ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/14センターレポート 仔犬舎6頭(+幼犬7頭)

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



<2-5> 3頭
f0078320_23193294.jpg


※2/7よりレポート登場(1/30収容)
▽茶 オス 6ヵ月ぐらい 5-6キロ
f0078320_2315282.jpg


先週のレポートには
シャイで野良の仔犬っぽさはありますが、
触ってもお口をエアーパクパクするだけで、抱き上げることも可能です。

とありましたが、この日はちょっと様子が違いました。
小部屋に入るとどの子かがビビリウンチをしてしまい、
取り除こうするとこの子だけが小部屋から外に出てしまいました。
子育て中のママの小部屋の方へ行って吠えられてしまい、
戻ってきたので抱っこしようとしたのですが、
ピチピチ暴れて、ついには窓枠に飛び乗ってしまいました。

おろそうとしても猫さんのように爪を立ててしがみついていたので
無理して爪にけがさせてはいけないと思い、そのまま様子を見ていました。
f0078320_23321343.jpg

f0078320_23332170.jpg

結局、じりじりと落ちてきていましたが、結構な頑張りを見せてくれました。
ただ、これだけ抱っこを嫌がったにもかかわらず、
唸ったり、お口が出たりということはありませんでした。
もう少し時間をかけてゆっくり接してあげれば、
抱っこも大丈夫だったのかもしれません。
f0078320_2337037.jpg

頑張ったので疲れてしまいました。
まだ収容から日が浅いこともあって、
何をされるかわからない、嫌なことをされるかもしれないという
人に対しての強い不安感・恐怖心は当然あると思います。
それでもあきらめて下に落ちた後の様子を見ても、
こちらを見ることもできますし、カチこちに固まることもなかったので
人と触れ合う経験を重ねることで解消されると思います。
f0078320_23535744.jpg

f0078320_23542836.jpg

f0078320_23544162.jpg

まだまだちびっこさんです。
どうして1頭だけで保護されたのでしょう。
ママやきょうだいはいなかったのでしょうか。
1日も早くのんびり寝られるお家に迎えていただきたいと思います。



※2/14レポート初登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 背中に薄茶のブチ オス 5ヵ月くらい 4-5キロ
f0078320_053524.jpg


そっくりのきょうだいです。
f0078320_095346.jpg

こちらの子(上になっている子)のほうが
人に対してのイヤイヤ度は低く、好奇心は強いように思います。
ちょっと怖いけど、何かな?とうかがって見ている感じです。
そしてちょっとのことでも大げさに悲鳴を上げます。
f0078320_0124135.jpg

f0078320_0125668.jpg

f0078320_0131367.jpg

意思表示の声も出せて、こちらを観察もできますから
じきに仔犬らしさを取り戻し、人馴れも案外早く進むように思います。
f0078320_0443277.jpg

f0078320_0445247.jpg

こんな小さな子が寒さと空腹をどうしのいできたのでしょう。
2頭でよく頑張ったね。
もうだれもいじめたりしないから心を開いてくださいね。



※2/14レポート初登場 (2/9他抑留所からの移送)
▽白 薄茶あり 先折れ耳 オス 5ヵ月くらい 4-5キロ
f0078320_0233987.jpg

f0078320_0242649.jpg

よく似ています。
f0078320_0301919.jpg

すぐに落ちると思いますが、この子は左のお尻が泥んこでした。
どこかに落ちたのでしょうか。
上の子よりも背中の薄茶のブチが薄く、鼻もやさしいピンクです。
f0078320_0294254.jpg

f0078320_0193164.jpg

ほとんど顔を隠していましたが、震えたり、唸ったりすることはありません。
今はまだ訳が分からず戸惑っているのだと思います。
生まれてから人に優しくされた経験がなかったのでしょう。
f0078320_0351069.jpg

優しい目をした仔犬さんですから、こちらの気持ちが伝われば
一気に気持ちをほぐしてくれると思います。

余裕がないせいとは思いますが、この子たちは3頭とも吠えませんでした。



<2-6>2頭
f0078320_048384.jpg


※12/13よりレポートに登場 (11/28収容)
∇茶白黒 オス 1-2歳 12-3キロ
f0078320_04992.jpg

とてもきれいな顔立ちの男の子です。
ずーっと「ごめんなさい」とかたまっていました。
f0078320_0514419.jpg

f0078320_052541.jpg

せっかくのお顔を見せてもらいましょうと、
手を入れてこちらを向いてもらいました。
f0078320_0532170.jpg

ついでに歯も見せてくださいね。
f0078320_054275.jpg

何も抵抗しません。
ちょっと抱き上げてみようかなと思って試みたのですが、
床と一体化してびくともしません。
あきらめないで立たせようとしたら、しつこい!と
部屋から出てしまいました。チッコもしましたよ。
f0078320_0554536.jpg

f0078320_056981.jpg

f0078320_0563670.jpg

f0078320_0565767.jpg

ちょっと強引だったかもしれませんが、
外に出たこの子は普通の子で、それほどビビリさんではないかもしれません。
人馴れ抜群とは言えませんが、ちょっと慎重なだけだと思います。
家庭に入って、毎日触れ合うことで、
落ち着いたよいパートナーとなってくれそうに思いました。




※10/11よりレポートに登場 (9/30収容)
▼黒・こげ茶 オス 1-2歳 14キロ程度
f0078320_142920.jpg

初めて会った時よりひと回り大きくなった気がします。
オドオドしたところがあったのに、ここでの生活にも慣れたようで、
それが感じられなくなっていました。
f0078320_1142745.jpg

f0078320_114512.jpg

f0078320_115105.jpg

むしろ構ってほしくてたまらなくて、でもその気持ちの表現が
ちょっとぎこちないだけのように思います。
上の子の写真を撮ろうとすると、ぬ~っと必ずフレームインしてきます。
邪魔ですよと言ってもお構いなしです。
f0078320_1162617.jpg

f0078320_116463.jpg

f0078320_117481.jpg

たまらなくかわいい変身です。
毎日お世話してくださる職員の方、毎週通っているボラメンバーの
気持ちが伝わっていることがとてもうれしく思いました。
環境が変わるとまた後退するかもしれませんが、
それは人間の私たちにもあることです。
この子のことを温かく見守ってくださる方との出会いが
早く訪れますよう願ってやみません。




<2-7>1頭+幼犬7頭

※11/29よりレポートに登場 (11/21収容)
▽薄茶 メス 2歳位 13ー14キロ
7頭の子犬のお母さん犬です。 (幼犬たちは譲渡先一般募集していません)
f0078320_1193964.jpg

とても穏やかな印象のママさんです。
2-5の茶色ちゃんが近くに行ったときは、警戒して吠えていましたが、
人のことは信頼してくれているのか、仔犬を抱っこしても
ママの写真を撮るために小部屋の外に出てもらっても
安心して見ていてくれました。
f0078320_1281223.jpg

f0078320_1282720.jpg

まだあどけないと言ってもいいくらいの可愛らしいお顔で
一所懸命に赤ちゃんを育てていました。
そのため自身の被毛はぼさぼさで、脱毛もかなり見られます。
栄養は全部赤ちゃんの成長に回しているのですね。
f0078320_1285322.jpg

f0078320_1291063.jpg

おやつを上げても、横から赤ちゃんが食べてしまって
ママは見ているだけでした。
ママにゆっくり食べてもらいたいこともあって
赤ちゃんをちょっとの間隔離しました。
f0078320_1302463.jpg

f0078320_1304075.jpg

f0078320_1305480.jpg

f0078320_1311573.jpg

人の手からは食べてくれませんが、見ていてもおいしそうに食べてくれました。
子育てが終わったら、自分のために生きてくださいね。
f0078320_1322348.jpg


優しいママが大事に大事に育てている赤ちゃんたちです。
f0078320_1331550.jpg

f0078320_1333081.jpg

f0078320_1334425.jpg

f0078320_134873.jpg

小さな体で7頭の子を育てているので赤ちゃんにも
栄養が行き渡っていないのかもしれません。
差はありますが、どの子も少し脱毛が見られました。
f0078320_1353261.jpg

↑この子は一番大きくころころしていましたが
↓左目が委縮していました。
f0078320_1364648.jpg

原因など詳細は分かりませんが、
1日も早く専門医に診てもらったほうが良い気がしました。



レポートは続きます。
by centre_report | 2017-02-16 02:00 | 愛護センターレポート
<< 2/14センターレポート 旧仔... 2/14センターレポート 4日... >>