ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/14センターレポート 収容室①②③    8頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



【収容室①】

※2/7よりレポートに登場 (11/21収容)
▽白茶 オス 7-8歳 12キロ程度(適正14-15キロ)
ヤンチャっ子そうなお顔をした男の子ですが
意外に落ち着きがあり、
人の顔を良く見る子でした。
当初はフードガードのような様子が見られたそうですが
(その後問題なしということが分かりました)
痩せ過ぎの身体からもわかるように
放浪していた時にかなり飢えていた時期があったのかもしれません。

おやつを見せると掛け声に従ってお座りをし
お手も理解していました。

常にお腹いっぱい食べられるようになって
さらに落ち着いてくると思います。

身体のどこに触れても嫌がりませんが
抱っこは苦手のようです。
f0078320_22433577.jpg
f0078320_22434142.jpg
f0078320_22435542.jpg
f0078320_22434905.jpg

【収容室②】


※2/7よりレポートに登場 (1/30収容)
▽白黒 オス 3歳位 13-14キロ
人馴れ抜群の男の子です。
実に楽しそうにぴょんぴょこ飛び跳ねて
フレンドリーさと若さが弾けるようでした。

隣のケージの子を覗き込んで
ウガッと怒られても全くへっちゃらで
ただただ嬉しそうにしていました。

頭が大きく、脚は短めで
昔ながらの和犬っぽい体型ですが
垂れ耳と陽気さは洋犬MIXの雰囲気です。

白い子が黒い着ぐるみを着させられているかのような
神がかった色合いで、とても目を引きます。
身体のどこに触れられても怒ることは無く
ハイパーすぎもしないので
すぐにでも再出発できそうな子です。

f0078320_22481822.jpg
f0078320_22475921.jpg
f0078320_22481095.jpg
f0078320_22474789.jpg
f0078320_22475360.jpg




※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
この日この子の部屋を覗き込んだら
控えめながら尾を振ってくれました。
おやつを貰えると学習したのでしょうけれど
小さい変化ですが大きな一歩だと思いました。

歯を見たり、腹部などを触ったりしても
唸り声ひとつあげず、威嚇することもありません。
身体は大き目ですが、性格は穏やかだと思います。

耳が千切れたようになっているのは
犬同士で争ったことはあるのかもしれません。

f0078320_22510703.jpg
f0078320_22511282.jpg
f0078320_22511821.jpg






※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ
ケージ外でトイレをしたい気持ちの方が勝ってか
ロープを掛けるとわりとすんなり自分から出てきてくれました。
そしてちゃんと座ってオシッコを済ますと
いつもなら床にぺったり張り付くのですが
この日は顔をいつもより上げたまま辺りを見回し
少し余裕が感じられました。

外に出されても怖いことはないと少し学んだのかもしれません。

この子も同郷の男の子と会わせてみても
あまり興味も持たずに、ただわさわさと動き回るだけでした。

身体のどこに触れても、逃げようとはすれど
決して攻撃的になったりはしません。
f0078320_22525097.jpg
f0078320_22525691.jpg

f0078320_22533862.jpg
f0078320_22530144.jpg

この子もおやつを人前でも食べるようになりました。
以前のように床に突っ伏したまま
ビビりションをすることもなくなりました。




【収容室③】

※2/14レポート初登場 (2/3収容)
▽黒 オス 1歳前後 14-15キロ

身体はそこそこ大きくなっていますが
まだかなり若い子と思われます。

部屋の外に出されると
何をされるのかと怖がってビビりションをしていました。
これまであまり人と深い関わりを持たずに生きてきたのか
でもその割には肉付きが良く、毛並もとても良いので
食べ物は十分に食べられる環境ではあったようです。
触れてもお口は出ませんが、リードなどには全く慣れていないようです。
まだ若く柔軟な今の時期に家庭に入れれば
人との暮らしに慣れるのもそう時間は掛からないように思います。
f0078320_22552779.jpg

f0078320_22553391.jpg

f0078320_22553971.jpg


f0078320_22554418.jpg





※1/31よりレポートに登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
最初に見た時ほど怯えてはいませんでしたが

ロープはやはりかなり嫌がりすぐに噛み切ろうとして
あっという間に数本噛み切ってしまいました。
ですが人が触れても歯を当てることはしませんでした。
人は怖くないと理解するのもそう時間は掛からなそうです。

それほど痩せてはいませんし
毛並もきれいなので、野良っ子ではなさそうです。
人の手も怖がりはしませんので
飼い犬であったのだろう思われます。

f0078320_16290751.jpg
f0078320_16290081.jpg
f0078320_16291441.jpg





※12/20よりレポート登場 (12/8収容)
∇メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

ケージから外出すと最初だけバタバタと暴れますが
すぐに隅っこで小さく固まります。
おそらくリードなどで引かれる経験は全くないのでしょう。

この子の場合、パニックの最中にこちらが触れても
恐怖のあまりお口が出たりはしませんので
リードで引かれることにさえ馴れてしまえば
あとは徐々に人を受け入れて行ってくれると思います。

抱き上げたりしても変な恰好で固まりますが
抵抗したりお口が出ることはありません。

f0078320_16380089.jpg
f0078320_16391104.jpg
f0078320_16382178.jpg
f0078320_16382818.jpg
f0078320_16383452.jpg



※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

この日は扱いに慣れている看護師のOさんにロープを掛けてもらい
外に出してみました。
最初こそバタバタしたものの、すぐに観念して落ち着きました。
外に出した状態でこの子に触れても
それどころではないのか、嫌がったり怖がったりの反応は無く
どちらかと言うとされるがままのようでした。

全身を見てみると、毛はフワフワで少し幼げなところが
とても魅力的な子であることがわかります。

今まで人と関わりが薄かったぶん
これらか関わる人の影響が大きくこの子の生き方を左右すると思います。
少しずつ心を開いてくださる方とのご縁がありますように。

f0078320_16423638.jpg
f0078320_16424367.jpg
f0078320_16425456.jpg
f0078320_16430232.jpg
f0078320_16430987.jpg



レポートは続きます。



by centre_report | 2017-02-17 18:23 | 愛護センターレポート
<< 2/14センターレポート B部... 2/14センターレポート 別室... >>