ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/2 センターレポート パート2      ⑬

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。



2/2 訪問レポート パート1からの続きです。
引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。



ここでは【旧子犬舎】【A室(譲渡室)】の犬たちを紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【旧子犬舎】 全6頭


<1-1>

※昨年4/21よりレポート登場 (4/10収容)
▼茶黒 中長毛 オス 1歳過ぎ 11キロ~

個室のドアを開けて中に入ろうとするとフーフー唸るのですが
怖いから来てほしくない、というだけです。
f0078320_9451278.jpg

f0078320_9452528.jpg

f0078320_9453895.jpg

おやつも初めは慎重に「どうしようかな、食べようかな」と見つめつつ
取りに来る勇気は振り絞らなければ出てこないようですが
こちらから口元に差し出すとあまり戸惑うこともなく食べることができます。
美味しいものだということがわかった後は、わざわざ差し出さなくても
自分から頑張っておやつのところまで来て、躊躇なく食べていました。
f0078320_9455199.jpg

f0078320_946564.jpg

初めて会った頃に比べれば、格段に人馴れが進んでいると思いますが
ここに収容されたままでは、それにも限界があるに違いありません。
ここで毎日いろいろな人に会い
「人はそれほど怖くない」ということは頭では知っているはずですが
まだ体は付いて来ない…ということなのでしょう。

人と暮らし始めるベースは出来ていると感じます。
家庭に入れば急速に人馴れが進むだろうと思えます。

なるべく早く、普通の家庭での生活を始めてほしいです。





※6/2よりレポートに登場(5/21収容)
▼白 オス 1歳過ぎ 13-14キロ


外が好きなこの子は、今日も外のスペースで日向ぼっこをしていました。
f0078320_9462423.jpg

f0078320_9464257.jpg

初めてこの子に会ったときは、手からおやつを食べてくれましたし
もう少し近くに寄ることが出来たと記憶しているのですが
その後何度か会った際には、人を避けて逃げ惑う様子しか見せてくれません。

人に何か恐ろしいことをされるわけではないことは
この子もきっと知っているはずだと思うのですが
なかなかすんなり心を開くということはできないのでしょう。
この子のペースでゆっくり関係を作っていくための時間が
この子には必要なのだと感じますが
センターに居るままでは、そういう関係作りをしていくことは難しいです。
f0078320_9465886.jpg

f0078320_9471435.jpg

f0078320_9473140.jpg

しばらくの間、人がいるときはおやつに口をつけませんでしたが
ここを去る前にもう一度おやつを放り投げたら
匂いで探すそぶりをして、ゆっくりと食べてくれました。
f0078320_9474936.jpg

(↑お腹の脇におやつがあります)

f0078320_948655.jpg



和犬系の男の子としては、とてもハンサム。

逃げるだけで、唸ったり、攻撃的になったりする様子は全く見られません。
一緒に収容されたこの子のお母さんもとても穏やかな子でしたし
(お母さんはすでに新しいおうちで幸せになっています)
性格的に、落ち着いた穏やかな子なのではないかと感じます。

普通なら、「可愛い可愛い」と言われながら過ごすはずの子犬時代の多くの時間を
この子はここで過ごしてきました。
1日も早く普通の家庭に入って様々なことを経験し、
大事にされる喜びを感じてほしいです。
そしていつかかわいい笑顔を見せてくれることを願っています。






<1-3>

※5/12よりレポート登場(4/23収容)
▼テリア系mix 白×薄茶が少し メス  1歳半~ 11-12キロ


とてもキレイな毛並みで、
お手入れをすればさぞ立派になることでしょうといつも思います。
f0078320_9482514.jpg

f0078320_950458.jpg

この日は最初は全く吠えていなくて、
「あれ?いないのかな?」と思ったほどでした。
はじめは一人での撮影でしたので、それも関係しているかもしれません。

そのうち元気に(?)吠え始めましたが、
この子は何かを要求して吠えているわけではないので
この子自身が環境に馴れて落ち着けば、吠えることはないだろうと思います。
f0078320_9484678.jpg

f0078320_9491596.jpg

f0078320_9493828.jpg

おやつは積極的に食べに来て、同室の子に差し出したものも横取りする勢い。
それでも、怯えて元気がなくなってしまった時期があったことを思えば
そんな様子はむしろ喜ばしいことです。

まだこの環境でしか人と関わったことがないので
ただただ「何が起こるんだろう?」とビクビクしているだけ。
吠えるのはただ、「あんたダレ?何するの?」って言っているだけと感じるので
少しずつ経験値を上げていけば、ほどなく落ち着くのではないかと思います。

この子もここでの生活が長くなりました。
早く温かく迎えてくれる人の元へ移動させてあげたいです。





※1/26よりレポートに登場 (1/19収容)
▼茶黒 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ


先週のレポート初登場時は収容室①にいたようですがこちらに移動してきました。
おとなしくて可愛らしい女の子です。
f0078320_9503275.jpg


ずっと部屋の隅で固まっていましたが
近くに寄ると「逃げなくちゃ!」と思ったのでしょう、立ち上がりました。
f0078320_9505535.jpg

…が、行く手を阻まれて逃げられないとわかると今度は横向きに。
f0078320_9512143.jpg

f0078320_9514924.jpg

f0078320_9521733.jpg

先週は抱かれながら緊張でビビリウンをしてしまったそうですが
この部屋の中でもやはり緊張度が高かったようで
見てわかるほど、大きくガタガタと地震のように震えていました。

かわいそうだけれどそっと触らせてもらったところ
ギュッと身を硬くしていましたが、
それでもお口が出たり唸ったりすることもなく、静かに耐えてくれました。
攻撃的な態度は全くありません。

まだ右も左もわからないという状態ゆえの緊張だろうと思いますし
こちらをチラチラ見る余裕がないわけでもなさそうで
人にも少し興味があるのではないかと感じました。

家庭に入ればすぐに甘えん坊になってくれそうな気がします。





<1-4>

1月22日引き取り収容された、多頭飼育崩壊からの2頭です。
どちらも成犬ですが、仔犬のように可愛らしい容貌をしています。
f0078320_9532295.jpg

f0078320_9535652.jpg

皮膚の状態が悪い子ばかりの収容でしたが
この2頭は症状が軽いようです。


*1/26よりレポート登場 (1/22引取収容;多頭飼育崩壊)
▼茶色黒 メス 3-4歳 7キロくらい

同室の姉妹(?)を守るように勇ましく吠えていましたが
その実、ビビリちゃん。
ただただ虚勢を張っているだけです。
f0078320_1001746.jpg

f0078320_1005388.jpg

「やめてやめて!来ないで来ないで!」と言っているだけなので
状況を飲み込めれば、吠えずにいられるものと思います。

おやつは手から躊躇なく受取ることが出来ますし、
同室の子に差し出した分も全部食べる勢い。

触られるのが怖いようで、手を伸ばすと触られまいと逃げますが
ビビリでも食いしん坊な子は食べ物を足がかりにできるので
人と仲良くなるのも早いと思います。
f0078320_959340.jpg

f0078320_9593719.jpg

f0078320_1013051.jpg

3頭身?と思うような頭でっかちな仔犬体型。
体に触れていないので本当のところはよくわかりませんが
見た目はむくむくしていて、それが余計に仔犬っぽく見せています。
あどけない可愛らしさはそのままに大人になったような子です。

まだビクビクと落ち着かない様子をしていますが
「来ないで!」と主張できますし、
本来は元気な明るい子ではないかと思います。
家庭に入って経験を積めば、すぐに甘えん坊に変身しそうです。

皮膚の状態はそれほど悪くなさそうでした。





*1/26レポート初登場 (1/22引取収容;多頭飼育崩壊)
▼茶色 メス 3-4歳 7キロ


この子も「ホントに成犬?」と二度見三度見してしまうほど
仔犬のような女の子。
ぬいぐるみのような可愛らしさです。
f0078320_9552834.jpg

f0078320_956642.jpg

頭でっかちの3頭身タイプで
潤んだたれ気味の目と丸い顔で、愛くるしいとはこのことかと思います。

性格は上の姉妹(?)と好対照。
姉妹の陰に隠れて、ひっそりと様子を伺うタイプのようです。
誰かに身を寄せているのが安心なのでしょう。
f0078320_954268.jpg

f0078320_9545585.jpg

怖がりの程度は上の姉妹と変わらないのではないかと思いますが
表現の仕方が違うようです。

姉妹に横から取られてしまうのですが
人の手からちゃんとおやつを受取ることができます。
安心できる場所であれば、
それほど怖がらずに人と接することが出来るようになるのではないでしょうか。

姉妹に比べると、皮膚の状態が若干気になりました。
酷い状態ではありませんが、耳が少しチリチリガサガサしています。







A室(譲渡室) 7頭


No.II
※11/10からレポートに登場(9/25収容)
▼薄茶長毛 オス(去勢済み) 10ー12歳 10.5キロ

「飼い主募集中!!No.4199」

毎回、個室から一人では出られなくて手伝ってもらっているようですが
この日は自力で扉を飛び越えて(床から50cm程度の高さがあります)
ピョンと出てきました。
f0078320_1085115.jpg

f0078320_109286.jpg

推定年齢がウソのように元気な子ですが
個室の中ではほとんど吠えずに待っていることが出来ます。

一人でしたので係留して撮影しました。
カメラを構えて距離を開けると、静かにオスワリをして落ち着いていますが
f0078320_1010836.jpg

近づくと、しっぽフリフリで立ち上がって歓迎してくれました。
f0078320_10112627.jpg

f0078320_1012494.jpg

とても人懐こくていつもニコニコ明るい子なのですが、
年齢なりの落ち着きはあり
うるさくまとわり付いてくるようなタイプではありません。
おそらくこれまで人と暮らしてきたのでしょう。
付き合い方を心得ている感じがあります。

撮影が終わると、ちゃんと自分から個室に戻って行きました。
元気とは言っても、年齢のことを考えれば
早く温かい家庭で過ごせますようにと願わずにいられません。





No.Ⅲ
※12/1よりレポート登場 (11/24引取収容)
▽薄茶白 オス(去勢済み) 7ー8歳 18.42キロ

「飼い主募集中!!No.4217」

薄めの毛色と目の色とのバランスがそう思わせるのか、
そばかすのある欧米人の子どものような印象の男の子です。
f0078320_10171996.jpg

f0078320_10163189.jpg

A室に入ると個室のガラス越しに威勢よく吠えて呼びますが
いざ個室から出すと、ニコニコするだけで全く吠えません。

お散歩に行きたかったのか一目散にドアに向かいましたが
グイグイ引いて力も強いので、お散歩の練習などはする必要があると思います。

オスワリやマテのコマンドを知っているのか、偶然かはわかりませんが
おやつを見せてオスワリと言ったら、ちゃんとオスワリできました。
f0078320_10125293.jpg

f0078320_10133348.jpg

カメラ目線が欲しくておやつを見せながら焦らしていたら
「伏せればくれるの?」というように自主的に伏せていましたし
もしかしたら、過去に教えられた経験があるのかもしれません。
おやつの食べ方も上手でした。
f0078320_10141575.jpg

f0078320_10154615.jpg

f0078320_10145774.jpg

ロープにじゃれ付いたりして無邪気なところがあり
年齢よりもずっと子どもっぽく若い感じがします。

撮影が終わって「お部屋に帰るよー」と言ったら、とても素直に個室に戻っていきました。






№Ⅳ
※1/12よりレポートに登場 (12/21収容)
▼白茶 オス 5-6歳くらい 18-20キロ


元気な男の子ですが、穏やかで落ち着きのあるジェントルマンです。
f0078320_10181161.jpg

f0078320_10185716.jpg

外に出てくるなりホースリールをめがけてオシッコをしていました。
室内をとてもきれいに使っていたので、汚したくなかったのかもしれません

個室の外に出てきてすぐは、ほかの子同様「お散歩!」と思うのか
ドアをめがけてドシドシ歩いて行きましたが
「お散歩じゃないんだよ」と言いながらロープで合図をすると
すぐに納得して静かにしていました。
f0078320_1019442.jpg

f0078320_10222325.jpg

話しかけるとこちらの目をジッと見つめて、
理解しようと努めているようにも見え
とても賢い子なのではないかと感じます。

顔を両手で挟んでワシワシしたり、
手荒に可愛がってもゆったりとシッポを振っておとなしく受け入れてくれ
体もある程度大きいので、頼り甲斐さえ感じました。
f0078320_10203943.jpg

f0078320_10212952.jpg

今すぐ家庭に入っても何ら問題なく溶け込めるだけでなく
よいパートナーになってくれる子だと思います。

唯一、個室に戻るときだけは足を踏ん張って帰りたがらず
大きな体を抱っこして戻ってもらいましたが
そんな風に「戻りたくない」という主張さえ
「いいよ、いいよ」と言いたくなるほど
こちらの意図を健気に汲んで行動してくれる子のように思えました。
f0078320_10232014.jpg








No.Ⅴ
※9/24よりレポート登場 (9/11引取収容)
▽薄茶 オス(去勢済み) 4ー5歳 13.4キロ

「飼い主募集中!!No.4146」

元飼い主逝去により親族からの引き取りとなった3頭のうちの1頭です。
他の2頭は既にセンターを出て幸せになっており、
残るはこの子だけになりました。
f0078320_10253469.jpg

…とはいえ、残された悲壮感など全くなく
いつもニコニコ明るくて好奇心も旺盛なハッピードッグです。
この子の笑顔を見ていると、こちらまで楽しくなります。
f0078320_10263143.jpg

f0078320_10283814.jpg

f0078320_10273468.jpg


人にも臆せず甘え、構ってもらうのがとても嬉しい様子。
人と一緒に過ごすのが、何よりも楽しそうです。
f0078320_10294127.jpg

f0078320_10305762.jpg

この子と一緒に暮らしたら、きっと毎日楽しいことでしょう。
野外で過ごす機会の多いアクティブな家族に向いている子だと思います。

つぶらで澄んだ瞳の無邪気なこの子を見ていると
どうか1日も早くやさしい家族が出来ますようにと心から願います。
f0078320_10243436.jpg







No.VI
※12/8よりレポートに登場(11/16収容)
▼茶白  オス(去勢済み) 3-4歳くらい 15キロくらい(痩せ過ぎ)

元気で明るい男の子です。
f0078320_1032671.jpg

f0078320_1033633.jpg

f0078320_10341490.jpg


元気とは言っても、落ち着きがないというわけではなく
はしゃぐときと、静かにしていられるときのメリハリのある子だと思います。
一人での撮影でしたので係留してカメラを向けたのですが
繋いだままメモを取ったりしていても、その間おとなしく待っていられます。
f0078320_10352967.jpg

f0078320_1036316.jpg

…がひとたび注意を向けると、
嬉しくて飛びついてしまうというような様子でした。
f0078320_10373695.jpg

それがニコニコと素晴らしい笑顔で、こちらもつい笑ってしまいます。
人と触れ合うのが嬉しくてたまらないのでしょう。
しっぽをブンブン振って、耳をペッタンコにして甘える様子は
とても可愛いです。

明るく無邪気な様子から見落としてしまいそうですが
体は驚くほど痩せていて、腰骨がゴツゴツしています。
少なくともあと2~3kgは太ってもいいのではないかと思いました。




№Ⅶ
※1/12レポート登場 (12/18収容)
▼茶 白ショートソックス オス(去勢済み) 1歳くらい 10キロ程度

おそらく成犬ですが、限りなく仔犬に近い年齢だと思います。
手足が太く、ブーツを履いているよう。
見た目もムクムクして、いかにも仔犬っぽい風貌です。
f0078320_1040549.jpg

f0078320_1042172.jpg

f0078320_10411417.jpg

好奇心の赴くままにワチャワチャとよく動き回り、ジッとしていません。
立ったり座ったり、遊ぼう!と私たちを誘ったり
終始、無邪気な様子で楽しそうにしていました。
f0078320_10443751.jpg

抱っこは多少バタバタしていましたが、大暴れというほどでもなく観念。
若い男の子にしては当然とも言える適度な元気で、
決して扱い難い子ではないと思います。

喉元とお腹に白い毛。
足先に白いソックスをはいていて、尻尾の先にもチャームポイントの白い毛が。
f0078320_10432193.jpg

いやいやしながら歯も見せてくれましたが、きれいです。
f0078320_1046185.jpg

f0078320_1047644.jpg


小さめの体格で、可愛い犬っころ風。
既に成犬のようですし、
マンションなどでも問題なく暮らせるサイズだと思いますが
まだまだ元気いっぱいの年齢ですので、
外でたくさん一緒に遊んでくれるような御家族とのご縁が望ましいと思います。





No.Ⅷ
※12/1よりレポート登場
▽白茶 オス(去勢済み) 5歳~? 13-4キロ

とても穏やかで大人しいいい子なのですが、
いつもあまり表情を変えず、時に沈んでいるように見えて気にかかります。
f0078320_10481925.jpg

f0078320_10492496.jpg

今までどんな生活をしてきたのでしょうか。
撫でられたり、体に触れられたりするのを怖がっている風でもあり
手を伸ばすと身を引くしぐさをしたり、時には口を出すフリをします。
f0078320_10544261.jpg

f0078320_10515774.jpg


上から手をかざすと身をすくめます。
光の当たり方で、右目が少し緑がかって見えるときがあり
もしかしたら少し見えづらいからということもあるのかもしれませんが
あるいは、人の手を怖がるような経験をしているのかもしれません。
f0078320_1050305.jpg

f0078320_10532073.jpg

この子もとてもとても痩せていて、アバラも腰骨もくっきり出ています。
こんなに痩せているのに、お部屋のお皿にはフードがたくさん残っていました。
体調が悪いのでないといいのですが。

この子がいつか明るい笑顔を見せてくれる日が来ますように。
愛されて愛されて、家族として大切にされる喜びを感じることが出来る日が
すぐそこにありますようにと願っています。



レポートはパート3に続きます。
by centre_report | 2016-02-04 10:07 | 愛護センターレポート
<< 2/2センターレポート パート... 2/2 センターレポート パー... >>