ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


10/10センターレポート収容室①②③  9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。





センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




【収容室?】3頭


※10/3よりレポート登場(9/22収容)
▽黒茶 オス 2−3歳 10キロぐらい


推定年齢が2−3歳ということでしたが
実際に見てみると、まだ1歳になったばかりのような
若々しさと幼さを感じる子です。

先週は近づくと小さく唸っていたそうですが
この日見た限りでは唸ることは一切なく
少し震えていて、不安気な表情でただ固まるばかりでした。
ビーグルのMIXのような、とてもキュートなお顔をしています。

お腹を見せながらコテンと転がって見せて
敵意がないことをアピールしていたようでした。
置かれた環境に今はまだ怯えていますので
本来の性格はさらけ出せていないものと思います。
時間の経過と共に少しずつ変化が見られると思いますので
よく観察してきたいと思います。
f0078320_15010601.jpg


f0078320_15010191.jpg


f0078320_15011529.jpg


f0078320_15012214.jpg


f0078320_15012871.jpg


f0078320_15013482.jpg







※8/22よりレポート登場 (8/14他抑留所より移送) 

▽茶 メス 78歳 13−4キロ

人馴れ問題なしの女の子です。
人のそばにいること自体、とても自然にできる子で
今までその朗らかな笑顔で
常に家族のそばにいたんだなということを感じさせます。
以前のように人けがなくなった時に上げる切ない叫び声は
ここしばらく聞いていません。

7−8歳とのことですが、実際はもっともっと若々しい子です。
まだまだこの子と一緒に楽しめることはたくさんあるはずです。

お尻を触れることと、抱き上げられることはあまり得意ではないようです。
とは言っても攻撃的に自己主張するような姿は全く見受けられません。

一日も早く大好きな人のもとで過ごせる日が巡ってきますように。
f0078320_15045566.jpg


f0078320_15050045.jpg


f0078320_15050445.jpg






※9/26よりレポート登場 (9/11収容)
▽薄茶 オス 5歳ぐらい 15−6キロ

今まで表情の乏しい子でしたが
段々と明るい表情を見せるようになりました。
もともとあまりチャカチャカしたところもありませんでしたが
慣れてきたという意味での落ち着きがさらに出てきたように感じます。

f0078320_15074002.jpg

教わったことがあるのか、お座りをビシッとして見せてくれました。
得意気なお顔がなんとも可愛らしいです。

f0078320_15074522.jpg


f0078320_15075017.jpg


f0078320_15080185.jpg


ケージから出した途端にソワソワしてしきりに外に行きたがり
排尿をしたいようでしたので、新聞を下に敷いたところ
その上でちゃんとオシッコをしていました。

トイレはおそらくは外派か
もしくはシートの認識があるのかも知れません。

f0078320_15080885.jpg


f0078320_15081494.jpg


f0078320_15081947.jpg

一度は人が教えたであろうことを
今でも律儀に守っている姿を見ると
犬とはつくづく健気な生き物だと感じてしまいました。






【収容室?】3頭


※10/3よりレポート登場(9/25収容)
▽白茶 オス 1歳未満 8キロぐらい
おそらく生まれついてのものと思われますが
前脚はX脚のようで両足共に外側をむいています。
後脚は軽いナックリングのような症状が見られます。
でもそんなことはなんのその。
この子自身は全く不便を感じている様子はなく
もちろん悲観的でもありません。
明るさいっぱい、元気いっぱい、人が大好きな明るい男の子です。
小ぶりで身体が軽いのも幸いしているのかもしれません。
抱っこも大好きで、人への信頼はとても厚い子です。

ケージの中では吠えてアピールしていましたので
落ち着きのない子かと思いきや
外に出て少し触れ合って満足すると、ちゃんと落ち着けるようで
皆の顔を見ては嬉しそうに笑い顔を見せていました。

f0078320_15110024.jpg


f0078320_15110652.jpg


f0078320_15111893.jpg
f0078320_15111156.jpg


f0078320_17572798.jpg





※10/3よりレポート登場(9/25収容)
▽白茶 オス 3歳ぐらい 15キロぐらい(痩せ気味)


秋田っぽい子がいると聞いてはいましたが
実際に見てみると、なるほど確かに秋田犬の子犬のように見えました。
でもれっきとした成犬のようです。
先週と同じく、外に出したとたんに長いオシッコをしていて
自分のスペースは決して汚したくない子なのだと思いました。

いたずらっ子そうな、いかにも元気いっぱいなヤンチャなお顔していますが
意外に落ち着きがあり、人の顔をよく見ていました。
お座りもできるので、ある程度ちゃんと可愛がられ
コミュニケーションもとってもらえていた過去が垣間見えます。

適正体重はプラス2〜3キロだと思いますので
そうなるとそこそこな大きさになりますが
扱いやすい子だと思いますので
大き目な中型犬と暮らしたことのある方でしたら
問題なく一緒に過ごせるのではないかと思います。

f0078320_18003525.jpg


f0078320_18004051.jpg


f0078320_18004754.jpg


f0078320_18005254.jpg


f0078320_18005823.jpg


f0078320_18010292.jpg







※8/29よりレポートに登場(6/15収容)
▽ビーグル雑? メス 4−5歳 12-13キロ

ケージ外に出す最初だけトルネードしながら命一杯抵抗します。
頭を壁で打たないように
こちらも最初だけはガッチリとホールドしますが
不安な気持ちでいっぱいでしょうに、お口が出ることはありません。

落ち着くまではただただジッと待つしかありませんが
もう何度かこの行為を続けていますので
落ち着くまでの時間は格段に早くなりました。

興奮で目が充血してしまうのですが
それが落ち着くまで待つと、呼吸もゆっくりになり
心臓のドキドキも収まってきます。
最終的には身体の力が抜けるまで待ちますが、その時に
撫でる手には一切嫌がったり抵抗したりすることはなく
触れられたりすること自体が嫌なわけではないようです。

他の野良っ子達のように、人と接すること自体経験がない
という感じではなく、何かトラウマを抱えているような
人に対して不信感を募らす何かがあったのではないかと思います。
人に心を開くようになるには時間はかかるかもしれません。
温かい家庭で、じっくり向き合ってくださる方に出会えますように。

f0078320_18031160.jpg


f0078320_18031763.jpg

↓頭を打たないよう最初だけホールドします。

f0078320_18040764.jpg


f0078320_18032791.jpg


f0078320_18032280.jpg


f0078320_18044805.jpg





【収容室?】 3頭

※10/10レポート初登場 (9/28収容)

▽茶白 オス 7歳程度 13キロぐらい

人馴れしていて、友好的なオーラをまとった男の子です。
まあるい目がキラキラしていて、若々しく見えましたが
歯は結構汚れていて、シニアに差し掛かった年齢ということが分かりました。

ついこの間まで人のそばでニコニコしながら過ごしていた
そんな感じを受ける子です。
どんないきさつで此処にたどり着いたのでしょうか。

お座りもでき、落ち着きもあります。
力任せに飛びついて来たりということもありません。
これから時間の経過と共に変化も見られるかもしれませんが
見た限りでは問題なさそうな子のようでした。

f0078320_18081366.jpg

f0078320_18082496.jpg

f0078320_18081851.jpg

f0078320_18080246.jpg

f0078320_18080831.jpg
尻尾が途中で切れていて
自分でもしきりに舐めたりしてしまうようです。
f0078320_18082871.jpg
自分でこうしてしまったのか
それとも、事故か何かで尻尾が千切れ
それを気にして舐めてしまうのか

痛々しいですが、この状態になったのは少し前のようです。
f0078320_18083315.jpg






※9/19よりレポートに登場 (9/8収容)
▽薄茶 オス 6−7歳 11−2キロ

順番に撮影していたのですが
しきりに出して出してとアピールしているなと
思っていたら、どうやらトイレを我慢していたようです。
ケージから出すと、扉に一直線で
しきりに外に行きたがっていました。
しばらく外を歩いてからトイレをしたい子なのかもしれません。

この日は新聞紙を広げてそこで様子を見たら
しばらく経ってから渋々そこでしていました。

最初に見た時は感情がイマイチわかりずらく
ほわわんとしていただけでしたが
最近は随分と表情が出てきたと思います。
シニアに差し掛かる頃ですが、まだまだ元気はあり
大人の犬の落ち着きもあり、扱いやすい子だと思います。
f0078320_18093709.jpg

f0078320_18094202.jpg





※10/3よりレポートに登場(9/15収容)
▽茶 オス 3−4歳 11-12キロ

手からおやつを食べるものの
先週はロープを嫌がって唸ったり
ロープを外そうとすると嫌だと意思表示していたとのことでしたので
この日はロープなしで接することにしました。

ここに連れてこられた時も、捕まった時も
使ったであろうロープには、良いイメージがなくて当然です。

おやつは喜んで手から食べることができ
離れようとすると、追うようにケージから身を乗り出していました。

しばらくはおやつを与える手と、ロープを持つ手は一緒だと
無理をさせずに教えたいと思います。
f0078320_18114618.jpg

f0078320_18114071.jpg

f0078320_18115563.jpg

f0078320_18120135.jpg

f0078320_18120579.jpg

f0078320_18121252.jpg
雪解けの日が早く来ますように。



レポートは続きます。


by centre_report | 2017-10-12 21:18 | 愛護センターレポート
<< 10/10センターレポート E... 10/10センターレポート A... >>