ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/18センターレポート 旧子犬舎   10頭

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<1-1> 2頭

※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
こちらの子の方が少しお兄ちゃんだと思われます。
収容室にいた時から、お兄ちゃんの方が
人を怖がる様子が少なく、おやつも手から食べることができていました。
現在も手から普通に食べることができますが、
部屋の隅で伏せていて、そこから動くことはありませんでした。

元々の性格が穏やかなのだとは思いますが
まだまだ若い子なのに半ば諦めかけてしまっているのかと思うくらい
大人しくしていて見ていてかわいそうになります。
f0078320_18303634.jpg
f0078320_18305825.jpg
f0078320_18311161.jpg

左耳が欠損しているところを見ると、
自分が生き抜いていくために、多少の喧嘩もしたものと
思われますが、何もなければこの子から仕掛けるようなことは
ないように思えます。
頭を撫でても身体を撫でても全く抵抗することもなく
ましてや震えることもありませんので、人を怖がっている様子は
全くありません。

同室の弟くんと仲良くしているようですので、
穏やかな子とはうまくやっていける子なのではないかと思います。
以前は弟くんよりも積極的におやつももらいに来ていたのに
今日は大人しく伏せたままで少し元気がないように思えて
少し心配になりました。
f0078320_18334483.jpg
f0078320_18335385.jpg
f0078320_18340460.jpg




※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ
こちらが↑の子の弟くんになるのでしょうか。
以前にも紹介したように、こちらの子の方が慎重で
少しビビリくんでもあったのですが、
今日はいつもよりも弟くんの方が積極的に
おやつをもらいに来たりして、動きが見られました。
お兄ちゃん同様、手からおやつも優しく上手に食べることができます。

どこを触っても抵抗することも震えることもなく
収容室にいた頃よりも大分落ち着いてきたように思えます。
これもお兄ちゃんと一緒にいられる安心感なのかもしれません。
f0078320_18380602.jpg
f0078320_18382581.jpg
f0078320_18384080.jpg

慎重だったこの子の方が大分積極的になってきたのは
とても嬉しいことです。
ただ、お兄ちゃんと離れてしまったらまた元のように
慎重になってしまうかもしれないという不安もあります。
とても仲の良い穏やかな兄弟ですので、
体格も大きいので難しいかもしれませんが、2頭一緒のお宅で
この先も暮らしていけたらどんなにいいだろうかと
少し思ってしまいました。

それでも大分落ち着いてきていますので
1頭だけでも十分人との生活に馴れていくことはできると思います。
身体は大きくても心は優しく落ち着きのあるこの兄弟にも
是非目を向けていただきたいと思います。
f0078320_18425039.jpg
f0078320_18425820.jpg
f0078320_18430928.jpg





<1-2> 3頭

f0078320_18435445.jpg
f0078320_18440149.jpg



※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3~5歳 1歳前後 10キロぐらい
年齢のわりには落ち着きがあり、
人馴れ抜群とはいきませんが、人を怖がっている様子はありません。
とても控えめな子で部屋の隅で大人しくしています。
頭を撫でても身体を撫でても嫌がる様子もなく、
人の手を受け入れることが出来る子です。
目の周りにしっかりと黒いアイラインのように毛が生えているので
少しきつい印象になってしまうのかもしれませんが
身体も小ぶりで飼い易そうな子だと思われます。
f0078320_18493887.jpg
f0078320_18495741.jpg
f0078320_18494791.jpg
とても綺麗な顔立ちをしていて目を惹く子です。
こちらの動きもしっかりと見ていますので
人間と一緒に暮らしていくことで、もっといろいろなことを学習し
人馴れも進んでいくことと思われます。
ここに長くいても人馴れは進むことは難しいです。
一日も早く家庭に入って、人との生活に慣れさせてあげたいと
思わずにはいられません。
f0078320_18541445.jpg
f0078320_18542543.jpg
f0078320_18544667.jpg




※3/28よりレポート登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ
この部屋の中でも一番小柄な子ですが、
結構気が強いようで、自分がビビッて後退して茶色の子によりかかると
自分が動いてそうなったにも関わらず「なんだよっ!」と
ちょっと脅してみせるようなことがあったりしました。

上から手を出されるのが少し怖いようで
頭を撫でようとすると嫌がり、身体をよじって逃げようとします。
ゆっくりと身体を触ろうとしても少し恐怖感があるのか
身体を倒して拒否しようとしますが、撫でてしまえばなんとか我慢
していることはできます。
あまり人に撫でられたりした経験がないのかも知れません。
f0078320_18581473.jpg
f0078320_18582864.jpg
f0078320_18583835.jpg

しかしながらおやつには興味津々で自ら近寄ってきます。
食いしん坊くんのようです。
おやつをあげるのを少しじらしていると、
「もっとちょうだいよ!!」と手をかけてきたりして
とてもかわいい仕草もする子です。
おやつが大好きなこの子とは、おやつを使って仲良くなることも
それほど時間はかからないように思います。

小柄なこの子は自分を身を守るために、
きっと大きな子とも対峙していたのでしょう。
左耳が欠損しているところを見ると過酷な放浪生活を
垣間見ることができます。
人は怖いものではないと思ってもらえるように
これからも優しく接してあげることがこの子にとって
大切なことなのだろうと思います。
f0078320_19033965.jpg
f0078320_19034808.jpg
f0078320_19035617.jpg
f0078320_19040640.jpg




※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ
今日もおとなしく、部屋の隅で固まっていました。
横たわっている姿勢によっては、この子のあばら骨がしっかりと見え
まだまだ痩せていることに気づかされます。
運動もしていませんので筋力も衰えていると思います。
まだ若く、たくさん運動をしてしっかりした体格になれば
見違えるほど立派な子に成長するのではないかと思います。

太ももの部分の冬毛が浮き出しているところを
ゆっくり抜いてあげても全く抵抗することもありませんし、
大人しくしていることが出来ました。
まだまだ若い子なので、もっと元気よく動き回る姿も
みてみたいと思います。
f0078320_19095309.jpg
f0078320_19103164.jpg
f0078320_19100421.jpg
f0078320_19101591.jpg

1年以上ここで生活していく中で、
いろいろな人が出入りしていても、人は怖いことをする人ものではない、
と学習してくれていると思います。
それでもここにいるだけでは人馴れは進みません。
人と一緒に生活していく中で、もっと自由に動き回り
人と一緒にお散歩したり遊んだりする姿を見てみたいと思います。

この部屋の撮影が終わった後でこっそりと部屋を覗いてみると
この子が水を飲んだりして、いつもの位置から動いている姿を
この日初めて目にしました。
どうか、この子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_19143668.jpg
f0078320_19145304.jpg
f0078320_19151267.jpg





<1-3> 3頭

f0078320_19160667.jpg

(真ん中の薄茶の子はこの日引き出しました)


※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
部屋を開けると真っ先に外に出ようとするので
すぐにドアをしめてここに留まるように促しました。
人に飼われていたことのあるこの子が
人に触られようとすることを極端に嫌がるのは
飼われている時にもほとんど人と接した経験が
なかったからなのだと思います。


ただ犬を飼っている、というだけで
コミュニケーションを取らなければ当然ですが
人馴れは進みません。
犬それぞれの性格もあるでしょうが、
人は優しくて頼りになるものだと教えてあげなければいけません。
人に飼われていても人を信用できなかったこの子は
とても不憫だと思わずにはいられません。

f0078320_19273462.jpg
f0078320_19280553.jpg
f0078320_19283527.jpg

それでも手からおやつを食べることは出来るようになり、
少しずつではありますが、心を開きつつあります。
ただ、身体を触られることはまだ怖いようで
下から手を出して、匂いを嗅がせるようにしていますが
その際には噛もうとする様子は見せません。

しかしながら、匂いを嗅ごうとする様子もまだ見られません。
おやつをあげる手が、身体を触ろうとする手と同じ手で
怖いことをするものではないと早く理解してもらいたいです。
ドアを開けるとやはりいつもの棚の下に潜り込んでいました。
そんなに逃げ回らなくても、人はあなたをいじめたりしないんだよ。
f0078320_19325970.jpg
f0078320_19332906.jpg
f0078320_19335922.jpg




※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満
この日は部屋に入ってすぐにドアを閉めてしまったので
この子も外に逃げ出すことができず、
部屋の隅でずっと壁に鼻を押し付けて気配を消していました。

少し離れればこちらに顔を向けてくれるのですが、
近づくとまた壁にべったりと張り付き、
息が出来ないのでは?と思うほど鼻を押し付けていました。
そういう状態の時に身体を触っても全く反応せず
これは人の手を受け入れているというよりも
この時間をなんとかやり過ごそうとじっとしているだけ、
というように見えました。
f0078320_19380604.jpg
f0078320_19383676.jpg
f0078320_19390614.jpg

とても臆病な子ではありますが、
壁に張り付いている時に身体ごと動かそうとしてみても
お口が出るようなこともありませんので
人の暖かさを知ってくれれば案外心を開いてくれるのにも
時間がかからないのかもしれません。

ただ、人の暖かさを教えてあげるには
やはり家庭に入って人と生活していく中でしか
認識できるものではないと思います。
ゆっくりとこの子と向き合ってくださる方は
いらっしゃいませんでしょうか。
f0078320_19433912.jpg
f0078320_19440976.jpg
f0078320_19453802.jpg
↑↑ 先週のレポートより





<1-4> 3頭

f0078320_19475823.jpg



※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 7-8歳? 13-14キロ
人が近づけば逃げ回っていたこの子も
最近はおやつも欲しがり、おやつを持っていれば
近寄ってくることもできるようになりました。
おやつを持っていなくても手を出すと
匂いを嗅いでくれたりもしてくれます。

ここでの生活も1年を超えていますので
時間はかかりましたが、
少しは人を怖がらなくなってきたようです。
同室の子が何度も変わっていますが
どの子ともうまくやっていける子のようですので
他犬との相性も問題ないと思われます。
f0078320_19595751.jpg
f0078320_20002732.jpg
f0078320_20005758.jpg
おやつはおいしそうにモグモグと食べるのですが
すぐに下に落としてしまったり、
噛んでいる途中でもぽろぽろと下にこぼしたりして
やはり少し歯が少ないのかな?と思ってしまいます。
ドアを開けて廊下に出ると生き生きとした表情を見せ、
自然と笑顔も多く見られます。
ふさふさの被毛に包まれた優しい笑顔のこの子にも
優しいご家族が見つかるように願ってやみません。
f0078320_20053644.jpg
f0078320_20060656.jpg
f0078320_20063563.jpg




※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ
この日も近づくとまずは逃げ出そうと姿勢を低くして
おどおどと挙動不審になってしまいます。
身体を触ろうとしても素早い動きで逃げられてしまい、
なかなかゆっくりと撫でてあげることができません。
どこかの隅に追いこんで逃げられないようにすれば
どこを触ってもお口がでるようなこともなく、
ひたすら固まっています。

ゆっくりと抱き上げることもできる子なので
人と一緒に生活できる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。
f0078320_20115215.jpg
f0078320_20130656.jpg
f0078320_20133786.jpg

手足が長く、とてもスタイルも良く目を惹く子です。
ここにいても人馴れは残念ながら望めません。
まだ手からおやつを食べるということも出来ません。

何がこの子をここまで頑なにしてしまったのかわかりませんが
なんとか人は怖くないものと、ゆっくりと教えてあげたいです。
人との接し方がわからないだけなのではないかと思います。
二度目の夏をここで過ごすことのないよう、
皆様からのお問い合わせを心からお待ちしています。
f0078320_20183138.jpg
f0078320_20191912.jpg
f0078320_20194940.jpg




※3/14よりレポートに登場 (2/13収容)
▽黒 メス 1-2歳 10-11キロ
先週までは収容室①にいました。
収容室にいた時にはロープで外に誘導すると
出てきてプチパニックを起こしたりしていましたが
今日は自由に動き回れるからか、
それほどパニックになる様子はありませんでした。

ただ、やはり近づいていこうとすると逃げ回っていましたが、
ゆっくりと近づいて手を出すと
少し匂いを嗅ぐような仕草を見せてくれました。
ボーダーコリー風の同室の子のことを慕っているようで
ずっとこの子について動いていました。
f0078320_20354476.jpg
f0078320_20375085.jpg
f0078320_20370275.jpg

おやつはまだ手からは食べられませんが、
下に置いてあげれば、私たちが見ていても食べることができます。

まだまだ若いこの子も一日も早くここを卒業して
人との生活を味合わせてあげたいと思います。
思ったほど逃げ回ることもありませんので
人を怖いと思って逃げ回るようになってしまう前に
是非この子を迎えてあげて欲しいと思います。
若い子ですのできっと学習能力も高いと思います。
この子にいろいろな経験をさせてあげて欲しいです。
f0078320_20450791.jpg
f0078320_20453680.jpg
f0078320_20460951.jpg



レポートは続きます。


レポートは続きます。




by centre_report | 2017-04-19 18:45 | 愛護センターレポート
<< 4/18センターレポート 子犬... 4/18センターレポート収容室... >>