ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3/22センターレポート パート5      ⑦

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


3/22訪問レポート パート4からの続きです。



こちらでは4日目部屋にいた子達を紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【4日目部屋】7頭


※1/19よりレポーに登場(1/4他抑留所より移送)
▼薄茶 オス 2-3歳 15-16キロ
物凄く人が怖い、ということはないようなのですが、
現在この部屋にいるほとんどの子たちがビビリっ子たちなので
この子も同調してしまっているだけだと思います。
最近は触ろうとするとスルっと逃げていましたが、
今日は部屋の隅で他のビビリっ子にくっついて固まっていて
他の子は逃げ回っていても、この子はじっとしていました。
f0078320_23351073.jpg
f0078320_2336428.jpg
f0078320_23371973.jpg

ゆっくりと少しずつ近づいていって
「怖くないよ、何も怖いことなんてしないから
ちょっとだけ触ってもいい??」と声をかけながら
そっと触ってみたところ、逃げることもなく触らせてくれました。
口が出ることもなく、手を受け入れてくれていました。
とても嬉しかったです。
家庭に入ればもう少し人と接することも馴れてくると思います。
f0078320_2340513.jpg
f0078320_23402638.jpg
f0078320_23413446.jpg
(先週レポートより)



※12/1よりレポート登場 (11/13収容)
▼茶白/鼻黒白 オス 1-2歳 15-16キロ
この子はこの部屋の中でも固まるビビリくんです。
ずっと部屋の隅のすのこの上で固まっており、
触ることにも全く抵抗することはありません。
人との接し方がわからないのでしょうか。
唸ったりすることもあったようですが、
現時点ではそのようなことは一切見られません。
f0078320_23515675.jpg
f0078320_23524478.jpg
f0078320_2353266.jpg

あまり目を合わせえてくれることもなかったのですが、
上目遣いではありますがこちらを見てくれました。
まだ不安で一杯な表情が、とてもやるせない気持ちになりました。
いつもお世話してくれる職員さんの姿を見ると、
窓側にすっ飛んで来るぐらいですので
人と一緒の生活を送れるようになれば
間違いなくすぐに人を信じてくれる子だと思います。
一日も早く暖かい家庭に迎えてもらえますように。
f0078320_23592125.jpg
f0078320_23595865.jpg
f0078320_001922.jpg




※3/1よりレポート登場 (2/16収容)
▽茶白  オス 1歳程度? 11キロ~
先週のレポートでは、かなり怖がっているようでしたが、
今日はそこまで怖がっているとまではいっていないように思えました。
まだ触ることは出来ませんし、
触ろうとすると逃げていってしまいます。
それでもずっとこちらを見ていることもあり、
少し離れたところから手を差し出すと
近寄ることはありませんが、
手に反応して顔を前に出して匂いを嗅ぐような仕草をしていました。
f0078320_041035.jpg
f0078320_04555.jpg
f0078320_063882.jpg

近寄っていこうとすると逃げますが、
それでもゆっくりと動けば、かなり近くまで寄っても我慢していて
触れそうな距離になると思わず逃げてしまう、
といった感じに見えました。
今日はこの子が歯を剥く場面などは一度もありませんでした。
f0078320_0124144.jpg
f0078320_013719.jpg
f0078320_0134221.jpg




※2/16よりレポート登場 (2/2収容)
▽茶白 オス 3-4歳 12-3キロ
収容室の個別ケージにいる時には、
少しびびりかもな~と思うような感じではありましたが、
ロープをかけてしまえばわりと落ち着いていました。
こちらの部屋に移ってからは、周りがビビリくんばかりで
広い部屋の中をずっと逃げ回っているので
それにつられてこの子も逃げ回っていました。
f0078320_0191823.jpg
f0078320_0202761.jpg
f0078320_0211259.jpg

こちらの動きを見ながら逃げ回っていますので、
「わぁ~~、誰か来た~~!」と言いながら逃げているような感じです。
人が怖くて下を向いたまま走り回るわけではなく
しっかりこちらを見ながらですので、
人と接する時間が長くなればなるほど、
こちらからアクションを起こさなければ
自分からよってくるようになるのでは?と思いました。
f0078320_0243347.jpg
f0078320_0245671.jpg
f0078320_0252421.jpg




※昨年3/31よりレポートに登場(3/30他抑留所より移送)
▼茶鼻黒 オス 2-3歳 8キロ前後
先週のレポートにもありましたように、
逃げ回ることが「クセ」になってしまっている感じがします。
怖くて怖くて逃げ回っているという感じではなく、
人が近づいてきたから逃げなきゃ!という条件反射のように見えます。
f0078320_0293334.jpg
f0078320_0301735.jpg
f0078320_031069.jpg

写真でご覧頂ければわかるように、
じっとこちらを見ていて、様子を伺っているようではあります。
「なんでこの人達はいつもここに来るんだろう??」
とでも言っているようです。
ロープをかけてもう少し近くで様子を見たいのですが
とにかくすばしっこくて、この広い部屋の中では
捕まえるのも容易ではなさそうです。
f0078320_0335643.jpg
f0078320_0342096.jpg
f0078320_0344172.jpg




※9/8よりレポート登場(9/1収容)
▼茶 オス 1歳過ぎ? 11キロ~
いつも部屋の隅で固まっていますが、
近づくと逃げていってしまいます。
それでもこの子は逃げていくまでの距離が
大分縮まったように思います。
なるべく私たちと目を合わせないようにしていますが、
カメラを近づけると体はそっぽを向いていても
目だけがこちらを向いてることがよくあります。
人は「怖い」というよりも「気になる」といった感じに見えます。
f0078320_0393284.jpg
f0078320_040847.jpg
f0078320_0404753.jpg

収容室にいた時には触ることも出来た子ですので、
攻撃性もありませんし、もっと人と一緒にいる時間を増やしてあげたいです。
どうかこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_0424436.jpg
f0078320_043812.jpg
f0078320_0434195.jpg




※3/15レポート初登場 (3/14他抑留所からの移送)
▽薄茶テリア系MIX オス 2歳前後? 14-15キロ
この部屋の中で唯一人馴れしている子です。
撮影をしているといつもすぐそばに来ていて
とてもかわいい表情をしてこちらを見ています。
撫でて欲しいのかちょっかいを出してきます。
広い部屋なのに他の6頭は常に部屋の隅に固まっていますので、
この子はずっと一人で私やメンバーのところに
行ったり来たりしていました。
f0078320_0473395.jpg
f0078320_048649.jpg
f0078320_0483820.jpg

構って欲しくて頭からくっついてきたりして
とてもかわいい子です。
今日はあまり笑顔が出ませんでしたが、
もっともっと甘えているところを見せて欲しいです。
ビビリくんばかりなので、この子の良い影響が
なかなか与えてあげられなくて残念です。
暖かい家庭に入って
思う存分かわいがってもらえる日がきますように。
f0078320_0565771.jpg
f0078320_0575199.jpg
f0078320_0581689.jpg










最終部屋を見てきました。
8頭の子たちがこの中にいました。

見ることに抵抗がある方もいらっしゃると思います。
でも、これが現状です。
f0078320_1362292.jpg




少なからず一緒に過ごしたことがある子を
どうしてここに連れてくることが出来るのでしょう。

歳をとったから?
病気になって手がかかるから??
吠えてうるさいから?
なつかなくなってしまったから??
引越し先では犬が飼えないところだから?
f0078320_137869.jpg




これが人間だったらどうですか?
同じように捨てることが出来ますか?
おじいちゃん、おばあちゃんになったから、
病気で手がかかるようになったから、
言うことをきかなくなったから、
引越し先は狭いから、
そんな理由で一緒にいた人を捨てることなんてできないはずです。
犬だって生きる権利があります。
人間と同じ「命」があるのです。
f0078320_1375084.jpg




「犬を飼う」ということは
家族の一員を受け入れるということです。
それだけ責任が生じるのです。
一時の「かわいい」と感じる瞬間だけで決断せず、
歳をとることや、病気もすること、
お金も時間もかかること、
最低限の躾だって必要なことも十分考えてから飼ってください。
自分がその子を最後まで面倒が見れるか、
その覚悟がきちんとあるのか、
本当によく考えてから犬を迎えてください。
f0078320_1382517.jpg




この子たちには本当に何の罪もありません。
人間の勝手な都合で捨てられてしまうのは
本当にやりきれない思いです。
f0078320_1385953.jpg



この部屋にいる子たちを見る度に
この子たちに報いるためにも
譲渡用に残された犬たちを全力で救ってあげなければ、と
心に誓います。
f0078320_1394013.jpg

どうぞ、今犬を飼っている方は
最後の時を迎えるまで
たくさんの愛情を注いであげてください。
これから犬を飼おうと思っている方は
何の罪もなく捨てられたり見放されてしまった子たちにも
目を向けてあげてください。








レポートはパート6に続きます。
by centre_report | 2016-03-26 00:59 | 愛護センターレポート
<< 3/22センターレポート パー... 3/22センターレポート パー... >>