ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/13センターレポート 子犬舎    6頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


子犬舎は先週レポートより転用しています。



引き続き、動物愛護センターにて、譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)





<2-5> 1頭

※2/7よりレポートに登場(1/30収容)
▽茶 オス 8ヵ月ぐらい 6-7キロ?8キロ弱?
毎週紹介している通り、非常に身体能力の高い子で
かなりの高さのある柵を登り、隣の部屋に移ることも
全く問題なくできるほどの子です。
部屋の外に続いているスペースにも同様の柵が施されており
外の高い柵を登り、外に飛び出してしまったそうですが
すぐに捕獲され、戻ってきていました。
f0078320_17212301.jpg
f0078320_17221130.jpg
f0078320_17222090.jpg

この日は外に置かれた捕獲器の中に入っていました。
部屋の掃除をする際にはどうしても部屋から外に出す
必要がありますが、この子は他の子では到底登れない柵も
登っていってしまうため、こうして他の場所にいてもらうしか
ないのでしょう。

人を避けようと必死になるこの子も、抱っこは出来ます。
毎週のようにかわるがわる違うメンバーが抱っこをして
なんとか人が怖いものではない、何も怖いことなどしないから
逃げる必要はないんだよ、と伝えているのですが、
何がこの子をここまで頑なにしてしまったのでしょう。
まだまだ子犬ですのでどんどん成長しており、
収容当初よりも体格もしっかりしてきました。
人を怖いと思っているからこそ、人との生活を一日でも早く
スタートさせてあげたいと心底願っています。
f0078320_17331446.jpg
f0078320_17332628.jpg
f0078320_17333370.jpg





<2-6> 2頭

f0078320_17352080.jpg


※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▽黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度15-16キロ
この日も部屋の外に私たちがいる間は盛んに吠えていましたが
部屋を開けるとぴたっと吠えることはなくなりました。
収容当初は真っ黒だった被毛は、すっかり茶色が増え
顔以外はほとんどがこげ茶になってきました。

最初から少し警戒はしてくるものの、おやつには近づいてきますし
人を怖がって逃げるというほどではなく、
一定の距離を保つのがこの子の特徴です。
決して臆病ということではなさそうですが、
近づきすぎると捕まえられて何かされるとでも
思っているのでしょうか。
それでも体や顔を触っても嫌がることもありませんし、
もっともっと人と接触する時間が増えていけば
甘えん坊になりそうな子です。
f0078320_17505772.jpg
f0078320_17512368.jpg
f0078320_17514171.jpg
f0078320_17551096.jpg
f0078320_17552167.jpg
見た限りでは、もっと早く馴れてくれると思っていましたが、
想像している以上に慎重な子なのかもしれません。
それでも人をそこまで怖がっているわけではありませんので
常に一緒に人がいるという普通の家庭に入ってしまえば
もっと人馴れは進んでいくのではないかと思います。
体格もしっかりしており、格好いい男の子です。
是非この子にも目を向けてあげて欲しいと思います。
f0078320_18021393.jpg
f0078320_18014303.jpg
f0078320_18031343.jpg
f0078320_18024458.jpg



※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ14-15キロ
こちらの子犬舎の外から見ている時にはしきりに吠えていますが
人が中に入ってしまえば部屋の隅に固まって顔を隠して
気配を消そうとしています。
とても綺麗なお顔をしている美男子くんです。
以前はこちらを見ることすら嫌なようで壁に顔を押し当てて
顔を見せてくれないほどでしたので、
その頃に比べれば大分こちらを見てくれるようになったのは
進歩と言えると思います。
それでもまだまだ上目使いといった表情なのは
残念でなりません。
f0078320_18111017.jpg
f0078320_18114061.jpg
f0078320_18124748.jpg
f0078320_18121741.jpg
人に近づいて来ることはもちろんありませんが、
じっとしているところに近づいていっても逃げ回ることもなく
体のどこを触っても嫌がることも、お口が出ることもありません。
やはりこの子も経験不足なのだと思います。
もっともっと人と一緒にいる時間と、お散歩で外の刺激を受けて
どんどんいろいろな経験をさせてあげることで
自分にも自信がついてくると思います。
この子もここでの生活が半年を迎えようとしています。
一日も早く家庭に入って、人と一緒に生活させてあげたいと
願っています。






<2-7> 2頭

f0078320_18225226.jpg
※2/14よりレポートに登場(2/3収容)
▽黒 垂れ耳 先折れ耳 オス 1歳前後 14-15キロ
警戒しているのだと思いますが、
子犬舎の外にいても、中に入っても、部屋を開けても
ずっと吠えていました。
現在同室の茶黒の子とはうまくやっているようですが、
他の犬には少し強気に出ることがあります。
人馴れしているというところまではいきませんが、
人を怖がっている様子はありません。
ただ、体を触ったりしようとするとスルっと身をかわし
少し距離を取りますが、逃げ回るようなことはありません。
おやつ大好きで、おやつを見せると近づいてきます。
f0078320_19250619.jpg
f0078320_19255418.jpg
f0078320_19253560.jpg
f0078320_19254516.jpg
体を触ろうと近づくと引くのですが、
近くにいる時にアゴのあたりをちょいちょいと触ってあげると
それほど嫌そうでもありません。
臆病ということではなく、警戒心があるけれど、
人って何するんだろう?怖いことするのかな?
それなら先に吠えて警戒しちゃえ!
という感じに見えます。
この子にもいろいろ楽しい経験をさせてあげたいです。
f0078320_19373688.jpg
f0078320_19372654.jpg
f0078320_19374701.jpg
f0078320_19375726.jpg



※2/21よりレポートに登場(2/8収容)
▽茶黒 オス 7-8ヵ月 8-9キロ10-11キロ
まだ子犬ちゃんですが、とても落ち着きがあります。
少し臆病ではありますが、それほどこの子も人を怖がる
様子は見られません。
こちらが急な動きをしなければ自分から近づいてくることもあり、
家庭に入れば人馴れはもっと進んでいくと思われます。
この子もおやつが大好きでおやつを見せると
黒い子に負けじと近づいてきます。
収容当初よりも精悍な顔つきになってきて、
立派な男の子に変身途中です。
f0078320_19463059.jpg
f0078320_19464831.jpg
f0078320_19465799.jpg
f0078320_19471845.jpg
同室の黒い子が他犬に少し強く出ることがあるのですが、
この子はうまくやっているようです。
怒られてもやり返すこともなく、
だからといって怖がって縮こまるわけでもなく、
まだ子犬なのに、引き際をしっかりわきまえているのだと思います。
他犬との関わり方はとても上手な子なので
先住犬のいるお宅でもうまくやっていけるのではないでしょうか。
一日も早く家庭に入れてあげたい子です。
f0078320_19523288.jpg
f0078320_19521556.jpg
f0078320_19522504.jpg
f0078320_19523909.jpg






<2-8> 1頭

※10/25よりレポートに登場 (10/12収容)
▽薄茶 メス 2-3歳 12-13キロ?
相変わらずおとなしく、部屋の隅でじっとしていました。
最初のうちはずっと顔まで隠していましたが、
少しすると顔をこちらに向けてくれるようになりました。
こちらで近づいていっても固まっているのみで
逃げ回るようなことはありません。
体を触ってもただじっとしているだけで、
嫌がっていないというよりも、我慢しているのかもしれません。
それでもお口が出るようなこともありません。
しっかりとしたアイラインがはいっていてとても美人さん
なので、もっとお顔を見せて!と顔をぐいっと持ち上げようと
すると、少し力は入っているものの、されるがままです。
f0078320_20010359.jpg
f0078320_20012569.jpg
f0078320_20013961.jpg
f0078320_20015342.jpg
おやつを差し出して見ても反応はありません。
口元に入れてあげようとしてもお口はあけませんし、
床に置いてみても私たちが見ている時には
食べることは出来ませんでした。

この子もここで早や半年を経過してしまいました。
確かに臆病でなかなか心を開いてくれませんが、
家庭に入って人が常にいる環境になれば、
人の動きなどを見ながらいろいろと学習できて
だんだんと人への恐怖心や警戒心も薄らいでくると思います。
こういう子が家庭に入って変化していく姿を見られることは
とても嬉しいものです。
この子を家族の一員として迎えてくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_20074622.jpg
f0078320_20080988.jpg
f0078320_20075593.jpg
f0078320_20080265.jpg




レポートは続きます。


by centre_report | 2017-06-16 18:45 | 愛護センターレポート
<< 6/13引き出し編 レポート紹... 6/13センターレポート 旧子... >>