ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7/11センターレポート 収容室①②③ 4頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



収容室① 2頭


※6/13よりレポートに登場 (6/2収容)
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ 

経験不足のビビリっ子ちゃんですが
ケージから出すときもさほど抵抗はせず
わたわたとするのもほんの一瞬です。
抱っこは得意ではないようですが
ほとんど抵抗せずにされるがままで抱っこさせてくれます。

お顔が少しあどけなく、まだおなか周りの皮膚が
幼子のような柔肌をしています。
もしかするとまだ一歳未満かもしれません

おやつはまだ手からは食べられませんが
器の中に入れたおやつは人が見ていても食べられます。

まだ若い子なので柔軟性があり
最初に見た時より翌週、またその翌週と
日を重ねるごとに警戒心は薄らいでいるのがわかります。
f0078320_23591575.jpg


f0078320_23592517.jpg


f0078320_23593187.jpg


f0078320_23593682.jpg


f0078320_23594513.jpg


f0078320_23595132.jpg




※7/11レポート初登場
▽茶 オス 1歳くらい 12-3キロ
先週、今週とちばわんが引き出したテリアの子たちとは
また少し違う地域で捕獲された子です。
なので少しお顔が違います。

面長で、手足がすらりと長く
何の犬種が混じっているのか、つい想像してしまいます。

ロープを首にかけてケージから出す時
ほんの少し抵抗しましたが、その時も決してお口が出ることはありませんでした。

現在は推定1歳ほどの見立ててですが
まだ成長しきっていないと思われ、しかも痩せているので
適正は14-5キロあってもよさそうです。

野良っ子の多い地域なので
この子も野良の子供なのかもしれません。

おやつはまだ人前で食べる余裕はなかったようです。

f0078320_00014277.jpg


f0078320_00014855.jpg


f0078320_00015436.jpg


f0078320_00020049.jpg


f0078320_00020517.jpg







収容室② 1頭


※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

この日は今までで一番スムーズに外に出せました。
ロープをかけられて外に出されても
害はないとちゃんと学習してくれています。
賢い子だと思います。

6/20のレポート初登場の時は
まだピリピリしていて目が吊り上がっていました。

f0078320_22061280.jpg



今は表情も少し変わりました。
抱っこされてても、周りを見渡す余裕も出てきました。
唸っても結局抱っこされることを思い知ったようで
ほぼ無抵抗で抱っこさせてくれました。
やはり子犬は毎週毎週変化していきますね。

おやつは人が見ていても割とガツガツ食べることができます。
結構大胆な面もあり、根っからのビビリちゃんではないようです。

まだ人に対して好意を持っているとは言い難いですが
「なにかひどいことをされる」という対象ではないことは理解したようです。

f0078320_00051427.jpg


f0078320_00051901.jpg


f0078320_00052434.jpg



f0078320_00064672.jpg


f0078320_00053057.jpg








収容室③ 1頭

※7/11レポート初登場
▽茶 オス 7ヵ月程度 7-8キロ

まだ歯が抜け替わったばかりくらいの男の子です。
真っ白な歯はピカピカと光り輝いていました。

人に飼われていたのか、野良っ子だったのか
わかりませんが、経験不足からくるビビリっ子ちゃんという感じです。
抱き上げたりしても困ったような表情をするだけで
攻撃的になったりはしません。

被毛がとてもきれいです。
外で暮らしていたこのようには見えません。

人馴れしていないように見えましたが
幼い子ですし、まだ怖がっているだけかもしれません。
これから時間の経過とともに変化がみられるでしょうから
よく観察してきたいと思います。

f0078320_00091520.jpg


f0078320_00090358.jpg


f0078320_00090879.jpg


f0078320_00092383.jpg


f0078320_00092952.jpg


f0078320_00093564.jpg





レポートは続きます。


by centre_report | 2017-07-12 00:10 | 愛護センターレポート
<< 7/11センターレポート B部... 7/11センターレポート A部... >>