ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/6センターレポート 収容室②③  6頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)




収容室② 3頭

※6/6レポート初登場 (5/23収容)
▽茶 メス 1-2歳 8-9キロ 

最初だけやや緊張気味に姿勢低くして様子をうかがっていました。
もともとは人懐っこい子のようで、すぐに「この人たちは大丈夫だ」と悟ると
耳をぺったんこにして嬉しそうに甘えて来たりプレイバウしてきたり
その仕草はまるで子犬のようで、とても愛らしい子です。

成犬であることは間違いないですが
8-9キロと大変小ぶりで、女性でもひょいと抱えられる大きさです。

身体のどこに触れても嫌がったり怒ったり怖がったりすることはなく
人の手を喜んで受け入れてくれる子です。

f0078320_00573406.jpg

f0078320_00574191.jpg

f0078320_00574679.jpg

f0078320_00575140.jpg

f0078320_00575595.jpg

f0078320_00580391.jpg

f0078320_00580841.jpg

f0078320_00581563.jpg





※6/6レポート初登場 (5/23収容)
▽茶黒テリア系 メス 6ヵ月ぐらい (6/6時点)8-9キロ

この子の捕獲された地域では、親族と思われる同じお顔の子が
今までも何度か捕獲されていますが
皆、人馴れしていない子達ではあっても
攻撃性がなく、大人しい固まる系ビビリっ子が多いです。
基本的に穏やかな性格の子が多いように思います。
この子もその血を受け継いでいるのか
人を見て小さく震えていてもお口が出ることは無く、
ただジッと時が過ぎるのを待っているようでした。

歯は生え変わりの途中のようで、生後6ヵ月程度の幼い子です。
人と触れ合う機会はないまま育ってきたのだと思いますが
まだ幼いので成長期の今、家庭に入ることができれば
人との生活に馴染むスピードも早かろうと思われます。

前足が大きいので、大きく育つ可能性があります。
f0078320_01304019.jpg

f0078320_01304733.jpg

f0078320_01311406.jpg

f0078320_01312545.jpg

f0078320_01313269.jpg

f0078320_01313835.jpg







※3/21よりレポートに登場 (3/7収容)
メス 黒茶白 23歳 10キロ程度

ケージから出した最初の瞬間だけバタバタバタとプチパニックになりますが
この子の場合は身体を拘束されることには不思議と抵抗しないので
抱っこしてしまう方が落ち着きを取り戻せます。

野良っ子のように人に触られること自体が怖い・・ということはないので
センターという特殊な環境で、不安な気持ちが
今のこの子の全てになってしまっているのだと思います。

落ち着いた大人ばかりの家庭で静かに暮らすことができれば、
本来の姿が見られると思います。
以前に、自分のケージ前に他の犬が来た時に
唸って怒っていましたので、犬との関わり合いはあまり好きではないかもしれません。

写真で見るよりもずっと小ぶりで
パッと見は10キロもあるようには見えません。
f0078320_01343261.jpg

f0078320_01342532.jpg

f0078320_01343772.jpg

f0078320_01344346.jpg


f0078320_01363444.jpg


f0078320_01341930.jpg


f0078320_01353295.jpg






収容室③ 3頭




※6/6レポート初登場 (6/1収容)
▽白 長毛 メス 2-3歳 8キロ程度

スピッツ風の若い女の子です。
人に触られることに抵抗感は全くなく
とても人懐っこい子です。
テンションはやや高めで
慣れてくるとお転婆な面を発揮するかもしれません。

見た目の可愛らしさだけでなく
小型犬の特性やこの子の性格そのものをよく理解し
甘やかすだけでなく、物事の良し悪しをしっかりと
教えてくださる方とのご縁が望ましいかも知れません。

f0078320_21075844.jpg
f0078320_21080687.jpg
f0078320_21081355.jpg
f0078320_21082011.jpg
f0078320_21093184.jpg




5/30よりレポートに登場 (5/19収容)
▽白 オス 1-2歳 16-7キロ(適正18-20キロ?)

この子を初めて見た時から1週間が経過しました。
時間の経過と共に若い子らしく、はっちゃけた様子も見せるのかと思いきや
1-2歳とは思えないほど落ち着いていて、ゆったりしていて
人に飛びつくようなこともしません。

人のことは好きで、頼りにしたい気持ちはあるようですが
最初の数分だけ、不安な気持ちが勝るのか
ケージから出てくるまで、少し考え込むような様子を見せます。
同行メンバーに促されてやっと出てきました。

皆に頭をひと撫でされるとすぐに安心して
頭を押し付けるようにそっと甘えてきました。

見た目だけですと、元気いっぱいで活発なイメージかもしれませんが
少し気弱で頼りなげ、ほんのりシャイな男の子という感じで
思わず守ってあげたくなる・・・そんな子です。

f0078320_01424101.jpg


f0078320_01424853.jpg


f0078320_01425551.jpg


f0078320_01432058.jpg


f0078320_01433041.jpg


f0078320_01433634.jpg


f0078320_01434425.jpg


f0078320_01435119.jpg


f0078320_01435771.jpg








※5/23よりレポートに登場 (5/9収容)
▽茶 オス 1歳前後 7-8キロ

野良の子犬のようで、人に触れられることには慣れていない様子でした。
まだびくびくしていて、どこかに身を隠す場所を必死に探していました。
逃げられないとわかると観念して大人しくなり
ひたすら固まっていて、抱き上げたり触れたりしても
歯を当ててくることはありませんでした。

マズルの先には何度もこすったような傷痕がありました。
ケージの中から必死に逃げようとしたのでしょうか。
まだ若い子なので、一日も早く家庭で様子を見てあげたい子です。

f0078320_02340380.jpg


f0078320_02341005.jpg


f0078320_02341603.jpg


f0078320_02342220.jpg


f0078320_02342735.jpg


レポートは続きます。




by centre_report | 2017-06-08 01:51 | 愛護センターレポート
<< 6/6センターレポート A部屋... 6/6センターレポート D部屋... >>