ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 04月 26日 ( 2 )

4/25センターレポート 4日目部屋   5頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



※28/8/23よりレポートに登場 (8/8収容)皮膚治療中。
▽茶 オス 2歳ぐらい 13キロくらい
いつも部屋の中をウロウロと歩き回っている子です。
人を避けるように動き回り、なかなか近くに寄ってきて
くれないので、触ることができません。

それでも、この日はかなり時間をかけてこの部屋の撮影をしていて
ずっとすのこの上に座った状態でいたところ、
とても近くで伏せて落ち着いていることができました。
やはり、ここにいる子たちには時間をかけてあげる必要があるのだと
ひしひしと感じることができた瞬間でした。
f0078320_22234064.jpg
f0078320_22235282.jpg
f0078320_22235911.jpg
f0078320_22241436.jpg
この日、一般の方が見学に来られていて、
この部屋でじっくり時間をかけて犬たちと触れ合って
くださったのですが、なんとこの子のことも撫でることが
できていました。
おそらく初めてだと思います。
とても長い時間この部屋にいてくださったので、
この子たちの警戒心も溶けてきたのでしょう。
いつも部屋をウロウロしているこの子も、
人の手が怖くないと学習してくれれば嬉しい限りです。
f0078320_22334001.jpg
f0078320_22335197.jpg
f0078320_22340369.jpg
f0078320_22341351.jpg




※28/3/1よりレポートに登場 (2/16収容)
▼茶白 オス 2-3歳 12キロ~
こちらでの生活が1年を経過してしまったこの子にも
人の優しさを伝えたくて、今日は見学の方もいらっしゃったので
センターのO看護士にお願いして、この子にロープをかけてみました。
予想通りロープをかけるまではずっと逃げ回り、
ロープをかけようとするとロープを齧ろうとしていましたが
上手にリードしてくださったので、かけることができました。

最初はそれでもかなり暴れていましたが、
部屋の隅に連れていってしばらく様子を見ていると
段々と落ち着いてきているのがわかりました。
O看護士にゆっくりと撫でられて、緊張もあったと思いますが
手を受け入れることができていました。
ロープをかけようとしている間も、かけてしまった後にも
この子はロープは齧ろうとしましたが、
人に対してお口を出すことは一度もありませんでした。
f0078320_22425708.jpg
f0078320_22423211.jpg
f0078320_22431279.jpg
f0078320_22432107.jpg

ここまでじっくりとこの子と向き合う時間が今まで取れなかったので、
こうしてゆっくりと接してあげる時間が取れたことが
本当に嬉しかったです。
新しく入ってくる子にいつも寄り添ってくれていた、
とても優しいこの子にも少しでも人の暖かさを感じてもらいたいと
願わずにはいられません。

見学者の方もゆっくりとこの子をたくさん撫でることが
できました。人の愛情は必ず犬に伝わるのだと思いました。
この子にも人の暖かさを理解してもらえるように
一日も早く家庭で人と一緒の生活を味合わせてあげたい、
ここで生活した1年を忘れられるくらい幸せになってもらいたい
そう心から感じました。
f0078320_22513653.jpg
f0078320_22514660.jpg
f0078320_22515601.jpg
f0078320_22520458.jpg




※28/2/16よりレポートに登場 (2/2収容)
▼薄茶白 オス 4-5歳? 11キロぐらい
この子も↑の子と同様にここでの生活が1年を超えています。
茶色の子とこの子はいつもこの部屋をウロウロと動き回っていますが、
この子は少し変わっており、人がすごく怖いというわけではないのか
私たち人間のすぐ側をトコトコと通っていきます。
触れる距離を通るので、近くに来た時に身体に触っても
ビクッとすることもなく、普通に触ることができます。

また、いつもはこの部屋の外にある廊下を職員さんたちが通ると
ガタガタと震えていることが多かったのですが
今日は人がこの部屋にたくさんいたにも関わらず
震えていることがほとんどありませんでした。
こちらが動くことなくじっと座っていたのも安心だったのかも
しれません。
f0078320_23034711.jpg
f0078320_23033671.jpg
f0078320_23035560.jpg
f0078320_23040499.jpg

左太ももあたりにうんちがついてしまっていたので、
「うんちがついてるってば~~」と言いながら、
目の前を通るこの子にちょっかい出しても嫌がる様子もなく
何度も何度も目の前を通っていき、触られてもへっちゃらな様子でした。
この子はきっと家庭に入ってしまえば、
人とのコンタクトも割りとすんなり取れるようになるような気がして
なりません。

この日時間をかけてずっとこの部屋にいてくださった見学者さんが
最後の方ではこの子をずっと撫でてあげることができていました。
やはり時間をかけて接してあげることの大切さを実感しました。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23154033.jpg
f0078320_23151097.jpg
f0078320_23161000.jpg
f0078320_23164429.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒 オス 4-5歳 12-13キロくらい
この子にはなかなか直接触れてみることが出来ていませんが
この日は近くに座るとじっとこちらを見つめていました。
それでもやはり少し怖いのか、後ずさりしようとすると
思ったよりもすぐ後に壁があったため、
腰をおろすと後脚が浮いてしまう状態になってしまいました。
それでもそのままの姿勢でずっといましたが、
近くに行ってもその姿勢に変化はなく、緊張しているのかな?と
感じました。
f0078320_23371523.jpg
f0078320_23370174.jpg
f0078320_23364799.jpg
この子は身体を触ろうとすると必ず空噛みをしようとするので
なかなか触るまでに至らないのですが、
周りの子たちの良い影響を受けて少し変わってくれていれば
と思います。
この子にももっと積極的に関わっていかなければ
なかなか人が怖くないものだと学習してもらうことが出来ません。
また来週以降、今度こそこの子にも接触を試みてみようと思いました。
f0078320_23400680.jpg
f0078320_23402374.jpg
f0078320_23403392.jpg



※28/8/2よりレポートに登場 (8/初旬他所からの移送)
▼黒茶 オス 2-3歳? 10キロ前後
この子は唯一この部屋で人の手からおやつを食べられる子です。
とても食いしん坊な子ですが、まだ触られることには若干抵抗が
あるようで、触るとちょっと空噛みをしようとするのですが、
今日は最初から触っても空噛みをすることはありませんでした。
大分、人の手が怖くないと学習してくれたのではないかと
とても嬉しく思いました。
それでもこの部屋をウロウロする子たちとは違い、
この子はいつも黒い子と一緒に部屋の隅で横たわっています。
もう少し動きが出てきてくれるといいのにと
ついつい欲張った気持ちになってしまいます。
f0078320_23534278.jpg
f0078320_23541040.jpg
f0078320_23535414.jpg
換毛期なので仕方がないのかもしれませんが、
少し毛が薄くなってきてしまっているように見えて
心配になりました。
収容当初はもっと皮膚の状態、被毛の状態がよくなかったのが
すっかりきれいになってきたところでしたので
古い毛が綺麗な新しい毛に生え変わっている途中であれば
問題ないと思います。
いつも黒い子にくっついていることで安心感があるのでしょう。
この子にも人との生活の中で、人の暖かさを教えてあげたいと
思います。
f0078320_00132585.jpg
f0078320_00131471.jpg
f0078320_00133556.jpg




レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-26 22:53 | 愛護センターレポート

4/25センターレポート E部屋     5頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


今週も、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)


<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(6/13他抑留所からの移送)
▼薄茶足先白 メス 3-4歳 7-8キロ
f0078320_15205226.jpg

あぐちゃんと触れ合うのは本当に久しぶりでした。
食いしん坊で人が大好きでワチャワチャだったあぐちゃんは
10ヵ月過ぎてもほとんど変わっていませんでした。
ただ、おやつに対する執着は最初に会った頃に比べると
少し落ち着いたような気がします。
f0078320_15260897.jpg
f0078320_15265173.jpg
f0078320_15265670.jpg
f0078320_15270177.jpg
私の記憶の中のあぐちゃんは、こんなふうに待っていることができず
おやつを持つ手に飛びついてきていましたし、
隙あらば手ごといただいちゃうわという感じでした。
がんばったんだね、あぐちゃん。

人と触れ合うのが大好きだけど、抱っこは苦手かな?
それとも初めてのボラさんだったから緊張したのかな?
抱き上げられると落ち着かず、おろしてほしそうでした。
f0078320_15270826.jpg
f0078320_15272471.jpg

膝の上に抱えられると体をゆだねてかわいいあぐちゃんです。
f0078320_15372757.jpg
f0078320_15273759.jpg
f0078320_15274154.jpg
私たちが部屋に入るとうれしくて、目をきらきら輝かせて
ケージの扉が開くのを待っているのですが、
戻るときも抵抗せず入ります。
こちらの行動と自分がどうすべきかを理解しているんですね。

私たちがレポートを書くために触れ合っている分には
何の問題もないあぐちゃんですが、ずーっとレポートに書かれているように
焼きもちからなのか他犬に対してはとても厳しいようです。
相性もあるのかもしれません。
トレーニングされていない、他犬と触れ合ったこともない。
そのための接し方が分からないのかもしれません。
その辺も含めて、しっかりトレーニングし
お散歩の時の他犬への対応がしっかり出来る方であれば
家族として一緒に暮すことに問題はないと思います。
f0078320_15505642.jpg

あぐちゃんはレポート担当者が変わっても、
人には本当に従順でかわいらしく甘えてくる子です。
食への執着も以前に比べて良くなってきたと思いますし、
家庭に入ってあぐちゃんの気持ちが安定し、
心から安らぐことができれば落ち着くのではないでしょうか。
あぐちゃん1頭だけを大事にしてもらえる方が理想ですが、
かわいい甘えん坊を迎えてくださる方を大募集中です。








<E-3>

※2/7よりレポートに登場 (11/21収容)
▽白茶 オス 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)
f0078320_16165874.jpg

初めて会ったのですが、とにかく優しい子です。
もちろんケージの中でおとなしく待っています。
年齢はシニアの範疇に入り、そのための落ち着きもあるかもしれませんが、
この子の持って生まれた性質が穏やかなのだと思います。
私が飼い主だったら、いろんな所へ連れて行って
自慢したくなるくらいお顔も性格もかわいい男の子です。
f0078320_16170383.jpg
f0078320_16170882.jpg
f0078320_16171398.jpg
おやつも「ガッツク」なんて言葉はこの子の辞書にはないと思います。
そ~っと「いただきます」と優しくくわえます。
人を癒すためにいる子のように思いました。
f0078320_16171895.jpg
f0078320_16174071.jpg

気づいたら隣で寄り添っているような
程よい距離感でじょうずに甘えてくる子だと思います。
犬との落ち着いた生活を望まれるご家庭にぴったりではないでしょうか。
もっとも、今は腰骨がくっきりで痩せすぎですが、
栄養を付けてバランスよい体型になったら活発な面も見られるかもしれません。
f0078320_16172777.jpg
f0078320_16180889.jpg
f0078320_16175236.jpg
この子に限りませんが、そもそもどうしてこんないい子が
ここにいるのでしょう。
これまでのレポートにもあるようにアイコンタクトも取れますし、
こちらの言っていることも理解し、お座りもじょうずにできます。
お手らしきしぐさも見せてくれました。

f0078320_16173542.jpg
推定7~8歳というシニア期の年齢ですが、まだまだ若く、
この子が楽しい経験を積み重ねる時間はたっぷりあります。
これからの犬生を愛情いっぱいで満たしてくださる
ご家族のお迎えを心からお待ちしています。









<E-4>

☆八右衛門(はちえもん)

※1/10よりレポートに登場 (12/26収容)
▽白 オス(去勢手術済) 3-4歳 13.45キロ
「飼い主募集中!No.4679」
f0078320_21413653.jpg
ケージの中で「早く出せ、早く出せ」と大騒ぎしています。
出したら出したで、うれしいのとおやつがほしいのとで落ち着きがなく、
写真が撮れないので抱っこをしても
ピチピチ元気なコイのようにはねています。
ちょっと残念な紀州犬とでも表現したくなるような
個性的な風貌で憎めない八右衛門です。

f0078320_21422271.jpg
f0078320_21430365.jpg


f0078320_21425088.jpg
一般譲渡対象犬になっている八右衛門は、
天気の良い日にはドッグランに出してもらえます。
この日はドッグランで日向ぼっこをしてのびのびしていたせいか
八右衛門にストレスは感じられず、短い時間でしたが
終始楽しそうな表情を見せてくれました。
f0078320_21415804.jpg
f0078320_21420124.jpg
f0078320_21420531.jpg
f0078320_21420998.jpg


f0078320_21415179.jpg
推定年齢3-4歳ということですが、仔犬のようなきれいな歯で、
目もキラキラ、動きも溌剌としていてとても若々しいです。
f0078320_21424308.jpg
f0078320_22013486.jpg
おやつを目指して人に飛びついたり、
元気すぎてじっとしていることがなかなかできませんが、
教えてもらえなかっただけだと思います。
若くて可能性いっぱいの八右衛門は一緒にあそんでくれる
ご家族のお迎えを待っています。








<E-6>

※2/14よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目周り茶ブチ メス 3歳くらい 16-17キロ
f0078320_22114561.jpg

お顔も性格もとても優しい女の子です。
先週レポートには、
「他の子を外で撮影して構っていたりすると
小さくウ~~と唸ったりするような様子が見られました」
とありましたが、そんな様子はなく終始穏やかでした。
ハンドシャイな部分も見られたようですが、
撫でても両手で頭をくしゃくしゃしても受け入れてくれて
人の手は怖くないと分かってくれたようです。
f0078320_22114945.jpg
f0078320_22115320.jpg
f0078320_22115992.jpg
f0078320_22120997.jpg
環境が変わると多少退行することがあるかもしれませんが
人馴れは全く問題ない子だと思います。
抱っこは慣れていないようですが、暴れるでもなく歯も見せてくれました。
この子の体の割に、歯が小さいように思いました。
f0078320_22121464.jpg
f0078320_22122019.jpg
f0078320_22122903.jpg
f0078320_22131623.jpg
今の体重は16キロ前後だと思いますがガリガリです。
手足も長く骨格がしっかりして大きいので20キロくらいは
あってもいいと思います。
何度も出産したと思われるお乳とパサパサの被毛から
この子のこれまでの生活が厳しいものだったことが伺えます。
f0078320_22131278.jpg
f0078320_22132051.jpg
この子が1日も早くかわいい笑顔を取り戻せるように
優しいご家族のお迎えをお待ちしています。









<プール内>

※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 8歳くらい 6-7キロ
f0078320_22365069.jpg
私たちが到着したときはドッグランにいて、
のんびりおとなしくしていたと思ったのですが、
この日もいつものように、ほかの子を構っている間は
吠え続けていました。
とにかく自分に注目してほしい要求吠えのようで、
抱っこするとピタッと止まります。
今まで吠えていたのは私じゃないわよとでも言いたげです。

f0078320_22362075.jpg
f0078320_22373551.jpg
この年齢とかわいらしさでセンターにいる理由が
この要求吠えだとしたら、この子が気の毒でなりません。
この子の要求を通してしまった飼い主に責任があるわけで、
この子には何の責任もないのですから切ないです。
下におろすとこんな顔で吠えて訴えます。
f0078320_22390825.jpg
でもお口が出ることはありませんし、威嚇もありません。
ただただ構ってほしいだけなのでしょう。
いつも抱っこしているわけにはいきませんが、
自分を見てくれている、愛情をもって接してくれている
そんな人の存在が身近にあれば落ち着くのではないでしょうか。

f0078320_22382599.jpg

f0078320_22383198.jpg
f0078320_22384090.jpg
当たり前のように抱っこされていたのでしょう。
とてもじょうずで慣れています。
f0078320_22384975.jpg
f0078320_22385509.jpg
f0078320_22391953.jpg
いつもいつも吠えているわけではないと思います。
私たちを見ると、抱っこされていた幸せな時間を思い出して、
余計に騒いでしまうのだと思います。
この子に限らず、1日も早く本当のご家族に迎えて頂ける日が
やってくることを願っています。






レポートは続きます。


by centre_report | 2017-04-26 16:53 | 愛護センターレポート