ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/30センターレポート パート2      ⑨

ぐーちゃんママのレポートです。
加筆・修正しています。



センターレポートパート の続きです。


センターで譲渡先・預かり先を探している犬たちを紹介します。
問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。




【旧シャンプー室】 メス6頭

今週も同じメンバーで、落ち着いて私たちが来るのを待っていました。
ビビリな子が多いですが、急な動きをしなければ落ち着いていられます。

f0078320_11174372.jpg
f0078320_11181299.jpg




※1/20よりレポート登場(他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス 2-3歳? 太ったので13-14キロくらい
最初の写真で紹介したように、始めはいつもの通り
ウロウロ歩き回っていたのですが、
途中から部屋の奥に伏せてしまいました。
f0078320_11211772.jpg
f0078320_11231432.jpg

どうしたの?どこか具合でも悪いの?と、
撫でながら話していましたが、じっとしたままこちらを向くばかりで
とても心配になりました。
f0078320_11252299.jpg
f0078320_11261270.jpg

いつも元気に部屋の中を悠然と歩き回っているだけに本当に心配
しましたが、他の部屋を見にいった後にのぞいたところ、
いつものように元気に歩きまわっていて、問題はなさそうでした。
少し甘えたかったのかもしれません。
たくさん撫でてあげました。



※5/12よりレポートに登場 (4/22収容)
▼茶白黒(半長毛)メス 1-2歳 10-11キロ
今日はこの子が一番近づいてこようとしていました。
それでもまだまだ人の手が怖いのか、
ゆっくり近づいていっても腰が引けてしまいます。
f0078320_11322965.jpg
f0078320_1133943.jpg

こちらが静かに座ったまま話しかける分には落ち着いていられます。
f0078320_1134195.jpg

立ち上がって動こうとすると
「どっちに行くんだろう??」と目をきょろきょろさせて
こちらの動きを観察しています。
f0078320_11355980.jpg

それでも単なるビビリというわけではなく、
手からおやつも食べることも出来ますので
人には興味があり、個別に接していけば心を開いてくれるのも
時間の問題なのではないかと思います。



※4/28よりレポート登場(4/20収容)
▼茶(半長毛) メス 1-2歳 12-13キロ
いつも一番前に出てきて、皆を守るような仕草を見せていたのですが
今日は茶白黒の子の方が積極的に前に出てきていて、
この子は少し下がり目の位置にいました。
f0078320_11443573.jpg

この部屋の中では一番馴れてきてはいるものの、
まだ触ろうとするとスルスルと逃げてしまいます。
今日はロープをかけて様子を見ようと思ったのですが、
こちらが動かずに少し距離を置いていれば、他のビビリっ子たちも
落ち着いていられたので、もう少しこの子から人に近づいて来れるように
なってからにしようと思い、諦めました。
f0078320_1149410.jpg
f0078320_11494049.jpg

いつ見てもニコニコしていて、毛もふさふさで
早くこの子をゆっくり撫でられるようになったらいいなぁと
思います。
f0078320_11505789.jpg

人馴れ問題ない甘えっ子が同じ部屋にいれば
つられてすぐに甘えられるのではないかとも思ってしまいます。



※3/3よりレポート登場(3/2他抑留所からの移送)
▼垂れ耳 薄茶 メス 2歳くらい 12-13キロ
今日はとにかくこの子を含めたビビリちゃん3頭を
逃げ回らせないで様子を見たかったので、
少し距離をとって座って観察してみました。
この子も距離をとれば落ち着いていられました。
f0078320_11574237.jpg
f0078320_11584251.jpg

そっと動こうとすると、警戒して逃げようとします。
f0078320_1265427.jpg

それでも以前のようにひたすら下を向いたまま逃げることはなく、
人の動きを見ながら動けるようになっています。
こちらが動かなければ落ち着いていられますが、
やはりまだまだ人の動きは怖いようなので、
座ったままで様子を見ることしかできませんでした。
f0078320_12123931.jpg
f0078320_12134453.jpg




※3/4収容ですが 6/2よりレポート登場
▼茶白黒 メス 10キロぐらい? 
先週まではただただ怖くて固まっているだけだと思いましたが、
今日はこの子に触ることが出来ました。
噛もうとする素振りもなく、触らせてくれたのは嬉しかったです。
f0078320_12201387.jpg
f0078320_12213623.jpg

近づくと一瞬逃げようとはしますが、
すぐに諦めてその場に固まります。
人とどう接したらよいかわからないだけで固まっているのであれば
少しずつでも触る機会を増やしてあげたいと思います。
f0078320_14285931.jpg
f0078320_14221812.jpg

ビビリではありますが、家庭に入れば思った以上に早く馴れてくれる
可能性もあります。
一日も早く人の温かさに触れて欲しいと願わずにはいられません。



※3月からの収容ですが6/9よりレポート登場
▼薄茶黒 メス 2-3歳? 10キロ前後
先週の表情からは、人を信用してないよ、という雰囲気を出していましたが
今日は近寄ろうとするとギリギリまでは我慢して
やはり怖くて逃げてしまいました。
f0078320_1434659.jpg

それでもずっと顔をあげて人の動きも見ていますので
ビビリではありますが、何もかもが怖い、というビビリ方ではないです。
f0078320_1436623.jpg
f0078320_14364072.jpg

センターに来てから3ヶ月ほどたってからこちらの大部屋に入ったので
まだ新しい環境に馴染めていないのかもしれません。
でも他犬とも喧嘩などすることもなくいられますので
基本的には落ち着いた子なのだと思います。
f0078320_1533793.jpg






【鑑定室】 3頭


※5/26よりレポートに登場 (5/18他抑留所からの移送)
▽黒白 メス 1歳前後 11-12キロ程度
ケージの中にいる間は、早く出して欲しくて騒いでいましたが、
出してあげると最初はカチャカチャ動きまわりましたが
先週よりも落ち着くのに時間はかかりませんでした。
f0078320_1554892.jpg

人が大好きでとにかく甘えたくて仕方がないといった感じです。
狭いケージの中では、まだ若いこの子には窮屈で
人の姿が見えると騒いでしまうのも仕方がないことだと思います。
それでもお利口にお座りも長い時間見せてくれました。
f0078320_158561.jpg

抱っこも問題なく出来ましたし、とにかく人と接していたい子のようです。
f0078320_159516.jpg
f0078320_1592666.jpg

たくさんお散歩をして有り余るパワーを発散させてくれて
この子を心からかわいがってくださるご家庭を探してあげたいです。
f0078320_15115991.jpg




※6/23レポート初登場 (6/18他抑留所からの移送)
▽白茶 メス 1-2歳 15-16キロくらい(痩せ気味)
子供を産んで間もないようなお乳をしていますが、
とても幼い顔をしているので、パッと見た感じでは
お母さんだとは思えないようなやさしいお顔をした子です。
f0078320_15161667.jpg
f0078320_1516337.jpg

ロープをかけようとすると、先週同様怖いようでブルブル震えてしまうので
ロープをかけずにいると、一人でひょろひょろとケージから出てきました。
部屋をウロウロしてから、こちらで指示してケージに戻ってもらいました。
でもやはりロープを見せると怖がるため、
ケージの中に居る状態で撮影をしました。
f0078320_151857100.jpg
f0078320_15192934.jpg

先週はおやつをあげても緊張からか口からぽろっと落としてしまいましたが
今日は食べることが出来ました。
f0078320_15202297.jpg
f0078320_15205091.jpg

この子の子供たちはどうなったのだろう・・・とどうしても考えてしまいます。
元気にどこかで暮らしていてくれればいいのですが。



※6/23よりレポート登場 (6/15収容)
▽薄茶黒 オス 去勢済み 3歳前後 14-5キロ?
先週は収容室②にいました。
去勢手術をしてもらったようでカラーをつけていました。
先週のレポートでも落ち着いた子だと紹介されていましたが
本当にとても落ち着いていて、お顔も優しい感じがしたので
一瞬、女の子かと思ってしまいました。
f0078320_15285146.jpg
f0078320_15292633.jpg

動き回ることもなく、本当におとなしくお座りをした状態のままで
どこを触っても全く嫌がることもなく受け入れてくれました。
物凄く性格のいい子だと思います。
初めて犬を飼う方でも飼い易いのではないでしょうか。
f0078320_1533095.jpg
f0078320_15332519.jpg

撫でられるのも好きなようで、人との接し方も本当に上手です。
最後にケージに戻ってもらおうとしましたが、
やはり外にいるのがいいようで少し抵抗していました。
無理やりケージに戻そうとした時に誤って傷口付近を触ってしまったのか
キャンキャンと大声で鳴きましたが
ケージに入れてから顔をつけて「ごめんね、ごめんね」と言ったところ
怒るどころか私にぺったりと体を預けて甘えていました。
本当にかわいい子です。
f0078320_15372464.jpg




レポートはパート3に続きます。
by centre_report | 2015-07-01 12:37 | 愛護センターレポート
<< 6/30センターレポート パー... 6/30センターレポート パー... >>