ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2017年 04月 13日 ( 2 )

4/11センターレポート 収容室①②  7頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


今回初めて紹介する子以外は、先週レポートより転載します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






【収容室①】2頭

※4/11レポート初登場(3/29収容)
▽黒茶白長毛 オス 2-3歳 7-8キロ
最初に見た時には、すごいオデブちゃんだと思うほど
背中を上から見るとかなり大きかったのですが
触ってみると背中の上の少し茶色がかった毛の部分が
全てかなりの大きさの固まりとなっており、
まるで亀の甲羅のように乗っかっていました。
どういう状況でこうなってしまったのかわかりませんが
この固まった毛を取ってあげれば体重ももっと軽いはずです。
そのくらい長い毛が大きな塊になっていて
この子自身も重いのではないかと思うほどでした。
見た目はポメラニアン風です。
人馴れは全く問題なく、とても落ち着きのある子のようでした。
f0078320_13283059.jpg
f0078320_13282210.jpg
f0078320_13284080.jpg
f0078320_13285084.jpg

抱っこもされ慣れているようでおとなしく抱かれていました。
見た目もとてもかわいらしく、女の子かと思うような風貌です。

ケージから出す時もそれほど騒いでおらず、
外に出してからも落ち着いていたのですが、
その後他の部屋の撮影を終え、この部屋を通った時に
まるで猿がいるのかと思うようなキーキーキャッキャという声が聞こえ
この部屋にそんな声で騒ぐ子はいなかったはず・・と思い
覗き込んでみると、なんとこの子が騒いでいる声でした。
先程とは全く違った行動に面食らってしまいましたが
ケージにいれられていることが苦手な子なのかもしれません。
最初は猫をかぶっていたのかもしれません。
今回初めて紹介した子ですので、
来週以降もう少しよく様子を見てこようと思います。
f0078320_13362982.jpg
f0078320_13363537.jpg
f0078320_13364141.jpg
f0078320_13364715.jpg



※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ
ロープを掛けるまでは顔を上げずに気配を消していますが
外に出すとしきりに隠れるところを探して
最初だけバタバタします。
すぐに観念してその場で固まりますが
その時にどのように触れようとも歯を当ててくることはありません。

この日も人のいる前でおやつを食べることができました。

美味しい物には目が無いようですので
食べ物をきっかけに近づきやすい子なのかもしれません。
f0078320_14165487.jpg

f0078320_14165990.jpg

f0078320_14170424.jpg

f0078320_14171160.jpg

f0078320_14171672.jpg






【収容室②】5頭

※4/11レポート初登場(4/3収容)
▽茶白 柴 メス 2-3歳 7-8キロ
とても落ち着きのある女の子です。
あまりにも大人しいのでシニアなのかと思いましたが
歯を見てみるととても綺麗でまだ若い子のようです。
どこを触っても怒ることもありませんでしたし、
柴特有の頑固さは感じられない子でした。

人馴れも問題ありませんが、まだ少し緊張してる様子でした。
抱っこしてあげると、あまり経験がないのか
顔をぬーんと前に出しながら上を向いてしまい、
身体もつっぱった状態になってしまいましたが
その姿もとてもかわいかったです。
f0078320_13450066.jpg
f0078320_13450818.jpg
f0078320_13451438.jpg
f0078320_13452117.jpg
抱っこは慣れていないようでしたので、
下に降ろそうとすると、今度は降りたがりません。
固まっているだけで降りるのがわからなかったのかもしれませんが
それでも必死につかまっているようでしたので
抱っこも悪いもんじゃないなと思ったのかもしれません。

おやつは緊張からか、手から食べることは出来ませんでしたが
ケージに戻してあげてると、ケージの中ではモグモグと
おいしそうに食べていました。
この環境にまだ慣れていないようですので、
来週以降詳しく様子を見ていこうと思います。
f0078320_13475995.jpg
f0078320_13484437.jpg
f0078320_13485351.jpg
f0078320_13490076.jpg




※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
▽黒茶白 メス 2-3歳 10-11キロ

外に出る時に少し抵抗していた子ですが
この日は思いのほかあっさりと出てきてくれました。
見知らぬ人に心をすぐ開けるタイプではないようですが
完全に野良っ子という感じでもありません。

触れる時も大きな抵抗はせずに
ましてや歯を当ててくることもありません。

他犬に対しては、気に強い一面がある、または
縄張り意識が強いのか
柵越しに覗きに来た犬に対して強く威嚇していました。
他犬NGかどうかまでの判断は短い時間ではつきませんので
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_15004161.jpg





f0078320_15004794.jpg


f0078320_15005228.jpg


f0078320_15013250.jpg






※4/4よりレポートに登場 (3/30他抑留所より移送)
▽甲斐犬風 メス 2歳ぐらい 9キロ前後
人馴れ抜群の甘ったれちゃんの女の子です。
とても綺麗な虎毛が甲斐犬のようですが、
実際の甲斐犬よりもかなり小柄です。
ただ、さすが甲斐犬の血が入っているせいか、
そのジャンプ力は目を見張るものがあります。
軽々と私たちの顔の高さまでこの小さな身体で
ジャンプしてみせます。
かなり運動能力が高い子ですので、脱走防止には
十分気をつける必要がありそうです。

ケージから出すと最初からテンションが高く、
ずっと動き回っておりなかなか撮影が出来ないため
抱っこでの撮影だけとなってしまいました。
ただ、落ち着きがないのもまだ若いので子犬のように
じゃれている感じが強く、とても甘えん坊でかわいい子です。
f0078320_15071442.jpg
f0078320_13571107.jpg
f0078320_13573621.jpg

抱っこされていれば大人しくはしていますが
あまり長くは落ち着かないようでした。
カメラにも飛びついて突撃してくるような
とにかくハイパーな女の子でした。
ジャンプも数回飛ぶというだけでなく、
まるで足にバネでもついているのかと思うくらい高く、
何度も何度もずっと飛び続けていました。

おやつは人の手から上手に食べることができて、
ほんの少しですがお座りらしいこともできていました。
たくさんお散歩や走らせたりしながら
この子の体力に見合った対応をしてあげる必要がありそうです。
f0078320_14035629.jpg

f0078320_15072235.jpg
↓↓
先週レポートより

f0078320_14041577.jpg

f0078320_14042187.jpg




※4/11レポート初登場(3/29収容)
▽薄茶 オス 6-7ヵ月 10-13キロ
見た目は大分違いますが、
この日引き出した薄茶垂れ耳の子犬ちゃんと
捕獲場所も同じで月齢も同じようなので
兄弟か何らかの血縁関係にあるのではないかと思われます。

少し臆病なようで、ロープをかけて外に出てきてもらおうと
誘導してみましたが、最初はかなり踏ん張って抵抗していました。
それでもなんとか外に出てきてもらいましたが、
外に出ると緊張で狭いところへ逃げ込もうとしていました。
なんとか落ち着かせようと試みましたが、
ヒャンヒャン鳴き出してしまい、かなり怖がっているようでしたので
すぐにケージに戻してあげました。
そのため、ケージの中での撮影だけになってしまいましたが、
身体を触ったりすることはでき、
その際にお口が出るような素振りは全くありませんでした。
まだまだ幼いこの子がこれ以上人を怖いと思わないように
来週以降もう少し時間をかけて様子を見たいと思います。
f0078320_14115159.jpg
f0078320_14114563.jpg

f0078320_14115941.jpg

f0078320_14120742.jpg

f0078320_14141932.jpg




※4/11レポート初登場(4/3収容)
▽茶白 オス 7-8歳 12-13キロ
とても穏やかで落ち着きのある男の子です。
人馴れは抜群ですし、こちらの言うこともきちんと
伝わっているようで、カメラ目線もバッチリ決めてくれました。
お座りも出来ますし、おやつもゆっくりと
手から優しく食べることが出来ます。

身体を抱きしめて撫でてあげると
お返しにとばかり、顔をペロペロと舐めてくれました。
こんなにいい子がなぜここにいるのでしょうか。
きっと以前はお宅で飼われてかわいがられていたと思います。
逃げてきてしまったのか、はたまた捨てられてしまったのか
私たちは知る由もありませんが、
この子にも幸せになる権利があると思います。
f0078320_14460789.jpg

f0078320_14463757.jpg

f0078320_14470787.jpg

外に出してあげている間、ずっとしっぽをブンブン振っていて
人に対する不信感は微塵もありません。
体重も適正だと思われますので、それほど放浪期間は
長くなかったのではないかと推測できます。
今すぐ家庭に入ってもすんなりと馴染める子だと思います。
ただ、抱っこだけはあまり得意ではないようです。
すぐに降りたい!と意思表示していました。
初めて犬を飼う方でもコントロールしやすい子ではないでしょうか。
どうぞこの子を家族の一員として迎えてくださいませんか。
f0078320_14531234.jpg

f0078320_14534291.jpg

f0078320_14541298.jpg






レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-13 13:51 | 愛護センターレポート

4/11センターレポート E部屋     6頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)





<E-2>

☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(6/13他抑留所からの移送)
▼薄茶足先白 メス 3-4歳 7-8キロ
あぐちゃんはこちらでの生活が10ヵ月を迎えようとしています。
今日も人が大好きなあぐちゃんは、
ケージの外に出て甘えたくて仕方がないようで
しっぽをブンブン振りながら待っていました。
扉を開けてあげると一目散に私の膝元に飛び込んできて
構って構ってとアピールしてきました。
こんなに甘えん坊なあぐちゃんがじっとケージの中で
一日を過ごさなければならない状況は本当に気の毒です。
かわるがわるメンバーに飛びついて甘えている姿を見ると
本当にかわいそうに思えてなりません。
f0078320_00255084.jpg
f0078320_00260655.jpg
f0078320_00261451.jpg

こんなに甘えん坊のあぐちゃんですが、
何度もご紹介しているように、他犬との相性がよくありません。
やきもちからきているところもあるようなのですが、
他犬へはとても厳しいあぐちゃんです。

ただ、人に対しては本当に従順な子ですので
お散歩の時の他犬への対応がしっかり出来る方であれば
おうちで一緒に過ごす分には何ら問題はないと思います。
食への執着が強く、おやつも手ごと食べてしまいそうな勢いですが
それも自分が終生暮らせるお宅で生活できるようになれば
落ち着いてくるのではないかと思います。
一頭飼いであぐちゃんを大事にしてくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_00325203.jpg
f0078320_00330115.jpg
f0078320_00331033.jpg




<E-3>

※2/7よりレポートに登場 (11/21収容)
▽白茶 オス 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)
ケージの中では騒ぐこともなく
大人しく待っていられる子なので
さすがシニアの落ち着きだなぁと思っていましたが
外に出てきて撫でてあげると静かに甘えてくる姿に
キュンとしてしまうくらいかわいい男の子です。

ベタベタと甘えてくるわけではありませんが、
とても上手に甘えてくる感じがたまりません。
かちゃかちゃ騒ぐこともなく、この落ち着きこそが
シニアの魅力!と言える子です。
アイコンタクトもばっちり取れますし、
こちらの言っていることも理解してくれそうな賢い子です。
f0078320_00411571.jpg
f0078320_00413194.jpg
f0078320_00413867.jpg
f0078320_00415314.jpg
お座りも上手に出来ますし、
おやつも優しく手から食べることが出来ました。
撮影が出来ませんでしたが、お手らしきことも
できるようでした。
恐らく元のおうちでかわいがられていたのでしょう。
シニアになってはいるものの、これだけお利口で
落ち着きもあるこの子がなぜここにいるのか
本当に理解に苦しみます。
まだまだこの子の犬生は長いと思います。
愛情を持ってこの子と一緒に暮らしてくださるご家族に
是非迎えてもらいたいと思います。
f0078320_00463508.jpg
f0078320_00464345.jpg
f0078320_00465144.jpg




<E-4>

☆八右衛門(はちえもん)

※1/10よりレポートに登場 (12/26収容)
▽白 オス(去勢手術済) 3-4歳 13.45キロ
「飼い主募集中!No.4679」
強面の見た目とは真逆な甘えん坊の八右衛門です。
私たちの姿を見ると、外に出て早く甘えたくて
ケージの中でずっと大騒ぎして、
敷いてある新聞紙をぐちゃぐちゃにしてしまいます。

想像するに、この部屋に人が入ってこなくても
廊下を人が通っただけで猛アピールしているのか、
私たちが入る前からケージの中はぐちゃぐちゃです。
それだけ甘えん坊の八右衛門ですから
外に出てくると嬉しさのあまり、全く撮影が出来ないほど
ずっと動き回り、人に飛びついたりクネクネと甘えたり
とにかく落ち着きがありません。
f0078320_01083797.jpg

f0078320_01084764.jpg

f0078320_01085894.jpg

f0078320_01090927.jpg

この日はいつにも増して落ち着きなく、
いつもならお座りも披露してくれたり、
抱っこもさせてくれていたのですが
今日は抱っこもさせてくれませんでした。
いつもの甘え方よりも、何か本当にストレス一杯な様子が見られ
雨で外に出してもらえなかった影響かもしれません。

センターの一般譲渡対象犬になっている八右衛門は
天気の良い日にはドッグランに出してもらえているので
一日こちらのケージにいなければいけない状況は
おそらくストレスになっているのかもしれません。
特徴的なお鼻が印象的なかわいい八右衛門は
きっと家族のアイドル的存在になること間違いなしです。
f0078320_01160620.jpg

f0078320_01170203.jpg

f0078320_01163111.jpg




<E-6>

※2/14よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目周り茶ブチ メス 3歳くらい 16-17キロ
臆病でおとなしい子の印象が強かったのですが、
他の子を外で撮影して構っていたりすると
小さくウ~~と唸ったりするような様子が見られました。
威嚇するというよりも、やきもちをやいている感じです。
外に出してあげると、やはり落ち着きもあり
人の手もそれほど怖がらなくなってきていて
撫でられてうっとりするような表情も見られました。
少しずつ環境に馴れてきたのかもしれません。
f0078320_01265619.jpg

f0078320_01272625.jpg

f0078320_01275617.jpg

f0078320_01282617.jpg

抱っこも大人しくさせてくれました。
まだまだ痩せすぎと思われるほどガリガリですが
それでも16-7kgはありますので、
本来ならば20Kg弱あってもいいと思います。
大きなお乳をしていて、恐らく何度も出産経験が
あると思われます。
音には敏感で、廊下で音がする度にギョッとする
様子を見せていました。
収容当初は皮膚の状態が良くなかったのですが
大分改善されてきたように思えました。
もっともっとたくさん栄養をつけさせてあげたいです。
一日も早く個別にケアしてあげられる環境に
この子をいれてあげたいと思わずにはいられません。
f0078320_01343411.jpg

f0078320_01350590.jpg

f0078320_01353569.jpg

f0078320_01360555.jpg




<E-7>

※1/31よりレポート登場 (1/5他抑留所より移送)
▽黒茶長毛 オス 2-3歳 12-13キロ
ふさふさの被毛に包まれた、
まるでぬいぐるみのようなかわいさのある男の子です。

少し慎重なところもありますが、
それほど臆病というほどではありません。
年齢の割には落ち着いていて
撫でられたりすることにも抵抗することはありません。
ちょっと控えめな感じがとてもかわいいです。
以前は人を警戒してか、吠えることもよくありましたが
今ではそういった様子は見られません。
f0078320_01453324.jpg

f0078320_01460310.jpg

f0078320_01463366.jpg

おやつも優しく手から食べてくれました。
体格はそれほど大きくないのですが
恐らく身がぎゅっと詰まっている感じなのではないかと思います。
この日、私は始めてこの子の笑顔を見ることが出来ました。
まだまだ緊張半分なお顔でしたが、
心底笑ってくれるような状況に早くなってくれたらと
願っています。
一緒にお散歩していたら、きっと皆のアイドルになりそうなくらい
かわいらしい子です。
この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_01552783.jpg

f0078320_01555877.jpg

f0078320_01562706.jpg




<プール内>

※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 8歳くらい 6-7キロ
この日もいつものように、小さな身体のこの子は
顔を思いっきり上に向けてずっと吠えていました。
他の子の撮影をしている間はずっと吠え続けているのですが
この子に注目してしばらくすると
吠えるのをやめてクルクルとプール内を回り始めます。
でもまたすぐに吠え始め、それをずっと繰り返しています。
何かを訴えているのだと思います。

プール内から外に出してあげても吠えていた、と
先週のレポートにもありましたので、
単純に自由にしてくれ、ということでもないのかな、
とも思ってしまいます。
f0078320_02064760.jpg

f0078320_02071864.jpg

f0078320_02080061.jpg

抱っこしてしまえばすっかり大人しくなります。
抱っこされるのも慣れているようで、
こうしてかわいがってもらったことがあるのでしょう。
シニアになっているこの子が何をしたというのでしょうか。
手放されてしまった理由が理解できません。
構ってほしくて吠えて私たちに伝えたいのでしょうか。
だとしたら、本当に切ない気持ちになってしまいます。

ドッグランに出してもらっていた時には
全く吠えることもなく、おとなしくお外を満喫しているかのような
この子の姿を見たことがあります。
この限られたスペースにいること、
人に構ってもらえる時間が少ないこと、
この子にとっては全てがストレスなのだと思います。
それはこの子に限ったことではないと思います。
一日も早く本当のご家族に迎えて頂ける日が
やってくることを願っています。
f0078320_02192393.jpg

f0078320_02195391.jpg

f0078320_02202341.jpg






レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-13 00:38 | 愛護センターレポート