ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 06月 01日 ( 6 )

5/30センターレポート C部屋    2頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
▽ビーグル メス 10歳前後 10キロ弱(乳腺腫瘍あり)

5/30追記:この日もなんとも表現しにくい切ない声で
私たちを呼んでいました。ビーグル特有の野太い声とは違って
本当に聞いているこちらが切なくなるような声で
人に甘えたいこの子の気持ちが痛いほど伝わってきました。
ずっと一緒に人と暮らしてきたこの子には
一人ぼっちでいなければいけないこの環境は、私たちが想像する
以上に辛いものだと思います。
同郷だった梅蔵はセンターの譲渡会でいぬ親さんが決まりました。
どうか、この子にも一緒に暮らしてくださる方が
一日も早く見つかりますように。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
とにかく甘えん坊なおばぁちゃんです。
譲渡管理室にいる「梅蔵」くんと同郷です。
とてもかわいがられていたのがよくわかるほど、
ケージの中からもこの日はキュンキュン鳴いていました。
人が恋しくてたまらないのだと思います。
ケージから出してあげると真っ先によってきて
頭をこすりつけるように甘えてきました。
ギュッと抱きしめてあげると、嬉しかったのかクンクンと
かわいい声で鳴いていました。
f0078320_23304152.jpg
f0078320_23311284.jpg
f0078320_23321231.jpg
f0078320_23314296.jpg
もちろん抱っこも大好きなようで、
体を預けて上手に抱っこされていました。
抱っこされている間は本当に落ち着いた様子で
見ているだけでこちらもほっとすることが出来ます。
こうして私たちが抱っこしたり、たくさん甘えさせてあげられる
1週間に一度しかないこの時間が
この子にとっては一番幸せな時間なのかと思うと
ケージに戻すのが切なくなりました。
耳の毛がボソボソと抜けるようになっていて、
こちらも個別にケアしてあげられたらと思います。
優しいご家族からの暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23331549.jpg
f0078320_23345232.jpg
f0078320_23342272.jpg
f0078320_23352244.jpg





※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

5/30追記:いつ会ってもとにかく大はしゃぎで、
いかに人が大好きな子なのかがひしひしと伝わってきます。
お腹の脱毛は恐らくアカラスと思われる症状ですが、
センターでもケアしてくださってはいるものの、
なかなか症状が改善されません。
これだけ人懐こい子がひとりぼっちでいることがストレスに
なってしまっているように思えます。
個別にケアしてあげられる環境に一日も早くおいて
あげたいと願わずにはいられません。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
相変わらずケージの中から大騒ぎで私たちを待っていました。
外に出してあげると嬉しくてたまらないようで
動き回り、かわるがわる人に甘えてきました。
ただ、この日はいつもよりも少し暴れ具合が少なかったように
思いました。
それでも動き回って人にはしゃいでしがみついてくるので
相変わらず写真はボケボケになってしまうものばかりでした。
人が大好きなこの子にも幸せになる権利があります。
どうかこの子にも目を向けてあげてもらいたいと思います。
f0078320_23424231.jpg
f0078320_23425605.jpg
f0078320_23430923.jpg
喉元からお腹にかけての脱毛はあまり改善されていません。
センターでもケアしてくださっていますが、
やはりここまで脱毛が進んでしまっていますので
一日も早く個別にケアしてあげたい子です。

抱っこするといつも大暴れで撮影がほとんど出来ないのですが
この日はほんの少しだけですがじっとしていられる時があり
無事撮影することが出来ました。
まだまだ落ち着きのない子ではありますが、
人の愛情毎日たくさん受けることができれば
この子も落ち着けるようになると思います。
f0078320_23442274.jpg
↓↓ 以下、先週レポートより
f0078320_23481882.jpg
f0078320_23484046.jpg




レポートは続きます。



by centre_report | 2017-06-01 23:49 | 愛護センターレポート

5/30センターレポート D部屋    4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12-13キロ(太りぎみ)

5/30追記:この部屋では唯一、人に近寄ってくる子です。
相変わらずおやつが大好きで、他の子にあげるおやつも
横からちょこちょこ近づいてきて奪い取っていきます。
この日も浮いていた毛をたくさん取ってあげましたが、
全く嫌がることもなく、おとなしくやらせてくれました。
しっかりとしたダブルコートなのでもっとたくさん抜けると
思われます。背中の毛も固まってしまっているので、
一日も早く綺麗にしてあげたいです。


↓↓ 以下、先週のコメントを転載します。
人馴れ抜群とまではいきませんが、
人のすぐ近くに寄ってきますし、
体を触っても逃げることもありません。
少し太り気味なのですが、おやつも大好きなようで
私たちが持っているおやつの匂いを嗅ぎつけて
グイグイ近寄ってきます。
頭をごしごし少し強めに触ったりしても嫌がらず
冬毛が浮き出ていたのを抜いてあげていると
その場に横たわりおとなしくやらせてくれました。
f0078320_21555229.jpg
f0078320_21563839.jpg
f0078320_21570801.jpg
f0078320_21573833.jpg
受け口で下の歯が少し出ていますが、
一度会ったら忘れないようなお顔が特徴的です。
アイコンタクトもしっかりとれる子ですし、
とても落ち着きがあります。
年齢相応の落ち着きなのかもしれません。
この子の被毛は柴犬のようなしっかりとしたダブルコートで、
かなり毛が密集している上に、
背中の部分には毛が固まっている部分もあり、
ブラッシングやシャンプーで綺麗にしてあげたいです。
f0078320_21585720.jpg
f0078320_21584894.jpg
f0078320_21591244.jpg
f0078320_21592132.jpg



※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 13-4キロ

5/30追記:相変わらず人を避けて逃げて行ってしまいます。
自由に動き回れる環境になり、なかなか近づくことが出来ず
もどかしい気持ちになります。
もっとゆっくりこの子と接する時間を取らないといけないなと
感じました。


↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
他の子の影に隠れてこちらを見ていたり、
少し近づくとすぐに逃げて行ってしまいます。
まだ人に対しての警戒心は強い子です。
毎回紹介しているように、この子の毛色は本当に特殊で
茶色にシルバーがかったような色合いでとても綺麗です。
まだ幼い子ですので、いろいろな経験をさせてあげることで
もう少し回りを見る余裕も出てくるのだと思いますが、
ここにいるままではなかなか進歩が見られません。
一日も早く家庭に入れてあげたい子です。
f0078320_22031721.jpg
f0078320_22033029.jpg
f0078320_22035523.jpg
f0078320_22040581.jpg
こちらをじっと見てはいるものの、
恐らくこちらが何をしてくるのか遠くから様子を見ている
という感じなのだと思います。
おやつを見せても全く反応することもなく
逃げていってしまいますので、なかなか仲良くなれません。
体を撫でても嫌がらない子たちの様子を見て
少しでも人の手は怖くないと思ってくれるといいなと
思わずにはいられません。
f0078320_22050804.jpg
f0078320_22053368.jpg
f0078320_22045240.jpg
f0078320_22051857.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ

5/30追記:いつもと同じように壁に寄りかかっていました。
体や頭を触ることには抵抗はしないものの、そこから変化が
見られません。
自分でもどう人と接していいのかわからないのでしょう。
この子が動いている姿を見たことがありません。
人を怖がるという感じではありませんので、
ゆっくりとこの子に愛情を注いであげれば
きっと心を開いてくれると思います。


↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
この日は、すのこの上で他の子と一緒に固まっていました。
今まではヒトリポツンと離れたところにいることが多かったのですが
大分他の子たちに馴染めるようになってきたようです。
どこを触っても抵抗することはないのですが、
我慢しているだけで決して気持ちがいいと
思っているわけではないようです。
f0078320_22122956.jpg
f0078320_22124672.jpg
f0078320_22131032.jpg
f0078320_22125829.jpg
こうして写真を見返して見ても、
いつも何か諦めてしまったような表情が気になります。
ただただ人が怖いと思っている子とは違い、
何をされてもあまり感情を表さない、表せない子なのでしょうか。
なんで私はここにいるのだろう・・・と思っているかのようで
本来なら家族の皆さんにかわいがってもらえるはずなのに
寂しそうな、諦めてしまったようなこの子の表情をみていると
切なくなってきます。
どうかこの子が嬉しそうな笑顔を見せてくれる日が
やってきますように。
f0078320_22143371.jpg
f0078320_22144347.jpg
f0078320_22145599.jpg
f0078320_22151207.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ

5/30追記:おやつを差し出してみましたが、やはり手からは
食べることが出来ませんでした。
それでも離れた場所にいる時におやつを投げてあげると
もぐもぐとおいしそうに食べてくれました。
人が見ていても食べれるようになったのは進歩だと
思います。
まだこの日もそれほど暑いとはいえませんが、やはり
はぁはぁと息が荒く、これからもっと暑くなってくると
この子にとってはしんどい日々がやってくるかと思うと
とても心配になりました。

↓↓ 以下、先週レポートより転載します。
この子も人に対して警戒心が強いほうで、
近づこうとすると素早い動きではないものの、
逃げていってしまいます。
触ろうとするとお口が出ることもあるそうです。
少し太り気味なので動きもゆっくりですし、
この日はそれほど暑いという気温ではなかったのですが
ヒトリ少し皆から離れたところで伏せていて
ハァハァと息が荒かったのが気になりました。
f0078320_22200143.jpg
f0078320_22201936.jpg
f0078320_22203340.jpg
f0078320_22204778.jpg
この子の被毛は全体的にウェーブがかかっていて
短毛なのですがとても特徴的です。
数週間前に撮影した時よりも
体が少し大きくなったような気がしました。
じっとしていることが多いでしょうから運動不足にもなりますし
大部屋なのでエサも一緒盛りですからたくさん食べられる環境です。
体調管理のためにも、個別にケアできる家庭に
一日も早くいれてあげられたらと思います。
f0078320_22213407.jpg
f0078320_22214616.jpg
f0078320_22215332.jpg
f0078320_22220579.jpg





レポートは続きます。






by centre_report | 2017-06-01 22:22 | 愛護センターレポート

5/30センターレポート A部屋    5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


動物愛護センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちの紹介です。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





No. I

※2/28 よりレポートに登場(2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ
とても穏やかな女の子という印象でしたが、
最近はケージの中から吠えていることが多くなりました。
今まではなかなか自分を主張することができなかっただけで
ようやく本来の姿を見せられるようになってきた
のではないでしょうか。
ケージから出てくれば吠えることはありません。
他の子を出している時には、どの子にもでもありませんが
やきもちからくるものなのか吠えていることもあります。
人馴れには問題はないようですが、
体を触られることに抵抗があるようで、
触ろうとするとスルスルっと体をかわしていきます。
f0078320_19082814.jpg
f0078320_19205157.jpg
f0078320_19211899.jpg
f0078320_19213033.jpg
少しシャイな様子も見せていました。
おやつは手から食べることができますが、
それほど執着した様子はありません。
少し離れて様子を見ているといった感じの子です。
ただそれも、人と接する時間を増やすことで
解決できる程度のものだと思います。
少し前にこの子と接したときには、
出てくるなりプレイバウしてくるほどでしたが、
また少し警戒心が出てきてしまったのかと
少し残念な気持ちになりました。
ただ、人をじっと見ていますので
こちらの指示は通りやすい子のように思います。
f0078320_19322480.jpg
f0078320_19324198.jpg
f0078320_19325544.jpg
f0078320_19332618.jpg



No. II
☆タナカくん

※7/19 よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-12キロ 
少し太り気味 12-3キロ
本当に聞き分けのよいタナカくんです。
少し見ない間に少しぽっちゃりしてきました。
背中が平らになってきています。
運動不足もあると思いますが、ご飯がおいしいのでしょうか。
ケージから出してあげる時にもドアを開けて
すぐに飛び出してくるようなことはなく、
きちんとこちらの指示に従うことが出来ます。
おやつを待ってお座りすることもありますが、
お座りすることでこちらの指示を待っているようにも
見えます。
他犬にとても厳しいタナカくんではありますが、
少なからず今この部屋にいる子に対しては
威嚇するようなことはありません。
f0078320_19464987.jpg
f0078320_19465941.jpg
f0078320_19470612.jpg
f0078320_19471239.jpg
それどころか、他の子の撮影をしている時に
クゥ~ンクゥ~ンと鼻鳴きしている子がいるなと思ったら
なんとタナカくんでした。
他犬が苦手で威嚇していたタナカくんとは思えないくらい
とても甘えたかわいい声で鳴いていました。
どの子も苦手ということではないようですから、
何度もご紹介しているように、お散歩の時の他犬との接し方さえ
気をつけてくれたら、最高のパートナーになってくれるはずです。
一日も早く人との生活を味合わせてあげたいタナカくんです。
ある程度の時間触れ合うと、自らケージに戻っていくほど
お利口さんです。
どうぞとてもいい子のタナカくんにも
目を向けてあげてください。
f0078320_19550369.jpg
f0078320_19543394.jpg
f0078320_19553710.jpg
f0078320_19560719.jpg



No. IV
☆コンくん

※2016/9/6 よりレポートに登場(引取り)
▽茶白 オス 5-6歳 17-18キロ 13-4キロ(痩せすぎ)
相変わらず元気一杯のコンくんです。
ケージから出してあげると本当に嬉しそうに
部屋の中を動き回り、人に甘えています。
一時期本当に心配になるほど痩せていましたが、
少しお肉がついてきたように思いました。
もっともっと太ればしっかりした体格の
格好いい男の子になるはずです。
とても痩せていた頃、おやつへの執着も凄かったのですが
大分おやつに対しての執着は落ち着いてきたようです。
それでもおやつを見せてしまうと飛びついてきたり
することもあります。
f0078320_20114679.jpg
f0078320_20121653.jpg
f0078320_20124625.jpg
f0078320_20131548.jpg
嬉しくてはしゃぎ回るので、写真もブレブレになってしまいます。
頭をゴシゴシしてあげるとペロペロと舐めてくれて
人馴れは抜群です。
ケージの中ではずっとピョンピョンとジャンプしていて
頭のてっぺんやマズルなどにも傷がつくほどです。
人が大好きで人と一緒に触れ合えるこの時間を
コンくんは楽しみにしていてくれているんだと思います。
こんなに人懐こいコンくんにも
一緒に過ごしてくださるご家族を見つけてあげたいです。
動き回っている時にゼイゼイいったり、少し咳き込んでいたり
することがあり、少し心配です。
f0078320_20213456.jpg
f0078320_20230428.jpg
f0078320_20223489.jpg
f0078320_20220416.jpg



No. V
☆竹蔵くん

※2/7 よりレポートに登場(11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済み) 7-8歳 13.28キロ(適正15キロ程度)
「飼い主募集中!! No.4851」
とても穏やかな男の子です。
人馴れも全く問題ありません。
ケージから出してあげても動き回ることもなく、
お利口にこちらの指示を伺っている様子が見てとれます。
お座りもしっかり出来ますし、お手らしきものも
することができます。
おやつも優しく食べてくれますが、長い棒状のものは
なぜかガブっと食いついてきます。
年齢相応の落ち着きがあり、すぐにでも家庭で過ごすことが
出来そうな子です。
f0078320_20585607.jpg
f0078320_20592566.jpg
f0078320_20594147.jpg
f0078320_21001549.jpg
ほとんどが白い体に、目の横あたりと目の周り、
それと耳に少し茶色の柄があるのが特徴です。
撫でられるのも嬉しそうにしていて、
その辺を飼い主さんと一緒に散歩していても
何ら違和感を感じないだろうな、と思うくらい
普通の家庭犬です。
収容当初はフードガードが見られたようですので
そちらは少し気をつけてみたほうが良さそうですが
現時点ではそういった様子はうかがえません。
しっかり人間がコントロールしてあげられれば
問題はないと思います。
背中にできものができていたようですが、
既に破裂したあとのようで綺麗になっていました。
f0078320_21130789.jpg
f0078320_21131840.jpg
f0078320_21132925.jpg
f0078320_21133564.jpg
f0078320_21134254.jpg



No. Ⅵ

※5/30レポート初登場(5/25他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 8-9歳 14-15キロ
とても穏やかなかわいいおじぃちゃんです。
ケージをあけてあげても、キョトンとした表情で
私たちを見つめていました。
こちらの部屋はケージの出入り口の高さがあるので
でておいで!と誘導してみましたが、
この高さを乗り越えるのが面倒だったのか、
じっとしていましたのでお尻をもってあげて
外に出てきてもらいました。
外に出てきてからもとにかくおとなしく、
年齢相応なのかもしれませんが、元々の性格のような
気がしました。
長毛でふわふわしたぬいぐるみのようなかわいさです。
f0078320_21233635.jpg
f0078320_21235227.jpg
f0078320_21240446.jpg
f0078320_21241656.jpg
f0078320_21242609.jpg
どこを触っても嫌がることもありませんでしたし、
人馴れは全く問題はありません。
恐らく外飼いだったのか、毛がボソボソしており、
シャンプーして綺麗にしてあげたらもっとかわいくなると
思いました。
ただ、少し表情に乏しく、諦めたような目つきをしているのが
とても切なくなりました。
まだまだ長いこの子の犬生を一緒に過ごしてくださる
ご家族に是非迎えていただけたらと願うばかりです。
この子の笑顔を見てみたいです。
f0078320_21313692.jpg
f0078320_21312853.jpg
f0078320_21314591.jpg
f0078320_21315222.jpg





レポートは続きます。






by centre_report | 2017-06-01 22:21 | 愛護センターレポート

5/30センターレポート 収容室②③  3頭


ひなのんさんのレポートです
加筆・修正しています。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


一部先週レポートより転用あり。


収容室② 1頭

※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
メス 黒茶白 23歳 10キロ程度

以前はロープを掛けようとしただけで
キャーキャー声を出していましたが
だいぶすんなり外にも出てくるようになりました。
怖がりさんですが、野良っ子のような
人と接したことが無い。という感じの子でもありません。
触れられることにはむしろ慣れているように思います。

ただ、環境の変化に敏感に反応してしまうことと
見知らぬ人にすぐに心を開ける子ではないこと
加えてもともと少しビビりさんな性格であることで
全く人馴れしていないように一瞬見えますが

家庭の中で、世話をしてくれる人には心を開き
むしろ甘えん坊さんになりそうな子です。

賑やか過ぎない、大人ばかりの静かな家庭
もしくはフレンドリーな先住ワンがいるお家など
向いているのではないかと思います。

f0078320_02235064.jpg

f0078320_02235520.jpg



f0078320_02250290.jpg


f0078320_02240189.jpg


f0078320_02240871.jpg


f0078320_02241381.jpg





収容室③ 2頭

※5/23よりレポートに登場 (5/9収容)
▽茶 オス 1歳前後 7-8キロ

野良の子犬のようで、人に触れられることには慣れていない様子でした。
まだびくびくしていて、どこかに身を隠す場所を必死に探していました。
逃げられないとわかると観念して大人しくなり
ひたすら固まっていて、抱き上げたり触れたりしても
歯を当ててくることはありませんでした。

マズルの先には何度もこすったような傷痕がありました。
ケージの中から必死に逃げようとしたのでしょうか。
まだ若い子なので、一日も早く家庭で様子を見てあげたい子です。

f0078320_02340380.jpg


f0078320_02341005.jpg


f0078320_02341603.jpg


f0078320_02342220.jpg


f0078320_02342735.jpg





5/30レポート初登場 (5/19収容)
▽白 オス 1-2歳 15-16キロ(適正18キロ位)

ほんの少しシャイな部分もありますが
すぐに心を開いてくれて、身体のどこでも触らせてくれる
穏やかな男の子です。
犬の中ではボス気質のような感じはなく
どちらかというと他の犬の後ろに隠れるようなタイプの子だと思われます。

初対面は若干腰が引き気味ですが
安心した相手には控えめに甘えてきます。

歯を見たらまだ真っ白で、かなり若い子だと思われますので
時間の経過と共に、もっと活発な姿も見られるかもしれません。

ホワイトシェパードの子犬のような
圧倒的な存在感と
それに相反して守ってあげたくなるような気弱な態度が
ミスマッチで、それが余計可愛らしく感じました。

f0078320_14431088.jpg
f0078320_14431535.jpg
f0078320_14432057.jpg
f0078320_14432711.jpg
f0078320_14433426.jpg
f0078320_14435252.jpg
f0078320_14435865.jpg
レポートは続きます。






by centre_report | 2017-06-01 14:44 | 愛護センターレポート

5/30センターレポート E部屋    7頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちの紹介です。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<E-1>
※5/23よりレポートに登場 (2/10収容)
▽薄茶白 テリア系 オス 10歳もしくはそれ以上 11-12キロ


5/30:広めのケージに移り、動き回ることができて
それが功を奏したのか、足腰の動きがしっかりしてきました。
ケージの中から順番が待ち切れずにアピールする元気もあり
外に出すと嬉しそうに甘えて来たり
じゃれてきたりもして、まるで幼子のような
大変可愛らしい爺ちゃんです。
ややマイペースなところもありますが、人が大好きな甘えっ子です。



以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人懐っこい穏やかなシニアの男の子です。
構ってもらう事が好きなようで可愛らしく甘えてきました。
撫でられることはとても好きな様子です。
でも抱っこは少し苦手なようでした。
しばらくの間、譲渡に適するかどうか観察の期間がありましたが
少し年齢は上ですが、性格が良く朗らかなお爺ちゃんワンコさんで
残りの犬生を再出発させるチャンスが巡ってきました。

ケージの中でじっとしていることが多かったので
後脚の筋肉が減ってしまい、少し足の震えがありふらつくことがあります。
リハビリを兼ねてゆっくりお散歩に連れだしてくれる
優しい飼い主さん募集中です。

f0078320_20480024.jpg

f0078320_20481199.jpg

f0078320_20481875.jpg

f0078320_20483292.jpg

f0078320_20483762.jpg

f0078320_20484561.jpg

f0078320_20485197.jpg








<E-2>
☆あぐちゃん

※10/4 よりレポートに登場(6/13 他抑留所からの移送)
▼薄茶足先白 メス 3-4歳 7-8キロ

5/30:耳の中の黒さや他の部分の皮膚の状態は改善しつつありました。
身体も少しお肉がついてきて、以前よりもずっと健康的に見えました。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私たちがこのお部屋に入った途端に、
早く!早く!と吠えていましたが
ケージの前まで行くと、「出してもらえる」ということがわかって
吠えずに大人しく待っていました
出てきたら嬉しくて嬉しくて、
立ち耳のはずですが、お耳はいつもペッタンコ。

しっぽもフリフリで、体全体を使って喜びを表現してくれるし
人に甘える術をちゃんと知っています。

とにかく人恋しくて、
誰かの側にいさえすれば幸せという感じでした。


オヤツもそれほどがっつくことなく食べていましたし
オスワリしてしばらくの間ジッとしていることも出来ました。

落ち着きがあるとはいえません。
が、甘えることが最優先事項のようですし、
どうしたら人の気に入られるかをちゃんと理解しているようなので
躾もしやすいのではないかと思います。


先週のレポートにもありましたが
他の犬が自室の近くまで来ると唸ったり吠えたりしていました。

犬より人が好きなようですし、
1頭で可愛がられたいタイプのように見受けられます。

他犬とも相性次第では
仲良くなれる可能性がないわけではないと思いますが
当然根気は必要だと思います。

アグちゃんだけを可愛がってくださる方とのご縁が
望ましいかもしれません。
耳にハゲがありましたが、
栄養や血流が上手く末端に届かない…とか
そいういう類のものではないかと感じました。

痒がっている様子はありませんでしたので
運動したり、栄養をつけたりすることで
よくなってくれればいいなと思います。


f0078320_21080458.jpg


f0078320_21081170.jpg

f0078320_21081876.jpg

f0078320_21082493.jpg








<E-3>

※5/2 よりレポートに登場(4/20 他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 10キロ未満


5/30:人恋しくてケージから一生懸命アピールしていました。
最初に見た時よりは皮膚の黒さがやや改善されたように感じました。
恐らくはアカラス症のような症状だと思うのですが(断定はできません)
投薬と薬浴でさらに症状が軽くなってくるものと思われます。

かなりの甘えっ子ですので、沢山構ってあげられる
時間のゆとりがあるお家に迎えていただくのが理想的だと思われます。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この子もケージの中から「早く早く!こっちこっち!」と
とにかく一生懸命呼んでいました。

可愛らしい顔をしているので若い女の子みたいな印象ですが
甘えん坊の男の子で、
シニアと言われる年齢に差し掛かっています。

甘え方をよく知っていて
抱っこして!とアピールしますし、抱っこしていれば幸せそう。
抱いた感じでは7キロ程度?ではないかと感じました。

毛が長く、特に顔周りはフサフサしているので
一見やせっぽちには見えないのですが
首などは本当に細くて、
もう少し体重が増えてもいいのではないかと思います。

長毛でくりくりお目目のルックスですし、
治療してよくなれば見違えるはずです。

センターでも当然ケアはしてくださっていますが
この状態ですから、治癒を早めるためには
病院で積極的な治療を受けることが大事だと思います。
これからますます暑くなります。
1日も早く、この子が痒みから解放されるように祈っています。
f0078320_00120445.jpg

f0078320_00121162.jpg

f0078320_00121758.jpg

f0078320_00122268.jpg

f0078320_00122889.jpg



<E-4>

※5/23よりレポート登場 (3/31収容)
▽白黒ブチ オス 10歳もしくはそれ以上 13-14キロ

5/30:推定10歳とは思えないほど
元気があり、足腰もまだまだしっかりしています。
人馴れは問題ありませんが
結構マイペースな子のようで、この子の興味はさほど
人には向けられていないようです。
気の赴くまま、あちこちに行きたがり
常に動いている姿は体力のある猟犬そのもののようでした。
シニアですが、のんびりとしたタイプというよりは
しっかり身体を動かし、興味を惹かれるものを探索して
刺激もちゃんと感じたい。そんな子だと思います。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケージの中から「早く出して!」と吠えてアピールしていて
外に出すと元気にはしゃいでいたので、一瞬若い子かと思いました。
よく見てみると目は白くなっていて、左目の瞼にはイボのようなものがあり
シニアであることが分かりました。
この子も譲渡対象として適するか観察の期間が少しありましたが
どんな環境でもいじけず明るく、人馴れにも問題なく
残りの犬生を新しい環境で過ごすチャンスをもらうことができました。

セッターのような猟犬の血が入っているのか
まだまだ元気で良く動きます。
散歩もとても好きそうな子です。

どこを触っても怒ったりすることはありませんが
抱っこは苦手なようでした。

f0078320_00153814.jpg

f0078320_00153286.jpg

f0078320_00154366.jpg

f0078320_00155019.jpg





<E-5>

※5/23よりレポート登場 (3/21収容)

▽薄茶白(長毛)オス 10歳もしくはそれ以上 
11-12キロ 現在10キロ程度・痩せ気味(適正12-13キロ)

歩き方がさらにぎこちなくなっていました。
立ち上がって踏ん張る様子はみせますが
特に前あしがㇵの字に開いてしまい、歩き辛そうでした。

広めの部屋に移動しましたので、動き回れることで
筋肉も回復してくれればと思います。
食欲はあるそうで、良い便もしていました。

のんびりとした可愛いお爺ちゃん犬で
若い時もきっと穏やかな子だったのだろうと思われます。

これから暑さが本番になってきますので
長毛のシニア犬には厳しい時期となります。
涼しい室内でのんびりお昼寝できる環境に
早く移動させてあげたいです。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毛がフワフワのベビーフェイスな男の子です。
この子も譲渡対象になるまで保留期間が長かったのですが
その間いつもケージの中を覗き込むと、のんびりとこちらの顔を見つめてきた
穏やかなお爺ちゃんワンコです。
広くはない場所でしばらくあまり動かない生活をしていたので
後脚がすっかり弱くなってしまいました。

外に出すとヨロヨロしながら一生懸命歩いていて
しばらくうろうろしていましたが
すぐに座り込んでいる様子が見られました。

頭を撫でようとすると、耳を伏せぎゅっと目を瞑ります。
センターに来る前に、叩かれていた過去があったのでしょうか。
撮影中、何度も「叩かないよ、大丈夫だからね」と
思わず言葉を掛けてしまうほど。

常に怯えてビクビクしているわけではなく
頭上に手が来る時だけそんな感じでした。

歯石がビッシリついているので
固い物は食べにくいのかもしれません。
柔らかいおやつ持参でまた様子を見てきたいと思います。

f0078320_20263574.jpg

f0078320_20264200.jpg


f0078320_20264904.jpg


f0078320_20265560.jpg


f0078320_20270272.jpg







<E-6>

※2/14 よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目周り茶ブチ メス 3歳ぐらい 16-7キロ

5/30:人に対しては本当に従順で、ソフトに接することができ
その様子は犬が人へ対する関わり合い方の模範とも取れるような
とにかく花丸な女の子です。

この子だけで可愛がってくださるのなら
犬を飼うことが初めての方でも問題ないと思います。
それぐらい一緒に過ごしやすい子です。
その反面、他の犬には厳しい一面も持ち合わせています。
先住のいるお家であれば、しっかり人が間に入る
それができない場合は一頭飼いのみ
そのように人が理解してあげることが一番重要だと思います。

以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とても従順で大人しい女の子です。
静かに個室から出てきて、
出るなりヘソ天して見せてくれました。

必ずしも嬉しくておなかを見せてくれているのではなく
きっとドキドキしながら「私には敵意はありません」ということを
態度で示そうとしたものと思います。

どこを触ってもウンともスンとも言わず
やめて!と意思表示することもありません。

優しい目でしなだれかかるように、
でも遠慮がちに甘える様子がいじらしく、また切なくもありました。

今もまだ痩せているのですが
O看護士によれば、収容時はもっともっとガリガリで
これでも大分太ったそうです。

子どもを何度も出産したお乳をしており
収容時も出産から間もなかったのでは?とのことでした。

野良で子育てをするのは相当大変だったはずですし
心配も絶えなかったのではないかと思いますが
子どもや食べ物を守らなければならなかった経験からか
他犬に対しては厳しい面があり
側を通ると唸ったり吠えたりするようです。

人にそのような態度を向けることは全くないようなので
1頭飼いならば問題ないと思いますし
この子にとっても安心なのではないかと思います。
おやつも人の手から上手に食べられました。

f0078320_00415597.jpg

f0078320_00421475.jpg

f0078320_00424342.jpg

f0078320_00425050.jpg

f0078320_00425542.jpg

f0078320_00430185.jpg

f0078320_00430777.jpg




<E-7>

※5/23より レポートに登場(5/19収容 飼い主都合により持込み)
▽茶 ビーグル風MIX オス  6/10で7歳(飼い主申告) 12-3キロ

5/30:放棄されてしまった理由は人間側の勝手な都合で
この子には全く非はなく、憤りを感じますが
それでも、この子の性格の良さは
ちゃんと可愛がられてきた日々があったことを物語っています。
ピリピリした神経質な感じは皆無で
今自分が置かれている状況に悲観的になることもなく
心の底から人を慕っている姿が健気でなりません。
身体のどこに触れても、なにをしても
“怒り”という感情は微塵もこの子からは感じません。

二度と手を離さないで守ってくれる
そんな家族が見つかることを願ってやみません。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明るい可愛らしい子ですが、元気過ぎず
どちらかというと穏やかな子だと思います。
この日はじめてこの部屋に移動してきましたが
お隣の子に唸られてもどこ吹く風、という感じで
応戦して吠え返すなどの行動はありませんでした。
自分が唸られているとは思っていなかったのかもしれません。

抱っこも嫌がらずにさせてくれますし
体を触られることにも抵抗はありません。

人に対する警戒心もなく、人馴れは全く問題ありません。
以前の飼い主には、
それなりに可愛がられていたのでしょう。
個室にも素直に戻っていきましたし、
ひとりぼっちになったからと言って
吠えたりもしていませんでした。

後で再度見に行くと、
立ち上がって体をクネクネ、しっぽフリフリ。
このときも「出して!」と吠えて催促する様子はありませんでした。

耳に脱毛がありますが、痒がっている様子はありません。
一般的にはシニアに差し掛かる年齢のようですが
まだまだ元気いっぱいです。
小型犬ですし、その一般的な寿命を考えれば
まだまだ働き盛りの若い中年という年齢ではないでしょうか。

この子が安心して甘えられる家族が迎えて下さることを
心から願っています。
f0078320_13240619.jpg

f0078320_13241969.jpg

f0078320_13242946.jpg

f0078320_13251288.jpg

f0078320_13243802.jpg

f0078320_13244564.jpg

f0078320_13245053.jpg







<プール内>

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 8歳くらい 6-7キロ

5/30:人気を感じると、一生懸命「あたしはここよ!」と
アピールしていました。
気が付いてほしくて、構てほしくて、その一心だと思います。
吠えている時の顔は若干怖いのですが
攻撃性はなく、抱き上げると急に大人しくなり
何度見ても可笑しくなってしまうほどです。

写真だと大きく見えるかもしれませんが
女性でもひょいと抱き上げられるくらい小ぶりな女の子です。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チワワミックス風の可愛らしい女の子です。

先週レポートにも全く同じ記述がありましたが
同行メンバーがE部屋に入ってきた途端に吠え始め、
かまってもらえるまで吠えていました。

ほかの子を撮影している間も、
「コッチ来てよ!」と、休むことなくアピールし続けていました。

とにかく甘えたくて仕方がないようで
メンバーがプール内に片足を入れるとピタリと吠えやんだのには
笑ってしまいました。

側に誰かがいさえすれば満足してくれるタイプのようです。
オヤツも与えられるままに喜んで食べていましたが
オヤツよりも誰かの側に…というほうが、この子にとっては幸せそうで
抱っこされると「至福」という表情を浮かべているのが印象的でした。
耳に脱毛がありますが、痒がっている様子はありません。

一般的にはシニアに差し掛かる年齢のようですが
まだまだ元気いっぱいです。
小型犬ですし、その一般的な寿命を考えれば
まだまだ働き盛りの若い中年という年齢ではないでしょうか。

この子が安心して甘えられる家族が迎えて下さることを
心から願っています。
f0078320_13303203.jpg

f0078320_13280944.jpg

f0078320_13303709.jpg

f0078320_13304322.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-06-01 14:10 | 愛護センターレポート

5/30センターレポート B部屋    3頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




※3/28よりレポートに登場 (3/15収容)
▽茶黒 メス 4-5歳 12-13キロ

落ち着きのある女の子です。
部屋に入った瞬間は吠えてアピールすることもありますが
以前のレポートにあった「焼きもち焼き」な面は
この日はあまり感じられませんでした。

手足がすらりと長く、スタイルの良い美しい子ですが
茶色の鼻黒さんは、正直パッと目を引く
華やかな個性はやや少なめです。
なので多くの収容犬達に埋もれてしまいがちですが
この子の良さ、一緒に暮らしやすそうなことなどは
声を大にしてアピールしておきたいと思います。



以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とても落ち着きのある女の子です。
いつ会っても騒ぐこともなく、しっぽをふりふりしながら
私たちを待っていてくれます。
やきもちやきでヒンヒン鳴くこともあったのですが、
この日はそれほど鳴くこともなく大人しくしていました。
他の子に対しても威嚇するような様子も
見たことがありません。
年齢のわりに落ち着きすぎていて、逆に心配になるくらいです。

抱っこもおとなしくさせてくれました。
どこを触っても嫌がることもないかわりに、
抱っこをしても、体を撫でてあげても表情が変わりません。
我慢しているという感じには見えないのですが、
喜びをなかなか表現できない子のようです。
大きな瞳でとてもかわいいこの子が笑顔になったら
もっともっとかわいさも増すことと思います。

人と一緒に生活していって、人の暖かさを知ったら
この子も笑顔になることが出来るのでしょうか。
何か諦めてしまっているような表情のこの子に
溢れんばかりの愛情を注いであげられる方からの
お問い合わせをお待ちしています。
f0078320_13345916.jpg


f0078320_13350455.jpg


f0078320_13351106.jpg


f0078320_13351776.jpg







※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 11-12キロ

5/30:シニアに差し掛かった犬というのは
どうしてこうも可愛らしいのでしょう。
いたずらっ子っぽい笑顔は
幼犬時代はお転婆さんだったことを想像させます。

この子からは悲壮感などは感じられませんが
それでも多くの時間を独りで過ごすストレスは少なからずあるでしょう。

キラキラな目をして人がそばに来ることを
健気に待っているこの子に
「うちにおいで」と言ってくれる温かい家庭が見つかりますように。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふわふわもこもこのかわいいおばあちゃんです。
おばぁちゃんというほどの年齢ではありませんが、
シニア独特の落ち着きと穏やかさは、
ほっとする安心感があります。
ベタベタ甘えてくるタイプではありませんが、
たくさん撫でてあげたりするのはそれほどイヤではないようです。
ケージから出してあげると動き回ることもなく、
かわるがわる皆に撫でられて嬉しそうにしていました。


この日は抱っこもしてみましたが、
騒ぐこともなく抱っこされていました。
ふわふわした毛に包まれているので
ふっくらしているように見えますが、
実際に抱っこしてみると見た目以上に軽く
痩せているのがわかります。

先週あたりからケージ内にいる間は「出せ出せ!」と
大きな声で吠えるようになっていますが、
外に出てくればそれも止まりますので
おうちでフリーになっていれば騒ぐこともないのではないかと
思います。
まだまだ長い犬生、たくさんの家族に囲まれて
幸せに暮らせることを願ってやみません。

f0078320_14035032.jpg


f0078320_14040749.jpg


f0078320_14041860.jpg


f0078320_14042474.jpg


f0078320_14043146.jpg






☆おもち

※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)

久々におもちの写真を撮りましたが
この日はいつものモゴモゴ(文句)はなく
じっと自分の順番を待っていました。
不意に抱き上げたり、身体を拘束したり
そんなことさえしなければ、怒るようなことはほぼなく
むしろ穏やかささえ感じられるようになりました。

一時期ダイエットが成功してくびれが出来ていましたが
少しリバウンドしたのでしょうか。
また丸っこい姿になっていました。

健康を考えたらもう少し痩せた方が良いですが
見た目はコロコロしていて非常に可愛らしいです。


以下、先週レポートよりコメント転用。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は本当に会う度にお利口になっていくおもちです。
相変わらずロープをかけられるのは苦手ですが
センターの方がそんなおもちのために首輪をつけてくださって
おもちはリードをつけることには抵抗はありませんので
楽に外に出してあげることができるようになっています。


ケージの中でいつまでも大騒ぎしていたおもちは
もう今ではほとんど見られません。
他の子が外に出ている時も、以前とは比べ物にならないくらい
騒がずに待っていることができます。
たまにギャウっと吠えてしまうこともありますが
それもご愛嬌で、モゴモゴ文句をいうくらいで
おさまるようになっています。
おやつも優しく手から食べることが出来ます。
柴特有の従順さがある子だと思いますので、
飼い主さんには忠実に言うことを聞いてくれると思います。
体も収容当初に比べたらかなり絞られてきています。
甘えん坊のおもちにも本当の家族を見つけてあげたいです。
f0078320_14082295.jpg


f0078320_14081723.jpg


f0078320_14082835.jpg


f0078320_14083478.jpg


f0078320_14083848.jpg



レポートは続きます。





by centre_report | 2017-06-01 14:09 | 愛護センターレポート