ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターレポート(2008年10月2日)

久しぶりの秋晴れに恵まれた日、センターへ行きました。

ここはどこなのか?どうしてここにいるの?
    分からずに元気にはしゃぎ回る子犬たち。無邪気でかわいい!
分からない月齢の方が幸せかもしれません。。。
    この子達は1週間後の木曜日に行われる譲渡会に出場?するそうです。
f0078320_22455130.jpg
f0078320_224661.jpg
f0078320_22461764.jpg

            ピカピカの子犬たち。早く温かい家庭に行くんだよっ。

f0078320_2250671.jpg
f0078320_22463427.jpg

f0078320_22465149.jpg

この子達はボランティアさんから引き出しの予定があるそうで、お迎えを待っています。
鳴き声がうるさくて飼い主によって放棄されたジャックラッセル、ミニピン・・・
皮膚病がひどくて手放されたマルチーズ、黒パグ・・・。かわいい目をした猫ちゃん。

なぜ・・・?  なぜ・・・?  これらは純血種の持つ特徴、
それを承知した上で飼い始めたんじゃないの?
子犬の時、かわいかったから、だけではわんちゃんの一生を責任持って
育てることは出来ません。
ジャックの鳴き声を聞いて嬉しくるような、ミニピンの動きをみて楽しくなるような、
皮膚病のケアーをしてあげる時間が愛しくなるようでなければ、
飼い主として失格です。  それでも犬達には何も罪はありません。
                * * * * *
収容され、お迎えを待つわんこたち。でもそのほとんどの子は
人間の家族はお迎えに来てはくれません。だって、自ら手放したのですから。

曇ガラスの向こうで不安な表情を浮かべます。
f0078320_22471551.jpg

収容されたばかりの部屋の子は、まだここがどこだか分からず、
       無邪気にはしゃぐ子もいます。
でもだんだん分かってくるようで、最後の部屋の子はほとんど動きません。
       期限が近づいても、気位高く、凛としたわんこたちも。
f0078320_22475876.jpg

f0078320_22481756.jpg

f0078320_2248333.jpg

表情もこわばっていて、感情が無くなってきているようです。
       ・・・・・・みんな、助けてあげられなくて、ごめんなさい。
f0078320_22484862.jpg

真ん中くらいのお部屋に、若いと思われるMIXちゃんが寂しそうに座っていました。
何を見ているんだろう。。。   普通はじっとしている月齢の子ではありません。
       ふつうなら兄弟犬たちと元気いっぱい走り回っている年頃かな。
       飼い主さんに、かわいい、かわいい、と言われて、
       たっくさんナデナデされている年頃かな・・・。

この月齢くらいの子は、母犬からの免疫が無くなる時期で、抵抗力が弱っていることが
多いそうです。そのため、きちんとワクチン接種していないと、伝染病などの怖い病気に
感染してしまう可能性も高いそうです。
       それでもまだ若い!これから楽しい事がたくさん待っているはず。
        ///// 神様、もう一度、チャンスを下さい! /////
検疫に出していただくことにしました。なんとか、検疫が無事済みますように。。。

f0078320_2249861.jpg

一度収容部屋に入れられ何日か過ぎましたが、ボランティアさんからお声がかかり、
里親さんを探すためお迎えを待つわんこ達。
職員のみなさまも、1匹でも助けてあげようと努力して下さっています。
f0078320_22492711.jpg

前日にセンターに収容された子犬たち・・・、たくさんいたそうです。
人間の都合で、避妊去勢を怠った末に生まれてきたかわいそうな貴重な命。
譲渡会に出られるように健康状態をしばらく観察します。
里親さまに健康状態を把握した上で譲渡できるよう、職員の方たちも配慮して
下さっています。OKが出たら、晴れて譲渡会に参加です!
f0078320_22504380.jpg

これまでのセンターレポートにも何回か登場した、
       赤ちゃん犬にミルクを飲ませていたお母さん犬。
検疫は終了していましたが、行き先が無くずっとお部屋の隅っこで固まってました。

       「久しぶりのお外だね。陽射しが気持ちいいね。
             これからはしっかり大地を踏みしめて歩くんだよ!」
by centre_report | 2008-10-06 23:59 | 愛護センターレポート
<< センターレポート(2008年1... センターレポート(2008年9... >>