ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 23日 ( 1 )

5/23センター・レポート 別室    6頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 

ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。




☆よもぎちゃん

※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-13キロ

ちょっと不思議っ子のよもぎちゃんです。
f0078320_23161355.jpg

f0078320_23162710.jpg

f0078320_23164096.jpg

f0078320_23164935.jpg

f0078320_23165957.jpg

f0078320_2317965.jpg

f0078320_23172189.jpg

f0078320_23173658.jpg

f0078320_231746100.jpg

f0078320_23175824.jpg
クレートの中では、私達の姿を見るなり、
嬉しさ余って猛アピールして大喜びしていたのですが、
クレートから出してあげると、みるみるテンションが下がり始めました。

オヤツには目がないといった様子で、
表情も明るくなり、積極的に寄って来るので、
その際ちょっと触れたら悲鳴に近い声をあげ、
逃げようと抵抗をします。

それでもオヤツをまた見せれば、良い表情で側まで来て、
手からちゃんと食べることが出来ます。

笑顔はとても可愛い子です。

以前のレポートを遡って見てみると、
外ではオドオドとするが、
室内では尻尾をブンブンして喜ぶ様子が書かれていました。

今回は室内での観察。
確かに喜ぶ場面もある中、
こちらから近づいたり少しでもどこかを触ろうものなら、
その度逃げて悲鳴をあげていました。

クレートに戻しロープを外す時も同じ行動でしたので、
オヤツを齧らせながら触ってみたら、
全く問題なくロープも外すことが出来ました。
オヤツを上手く利用すれば、色んなことは出来そうです。

全く人馴れしていない訳ではないのですが、
本当に不思議という言葉がピッタリと思った子です。



☆レイくん

※5/2よりレポートに登場 (4/13収容)
▽薄茶 オス(去勢済) 3-4歳 13、8キロ
先週は収容室②にいました。

人が大好きなレイくんです。
f0078320_23181135.jpg

f0078320_23182338.jpg

f0078320_23183386.jpg

f0078320_23184250.jpg

f0078320_23185333.jpg

f0078320_231942.jpg

f0078320_23284381.jpg

f0078320_23193178.jpg

f0078320_23195480.jpg
ケージの中ではとても元気に吠えていました。
出してあげると吠えはピタッと止まりましたが、
暫くは嬉しくて落ち着きがなく動き回っていました。
しかし、時間をかけてあげると落ち着きしっかり人の目を見て、
何か言ってもらえるのを待っていましたから、
家庭に入り、生活が落ち着けば、
精神的に落ち着くことができるのではと感じます。

人のことは大好きで、何をしても触られているのが嬉しいようです。
冬毛をむしろうが、口を押え歯を見ようが全く嫌がりません。
そんな子でも抱っこは苦手なのか、スルッと逃げられてしまいました。

オヤツもゆっくり上手に手から食べられるので、
とても優しく、共に生活するのは楽な子のように感じます。

こんな子ですから、過去にも人と暮らしていた子だと思います。
今度こそ、この子を裏切らず寄り添って下さるお家の子になれますよう、
心から願っています。




☆カレン

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス(不妊手術済) 2-3歳 8-9キロ 11-12キロ

先週まではA部屋にいました。

甘えん坊のカレンちゃんです。
f0078320_23201423.jpg

f0078320_23202452.jpg

f0078320_23203518.jpg

f0078320_23204798.jpg

f0078320_23205985.jpg

f0078320_23211142.jpg

f0078320_23262367.jpg

f0078320_23263947.jpg

f0078320_23214682.jpg

f0078320_23215986.jpg
自分の順番を待っている間中、
騒ぎまくっていました。
人が好きでたまらない子には、収容頭数の多い今の生活は酷です。
騒いでしまっても仕方がないことだと感じます。
そんな子ですから、ケージ扉を開けた瞬間、私達に飛びついて来ました。
とても可愛い子です。

とにかく人とベタベタしたい子のようです。
何をしてもされるがままです。
人を疑うことなど全くない子です。

過去に沢山抱っこもしてもらっていたのでしょう。
とても慣れていて上手で、安心しきっているようでした。

この日気になったのは、
オヤツを食べる時、鼻が弱い?と感じました。
生活に問題はなさそうですが、今後も気にしてみたいと思います。

以下↓以前のコメント引き継ぎます。
これだけ人に甘えん坊なこの子も
他犬は苦手なようで、他の子が外に出ている時には
激しく吠える姿も見られました。
一頭飼いをお勧めします。
この子だけをかわいがってくださる優しいご家族に
是非迎えていただけたらと思います。






☆ロックくん

※5/2よりレポートに登場 (4/21収容)
▽茶鼻先黒 オス(去勢済) 2歳程度 13,5キロ
先週は収容室①にいました。

イケワンのロックくんです。
f0078320_23221197.jpg

f0078320_23222454.jpg

f0078320_2323330.jpg

f0078320_23223838.jpg

f0078320_23225072.jpg


以下↓カラーなしの写真は以前のレポートから転用
f0078320_0332759.jpg

f0078320_0334455.jpg

f0078320_034672.jpg

f0078320_0342265.jpg
体力が溢れており元気一杯のロックくんです。
とても体型も綺麗な子で、この体重がほぼ適正といった感じです。

もう何もかもが楽しくて、といった感じで、
見ているこちらまで気持ちがアップしてしまうような子でした。
今の環境では体力的に満足はできていないのでしょう。
終始落ち着きはありませんでしたが、若い子ですからムリもありません。
ある程度の運動量は必要だと思いますので、
体力のある方に迎えていただけたら、
毎日楽しい時間が共有できそうな子です。

他の子とは、直接会わせての様子は見ていませんが、
この日見た限り、少しの時間自由にさせていても、
他犬を意識することもなく、それどころか全く無視でした。
今後変化に気付いた時は随時報告していきたいと思います。








以下↓ 部屋を使用するために撮影が出来なかったので、
以前のものを転用してます。



☆マルセロくん
※4/11よりレポートに登場(4/3収容)
▽茶白 オス(去勢済) 7-8歳 11、5キロ
先週は収容室②にいました。

f0078320_026499.jpg

f0078320_027103.jpg

f0078320_0272881.jpg



年齢的な落ち着きなのかもしれませんが、
元々のこの子の性格が穏やかな子なのかもしれません。
とにかくこちらをじっと見つめる時間が長く、
何かこちらが指示を出すのを待っているかのようでした。
しっかり人の言葉を聞いてくれる子ですので
しつけも入りやすいのではないかと思います。

常に笑顔でこちらを見てくれるので
ついついこちらも笑顔になってしまうような明るい子です。
人を信頼していることが、この子の瞳から伝わってきます。
間違いなく人との生活で人を信頼することを覚えてきた子です。
こんなに健気な眼差しを無視して放っておくことができるなんて
全く理解に苦しみます。
シニアの域に入っているようではありますが、
そんなことは全く感じさせないほど元気な子です。
まだまだこの子の犬生は長いと思いますので
この子の笑顔が消えることのないよう、
しっかりこの子を守ってくださるご家族に迎えてもらえることを
願っています。









☆キララ

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 13、15キロ

f0078320_0511591.jpg

f0078320_0513647.jpg

f0078320_0515521.jpg

f0078320_052137.jpg

f0078320_0524051.jpg

f0078320_053087.jpg

以下↓以前のコメント引用
人と暮らしていたとはいえ、多頭飼育でしたしほとんど放置状態だったのでしょう。
きっと良い思いをしてこなかったのではと想像してしまうほど、
まだ私達を怖がっていました。
この子は私が見る限り、常に誰かにくっ付いています。
以前多頭で生活をしていた時から、
他の子に守ってもらっていたのでしょうか。
今回は以前のレポートほどは怖がっていないように感じました。

少しずつ受け入れてくれて、威嚇はもちろん、ふるえたり、
ビビリウンなどもなく、
触ることはできませんでしたが、近付くとすーっと距離を置く感じです。
おやつは手を後ろに伸ばしてあげるとクンクンしてくれました。
もう一息かなと思うのですが、地面に置いても食べてはくれなかったので、
私たちの前で食べてくれるようになるには
もう少し時間がかかるかもしれません。

職員さんが迎えに来ると、私たちの横をしっぽをしまいつつも
軽快な足取りで別室に戻っていきました。

若くてとてもきれいな子です。
たっぷりの愛情を注いで、一緒に成長してくださるご家族の
お迎えを心からお待ちしています。





レポートは続きます。
by centre_report | 2017-05-23 23:29 | 愛護センターレポート