ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/27センターレポート 収容室①②   6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。
お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)



収容室① 3頭

※6/13よりレポートに登場 (6/1収容)
▽茶 メス 4-5歳 12-13キロ 

野良っ子だったと思われるこの女の子は
人に触れられたこともないと思われ
そのため、最初はバタバタとあちこちに身を隠そうと
上に下にとプチパニックを起こしますが
抱き上げてしまうとあっさり観念して途端に大人しくなります。

抱き上げようとしても口が出る様子はありません。
目を白黒させながら、ジッと時が過ぎるのを待っているかのようです。

驚かせてかわいそうと思うかもしれませんが
人に触れられたり抱き上げられたりしても
無害なんだということを理解してもらう必要があります。

身をもって覚えてもらうことで
この子も先週よりは今週の方が、明らかにパニック度合いが
少なくなっています。

攻撃性はないビビリちゃんです。
どの子もそうですが
家庭に入れて、家庭犬として導いていただける環境が必要だと思います。
f0078320_01405040.jpg

f0078320_01405895.jpg
f0078320_01410922.jpg
f0078320_01411419.jpg
f0078320_01434395.jpg

f0078320_01412119.jpg
f0078320_01414438.jpg





※6/13よりレポートに登場 
▽茶 オス 1歳ぐらい 11-12キロ (6/2収容)

“穏やかな野良っ子”の多い地域での捕獲の子ですが
この子はとても落ち着き払っていて、人を見ても怖がるふうでもありません。
人に飼われていたか
もしくはそれに近い生活環境で育ってきた子なのかもしれません。

器にいれたおやつも、手から与えたおやつも食べられます。

暴れたり震えたりもせずに抱っこされていましたが
得意ではないようでした。
どこに触れても歯をムキっとさせることもなく
ジッと耐えている感じでもなく
自然に人の手を受け入れている感じです。

“人馴れしている”とは言い難いのですが、ビビリっ子でもなく
経験が少ない中で困惑している感じはあれど
もともとの性格は決して臆病ではないと思われます。
f0078320_01461134.jpg
f0078320_01462246.jpg
f0078320_01462894.jpg
f0078320_01463785.jpg
f0078320_01464561.jpg




※6/27レポート初登場 (6/15収容)
▽茶白 オス 1歳ぐらい 10-11キロ

まだ幼さの残る、頼りなげな男の子です。
困ったような表情で今にも涙がこぼれそうな
潤んだ目が、なんとも切なそうに見えて
思わず守ってあげたくなるような子です。

人馴れはあまりしていないのか
ただ困惑して大人しくしているのか
まだはっきりわかりませんが
この子も半野良のような子が時折捕獲される場所にて
捕獲されていますので、人に飼われていた子ではないのかもしれません。

攻撃性はなく、1歳くらいと大変若く
柔軟性のある時期ですから、家庭に入り
人との暮らしを身を持って体験していけば
慣れるのにはそう時間は掛からなそうです。
f0078320_01490055.jpg
f0078320_01490560.jpg
f0078320_01491223.jpg
f0078320_01492170.jpg
f0078320_01492836.jpg



収容室② 3頭


↓医療処置により不在でしたので
先週レポートより転記します。

※6/20よりレポート登場 (6/6収容)
▽茶白 オス 6-7歳 15-6キロ

屈託のない笑顔を見せる人懐っこい男の子です。
推定年齢は6-7歳ですが
動きは軽やかで若々しい子です。
人に対してはとてもフレンドリーなので
嫌だという気持ちは微塵も持っておらず
ちゃんと可愛がられていたのだろうと思います。
抱っこをしても身体のどこに触れても
怒るどころか嬉しそうにはしゃいでいました。

何かの拍子に住み慣れたお家から飛び出してしまい
そのままお散歩に出ているつもりなのかもしれません。

この子の家族も、いつか帰ってくるだろう
そんな風に思っているのかもしれません。
この地域では、そういうケースは決して少なくないと思われます。

人大好きなこの子が安心して暮らすことができて
決して手を離さないでいてくれる優しい家族が見つかりますように。
f0078320_04022170.jpg


f0078320_04022824.jpg


f0078320_04023371.jpg


f0078320_04023859.jpg


f0078320_04024598.jpg





※6/20よりレポートに登場 (6/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ

お顔は大人びていますが
皮膚や爪の形状を見ると、やはりまだ成長途中の子犬であることが分かります。
唸るだけですが、ロープを掛けようとしたり
顔周りを触ろうとすると、鼻にしわを寄せムキムキした表情になります。

身体は、ゆっくりと驚かせないようにすれば撫でることができます。

食べ物は人が見ていても食べることができホッとしました。
食べ物をうまく使って警戒心を少しでもなくしてもらえるよう
また触れ合ってきたいと思います。
成長期の今、この子にとって一日一日が非常に大切で
頑なになってしまう前に
人との触れ合いができるようになってほしいと思います。

f0078320_01531292.jpg
f0078320_01531994.jpg
f0078320_01532474.jpg
f0078320_01533609.jpg
f0078320_01534268.jpg




※6/6よりレポートに登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/20時点)9-10キロ

ロープをかけて外に出てくる一連の流れが
この子の中ではすっかり慣れたものになっているようで
この日も抵抗することなくすんなり出てきました。

人との生活はしてきたことがないと思われますが
柔軟性のある幼さということを除いても
人との生活にすんなり馴染みそうな子です。
良い意味で諦めが早いというか、抵抗する方へ意識が向かない
もともとそんな子なのだと思います。

抱き上げられても一切抵抗せずされるがまま。
撮影するうえでも、今まで一切大変だったことはありません。
手足先がとても大きいので
この子自身大きく成長するのが想定されます。
f0078320_01565508.jpg
f0078320_01570117.jpg
f0078320_01570760.jpg
f0078320_01571219.jpg
f0078320_01571980.jpg
f0078320_01572766.jpg
f0078320_01573567.jpg

レポートは続きます。




by centre_report | 2017-06-30 21:18 | 愛護センターレポート
<< 6/27センターレポート 子犬... 6/27センターレポート A部... >>