ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8/1センターレポート 子犬舎   8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)


※一部先週レポートより転載しています。





<2-5>3頭
f0078320_22174214.jpg







※7/11よりレポートに登場 (6/27収容)
▽茶 オス 7ヵ月程度 7-8   8-9キロ

7/25:この部屋の3頭の中では一番落ち着いていると思います。
端っこに座っていましたが、顔はしっかりとこちらを向き
人の動きをよく見ていました。


同室の2頭と同じように丸まっていました。
小部屋から追い出すようにして出てもらいました。
ビビってはいましたが、すんなりと抱くことができました。
とても大人しく抱かれていて、お顔を触っても困っているだけです。
攻撃性はなく声も出しませんでした。
抱っこされているうちに力が抜けて来ました。

まだ幼い子ですので、人馴れは早いと思います。
センターにいるままでは人馴れに限界があります。
少しでも早く人と暮らして、人との関りを学習させてあげたい子です。

同室の子達の緊張が伝わっていたのか、オヤツも食べられませんでした。
楽しく子犬らしく遊べる環境で早く暮らせることを願っています。
f0078320_22180796.jpg

f0078320_22181284.jpg

f0078320_22181733.jpg
↑先週レポートより
f0078320_18363631.jpg





※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ? 9-10キロ

7/25:フェンスによじ登りそうになったら一度部屋を出て
仕切り直しした方が良いとアドバイスをもらったので
この子がフェンスに登るタイミングを逃してしまった時に
近づくようにしました。
最初の2画像は力が入っているのが分かりますが
下2画像は力が抜けているのが分かります。
力が抜けるまで待ってから下ろした方が良いとのことでしたので
力の入り具合や表情などを確認してから下ろすようにしました。


いつも小部屋のフェンスを上ってしまう身体能力の高い子です。
この日は上るタイミングを逃してしまい、小さく丸まって頭を隠していました。
抱き上げると、いつものようにビビしょん、ビビうん、緊張していました。
体を包み込むようにがっちりと抱きかかえると、別犬のように大人しく、
話しかけながら、体を撫でているうちに力が抜けて来ていました。
特に耳の後ろを掻いてあげると気持ち良かったようで、
お顔が穏やかになり、首の力も抜けたようでした。
抱っこされると安心できて、気持ちが良くて、良いことがある、
と学習して欲しいと思います。

人が来ると捕まる、怖いからフェンスを上る、フェンスを上ると人も焦る、緊張感が伝わる、伝わるから興奮する、増々怖くなる、逃げれば捕まらない、困ったスパイラルになってしまっているようなので、まずはフェンスを上らせないという所から断ち切らないとなかなか前へ進めないように思えました。

それでも、この子は咬むことはしません。
どうか、この子に温かい手が差し伸べられますように願います。
f0078320_22195851.jpg

f0078320_22200362.jpg

f0078320_22200815.jpg

f0078320_22201506.jpg






※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

7/25:動き回れるようになった分だけ
身体に触れることが少し難しくなってきました。
身体も大きくなってきていますし
抱き上げるのもそろそろ難しくなってくる頃なので
次週少し時間を掛けて接してみようと思います。


小部屋の中で小さく丸くなっていましたが、
小部屋の扉を開けると廊下へ出て隅でおしっこをしていました。
ビビしょんという感じではなく、部屋を汚したくなかったように思えました。
私と会うのが初めてだったせいなのか、オヤツを差し出しても食べませんでした。
少し緊張気味で、人が立って近づくと低い体勢で逃げ回ります。
近くで人が座っている時には背中や頭を撫でても我慢していましたが、
首の辺りを撫でようとすると小さく唸っていました。
やめてとパクパクしてはいましたが、歯が当たることはありませんでした。

人の動きを良く見ています。耳もこちらに向けて話も聞いていました。
パニックになって逃げるのではなく冷静に判断している感じです。
自分の嫌なことを意思表示もできているようです。
家庭に入って経験を積んでいけば良いパートナーになれそうです。
学習能力は高い賢い子だと思います。

f0078320_22213296.jpg

f0078320_22213950.jpg

f0078320_22214775.jpg








※8/1レポート初登場 (7/27他抑留所より移送)

▽茶鼻黒 オス 生後4ヵ月ほど 4キロ程度


写真では落ち着いているように見えますが
本当は心臓ドキドキで、一生懸命隠れるところを探していました。

一緒に移送されてきた薄茶の男の子とは血縁関係はありませんが
人に馴れていない度合いなどがよく似ています。

でもこの子の方がよく動き
怖いことがあるとじっと固まるのではなく
ひたすら隠れるか逃げるかのタイプなのだと思います。

抱き方や触れ方によってはお口が出ます。
まだまだ幼いので、一日も早く人との暮らしの中に入れてあげたい子です。
f0078320_17270848.jpg
f0078320_17282979.jpg
f0078320_17285044.jpg
f0078320_17290722.jpg





※8/1レポート初登場 (7/27他抑留所より移送)

▽薄茶 オス 生後4ヵ月ほど 4-5キロ

鼻黒の子犬とは捕獲地域が違うため、兄弟等ではありませんが
ビビり度合いがよく似ています。
とは言ってもこの子は人が近づくと逃げもせずに
その場でじっと固まって気配を押し殺すタイプのようです。

とても不安げではかなげな印象で
思わず守ってあげたくなるような子です。

まだ移送されてきて間もないので
これから変化もみられるかもしれません。

次週もよく観察してきたいと思います。
f0078320_17304065.jpg
f0078320_17304734.jpg
f0078320_17305422.jpg




※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

部屋に入ると、すぐにこの子が尾を振って出迎えてくれました。
ケージの扉を開けると、ニコニコしたままゆっくり出てきて
すぐそばまで来て匂いを嗅いでいました。

人への好奇心はとてもあり
穏やかで友好的な雰囲気が感じられます。

触ろうとすると少し身を引くものの
怖がっているのではなく
なんとなくまだ不安・・という程度で
慣れた人には思う存分甘えてきそうな子です。

行動は大胆なところもあり
おやつを咥えて、私たちのすぐそばでゴロンと寝ころび
ゆっくり味わって食べる姿も見せてくれました。

穏やかなオーラをまとった、存在感のあるハンサムな男の子です。
f0078320_17311127.jpg
f0078320_17311974.jpg
f0078320_17312591.jpg
f0078320_17313546.jpg
f0078320_17314060.jpg





<2-7>1頭 


※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ

7/25:この日も得意気にビシッとお座りを見せてくれました。
「良くできたね」と褒めると、それをちゃんと理解して
嬉しそうにしています。
些細なことでも人の言葉が理解できるのは
自信に繋がるのだと思います。
色んなことを教えてくれる方に巡り会えたら
とても良いパートナーになれる子だと思います。


小部屋に入ると直ぐにお座りをしてくれました。
毎週ちばわんメンバーが頑張ってくれている練習の賜物です。
そばに来てオヤツをちょうだい!と言っているんですが、
触ろうとすると、スルッとかわしていました。
なかなか上手にかわしますが、
側に付いていて離れることもありません。

偶然投げたオヤツをパクッとキャッチしたので、おや?できるの?と思い
何回かオヤツを投げてみましたが、見事にへたくそで笑えました。

もっと密に人と関われば仲良くなれる穏やかな子だと思います。
センターにいるままではこの子1頭にかかわれる時間は限られます。
この子も早く家庭に入れますように願っています。
f0078320_22350321.jpg

f0078320_22351094.jpg

f0078320_22351841.jpg

f0078320_22352537.jpg

f0078320_22353263.jpg





<2-8>1頭


※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?

7/25:いつも人目があると頑なにおやつを食べませんが
部屋から少し離れたところで見ていると
おやつをこっそり食べていました。
覗いた時目が合って
「いいえ、違います。食べてません」と言いたげな表情をしていましたが
口はしっかりモゴモゴしていました。

小さいけど、ほんの一歩、いや半歩進んだような気がしました。



他の小部屋の子達がワンワン賑やかな中、丸くなって気配を消している子です。
この日は 小部屋の扉を開けた瞬間にうっかり廊下に出てしまいました。
本人もしまった!という表情をしていました。
何とかして小部屋に戻ろうと頑張りました。その姿は愛おしく感じました。

頭を撫でたり、背中やお尻を撫でたりしても、怒ることもなくただただ小さくなるだけです。
ココでの生活が長くなっています。
これ以上の進歩は、やはり家庭でなければ学習は難しいと思います。
犬とは上手くやっていける子です。
後は自分に自信が付けば変われると思います。

穏やかに暮らせる家族が早くできることを望んでいます。

f0078320_22371608.jpg

f0078320_22390686.jpg

f0078320_22391486.jpg

f0078320_22392106.jpg

レポートは続きます。


by centre_report | 2017-08-04 19:12 | 愛護センターレポート
<< 8/1引き出し編 レポート紹介... 8/1センターレポート 旧子犬... >>