ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 12日 ( 8 )

5/9引き出し編 レポート紹介  全 67頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


5/9センターより成犬7頭、猫(乳飲み子)9頭
多頭現場より犬1頭を引き出しました。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

f0078320_22334354.jpg

f0078320_22372507.jpg

f0078320_22443185.jpg

f0078320_22460952.jpg


f0078320_22464208.jpg

f0078320_22550277.jpg




f0078320_22520673.jpg





この子は
昨年10/17に一斉手術を実施した多頭飼育現場からこの日引き出しました。
f0078320_22552732.jpg


センターから乳飲み子猫9頭

問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。
f0078320_22562912.jpg

f0078320_22564314.jpg


f0078320_22570221.jpg


f0078320_22580223.jpg



皆様からご提供いただきました古新聞紙をセンターにお届けしました。
ご協力ありがとうございます!
f0078320_23055903.jpg





~お知らせ~


ちばわんでは、本当の家族を待つ犬達や猫達と
新たに犬や猫を家族の一員として迎えたいご家族との
出会いの場である「いぬ親会、ねこ親会」を開催しています。




f0078320_23471943.jpg




f0078320_03464374.jpg



f0078320_15232986.jpg



↓5/21(日)
f0078320_23202675.jpg


f0078320_00072571.jpg


f0078320_19241596.jpg



f0078320_03493070.jpg

f0078320_23085527.jpg


「イベント情報」詳しくはコチラ。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、まずちばわんにお願いします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
(※上記アドレスへのいぬ親会に関するお問い合わせはご遠慮ください。
必ず詳細ページにてご確認をお願い致します。)

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。

★新規の預かりボランティアご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

※大変申し訳ありませんが
小型犬のみの新規預かり希望は受け付けておりません。

お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
(審査の上、判断させていただきます。)







by centre_report | 2017-05-12 23:10 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート 別室      4頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。

以前のレポートより転用します。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 

ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。


別室はお掃除中だったため、みんな外につながれていました。

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 12キロぐらい
f0078320_23192934.jpg

私は初めましてですから仕方がないと思いますが、
緊張しているように感じました。

以下↓以前のコメント引用
人と暮らしていたとはいえ、多頭飼育でしたしほとんど放置状態だったのでしょう。
きっと良い思いをしてこなかったのではと想像してしまうほど、
まだ私達を怖がっていました。
この子は私が見る限り、常に誰かにくっ付いています。
以前多頭で生活をしていた時から、
他の子に守ってもらっていたのでしょうか。
f0078320_23193666.jpg
f0078320_23194436.jpg
今回は以前のレポートほどは怖がっていないように感じました。
少しずつ受け入れてくれて、威嚇はもちろん、ふるえたり、
ビビリウンなどもなく、
触ることはできませんでしたが、近付くとすーっと距離を置く感じです。

おやつは手を後ろに伸ばしてあげるとクンクンしてくれました。
もう一息かなと思うのですが、地面に置いても食べてはくれなかったので、
私たちの前で食べてくれるようになるには
もう少し時間がかかるかもしれません。
f0078320_23203400.jpg
f0078320_23210714.jpg

職員さんが迎えに来ると、私たちの横をしっぽをしまいつつも
軽快な足取りで別室に戻っていきました。
f0078320_23211431.jpg
f0078320_23211952.jpg
若くてとてもきれいな子です。
たっぷりの愛情を注いで、一緒に成長してくださるご家族の
お迎えを心からお待ちしています。









☆よもぎちゃん


※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-13キロ
f0078320_23420764.jpg



初めは歓迎してくれているように見えましたが、
センターの職員さんも怖がりなんですとおっしゃっているとおり、
急にビクビクしてしまい、何か怖がることをしたかしらと
こちらが驚いてしまいました。
f0078320_23442166.jpg
f0078320_23435173.jpg
f0078320_23423733.jpg

でも、先週のレポートにも
「外では少し怖がりなよもぎちゃんです。
ビクビクしていて、人の動きに敏感で
差し出すおやつも食べられたり食べられなかったり」とあるので、
今回だけではないようです。

さらに先週のレポートでは
「それが室内だと安心するのか、尻尾ブンブンで喜ぶ」とありました。
もともとの怖がりさんのうえ、外での経験不足が
大きく影響しているのかもしれません。
f0078320_23430749.jpg

f0078320_23450132.jpg



室内なら甘えることもできるようですから
家庭に迎えていただくことで人とのかかわりを深め、
よもぎちゃんが安心できる環境と認識するなかで
たくさんの経験を積むことで変化していくのではないでしょうか。
職員さんの姿に喜ぶよもぎちゃんです。
f0078320_23451124.jpg
f0078320_23454803.jpg
私たちも触れ合いを喜んでもらえるように、
引き続きよく観察してきたいと思います。









☆ピグちゃん

※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス(不妊手術済) 10歳 11.05キロ(太り気味)
飼い主募集中!!No.4655

f0078320_00050933.jpg


ピグちゃんは愛くるしくてとてもおばあちゃんには見えません。
f0078320_00051876.jpg
f0078320_00052435.jpg
f0078320_00053182.jpg
先週のレポートでは
「先週訪問の際、ふら付く様子が数度あったので、
とても気になっていました。」とありましたが、
この日は過ごしやすい陽気で気分も良かったのか
元気そうにしていました。

以前は譲渡管理室にいましたが、体調管理のために別室に移動したようです。
1頭1頭の健康状態を見て、その都度対応してくださるのは
とてもうれしいことです。
とは言ってもピグちゃんは10歳です。
目の行き届く家庭で、よりきめ細かいケアを
受けさせてあげたいと思います。
f0078320_00065882.jpg
f0078320_00063925.jpg

f0078320_00210815.jpg
f0078320_00212090.jpg
f0078320_00213081.jpg
f0078320_00053888.jpg
すっかっりトレードマークになってしまった短いしっぽで
頑張るピグちゃんです。
ピグちゃんが残りの犬生を穏やかに過ごせるように
どうぞ気にかけていただきけませんか?


以下↓以前のコメント引用
尻尾に深い傷を負い、尾を失いましたが
今は傷が治癒し、ますます元気になりました。
何事にも悲観的にならず明るく振る舞うピグちゃんですが
残りの犬生、寄り添って慈しんでくれる
そんな家族がピグちゃんには必要です。
決して若くはないピグちゃんですが
迎え入れてくださる優しい家族が見つかりますように。





☆柴ジイちゃん
(先週のレポート転載します)
※現在療養中です。

※2015/8/25よりレポート登場 (8/17他抑留所からの移送)
▼柴犬 茶 オス(去勢済) 10-13歳 7.22キロ

「今までの情報はコチラ」


一時体調を崩した柴ジイちゃんですが
身体の方は回復したそうです。
ただ、痴呆と思われる症状は進んでしまったそうで
同じ場所をくるくると回ってしまうため
現在は室内の広めのケージの中で過ごしています。
食欲は変わらないようで、おやつにはいつも通り反応していました。

柴ジイちゃんを引き受けていただく場合は、ほぼ看取り覚悟ということになると思います。
f0078320_1645750.jpg







レポートは続きます

by centre_report | 2017-05-12 22:23 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート 4日目部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


以前レポートより転用しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)皮膚治療中。
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロくらい
いつも部屋の中をウロウロと歩き回っている子です。
人を避けるように動き回り、なかなか近くに寄ってきて
くれないので、触ることができません。

それでも、この日はかなり時間をかけてこの部屋の撮影をしていて
ずっとすのこの上に座った状態でいたところ、
とても近くで伏せて落ち着いていることができました。
やはり、ここにいる子たちには時間をかけてあげる必要があるのだと
ひしひしと感じることができた瞬間でした。
f0078320_22234064.jpg
f0078320_22235282.jpg
f0078320_22235911.jpg
f0078320_22241436.jpg
一般の方が見学に来られていて、
この部屋でじっくり時間をかけて犬たちと触れ合って
くださったのですが、なんとこの子のことも撫でることが
できていました。
おそらく初めてだと思います。
とても長い時間この部屋にいてくださったので、
この子たちの警戒心も溶けてきたのでしょう。
いつも部屋をウロウロしているこの子も、
人の手が怖くないと学習してくれれば嬉しい限りです。
f0078320_22334001.jpg
f0078320_22335197.jpg
f0078320_22340369.jpg
f0078320_22341351.jpg




※28/3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~

この子も収容時から1年以上経過してしまいました。
最初の頃は近づくだけで「来るな」と意思表示していましたが
最近は随分と近くにも行けるようになり
ゆっくりであれば触れることもできるようになりました。

でもまだまだ無理は禁物。
ゆっくり心を開かせてあげたい子です。

センターのO看護士にお願いして、この子にロープをかけてみました。
予想通りロープをかけるまではずっと逃げ回り、
ロープをかけようとするとロープを齧ろうとしていましたが
上手にリードしてくださったので、かけることができました。

最初はそれでもかなり暴れていましたが、
部屋の隅に連れていってしばらく様子を見ていると
段々と落ち着いてきているのがわかりました。
O看護士にゆっくりと撫でられて、緊張もあったと思いますが
手を受け入れることができていました。

ロープをかけようとしている間も、かけてしまった後にも
この子はロープは齧ろうとしましたが、
人に対してお口を出す様子は見受けられませんでした。
f0078320_22425708.jpg
f0078320_22423211.jpg
f0078320_22431279.jpg
f0078320_22432107.jpg


f0078320_22513653.jpg
f0078320_22514660.jpg
f0078320_22515601.jpg
f0078320_22520458.jpg




※28/2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい
この子も↑の子と同様にここでの生活が1年を超えています。
茶色の子とこの子はいつもこの部屋をウロウロと動き回っていますが、
この子は少し変わっており、人がすごく怖いというわけではないのか
私たち人間のすぐ側をトコトコと通っていきます。
触れる距離を通るので、近くに来た時に身体に触っても
ビクッとすることもなく、普通に触ることができます。

また、いつもはこの部屋の外にある廊下を職員さんたちが通ると
ガタガタと震えていることが多かったのですが
今日は人がこの部屋にたくさんいたにも関わらず
震えていることがほとんどありませんでした。
こちらが動くことなくじっと座っていたのも安心だったのかも
しれません。
f0078320_23034711.jpg
f0078320_23033671.jpg
f0078320_23035560.jpg
f0078320_23040499.jpg

左太ももあたりにうんちがついてしまっていたので、
「うんちがついてるってば~~」と言いながら、
目の前を通るこの子にちょっかい出しても嫌がる様子もなく
何度も何度も目の前を通っていき、触られてもへっちゃらな様子でした。
この子はきっと家庭に入ってしまえば、
人とのコンタクトも割りとすんなり取れるようになるような気がして
なりません。

この日時間をかけてずっとこの部屋にいてくださった見学者さんが
最後の方ではこの子をずっと撫でてあげることができていました。
やはり時間をかけて接してあげることの大切さを実感しました。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23154033.jpg
f0078320_23151097.jpg
f0078320_23161000.jpg
f0078320_23164429.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
この子にはなかなか直接触れてみることが出来ていませんが
この日は近くに座るとじっとこちらを見つめていました。
それでもやはり少し怖いのか、後ずさりしようとすると
思ったよりもすぐ後に壁があったため、
腰をおろすと後脚が浮いてしまう状態になってしまいました。
それでもそのままの姿勢でずっといましたが、
近くに行ってもその姿勢に変化はなく、緊張しているのかな?と
感じました。
f0078320_23371523.jpg
f0078320_23370174.jpg
f0078320_23364799.jpg
この子は身体を触ろうとすると必ず空噛みをしようとするので
なかなか触るまでに至らないのですが、
周りの子たちの良い影響を受けて少し変わってくれていれば
と思います。
この子にももっと積極的に関わっていかなければ
なかなか人が怖くないものだと学習してもらうことが出来ません。
また来週以降、今度こそこの子にも接触を試みてみようと思いました。
f0078320_23400680.jpg
f0078320_23402374.jpg
f0078320_23403392.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
この子は唯一この部屋で人の手からおやつを食べられる子です。
とても食いしん坊な子ですが、まだ触られることには若干抵抗が
あるようで、触るとちょっと空噛みをしようとするのですが、
今日は最初から触っても空噛みをすることはありませんでした。
大分、人の手が怖くないと学習してくれたのではないかと
とても嬉しく思いました。
それでもこの部屋をウロウロする子たちとは違い、
この子はいつも黒い子と一緒に部屋の隅で横たわっています。
もう少し動きが出てきてくれるといいのにと
ついつい欲張った気持ちになってしまいます。
f0078320_23534278.jpg
f0078320_23541040.jpg
f0078320_23535414.jpg
換毛期なので仕方がないのかもしれませんが、
少し毛が薄くなってきてしまっているように見えて
心配になりました。
収容当初はもっと皮膚の状態、被毛の状態がよくなかったのが
すっかりきれいになってきたところでしたので
古い毛が綺麗な新しい毛に生え変わっている途中であれば
問題ないと思います。
いつも黒い子にくっついていることで安心感があるのでしょう。
この子にも人との生活の中で、人の暖かさを教えてあげたいと
思います。
f0078320_00132585.jpg
f0078320_00131471.jpg
f0078320_00133556.jpg


レポートは続きます。


by centre_report | 2017-05-12 22:21 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート 子犬舎     8頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)









<2-5> 3頭
f0078320_1432953.jpg
この3頭は、ビビリを助長し合っているように感じます。

この部屋の子達は、私達の動きに合わせて揃って動き回るので、
部屋の隅に追い込んで落ち着かせました。

止まるとひたすら固まり怯えだしてしまい、
見ていて可哀そうになりますが、
このまま成犬になってしまう方がよっぽど可哀想なことなので、
出来るだけ限られた時間で触れ合うように心がげていきたいと思います。




※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 7ヵ月ぐらい 5-6キロ 8キロぐらい

はじめに一通り動き回らないといられないようで、
私達の足の隙間を忙しなく移動していました。
とてもすばしっこいです。

動きを止めれば、触ることもできますし、
抱っこもできるようになっていますが、
この日は、抱き上げる瞬間、軽く空噛み?のような行動がありました。
手に歯を当てるわけではありませんでしたから、
怖い!ということを伝えたかっただけだと思います。
次回も様子をよく見て来たいと思います。
f0078320_26234.jpg

f0078320_263227.jpg

f0078320_264199.jpg

f0078320_265086.jpg

f0078320_27255.jpg

f0078320_271826.jpg

f0078320_273160.jpg





※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 7ヵ月ぐらい  5-6キロ? 8キロぐらい

以前は、その場にジッと動かず固まっていたこの子も、
今は他の子達の後を追い、最初は動き回る行動に変わりました。

抱っこの写真は先週のものを転用してます。
かなりぎこちなくではありますが、抱っこもできます。
緊張からビビリウンがでてしまいますが、
お口が出ることはありませんので、人と過ごし、
毎日繰り返すことで落ち着いてくるのではないかと思います。
決して接するのに難しい子ではないように感じます。
f0078320_27453.jpg

f0078320_275533.jpg

f0078320_28447.jpg

( ↓ 先週の写真です)
f0078320_2219141.jpg








※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 8ヵ月ぐらい 6-7キロ?8キロ弱?

同部屋の白い子達より一回り小さく、
8キロないように感じます。
程よくお肉がついてて、しっかりとした身体つきをしています。
ちゃんとご飯は食べられて身に付いています。

この子もよじ登る行動から、走り回る行動に変わりました。
この子もとてもすばしっこいです。

抱っこしようとすると、手を入れる隙間もできないほど、
身を縮めて小さくなり、持ち上げられないようにします。
その際、暴れることも歯を当てることもしませんので、
抱くことはできます。
ビビリションは出てしまいます。

この子も素直そうな子ですから、
家庭に入り、日々繰り返し行うことで、
色んなことを学習してくれそうに思います。

3頭の中で一番のビビリかと思っていましたが、
抱っこしていると、この子が一番シックリと抱かせてくれるように感じます。
f0078320_281572.jpg

f0078320_282848.jpg

f0078320_284799.jpg

f0078320_285871.jpg

f0078320_291447.jpg

f0078320_292716.jpg










<2-6> 2頭


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ

小部屋を開けるまでは、元気一杯に吠えていました。

この子の人馴れは、思った以上には進まずで歯がゆいです。
かといって人に馴れていないとも言い切れない子です。
収容当初からこのような感じだったと思いますから、
半年後に、まだこんな様子でいることは考えていませんでした。

この日も変わらず、小部屋に入った瞬間は引き気味な態度で、
遠巻きに私達を見ていました。

いつものようにオヤツをあげながら、少し時間をかけると、
少々乱暴に触っても満更でもない様子で、
その場に留まりジッと撫でさせてくれます。

ズゥ~ンと顔を近づけて来たりも出来るのですが、
その表情はとても乏しく、若さを感じません。

この子の弾けるような楽しい表情が見てみたいです。
f0078320_2146486.jpg

f0078320_21462011.jpg

f0078320_21463617.jpg

f0078320_2147739.jpg

f0078320_21472313.jpg
















※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ14-15キロ

この子も、小部屋を開けるまでは良く吠えていました。
その声はとても迫力があり通ります。

小部屋の入り口に手をかけた瞬間から別犬になり、
全く吠えないどころか、目も合わせてくれなくなります。

この子にも今回は許せる範囲の時間をたっぷりかけ、
側から離れずに居座ってみました。
撫でながら何度もオヤツを置いたり口に入れてみたりを繰り返していたら、
いつの間にか自分からオヤツに顔を近づけて来てました。

その時の表情は、今までの凛とした様子ではなく、
甘えん坊な表情になっていて驚きました。
きっと一進一退で、次も同じようにしてくれとまでは思いませんが、
変われる子だとわかり、嬉しくなりました。

もっともっと時間が欲しいです。
f0078320_212889.jpg

f0078320_21495441.jpg

f0078320_21501684.jpg

f0078320_2150336.jpg

f0078320_21505069.jpg

f0078320_2151632.jpg

f0078320_21512652.jpg

f0078320_21514317.jpg

f0078320_2152148.jpg








<2-7> 2頭
f0078320_2204549.jpg





※2/14よりレポートに登場 (2/3収容)
▽黒垂れ耳 オス 1歳前後 14-15キロ

毛並みはとてもよくツヤツヤしてるのですが、
脱毛がなかなか改善しません。

何か訴えているように感じたほど、まあー何かにつけよく吠えていました。

人馴れしているとは言えませんが、
興味はあるようで近づいてきたりはします。
しかし、自分の決めた距離があるのか、
こちらから寄っていくと離れてしまいますので、
私はまだ触ったことがはありません。
部屋の掃除をしていた同行メンバーの背後に座り、
じっと観察して考えている姿は可愛かったです。

オヤツに目が無く、我先に食べたがる子で、
執着があるのか他の子に強く出る場面をよく見ます。
今後もよく観察していきたいと思います。
f0078320_2201789.jpg

f0078320_2211221.jpg

f0078320_2212692.jpg

f0078320_221427.jpg

f0078320_2215817.jpg

f0078320_2221549.jpg









※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ10-11キロ

とても静かな子です。
同室の子に抑えられているからなのか、
周りが騒いでいても、我関せずとマイペースで動いていました。
この月齢でこの落ち着きは無いのではと思えるほどの落ち着きようです。

人の顔をよく見る子です。
理解力もあるように感じる子ですから、
家庭に入れたら、人馴れもグングン進みそうな予感がします。
大切な仔犬の時期ですから、楽しいことを沢山味わせてあげたいです。
f0078320_223488.jpg

f0078320_2231868.jpg

f0078320_224099.jpg

f0078320_2241734.jpg

f0078320_2243362.jpg

f0078320_2265438.jpg




<2-8 1頭>


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

この子も美犬ちゃんです。

思ったほど人馴れが進んでいませんが、後退もしていませんので、
頑張っていると思います。

この日は同行メンバーがブラシを持って来て、
そうっとブラッシングをしてくれたのですが、
特に嫌がる様子もなくさせてくれました。

やはりこの子にも、もっと時間が必要なんだと思います。
 ↓ 以前のコメント
収容当初には抱っこしてもお口が出ることもありませんでした。
f0078320_22114259.jpg

f0078320_2212131.jpg

f0078320_22121829.jpg

f0078320_22123458.jpg

f0078320_22125038.jpg

f0078320_2213578.jpg

f0078320_22132495.jpg
右の子はこの日引き出しました。


f0078320_22134353.jpg





部屋の入り口はしっかり施錠したことを確認して、
小部屋の入り口を開けて様子を観察しています。





レポートは続きます。


by centre_report | 2017-05-12 22:19 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート 旧子犬舎   10頭

メイマミさんのレポートです。
5/9ヤマモトさん撮影

加筆・修正しています。



先週レポートより転用します。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<1-1> 2頭

f0078320_083549.jpg


兄弟のようで、よく似ており共に優しい子達です。



☆カブ壱くん

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)


5/9:撮影

f0078320_21101589.jpg
f0078320_21102637.jpg


f0078320_21102180.jpg

以下先週レポートより転用。

f0078320_0111150.jpg



f0078320_0112548.jpg



f0078320_0113753.jpg



f0078320_0115140.jpg



f0078320_0151250.jpg



f0078320_012887.jpg



*足を持っても大丈夫です。

こちらの子の方が少しお兄ちゃんだと思われます。
収容室にいた時から、お兄ちゃんの方が
人を怖がる様子が少なく、おやつも手から食べることができていました。
現在も手から普通に食べることができますが、
部屋の隅で伏せていて、そこから動くことはありませんでした。

左耳が欠損しているところを見ると、
自分が生き抜いていくために、多少の喧嘩もしたものと
思われますが、何もなければこの子から仕掛けるようなことは
ないように思えます。
頭を撫でても身体を撫でても全く抵抗することもなく
ましてや震えることもありませんので、人を怖がっている様子は
全くありません。

同室の弟くんと仲良くしているようですので、
穏やかな子とはうまくやっていける子なのではないかと思います。
以前は弟くんよりも積極的におやつももらいに来ていたのに
今日は大人しく伏せたままで少し元気がないように思えて
少し心配になりました。

※大人しい子ではありますが
身体の大き目なオスですので、他犬との相性はあるかもしれません。
最初は人がしっかり間に入って見てあげてほしいと思います。
カブ二郎と喧嘩しているところは見たことはありません。











☆カブ二郎くん

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ


5/9:撮影
f0078320_21194357.jpg
f0078320_21195439.jpg
f0078320_21201008.jpg
f0078320_21200406.jpg

以下は先週レポートより転用
f0078320_017362.jpg



f0078320_0174948.jpg



f0078320_018716.jpg



f0078320_018239.jpg



f0078320_0185969.jpg



f0078320_0191454.jpg




こちらが↑の子の弟くんになるのでしょうか。
以前にも紹介したように、こちらの子の方が慎重で
少しビビリくんでもあったのですが、
今日はいつもよりも弟くんの方が積極的に
おやつをもらいに来たりして、動きが見られました。
お兄ちゃん同様、手からおやつも優しく上手に食べることができます。

どこを触っても抵抗することも震えることもなく
収容室にいた頃よりも大分落ち着いてきたように思えます。
これもお兄ちゃんと一緒にいられる安心感なのかもしれません。
慎重だったこの子の方が大分積極的になってきたのは
とても嬉しいことです。
ただ、お兄ちゃんと離れてしまったらまた元のように
慎重になってしまうかもしれないという不安もあります。
とても仲の良い穏やかな兄弟ですので、
体格も大きいので難しいかもしれませんが、2頭一緒のお宅で
この先も暮らしていけたらどんなにいいだろうかと
少し思ってしまいました。

それでも大分落ち着いてきていますので
1頭だけでも十分人との生活に馴れていくことはできると思います。
身体は大きくても心は優しく落ち着きのあるこの兄弟にも
是非目を向けていただきたいと思います。

※大人しい子ではありますが
身体の大き目なオスですので、他犬との相性はあるかもしれません。
最初は人がしっかり間に入って見てあげてほしいと思います。
カブ壱と喧嘩しているところは見たことはありません。






<1-2> 3頭


※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3-5歳 1歳前後 10キロぐらい


5/9:撮影

f0078320_21224685.jpg
f0078320_21225975.jpg
f0078320_21225103.jpg


以下は先週レポートより転用



f0078320_0274721.jpg



f0078320_02838.jpg



f0078320_0281881.jpg



f0078320_0283566.jpg



f0078320_0285584.jpg



推定年齢のわりには落ち着きがあり、
人馴れ問題なしとはいきませんが、人を怖がっている様子はありません。
とても控えめな子で部屋の隅で大人しくしています。
頭を撫でても身体を撫でても嫌がる様子もなく、
人の手を受け入れることが出来る子です。
目の周りにしっかりと黒いアイラインのように毛が生えているので
少しきつい印象になってしまうのかもしれませんが
身体も小ぶりで飼い易そうな子だと思われます。

とても綺麗な顔立ちをしていて目を惹く子です。
こちらの動きもしっかりと見ていますので
人間と一緒に暮らしていくことで、もっといろいろなことを学習し
人馴れも進んでいくことと思われます。
ここに長くいても人馴れが進むことは難しいです。
一日も早く家庭に入って、人との生活に慣れさせてあげたいと
思わずにはいられません








※3/28よりレポート登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ

5/9:撮影

f0078320_21263153.jpg
f0078320_21263763.jpg
f0078320_21264372.jpg
f0078320_21265061.jpg


以下は先週レポートより転用

f0078320_0331222.jpg



f0078320_0333393.jpg



f0078320_0334779.jpg



f0078320_034373.jpg



f0078320_034228.jpg



f0078320_0343697.jpg



f0078320_0344917.jpg


この部屋の中でも一番小柄な子ですが、
結構気が強いようで、自分がビビッて後退して茶色の子によりかかると
自分が動いてそうなったにも関わらず「なんだよっ!」と
ちょっと脅してみせるようなことがあったりしました。

上から手を出されるのが少し怖いようで
頭を撫でようとすると嫌がり、身体をよじって逃げようとします。
ゆっくりと身体を触ろうとしても少し恐怖感があるのか
身体を倒して拒否しようとしますが、撫でてしまえばなんとか我慢
していることはできます。
あまり人に撫でられたりした経験がないのかも知れません。
しかしながらおやつには興味津々で自ら近寄ってきます。
食いしん坊くんのようです。
おやつをあげるのを少しじらしていると、
「もっとちょうだいよ!!」と手をかけてきたりして
とてもかわいい仕草もする子です。
おやつが大好きなこの子とは、おやつを使って仲良くなることも
それほど時間はかからないように思います。

小柄なこの子は自分を身を守るために、
きっと大きな子とも対峙していたのでしょう。
左耳が欠損しているところを見ると過酷な放浪生活を
垣間見ることができます。
人は怖いものではないと思ってもらえるように
これからも優しく接してあげることがこの子にとって
大切なことなのだろうと思います。




4日目部屋より移動。
先週レポートより転用します。


※5/2よりレポート登場(4/17収容)
▽茶黒 オス 6-7ヵ月 10キロぐらい

最初にこの子を見たのが4/18訪問の日でした。
まだ犬歯が完全には生え変わっておらずに
見た目よりずっと幼い子なのだとわかりました。

大きな前足は、この子が大きく成長しそうなことを予感させましたが
ちょこんと生えている先の尖った小さな爪が
まだ仔犬だという事を物語っていました。

f0078320_22302788.jpg


f0078320_22303344.jpg


f0078320_22313441.jpg


f0078320_22314011.jpg


f0078320_22320581.jpg


↑↑↑ここまでは4/18撮影のものです。

ここから下は5/2に撮影したものになります。
2週間の間にお顔がずいぶんと大人びました。

まだこの部屋の犬達とは馴染んではいないのか
一頭で離れたところにいる姿が見られました。

野良の子犬だと思われますので、人馴れはしていませんが
攻撃性のない、固まる系のビビリちゃんです。
ビビリというよりは、人との接し方は経験にないだけなので
人に対して変なイメージをまだ持っていません。

成長期の一番大切な時期ですので
今すぐにでも家庭に入れてあげたい・・。そんな子です。

f0078320_15333346.jpg


f0078320_15333911.jpg


f0078320_15334434.jpg


f0078320_15334937.jpg


















<1-3> 2頭

f0078320_0522437.jpg










※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ

5/9:撮影

f0078320_21335826.jpg
f0078320_21340484.jpg
f0078320_21344620.jpg


以下先週レポートより転用

f0078320_0555982.jpg



f0078320_056141.jpg



f0078320_0563099.jpg



f0078320_056476.jpg



f0078320_057180.jpg



f0078320_0571523.jpg



f0078320_0573246.jpg


時間を掛けて、オヤツを置いてみたり口元に持って行ったりを繰り返していたら、
手から食べてくれました。
しかし、指先ので摘まんだのは食べられても、
手のひらに乗せたものを食べるのは難易度が高いようで、
最後まで考え見ているだけで食べられませんでした。
かなりのゆっくりペースではありますが、
それでも確実に変わって来たと感じました。


部屋を開けると真っ先に外に出ようとするので
すぐにドアをしめてここに留まるように促しました。
人に飼われていたことのあるこの子が
人に触られようとすることを極端に嫌がるのは
飼われている時にもほとんど人と接した経験が
なかったからなのだと思います。

ただ犬を飼っている、というだけで
コミュニケーションを取らなければ当然ですが
人馴れは進みません。
犬それぞれの性格もあるでしょうが、
人は優しくて頼りになるものだと教えてあげなければいけません。
人に飼われていても人を信用できなかったこの子は
とても不憫だと思わずにはいられません。
それでも手からおやつを食べることができるようになり、
少しずつではありますが、心を開きつつあります。
ただ、身体を触られることはまだ怖いようで
下から手を出して、匂いを嗅がせるようにしていますが
その際には噛もうとする様子は見せません。

しかしながら、匂いを嗅ごうとする様子もまだ見られません。
おやつをあげる手が、身体を触ろうとする手と同じ手で
怖いことをするものではないと早く理解してもらいたいです。
ドアを開けるとやはりいつもの棚の下に潜り込んでいました。
そんなに逃げ回らなくても、人はあなたをいじめたりしないんだよ。








※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

5/9:撮影

f0078320_21373364.jpg
f0078320_21372790.jpg
f0078320_21371829.jpg


以下先週レポートより転用

f0078320_183572.jpg



f0078320_185528.jpg



f0078320_191125.jpg



f0078320_192737.jpg



f0078320_19487.jpg



f0078320_1101096.jpg



この日は部屋に入ってすぐにドアを閉めてしまったので
この子も外に逃げ出すことができず、
部屋の隅でずっと壁に鼻を押し付けて気配を消していました。

少し離れればこちらに顔を向けてくれるのですが、
近づくとまた壁にべったりと貼り付き、
息が出来ないのでは?と思うほど鼻を押し付けていました。
そういう状態の時に身体を触っても全く反応せず
これは人の手を受け入れているというよりも
この時間をなんとかやり過ごそうとじっとしているだけ、
というように見えました。

とても臆病な子ではありますが、
壁に張り付いている時に身体ごと動かそうとしてみても
お口が出るようなこともありませんので
人の暖かさを知ってくれれば案外心を開いてくれるのにも
時間がかからないのかもしれません。

ただ、人の暖かさを教えてあげるには
やはり家庭に入って人と生活していく中でしか
認識できるものではないと思います。
ゆっくりとこの子と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。









<1-4> 3頭



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-14キロ

5/9:撮影

f0078320_21394394.jpg
f0078320_21394878.jpg
f0078320_21395530.jpg

以下は先週レポートより転用

f0078320_1145286.jpg



f0078320_115795.jpg



f0078320_11524100.jpg



f0078320_1153925.jpg



人が近づけば逃げ回っていたこの子も
最近はおやつも欲しがり、おやつを持っていれば
近寄ってくることもできるようになりました。
おやつを持っていなくても手を出すと
匂いを嗅いでくれたりもしてくれます。

ここでの生活も1年を超えていますので
時間はかかりましたが、
少しは人を怖がらなくなってきたようです。
同室の子が何度も変わっていますが
どの子ともうまくやっていける子のようですので
他犬との相性も問題ないと思われます。
おやつはおいしそうにモグモグと食べるのですが
すぐに下に落としてしまったり、
噛んでいる途中でもぽろぽろと下にこぼしたりして
やはり少し歯が少ないのかな?と思ってしまいます。
ドアを開けて廊下に出ると生き生きとした表情を見せ、
自然と笑顔も多く見られます。
ふさふさの被毛に包まれた優しい笑顔のこの子にも
優しいご家族が見つかるように願ってやみません。







※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ

この子も人馴れがなかなか進みません。
小部屋に入ると逃げるか固まってしまいます。
攻撃する様子は、今まで一切ない子ですので、
捕まえてしまえば、一通りのことは出来ます。

この子に必要な時間が足りないのだと思います。

5/9:撮影

f0078320_21461420.jpg
f0078320_21463021.jpg
以下先週レポートより転用


f0078320_1184326.jpg



f0078320_118587.jpg



f0078320_1191371.jpg



f0078320_1193950.jpg



f0078320_1195558.jpg



f0078320_1201213.jpg


以下のコメントは転用
この日も近づくとまずは逃げ出そうと姿勢を低くして
おどおどと挙動不審になってしまいます。
身体を触ろうとしても素早い動きで逃げられてしまい、
なかなかゆっくりと撫でてあげることができません。
どこかの隅に追いこんで逃げられないようにすれば
どこを触ってもお口がでるようなこともなく、
ひたすら固まっています。

ゆっくりと抱き上げることもできる子なので
人と一緒に生活できる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。
手足が長く、とてもスタイルも良く目を惹く子です。
ここにいても人馴れは残念ながら望めません。
まだ手からおやつを食べるということも出来ません。

何がこの子をここまで頑なにしてしまったのかわかりませんが
なんとか人は怖くないものと、ゆっくりと教えてあげたいです。
人との接し方がわからないだけなのではないかと思います。
二度目の夏をここで過ごすことのないよう、
皆様からのお問い合わせを心からお待ちしています。










※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ

f0078320_1302671.jpg



f0078320_1304173.jpg



f0078320_1305674.jpg



f0078320_1311241.jpg



f0078320_1312748.jpg



f0078320_1313867.jpg



収容室にいた時にはロープで外に誘導すると
出てきてプチパニックを起こしたりしていましたが
今日は自由に動き回れるからか、
それほどパニックになる様子はありませんでした。

ただ、やはり近づいていこうとすると逃げ回っていましたが、
ゆっくりと近づいて手を出すと
少し匂いを嗅ぐような仕草を見せてくれました。
同室のボーダーコリー風の子のことを慕っているようで
ずっとこの子について動いていました。
おやつはまだ手からは食べられませんが、
下に置いてあげれば、私たちが見ていても食べることができます。

まだまだ若いこの子も一日も早くここを卒業して
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
思ったほど逃げ回ることもありませんので
人を怖いと思って逃げ回るようになってしまう前に
是非この子を迎えてあげて欲しいと思います。
若い子ですのできっと学習能力も高いと思います。
この子にいろいろな経験をさせてあげて欲しいです。




レポートは続きます。

by centre_report | 2017-05-12 22:16 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート A部屋     6頭

ひなのんさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

※先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 

ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。



NO,Ⅰ

※2/28よりレポートに登場 (2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ

人馴れはしているものの
最初だけ少し怖がりさんで
人とは距離を取りたがります。

身体に触れると身をすくめたり、ビクッとしますので
保護前の環境ではあまり人と密に触れ合うことは無かったのかもしれません。
ただ、慣れていないというだけで
それは家庭に入ってからゆっくりと
人の手は怖くない、優しいんだと教えればちゃんと吸収できる子だと思います。

その辺だけちゃんと理解してあげれば
落ち着きのある扱いやすい子だと思います。
f0078320_14595518.jpg

f0078320_15000165.jpg

f0078320_15000753.jpg





NO,Ⅱ

☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ (少し太り12-13キロ)

人の言葉が良く届き、この部屋のどの子よりも
すぐに落ち着ける子です。
お座りをしていつものポーズでおやつを待ち
その間、しっかりアイコンタクトを取ってきます。

そこだけを見たら、どんな家庭でもやっていける
そんな印象さえ受けます。

ただ、他犬は非常に苦手です。
人に対しての従順さとは真逆の反応をしますので
そこをしっかり理解できる方と暮らしていけたら
それが理想だと思います。
f0078320_13543657.jpg

f0078320_13544083.jpg

f0078320_13552727.jpg

f0078320_13555133.jpg





NO、Ⅳ

☆コンくん
※2016/9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17-18キロ

以前はまったくジッとせずに落ち着きなく動き回っていましたが
その時から比べると、少しだけ、本当に少しだけですが
動きを止める時も出てきました。
心なしか痩せ過ぎだった身体も、痩せ気味くらいに変化しています。
一日の大半を個室で過ごしているので
どうしても出した時はパワーが爆発してしまいますが
最近新設されたドッグランで外の空気を吸う機会が増えてきましたので
精神的には良い影響が出てきているのかもしれません。
f0078320_14062050.jpg

f0078320_14062694.jpg

f0078320_14063140.jpg

f0078320_14063673.jpg






NO、Ⅴ

※2/7よりレポートに登場 (11/21収容)
▽白茶 オス(去勢済) 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)

f0078320_16165874.jpg

とにかく優しい子です。
もちろんケージの中でおとなしく待っています。
年齢はシニアの範疇に入り、そのための落ち着きもあるかもしれませんが、
この子の持って生まれた性質が穏やかなのだと思います。
私が飼い主だったら、いろんな所へ連れて行って
自慢したくなるくらいお顔も性格もかわいい男の子です。
f0078320_16170383.jpg
f0078320_16170882.jpg
f0078320_16171398.jpg
おやつも「ガッツク」なんて言葉はこの子の辞書にはないと思います。
そ~っと「いただきます」と優しくくわえます。
人を癒すためにいる子のように思いました。
f0078320_16171895.jpg
f0078320_16174071.jpg

気づいたら隣で寄り添っているような
程よい距離感でじょうずに甘えてくる子だと思います。
犬との落ち着いた生活を望まれるご家庭にぴったりではないでしょうか。
もっとも、今は腰骨がくっきりで痩せすぎですが、
栄養を付けてバランスよい体型になったら活発な面も見られるかもしれません。
f0078320_16172777.jpg
f0078320_16180889.jpg
f0078320_16175236.jpg
この子に限りませんが、そもそもどうしてこんないい子が
ここにいるのでしょう。
これまでのレポートにもあるようにアイコンタクトも取れますし、
こちらの言っていることも理解し、お座りもじょうずにできます。
お手らしきしぐさも見せてくれました。

f0078320_16173542.jpg
推定7~8歳というシニア期の年齢ですが、まだまだ若く、
この子が楽しい経験を積み重ねる時間はたっぷりあります。
これからの犬生を愛情いっぱいで満たしてくださる
ご家族のお迎えを心からお待ちしています。




NO、Ⅶ

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ

ケージの中にいる時は、この部屋いちばんの大きな声で
出して出して!と鳴いていました。
とても人恋しいのだと思います。
外に出すと別の犬か?というくらい
吠えて騒ぐわけでもなく、人の顔を見るだけでニコニコするような
とても愛嬌のある可愛らしい子です。

おそらくは部屋の中で自由に過ごせる環境であれば
騒いだりするような子ではないのかもしれません。

他の犬には気の強い面があり
人が間にしっかり入るか、または一頭飼いが望ましいように思います。

f0078320_15364765.jpg

f0078320_15365211.jpg

f0078320_15370000.jpg
f0078320_15372522.jpg






NO、Ⅷ

※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 10歳前後 12-13キロ

譲渡対象としてしばらく最終部屋で待機していましたが、
こちらの部屋に移動することが出来ました。
この部屋にはとても元気のいい子がいて
大合唱で私たちを迎えてくれます。
この子はシニアとはいえビーグルですから吠え声が大きいかと
思っていましたが、全く吠える姿は見られませんでした。
とても落ち着きがあり、とても甘えん坊さんのようです。
はしゃぎすぎることもなく、とても飼い易そうな子です。
抱っこも力も入らず、大人しくさせてくれました。

f0078320_00392595.jpg

f0078320_00391431.jpg

f0078320_00394654.jpg

f0078320_00395782.jpg

10歳を過ぎたこの子を、どんな理由があったにせよ
手放そうとしたこと自体が理解できません。
本当におとなしく、人のことも信頼しているこの子が
一体何をしたというのでしょう。
のんびりと一緒に暮らしていくのには
最高のパートナーだと思います。
今度こそ最期まで君を大事にしてくださるご家族を
見つけようね。
まだこの部屋に移動して間もないので、今後吠えたり
することもあるかもしれませんので、
来週以降様子を見てみたいと思います。
f0078320_00445136.jpg

f0078320_00442201.jpg

f0078320_00443018.jpg

f0078320_00444362.jpg




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-05-12 18:43 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート D部屋     4頭

ぐーちゃんママさん&ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



※先週レポートより転載します。

引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
▽白茶 メス 6歳ぐらい 12-13キロ(太りぎみ)
先週レポートより↓
緊張していたのか、壁にもたれかかりながら
静かに人の動きを目で追っていました。
でも人馴れはしているようで、問題なく撫でさせてくれて
抱っこもできました。

個性的なお顔はオンリーワンの魅力があり
少し困ったような表情が可愛らしい女の子です。
小ぶりですがぽっちゃりしているので体重は見た目よりあります。
歯の状態はかなり悪いですが
食べ物の影響によるのかもしれません。

白内障などは出てきていませんので
そこまでシニアではないと思われます。


5/2:もともとシャイな面がある子ですが
同室の怖がりさん達に少し影響を受けているようで
他の子と同じように人と距離を取りたがりました。
でもふと気が付くと結構そばに来て不思議そうにこちらを見ていたりしますので
人そのものを怖がっているのではないと思います。
無理に触ってもお口がでるような素振りは見られません。

f0078320_15185841.jpg
f0078320_15190338.jpg
f0078320_15190862.jpg
f0078320_15191362.jpg
f0078320_15192220.jpg
f0078320_15192895.jpg





※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 13-4キロ
収容当初はもっと幼い感じがしていましたが、
大分お姉さんっぽくなってきた気がします。
収容室にいた頃はロープをかけられることに
とても抵抗していましたが、こちらの部屋では自由に
動き回れるので、少し落ち着いてきたように思えます。
それでもこちらに近づいてくることはありませんし、
まだまだ警戒心は強いようで逃げていきます。

f0078320_01034716.jpg
f0078320_01031787.jpg
f0078320_01024703.jpg
f0078320_01021713.jpg
写真ではなかなか伝わらないのですが、
茶色でも少しグレーがかったような珍しい色の被毛です。
足先には白い毛があり、まるでソックスをはいているかのような
柄になっています。
やや長毛でふさふさの被毛はさわり心地が良さそうです。

ビビリちゃんは人と目を合わせないようにする子が多いのですが、
この子はまだ子犬から成犬になりかかったくらいなのもあり、
カメラにも興味があるのか、こちらをしっかりと見てくれる
ことが多いように感じます。
なんとかこの子とも仲良くなれたらいいなと思います。
f0078320_01105068.jpg
f0078320_01105909.jpg
f0078320_01111668.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ
とても大人しく、独り皆から離れたすのこの上にいました。
人馴れしているという子ではありませんが、
ゆっくり近づいてあげれば身体を触ることができます。
急な動きが苦手なのだと思いますが、
まだどう人と接していいのかわからないという感じにも見えます。
何度もお産をしたことがあるような大きなお乳と、
顔にある無数の傷が、この子の過酷な過去を彷彿とさせます。
f0078320_01360213.jpg
f0078320_01361059.jpg
f0078320_01363527.jpg
f0078320_01364551.jpg
身体や頭を触ってもお口が出るようなこともありませんでしたし、
緊張でガチガチに固まっているという感じではありませんでした。
人と一緒に生活していく中で、きっとこの子も少しずつ
人との接し方を覚えていくことと思います。
たくさん子育てをしてきたと思われるこの子が
今度は幸せになる番です。
f0078320_01481687.jpg
f0078320_01480555.jpg
f0078320_01482503.jpg




※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ
この部屋の中では皆より身体が一回り大きいのですが、
とても大人しいのでそれほど存在感は大きくありません。
この子は他の子たちと群れることはなく、
独りでいることが多いようです。
短毛なのですが、全身の毛がまるでパーマをかけたように
クルクルとウエーブがかかっていて、とても特徴的です。
まだ慎重にこちらの様子を伺っているようで、
どの写真もほとんどが上目遣いのものばかりです。
f0078320_03033406.jpg
f0078320_03034365.jpg
f0078320_03044518.jpg
f0078320_03035237.jpg
すのこの上で伏せている時にゆっくり近づこうとしましたが
警戒しているのか、動きは素早くはありませんでしたが
その場から逃げていってしまいました。
その時に身体を触ろうとしましたが、お口が出ることはありませんでした。
まだこの環境に馴れていないのもあるかもしれませんが
それでも基本的な性格は穏やかな子のように感じました。
人が怖いものではないんだと、早く教えてあげたいと思います。
f0078320_03121632.jpg
f0078320_03122567.jpg
f0078320_03123562.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-05-12 18:15 | 愛護センターレポート

5/9センターレポート B部屋・C部屋 5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

※C部屋のみ先週レポートからの転載となります。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







【B部屋】3頭


※3/28よりレポートに登場 (3/15収容)
▽茶黒 メス 3-4歳 4-5歳 12-13キロ
とても穏やかな子なのですが、やきもちやきなのか
他の子が外に出ているとヒンヒン鳴いてアピールしてきます。
外に出てくると静かに甘えてくる、かわいい子です。
体長が長いのでもう少し体重がありそうに見えますが
痩せ過ぎということはないものの、細身でスレンダーな体型で
とてもスタイルがいい子です。
角度によってはあばら骨も見えるぐらいなので、
もう少し体重を増やしたほうがいいかもしれません。
大きな瞳と大きな耳が特徴的です。
外に出してあげている間もはしゃぐこともなく、
どこを触っても嫌がることもなく落ち着いています。
f0078320_17172732.jpg
f0078320_17180061.jpg
f0078320_17183066.jpg
f0078320_17190091.jpg
とても落ち着きのある子ですが、
見方によっては、表情が乏しいような気もします。
家庭に入ってもっと人と一緒に暮らしていく中で
嬉しい、楽しいといった感情を思いっきりだせるように
なれたらいいなと思います。
この子の満面の笑顔を見てみたいです。
アイコンタクトもばっちり取れますし、
おやつも手から優しく食べる子です。
是非ご家族の一員としてこの子を迎えてくださる方の
目に留まりますように。
f0078320_17245941.jpg
f0078320_17252955.jpg
f0078320_17242986.jpg
f0078320_17255967.jpg




※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 11-12キロ
シニアの落ち着きがあるふさふさの白い毛に包まれた
かわいいおばあちゃんです。

先週まではそういった紹介をしてきたかと思いますが、
この日はこちらの部屋に入った時から何度も
「早く出せ!」と吠えるようになっていました。
今まではこの子の吠え声を全く聞いたことがなかったので
とても驚きましたが、大分環境に馴れてきて
欲求が表現できるようになったのだと思います。
外に出てきて人と戯れているとニコニコ笑顔を見せていました。
f0078320_17350939.jpg
f0078320_17341046.jpg
f0078320_17344006.jpg
f0078320_17333924.jpg
体や頭を撫でられているのは嬉しいようで
笑顔を見せてくれます。
歯を見てみると、それほど汚れがひどくはないのですが
何本か抜けてしまっているところがあり、
それを見るとやはりシニアなのかな、と思うぐらいで
落ち着きのある子ではあるものの、若い子と遜色ありません。
まだまだ元気なこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_17424281.jpg
f0078320_17425953.jpg
f0078320_17430956.jpg
f0078320_17432242.jpg



☆おもち

※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)
どんどん聞き分けのいい子になっていくおもちです。
収容当初のギャンギャン吠えまくっていた姿は
今ではほとんど見られることはありません。
ロープをかけられることは苦手なおもちですが、
首輪をつけてもらっていますので、首輪にリードをつけるのは
全く抵抗はありません。
それどころか、リードをつけるとお散歩に連れていって
もらえると思っているのか、出口に走って行こうとします。
ごめんね、お散歩じゃないんだよ、というと
スタスタと戻ってきて、今度はお利口にお座りして
みせてくれたりします。
f0078320_17553445.jpg
f0078320_17554351.jpg
f0078320_17555001.jpg
f0078320_17555953.jpg
まだまだぽっちゃり体型なのは変わりありませんが、
収容当初に比べれば少しはしぼれてきたように思います。
こちらで遊びに誘えば、プレイバウしてのってきたりして
とてもおちゃめな女の子です。
ケージの中で大騒ぎしていた頃もありましたが、
今ではこちらで言うことをしっかり聞き取って
いつまでも吠えたりすることはありません。
しかしながら他犬はやはりあまり得意ではないようですので
一頭で飼ってもらえるご家庭に迎えていただけたらと思います。
柴犬特有の、人への従順さを持ち合わせているおもちです。
おもちをご家族の一員として迎えてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_17595603.jpg
f0078320_18000631.jpg
f0078320_18005945.jpg
f0078320_18011054.jpg






【C部屋】2頭

※先週レポートより転載します。

※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
▽ビーグル メス 10歳前後 10キロ弱(乳腺腫瘍あり)

最終部屋よりこちらの部屋に移動になりました。
A部屋No.Ⅷにいるオスのビーグルと同郷の子です。
この子も鼻鳴きはするものの、ビーグル特有の大きな声で
鳴くようなことはありませんでした。
とても人懐こくて甘えん坊なところも同郷の子とそっくりです。

最終部屋にこの子がいた時に、普通にフードを食べようとしただけで
他の大きめのオスに威嚇されていた姿を見ていたので
個別ケージに移動できて本当に良かったと思いました。
シニアの落ち着きというよりも、この子の本来の性格が
おとなしい子なのではないかと思います。
ケージから出してあげると、頭を私の足の間につっこんできて
ヒュンヒュンと小さな声で鳴いていました。
顔を上げてあげると更に切ない声で鳴いていて
思わずギュッと抱きしめてしまいました。
f0078320_02320549.jpg
f0078320_02323558.jpg
f0078320_02330527.jpg
f0078320_02333401.jpg

ずっと不安だったのだと思います。
甘えん坊なこの子は抱っこも全く問題なく、
以前はたくさんかわいがってもらえていたのではないかと
思われますが、なぜこの歳になってから手放してしまうのか
本当に意味がわかりません。

おやつも手から優しく受け取って食べることができ、
ヒュンヒュンとかわいらしく鳴くのがこの子の特徴のようです。
乳腺腫瘍があり、後脚にもイボのようなものもあり、
年齢を感じさせますが、元気な様子ですので
一日も早く個別にケアしてあげたいと思います。
このかわいいおばあちゃんにも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_02400209.jpg
f0078320_02403899.jpg
f0078320_02410828.jpg
f0078320_02413889.jpg



※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度

相変わらず異様なまでの元気の良さで
ケージの中ではバタバタと動き回り、
相当ストレスも溜まっているものと思われます。
ケージから出してあげても一時も落ち着いていられず、
どの写真もブレブレになってしまいます。
とにかく人が大好きで、甘え方もとても激しいのですが
甘えん坊のこの子がずっとケージの中にいなければならない
この環境では致し方ないのではと思います。
ひっくり返っジタバタしたり、私たちにしがみつくように
抱きついてきたりと、見ていて切なくなるほどです。
f0078320_02463703.jpg
f0078320_02470773.jpg
f0078320_02473707.jpg
f0078320_02480739.jpg
抱っこをしていても落ち着いていられないほどです。
お腹の部分の皮膚病が目立ちますが、最近では脚が相当痒いようで
ひっくり返りながら後脚を抱えて噛もうとしていて
見ているこちらもどうしてあげることも出来ず
本当に辛そうです。
また、写真ではわかりづらいと思いますが、
目も相当充血しており、涙もたくさん出ています。
センターでも治療はしてくださっていますが、
皮膚病に関しても、目に関しても個別にケアできるよう
一日も早くこちらを卒業できる日がやってきますように。
f0078320_02530173.jpg
f0078320_02531031.jpg
f0078320_02531688.jpg
f0078320_02532329.jpg




レポートは続きます。

by centre_report | 2017-05-12 18:04 | 愛護センターレポート