ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/5センターレポート パート4      ⑫

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



4/5訪問レポートパート3からの続きです。
譲渡先・預かり先を探している子たちの紹介です。



ここでは子犬舎・収容室①・③の子たちを紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。





【子犬舎】8頭



<2-5>3頭

f0078320_20475789.jpg



※2/9よりレポートに登場 (2/1他抑留所からの移送)
▼茶 オス 1-2歳 10キロぐらい
この3頭の中では一番人に寄って来る子です。
すごく人馴れしているというところまではいきませんが、
おやつを欲しがって人に近づいてくるようです。
触ることも出来ます。
他の2頭におやつをあげようとすると横取りする勢いです。
食いしん坊なのかもしれません。
f0078320_2051583.jpg
f0078320_20521530.jpg
f0078320_20525024.jpg

家庭に入ってしまえばきっとすぐに
人の後をついて歩くような子になるような気がします。
人が怖いとは思っていないと思います。
同じオス同士でいても喧嘩するようなこともないようですので
他犬との同居も問題ないのではないかと思います。
f0078320_20555031.jpg
f0078320_2056375.jpg
(先週レポートより)



※2/2よりレポート登場 (1/20収容)
▼茶黒 オス 2-3歳 11-2キロ
何度見てもたぬきのような風貌の男の子です。
この子の人をまっすぐに見つめる目が大好きです。
とてもキラキラしていて、とても惹き込まれます。
この子も今まで壁とお友達でしたが、
今ではこちらをしっかりと向いてお座りしていられるようになりました。
まだ立ち上がった姿を見たことはないのですが、
体格は良さそうな感じです。
f0078320_20591988.jpg
f0078320_20595339.jpg
f0078320_2102040.jpg

ただ気になったのが、この子の左目が傷ついていました。
ここで喧嘩でもしたのか、
それとも自分の長い爪?で引っ掻いてしまったのかわかりませんが、
既にかさぶたのようになっている部分と、まだ新しそうな傷があり、
大きな傷にならないといいなと思いました。
今日は直接手からおやつも食べてくれましたし、
たくさん体にも触ることが出来ました。
たくさんたくさん撫でてあげました。
少しでも人を信用してもらえるようにたくさんお話していると、
まっすぐな瞳でしっかり話を聞いてくれていました。
f0078320_21354100.jpg
f0078320_2141396.jpg
f0078320_2143169.jpg




※1/19よりレポートに登場 (1/8収容)
▼トライカラー オス 7-8ヵ月 8-9キロ
部屋を開けてあげると外に出たそうにしていました。
部屋の奥でおとなしくしていましたが、
じっとこちらを見つめる目は、まだ疑いを持っているように思えました。
子犬で一番社会性を身につける時期に
こちらで過ごさなければいけない環境にいますので
致し方ないと思います。
f0078320_2192647.jpg
f0078320_219579.jpg
f0078320_21105773.jpg

部屋の床を掃除してあげようとすると、
慌てて外に飛び出して行きました。
そしてまた部屋の奥に戻ると、また外に出たそうにしていたので
ちょっと遊んでみようと思い、「だめ~!」と道を塞ぐと
「なんだよ~~!どけよ~~!!」とワンワン吠えました。
威嚇の吠えではなく、遊んでいる時に出るような吠え方でしたので
やはりこうして一緒に遊んであげられる環境に
一日も早く置いてあげたいと思いました。
f0078320_21145659.jpg
f0078320_21151764.jpg
f0078320_21153616.jpg





<2-6>2頭


※1/19よりレポートに登場 (1/12引取収容;多頭飼育崩壊)
▼茶黒 メス(不妊手術済) 2-3歳? 13-4キロ(太り過ぎ)
ものすごく元気一杯で、
部屋の扉を開ける前から大騒ぎしており、
開けると同時にすごい勢いで私たちに飛びついてきます。
どれだけ人が好きなのでしょう。
とにかく「嬉しい!嬉しい!」を全身で表してくれる子です。
皮膚の状態が悪かったり、片目も潰れているようではありますが、
この子に一切悲壮感というものは見当たりません。
今の自分の置かれている状況の中で
精一杯楽しみを見つけているように思えます。
f0078320_21201712.jpg
f0078320_21203427.jpg
f0078320_2121325.jpg

お散歩に行きたいのか、以前と同様に子犬舎のドアのところに
すぐに近寄って行きます。
お散歩にもしばらく行っていないでしょうから、
ほんの少しでもお外に連れて行ってあげたいと思いました。
皮膚の状態も少しずつではありますが、毛も生えてきています。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、
確実によくなってきています。
この子にもどうか良いご縁が巡ってきますように。
f0078320_21304939.jpg
f0078320_2131682.jpg
f0078320_21321195.jpg
(先週レポートより)



※1/19よりレポートに登場 (1/12引取収容;多頭飼育崩壊)
▼白茶たれ耳 メス(不妊手術済) 2-3歳? 14-5キロ(太り過ぎ)
こちらの子も同室の子と同様、
部屋を開けると共にダッシュで外に飛び出し、
メンバー全員に一通り飛びついて挨拶して回ります。
本当に人が大好きで大好きでたまらない、というのが
この子の表情と態度でよくわかります。
ちょっと太り気味の体を揺らしながら飛びついてくると
押し倒されそうになりますが
この子は嬉しくて嬉しくてたまらないだけなのです。
f0078320_21364525.jpg
f0078320_21371273.jpg
f0078320_21373629.jpg

抱っこされればうっとりして大人しくしていました。
本当に人恋しくてたまらないのでしょう。
たくさんたくさんかわいがって甘えさせてくれるお宅に
迎えてもらえることを願ってやみません。
毛が生えていなかった部分はもうすっかり毛が生え揃い
生えていなかったとは思えないほど綺麗になっています。
f0078320_21413822.jpg
f0078320_21415964.jpg
(共に先週レポートより)




<2-7>2頭


※2015/5/12よりレポート登場(4/23収容)
▼テリア系mix 白×薄茶が少し メス  1歳半~2歳 12-3キロ
こちらの部屋に移動してきてから本当に落ち着きが出てきました。
一頭でいるよりも、同室の子が一緒にいるだけで
大分精神的にも落ち着いてきたのだと思います。
吠える声もほとんど聞かなくなりました。
以前はとにかく吠えてばかりで落ち着きがなく
ちょろちょろと動き回っていてなかなか撮影できませんでしたが
最近は近くに寄って撮影することも簡単にできるようになりました。
f0078320_21563428.jpg
f0078320_2157023.jpg
f0078320_215732100.jpg

この子ももうすぐ1年を迎えてしまいます。
時間はかかりましたが、大分落ち着いてきましたので
是非この子にも目を向けてあげて欲しいと思います。
家庭に入ればきっと人を信頼してくれるようになってくれると思います。
f0078320_22038100.jpg
f0078320_221048.jpg
f0078320_2212022.jpg




※2015/4/7よりレポート登場(3/31収容)
▼茶 中長毛 たれ耳 メス(不妊手術済)  1歳過ぎ 10キロ前後
この子も同室の子同様に時間はかかりましたが、
本当に少しずつではあるものの、閉ざしていた心が開きかかっていると
思うようになってきました。
最初の頃の人を見る疑いの目は忘れられませんが、
今ではかなり近くに寄っても唸ることも全くなくなり、
まだまだ触ることは許してはくれませんが、
近づける距離は確実に縮まってきています。
f0078320_224179.jpg
f0078320_2243362.jpg
f0078320_225174.jpg

今日は少し離れたところにいたこの子におやつを投げてあげたところ、
一瞬、パクっと食べるような仕草をしてくれました。
なんとも言えない嬉しさがこみあげてきました。
投げてあげたおやつにも一切興味を示さなかったこの子が
食べるところまではいかなかったものの、興味を示してくれた・・・。
たいしたことではないように思われるかもしれませんが、
その変化は本当に本当に嬉しいものです。
触れるようになるまでにはまだ時間がかかるかもしれませんが
この子の心を開かせてくれる方はいらっしゃらないでしょうか。
f0078320_2283975.jpg
f0078320_229326.jpg
f0078320_2292484.jpg





<2-8>1頭


※3/15よりレポート登場 (3/4収容)
▼茶黒 オス 5-6ヵ月 8-9キロ
まだ幼いのですが体は大きく、大型犬になりそうな子です。
一頭になってしまってから、尚更不安が増しているのか、
部屋に入ろうとすると少し唸ったりするようになっています。
それでも、ゆっくりと近づき、たくさん話しかけてあげながら
怖いことは何もしないんだよ、と伝えると
触ってもちょっとびくっとするものの
触る手は受け入れてくれました。
f0078320_2215242.jpg
f0078320_22154053.jpg
f0078320_2216826.jpg

まだ不安で一杯な目つきをしています。
こんな幼い子が人を信用できなくなるような思いをさせたのも
やはり同じ人間なのです。
それでもこの子も精一杯頑張っているのだと思います。
時折見せる不安そうなお顔を見ると、
一日も早く家庭に迎えてもらって
人は怖くない、優しい信頼できるものなのだと教えてあげたいと思いました。
f0078320_22195953.jpg
f0078320_22201998.jpg
f0078320_22204596.jpg






【収容室①】2頭


※3/15よりレポートに登場 (3/3収容)
▽こげ茶 オス 10ヵ月前後 15キロくらい?(3/3収容)
まだ少し怖いようでケージの奥で伏せていましたが、
最初に見た頃に比べれば、顔をあげてこちらを見ることが
できるようになってきました。
先週もケージの外に出したようでしたので、
今日もロープをかけてゆっくりと外に誘導してみました。
少し抵抗しましたが、そこまで踏ん張ることもなく
外に出てきてくれました。
出てきてはくれましたが、やはり少し怖いのか
ケージの前で固まってしまいました。
f0078320_22505446.jpg
f0078320_22512851.jpg
f0078320_22521764.jpg

それでも外に出ている間でも体に触ることも出来ました。
まだ環境に慣れていないので、変化が見られるかもしれませんが
それでも穏やかな子であることは変わりはないのではないかと思います。
大分こちらを見ていることもありますので、
来週以降の変化も楽しみになってきました。
f0078320_2256558.jpg
f0078320_2256285.jpg
f0078320_22565193.jpg




※4/5レポート初登場 (3/24収容)
▽白茶 メス 10ヵ月前後 12-3キロ 
ケージを開けると奥で上目遣いにこちらを見ていました。
まだ自分の置かれている状況がよくわかっていないようです。
何をされてもわけがわからず、固まって震えている感じでした。
思い切ってロープで外に誘導してみたところ、
外には出て来れましたがプチパニックを起こし、
すぐにケージへと戻ってしまいました。
f0078320_23135450.jpg
f0078320_23142118.jpg
f0078320_2315188.jpg

体重や年齢なども確認したかったので、
もう一度外に出てきてもらい、抱っこもしてみました。
抱っこも暴れることなくおとなしくしていましたが、
びびりうんがたくさんコロコロと出てしまいました。
歯を見てみるとまだ犬歯もとてもきれいでまだ少し小さく、
1年未満であることは間違いないようです。
体を触ることも出来ましたので、
来週以降もう少しよく様子を見てきたいと思います。
f0078320_23175947.jpg
f0078320_23191378.jpg






【収容室③】2頭


※4/2レポート初登場 (3/25収容)
▽茶白 メス 2-3歳 11キロくらい?
とても穏やかな女の子です。
右耳が半分以上欠損してしまっています。
しかしその傷はもう大分前にできたもののようですので、
今は耳を気にする様子は全くありません。
f0078320_23261328.jpg
f0078320_23263526.jpg
f0078320_2327418.jpg

体を触ることにも全く抵抗しませんでした。
外に出してみたかったのですが、少し震えているようでしたので
今日は無理には外に出しませんでした。
来週以降もう少し詳しく様子を見てきたいと思います。
f0078320_23321241.jpg
f0078320_23323921.jpg
f0078320_2333358.jpg




※4/2レポート初登場 (3/3収容)
▽テリア系MIX 薄茶黒 オス 1-2歳 10-11キロ
毛量がとても多く、かなりもこもこした感じの男の子です。
テリア系の血が混じっているような感じで、
伸びきってしまっている毛で目が隠れてしまっていました。
毛をかき分けて見てみると、つぶらな瞳が見えました。
とても人懐こく、撫でてあげていると甘えて体を預けてきます。
f0078320_23374930.jpg
f0078320_233817100.jpg
f0078320_23384035.jpg

抱っこも問題なく出来ましたし、
おやつをあげる時にもこちらの指示でお座りも出来ました。
きっとかわいがってもらっていた時期があったに違いありません。
テリア系の毛質に、短い足で、
なかなかお目にかかれないような雑種の魅力たっぷりな子だと思います。
今度こそ君の手を離さずにいてくれるご家族を探そうね。
f0078320_23421429.jpg
f0078320_23423958.jpg
f0078320_2343179.jpg






レポートはパート5に続きます。
by centre_report | 2016-04-07 12:44 | 愛護センターレポート
<< 4/5センターレポート パート... 4/5センターレポート パート... >>