ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7/14 センターレポート パート3      ⑯

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。



7/14訪問レポート パート2 からの続きです。
引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。

ここでは【子犬舎】【B室(鑑定室)】の犬たちを紹介します。


問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


【子犬舎】 13頭


部屋2-5(3頭)

f0078320_2333360.jpg

f0078320_23324956.jpg



※4/28よりレポート登場(4/15収容)
▼薄茶黒 オス 中長毛 7-8ヵ月 8-9キロ


f0078320_23331546.jpg

f0078320_2333257.jpg


個室に入る前は勇ましく吠えているのですが
中に入ると途端におとなしくなります。

そのくせ私が後ろを向いて離れた場所にいると唸ったりします。
「だれ??」と声に出して振り向くと
「スミマセン」というように頭を低くしていたり。

人とどう接したらいいのか、まだまだ戸惑っているのでしょう。

f0078320_23333919.jpg


おやつは手から食べられますが、長さのあるもの限定。
この日は煮干を喜んで食べていましたが
手のひらに載せた小さなおやつは、迷うそぶりは見せつつも
やっぱり口にすることは出来ませんでした。

f0078320_23335885.jpg

f0078320_23341110.jpg


触られるのはまだまだ怖く、ビクリと体を震わせます。
それでもお口が出ることはありませんでした。

私が個室の外に出ると、
「あいつ、どこ行った?」と扉のところまで確認しに来たりしているので
人に興味は出てきているのでしょう。

フレンドリーな振る舞いができるわけではありませんし
初めてこの子を見る人には「人馴れしていない子」に見えるかもしれませんが
ここに来てからの変化を見ていると
「どう表現したらいいかまだよくわからないけれど、仲良くなりたい」
という気持ちを持ち始めているのではないかと感じます。

家庭に入れば、きっとすぐに甘えん坊になりそうな予感があります。
まだまだ子どもの今の時期に、愛情に包まれた生活を送らせてあげたいです。







※4/21よりレポート登場(4/13収容)
▼茶 メス 10ヵ月程度 7キロ前後


最初の頃の引きこもり様はどこへやら。

まだまだ恐る恐るではありますが、
それでも同室の3頭の中では最前線に出てくることができるようになりました。
f0078320_23342679.jpg

f0078320_23343862.jpg



おやつも問題なく食べられます。
手のひらに載せた小さなおやつも、
他の子を押しのけてしっかり取りに来ることが出来ますし
おやつの載っていた手のひらをペロペロ舐めることも出来ます。
f0078320_2335464.jpg

f0078320_23351839.jpg


触られるのはまだまだ怖い感じなのですが、
この子のペースにあわせてゆっくり接することができれば
すぐに心を許してくれるのではないかと感じます。
f0078320_23345257.jpg


会うたびごとに、どんどん積極的になっているのを感じます。
きっと家庭に入ればあっという間に人にも生活にも馴染んでくれそうです。
この流れで、一般家庭での経験を積ませてあげたいと願います。







※5/26よりレポート登場 (5/25他抑留所からの移送)
▼茶黒半長毛 メス 10-11ヵ月 6キロ前後


人が中に入るとまだまだ緊張してしまいますが
過度におどおどしている様子はありません。
f0078320_23353028.jpg


扉の外から見ている分には、かなり気持ちが緩んできているように見えました。
f0078320_2335436.jpg

f0078320_23391531.jpg



それでもやはり近づくと逃げようとしたりはするのですが
中にしばらくいると、少しずつ緊張も解け
体に触れてもピクリとするだけで、
お口が出たり、怒ったりすることはありません。


幸い食いしん坊のようなので
おやつはかなり積極的に食べに来ます。
f0078320_2339498.jpg


手のひらに載せた小さなおやつも食べられますし
他の子に差し出したおやつも横からさらっていくことが出来ます。

この子も多分、人との接し方がわからないだけでしょう。
ビビリの程度もさほどではありませんし
家庭に入ればすぐに甘えん坊になりそうな気がします。








部屋2-6(4頭)

f0078320_23405916.jpg

f0078320_2341325.jpg


以下2頭、きょうだいと思われます。
f0078320_2346515.jpg




※7/7よりレポートに登場 (6/29他抑留所からの移送)
▼白① オス 5-6ヵ月 6-7キロ



人馴れに全く問題のない、元気なかまってちゃんです。
f0078320_2347927.jpg

f0078320_23484190.jpg


どこを触ってもOKですし、抱っこも喜んでさせてくれます。
…というより、自分でのぼってきます。
f0078320_2349737.jpg


ワチャワチャして子犬らしい、明るく可愛い子ですが
きょうだいに対してはかなり強気のようで、実際強いです。

私が子犬舎に入ったらきょうだい2頭で前線にやってきて
揃って扉の柵ごしに「だれ?だれ?」と確認しに来ましたが
きょうだいが自分の前に出るのが気に入らないのか
何度もガウガウ制していました。

きょうだいが「キャンキャン」と悲鳴を上げるまでガウガウしていたので
そのたびごとにNo!と叱りましたが
自分がいちばんになりたいタイプなのかもしれません。
f0078320_23473033.jpg

f0078320_23482147.jpg


皮膚の状態は、
先週のレポートに比べれば改善されているのかな?という気がしました。
f0078320_23494556.jpg

f0078320_23502270.jpg


先週の様子は実際には見ていないのでなんとも言えませんが
少なくとも酷い状態には見えませんでした。

かなり痩せてアバラが見えていますし、引き続きケアが必要とは感じますので
早く外に出て個別に見てあげたい子です。





※7/7よりレポートに登場 (7/2他抑留所からの移送)
▼白② オス 5-6ヵ月 6-7キロ


f0078320_2353483.jpg


兄(弟?)にやられっぱなしでしたので
きょうだいには個室の外に出てもらって撮影しました。
(子犬舎自体を施錠して、扉が開かないようにしています)
f0078320_10232247.jpg



きょうだいに比べるとおとなしく穏やかで、一歩引いた感じの印象です。
体に触れようとすると、サッと身をかわして逃げてしまうのですが
無理に触っても特にアクションしません。
単に触れられることに慣れていないだけという感じです。

それほど怖がったりしているようには見えませんでしたので
今まで積極的なきょうだいの陰に隠れて、
経験を積む機会がなかったのではないかと思います。

f0078320_23532778.jpg

f0078320_23525676.jpg


おやつは、手のひらに載せた小さなものでもちゃんと食べられます。

きょうだいと離れていろいろ経験することで
今よりもっと自分を出せるようになるのではないかと思いますが
今のままでも、普通の家庭犬として充分やっていけると思います。






※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
▼黒白 オス 5ヵ月程度 5-6キロ


f0078320_23414746.jpg


終始、隅っこに固まったままジッとしているか
私が近づくとスルリと背中側に逃げていってしまうので
同じような写真しか撮れませんでした。

f0078320_2342210.jpg

f0078320_23421818.jpg


触れようとすると逃げてしまうのですが、抱き上げることはできました。
抱っこしても暴れたりなどの抵抗はしませんが、
やはり腕の中で緊張していましたので早々に下に下ろしました。
f0078320_23424419.jpg

f0078320_23434488.jpg


私から逃れようと逃げていても、後ろを向いていると怖くないのか?
私の背中にくっついて座っていたりもして
なぜかそれは大丈夫な様子。

見られることが緊張の元なのかもしれません。





※6/23よりレポートに登場 (6/12収容)
▼茶 メス 5ヵ月程度 5-6キロ


この子もビビリちゃんですが
ビビリの多い子犬舎の中では、それほどではない部類のビビリです。
f0078320_234405.jpg


世の中すべてが怖い、というよりも
人の近くにいることに慣れていないだけのような気がします。
f0078320_23441877.jpg


この子もやはり人に見られると緊張するのか、目が泳いでしまいますし
体に触れようとすると逃げてしまいますが
お口が出たり怒ったりすることは全くありませんでした。


手から直接食べることは出来ませんでしたが
下に置いたおやつは、私が見ていても食べていました。
f0078320_23443463.jpg

f0078320_234599.jpg


おやつは気に入ったようで、私の動きを気にしつつも、
新聞紙の下にもぐったおやつもガサガサ探して食べていましたし
単に経験がないだけで、
人を特別恐ろしいものと思っているわけではないと思います。

人と一緒に暮らすようになれば、
徐々に解消される程度のビビリだと感じました。
早く人との暮らしを経験して、明るい子に変身してほしいと感じます。





部屋2-7(3頭)
f0078320_23545346.jpg

f0078320_2355168.jpg




※4/21よりレポート登場(4/10収容)
▼茶黒(中長毛) オス 7-8ヵ月 7キロ前後


人が来ると、まだまだ緊張感いっぱいです。
f0078320_2356615.jpg

f0078320_23562816.jpg


私が見ているときは、
ただただコチラの動きを目で追って体を硬くしているのみですが
近づくと逃げようとしますし、
少し離れて別の方向を見ていると唸ったりもします。

「コッチに来るなよ」と警告しているつもりなのでしょう。
f0078320_23564995.jpg



がしかし、以前に比べておやつにはかなり関心が増しているように思います。
手からはまだまだ食べられませんが
床に置いたおやつは、かなり体を伸ばして食べに来ます。
f0078320_23571364.jpg


さすがに、私の足元に置いたおやつは食べられませんでしたが
コチラが一歩踏み込まないと手が届かないような場所ならば
近づいてきて食べていました。
f0078320_2358992.jpg


少しずつ、少しずつではありますが、
着実に環境に慣れてきていると感じました。






※4/7よりレポート登場(3/31収容)
▼茶たれ耳 メス 8ヵ月ぐらい 8-9キロ


f0078320_004224.jpg


先週のやり方に習って、個室の外に出てきてもらって自由に歩かせてみました。
(子犬舎は内側から施錠しています)
f0078320_23583875.jpg

f0078320_2359050.jpg


狭い場所に人がいると緊張してしまうのでしょうが
個室の外では、心なしか楽しげにウキウキしているように見えました。
f0078320_23592362.jpg


以前は近づくと「来るな!」と警戒して
唸ったり、噛むそぶりをしたりしていましたが
この日は近づいても、ただスルリとかわすのみで、全く唸りませんでした。

また、以前は近づくととにかく定位置の”窓と板の間”に逃げ込んでいましたが
この日は人のすぐそばを何度もすり抜けていく余裕がありました。

個室のドアを開放していたので、自由に子犬舎の中を行き来出来たのですが
少し外で気分転換をした後は、
個室に戻って私のすぐ目の前でウンチもできました。
f0078320_001480.jpg


着実に環境にも人にも慣れてきているのを感じます。


おやつはまだ直接手から直接食べることは出来ません。
でも床に置いたおやつはしっかり食べていましたし、
次は?と期待している風でもありました。

このタイミングでセンターから出て
一般家庭での経験を積んでほしいと強く思いました。

なかなか手ごわいと思っていた子ですが、
引き出される準備は出来ていると感じます。






※3/17よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼白 メス 11ヵ月ぐらい 9キロ~(痩せています)


瞳のきれいな、とても可憐な女の子です。
f0078320_01414.jpg

f0078320_012122.jpg


いつもこの場から動かずに固まっているのですが
過度なビビリと言うわけでもないのだろうと、毎回思います。
f0078320_013363.jpg


固まり具合だけを見ると気の毒なほどなのですが
上から頭に触れてもビクビクしたりしませんし、
手先に触れても手を引っ込めたりしませんでした。

同室の茶黒のビビリ君に頼られるように寄りかかられていましたので
抱き上げることはしませんでしたが
抱き上げようとしても、逃げ惑うことはないだろうと思います。
f0078320_014292.jpg

f0078320_015262.jpg


お散歩したり、抱っこされたり、おやつを食べたり
この子自身の気持ちが動くような、
ごく普通の経験をたくさん積ませてあげたいです。

ここではない、普通の世界を知って
「自分は誰かの大事なもの」であり得ることを知り
「生まれてきてよかった」と感じて欲しいと強く思いました。





部屋2-8(3頭)
f0078320_02575.jpg



※4/21よりレポート登場 (4/20他抑留所からの移送)
▼茶白 オス 7ヵ月ぐらい 9-10キロ

f0078320_042678.jpg

f0078320_043729.jpg


体に触れようとすると、まだまだ「ヤメテ~」というようなしぐさを見せますが
壁に張り付いているのでこれ以上逃げる場所がないからか
触れることは出来ます。
f0078320_044688.jpg


先週のレポートでは空噛みするそぶりがあったようですが
今回はお口は出てきませんでした。

おやつを差し出すと躊躇していたので、
くっついていた隣の黒ちゃんの背中に置いてみたところ
どうしよう?という様子ながら、モグモグ食べていました。
f0078320_045946.jpg


少し余裕が出てきたようだったので、今度は煮干を差し出すと
手から直接食べてくれました。

調子に乗って手のひらに小さなチーズのおやつを載せると
それも戸惑いながらではありますが食べられました。
f0078320_051010.jpg


少しずつではありますが、
人は決して怖くないということを学んでくれているのだと思います。

必ずしも頻繁に人が訪れて構ってくれるわけではない環境でも
しっかり人馴れが進んでいるのですから
家庭に入ればそれもスピードアップするものと思います。





以下2頭きょうだいです。
f0078320_031110.jpg



左:※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
▼殆ど黒 やや長毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後


まだまだ人が怖くて警戒を解くことが出来ず、ひたすら固まっています。
f0078320_02176.jpg


とにかく、最初から最後までこの場から動きませんでした。
f0078320_022839.jpg

f0078320_023970.jpg


私が他の個室の方に行っているときもそうだったようで
抜き足差し足でこっそりこの部屋の前まで来ても
やはりこの場所にジッとしていました。
f0078320_025341.jpg


手をグーにして、そっと鼻先に近づけてみましたが
噛んだりするそぶりはありませんでした。
とにかく緊張しているようで、
手をまともに見ることが出来ない状況だったのかもしれません。

まだまだこの環境にも慣れているとは言えないのでしょう。
ゆっくり心を開いていって欲しいと感じました。




右:※5/26よりレポート登場(5/11・5/18他抑留所からの移送)
▼胸と足先は白 やや短毛 メス  10ヵ月前後 8キロ前後


きょうだいに比べれば、人の様子に目を配りながらいろいろ動ける子です。
f0078320_032334.jpg


足の上におやつを置いてみましたら
最初は知らん振りしていましたが、あきらかにおやつを気にしている様子。
そのうちパクリと食べてくれました。
f0078320_033269.jpg

f0078320_034594.jpg


ゆっくり手を伸ばすと、怖くて空噛みして「ヤメテ!」と言っていましたので
無理に触るのはやめました。

ただ、この子は私がいても固まるだけでなく
部屋の中を移動する(逃げる?)ことができます。

部屋を出る際、小さなおやつを部屋にパラパラ撒いてきましたら
私が去った後、早速探し出して食べていました。
f0078320_04133.jpg


私が見ているのに気づくと、
隅で小首をかしげてオスワリしてたのが可愛かったです。
f0078320_041160.jpg


この子も、家庭に入れば人馴れに時間がかかるようには思えませんでした。





【B室(鑑定室)】(3頭)

※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
▼黒白 メス 1歳前後 11-12キロ程度


部屋に入ると早速「こっち、こっち」と呼んでいました。
f0078320_055091.jpg

f0078320_055934.jpg


人懐こくてとても明るい可愛い子です。
コマンドが入っているかいないのか?
「オスワリ」と言うとちゃんと座ってくれました。
f0078320_06694.jpg


…が、「マテ」は効かず。

おやつを手にしているのがわかったからか、
待ちきれずに上ってきます。
f0078320_062727.jpg


それでも、ワチャワチャうるさいというほどでは全くなく
おやつを食べて、部屋を歩き回った後は落ち着いていることが出来ました。
f0078320_063535.jpg

f0078320_064682.jpg



まだまだ若く、狭い個室の中で終日過ごすのでは
運動が足りているとは言えないでしょう。
外に出してもらうと嬉しくて、
しばらくの間興奮してしまうのは仕方のないことです。

早く、毎朝、毎夕お散歩に連れ出してくれる環境に移動させてあげたいです。





※6/23よりレポートに登場 (6/18他抑留所からの移送)
▼白茶 メス 1-2歳 15-16キロくらい(痩せ気味)


とっても可愛らしい顔をした穏やかな女の子です。
f0078320_072570.jpg


ロープを怖がるとのことで、
前回会ったときもロープを見せると震える様子がわかったので
今回もロープは使わずに、個室の扉を開放して自由にしてもらいました。
(部屋は施錠しています)

f0078320_07983.jpg


扉を開けた直後は外に出て、しばらくうろうろ動き回り
ドアから廊下の様子を見たりしていましたが
「ハッ!」と気づいたのか、クルリときびすを返して部屋に戻った後は
出てくることはありませんでした。

おやつは大好きで、問題なく手から食べてくれますし
ロープを怖がるだけで、人の手を怖がることはまったくありません。
f0078320_071611.jpg

f0078320_073334.jpg


ご飯のお皿におやつを入れてあげたのですが
食べているときに体のどこに触れても、
全く意に介する様子はありませんでした。
首周りさえ問題なく触らせてくれます。
f0078320_075413.jpg

f0078320_08180.jpg


お部屋も女の子らしく(?)とてもきれいに使っていました。

ロープにどんな怖い思い出があるのか知る由もありませんが
リードで散歩する楽しさを、早く味わえるようになるといいと思いました。





※6/23よりレポート登場 (6/15収容)
▼薄茶黒 オス 去勢済み 3歳ぐらい 15.28キロ

「飼い主募集中!!№3082」


とても穏やかで、明るい男の子です。
f0078320_082173.jpg

f0078320_081052.jpg



体に触れてもらうのが大好きなようで、
撫でてあげると動きを止めて、ジッとされるがままになっています。
しかもすぐに耳ペッタン。
f0078320_083458.jpg

f0078320_091396.jpg

f0078320_093648.jpg

f0078320_0101941.jpg


うれしい、うれしいと言っているのがわかります。

他の犬とは相性があるとのお話でしたが、
他犬のケージの前で顔をつき合わせても、
唸ったりすることはありませんでした。
f0078320_0101050.jpg


この部屋の中には、
小型犬が収容されている小さなケージがいくつか置いてあるのですが
その中の犬が気になって、しきりに匂いをクンクン嗅いではいたものの
やはり唸ったり吠えたりせずに友好的な態度でした。
(中の犬は怖かったのか吠えていましたが)

個室のドアを開けると、
指示しなくても自分から中に入ってオスワリしていました。
f0078320_010282.jpg


思わず、「おりこうだね!」と声をかけたくなるくらいいい子でした。
今すぐにでも理想的な家庭犬として暮らしていける子だと感じます。




レポートは パート4に続きます。
by centre_report | 2015-07-16 02:11 | 愛護センターレポート
<< 7/14センターレポート パー... 7/14センターレポート パー... >>