ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 04月 27日 ( 6 )

4/25センターレポート B部屋・C部屋  4頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。







【B部屋】3頭

※3/28よりレポートに登場 (3/15収容)
▽茶黒 メス 3-4歳 4-5歳 12-13キロ
大きな瞳が印象的な女の子です。
とても穏やかで落ち着きもあり、
とても飼い易そうな子です。
とても甘えん坊というほどではありませんが、
静かに甘えてくる感じがとてもかわいいです。
ケージの中では最初はおとなしく待っていますが
他の子を出して構っていると、やきもちなのか
ヒンヒン鳴いてアピールしていました。
f0078320_22261411.jpg
f0078320_22264346.jpg
f0078320_22271419.jpg
f0078320_22274322.jpg
おやつもとても優しく手から食べることが出来ます。
身体は痩せていてもう少しお肉がついた方が
均整がとれて更にスタイルが良くなりそうです。
やきもちをやくくらいですから、家庭に入れば
きっと甘えん坊になるのではないでしょうか。
身体のどこを触っても全く問題ありません。
まだまだ若いこの子にも暖かいご家庭に迎えてもらえる日が
やってくることを願ってやみません。
f0078320_22530665.jpg
f0078320_22533734.jpg
f0078320_22540786.jpg
f0078320_22543746.jpg



※4/11よりレポートに登場 (3/30収容)
▽薄茶白 長毛 メス 7-8歳 11-12キロ
ふさふさの真っ白な毛に包まれたかわいい女の子です。
シニアの域に入っているというのもあると思いますが
落ち着きもあり、程よく甘えてくるかわいさがあります。
もちろん身体のどこを触っても嫌がることもなく、
間違いなく人に飼われていたことがわかる子です。
こんなにかわいい子がいなくなっても探してあげない
元の飼い主の気持ちが全く理解できません。
おやつもゆっくり食べてくれました。
f0078320_23011102.jpg
f0078320_23013735.jpg
f0078320_23014614.jpg
f0078320_23012293.jpg
とてもかわいい笑顔が似合うこの子には
まだまだ長い犬生が残っていると思います。
これからは二度とこの子の手を放さない本当のご家族との
ご縁がやってくることを祈っています。
アイコンタクトもしっかりとれますので、
こちらの指示がきちんと伝わる子だと思います。
一緒にいたらきっと良いパートナーになってくれると思います。
f0078320_23143825.jpg
f0078320_23144924.jpg
f0078320_23145843.jpg
f0078320_23150572.jpg




☆おもち

※10/4よりレポートに登場 (6/24引き取り)
▽柴 茶白 メス 5歳 15-6キロ(適正10キロくらい)
今日も部屋に入るとケージの中でお座りして
私たちを待っていてくれました。

本当におもちは最近聞き分けがよくなってきました。
他の子の撮影を先にしていると、
いつもケージの中でモゴモゴ何か文句を言っているのですが
こちらで「はい、わかった!おもちもうちょっと待ってて!」
と言うと、モゴモゴいうのも止まったり、
他の子がおもちのケージに近づくとギャン!!と吠えるのですが
それも、以前は結構続けて吠えていたりしていたのに、
おもち!No!と声をかけるとすぐに吠えるのをやめたりして
こちらの言うことを理解してくれるようになってきたと
最近感じるようになってきました。
f0078320_23274014.jpg
f0078320_23274982.jpg
f0078320_23280299.jpg
f0078320_23282094.jpg
かなりぽっちゃり気味だった身体も
少しずつではありますが絞られてきたように思います。
ロープをかけることにはかなり抵抗していたおもちも、
首輪にリードをつけてあげることには全く抵抗はありません。
お散歩につれていってもらえるとわかっているのではないでしょうか。
いつも他の子に向かってギャン吠えしていたおもちは
もういません。
人には本当に従順で、人が大好きなおもちには
最期までおもちを守ってくださるご家族に
是非迎えてもらいたいと思います。
f0078320_23331729.jpg
f0078320_23332588.jpg
f0078320_23334325.jpg
f0078320_23333359.jpg






【C部屋】1頭
※先週レポートより転載します。


※1/24よりレポートに登場(1/19他抑留所より移送)
▽コッカースパニエル オス 7-8歳 13キロ程度
目がかなり充血していて、涙も多く出ていました。
もちろんセンターでもケアはしてくださっていますが
家庭での手厚いケアが必要なのだと思います。
↓以下先週レポートより
人が大好きなこの子は、人の気配がするとじっとしていられず
ケージの中でそわそわして吠えながら待っています。
ケージをあけてあげるとなだれ込むように私たちに飛びついてきます。
人が恋しくて仕方がないのでしょう。
外に出てきている間もずっとクネクネと甘えてきて
お腹を見せたり抱きついてきたり、と
ひと時も落ち着いていることがありません。
甘えん坊なこの子が独りぼっちでここにいることが
どれだけ辛いことなのかよくわかります。

f0078320_03392343.jpg


f0078320_03392824.jpg


f0078320_03393260.jpg


f0078320_03393783.jpg


f0078320_03394268.jpg




























レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-27 23:38 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート A部屋   8頭(+幼犬4頭)

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 

ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。



NO,Ⅰ

※2/28よりレポートに登場 (2/14収容)
▽茶白 メス 3歳くらい 12-13キロ

人馴れはしているものの
最初だけ少し怖がりさんで
人とは距離を取りたがります。

身体に触れると身をすくめたり、ビクッとしますので
保護前の環境ではあまり人と密に触れ合うことは無かったのかもしれません。
ただ、慣れていないというだけで
それは家庭に入ってからゆっくりと
人の手は怖くない、優しいんだと教えればちゃんと吸収できる子だと思います。

その辺だけちゃんと理解してあげれば
落ち着きのある扱いやすい子だと思います。
f0078320_14595518.jpg

f0078320_15000165.jpg

f0078320_15000753.jpg





NO,Ⅱ

☆タナカくん

※7/19よりレポートに登場(7/6収容)
▽黒茶 オス 4-5歳 11-2キロ (少し太り12-13キロ)

人の言葉が良く届き、この部屋のどの子よりも
すぐに落ち着ける子です。
お座りをしていつものポーズでおやつを待ち
その間、しっかりアイコンタクトを取ってきます。

そこだけを見たら、どんな家庭でもやっていける
そんな印象さえ受けます。

ただ、他犬は非常に苦手です。
人に対しての従順さとは真逆の反応をしますので
そこをしっかり理解できる方と暮らしていけたら
それが理想だと思います。
f0078320_13543657.jpg

f0078320_13544083.jpg

f0078320_13552727.jpg

f0078320_13555133.jpg



NO、Ⅲ

※3/7よりレポートに登場(3/2他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 1-2歳 12-13キロ

以前のレポートでもありましたが
この子はまだ1歳になったばかりぐらいの非常に若い子なのでは
と思われます。
若いパワーに満ち溢れ、みずみずしく輝いています。
身体を動かすことも好きそうですし
いつかドッグランで思いっきり走らせてあげたい
そう思わせる子です。

少し気になるのは、意外に見知らぬ人にはシャイな反応を見せることです。
見るからにフレンドリーそうなので油断しがちですが
逸走させたらなかなか捕まえられなさそうな子です。

犬同士では、売られた喧嘩は買うタイプのようです。
若い子ですし、当然と言えば当然ですが
犬同士の間で気の強い面もあることはしっかり認識していただきたいと思います。
f0078320_14031141.jpg

f0078320_14031682.jpg

f0078320_14032188.jpg

f0078320_14032824.jpg

f0078320_14033671.jpg

f0078320_14034291.jpg






NO、Ⅳ

☆コンくん
※2016/9/6よりレポートに登場 (引取)
▽茶白 オス 5-6歳 17-18キロ

以前はまったくジッとせずに落ち着きなく動き回っていましたが
その時から比べると、少しだけ、本当に少しだけですが
動きを止める時も出てきました。
心なしか痩せ過ぎだった身体も、痩せ気味くらいに変化しています。
一日の大半を個室で過ごしているので
どうしても出した時はパワーが爆発してしまいますが
最近新設されたドッグランで外の空気を吸う機会が増えてきましたので
精神的には良い影響が出てきているのかもしれません。
f0078320_14062050.jpg

f0078320_14062694.jpg

f0078320_14063140.jpg

f0078320_14063673.jpg






NO、Ⅴ

☆米蔵くん

※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所より移送)
▽薄茶 オス(去勢済) 4歳 14.05キロ
飼い主募集中!!No.4711
早く部屋から出してほしくて
部屋のガラス部分を必死に前歯で齧ろうとしていました。

ケージの中では必死に吠えてアピールをしていて
さぞかし騒々しい子なのだろうと思いきや
部屋から出すとちゃんと落ち着きもみせられる子です。

若干シャイな面もあるそうですが
毎回会っている私たちに少し慣れてくれたのでしょうか
ごく普通に身を寄せてきてくれました。
f0078320_14093488.jpg

f0078320_14094018.jpg

f0078320_14094672.jpg

f0078320_14095128.jpg

f0078320_14095796.jpg



※4/25レポート初登場
▽茶 メス 3-5歳 10-11キロ(4/6収容)
4匹の乳飲み子と共に収容されたそうです。
それからずっと子育てをしていて、私たちもそっとしておいたのですが
子犬達がヨチヨチ歩きするようになり
お母さん犬にも余裕が少し出てきたので紹介いたします。

穏やかで落ち着きがあり
人に馴れていますが飛びついて来たりするようなテンションの高さはなく
この子自身には全く問題がありません。
だとすると、出産したために飼いきれなくなり捨てられてしまったのか
推測の域は出ませんが、その可能性は十分考えられます。

子犬達に触れてても、お母さん犬は全く怒ることは無く
安心して任せてくれていました。

少し気になったのは呼吸が荒いように感じたことです。
フィラリアなどの影響によるものか
そうでないことを祈っていますが
元気、食欲自体はあります。

最低でもあと半月は子犬たちと引き離すことはできませんので
仔犬共々引き受けてくださる預かり先を募集中です。
f0078320_14250191.jpg

f0078320_14221228.jpg

f0078320_14250937.jpg

f0078320_14253265.jpg

f0078320_14254473.jpg

優しいお母さんに大切に育てられ
まるまる太って健康そうな子犬達です。

生後1ヵ月になろうとしているくらいの月齢です。
まだ母犬と一緒に過ごす時間が必要です。

子犬の譲渡先は募集しておりません。
お母さん犬と一緒に引き受けてくださる
預かり先のみ募集中です。

f0078320_14302318.jpg

f0078320_14302962.jpg

f0078320_14303694.jpg

f0078320_14304270.jpg





NO、Ⅶ

※2/28よりレポートに登場 (2/23他抑留所より移送)
▽茶黒 メス 2-3歳 8-9キロ

ケージの中にいる時は、この部屋いちばんの大きな声で
出して出して!と鳴いていました。
とても人恋しいのだと思います。
外に出すと別の犬か?というくらい
吠えて騒ぐわけでもなく、人の顔を見るだけでニコニコするような
とても愛嬌のある可愛らしい子です。

恐らくは部屋の中で自由に過ごせる環境であれば
騒いだりするような子ではないのかもしれません。

他の犬には気の強い面があり
人が間にしっかり入るか、または一頭飼いが望ましいように思います。

f0078320_15364765.jpg

f0078320_15365211.jpg

f0078320_15370000.jpg



f0078320_15372522.jpg






A-Ⅷ

☆アサヒくん

※3/7よりレポートに登場 (2/20収容)
▽茶黒白 オス(去勢済) 7-8歳 76.95キロ 

飼い主募集中!!No.4736
捕獲前は自由に散歩していたアサヒくんですので
最初は個室に入れられてストレスも強く感じていたのでしょう。
切なくなるくらいの悲鳴のような声で鳴いていましたが
最近はそれも落ち着いてきました。

部屋から出すと、キョトンとした可愛らしいお顔で
人の顔を良く見てきます。

お散歩大好きな子なので
沢山構ってあげたり散歩をしたり
そういう時間の余裕のあるご家庭とのご縁が望ましく思います。

f0078320_15334851.jpg

f0078320_15335440.jpg


f0078320_15335926.jpg


f0078320_15340556.jpg


f0078320_15341236.jpg


レポートは続きます。






by centre_report | 2017-04-27 15:01 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート 収容室②③5頭+最終部屋待機4頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。

動物愛護センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちの紹介です。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


収容室② 3頭


※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
▽黒茶白 メス 2-3歳 10-11キロ

ロープで引かれることにまだ強い拒否反応を示します。
悲鳴を上げてとにかくその場から逃げようとします。
何をされるか分からずに恐怖でいっぱいになってしまうのだと思います。

でも時間を少しかけて、ゆっくりなだめると次第に落ち着きてきて
抱っこなどをしてもお口が出るようなこともありません。

怖がらせるのは可哀想ですが
毎回少しでも触れ合って慣れてもらうしかないと思いますので
これからも人の手は怖くないとわかってもらうために
スキンシップを取って行きたいと思います。

他犬がケージ前に来た時は怒って歯を剥く場面が見られました。
これについてはまた様子を見てみたいと思います。
f0078320_13053074.jpg

f0078320_13052508.jpg

f0078320_13053611.jpg

f0078320_13054068.jpg

f0078320_13054621.jpg

f0078320_13055241.jpg






※4/18よりレポートに登場 (4/5収容)
白黒 ボーダーコリー雑?オス 1-2歳 13-14キロ

写真の笑顔のまんまの天真爛漫な男の子です。
若々しく、パワーに満ち溢れています。
身体能力もとても高そうで
ボーダーコリーの血はかなり濃いのでは・・と感じます。

子犬のような無邪気さがありつつ
ふとした瞬間に賢さを感じさせる時もあるので
この犬種の特性をよく理解した方とのご縁が望ましいのではないかと思います。

ケージ前に他犬が来るとやはり興奮して吠えついていました。
一時的なものかと思いましたがそうではないようです。
f0078320_13094831.jpg

f0078320_13095446.jpg

f0078320_13100605.jpg

f0078320_13101235.jpg

f0078320_13101741.jpg



※4/11よりレポートに登場(4/3収容)
▽茶白 オス 7-8歳 12-13キロ

人懐っこい、愛嬌のある男の子です。
性格はいたって明るく、悲壮感などは全く持ち合わせていません。
飛びついて来たり、ハチャハチャするようなこともなく
とても扱いやすい印象を受けます。

毛がモコモコしているので大きく見えるのですが
抱き上げてみると意外に軽く
小さめな中型と同じくらいの重さです。

推定年齢は少し高めですが
若々しく元気もあり、家庭犬としてすぐにでも再出発できそうな子です。
f0078320_13140859.jpg

f0078320_13135805.jpg

f0078320_13141399.jpg

f0078320_13141820.jpg

f0078320_13142486.jpg

f0078320_13143080.jpg




収容室③ 2頭


※4/18よりレポートに登場 (4/5収容)
▽柴風 茶 メス 7-8歳 8-9キロ

コロンコロンとした丸っこいフォルムの柴らしい子です。
ケージの中では少しアピールするようになっていましたが
それでも落ち着きがあり、外に出すと非常に静かな子です。

柴っぽい気難しさなどはあまり感じません。
抱き上げたり、身体に触れても怒ることは無く
静かに人の手を受け入れてくれます。
可愛がられてきたのでしょう。
人に対しての不信感などは感じていないようで
それがとても健気で切なくなります。

犬生の折り返し地点にいるこの子が
安心して暮らせる環境にいち日も早く入れますように。
f0078320_13260573.jpg

f0078320_13261107.jpg

f0078320_13261641.jpg

f0078320_13262668.jpg

f0078320_13264026.jpg

f0078320_13264541.jpg

f0078320_13263403.jpg







※4/18よりレポートに登場 (4/10他抑留所より移送)
▽茶白(長毛) メス 10歳ぐらい 6-7キロ 

いつ出してもらえるともわからない中
長い時間を孤独に過ごしているのに
鳴き声ひとつあげずに、ひたすら人に見つけてもらう時を待っている
そんな物静かなお婆ちゃん犬です。

後脚に筋肉がほとんどなく、自由に動けないことに慣れてしまっている
そんなこの子の姿を見ていると
繋がれっぱなしでたいして散歩にも連れて行ってもらえなかった
・・・推測ですが、そのような状況が目に浮かびます。
f0078320_13441441.jpg


f0078320_13440833.jpg


f0078320_13441937.jpg



長い間ネグレクトに近い毎日だったのか

お手入れしたらさぞ美しい姿でしょうに
毛玉も多く、汚れも目立ちます。

f0078320_13442706.jpg


それでも今はお腹いっぱい食べられるようになり
やっと放浪しなくてよい場所に身を寄せられた

そんな風に感じているのかもしれません。

f0078320_13452361.jpg


f0078320_13445247.jpg


f0078320_13443960.jpg


f0078320_13443446.jpg
もしかすると一緒にいられる時間は他の子よりは少ないのかもしれません。

でも一日でも一週間でも、この子に人から愛される喜びを教えてくださる
そんな優しい家族が見つかってくれれば
そう願わずにはいられません。





最終部屋で待機をしている以下4頭。

そのうちメス2頭は別の部屋に移動になりました。

ここは最終部屋。
選定に漏れてしまった処分決定の子達も当然ながらいます。

収容頭数が多い状況の中
譲渡対象として生きる道が残された子達と
明日がもうない子達と

同じ時を同じく空間で過ごしていても
その後の運命は大きく違います。

運よく救われる子達ばかりではない現実を
多くの方に知っていただきたいと思います。

f0078320_21310270.jpg


以下写真とコメントを先週のものから引用しています。

最終部屋で待機。
※4/18よりレポートに登場 (4/17他抑留所より移送)

茶黒白 メス 2歳ぐらい 16-17キロ
とても人懐っこくて、甘えん坊な女の子です。
愛嬌があり、思わず駆けつけて頭を撫でたくなるような
そんな親しみやすいオーラのある子です。

身体はそこそこ大きく、元気もあるので
ご年配の方には向かない子かもしれません。
家庭犬としてはすぐに再出発できそうだと思いました。
f0078320_21340185.jpg


f0078320_21340897.jpg


f0078320_21341409.jpg


f0078320_21342168.jpg


f0078320_22195434.jpg





D部屋に移動になりました。

※4/18よりレポートに登場 (他抑留所より移送)
白茶 メス 6歳ぐらい 12-13キロ(太りぎみ)
緊張していたのか、壁にもたれかかりながら
静かに人の動きを目で追っていました。
でも人馴れはしているようで、問題なく撫でさせてくれて
抱っこもできました。
個性的なお顔はオンリーワンの魅力があり
少し困ったような表情が可愛らしい女の子です。
小ぶりですがぽっちゃりしているので体重は見た目よりあります。
f0078320_22001229.jpg


f0078320_22002023.jpg


f0078320_22002692.jpg


f0078320_22003231.jpg


f0078320_22003825.jpg


f0078320_22004434.jpg


歯の状態はかなり悪いですが
食べ物の影響によるのかもしれません。

白内障などは出てきていませんので
そこまでシニアではないと思われます。





最終部屋で待機。
※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
ビーグル オス 10歳前後 12-13キロ
下で紹介のビーグルメスと一緒に飼い主に持ち込みされた子です。
すぐにシニア犬だとわかりましたが
まだまだ元気があり、健気なほど人に心を開いています。
ウサギ狩りに使うために飼育されていたようですが
歳を取り不用になったということなのでしょうか・・。
こんなに人を疑うことを知らない子を
なぜ最期までみてあげないのか理解に苦しみます。

f0078320_22102024.jpg


f0078320_22102681.jpg


f0078320_22103455.jpg


f0078320_22104134.jpg


f0078320_22104641.jpg


f0078320_22105117.jpg

一度も爪を切ってもらったことが無いにしても
ここまでになるのでしょうか?
一部は肉球に深く刺さって腫れあがっていました。
お世話されていなかったのは一目瞭然です。
(この撮影の後、センターの方が爪を切ってくれました)







C部屋に移動になりました。
※4/18よりレポートに登場 (4/6引き取り:他抑留所より移送)
ビーグル メス 10歳前後 10キロ弱
乳腺腫瘍あり
↑上のビーグル オスと同郷で飼い主持ち込みだそうです。
最終部屋から出してもらって
不安だった気持ちが一気に溢れたのか
ヒーンヒーンと切ない鳴き声を上げていました。


現在、収容頭数が多く、空き場所がないため
しばらくはまだ最終部屋にいるしかないそうで
最終部屋に戻す時に、嫌だと伝えてきました。
性格はオスよりもやや控えめですが人馴れ問題なしの子です。
シニアですが、残りの犬生を温かく迎えてくださる方が見つかりますように。

f0078320_22171372.jpg


f0078320_22171952.jpg


f0078320_22172874.jpg


f0078320_22173604.jpg


f0078320_22174558.jpg


後脚に大きなイボのようなものがありました。
年齢を考えるとあっても不思議ではないかと思います。

f0078320_22182409.jpg


判りづらいですが、上の右側乳房に乳腺腫瘍が見られます。



レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-27 13:49 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート D部屋     5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※4/18よりレポートに登場 (4/3他抑留所より移送)
▽テリア メス 3歳ぐらい 11-12キロ
先週最終部屋から選定された子です。
選定された後でこちらの部屋に移動になりました。
この部屋の中では一番人に近づいてくる子です。
でも、触ろうとするとちょっと後ずさりしたりして、
少し慎重な様子が伺えます。

撮影をしていてこの子に注目していない時には
知らない間に近づいてきてずっとクンクンと匂いを嗅いでいました。
人に興味はあるようです。
薄茶というよりもゴールドに近いような毛色をしていて
お人形さんのようなきれいな色です。
目の色も琥珀色のような感じで外人さんのようです。
f0078320_02144201.jpg
f0078320_02151515.jpg
f0078320_02155125.jpg
f0078320_02162232.jpg
長毛ですが、身体の毛も綺麗に切りそろえられており、
人に飼われていたことは間違いないと思われます。
少し臆病ではありますが、それほど人は怖いとは思ってなさそうに
感じました。
人馴れもそれほど時間がかからなさそうです。
他の子ともうまくやっているようですので、
他犬との相性は悪くなさそうです。
来週以降もう少しよく様子を見てみたいと思います。
f0078320_02280657.jpg
f0078320_02275636.jpg
f0078320_02282262.jpg



※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度⇒13-4キロ
収容当初はもっと幼い感じがしていましたが、
大分お姉さんっぽくなってきた気がします。
収容室にいた頃はロープをかけられることに
とても抵抗していましたが、こちらの部屋では自由に
動き回れるので、少し落ち着いてきたように思えます。
それでもこちらに近づいてくることはありませんし、
まだまだ警戒心は強いようで逃げていきます。
f0078320_01034716.jpg
f0078320_01031787.jpg
f0078320_01024703.jpg
f0078320_01021713.jpg
写真ではなかなか伝わらないのですが、
茶色でも少しグレーがかったような珍しい色の被毛です。
足先には白い毛があり、まるでソックスをはいているかのような
柄になっています。
やや長毛でふさふさの被毛はさわり心地が良さそうです。
ビビリちゃんは目を合わせないようにする子が多いのですが、
この子はまだ子犬から成犬になりかかったくらいなのもあり、
カメラにも興味があるのか、こちらをしっかりと見てくれる
ことが多いように感じます。
なんとかこの子とも仲良くなれたらいいなと思います。
f0078320_01105068.jpg
f0078320_01105909.jpg
f0078320_01111668.jpg



※3/14よりレポートに登場(3/9他抑留所より移送)
▽茶白 メス 3ー4歳 12-13キロ
とても大人しく、一人で皆から離れたすのこの上にいました。
人馴れしているという子ではありませんが、
ゆっくり近づいてあげれば身体を触ることが出来ます。
急な動きが苦手なのだと思いますが、
まだどう人と接していいのかわからないという感じにも見えます。
何度もお産をしたことがあるような大きなお乳と、
顔にある無数の傷が、この子の過酷な過去を彷彿とさせます。
f0078320_01360213.jpg
f0078320_01361059.jpg
f0078320_01363527.jpg
f0078320_01364551.jpg
身体や頭を触ってもお口が出るようなこともありませんでしたし、
緊張でガチガチに固まっているという感じではありませんでした。
人と一緒に生活していく中で、きっとこの子も少しずつ
人との接し方を覚えていくことと思います。
たくさん子育てをしてきたと思われるこの子が
今度は幸せになる番です。
f0078320_01481687.jpg
f0078320_01480555.jpg
f0078320_01482503.jpg



※1/31よりレポートに登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
少し困ったようなお顔がチャーミングな女の子です。
臆病な子なのでゆっくりと近づこうとしたのですが、
真っ先に逃げ出していってしまいました。
以前のレポートでは落ち着いたまま近づくことが出来た、と
ありましたので、この部屋に久しぶりに入った私が
何をする奴なのかわからず、怖かったのかもしれません。
とてもあどけないお顔をしているこの子は
まだまだ幼いようですので、もっともっといろいろなことを
経験させてあげたいと思います。
f0078320_02441191.jpg
f0078320_02441944.jpg
f0078320_02443490.jpg
f0078320_02450385.jpg
もう少し時間をかけて接してあげれば
それほど驚かずにいられるのかもしれません。
収容室にいた頃は、とにかくロープが怖くて
ロープを噛みきろうとしていましたが、
お散歩の経験がない子だとしたら仕方がないかもしれません。
身体の動きを拘束される経験がないのでしょう。
ロープは噛みきろうとしていましたが、
その際に人に対してお口が出ることはありませんでした。
まだまだ幼いこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_02531460.jpg
f0078320_02533949.jpg
f0078320_02532624.jpg



※3/28よりレポートに登場 (3/16他抑留所より移送)
▽茶白 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 17-8キロ
この部屋の中では皆より身体が一回り大きいのですが、
とても大人しいのでそれほど存在感は大きくありません。
この子は他の子たちと群れることはなく、
独りでいることが多いようです。
短毛なのですが、全身の毛がまるでパーマをかけたように
クルクルとウエーブがかかっていて、とても特徴的です。
まだ慎重にこちらの様子を伺っているようで、
どの写真もほとんどが上目遣いのものばかりです。
f0078320_03033406.jpg
f0078320_03034365.jpg
f0078320_03044518.jpg
f0078320_03035237.jpg
すのこの上で伏せている時にゆっくり近づこうとしましたが
警戒しているのか、動きは素早くはありませんでしたが
その場から逃げていってしまいました。
その時に身体を触ろうとしましたが、お口が出ることはありませんでした。
まだこの環境に馴れていないのもあるかもしれませんが
それでも基本的な性格は穏やかな子のように感じました。
人が怖いものではないんだと、早く教えてあげたいと思います。
f0078320_03121632.jpg
f0078320_03122567.jpg
f0078320_03123562.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-04-27 02:06 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート 子犬舎     10頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<2-5> 3頭

f0078320_111858.jpg

この3頭は、ビビリを助長しあっているように感じます。
しかし、誰ヒトリとして怖さから転じてお口の出る子は居ません。
この日は、小部屋の入り口を開けると1頭が慌てて出て来てしまい、
それを追うように他の子達もバタバタと出て一回りし、
元の場所に戻って固まりました。







※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中・耳・頭に薄茶のブチ オス 7ヵ月ぐらい 5-6キロ 8キロぐらい

はじめに一通り動き回らないと居られないようで、
私達の足の隙間を忙しなく移動していました。
f0078320_164027.jpg

f0078320_17377.jpg

f0078320_172813.jpg
バタバタと動いた後、
なぜかこのような恰好で固まってしまいました。


f0078320_174525.jpg

f0078320_175410.jpg

f0078320_181728.jpg

f0078320_182796.jpg

f0078320_19858.jpg
触ることもできますし、
抱っこもできるようになっています。

以下 ↓ 以前のコメント転用
同部屋の茶色の子が今まではすぐに壁をよじ登り、
必死になって逃げていたのをこの子も真似しているのか
窓枠によじ登ろうとすることが多く、
今日は茶色の子が動かずにじっとしていたのに、
この子だけが上によじ登ろうとしていました。
それでも、登ってしまうわけではなく、
ちょっと逃げようとする姿勢を見せるだけで終わりました。

必死になっているように見えますが
近づいて横からこの子を見てみるとじっと外を見ていたりして
本気で逃げようとしているわけではないことがわかります。
窓枠に前脚をかけている時に撫でても嫌がりませんでした。
少し離れたところから見ていると
こちらをじっと見ていることもあり、
そこまで怖がりではないのかもしれません。
茶色の子が落ち着いてくれれば、
この子もよじ登ろうとしなくていいと理解してくれるかもしれません。






※2/14よりレポートに登場(2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 7ヵ月ぐらい  5-6キロ? 8キロぐらい

いつもはジッと動かずのこの子も、
この日は皆に乗り遅れることなく、最初は動き回っていました。
f0078320_119682.jpg

f0078320_1191652.jpg

f0078320_1192723.jpg

f0078320_1193768.jpg

f0078320_1194982.jpg
かなりぎこちなくではありますが、
抱っこもできました。
緊張から大量のビビリウンも出ました。
人と過ごし、毎日繰り返すことで落ち着いてくるのではないかと思います。

以下 ↓ 以前のコメント転用
こちらの子はほとんど動きがなく、
じっと伏せて固まっていることが多いです。
それでも数週間前は、茶色の子と共に↑の兄弟までもが
必死になって窓枠によじ登ろうとしているのを見て
この子まで真似していましたが、
また大分落ち着いてきたのかもしれません。
撫でてあげようとゆっくり近づけば逃げ出すことはありません。
人とどう接していいのかわからないようです。
まだまだ子犬のこの兄弟にも人の暖かさを教えてあげたいです。







※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 8ヵ月ぐらい 6-7キロ?8キロ弱?

同部屋の白い子達より一回り小さく、
8キロないように感じました。
この子もよじ登る行動から、この日は走り回る行動をしていました。
f0078320_1261987.jpg

f0078320_1262973.jpg

f0078320_126422.jpg

f0078320_127349.jpg

f0078320_1272759.jpg

f0078320_1273859.jpg
身を固くし、持ち上げられないように小さくなっていましたが、
それだけで抵抗をするわけでもなく、
決して歯を当てようとする行動もなく抱かせてくれました。

f0078320_1275177.jpg

f0078320_128676.jpg
お口にいれたオヤツを食べる余裕もないほどいっぱいいっぱいで、
こうすることが可哀想になりますが、
害はないのだと気づかせてあげたい。それだけです。
必ず通じると信じています。

f0078320_1252962.jpg
下ろすと放心状態だったのか、
すぐに壁にめり込むようなことはしませんでした。

以下 ↓ 以前のコメント転用
今日はゆっくりと部屋のドアを開けると
上によじ登ろうとはせず、頭を必死に壁にくっつけて
その場に固まっていました。
先週もよじ登ろうとする行為はせずに固まっていたようですので
少し落ち着いてきたのかもしれません。
先週は抱き上げることもできたようでしたが
今日は抱っこはしないでおきました。

とにかく、人から逃げようと必死になるところから
固まってでもじっとしていられるようになったのは
少し進歩だと思いました。
ここにいる間は全てが怖くて人馴れも進みませんので
まだ子犬のこの子には人の優しさを伝えてあげられるように
一日も早く家庭で人との生活を経験させてあげたいです。








<2-6> 2頭


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ

人馴れが進んでいるようでいて、そうでもないようで、
思った以上には仲良くはなれず歯がゆいです。
小部屋に入った瞬間は引き気味な態度で、遠巻きに私達を見ていました。
f0078320_136479.jpg

f0078320_137012.jpg

f0078320_1371221.jpg

f0078320_1373118.jpg

f0078320_1374464.jpg
オヤツをあげながら、少し時間をかけると、
少々乱暴に触っても満更でもない様子で、
その場に留まりジッと撫でさせてくれます。

f0078320_1375483.jpg

相変わらず、後足を残して食べていました。

以下 ↓ 以前のコメント転用
この子もここでの生活が半年を経過しました。
いつも元気に部屋の中から吠えていますが、
部屋に入ってしまえばぴたりと吠え声はやみます。
最初だけ慎重な様子を見せますが、
時間がたてばそれほど警戒することもなく
おやつをねだって近づいてきます。
カメラにも興味を示して近づいてきたりすることもあり、
さすがまだ若い子で好奇心旺盛だなぁと感じます。

毎週同じような反応なので、思った以上に人馴れが進まないのは
とても残念でなりません。
これだけ人にも近寄って来る子ですので、
家庭に入って人と一緒にいる時間が長くなれば
きっと人馴れもグングン進むのではないかと思います。

収容当初は真っ黒な被毛だったのが、
段々と茶色が増えてきて、今ではお顔は真っ黒ですが
身体はこげ茶という感じになってきました。
今日は胸のあたりをずっと撫でてあげたのですが
気持ちよかったのかうっとりした表情も見せてくれました。
もっともっとこの子に気に入ってもらえるように
たくさんスキンシップをはかりたいと思います。








※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ14-15キロ

以前のコメント転用
いつもは子犬舎の外から見ていると
この子が外に向かって激しく吠えていることが多いのですが
今日はこの子のそういた姿を見ることはありませんでした。
部屋の中に入るとやはりおとなしくしており、
少し元気がないように思えました。

ドアを開けて中に入ると壁に向かってじっとしていて
こちらを向いてくれることはありません。
身体を触ると一瞬ビクッとしますが
撫でることには抵抗することはありません。
おやつも手から食べることができます。
同室の子が食いしん坊ですぐに横取りしようとしますが
この子のお口に直接入れてあげられれば
おいしそうにモグモグと食べてくれます。
なかなか人馴れが進みませんが、
逃げ回るような子ではないので、ゆっくりと時間をかけて
今後も接していければと思います。
f0078320_15434483.jpg

f0078320_15435852.jpg

f0078320_15441741.jpg

f0078320_15443742.jpg

f0078320_1545055.jpg

f0078320_15451738.jpg

f0078320_15453045.jpg

以前の写真
f0078320_15492015.jpg











<2-7> 3頭



※2/14よりレポートに登場 (2/3収容)
▽黒垂れ耳 オス 1歳前後 14-15キロ

とてもツヤツヤの毛並みではあるのですが、
脱毛が広がっているように感じ心配です。
f0078320_15534683.jpg

f0078320_15535918.jpg

f0078320_15541466.jpg

f0078320_15542626.jpg

f0078320_15543941.jpg

f0078320_15545427.jpg

f0078320_1555852.jpg

以下 ↓ 以前のコメント転用
小部屋の中でも激しく吠えていましたが、
私たちが部屋に入ってからも何度も吠えていました。
警戒しているからなのか、要求吠えなのかわかりませんが
おやつを見せると吠えることをやめて近づいてきます。

人馴れ問題なしとまではいえませんが、それほど人を怖がっている様子は
見えません。
身体を触ろうとすると少し身をよじって避けようとします。
あまり触られることにはなれていないように感じました。
先週のレポートにもありましたが、
おやつが絡むと少し強気に出るところがあります。
同室の茶黒の子にあげたおやつを横取りしようとすると
茶黒の子は「やめろ!」と一喝することができましたが
薄茶の子にはおやつが絡んでいない時にも
上に乗っかり唸ったりしている場面もあり、
少し心配しましたが、「No!!」と制すると
すぐにやめてこちらを見ていましたので
諍いが起こらないようにしっかりと注意していこうと思います。

相変わらず目の周りの脱毛が気になります。
センターでもケアしてくださっていますが、
個別にケアしてあげられる環境に
一日も早く置いてあげたいと思います。








※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ10-11キロ

以前のコメント転用
この子は毎週見る度に人馴れが進んでいることを感じます。
今日もおやつに釣られて寄って来るだけではなく、
おやつを持っていなくても近づいてくることがありました。
人のことはそれほど怖くないと学習してくれたようです。

おやつをあげた時でも、それ以外で近づいてきた時でも
身体を触ったりすることもそれほど嫌がらなくなりました。
私たちが来るとおやつをもらえると学習したのでしょう。
まだ子犬ちゃんですので、もっといろいろと経験させて
経験値があがっていけば落ち着いた子になりそうです。
穏やかで賢そうなお顔をしています。
まだ腰骨が浮き出て見えるくらい痩せています。
もっと栄養をつけてしっかりした体格になれば
とても立派な男の子になると思います。

同室に新しく入って来た子犬ちゃんにも
優しく接しているようでしたので、他犬との相性も
悪くないのだと思います。
人と一緒に生活していく上で、
更に人馴れはどんどん進んでいくものと思います。
人馴れが進めば甘えん坊になりそうな子だと思います。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_1853562.jpg

f0078320_1853221.jpg

f0078320_18533739.jpg

f0078320_18535119.jpg

f0078320_1854989.jpg

f0078320_18542242.jpg








※4/11よりレポートに登場(3/29収容)
▽薄茶 オス 6-7ヵ月 12-13キロ

とても物静かで、子犬なのにこんなんで良いのかと思える子です。
先週こちらの部屋に移動してきたときはこんなに汚れてはいませんでした。
いじめられていなければ良いなと、
この様子を見て心配になってしまいました。
黒い子が側に来ると怯えて居ました。

本来は目を引くようなとても綺麗な子だと想像が出来ます。
この子のイキイキとした姿が見たいです。
f0078320_1858456.jpg

f0078320_1858176.jpg

f0078320_18583031.jpg

f0078320_18584285.jpg

f0078320_1858555.jpg

f0078320_1859862.jpg

f0078320_185922100.jpg

以下 ↓ 以前のコメント転用
身体は大きいのですが、まだまだ子犬ちゃんです。
先週収容室のケージから出すことができませんでしたが
こちらに移動してきてからもオドオドした様子は変わりませんでした。
同室の黒い子に押さえつけられるように乗られていても
反抗することも出来ず小さくなっていてかわいそうになりました。

黒い子と茶黒の子が部屋の奥にいるからか、
この子はドアの前で小さくなって伏せていました。
ドアを開けてあげると一目散に出てきて
(子犬舎の扉はしっかりと施錠した状態で出しています)
少し離れたところから私たちを見ていました。
おやつも手から食べることはできませんでしたが、
少し離れたところに投げてあげると
モグモグとおいしそうに食べていました。

まだ身体に触られることも怖いようで
触ろうとするとさささっと逃げてしまいます。
黒い子に脅かされたりして大丈夫かと心配しましたが、
自分の近くになげてもらったおやつを黒い子が
横取りしようとしたときには「やめろよ!」と意思表示できていたので
少し安心しました。
小部屋の中にこの子を戻そうとすると、
先に2頭が入っていたのを見てなかなか入ろうとせず
またまた少し心配になりましたが、
中に入れば3頭でおとなしく並んで伏せていたりしていたので
なんとか折り合いをつけてうまくやってくれそうです。








<2-8> 2頭

f0078320_190375.jpg







※2/21よりレポートに登場(2/16引き取り)
▽茶白(鼻・黒) メス 1歳ぐらい 11-12キロ

以前のコメント転用
端正な顔立ちの美人さんです。
とても穏やかで少し控えめな感じが
守ってあげたくなるようなかわいい子です。
人馴れしていて近寄ってくるような子ではありませんが
身体や頭を触っても嫌がることもなく
人の手は受け入れることができます。

同室の薄茶の子とも仲良く寄り添っていて
相性も良さそうです。
一緒に収容された姉妹のうち1頭は、一足先センターを出て譲渡先も決まりました。
是非この子にも幸せになれる日がやってきますように。
f0078320_1925297.jpg

f0078320_193523.jpg

f0078320_1931994.jpg

f0078320_19332100.jpg








※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

以前のコメント転用
アイラインがばっちり入った大きな目が印象的な
美人さんです。
この子もここでの生活が半年を迎えてしまいました。
慎重な子なのでその場にじっとしていることが多いのですが
身体やお顔を撫でても全く抵抗することはありません。

人馴れはあまり進んでいませんが、後退もしていません。
やはり人と接する時間を多くとってあげられる環境でないと
人の暖かさはなかなかこの子には伝わらないのかもしれません。
収容当初には抱っこしてもお口が出ることもありませんでした。
焦らずゆっくりと人との接し方を教えてあげれば
必ず心を開いてくれるものと思っています。
f0078320_196015.jpg

f0078320_1961436.jpg

f0078320_1963060.jpg

f0078320_1964723.jpg

f0078320_197352.jpg

f0078320_1972961.jpg




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-04-27 01:39 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート 別室      4頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) 

ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。


別室はお掃除中だったため、みんな外につながれていました。

※2/21よりレポートに登場 (2/16引き取り)
▽茶白 1歳ぐらい メス(不妊手術済) 12キロぐらい
子犬舎2-8にいる子と同郷です。
f0078320_23192934.jpg

私は初めましてですから仕方がないと思いますが、
緊張しているように感じました。

以下↓以前のコメント引用
人と暮らしていたとはいえ、多頭飼育でしたしほとんど放置状態だったのでしょう。
きっと良い思いをしてこなかったのではと想像してしまうほど、
まだ私達を怖がっていました。
この子は私が見る限り、常に誰かにくっ付いています。
以前多頭で生活をしていた時から、
他の子に守ってもらっていたのでしょうか。
f0078320_23193666.jpg
f0078320_23194436.jpg
今回は以前のレポートほどは怖がっていないように感じました。
少しずつ受け入れてくれて、威嚇はもちろん、ふるえたり、
ビビリウンなどもなく、
触ることはできませんでしたが、近付くとすーっと距離を置く感じです。

おやつは手を後ろに伸ばしてあげるとクンクンしてくれました。
もう一息かなと思うのですが、地面に置いても食べてはくれなかったので、
私たちの前で食べてくれるようになるには
もう少し時間がかかるかもしれません。
f0078320_23203400.jpg
f0078320_23210714.jpg

職員さんが迎えに来ると、私たちの横をしっぽをしまいつつも
軽快な足取りで別室に戻っていきました。
f0078320_23211431.jpg
f0078320_23211952.jpg
若くてとてもきれいな子です。
たっぷりの愛情を注いで、一緒に成長してくださるご家族の
お迎えを心からお待ちしています。









☆よもぎちゃん


※2/28よりレポートに登場 (2/17収容)
▽白茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 12-13キロ
f0078320_23420764.jpg

初めは歓迎してくれているように見えましたが、
センターの職員さんも怖がりなんですとおっしゃっているとおり、
急にビクビクしてしまい、何か怖がることをしたかしらと
こちらが驚いてしまいました。
f0078320_23442166.jpg
f0078320_23435173.jpg
f0078320_23423733.jpg

でも、先週のレポートにも
「外では少し怖がりなよもぎちゃんです。
ビクビクしていて、人の動きに敏感で
差し出すおやつも食べられたり食べられなかったり」とあるので、
今回だけではないようです。

さらに先週のレポートでは
「それが室内だと安心するのか、尻尾ブンブンで喜ぶ」とありました。
もともとの怖がりさんのうえ、外での経験不足が
大きく影響しているのかもしれません。
f0078320_23430749.jpg

f0078320_23450132.jpg



室内なら甘えることもできるようですから
家庭に迎えていただくことで人とのかかわりを深め、
よもぎちゃんが安心できる環境と認識するなかで
たくさんの経験を積むことで変化していくのではないでしょうか。
職員さんの姿に喜ぶよもぎちゃんです。
f0078320_23451124.jpg
f0078320_23454803.jpg
私たちも触れ合いを喜んでもらえるように、
引き続きよく観察してきたいと思います。









☆ピグちゃん

※12/20よりレポートに登場(12/6収容)
▼白 メス(不妊手術済) 10歳 11.05キロ(太り気味)
飼い主募集中!!No.4655

f0078320_00050933.jpg

ピグちゃんは愛くるしくてとてもおばあちゃんには見えません。
f0078320_00051876.jpg
f0078320_00052435.jpg
f0078320_00053182.jpg
先週のレポートでは
「先週訪問の際、ふら付く様子が数度あったので、
とても気になっていました。」とありましたが、
この日は過ごしやすい陽気で気分も良かったのか
元気そうにしていました。

以前は譲渡管理室にいましたが、体調管理のために別室に移動したようです。
1頭1頭の健康状態を見て、その都度対応してくださるのは
とてもうれしいことです。
とは言ってもピグちゃんは10歳です。
目の行き届く家庭で、よりきめ細かいケアを
受けさせてあげたいと思います。
f0078320_00065882.jpg
f0078320_00063925.jpg

f0078320_00210815.jpg
f0078320_00212090.jpg
f0078320_00213081.jpg
f0078320_00053888.jpg
すっかっりトレードマークになってしまった短いしっぽで
頑張るピグちゃんです。
ピグちゃんが残りの犬生を穏やかに過ごせるように
どうぞ気にかけていただきけませんか?


以下↓以前のコメント引用
尻尾に深い傷を負い、尾を失いましたが
今は傷が治癒し、ますます元気になりました。
何事にも悲観的にならず明るく振る舞うピグちゃんですが
残りの犬生、寄り添って慈しんでくれる
そんな家族がピグちゃんには必要です。
決して若くはないピグちゃんですが
迎え入れてくださる優しい家族が見つかりますように。










☆茶豆

4/27:追記
一般譲渡されたそうです。


※4/18よりレポートに登場 (引き取り:他抑留所より移送)
▽柴 オス(去勢済) 3-54歳 10.25キロ 収容室②から移動
f0078320_00562586.jpg


つぶらな瞳が可愛らしく、これぞ柴という男の子です。
f0078320_00565598.jpg
f0078320_00572552.jpg
f0078320_00585528.jpg
ずーっとこの笑顔でかまってアピール。
仔犬をそのまま大きくしたような3頭身。
愛嬌いっぱいで何をやっても憎めないタイプです。
飼われていたことは間違いなく、こんな状況になっても
めげることを知らないような明るさが満ち溢れています。

驚いたのはジャンプ力。
私たちが行った時も多分うれしくてピョンピョン飛ぶのですが
軽く1メートルは越えていました。
ブレブレですが高さはこの写真よりもっと高く飛んでいました。
f0078320_00593131.jpg
f0078320_01000232.jpg
f0078320_01003242.jpg
f0078320_01010244.jpg
職員さんのお迎えがうれしくて何度でもジャンプします。
この時も3回くらい繰り返していました。
体つきに似合わず、運動能力の高い子ですから、
庭などで遊ばせる時は高い塀で囲むなど注意が必要になると思います。
f0078320_00575541.jpg
他の犬に対しては気の強い柴らしい面が出るようですが、
犬と遊ぶ経験を重ねることで友好的になる子もいます。
まだ若い子ですからその可能性は十分あると思います。
元気な柴くんとのワンコライフを楽しみたい方
お迎えをお待ちしています。












☆柴ジイちゃん
(先週のレポート転載します)
※現在療養中です。

※2015/8/25よりレポート登場 (8/17他抑留所からの移送)
▼柴犬 茶 オス(去勢済) 10-13歳 7.22キロ

「今までの情報はコチラ」


一時体調を崩した柴ジイちゃんですが
身体の方は回復したそうです。
ただ、痴呆と思われる症状は進んでしまったそうで
同じ場所をくるくると回ってしまうため
現在は室内の広めのケージの中で過ごしています。
食欲は変わらないようで、おやつにはいつも通り反応していました。

柴ジイちゃんを引き受けていただく場合は、ほぼ看取り覚悟ということになると思います。
f0078320_1645750.jpg







レポートは続きます

by centre_report | 2017-04-27 01:34 | 愛護センターレポート