ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/11センターレポート 旧子犬舎   9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。


1-1 2頭
f0078320_02014264.jpg





※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)


扉を開けると匍匐前進のまま端っこに逃げていきましたが
顔を見上げてまた小さく尾を振ってくれました。
おやつを出すと喉の奥をゴクっとさせて
顔は手がふれそうなところまで伸ばしてくるくらい
食いしん坊さんで、それが人との距離を縮めるいいきっかけになっているようです。

↓以下以前のレポートより


血縁関係のある2頭のうち、少しお兄さんなこの子は
緊張しながらも、尻尾をチロチロと振って
少しほふく前進して近づいてくれました。

おやつをもらえることをちゃんとわかっているようです。

こちらの2頭は少し強引に触れたとしても
お口が出る様子は見受けられません。
身体や顔周りに触れても怒ることはなく
静かに手を受け入れてくれます。
f0078320_01503252.jpg


f0078320_01503795.jpg


f0078320_01504226.jpg


f0078320_01504997.jpg


f0078320_01505834.jpg


f0078320_01510678.jpg






※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ


この日はドア側に丸まって寝ていて
扉を開けても逃げずに静かに丸まっていました。
そばに行って触っても震えてもいませんし
挙動不審にもなっていません。
人の動きに敏感にはならずにいられるようになってきたようです。

↓以下以前のレポートより

収容室ステンレスケージにいた時も
この子の方が少し頑なところがありましたが

こちらへ移動してきても、やはりというか
端っこに固まって殆ど動くことはありませんでした。
しかしながら逃げ回るような様子も見られません。
震えてビビりションしていた頃に比べると
かなり進歩していると思います。

傍に来る人は自分のとってさほど害がない・・。
そんな風に学んだのかもしれません。

身体や顔周りに触れても威嚇や唸りなどはなく
ただジッと耐えている。そんな様子です。
f0078320_01584791.jpg


f0078320_01591866.jpg


f0078320_01591286.jpg


f0078320_01585640.jpg


f0078320_01593332.jpg


f0078320_01594250.jpg







1-2 3頭





※2/28よりレポートに登場(2/20他抑留所より移送)
▽茶黒 オス 3~5歳 1歳前後 10キロぐらい


どことなく頼りなげな表情がなお一層幼い印象を受けます。
他の犬の後ろに隠れるようにしていて
群れの中でも弱く守られるような存在のようです。
そんな子犬っぽいひ弱さを感じつつも
おやつを持つ手には顔を伸ばして興味を示すなど
頑なに人を拒否しているようには見えません。
家庭に入れば馴れるのは結構早そうな子だと思います。
f0078320_02045572.jpg


f0078320_02050065.jpg


f0078320_02051158.jpg


f0078320_02051734.jpg


f0078320_02054352.jpg







※3/28よりレポート登場 (3/23他抑留所より移送)
▽茶白 オス 3-4歳 5-6キロ
小さい身体で自らを必死に守るために戦ってきたのか
犬同士ではなかなか気の強い子のようです。
自分より大きな子にも怯むことはありません。
現在は他の2頭と上手く生活はできているようですが
家庭に入る時は、相性など良く見た方が良さそうです。
人の触れる手にはあまり慣れておらず
身体をのけぞらせて逃れようとしたり
すばしっこくすり抜けたりします。
ただ、おやつは誰よりも前に来て
手から食べますので、心底人が怖い・・などの
感情は無いようです。

↓以下先週レポートより
とても小柄な男の子です。
左耳が垂れ耳なのかと思いましたが
よく見てみると切れていて耳が垂れているようでした。
小柄な子ですから、自分の身を守るために
喧嘩もしていたのかもしれません。
被毛もかなり汚れていますので放浪期間も長かったかもしれません。
身体を触ろうとすると少し体をよじらせてみたり
少し慎重な面もありそうです。


f0078320_02110259.jpg

それでもゆっくり触ってあげると観念したようで
最初は空噛みをしそうになりましたが
なんとか我慢していられるようになりました。
小さくて少し離れたお目目が印象的です。
おやつは手から食べることが出来ました。
人馴れ抜群とはいきませんが、
そこまで臆病ということなく、
自分からこちらに寄ってくることもあります。
もっと人と一緒にいる時間が長くなれば
人馴れも進んでいくことと思います。

f0078320_02110857.jpg



先週のレポートでは他犬に威嚇する様子もあったようですが
少なからずこの部屋では争いは起こしていないようでした。
同室の茶色の子に寄り添っていたりもしていました。
同室の子たちがとても穏やかな子たちなので
他犬がダメというわけではなさそうです。
f0078320_02111415.jpg


f0078320_02111965.jpg


f0078320_02115263.jpg







※2016/4/5よりレポートに登場 (3/24収容)
▽茶 オス 2-3歳 13-4キロ

ただ頑なに壁に張り付いていた頃を思えば
少し変化が見られてきたように思います。
撫でても逃げ惑うことは無く、おやつも手から食べられ
なにより人がそばに来ても落ち着いていられます。
しかしながらセンターにいるままでは
これ以上の人馴れは期待はできないでしょう。
家庭でゆっくりと人の暮らしに触れさせてくださる方と
ご縁がありますように。
↓以下、以前のレポートより。
部屋に入ると奥の壁にぺったりと張り付いたままで
そこから動くことはありませんでした。
しかしながら、身体を触っても抵抗することもなく
人の手は受け入れてくれるようでした。
じっとしているままでも、おやつは口元まで持っていけば
食べることが出来ました。


もう少しビビリ度が高いままなのかと思っていましたが
この日見た限りではそれほどでもないかもしれないと思いました。
f0078320_02141729.jpg


f0078320_02142284.jpg


f0078320_02142866.jpg


f0078320_02144060.jpg


f0078320_02144689.jpg







1-3 3頭

f0078320_02180165.jpg









※28/8/2よりレポートに登場
▽薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
↓先週レポートより
この子もここでの生活が長くなりつつあります。
同郷だった子たちは既に卒業しており、
この子がたまたま最後に残ってしまいました。


以前は飼われていた子ではあるのですが
あまり人と接することがなかったのか、
人は怖いことをすると思ってしまっているようです。
犬には優しいようで、同室になる子たちとの諍いはないようです。
おやつも手から食べることも出来ます。
この日は部屋の外に出ないでいられたので
近づいておやつをあげている間に
「少し触ってもいいかな?」と話しかけながら
そっと身体に触ろうとしましたが
「やめて!!」と意思表示してきました。
以前にも同じことをしようとした時にも同じ反応で
少し頑なになっているように感じました。
大丈夫だよ、大丈夫だよ、と何度も声をかけ
ゆっくりとほんの少しだけ触ることができました。
それでもやはり警戒しているようでしたので
これからもゆっくりと人の手は怖くないと
伝えていかないといけないなと思いました。

f0078320_02182456.jpg


f0078320_02183215.jpg


f0078320_02183705.jpg


f0078320_02184215.jpg







※12/20よりレポートに登場 (12/8収容)
▼メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

↓先週レポートより
とても目力のある女の子です。
パッと見た感じでは少しきつそうに見えますが
威嚇してきたり、お口が出るようなことももちろんありません。
臆病であることには違いないのですが、
少し慎重であることと、人との接し方がよくわからない
のではないかと思います。

f0078320_02213991.jpg

常に上目遣いでいることが多く、
まだまだ人のことを信用できないというのが
ひしひしと伝わってきます。
前回撮影した時には、部屋を開けた途端に飛び出し
ドアやポリバケツなどをガードにしたまま
様子を伺っていたことを考えると
すぐにこの部屋から出て行かずにじっとしていられたのは
進歩なのではないかと思いました。
人を避けてばかりではなく、
人に身体を撫でられたりすることを繰り返していくことで
人はそんなに怖いものではないと
学習してくれたらいいなと思います。

f0078320_02214530.jpg


f0078320_02215134.jpg


f0078320_02215731.jpg


f0078320_02220337.jpg


f0078320_02220951.jpg


↓↓
以前のレポートより転載します。

f0078320_02232541.jpg






※4/4よりレポート登場 (3/30他抑留所より移送)
▽白薄茶 メス 4歳位 10キロぐらい

A部屋より移動。

ケージの扉を開けるとГ何をするの?」とでもいいたげに怯えた様子で隅で震えていました。
ロープはかけられましたが引っ張るとかなり嫌がって足を踏ん張って抵抗していました。
無理をさせるのもかわいそうなので今日はケージ内での撮影です。

最近出産したようでお乳が出てきていましたので張っていてかなり痛いだろうと思います。
(移送前に出産、子育てしたそうです。仔犬たちは他団体さんが引き出し済み)
今は環境の変化に戸惑って不安でいっぱいの様子が表情からも痛いほど伝わって来ました。
それでも攻撃的なところは全くなくどこを触ってもされるがままの大人しい子です。
それでも非常にきれいな瞳でまっすぐこちらを見つめてくれました。

今は自分の置かれた状況を理解するので精一杯な様子ですので
これから変化を見ていきたいと思います。

f0078320_02271845.jpg


f0078320_02272427.jpg


f0078320_02273123.jpg


f0078320_02274802.jpg


f0078320_02275318.jpg


↓先週レポートより

f0078320_02290162.jpg


f0078320_02290869.jpg



1-4 2頭


※2016/2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▽黒白 メス 3ー5歳?7-8歳? 13-14キロ
↓先週レポートより
いつものように大きな声で吠えていましたが
私たちが部屋に入るとピタッとおさまります。
同室になる子がいろいろ変わっても
いじめたりするようなこともなく、
他犬とはうまくやっていけるお利口さんです。


以前は手を出すと腰が引けて退いていましたが、
今ではちょっと近づいてきてクンクン匂いを嗅いだり
するようになっています。
部屋の中にいると緊張したお顔のままですが
廊下に出してあげると笑顔を見せてくれます。
f0078320_02315860.jpg


f0078320_02320366.jpg


f0078320_02320811.jpg


f0078320_02321377.jpg






※8/9よりレポートに登場 (7/27収容)
▽白黒 メス 3-4歳 10ー11キロ

怖がりさんですが、抱っこしても触っても
お口が出ることはないので
本来穏やかな子だろうと思います。
ただ人とどのように接して良いのかわからないだけだと思います。

↓以下先週レポートより
この子もこちらの生活が長くなりつつあります。
とても臆病で固まる系のビビリちゃんなのですが
身体を触ることも出来ますし、抱っこも出来ます。
人との接し方がよくわからないだけだと思いますので
家庭に入って人との生活をしていくうちに
人馴れも進んでいけると思いますが
ここにいる間はなかなか人馴れは進みません。
抵抗することもなく、されるがままといった状態ですので
やはり一日も早く家庭に入れてあげたい子です。

f0078320_02353203.jpg


f0078320_02352532.jpg


f0078320_02351940.jpg


f0078320_02350685.jpg


f0078320_02353933.jpg


f0078320_02354547.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-04-14 19:49 | 愛護センターレポート
<< 4/11センターレポート B部... 4/11センターレポート 子犬... >>