ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/8 センターレポート パート3      ⑥

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。



9/8訪問レポート パート2 からの続きです。
引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。



ここでは【収容室①】と【4.5日部屋】の犬たちを紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【収容室①】3頭

※9/8 レポート初登場 (9/3他抑留所から移送)
▼白 メス 1歳程度 9キロぐらい


人馴れには全く問題のない、小柄な女の子です。
f0078320_1133650.jpg

f0078320_11331618.jpg



まだまだ動きが仔犬っぽく、とても無邪気。
抱き上げればおとなしくなるものの、
床に下ろすと好奇心いっぱいに動き回ったり、
かと思うと人のそばにやってきて遊ぼう!と言ってみたり。
f0078320_1133451.jpg

f0078320_11333653.jpg



手を伸ばして体に触れようとしても逃げようとすることもありませんし
全く人を警戒していません。

おとなしく抱っこされながら
耳をペッタンコにしてうっとりしている姿はとても可愛いです。
f0078320_11335486.jpg



すぐにでも家庭犬としてやっていける子だと思います。






※9/8 レポート初登場(9/1収容)
▼白 オス 3歳ぐらい 12-3キロ


この子も上の子同様、人が大好きな甘えん坊です。

出てくるなり、ちばわんメンバーに足をかけて立ち上がり
嬉しい気持ちをアピールしていました。
f0078320_11341692.jpg

f0078320_1134793.jpg



体を撫でれば、もう嬉しくて嬉しくて、力が抜けてしまいます。
そしてすぐにヘソ天。
f0078320_11342332.jpg

f0078320_11343645.jpg



楽しそうにあちこち動き回っていましたが、
落ち着きがないというほどではない印象。
基本はケージの中で過ごしていますので、
外に出れば多少興奮するのは仕方のないことでしょう。

人に構ってほしくて動くので、なかなかお顔の写真が取れませんでしたが
急に動きを止めたと思ったら、オシッコでした。

嬉しくて、楽しくて、排尿するのも忘れていたようで
「あ、そういえば」というように排泄しだしたので笑ってしまいました。
f0078320_11345353.jpg

f0078320_1135931.jpg


足上げではなく、四足をしっかり踏ん張るスタイルです。
おかげで神妙なお顔をゆっくり撮影出来ました。

明るいハッピードッグ。
我を忘れて興奮するようなタイプではなく、人の声が届く印象がありました。
すぐにもよいパートナーになれそうに思います。






※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
▼茶 メス  2-3歳 6-7キロ


人が大好きな甘えん坊。
f0078320_11353077.jpg

f0078320_11352199.jpg

(上2枚は先週レポートの写真です)

ケージから出たら、その辺をちょろちょろっと申し訳程度に偵察して
あとはずっとちばわんメンバーの傍にいました。

メンバーに身を委ねてホッとしたような、安心したような顔をしており
これまでいろいろ大変なことがあっただろうけれど
これからは安心して幸せを探そうね、と声をかけたくなりました。
f0078320_11354140.jpg

f0078320_11355260.jpg


抱きしめられ、撫でられているうちにこんな表情に。
この時間がもっともっと続けばいいと思っていたのかな。
f0078320_1136190.jpg


とにかく体に触れてもらうのが嬉しくて仕方がないようです。
歯を見るために頭を押さえても全く問題ありませんでした。
f0078320_1136975.jpg


小柄で、体重制限のある集合住宅でも問題なく暮らせるサイズだと思います。







【4.5日部屋】3頭


※6/30よりレポート登場(6/26他抑留所からの移送)
多頭飼育放棄のうちの3頭

皆とても明るくて天真爛漫です。
部屋に入ったとたんに、いっせいに集まってきてこの状態。
f0078320_11401844.jpg


ここに収容される以前、
決して満足のいくケアを受けてきたとは言えない子たちですが
人への信頼を失わずにいてくれるのは本当に嬉しいことです。

皆、最初はうれしくて興奮していますが
ひとしきり満足すれば少しずつトーンダウンしていき
落ち着いて過ごすことができるようです。
f0078320_11402860.jpg


ほんの2ヵ月前には皮膚の状態が悪かったの?というくらい
皆きれいになっています。




▼黒(胸に白い差し毛) メス 3歳 13-14キロ

この中では唯一の女の子です。

下の2枚の写真は先週のレポートから。
f0078320_11404449.jpg

f0078320_11405430.jpg


体の大きさに比して足が短めで、ちょっと”ずんぐりむっくり”な印象。
でも、そこがチャームポイントになっています。

おやつを持っていると嬉しくて興奮してしまいますが
ほんの短時間だけで、後は少し下がって落ち着いています。

もともとの性格は、きっと穏やかな子なのだでしょう。
f0078320_1141317.jpg

f0078320_11411174.jpg


体を撫でられるのも大好き。
撫でられている間、おとなしく身を任せてくれます。
f0078320_11412494.jpg

f0078320_11413525.jpg


おっぱいの状態から、これまでたくさんの仔犬を産んで育ててきたことがわかります。
これからはこの子自身が、たくさんの愛情を受けて幸せになってほしいです。






▼黒(首に小さく白差し毛) オス 2歳 右折れ耳16-17キロ

この中では一番大柄な男の子。
f0078320_11415679.jpg

(上は先週レポートから)

人に構ってもらうのが大好きで、
撫でてあげるとうれしくてまとわりついてきますが
ひとしきり興奮が冷めると落ち着いて人と接することができます。
f0078320_11435080.jpg

f0078320_11433447.jpg

f0078320_11441435.jpg


全体的に黒が強くて白い毛が目立たないので
とても精悍に見えます。

体格も立派で惚れ惚れするカッコよさです。






▼黒 オス 胸白 つま先白 2歳 15キロ前後


上の子よりも気持ち小柄な男の子です。
f0078320_11443598.jpg

f0078320_11444675.jpg


推定年齢は上の男の子と同じですが、
この子のほうが子どもっぽいような気がします。

胸に白い毛があることが、印象を幼いものにしているのかもしれませんが
行動がなんとなく無邪気なのです。

他所の部屋が気になるのか、
何度も背伸びしては隣の部屋を覗き込んだりしていました。
f0078320_11452535.jpg

(反対側の隣りも、同じように覗いていました)

私たちにもこうして足をかけて立ち上がりニコニコまとわり付いてきます。
f0078320_1145088.jpg

f0078320_11451211.jpg


写真撮影のため、メンバーがおやつで気を引いてくれていますが
必ずしもおやつがあるからこうして寄って来るのではなく
かまってもらうのが嬉しいのです。
f0078320_11455342.jpg



家庭に入れば、それなりに学ばなければならないことはありそうですが
素直な子なので躾もしやすいように思いますし
こちらの愛情にしっかり応えてくれる子だと思います。。





レポートはパート4に続きます。
by centre_report | 2015-09-11 11:24 | 愛護センターレポート
<< 9/8センターレポートパート4... 9/8 センターレポート パー... >>