ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/20センターレポート E部屋     8頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





動物愛護センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちの紹介です。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







<E-1>

※5/23よりレポートに登場(2/10収容)
▽薄茶白 テリア系 オス 10歳もしくはそれ以上 11-12キロ
とてもおっとりしたお顔のおじいちゃんですが、
大分環境にも馴れてきたからか、
ケージの中から「早く出せよ~~」と騒いでいました。
少し離れた小さなお目目が印象的な子です。
収容室にいた頃はもう少しおとなしく、
年齢相応だなぁと思っていましたが、
部屋が変わってからはかなり元気一杯になってきたように
思います。
とても10歳以上とは思えないほど元気です。
f0078320_23174768.jpg
f0078320_23181814.jpg
f0078320_23183395.jpg
f0078320_23184133.jpg
抱っこもさせてくれましたが、
長い時間はイヤなようで降りたがっていました。
人馴れは全く問題なく、人にかまってもらうのが
とても嬉しそうにしていました。
歯を見るとやはりかなり汚れていたのと、
おやつをあげる時にあまり匂いに反応が薄くて
嗅覚も衰えてきているなと感じるところはありました。
それでもまだまだ元気なおじいちゃん、
残りの犬生を一緒に楽しく過ごしてくださる方との
ご縁を願わずにはいられません。
f0078320_23243858.jpg
f0078320_23250592.jpg
f0078320_23251393.jpg
f0078320_23252503.jpg



<E-2>

☆あぐちゃん
※10/4よりレポートに登場(2016/6/13他抑留所からの移送)
▽薄茶足先白 メス 4-5歳 7-8キロ 9-10キロ?
大分ふっくらとお肉がついてきたあぐちゃんです。
相変わらず甘えん坊で、ケージを開けてあげた途端に
しゃがんだ私の胸に飛び込んできました。
ペロペロと舐めてくれるのですが、
嬉しさ余って口を甘噛みしたりするので要注意です。
とにかく人が大好きで、かわるがわる訪問メンバーに甘えていました。
本当にこれだけ人が大好きで甘えん坊なあぐちゃんが
一日のほとんどをこのケージに入っていなければならないというのは
とても辛いものがあると思います。
人の姿を見るだけで我慢できなくなるほどですから
一日も早く人との生活を味わわせてあげたいです。
f0078320_23393634.jpg
f0078320_23394709.jpg
f0078320_23395331.jpg
f0078320_23400083.jpg
かわいい笑顔をたくさん見せてくれるあぐちゃんも、
ケージにいる間に他の子の撮影をして、ケージに近づくと
すごい形相で威嚇してきます。
やきもちからくるものもあるかとは思いますが、
隣の子にもケージの隙間から威嚇しようとしたりもするので
やはり基本的に犬が苦手なのだと思います。
それでもこれだけ人が大好きで人の指示にも従える子ですから
一頭で飼っていただければいいパートナーになってくれると
思います。
まだまだ長い犬生、あぐちゃんと一緒に過ごしてくださる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_23443996.jpg
f0078320_23444721.jpg
f0078320_23452247.jpg
f0078320_23452868.jpg



<E-3>

※5/2よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▽薄茶黒 オス 7-8歳 10キロ未満
こちらも人が大好きな甘えん坊くんです。
ケージから出してあげると一目散に人に寄ってきます。
アカラスと思われる皮膚の状態は
上から見る限りではそこまで皮膚の状態が悪いようには
見えないほど、背中の毛は大分生え揃ってきました。
しかしながら、まだお腹と手足は毛が生えていない状態です。
センターでもケアしてくださっていますが、
やはり一日も早く個別にケアしてあげたい子です。
f0078320_23492766.jpg
f0078320_23494626.jpg
f0078320_23495381.jpg
f0078320_23500755.jpg
f0078320_23501650.jpg
人が大好きで、人に構ってもらいたくて吠えているのかと
思っていましたが、この部屋を出て外にいる間にも
この子の特徴的な甲高い吠え声が聞こえてきましたので、
ケージなどに入れられていること自体が苦手なようです。
小柄で人懐こく、毛が生え揃ったら
少し大きめのポメラニアンのようになりそうだと思いました。
私たちが見ている間には痒そうにしていることはありませんが
黒ずんでいるお腹や手足の皮膚を見ると
きっと痒いのだろうなと思ってしまいます。
頻繁な薬浴と投薬などで改善されていくものと思います。
これからもっと暑くなってきますので、
皮膚の状態を常に清潔に保ってあげられるご家庭に
迎えてもらえることを願っています。
f0078320_23585907.jpg
f0078320_23590885.jpg
f0078320_23591981.jpg
f0078320_23592702.jpg



<E-4>

※5/23よりレポート登場(3/31収容)
▽白黒ブチ オス メス 10歳もしくはそれ以上 13-14キロ
この部屋にはシニアの子が多いのですが、
この子はその中でも年齢相応な落ち着きのある女の子です。
吠えていることもありませんし、静かに人にも甘えてくる感じで
控えめでかわいい子だと思います。
左目にあるイボが気になりますが、
本犬は少しも気にしている様子はありません。
どこを触っても嫌がることもありませんし、
抱っこもされるがままといった感じです。
f0078320_00084829.jpg
f0078320_00085834.jpg
f0078320_00090664.jpg
f0078320_00091359.jpg
ダルメシアンのような白い体に黒い斑点があり、
耳だけはほぼ黒いという、まさに雑種の魅力たっぷりの
女の子です。
それほど痩せてもいませんし、毛もそれほど汚れていません。
恐らく最近まで家庭で飼われていた子だと思います。
なぜこの歳になってから手離すことが出来るのでしょう。
手離したわけではなく、逃げ出してしまったのだとしても
10年以上も一緒にいて、いなくなってしまったこの子を
探すこともしてくれないとは、本当に理解に苦しみます。
まだまだこの子に残された犬生は続きます。
どうか、この子が安心して暮らせる本当のご家族からの
お申し出をお待ちしています。
f0078320_00142847.jpg
f0078320_00145753.jpg
f0078320_00152703.jpg
f0078320_00155766.jpg



<E-6>

※2/14よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目茶のブチ メス 3歳ぐらい 16-17キロ
まだまだ痩せてはいるものの、
収容当初のガリガリ具合からは少しずつですが
お肉はついてきたように思えます。
少し垂れ目なのが余計にこの子の優しさを引き立てているように
思えてなりません。
以前は人に対して少し慎重な面もあったのですが、
この日はずっとなでてあげているとコロッとひっくり返り
お腹を見せてくれました。
大分、人に対しての警戒心が薄らいできたようです。
f0078320_00595312.jpg
f0078320_01002866.jpg
f0078320_01005932.jpg
f0078320_01012967.jpg
甘え上手にお座りもできますし、おやつも優しく食べることができます。
この日はお手もしてくれて、いろいろと以前には教えてもらって
いたのではないかと思いました。
甘えん坊で少しやきもちをやいて吠えることがあるようですが、
他の子をこの子のケージに近づけたときには
威嚇するような吠え方をしていたので
他犬との接触には注意が必要だと思います。
基本的な性格はとてもおだやかな子ですので、
一頭で飼っていただくことをおススメします。
f0078320_09380078.jpg
f0078320_09383719.jpg
f0078320_09390807.jpg
f0078320_09393747.jpg



<E-8>

※6/20レポート初登場(6/15他抑留所より移送)
▽ビーグル オス 9-10歳 16-17キロ
体格のしっかりとしたビーグルのおじぃちゃんです。
人馴れは問題なく、どこを触っても怒ることはありません。
抱っこをしてみるとかなりずっしりと重く、
ビーグルの中でも大きめの子だと思います。
ケージの中ではおとなしくしており、
ビーグル特有の吠え声も全く聞くことはありませんでした。
まだこちらに来て間もないので、環境になれてくれば
変化は見られるかもしれません。
ベタベタ甘えてくるという感じではありませんが、
人に寄り添っていることで安心できるという感じでした。
f0078320_09472702.jpg
f0078320_09465745.jpg
f0078320_09475739.jpg
f0078320_09482645.jpg
年齢相応の落ち着きもあり、飼い易そうな子です。
お顔回りの毛が白いのも、シニアになっているからだと思います。
間違いなく人に飼われていた子だと思います。
この部屋には本当にシニアの子が多いのですが、
ここまで一緒に暮らしてきた子を手離してしまうのは
本当に残念で、犬がかわいそうでなりません。
ずっと一緒にいられると信じて疑わなかった子が
ここに収容されていること自体、意味がわからないでしょう。
人間も歳をとるように、犬だって歳をとります。
当たり前のことなのに、なぜ最期まで面倒を見てあげようと
思わないのでしょうか。
残りの犬生、幸せに暮らせることを願ってやみません。
f0078320_09533495.jpg
f0078320_09540864.jpg
f0078320_09543884.jpg
f0078320_09550838.jpg



<プール内>

※2/28 よりレポートに登場(2/20 他抑留所より移送)
▽薄茶 メス 8歳ぐらい 6-7キロ
今日も元気よく私たちを呼んでいました。
抱っこしてもらうまではずっと吠え続け、
プール内をくるくると回っては私たちを見上げています。
構って欲しくて、人恋しくて仕方がないのだと思います。
抱っこしてあげれば落ち着いておとなしくしています。
要求吠えなのはわかりますが、この環境では致し方ないです。
他の子の撮影の間にもメンバーにずっと抱っこされていて
とても満足そうな優しいお顔になっていました。
以前にはきっとこうして抱っこされてかわいがられて
いたのでしょう。
f0078320_10011681.jpg
f0078320_10015030.jpg
f0078320_10022030.jpg
f0078320_10025038.jpg
他犬に対して吠えるということはなく、
ひたすら人に対しての要求吠えだけだと思います。
プール内にいる間はずっとすごい形相で顔をあげて
ワンワン吠えていますが、抱っこをすると本当に全く別犬かと
思うくらい穏やかな表情になります。
この子もシニアです。
こうして毎日ゆっくりと抱っこしてもらえるおうちに
迎えてもらえる日を待っています。
シニアといえども、全然元気一杯な子ですので
愛情を注いでくださるご家族がいてくだされば
もっと落ち着いてくると思います。
f0078320_10074664.jpg
f0078320_10081698.jpg
f0078320_10091758.jpg
f0078320_10084624.jpg



<プール内>

※6/20レポート初登場(6/15他抑留所より移送)
▽茶 メス 1歳ぐらい 5-6キロ
見た目では子犬かと思うくらい幼いお顔をした女の子です。
体格も小さく、抱き上げるのも容易にできます。
プール内では端っこで固まっていて少し臆病ですが
どこを触っても問題ありませんでした。
抱っこをしてもお口が出ることもなく、
あまり抱っこはされたことがないようで緊張して
手足がつっぱってしまいました。
歯を見るととてもきれいではありますが、
やはり子犬ではないようで、1歳くらいにはなっていると
思われます。
f0078320_15073195.jpg
f0078320_15080281.jpg
f0078320_15083249.jpg
f0078320_15090217.jpg
体もそれほど汚れている感じはなかったので、
放浪期間もそれほど長くないのかもしれません。
少し臆病な様子も見せますが、逃げ回るようなこともなく
人をそこまで怖がっているようには見えませんでした。
成犬とはいえ、まだ幼い子なので、
人を怖がるようになってしまわないうちに
家庭で人との生活を味合わせてあげたいです。
キョトンとしたお顔でこちらをじっと見つめてくる瞳は
とても澄んでいて綺麗でした。
これ以上大きくなることもないと思われますので
集合住宅などでも飼育できる大きさだと思います。
f0078320_15224435.jpg
f0078320_15231436.jpg
f0078320_15214447.jpg
f0078320_15221477.jpg




レポートは続きます。





by centre_report | 2017-06-22 00:18 | 愛護センターレポート
<< 6/20センターレポート 旧子... 6/13引き出し編 レポート紹... >>