ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/9センターレポート パート2      ⑦

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



2/9 訪問レポート パート1からの続きです。
引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。



ここでは【旧子犬舎】【収容室②】にいた犬たちを紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【旧子犬舎】6頭



<1-1>

※昨年4/21よりレポート登場 (4/10収容)
▼茶黒 中長毛 オス 1歳過ぎ 11キロ~
本当に大分馴れてきてくれているのを実感できます。
部屋に入っても唸ることもなく、
びびりまくって逃げ惑うようなこともなくなりました。
まだ、近づこうとすると腰が引けてしまいますが、
おやつを見せれば寄ってくるようになっています。
f0078320_18441726.jpg
f0078320_18444252.jpg
f0078320_1845719.jpg

まだ触ろうとすると嫌がって逃げようとしますが、
しっかりこちらを見ることが出来ます。
人がいる環境においてあげれば、
きっと人馴れもどんどん進みそうです。
人は怖くない存在なんだと、一日も早く教えてあげたい子です。
時間がかかってしまっていますが、
この10ヶ月でゆっくりゆっくりと人を信じようと頑張っていると思います。
f0078320_18482034.jpg
f0078320_18483989.jpg
f0078320_1849333.jpg




※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 1歳過ぎ 13-14キロ
今日も外で日向ぼっこをしていましたが、
撮影する時には部屋に入れてもらっていました。
部屋に入った状態で撮影するのは私は初めてでしたが、
外のフリースペースよりも狭いこともあってか、
かなり近づくことが出来ました。
同室の子が一緒だったからか、
外にいる時より落ち着いているように見えました。
f0078320_1851337.jpg
f0078320_1852063.jpg
f0078320_18522616.jpg

こちらがしゃがんでいる間は逃げる素振りもないのですが、
立ち上がって動こうとすると両足を踏ん張って
逃げようとする体勢を取ります。
大きな体なのに、器用に窓際の狭いところに乗っかったりもしていました。
まだ1歳を過ぎたばかりですので、
家庭に入ればきっと柔軟に人と一緒の生活が良いものだと
覚えてくれるものと思います。
人や犬との関わりを覚えるための子犬の期間に
家庭ではない場所だけでの生活を送ってしまったため、
人との接し方が理解できないでいるだけです。
どうかこの子にも暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_18584717.jpg
f0078320_18592161.jpg
f0078320_18594576.jpg




<1-2>

とても綺麗なお顔をした姉妹?が一緒に体を寄せ合っていました。
先週のレポートで最終日部屋に居た子たちです。
f0078320_1904642.jpg
f0078320_1914042.jpg




※2/9レポート初登場 (2/1引取?収容)
▼茶白 メス 3歳ぐらい 11-12キロ
最初に部屋に入った時には、2頭揃ってブルブル震えていて、
ずっと逃げようと奥に固まってしまっていましたが、
少し時間をかけて様子を見ていたところ、
おやつも食べられるようで近づいてくるようになったので
ゆっくりと触ってみました。
最初のビビリ具合が嘘のように落ち着いて、
なでられることも怖がって固まっているわけではなく、
人の手をきちんと受け入れてくれているといった感じでした。
f0078320_1910498.jpg
f0078320_19103549.jpg
f0078320_1911974.jpg

その後は顔をなでなでするのも全く抵抗せず、
それどころかとってもうっとりとしたお顔を見せてくれました。
こちらの子は出産経験があるようなお乳をしていました。
もう一頭の姉妹より少しお顔が長い感じですが、
とても穏やかで甘えん坊のようです。
最初のビビリ具合からの変わりように
とても嬉しくなり、かなり長く触れ合う時間を取ってしまいました。
被毛もそれほど汚れておらず、
放浪期間もそれほど長くないと思われます。
とても穏やかでいい子でした。
f0078320_19152989.jpg
f0078320_19155846.jpg
f0078320_19162941.jpg




※2/9レポート初登場 (2/1引取?収容)
▼茶黒 メス 3歳ぐらい 11-12キロ
こちらの子も同様に最初はかなりびびって奥で固まっていましたが、
おやつにつられて出てきたかと思うと、
触ることに全く抵抗はなく、
なでてもらうことを嬉しそうにしていました。
人のこともしっかり見ることが出来ましたし、
人は怖くないとわかっているようでした。
恐らくお宅でかわいがってもらっていたのでしょう。
この子も被毛に汚れはなく、
とても綺麗な毛並みですし、何より美人さんです。
f0078320_1926791.jpg
f0078320_19264395.jpg
f0078320_19271293.jpg

もう一頭の子も甘えん坊のようですが、
この子も負けず劣らずの甘えん坊のようです。
ちょいちょい、と手までかけてきたりしてきました。
人馴れはバッチリのようです。
顔をたくさん撫でてあげるとうっとりとしていて
すごく嬉しそうにしていました。
きっとこの2頭共、何をされるかわからなくて最初はとまどっていたものの、
怖いことをしないんだとすぐにわかったのでしょう。
二人仲良く寄り添っていて、
ずっと一緒にいられたら幸せなんだろうなぁと思わずにはいられませんでした。
f0078320_19323120.jpg
f0078320_1933223.jpg
f0078320_19332374.jpg




<1-3>

※5/12よりレポート登場(4/23収容)
▼テリア系mix 白×薄茶が少し メス  1歳半~ 11-12キロ
いつものように元気に吠えていました。
行くと必ず吠えているので
「誰か来た!誰か来た!怖いことしないでよ!!!!!」
といつも言っているのだと思います。
以前はおやつを手から食べる時に勢いがありましたが、
最近はビビリながらもそっと手から取っていけるようになりました。
毎週来ているメンバーは怖いことはしない人なのかな?と
少しはわかるようになってきてくれているのではないでしょうか。
f0078320_19382624.jpg
f0078320_19385241.jpg
f0078320_19391862.jpg

近くに寄っても、こちらがしゃがんでいれば
落ち着いていられるようになりました。
近くで見ると本当に綺麗なお顔をしており、
シャンプーやトリミングをしてあげたら
とってもかわいい子になると思います。
収容当初から怖くて怖くてずっと吠えていますが、
それでも間違いなく進歩してきています。
この子にもかわいがってもらえるご家庭がみつかりますように。
f0078320_1943254.jpg
f0078320_19434822.jpg
f0078320_1944888.jpg




<1-4>

※1/26よりレポート登場 (1/22引取収容;多頭飼育崩壊)
▼茶色黒 メス 3-4歳 8-9キロ
この日、同室の子を引き出したため1頭になってしまい、
少し不安げな様子が見られました。
先週は同室の子を守るかのように吠えていたとのことでしたが、
今日は最初に少しだけ吠えてみせていましたが、
すぐに大人しくしていました。
多頭飼育現場にいた子ですから、
1頭になってしまってどうしていいかわからないのでしょう。
f0078320_19505786.jpg
f0078320_19512816.jpg
f0078320_1952865.jpg

先週のレポートでは、触ろうとすると逃げていたとのことでしたが、
今日はゆっくり近づいておやつをあげながら触ってみると
ちょっと緊張しているようではありましたが、
なでることはできました。
でもやっぱりちょっと怖い。そんな素振りも見せていました。
怖くて逃げ回るというほどのビビリちゃんではありませんので
人と一緒にいられる環境に入れば、
きっとすぐに人馴れも進む気がします。
体格も小さめで集合住宅でも飼育可能だと思います。
f0078320_19584950.jpg
f0078320_19591375.jpg
f0078320_19593598.jpg






【収容室②】1頭


※2/9レポート初登場 (1/28収容)
▼茶 メス 3-4歳 10キロくらい
ケージの外に出してみようと思い、
ロープをかけようとしたところ、空噛みをしたのですが
それも警告しただけで本気で噛む気はないのがわかりました。
ゆっくりと話しかけながらロープをかけることが出来ましたが
外に出てくるのを嫌がり踏ん張っていました。
とても健康な証拠のコロコロとしたうんちがたくさん床にあったので
それを取ってあげたくてこの子のすぐ近くに手を伸ばしましたが
噛む様子すら見せませんでした。
床の掃除をするために外に出てきてもらいましたが、
かなり怖かったらしく、必死に隣のケージに鼻先だけ突っ込んだり、
ケージの下の狭いところに顔を入れようとして
気配を消そうとすることで精一杯な様子でした。
f0078320_20134497.jpg
f0078320_2014223.jpg
f0078320_20144431.jpg

同行メンバーが水で床を掃除してくれて、
綺麗になったケージに戻るのも最初はわからないくらい、
必死にどこかに逃げ込もうとしていましたが
ケージが開いているのに気づくと速攻で逃げ込んでいきました。
まだまだこの環境に馴れず、
とにかく怖い!という感情しかないのでしょう。
来週以降もう少しゆっくりと様子を見てみたいと思います。
f0078320_20194039.jpg
f0078320_20195948.jpg
f0078320_20202836.jpg







先日の臨時いぬ親会にお持ちくださった古新聞紙を
センターに運びました。
現在、古新聞紙の募集は
一旦停止しております。


また皆様のご協力が必要になりましたらお知らせします。
f0078320_20232547.jpg





レポートはパート3に続きます。
by centre_report | 2016-02-10 20:23 | 愛護センターレポート
<< 2/9センターレポート パート... 2/9センターレポート パート... >>