ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7/4センターレポート 仔犬舎     6頭

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-5> 1頭

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 9-10ヵ月 8-9キロ?
f0078320_13453319.jpg
子犬舎の施錠を確認してから小部屋に入ってみたら、素早く出てしまいました。
抱っこを試みたのですが2-8の部屋のフェンスを登って
飛び降りてしまいました。
相変わらずビビリウンチを撒きちらしながらでしたが、
以前よりははるかに少なくて、こんなところにも
この子の頑張りというか成長?を感じました。

抱っこしてしまえばおとなしくされるがままなので
抱っこのタイミングさえ上手にすれば、ビビリウンチも
なくなるのでしょう。

緊張している顔だけ見ていると大きく見えるかもしれませんが
まだまだ小さい仔犬さんです。
f0078320_13453854.jpg
f0078320_13454722.jpg
f0078320_13452811.jpg
f0078320_13454340.jpg
f0078320_13455151.jpg
おやつなんてとても食べられる状態ではありませんが
抱っこしてしまえばどこを触ってもおとなしく受け入れてくれます。
もちろん抱っこのときにお口が出ることもありません。

f0078320_13460298.jpg
f0078320_13460713.jpg
f0078320_13461346.jpg
f0078320_13461994.jpg
逃げることしか今は頭にありませんが
抱き上げられることに慣れつつあるので
少なくとも、人にひどいことをされるのではない
と学んでくれたと思います。
f0078320_13462741.jpg
f0078320_13462332.jpg
本当はこんなにかわいい子です。
一緒に暮らしていたビビリさん2頭も
今は預かりボランティア宅でどんどん人馴れが進んでいます。
この子もできるだけ早く人との暮らしに触れさせてあげたらと思います。
まだちびっこのビビリちゃんに、どうか目を向けてくださいませんか。




<2-6> 2頭


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 15-16キロ
f0078320_14122529.jpg

いつものように大合唱で熱烈歓迎で迎えてくれました。
しかし扉を開けると嘘のように静かになるのもいつものことです。

おやつ大好きっ子で「ボクのおやつはぼくの物、キミのおやつもボクの物」と、
同室の子にあげようとしていても首を突っ込んできます。
そのおかげでお座りも覚え、以前はすぐに飛びついていたのですが、
待ても少しはできるようになりました。
f0078320_14013434.jpg
f0078320_14020236.jpg
f0078320_14021776.jpg
f0078320_14022439.jpg
f0078320_14023418.jpg
f0078320_14024312.jpg
f0078320_14025022.jpg
f0078320_14025590.jpg
どこを触ってもOKなのですが、抱っこはするりと身をかわします。
人との密なコミニュケーションを知らずに育ってきていますので
仕方がない面もありますが、以前はここまでじっとはしていられませんでした。
もうひといきかなという気もします。
初めから威嚇や攻撃はない子なので、家族ができて人と信頼関係が築ければ
それも難しいことではないと思います。





※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 14-15キロ

f0078320_14211796.jpg
自分が月に1度しか訪問できないので特に感じるのかもしれませんが
この子の変化はいつもすごいと感じます。
コンクリートの壁からはがれなかった子が顔を上げ
目を合わせ、おやつを食べ、落ち着いてこちらの様子を眺めています。
ずーっととんがった表情が多く、目が厳しかったのですが、
緊張のない可愛らしい表情も見せてくれるようになりました。
f0078320_14205392.jpg
f0078320_14210224.jpg
f0078320_14205790.jpg
f0078320_14210665.jpg
f0078320_14211213.jpg
f0078320_14212261.jpg
f0078320_14212718.jpg
f0078320_14213187.jpg
攻撃的な面はなく、人を見て吠えるのも最初だけです。
今でもそばに寄りすぎると体に力が入るのが分かりますが、
会うたびに成長を感じています。

大きな食いしん坊の子におやつを横取りされても
怒ることもなくうまくやっているのですから穏やか子なのだと思います。
ゆっくり向き合ってくださる方と巡り会えますように。






<2-7頭> 2頭


※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月10-11ヵ月 11-12キロ
f0078320_15145866.jpg

※先週のレポートを転載します
見るたびに凛々しくなり、格好良くなってきます。
同室の子が良く吠えても、この子は釣られて吠えることもなく
思い返してみれば、私はまだこの子の吠え声を聞いていないです。

同室の黒い子が“お座り”を覚えて
それを横で見ていたこの子も“お座り”をするようになりました。

月齢からすると、一番ハチャハチャして良い時期なのに
落ち着きがあり、なおかつ極端にシャイという訳でもありません。
触ろうとすると、「いやーん」という感じに器用に手を避けますが
無理に触ったからといって、歯を当ててくるようなことはありません。

穏やかで落ち着いていて大人しい子。
今見ている限りではその印象が一番強いです。
f0078320_01281860.jpg
↑写真(ひなのんさん)かわいいので拝借しました
f0078320_14494281.jpg
f0078320_15150261.jpg

f0078320_15151592.jpg
f0078320_15152179.jpg
f0078320_15153550.jpg

同室の子が見た目よりも子どもっぽいため、
余計にそうに感じるのかもしれませんが
また少し大人になって、落ち着きのある
かっこいい青年になっていました。




※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ
f0078320_14372919.jpg

「収容当時の悲壮感はまるでなくなり
ヤンチャでイタズラっ子のような表情をするようになりました。」
と先週のレポートにありますが、精悍な感じすらして
仔犬からかっこいい青年に成長しました。
4月の訪問時、半折れだった耳も懐かしいですね。
人が子犬舎を訪れると一番元気よく大きな声で迎えてくれますが、
小部屋の扉を開けると吠えることはほとんどありません。
f0078320_14403477.jpg
f0078320_14363939.jpg
「お座り!」というとビシッと座って、どこに出しても
恥ずかしくないくらいおりこうさんです。
おやつがほしくてと言えばそれまでですが、
この日は「待て!」も完ぺきでした。
f0078320_14390582.jpg

f0078320_14405239.jpg
f0078320_14394997.jpg
f0078320_14412978.jpg
野良っ子で人を見るのも怖がり
ビビりションをしていた子はもうどこにもいません。
もともと臆病なのではなく
人との関わりを知らなかっただけで、本当は好奇心旺盛で
やんちゃなごく普通の男の子なのだと思います。






<2-8> 1頭

※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
f0078320_15283705.jpg

ヒトリの時も、ルームメイトがいるときも
この子はとても静かで「そっと佇んでいる」という表現が
頭に浮かんでしまいます。
この日も毛が浮き立っていたので、抜いてあげました。
一切抵抗もせずに、されるがまま大人しくしていました。
f0078320_15280906.jpg

f0078320_15281681.jpg
f0078320_15282374.jpg

f0078320_15283134.jpg


収容室にいた時は抱っこなどもできていたということなので
思い切って抱っこしてみました。
f0078320_15284307.jpg

パニックになることはありませんでしたが、
あまり心地よくはないらしく、振りほどいて降りてしまいました。
ただ、逆光だったので向きを変えるために動いてしまったので
そのタイミングで飛び降りてしまった感じです。
抱き上げるときも攻撃的なことは一切ありませんでした。
f0078320_15285130.jpg

f0078320_15285938.jpg

f0078320_15290513.jpg
きれいな目をしたおとなしい子です。
家庭に入っても目立たないように常に控えめだと思います。
相性が合わない場合がないとは限りませんが
これまでどんな子ともうまくやってきた子です。
先住さんがいても、おそらくこの子はうまくやっていけると思います。
現在の状況ではこれ以上の人馴れはあまり期待できません。
まずは家庭での生活に慣れさせて
ゆっくりゆっくり心を開かせられるような
家庭環境に早く入れてあげたいと思いました。




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-07-06 15:48 | 愛護センターレポート
<< 7/4センターレポート 旧子犬... 7/4センターレポート 収容室... >>