ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 06月 14日 ( 1 )

6/13センターレポート 収容室①②③ 13頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



収容室① 3頭

※6/13レポート初登場 (6/1収容)
▽茶 メス 4-5歳 12-13キロ 

餌付けはされていたのかもしれませんが
飼い主のいない野良っ子だったと思われます。
生き抜いていた証のような顔の傷と
何度も出産・授乳を繰り返してきたことを物語るお乳をしています。

人に触れられた経験もなさそうなので
ケージ外に出した瞬間はプチパニックになり
一生懸命隠れる場所を探していましたが
抱き上げてしまったらもう観念して大人しくなりました。

人からの影響を変に受けていないので
ピュアな子犬のようです。

人との生活に慣れさせるのには
多少時間が掛かるかもしれませんし、根気が要りますが
まずは人との生活に触れさせるしかないように思います。

f0078320_22331183.jpg

f0078320_22332742.jpg

f0078320_22334117.jpg

f0078320_22340588.jpg





※6/13レポート初登場 (6/5収容)
▽茶白 メス 3歳ぐらい 12-13キロ (6/5収容)

人馴れしていてきれいな目の女の子です。
小ぶりなのですが、身が詰まっていて意外にずっしりとしています。
とても落ち着いていて
人の言葉もしっかり聞き分けているようでした。
“お座り”も、ちゃんと教えてもらっていたようです。
普通に可愛がられて育ってきたと思うのですが
何度か出産もしているようですし
ちゃんと管理された生活ではなかったのかもしれません。

抱っこもNGではありませんし
尻尾や腹部も触れましたが怒ることはありませんでした。

同室の大き目な子犬に反応して
目の前でプレイバウしていました。
子犬がチャカチャカしすぎるとガウっと声だけで叱っていたので
母犬っぽい感覚が強いのかな・・と思いました。

f0078320_22110085.jpg

f0078320_22105536.jpg


f0078320_22355408.jpg

f0078320_22360157.jpg



f0078320_22110686.jpg
f0078320_16314012.jpg





※6/13レポート初登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ (6/2収容)

穏やかな性格の野良っ子が多い地域で捕獲された子で
まだ限りなく子犬に近い1歳だと思います。
人にはあまり馴れていませんが
触れられても抱き上げられてもお口が出る様子はありません。

他のビビリっ子や野良っ子の中では
ビビリ度はそう高くはありません。

私たちが見ている時には器にいれたおやつを口にしていましたが
センター職員さんによると、人の手からもおやつを食べられるそうです。

f0078320_22360833.jpg



f0078320_17381770.jpg
f0078320_17382318.jpg
f0078320_17391196.jpg
f0078320_17390379.jpg
f0078320_17391751.jpg
f0078320_17392351.jpg
f0078320_17393152.jpg







収容室② 5頭



※6/6よりレポートに登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/6時点)8-9キロ

野良の子犬だとは思いますが他の野良っ子に比べビビリ度は低めです。
パニックにはなりませんし
諦めも早く、すぐに大人しくなって、なされるがままになります。
お口が出る様子もありません。

人のことを良く見ていましたが、怖さからではなく
好奇心からのようで落ち着いています。

とは言っても人との暮らしの何もかもが未経験のことばかり。
様々なことをこれから教えて行く必要はあります。

前足先が大きく、どこまで成長するかは未知ですが
精神的な成長期であり、性格の形成に非常に大切な時期だと思いますので
(どの子にも様々な面での緊急性はありますが)
特に一日も早く家庭に迎え入れてあげたい子です。

f0078320_22500801.jpg


f0078320_22501377.jpg


f0078320_22503671.jpg


f0078320_22502178.jpg


f0078320_22503010.jpg


f0078320_22504233.jpg







※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
メス 黒茶白 23歳 10キロ程度

この子はロープで引っ張られることが好きではなく
プチパニックになりますので
この日も早々に抱き上げてもらました。
そうすることで落ち着いていられます。

野良っぽい感じではなく
見知らぬ人(飼い主ではない人)に打ち解ける術を知らないまま
育ってきたような子です。

家の中から出してもらった経験が無かったのかもしれません。
外で風を感じて、匂いで探索する
そんな当たり前の経験も知らぬまま育ってきたとしたら
それは本当に可哀想なことです。

幸い、まだ2-3歳と若く
これからいろんなことを経験していくチャンスをもらいました。

未来のいぬ親さんには何も知らない仔犬にひとつひとつ教えるように
この子に楽しい時は楽しいと感じられるような
様々な経験をさせてあげてほしいと思います。

f0078320_22523231.jpg


f0078320_22523814.jpg


f0078320_22524515.jpg


f0078320_22525184.jpg




※6/13レポート初登場 (6/12他抑留所より移送)

【2-3頭一緒での預かり先のみ募集しています】
▽3姉妹 生後3ヵ月程度 3-4キロ
ややシャイな仔犬たちです。

f0078320_22535083.jpg




一番小さく3キロぐらい。

f0078320_22543789.jpg


f0078320_22544262.jpg



一番大きく4キロ前後

f0078320_22563573.jpg


f0078320_22555440.jpg





3-4キロ

f0078320_22574499.jpg


f0078320_22575161.jpg





収容室③ 5頭


※6/6よりレポートに登場 (6/1収容)
▽白 長毛 メス 2-3歳 8キロ程度

見た目はスピッツみたいですし、小型犬っぽいので
いかにもキャンキャン鳴いて騒ぎそうな見た目ですが
ケージの中から人を見ても、尾を振りながら静かに待つことができます。
要求吠えらしき吠え声も一切聞いたことがありません。

この可愛らしさで、落ち着いていて、人馴れも問題ないとは
ちょっと出来過ぎじゃないか!?なんて思ったりもしましたが
今のところそれが事実なので惜しみなく紹介しておきます。

人に対して強く出るようなタイプでもなく
抱っこも問題なくできます。

f0078320_22385903.jpg


f0078320_22390566.jpg


f0078320_22391447.jpg


f0078320_22392000.jpg


f0078320_22392762.jpg


f0078320_22393313.jpg





※5/23よりレポートに登場 (5/9収容)
▽茶 オス メス 1歳前後 7-8キロ
大変申し訳ありません。性別を書き間違えていました。

この子も“餌付けはされていたかもしれないけど野良っ子だった”
と、思われます。
外に出すと、もうそれだけでビビりションをしていました。
パタパタと動き回るのはほんの一瞬で
抱き上げると大人しくなります。
口が出る様子も見られません。

この子の中で、人は“怖いもの”ではなく
“未知なもの”なのだと思います。

マズルの先には何度もこすったような傷痕がありました。
ケージの中から必死に逃げようとしたのでしょうか。
まだ若い子なので、一日も早く家庭で様子を見てあげたい子です。

f0078320_22420330.jpg


f0078320_22421019.jpg


f0078320_22421562.jpg


f0078320_22422207.jpg


f0078320_22423245.jpg








※6/13レポート初登場 (6/12他抑留所より移送)

【2-3頭一緒での預かり先のみ募集しています】

▽ 生後3か月ほどのややシャイな子犬達です。

f0078320_22433552.jpg



オス 
一番大きく、4-4.5キロ


f0078320_22444827.jpg


f0078320_22445400.jpg






メス 一番小さく 3キロ程度

f0078320_22460562.jpg




オス 3-4キロ

f0078320_22473541.jpg


f0078320_22474127.jpg
レポートは続きます。





by centre_report | 2017-06-14 22:58 | 愛護センターレポート