ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/1センターレポート パート3      ㉑

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



9/1レポート・パート2からの続きです。



ここではE部屋(選定室)・収容室①・収容室③にいた子達を紹介します。



問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえてください) 吉田

無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【E部屋(選定室)】6頭+子犬3頭




※8/4よりレポートに登場 (7/29引取収容)
プールに係留
▼茶白長毛垂れ耳 メス(不妊手術済み) 8歳 11.58キロ
飼い主募集中!! №4051
私たちが部屋に入るとニコニコ嬉しそうに近づいてきました。
人が大好きなようで、「わ~い、また来てくれたの~!」と
体を預けてきます。
f0078320_11148.jpg
f0078320_114259.jpg

人にはとても従順で、どこを触っても問題ありませんが、
ケージ越しに他の犬に吠えかかっていたりしたので
犬とは相性があるのかもしれません。
f0078320_133343.jpg
f0078320_14837.jpg

どの犬にも同じ対応ではないようなのですが、
出来れば一頭で飼って頂けるお宅に迎えて頂くのが
この子にとってもストレスなく過ごせるかもしれません。
f0078320_15188.jpg
f0078320_153224.jpg





※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
▼①薄茶 メス 4-5歳 13キロ程度
先週まで収容室③にいました。
収容室ではケージから出しても
特に他の犬に吠え掛かるようなことはなかったのですが
今日はプールに係留されている↑の子とかなりガウガウしていました。
ちょっと相性が悪いのかもしれません。
f0078320_1104325.jpg
f0078320_111681.jpg

しかし、人馴れは抜群です。
しつこくつきまとうという感じではありませんが、
撫でられるのは嬉しいようで、体を預けてきますし
おとなしくしていられます。
f0078320_113448.jpg
f0078320_1133328.jpg

おやつもやさしく食べれますし、
幼いお顔がとてもかわいいです。
人に対して攻撃的なところは見られませんので
一緒に暮らすと良いパートナーになれると思います。
f0078320_1165474.jpg
f0078320_1171586.jpg





※6/9よりレポート登場(5/28他抑留所からの移送)
▼②シーズーMIX オス 7-8キロ
今日もロープをかけられるのを嫌がっていましたが
イヤで暴れるとかといったことはなく、
ケージの隅っこで固まってロープをかけさせてくれました。
ロープをかけてケージから出てきてしまえば
おとなしくして、キョロキョロ周りを見回しています。
f0078320_1235712.jpg
f0078320_1243963.jpg

おやつも喜んで食べてくれます。
がっついた感じはなく、やさしく食べることが出来ます。
おいしそうにペロペロと口周りを舐めていました。
f0078320_1253886.jpg
f0078320_126239.jpg

おやつが欲しくてじっと上を見つめている姿は
とてもかわいかったです。
とにかくこのボサボサになってしまった毛を
早くきれいにしてあげたいです。
f0078320_1283651.jpg
f0078320_1285990.jpg





※9/16よりレポートに登場(昨年9/1収容)
▼⑤ベージュ ラブ風mix オス(去勢済み) 4歳ぐらい 20キロ超え 
とうとうセンターでの生活が1年になってしまいました。
でもいつ訪問しても、いつでもニコニコ笑顔で迎えてくれるこの子を
決して忘れることは出来ません。
なかなか助けてあげられなくてごめんね。
f0078320_1323939.jpg
f0078320_1331885.jpg

いつもいつも私たちを歓迎してくれるこの子に
こんな短い時間の触れ合いしかもててあげられなくて
申し訳ない気持ちで一杯になります。
f0078320_1402759.jpg
f0078320_1404450.jpg

長期間センターにいる為、元々体格の良い子ではありましたが、
運動不足で太ってきてしまっています。
たくさんたくさんお散歩して
溜まったストレスを思う存分発散させてあげたいです。
f0078320_1423523.jpg
f0078320_143132.jpg

耳をずっと気にして振っているのも心配です。
早く治してあげられたらと思います。




※6/23よりレポートに登場(6/16他抑留所より移送)
▼⑥茶 メス 3-5歳 7キロ前後
いつも不安そうにケージから出てくるので、
今日はこの子に寄り添ってしばらくお話してみました。
「何も怖いことなんてしないんだよ」
「ずっとここにいたらいろいろ不安になっちゃうよね」
「でも大丈夫だよ。いい子なんだからきっとここを出れる日が来るよ」
話しかけながらそっと触ってあげたら
怖がることなく触らせてくれました。
f0078320_1483378.jpg
f0078320_149363.jpg

先週はおやつも食べれましたが時間がかかりました。
でも今日はお話しながらあげたところ
先週よりずっと安心した表情で食べてくれたのが嬉しかったです。
f0078320_1502478.jpg
f0078320_151246.jpg

人の話はきちんと届く子なんだなと思いました。
ゆっくり焦らずこの子のペースに合わせて
優しく接してくださるご家族に迎えてもらいたいです。
f0078320_157489.jpg
f0078320_158850.jpg





※4/28よりレポートに登場(4/20他抑留所より移送)
▼⑦茶 メス 2-3歳 14キロくらい
今日もケージから出してあげられたのが一番最後になってしまったので
「も~遅いよ~!」と言っているようなお顔をしていました。
順番からいうとどうしても最後になってしまうので
今度はたまには順番を逆にしてみようかと思います。
f0078320_1622593.jpg
f0078320_1622332.jpg

ケージから出てきてからたくさんたくさん撫でてあげたら
大分彼女にも笑顔が戻ってきて安心しました。
本当に人に構ってもらえるのが嬉しいようです。
f0078320_16235248.jpg
f0078320_16241977.jpg

14キロくらい、となっていますが、
現在はそれよりも1~2Kgは太ったように思います。
人の指示はしっかり聞けていますし、
お座りなどのコマンドも入っていますので
コントロールしやすいと思います。
f0078320_16284871.jpg
f0078320_1629647.jpg





<プール内> 子犬3頭

先週ここに幼犬が7頭いたのですが、
そのうち2頭が可哀想なことに亡くなってしまいました。
感染症ではなかったようですが、やはり体力がな幼犬にとっては
ほんのちょっとしたことが命取りになってしまうようです。


責任を持てない命を作り出してはいけない

犬を飼う人間が、ただこれだけの分別さえ持っていたならば
たった一度の不妊・去勢手術さえ受けさせていれば

こんな悲劇は起こらなかったことでしょう。



残った5頭のうち3頭を、前日に他団体さんが引き出してくださり、
この日ちばわんでも2頭を引き出すことが出来ました。
しかしながら、今日ご紹介する3頭は、また別の子たちです。

今に始まったことではないですが、毎週毎週幼犬が収容されてきます。
子犬たちは当たり前ですが何もわからずこちらに収容され、
一緒にいる他の子犬たちとじゃれあって過ごしています。
この環境が普通だと思わせたくはありません。
一日も早く家庭に入り、人間との暮らしに馴れることによって
人を怖がらず、共存していく方法を身につけ、
お散歩で他犬との関わりあい方を学び、
家庭犬として成長していくことが出来るのです。

こちらも個々の性格までは判断できませんでしたので、
性別と推定年齢、体重のみご紹介します。

尚、幼犬は、2頭以上での預かり先のみ募集しています。


※9/1レポート初登場 (8/31収容) 3きょうだい

①黒茶白 メス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後
f0078320_16415256.jpg
f0078320_16421215.jpg
f0078320_16423872.jpg




②茶黒(顔全体が黒) オス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後
f0078320_16434499.jpg
f0078320_1644167.jpg
f0078320_16442288.jpg




③茶黒(鼻先黒) オス 2ヵ月ぐらい 2キロ前後
f0078320_16452261.jpg
f0078320_16454558.jpg
f0078320_1646712.jpg







【収容室①】2頭+子犬6頭



※8/25よりレポートに登場 (8/11収容)
▽茶 メス  2-3歳 6-7キロ
とても人懐こく、ケージから出てくるとすぐに人に寄って来ます。
先週初めてケージから出してみてレポートで紹介しましたが
その際にもニコニコ嬉しそうに出てきていました。
やはり人が大好きな子なのだと思います。
捕獲される際には怖い思いもするでしょうから、
自分の身を守るために少しお口が出てしまうのは仕方がないと思います。
でも、先週今週と見る限りでは
人に対する攻撃性は全くないように思えます。
f0078320_18211169.jpg
f0078320_18214449.jpg

おやつをもらうよりも、人に甘えていたいという感じで
ずっと抱きしめてあげていればニコニコと笑顔でいられる子です。
愛情が不足してたのでしょうか。
この子の笑顔を見ているとやるせなくなります。
f0078320_18233244.jpg
f0078320_18235697.jpg

体も小さめなので、マンションでの飼育も可能だと思います。
他犬との相性などはまだ見れていませんので、
今後様子を見ながら確認したいと思います。
f0078320_18274072.jpg
f0078320_18281667.jpg





※9/1レポート初登場 (8/25収容)
▽白 メス 3-5歳くらい 15-6キロ
▽白 子犬6頭(性別未確認) 1.5-2ヶ月くらい 2キロ程度

またも母子共に収容された子たちです。
お母さん犬と子犬6頭が同じケージの中にいました。
f0078320_18335676.jpg


先週E部屋での撮影を終えようとした頃に
新たに収容されてきた6頭の子犬たちがいました。
「また子犬がこんなに・・・」と、
訪問メンバー誰もが思ったに違いありません。
本当にまだまだ幼い子たちで、お母さんはどこにいるんだろう??
お母さんがいなくてこの子たちは育っていけるのかな?と心配でしたが、
お母さん犬も一緒に収容されていたことをこの日知り、
(子犬たちのためには)ほんの少しだけ安心しました。
f0078320_18382415.jpg
f0078320_1838497.jpg
f0078320_1839158.jpg

お母さんは子育てに疲れているようで元気がありません。
具合が悪いというよりも、
本当に疲れている、という表現が当てはまる感じです。
ケージの中の水入れのお水も
6頭もの子犬たちと一緒に飲んでいるのでしょうから
すぐになくなってしまうのでしょう。
外に出してからお母さんに水を飲ませてあげたら
たくさんたくさん飲んでいました。
おっぱいもあげなきゃいけないし、
栄養もとらなきゃいけないのだから、
お母さんは本当に大変です。
f0078320_18423917.jpg
f0078320_18431416.jpg
f0078320_1844269.jpg

子犬たちはとても元気にはいつくばっています。
お子ちゃまパワー全開といった様子で
ケージの前面に皆が競い合って寄ってくるので
おまえが踏んだ!あんたが引っ掻いた!と
ギャーギャー騒いでいて、とても元気そうです。
f0078320_18463367.jpg
f0078320_1847251.jpg

ただ、一頭だけ元気なく奥で横たわっている子がいました。
少し心配です。
f0078320_18481838.jpg

お母さんは本当によく頑張っています。
もうしばらくは子育てに専念してもらうようになると思いますが、
子犬たちが乳離れ出来るようになったら
今度こそお母さんも第二の犬生をゆっくりと過ごせるように
暖かいご家庭にお迎えして欲しいと思います。
どうぞお母さんも子犬たちも応援してあげてください!
f0078320_1851829.jpg
f0078320_18513687.jpg
f0078320_18521096.jpg








【収容室③】4頭



※8/11よりレポートに登場(7/31収容)
▼うす茶たれ耳 オス  2歳くらい 10キロ前後
先週短い動画でしたがご紹介した子です。
とにかく元気一杯で、人に飛びついたり、
くるっと体をひねって飛び跳ねてみたり、と
ケージから出られた嬉しさを全身で表現してくれる子です。
抑えられないほどのパワーではしゃぎ回っているわけでもなく、
捕まえようと抱きかかえようとすると身をまかせてきます。
f0078320_19122710.jpg
f0078320_19125858.jpg

抱っこされるのは本当に嬉しいようです。
とにかく人とじゃれあっていたい、という子です。
まだ少し目の周りの毛が薄いように感じました。
少しずつでも良くなっていくといいなと思います。
f0078320_1915670.jpg
f0078320_19155625.jpg

まだまだ赤ちゃんのようにはしゃぐこの子と一緒に暮らしたら
毎日がとてもハッピーに過ごせること間違いなしです。
犬とたくさん遊びに行って楽しみたい方には是非お勧めしたい子です。
f0078320_19393968.jpg
f0078320_1921058.jpg





※9/1レポート初登場 (8/20収容)
▼薄茶白 オス 3-4歳 18-20キロ
体が大きいですが、とても落ち着いている男の子です。
どこを触っても嫌がることもなく、人の手を受け入れることが出来ます。
ケージの中にいる時からとてもおとなしくしていて、
ケージを開けてあげても慌てることなく、
ロープをかけることも嫌がらずお利口に出てくることが出来ました。
f0078320_1927463.jpg
f0078320_19273985.jpg

まだこの環境に馴れていないせいもあるかもしれませんが、
時折ちょっと不安げな顔をすることもありました。
f0078320_19285493.jpg
f0078320_19292148.jpg

これだけ落ち着いていられる良い子なんだから
たくさんの人にかわいいお顔をたくさん見てもらおうね。
きっと「君がいい!」と言ってくださる方がいるからね。
f0078320_19305635.jpg
f0078320_1931181.jpg





※8/18よりレポート登場 (8/7収容)
▽茶(顔周り黒)メス 5-6歳 10キロ弱
今日も大人しくケージから出てくることが出来ましたが、
まだキョロキョロしていて、不安感が一杯といった感じがしました。
でも、人に触られるのを嫌がることもありませんし、
落ち着いていられる子です。
f0078320_1944414.jpg
f0078320_19452954.jpg

抱っこは嫌がるわけではありませんが、
何をされているのかよくわかっていないといった表情を見せます。
お目目がまん丸です。

「あれ?私今何されてるの??」
f0078320_1946569.jpg

「おかしいなー。こんなことされたことないんだけど・・・」
f0078320_1948937.jpg

「このまんまでいても大丈夫なのかなー。」
f0078320_1949150.jpg

「あれ?おやつくれるみたいだわ!!」
f0078320_19501526.jpg

「なんかこうしてもらってると気持ちがいいかも~」
f0078320_19505683.jpg

表情が豊かで、撮った写真もいろいろな表情が写っていました。

最後にケージに入れてからメンバーが
この子の首元に細い紐などできつく縛られたような跡を見つけました。
小さい時につけられた首輪?か何かが
大きくなってからもそのままにされていたような跡でした。
f0078320_19545386.jpg





※9/1レポート初登場 (8/24収容)
▽白 メス 5-6歳 10キロ前後
ケージから出してあげようとした時には
少しとまどった表情を見せていましたが、
ロープをかけて誘導してあげると素直に出てくることが出来ました。
f0078320_19581487.jpg
f0078320_19584714.jpg

皮膚の状態があまり良くなくて、
頭や脚などにあちこちはげていたり薄くなっている箇所が目立ちました。
f0078320_200693.jpg
f0078320_2003052.jpg

人馴れはしているようで、
年齢的なものなのか、とても落ち着いていられます。
おやつもやさしく手から食べることができました。
抱っこも問題なく出来ます。
f0078320_2040157.jpg
f0078320_20403942.jpg

歯を見てみたところ、何本か抜けてしまっているようでした。
何回か出産したようなお乳もしていたので、
その影響で抜けてしまったのかもしれません。
来週もう少しよく様子を見てみようと思います。
f0078320_2041640.jpg
f0078320_20413567.jpg




レポートはパート4に続きます。
by centre_report | 2015-09-03 00:54 | 愛護センターレポート
<< 9/1センターレポート パート... 9/1センターレポート パート... >>