ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


10/11センターレポート 旧子犬舎   8頭  

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



センターにて譲渡先・預かり先を探している子の紹介です。



お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田
★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
(譲渡希望は、関東限定となります)





<1-1> 1頭


※5/10よりレポートに登場 (4/28収容)
▼白茶 オス 7-8歳 10キロ弱
部屋に入ると威勢よく吠えていますが、
決して攻撃性のあるものではありません。

以前は近寄っては来るものの、触ろうとすると逃げていましたが、
ゆっくりと手を差し出すとちょっと顔を近づけてきて、
アゴの下をチョイチョイと触ることが出来ました。
大分人を怖いだけのものではないと思い始めてくれたのではないかと
嬉しくなりました。
多頭飼育現場から来た子ですので、
人との関わりはあったはずですが、あまり構ってもらえていなかったのでしょう。
それでも一生懸命ここでの生活を過ごしています。
f0078320_19401399.jpg
f0078320_19404047.jpg
f0078320_19411043.jpg

おやつもしっかりと手から食べることが出来ました。
少しずつかもしれませんが、確実に進歩してきています。
この日同室の子を引き出したのですが、
準備をしている間もずっと私たちの周りをウロウロしていましたが、
吠えながらも決して攻撃してくるようなことはありませんでした。
シニアの域に入っているこの子にも、暖かい家庭が必要です。
f0078320_19451518.jpg
f0078320_19453976.jpg
f0078320_1946334.jpg






<1-2> 2頭


※4/5よりレポート登場 (3/24収容)
▼茶 オス 1歳過ぎ 10キロ前後
ずっと部屋の隅で固まっていました。
近づいても固まるのみで、攻撃してくることもありませんし、
逃げ回ることもありません。
ひたすらその場にじっとしているだけですので、
体を触っても身動き一つすることがありません。
どうしていいのかわからないのかもしれません。
f0078320_19513385.jpg
f0078320_19521283.jpg
f0078320_19522785.jpg

まだまだ幼い子ですので、学習能力は高いものと思います。
毎日人の近くで過ごしたり、先住犬のいるお宅でその子の動きを見せることで
人が怖いものではないということを学習していくことが出来ると思いますが、
ここに長くいることは決してこの子にとっていいことではありません。

おやつは差し出しても食べる余裕はありません。
しかし、床に置いてその場を少し離れると
すぐにもぐもぐと食べていました。
安心して寛げるご家庭に是非一日も早く迎えられるようにと
願わずにはいられません。
f0078320_19575992.jpg
f0078320_19581813.jpg
f0078320_19583888.jpg




※4/15よりレポート登場 (3/25収容)
▼茶黒 オス(去勢済) 1歳過ぎ 11キロ前後 脱肛手術済
この子も同室の茶色の子と同様にまだまだ幼いです。

↑の子と同じく、部屋の隅で固まっていましたが、
近づくと怖さからか、そのままの状態でおしっこが出てしまいました。
逃げ回ることは出来ないのですが、「怖い」という気持ちは
↑の子よりも強いのかもしれません。
こんな幼い子に人を怖いと思わせてしまうのには
一体何があったのでしょう・・・。
怖がらせるつもりはないんだよ。ごめんね。
おやつも手からは食べることが出来ませんでしたが、
床に置いたおやつはゆっくりと食べることが出来ました。
f0078320_2024317.jpg
f0078320_203314.jpg
f0078320_2033418.jpg

体を触ったり、顔を撫でてあげたりすることも出来ます。
全く抵抗することはありません。

最初におしっこを大量にしてしまったので、その後は出ませんでしたが、
きっと触られている間も怖くて仕方がなかったのかもしれません。
それでも少しずつこうして触ってあげて声をかけてあげたいと思います。
人の手は怖いものではないんだよ。
人の手は暖かいんだよ。
怖いことなんて何もしないから、怖がらなくていいんだよ。
f0078320_209735.jpg
f0078320_2092558.jpg
f0078320_2094462.jpg






<1-3> 3頭


※8/2よりレポートに登場
▼黒茶 メス 1歳弱? 8-9キロ
部屋の隅にいて、薄茶の子が前に陣取っていたため、
なかなか撮影することが出来ませんでしたが、
一生懸命そこから顔を出してこちらを見ようとしている姿が見られました。
人には興味があるのではないでしょうか。
決して薄茶の子の下にもぐりこんでいるわけではないようでした。
この子を触ろうと手を出すと、薄茶の子が「やめて!」と言うので
撫でてあげることは出来ませんでしたが、
しっかりとこちらを見る瞳には力を感じました。
f0078320_2016826.jpg
f0078320_20162773.jpg
f0078320_20172915.jpg
(先週レポートより)



※8/2よりレポートに登場
▼白黒 メス 2ー4歳? 10キロ程度
皮膚の状態が悪い子でしたが、
少しずつですが毛も生えてきていました。

まだまだ人を信用できていないようではありますが、
この子の目を見ていると、何かを訴えているように思えてなりません。
優しい眼差しを見ていると、こんな状態にしてしまったのも人間だと思うと
この子になんと謝ってあげたらいいのかわからなくなります。
一日も早く家庭に入って、個別に治療をしてあげたい子です。
たくさんご飯を食べて、もっともっと元気になろうね。
f0078320_20281471.jpg
f0078320_20283794.jpg
f0078320_20285541.jpg
f0078320_20291540.jpg




※8/2よりレポートに登場
▼薄茶 メス  2ー4歳? 11-12キロ
この部屋の3頭の中では唯一動きがある子です。
私はこの子を触るのが初めてだったからかもしれませんが、
体をそっと触ろうとしたところ、「やめて!」と意思表示しました。
黒茶の子にずっと寄り添っていたのですが、
その子を触ろうとした時にも同様の反応でした。

あまり嫌がらせてしまってもかわいそうですので
今日はそれ以上は触らないようにしました。
先週のレポートではおやつは食べることが出来たとのことでしたが、
今日は残念ながら手から食べることは出来ませんでした。
少しずつでも人を信用してくれるようになってくれることを
願っています。
f0078320_20421927.jpg
f0078320_20424379.jpg
f0078320_20431347.jpg
f0078320_20442254.jpg
(先週レポートより)





<1-4> 2頭


※2/16よりレポートに登場 (2/1収容)
▼黒白 メス 3ー5歳 13-14キロ
「今までのレポートはコチラ」
今まではとにかく旧子犬舎に近づくだけで
かなりの勢いで吠えていましたが、
同室の幼い子の元気の良さに押されているのか、
それほどこの子の声が気になりませんでした。
そして、以前よりもこちらに近づいてくる距離が縮まったような
気がしました。
おやつも手から何度も食べてくれて、
とてもいい笑顔を見せてくれたのが嬉しかったです。
f0078320_20542446.jpg
f0078320_20544329.jpg
f0078320_20551057.jpg

同室の元気な子におやつを奪われてしまっても
怒ることもなく、争いを好まない、心の優しい子なのだと思います。
ただ、ハーネスをつけることや、リードで引かれることには
以前とても抵抗していましたので、
はじめからすんなりとはいかないかもしれません。
それでも、この子にもゆっくりと焦らずに接してあげてくれる
家族が必要だと思います。
f0078320_211030.jpg
f0078320_2111972.jpg
f0078320_2122598.jpg
(先週レポートより)



※8/23よりレポートに登場 (8/15収容)
▼茶黒 メス 1歳弱 16-17キロ
収容されてから見る度にどんどん成長しており、
かなりしっかりとした体格になってきました。
しかしながら中身はお子ちゃまです。

人が好きで好きで仕方ないといった感じで
部屋をあけた途端に嬉しくて飛びついてきました。
人と接しているのが本当に嬉しいらしく、
部屋の外に出てきてからも、旧子犬舎の入口まで走っていっては
こちらに戻ってきてを繰り返して、とてもはしゃいでいました。
(旧子犬舎の入口は施錠して撮影しています)
f0078320_2183475.jpg
f0078320_21942.jpg
f0078320_2193231.jpg

とにかく動き回っていて、写真がブレブレです。
しっかりとコントロールしてあげる必要がありそうですが、
入口付近まで行っても「こっちおいで!」と言うだけで戻ってくることが出来、
とても賢い子だと思いますので、躾のしがいがありそうです。
一緒にいるだけでこちらが自然と笑顔になってしまう、
そんな子だと思います。
たくさんたくさんこの子と遊んでくれるご家族に迎えて頂きたいと思います。
f0078320_21184775.jpg
f0078320_2119982.jpg
f0078320_21194333.jpg
(先週レポートより)






レポートは続きます。
by centre_report | 2016-10-12 21:23 | 愛護センターレポート
<< 10/11センターレポート B... 10/4引き出し編・レポート紹... >>