ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8/15センターレポート 子犬舎    8頭



姫菜ママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)




<2-5>3頭

f0078320_11082027.jpg




※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7ヵ月程度 7-8   8-9キロ


この日は逃げるタイミングをなくしてしまい
小部屋の中で小さくなっていました。
体を触っても抱っこをしても、攻撃的なところは全くありません。
怖がっていますが、パニックになるほどではなくて、
人の様子を落ち着いて見ています。
声を出すこともなく、どこを触られてもジッと固まって我慢していました。
人と目が合うことも多いので、家庭に入れば学習のスピードも速いと思います。

緊張しているため、オヤツを食べることはできませんが、
小部屋のカギを閉めて人が見ていなければ、食べられます。
食べている所を撮影しようかと思いカメラを向けていると
すぐ気づいてピタッと食べるのを止めてしまいました。

まだ子犬ですので、環境が整えば人馴れは早いと思います。
ビビりっ子同士で固まっているこの環境では、なかなか人馴れは進みません。
少しでも早く家庭に入って人との関りを経験させてあげたい子です。
f0078320_11144703.jpg

f0078320_11165936.jpg

f0078320_11164069.jpg

f0078320_11162317.jpg

f0078320_11154273.jpg





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ? 9-10キロ

以前のように、扉を開けた途端に柵を登る、ことはありませんでした。
人の様子を見ていて、小部屋の扉を開けるとサササッと飛び出して
端っこでウンチとオシッコをしていました。
ビビションという感じではないような気もしました。
逃げ回っている所をパッと抱っこすると、やっぱりビビウン!
しばらく抱っこしていると以前より早く力が抜けていました。
膝の上に乗せて頭から背中を撫でながら声をかけている間、
飛び降りようともしないで抱かれていました。
撮影するために一緒にいたメンバーに抱いてもらうと、またビビウン!
それでも抵抗することなく抱かれていました。

少しづつ人に対する気持ちが変わって来ていると思いますが、
やはりセンターに居るままでは限界があります。
家庭に入れて、怖くない、人は優しいと教えてあげられればと思います。
f0078320_11185881.jpg

f0078320_11191720.jpg

f0078320_11194191.jpg

f0078320_11202431.jpg

f0078320_11200057.jpg




※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 10キロ~?

小部屋の扉を開けるとバタバタと出て来て隅でオシッコをしていました。
こちらの動きを良く見ていて、素早く交わして逃げ回っています。
小部屋の隅に追い詰めるようにして、体を撫でてみました。
はじめは「やめて」とお口をパクパクさせていましたが、
しつこく撫でていると半分諦めたかのようにジッとしていました。
頭も撫でることができましたが、体が大きいので抱っこまではできませんでした。
あまり怖がらせても可愛そうなので止めておきました。

人の目を見て話を聞いているようにも見えます。
人との距離をちゃんと計って逃げているようです。
怯えているようには見えませんので、家庭に入れば学習は早いのではないかと思います。
吠えることもありません。
人は優しいよ、逃げなくてもいいんだよと、教えてあげて欲しいなと思います。
f0078320_11221727.jpg

f0078320_11223586.jpg

f0078320_11230550.jpg

f0078320_11232601.jpg

f0078320_11234602.jpg

f0078320_11240429.jpg





<2-6> 3頭

f0078320_11255493.jpg



※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽茶鼻黒 オス 生後4ヵ月ほど 4キロ程度

小部屋の扉を開けると一目散に逃げていきました。
あまりジッとしていません。
何とかして逃げようとちょろちょろしていました。
触ろうとするとお口をパクパクしていました。
声は出しませんでした。
大丈夫、怖くない、と話しかけながら近づいて撫でていると、
少し落ち着いて来て我慢できていました。

まだ幼い子です。
経験不足からくる恐怖なのだろうと思います。
他のオトナの犬が吠えている声だけ聴いていれば、
全てが怖くなってしまうと思います。
本来はまだ、親犬に守ってもらっている月齢です。
早く、安心して寝たり食べたりできる環境で、
子犬らしい好奇心全開の遊びをさせてあげたい子です。
少しでも早く、人は怖くないと教えてあげて欲しいなと思います。
f0078320_11272133.jpg

f0078320_11274402.jpg

f0078320_11280421.jpg

f0078320_11284872.jpg

f0078320_11293521.jpg



※8/1よりレポート登場 (7/27他抑留所より移送)
▽薄茶 オス 生後4ヵ月ほど 4-5キロ

他の子が小部屋から飛び出して行っても、ヒトリ隅っこで固まっていました。
ジッと動かず、目だけを動かして、怖いですと訴えていました。
攻撃性はなく、触っても動きません。
震えるようなことはなかったので、家庭に入れば
人馴れはそれほど時間はかからないのではないかと思いました。

抱っこすると、緊張はしていましたが、暴れもせずチンマリとしていました。
この子も人を良く見ています。
話を聴いているようです。
まだまだ幼犬です。
少しでも早く人とふれあって、色々な経験をして、学習して欲しいと思います。
今が大切な時期だと思います。
できるだけ早く家庭に入れることを願っています。
f0078320_11312827.jpg

f0078320_11320764.jpg

f0078320_11314976.jpg

f0078320_11324760.jpg

f0078320_11323040.jpg



※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

オヤツをもらえると知っていて、そっと近くへ寄って来ます。
ちょっと怖いのである程度の距離を保ってこちらを常に見ています。
男の子らしいイケメン君です。
お座りも覚えていて、すぐに座って見せてくれました。
触ろうとするとスルっと逃げて行ってしまいます。
同室の子犬がバタバタしていても怒るようなことなく穏やかな子です。

食べるのが好きなので、躾も入りやすいのではないかと思いました。
センターの環境では、人との関りが少ないので進歩は遅いですが、
家庭に入って密に接していけばどんどん吸収する子だろうと思います。

体つきを見ても、運動能力が高そうです。
たくさんお散歩して元気に明るく
楽しい毎日を過ごさせてあげたい男の子です。
f0078320_11343107.jpg

f0078320_11345086.jpg

f0078320_11350765.jpg

f0078320_11352645.jpg

f0078320_11354520.jpg



<2-7> 1頭

※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ
 

私たちが子犬舎に入る前から吠えていました。
自分の順番が来るまで吠えています。
小部屋の扉を開けると吠えは止みます。
扉の外へ直ぐに飛び出して、ピシッとお座りを披露してくれました。
オヤツを手から上手に受け取って食べてくれます。

触ろうとするとスルスルと逃げてしまい、触らせてくれません。
小部屋の扉を閉めて隅の方で撫でてみました。
すごく嫌そうにしていましたが
お口が出るようなことはありませんでした。
しつこく撫でていると、もう止めてと「ウ~」と声を出したので
撫でるのは止めておきました。
意思表示はしっかりできるようです。

思いっきりお散歩をして運動をたくさんして、
もっと人と触れ合って、
今以上にカッコよくビシッとお座りをして、
目を輝かせている姿を想像できるようです。
少しでも早く家庭に入って欲しいと願っています。
f0078320_11384988.jpg

f0078320_11383132.jpg

f0078320_11375480.jpg

f0078320_11371630.jpg

f0078320_11381394.jpg

f0078320_11390686.jpg





<2-8> 1頭

※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

この子に初めて会った時よりも、
顔を上げている時間が長くなったとおもいます。
立って歩いている姿も見られるようになりました。
少しは進歩しているということですね。
体を触っても怒りません。
この日は何故か頭から背中までびしょ濡れでした。
ペーパーを持って来てワシャワシャ拭いてあげると、
「やめて」と立ち上がって逃げていきました。

オヤツを床に置くと匂いを嗅いでいたので
お口の中へ入れてあげるとモグモグ食べて、気に入ったらしく、
すぐ隣にしゃがんでいるのに床のオヤツを食べていました。
これも進歩だと思います。
人のそばで食べることができたんですから。

大人しい子ですから、落ち着いた環境にいられれば
もう少し穏やかに過ごせると思います。
人馴れも環境が大きく影響しますので
早く人との暮らしをさせてあげたいと思います。
温かい家庭に迎えられますように願います。
f0078320_11411932.jpg

f0078320_11413825.jpg

f0078320_11415739.jpg

f0078320_11422162.jpg

f0078320_11424015.jpg

f0078320_11425879.jpg


レポートは続きます







by centre_report | 2017-08-16 11:44 | 愛護センターレポート
<< 8/15センターレポート E部... 8/15センターレポート B部... >>