ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/21 センターレポート       E部屋 7頭

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)


***初登場の子以外、先週の写真・文章を転用しています***

<プール>

※2/21レポート初登場(2/16引き取り)
▽茶白長毛 メス 8歳 14-15キロ 肥満(適正11-12キロ位)

人馴れバッチリで、愛嬌もたっぷりある可愛い子です。

常に人の側に居たくて、私が動く度出来るだけ近くと一緒に移動していました。
人に気付いてもらいたくて、背中を向けているとチョイチョイと、
チョッカイを出してきてました。
その可愛らしい仕草を、私たちが部屋に居る間、ずっと続けていました。
人恋しくて仕方がない様子に、グッと来るほどでした。

抱っこも問題ありませんし、これだけ人を信頼してるのですから、
愛情を注がれていた子でしょうに、生活が一変してしまい、可哀想でなりません。

残りの犬生、大好きな人の側で出来るだけ長く過ごしてもらうためにも、
体重管理をしっかりしてあげて欲しいです。
現時点では、かなりの肥満です。

第二の犬生は、寂しい思いをすることなく、
最期の日まで愛しんでくれるお家の子にしてあげたい。
と、切に願っています。

f0078320_17591651.jpg

f0078320_17593265.jpg

f0078320_17594619.jpg

f0078320_17595990.jpg

f0078320_1801667.jpg

f0078320_1803070.jpg

f0078320_1804367.jpg





<E-1>

※2/14よりレポートに登場 (2/9他抑留所より移送)
▽茶白長毛 メス 4-5歳 8-9キロ
少し臆病ですが、ふさふさの被毛に包まれたかわいい女の子です。

ケージをあけると一番奥に伏せていて、
何をされるかわからないといった表情でこちらを見つめていました。
身体を触ってもビクッとすることはあっても
暴れたりお口が出るようなことは一切ありませんでした。
外飼いだったのか、放浪中に汚れてしまったのかわかりませんが、
あちこち毛が固まってしまっている部分もあります。

怖いながらもこちらをじっと見つめてくれますので
そこまで臆病ではなく、今は緊張しているだけのような気がします。
クリクリのお目目は本当にとてもかわいいです。
最初こそ少し抵抗したものの、リードで外に誘導してあげると
慌てて出てきてすぐに伏せてしまいました。
f0078320_12384707.jpg
f0078320_12390294.jpg
f0078320_12391319.jpg
f0078320_12393232.jpg

ふさふさの毛に覆われているのでわかりませんでしたが、
抱っこしてみるととても軽かったです。
しっかりブラッシングしてシャンプーもしてあげれば
スッキリして見違えるくらい綺麗な子になると思います。
抱っこも少し緊張しているお顔をしていましたが、
抵抗することもなく大人しくしていられました。

ケージの中は綺麗に保たれており、綺麗好きな子なのだと思います。
外に出してあげた時にどこを触っても怒ることもなく
単純に緊張していただけかもしれませんが
とても穏やかな子のようです。
まだこの環境に慣れていないだけだと思いますので
来週以降の変化を見てみたいと思います。
f0078320_12440569.jpg
f0078320_12441515.jpg
f0078320_12442433.jpg
f0078320_12443238.jpg





<E-2>
☆あぐちゃん

※10/4よりレポートに登場(6/13他抑留所からの移送)
▼薄茶足先白 メス 3-4歳 7-8キロ
この部屋に入ると、人が大好きなあぐちゃんは
「早く出して!早く出して!」としきりに私たちを呼んでいました。
ケージをあけてロープをかけて出してあげようとすると
それより早く甘えたい一心で、狭くあけた扉から私の足の間に頭をつっこみ
べったりと甘えてくる、本当にかわいいあぐちゃんです。

とにかく人が大好きなあぐちゃんですから、
外に出られる嬉しさよりも、人に甘えられる嬉しさが
先に出ているように見られます。
同行メンバーにも、立ち上がって前脚でしきりに甘えていて
その姿を見るにつけ、早く家庭に入れてあげたいと心底思います。
甘えている最中にさっと抱き上げようとしたところ、
「やめて!」と空噛みをしてきました。抱っこは苦手なようです。
f0078320_12525204.jpg
f0078320_12531058.jpg
f0078320_12530116.jpg
f0078320_12532027.jpg
痩せていた身体も大分ふっくらしてきました。
おやつを見せると大人しい甘えん坊のあぐちゃんが豹変します。
なかなか太れなくてきっと常にお腹がすいている状態
だったのだと思います。
自分がケージの中にいる時には他犬に対して威嚇していますが、
自分が外に出ている時にはそれほど他犬に興味を示しませんので
やきもちからくるものも大きいのかもしれません。

お散歩の時に他犬との接触に十分気をつけてあげることさえ出来れば、
あぐちゃんと一緒に暮らすことには何ら問題はないように思います。
お座りも待ても出来る賢い子です。
あぐちゃんにも一日も早く暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_12572870.jpg
f0078320_12573764.jpg
f0078320_13040305.jpg




<E-4>
☆はちえもん
※1/10よりレポートに登場 (12/26収容)
▽白 オス 4ー5歳 12-13キロ
以前はB部屋にいましたが、同室のおもちとの相性が良くなく、
こちらの部屋に移動になりました。
一度見たら決して忘れないツンと上を向いたお鼻がチャーミングな
ちょっと強面の男の子です。
見た目では気が強そうに見えますが、そんなことは全くなく、
ケージの外に出してあげると嬉しくてたまらない様子で
クネクネとしながら匍匐前進のような格好で皆に甘えていました。
どうしていいかわからない感じでずっと落ち着かなかったので
抱っこしてみたところ、落ち着いて抱っこされていました。
f0078320_17313830.jpg
f0078320_17313962.jpg
f0078320_17310935.jpg
顔には無数の傷のようなものがあり、他犬との相性があるのかもしれませんが
人に対しては全く攻撃的なところはありません。
とにかく人に甘えたくて仕方がないようです。
以前はかわいがられていたのではないでしょうか。
こんなに人を信用している子を探してあげないというのは
本当に理解に苦しみます。
まだまだ若いこの子にも第二の犬生を送らせてあげたいです。
ブサかわのはちえもんにもどうか暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_17320918.jpg
f0078320_17310936.jpg
f0078320_17320993.jpg






<E-5>

※5/10よりレポート登場(4/26収容)
▽茶白 メス 3歳ぐらい 13-4キロ
もうすぐここでの生活も10ヵ月を迎えようとしています。
本当にこの子は時間はかかりましたが、人を信用できるように
なりつつあります。
ガリガリに痩せていた身体も大分お肉がついてきました。
足が長く、とてもスタイルのいい女の子です。
今日は大分おやつに興味を示して、おやつに向かってグイグイ
寄って来ていました。
以前はたとえおやつであっても人に近づくことも出来ませんでしたから
本当にすごい進歩だと思います。
f0078320_13294119.jpg
f0078320_13293197.jpg
f0078320_13295097.jpg
f0078320_13300546.jpg
身体に触っても以前のように嫌がることが少なくなってきていましたが、
今日は少し後退してしまったようで、
触ろうとするといやだよ~~と身体をよじっていました。
以前は声をあげて嫌がるくらい
身体に触られることに抵抗していた子ですから
前進したり後退したりを繰り返していくのだと思います。
それでもおやつをもらっている最中であれば
身体を触られることはどうでもいいらしく、
おやつをあげながら何度も撫でてあげました。
また、右耳の後ろを撫でてあげたところ、
気持ち良かったらしく、ずっと身体を預けてきていました。
(左耳はそんな反応はありませんでした)
家庭に入って人と接する時間が増えてくれば
苦手なこともどんどん克服していけそうな賢い子だと思います。
f0078320_13444435.jpg
f0078320_13443604.jpg
f0078320_13445223.jpg




<E-6>

※2/14よりレポート登場(2/2他抑留所より移送)
▽白薄茶・左目周り茶ブチ メス 3歳くらい 16-17キロ
ケージの中からは外に興味を示して鼻を動かしていましたが、
外に出してあげようとすると、
少し怖がってなかなか出てこないのでロープで誘導して
外に出てきてもらいました。
何をされるかわからず怖いのでしょう、ブルブルと震えていました。
ただ、その状態でもどこを触っても緊張からか
ただ固まるだけで、お口が出ることもありませんでした。
なんともいえない困り顔がとてもチャーミングな女の子です。
f0078320_13561702.jpg
f0078320_13562545.jpg
f0078320_13563590.jpg
f0078320_13565098.jpg

身体を抱き上げてみると、結構ずっしりときました。
痩せてはいますが、体格は少し大きめかと思います。
お腹を見ると、おっぱいが大きくなって垂れていて、
つい最近まで授乳していたようなお乳をしていました。
子供たちはどこにいってしまったのかな。
きっとこの子も心配しているのではないでしょうか。

少し臆病なので、部屋の隅でも身体を包み込むようにしてあげると
震えながらも少し安心できるようでした。
おやつも手からとても優しくゆっくりと食べてくれました。
とても穏やかで性格も良さそうな子です。
きっと頑張って子育てしてきたのだと思いますので、
これからは自分の幸せを掴ませてあげたいと切に願います。
f0078320_14045119.jpg
f0078320_14042973.jpg
f0078320_14043567.jpg
f0078320_14044364.jpg




<E-7>

※1/31よりレポート登場 (1/5他抑留所より移送)
▽黒茶長毛 オス 2-3歳 12-13キロ
まるで小熊のぬいぐるみのような愛らしさの男の子です。

移送当時は怯えもあってか、威嚇するそぶりも見せていたようですが
さほど怖くはないとすぐ理解したようで
私たちが見る頃には、少し緊張する程度になっていました。
触れると少し身を引きます。
見知らぬ人にすぐには心は開けないだけかもしれませんが
さほど深刻ではなさそうな
すぐに甘えっ子になりそうな子だと思いました。

f0078320_22593788.jpg
f0078320_22594241.jpg
f0078320_23000898.jpg
f0078320_23000095.jpg
f0078320_23001437.jpg


↓以前のレポートより

f0078320_23020520.jpg
f0078320_23021159.jpg









レポートは続きます。




by centre_report | 2017-02-22 18:31 | 愛護センターレポート
<< 2/21 センターレポート  ... 2/21 センターレポート  ... >>