ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


1/31センターレポート 収容室②③   9頭

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、センターで譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


【収容室②】 3頭

※11/29よりレポートに登場 (11/15収容)
▽茶 オス 2ー3歳 17-18キロ
ケージ外でトイレをしたい気持ちの方が勝ってか
ロープを掛けるとわりとすんなり自分から出てきてくれました。
そしてちゃんと座ってオシッコを済ますと
いつもなら床にぺったり張り付くのですが
この日は顔をいつもより上げたまま辺りを見回し
少し余裕が感じられました。

外に出されても怖いことはないと少し学んだのかもしれません。

この子も同郷の男の子と会わせてみても
あまり興味も持たずに、ただわさわさと動き回るだけでした。

身体のどこに触れても、逃げようとはすれど
決して攻撃的になったりはしません。
f0078320_11215392.jpg

f0078320_11220774.jpg

f0078320_11220060.jpg

↓先週レポートより

f0078320_11264083.jpg

f0078320_11264688.jpg




※11/22よりレポートに登場(11/10収容)
▽茶 オス 3ー4歳 15-6キロ (左耳先欠損)
先週は少し落ち着きがなかったようですが
この日はいつもの通りに、ややシャイながらおっとりとした
穏やかな雰囲気のを醸し出していました。

おやつにはやはり惹かれるようです。
少し食べるのを戸惑う場面もありましたが
時間を掛けると思いだしたように食べ始めました。

歯を見たり、腹部などを触ったりしても
唸り声ひとつあげず、威嚇することもありません。
身体は大き目ですが、性格は穏やかだと思います。

耳が千切れたようになっているのは
犬同士で争ったことはあるのかもしれません。

f0078320_11271939.jpg

f0078320_11273531.jpg

f0078320_11271489.jpg

f0078320_11272752.jpg

↓先週レポートより


f0078320_11290120.jpg


以前2頭を会わせてみた時は、お互いそれどころではないほど緊張していましたが
この日会わせてみたところ、少しお互いの匂いを嗅ぎ
寄り添う場面が見られました。
見知らぬ場所に連れてこられ、不安と孤独を感じた日々を過ごしていたと思います。
久々に知った顔に会ってほっとした様子でした。

身体は大きいけれど、少し気の弱いきょうだいのような2頭が
それぞれ安心して暮らせるお家が一日も早く見つかりますように。

f0078320_11293180.jpg


f0078320_11292561.jpg


f0078320_11294200.jpg


f0078320_11293689.jpg







※1/24よりレポート登場 (1/10収容)
▽黒ラブ雑? メス 3-4歳? 15-17キロ(適正20キロ以上)

人懐っこく、天真爛漫な女の子です。
ケージから出してあげると、落ち着きなく動き
身体全体で嬉しい気持を伝えてきてくれます。

マズルを掴んで落ち着くよう促すと
すぐに聞き分けて静かに座ることができました。
ちゃんと人の言葉を聞ける子です。
素直で愛嬌があり、人に対しては従順な子なので
これから関わる人次第で、素晴らしく輝ける子だと思います。

f0078320_11331735.jpg


f0078320_11333387.jpg


f0078320_11332384.jpg


f0078320_11332828.jpg


f0078320_11344786.jpg
↓先週レポートより

f0078320_23520008.jpg



【収容室③】 6頭

※1/10よりレポートに登場 (12/21収容)
▽白黒 オス 8歳ぐらい 10-11キロ
シニアだとは思えないほど若々しくハツラツとした男の子です。
この日も早くケージから出してほしくて一生懸命アピールしていました。
外に出してあげるとすぐにオシッコをします。
部屋の中は汚したくないのでしょう。

触れられ慣れていないのか
人の手を避けるようなところがありましたが
だいぶそれも慣れてきました。
お座りは得意気な表情でビシッとして見せてくれます。
とても聞き分けが良く愛嬌のある子ですので
家庭犬としてすぐに再出発できそうです。

f0078320_11385915.jpg


f0078320_11390674.jpg


f0078320_11391268.jpg


f0078320_11391880.jpg


f0078320_11392376.jpg





※1/31レポート初登場 (1/16収容)
▽茶黒まだら オス 3-5歳 12-13キロ
強そうな虎毛で、見るからにザ・和犬のオス!の風貌。
もしかすると和犬気質の強い子なのかな・・と思いましたが
実際はとても穏やかで物静かなおっとりとした印象の男の子でした。

ケージの中でもアピール吠えなどはしておらず
チャカチャカしたところもなく
姿勢よくお座りをして、おやつを見ると
自らお手やおかわりをして見せてくれました。

f0078320_11471454.jpg


f0078320_11472071.jpg



f0078320_11472507.jpg



f0078320_11474320.jpg


f0078320_11481683.jpg


f0078320_11473214.jpg


f0078320_11480985.jpg



f0078320_11482228.jpg


他の犬に会わせてみましたが
落ち着いた態度は変わらず
背中の毛を逆立出ることもなく
さほど関心を示しませんでした。

f0078320_11483368.jpg


f0078320_11483826.jpg
時間の経過と共にもっと違った一面も見られるかもしれませんが
今のところ、問題と思われるところは見受けられませんでした。










※1/31レポート初登場 (1/5他抑留所より移送)
▽黒茶長毛 オス 2-3歳 12-13キロ
まるで小熊のぬいぐるみのような愛らしさの男の子です。
移送当時は怯えもあってか、威嚇するそぶりも見せていたようですが
さほど怖くはないとすぐ理解したようで
私たちが見る頃には、少し緊張する程度になっていました。
触れると少し身を引きます。
見知らぬ人にすぐには心は開けないだけかもしれませんが
さほど深刻ではなさそうな
すぐに甘えっ子になりそうな子だと思いました。

虎毛の男の子と会わせてみましたが
あまり関心を示さず、目をそらし
自ら近寄ることもしませんでした。
犬同士の挨拶こそしないものの、良い反応だと思いました。

f0078320_11544967.jpg



f0078320_11545389.jpg





f0078320_11551119.jpg



f0078320_11550689.jpg


f0078320_11551772.jpg


f0078320_11552220.jpg







※1/31レポート初登場 (1/16収容)
▽白茶 メス 1-2歳 12-13キロ
ケージの中をのぞき込むとなんとも困った表情をしていました。
その表情はまるで母犬とはぐれた子犬のようです。
不安でしかたがないのか、扉を開けると小刻みに震えていました。

それほど痩せてはいませんし
毛並もきれいなので、野良っ子ではなさそうです。
人の手も怖がりはしませんので
飼い犬であったのだろう思われます。

ロープは嫌がりすぐに噛み切ろうとして
あっという間に一本噛み切ってしまいました。
ですが人が触れても歯を当てることはしませんでした。
人は怖くないと理解するのもそう時間は掛からなそうです。

f0078320_12075849.jpg
f0078320_22462373.jpg

f0078320_12060491.jpg


f0078320_12055610.jpg


f0078320_12074215.jpg





※11/29よりレポートに登場 (11/18収容)
▽茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度
この日もロープをつけるのを断念してしまいました。
扉を開けてもなかなか出てこようとはしなかったため
ケージの中でのいつもと同じ姿しか撮れませんでした。

と、言ってもあまり嫌な経験をさせたくないと思っただけで
この子が激しく抵抗したわけではありません。

看護師のOさんにお聞きしたところ
ロープは掛けられるようになっているそうです。

f0078320_12144829.jpg


f0078320_12145410.jpg


f0078320_12150077.jpg
↓先週レポートより

f0078320_22292721.jpg






※12/20よりレポート登場 (12/8収容)
∇メス 茶黒 1-2歳 10キロ未満

ケージから外出すと最初だけバタバタと暴れますが
すぐに隅っこで小さく固まります。
おそらくリードなどで引かれる経験は全くないのでしょう。

この子の場合、パニックの最中にこちらが触れても
恐怖のあまりお口が出たりはしませんので
リードで引かれることにさえ馴れてしまえば
あとは徐々に人を受け入れて行ってくれると思います。

抱き上げたりしても変な恰好で固まりますが
抵抗したりお口が出ることはありません。

f0078320_12183263.jpg


f0078320_12185329.jpg


f0078320_12185989.jpg


f0078320_12190603.jpg


f0078320_22333695.jpg


レポートは続きます。



by centre_report | 2017-02-02 11:56 | 愛護センターレポート
<< 1/31センターレポート 譲渡... 1/31センターレポート 4日... >>