当たりにしたことはありません。

一頭で可愛がってくださるお家に迎えていただける日が
一日も早くやってきますように。
f0078320_23160838.jpg

f0078320_23161658.jpg

f0078320_23162205.jpg

f0078320_23164605.jpg


f0078320_23173220.jpg





☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 14-15キロ(やせぎみ)

ちょうど半年ほど前でしょうか。
もともと痩せていたコン君ですが、さらに痩せてしまい
落ち着きも無くなり、カメラに写すのがかなり難儀だったことがありました。

撮影の時に保定してくれていたメンバーが
「コンくん、いつも元気だけど
以前の異常なまでの落ち着きの無さではなくなって
写しやすくなった」と話していました。

とは言っても、もともとテンションが高くなりやすい子だと思います。
嫌なことは嫌と主張すると職員さんからは聞いていましたが
撮影するうえでそのような面はまだ見たことはありません。

お散歩が何より楽しみなようで
最近はいつも出入口に向かって行こうとします。

散歩を沢山してくれて
美味しい物を食べさせてくれる優しいご家族に迎えていただけますように。
f0078320_23212009.jpg

f0078320_23212864.jpg

f0078320_23213488.jpg

f0078320_23214192.jpg

f0078320_23214606.jpg






No. V

☆竹蔵くん
※2/7 よりレポートに登場(11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済み) 7-8歳 13.28キロ(適正15キロ程度)
「飼い主募集中!! No.4851」


こちらを向いてお座りし、ニコニコしながら首を傾げて見せて
人の心を掴むコツを心得ているかのような竹蔵くんです。
こうすれば人が喜ぶことも、可愛いねと頭を撫でてくれることも
おやつをもらえることも
ちゃんとわかっているのだと思います。

人に対しては落ち着きがあり、フレンドリーに接することができます。

フードガードが見られた時期があったようですが
現在はおやつを与える時に、食べている最中に触れても
唸ったり怒ったりする様子は見られません。

他犬は苦手なようで、一頭飼いが好ましいようです。

f0078320_23243530.jpg

f0078320_23244648.jpg

f0078320_23245818.jpg

f0078320_23252629.jpg

f0078320_23253336.jpg






↓医療処置のため不在でしたので先週レポートより転記します。

No.Ⅵ

5/30よりレポートに登場 (5/19収容)
▽白 オス(去勢手術済)1-2歳 16-7キロ(適正18-20キロ?)

大きな体で甘えん坊の若い男の子です。
人が大好きなようで、体をわしゃわしゃ触ったり
お顔をくしゃくしゃに触ったりしても嬉しそうにしています。
収容室にいた頃は大人しく控えめな子かと思いましたが
大分環境にも馴れてきたのか、自分を表現できるように
なってきたようです。
まだ若いのもあり、遊びたくて仕方がないという感じにも
見えました。
甘え方も遊びの誘い方も、この年齢にしてはやはり
少し遠慮気味な気もします。
f0078320_01044606.jpg

f0078320_01041630.jpg

f0078320_01051611.jpg

f0078320_01054632.jpg

ベタベタ甘えてくるというほどではありませんが、
上手にいい具合に甘えてくるのがとてもかわいいです。
手足がとても長く、マズルも少し長めで
横から見ると少しボルゾイとかも入っているのかなと
いうような気もしてきました。
痩せすぎてもいませんし、太ってもいませんので
今が適正体重かと思います。
お散歩していたら目を惹きそうな子です。
まだまだ若い子ですから、これからいろいろな経験をさせて
あげてもらいたいと思います。
f0078320_01160519.jpg

f0078320_01165908.jpg

f0078320_01173533.jpg

f0078320_01180557.jpg





レポートは続きます。





by centre_report | 2017-06-30 19:10 | 愛護センターレポート

6/27センターレポート 4日目部屋   5頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※28/2/16よりレポートに登場 (28.2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい

撮影者が一人だけで入ると、いつもよりも警戒心が薄くなり
そばに行っても逃げることもせずにその場に座って
大人しく撫でさせてくれました。
警戒心が薄れるだけでなく、おやつを期待するように舌をぺろぺろさせて
手元からおやつが出てくるのを待っているようで
差し出すと、手からは食べなかったものの
人がいる前でも置いたおやつはちゃんと食べていました。

リラックスしている様子が見られてとても嬉しかったです。

ゆっくりと撫でている時に、唸ったり鼻にシワを寄せたりなどの
行為は見受けられません。
基本は穏やかなタイプの子だと思います。

人への興味はある子ですから
家庭に入れば少しずつでも人との生活のひとつひとつを
好奇心の中で学び、変わっていくことができると思います。

f0078320_22160498.jpg

f0078320_22161217.jpg

f0078320_22161879.jpg
f0078320_18044915.jpg
↓先週レポートより
f0078320_04131407.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後

この子も人が近づいても積極的に逃げようとはしません。
いつも同郷と思われる黒くんにくっ付くように座っています。
ゆっくりであれば頭も撫でさせてくれて
人への警戒心は薄めです。
撫でられる以上のコミニュケーションはあまりとったことがなく
未知なことにはまだびびってしまうこともありますが
経験を積むことで少しずつ慣れてくれそうな子です。

人の手からもおやつを食べますし
知らん顔していると、この子の方から匂いを嗅ぎに来ます。
この部屋の中では、人に対して一番警戒心が少ない子だと思います。
f0078320_22181248.jpg

f0078320_22181807.jpg

f0078320_22182535.jpg

f0078320_22183307.jpg

f0078320_22183995.jpg






※5/30よりレポートに登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 1歳ぐらい 11-12キロ

先週は興味深げにすぐ傍までこの子の方から近づいてきましたが
この日は外(廊下)に何か気になることがあったようで
しきりにそちらを見てウロウロし、落ち着かない様子でした。

いつも廊下からそっとこの部屋を覗き込むと
皆はスノコの上に固まって座っていますが
この子は皆から離れたところにひとりで丸まっています。

人が部屋に入ると、他の皆のところに駆け寄って行くので
頼りにはしているようですが
自分から積極的に群れに溶け込もうとはしていないようです。

捕獲される前に行動を共にしていた老犬のベレンくんは
一足先に幸せを掴みました。

この子も家庭犬として再出発できる日が一日も早くやってきますように。
f0078320_22210663.jpg

f0078320_22211303.jpg

f0078320_22211921.jpg
↓先週レポートより
f0078320_04220602.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (7/28他抑留所より移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-3キロ

黒い子なので、写真では表情があまりはっきりしませんが
目がクリッとしていて、マズルは短めで
実は少しベビーフェイスです。

多頭でほぼ野良に近い生活をしてきた子ではありますが
人から餌をもらっていた経緯がありますので
人を見てもパニックになって歩き回る
なんてことはありません。

野良時代に行動を共にしていたであろう子たちは
一部を除き、新しい生活環境でゆっくりと慣れてきて
家庭犬として人との生活に馴染んできています。

先月まで同室だった茶白くんも、迎え入れてくれたご家族の愛情に
少しずつ答えるようになってきたようです。

家庭で人との生活の中に入ることができれば
歩みはゆっくりかもしれませんが
必ず変化は出てくると思います。
f0078320_22224594.jpg

f0078320_22223969.jpg

↓先週レポートより
f0078320_04140455.jpg




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロぐらい

この子もしきりに外(廊下)を気にしていて
落ち着かない様子でした。
丁度新たな収容犬たちが運ばれてきた後だったので
それが気になっていたのかもしれません。

この子も野良に近い生活を送っていたと思われ
そのあたりで同室の犬たちと気が合ったのか
群れにすんなり馴染みました。

この子が棲んでいた地域は、同じような
気が弱めで穏やかな野良っぽい子が時折捕獲されます。

同郷と思われる野良ちゃん達の中で
家庭に入ることができた子たちは
人との生活に慣れ、家庭犬として過ごすことができています。

攻撃性はなく、いたって穏やか
気が弱めで、人よりも犬を頼りにしますので
同居犬がいる環境の方がこの子には向いていると思います。
f0078320_22584559.jpg

f0078320_22585354.jpg

f0078320_22593400.jpg




レポートは続きます。



by centre_report | 2017-06-30 18:36 | 愛護センターレポート