ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3/31センターレポート パート4          ⑫

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。



3/31訪問レポート パート3 からの続きです。

引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。
問い合わせ先 
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください) 吉田
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


ここでは【子犬舎】【鑑定室】の犬たちを紹介します。



【子犬舎】 9頭


※2/3よりレポート登場(1/23収容)
▼白黒 メス 4-5歳 8-9キロ(適正10-11キロ)


テリアらしく活発で、くるくると良く動きますが
明るく大らかで、神経質なところがありません。
f0078320_2334616.jpg

f0078320_2335590.jpg


私たちの姿を見つけると、嬉しさのあまりか吠え吠えでしたが
人にかまってもらって落ち着いた後は吠えていませんでした。

物怖じすることなく積極的で、時に飛びついてきたりもしますが
「うるさいっ!」というほどしつこくなく、
引き際を心得ている(?)ように感じます。
年齢なりの落ち着きなのかもしれません。
f0078320_2333391.jpg

f0078320_2341768.jpg

f0078320_2342515.jpg


いつもニコニコと楽しそうにしていて
思わずコチラも笑みがこぼれてしまうような朗らかさがあります。

素直な性格なので、すぐに普通の飼い犬としての生活を始められると思います。
早く一般家庭での生活を始めて
更に大らかな笑顔を見せて欲しいです。





※2/24からレポートに登場 (2/20頃収容)
▼薄茶 メス 7-8歳 7-8キロ


控えめで大人しい、ちょっと怖がりの女の子です。
f0078320_235782.jpg

f0078320_2345570.jpg


撫でようとするとスルリと逃げてしまいますが、
逃げていった先でコチラを気にしているようすがあり
遠くにいれば、距離の1/3くらいは寄ってきたりもします。
人とのふれあいを欲していないわけでは決してなく
関係の作り方がよくわからないだけのように思います。
f0078320_2351794.jpg

f0078320_2352778.jpg

f0078320_2353627.jpg


壁際に追い詰められたら、観念して触らせてくれました。
f0078320_2354749.jpg


おやつも手から食べられそうです。
今回手から受取ってはくれましたが、
緊張のあまりか(?)落としてしまいました。
それでも、おやつを見せると寄って来てくれますし
私たちが見ていても食べることが出来ます。
f0078320_2363534.jpg

f0078320_2365577.jpg



とても穏やかですが、凜とした筋のようなものも感じます。
怖がりではありますが、家庭に入れば全く問題ないばかりか、
時間をかけずとも、家族には心を許してくれる
”甘えん坊のお嬢さん”としてやっていけそうに思います。





3/17よりレポートに登場 (3/16他抑留所からの移送)
▼茶黒 メス6ヵ月ぐらい 5-6キロ 


ビビリちゃんですが過度ではなく、固まる系の女の子。
f0078320_23111567.jpg

f0078320_23112726.jpg


抱っこされてしまえば、比較的落ち着いていて
ビビリウンもビビリションもしませんでした。
f0078320_23115148.jpg

f0078320_2311378.jpg

f0078320_2312739.jpg


先週は青鼻を出しているとレポートされていましたが
ケアしていただいたのか、今回はそんな様子は見られませんでした。
体調もよさそうです。

歯は、ほとんど全て大人の歯に生え変わっていました。
f0078320_2312428.jpg


家庭に入れば、ビビリの過去はウソみたいに
すっかり甘えん坊になりそうに思います。
早くそういう環境に移動させてあげたいです。




3/17よりレポートに登場
▼白 メス 7ヵ月ぐらい 7キロ程度(痩せ気味)


儚げな様子で、つい守ってあげたくなるような可愛いビビリの女の子です。
f0078320_237882.jpg


怖いと、時にお口が出てしまうこともあるとのことでしたが
この日はゆっくり撫でている間、ジッと大人しくされるがままになっていてくれました。
f0078320_237531.jpg

f0078320_2374121.jpg

f0078320_2381084.jpg


急な動きには、まだまだ対応しきれないのか
警戒している様子を見せていましたが
これは経験不足からであることは明らかで、
これからどんどん経験を積んで信頼関係を築くことが出来れば、
すぐに甘えん坊になりそうな気がします。
f0078320_2385386.jpg

f0078320_239893.jpg

f0078320_2392065.jpg


1日も早くどこかの家庭に迎えられ
愛され、大事にされる経験をしてほしい子です。





※3/17よりレポート登場(3/10収容)
▼茶黒 鼻黒 オス6ヵ月程度 8キロぐらい


凛々しいお顔をしているのに、とっても怖がり。
そのギャップがなんとも可愛い男の子です。
f0078320_2393178.jpg

f0078320_2395744.jpg

(上の写真は先週のレポートから)

先週は抱っこもさせてくれたようですが
あまりに怖がっている様子なので、抱き上げることはしませんでした。

私たちが部屋に入ると
部屋の隅と仲間の間にグイグイ体を押し込んで息を詰めていましたが
隙間からコチラを伺っている様子も見えました。
f0078320_2310876.jpg

f0078320_2310247.jpg


体を触っても抵抗したり、お口が出たりすることはありません。
f0078320_23103865.jpg

f0078320_23105810.jpg


歯を見せてもらったときも、ただただ固まっているだけでした。
犬歯がまだ乳歯でした。

社会化が大事なこの時期、センターに長居することなく、
早く家庭に入っていろいろな経験を積んでほしいと感じます。
信頼関係が出来さえすればすぐに
本来の子犬らしい明るさを見せてくれると思います。





3/31レポート初登場
▼茶 メス 3-4ヵ月 2-3キロ

(下の茶オスときょうだいと思われます)
まだチビチビの女の子です。
f0078320_2313220.jpg


それなりに怖がってはいますが
まだまだ何の経験を積むこともなくここにいることを思えば
根は怖がりというわけではなさそうです。
f0078320_23132498.jpg

f0078320_23131376.jpg

f0078320_23133770.jpg


抱き上げても固まるわけでもなく
きょろきょろ周りを見る余裕がありました。
f0078320_2314769.jpg

f0078320_2314221.jpg

f0078320_23143877.jpg


おやつを手から食べることはしませんでしたが
お部屋にボーロをころころ転がすと
同室の他の子が固まるなか、この子は近くに寄ってきて食べました。
f0078320_231515.jpg

f0078320_23151659.jpg


食べ終わると、「まだある?」というそぶりさえ見せましたので
すぐに人馴れしそうです。





3/31レポート初登場
▼茶 オス 生後3-4ヵ月 4-5キロ

(上の 茶 メス ときょうだいと思われます)

体格差はありますが、上の茶色の女の子ときょうだいと思われる男の子です。
部屋に入ったときは隅っこに身を潜めていました。
f0078320_23154179.jpg

f0078320_23155661.jpg


この子もまだまだ環境に慣れていない感じはありますが
人と触れ合った経験のない子犬としては想定内の怖がり方のように思います。
抱き上げても過度にビクビクしたり震えたりということはありませんし
お口が出ることもありません。
f0078320_23161976.jpg

f0078320_23163355.jpg



家庭に入ればすぐに人馴れが進み、
環境にもあっという間に慣れてくれると思います。





3/24よりレポート登場 (3/19他抑留所からの移送)
▼薄茶 メス 生後4-5ヵ月 4-5キロ


この子も怖がり。
f0078320_23202540.jpg

f0078320_23201061.jpg


部屋に入ったときは、こうして部屋の隅にみんなと一緒に固まっていました。
f0078320_23172352.jpg


抱かれると手足を突っ張って力を入れていましたが
それほど抵抗することもなく、比較的大人しく抱かれていました。
f0078320_23174127.jpg

f0078320_23185132.jpg



身体に触れられることには慣れていない様子ですが
撫でられて、まんざらでもないという表情もしていましたので
すぐに甘えん坊になるのではないかと思います。
f0078320_2319640.jpg

f0078320_2319568.jpg


部屋の中に人間が3人入っていましたが
抱き上げられている仲間の様子をジッと観察する余裕もありました。
f0078320_12104812.jpg





3/31レポート初登場
▼茶 オス 生後5-6ヵ月 4-5キロ


この子も部屋の隅に固まっていました。
あまり人と接した経験はないのでしょうから無理もないことだと思います。
f0078320_23404896.jpg

f0078320_234127.jpg


ただ、抱き上げても抵抗したり、過度に怯えたりすることはありませんでした。
怖がりの子なりの、
経験値の低さからくる警戒の範囲を超えるものではありません。
f0078320_23412362.jpg

f0078320_23414034.jpg


右側の首の辺りに傷がありました。
皮膚の状態もあまりよくないようなので、
もしかしたら怪我痕を後ろ足で掻き壊したのかもしれません。
f0078320_23401034.jpg

f0078320_23415272.jpg
最終日部屋に入れられた際に、成犬に噛まれていたようです。


部屋の外に出た後、
おやつを柵の外側から転がしたとき、同室の子がそれを食べているのを見て
「どうしようかな」と迷っているようなそぶりを見せました。
f0078320_23441957.jpg


おやつに興味はあるものの、最初の一歩が踏み出せない感じで
見ている間はおやつを口にするには至りませんでしたが
後でこっそり食べていてくれればな、と思いました。







【鑑定室】 3頭


3/24レポートより登場 (3/12他抑留所からの移送)
▼茶白黒 オス 3-4歳? 8キロくらい


隣の男の子がワンワン吠える中、この子は釣られて吠えることもなく
ケージの中でもとてもおとなしく待っていました。

外に出てもやみくもに動きまわらず、
静かにまわりを観察した後、しっぽをフリフリしてくれました。
f0078320_2348526.jpg

f0078320_23474355.jpg

f0078320_23475320.jpg


男の子なのに「おしとやか」な感じで、最初は女の子?と思ったほどです。
ちゃかちゃか動き回ることをしないので、写真を撮るのもとてもラク。
…そのかわり、似たような写真ばかりになってしまいました。
f0078320_23473547.jpg


個室の中でもほとんど吠えず、とても穏やかで人にも従順。
身体のどこを触っても大丈夫だし、マズルを握っても怒りませんでした。
どうしてここにいるの?と思ってしまいます。

おやつも問題なく手からやさしく食べてくれました。
このまま家庭に入っても、何の問題もなく人のそばで過ごせることと思います。
f0078320_23483723.jpg

f0078320_23481388.jpg

f0078320_23485275.jpg


咳をしていたのが気になりました。
体調の変化に個別に対応可能な場所での生活を
早くスタートできればいいと思います。




※3/3よりレポート登場(2/27収容;他抑留所からの移送)
▼クリーム オス 1-2歳? 14キロぐらい


【鑑定室】に私たちが入ったとたん、「誰誰??」「なになに?」と吠えて
最初の子の撮影が済むのを、
「もう待ちきれない!」といった様子でジリジリ待っていました。
f0078320_052180.jpg



やっと順番が来て、扉を開けたら
「もう~、遅いじゃないか!待ってたよ~~~」と熱烈歓迎。
f0078320_2349381.jpg

f0078320_23491425.jpg

f0078320_23493277.jpg

f0078320_043746.jpg

f0078320_044883.jpg


ハグしつつペロペロしてくれるその様子に
笑ってしまって言葉を発する暇がないほど
私たちを楽しませてくれましたし、私たちとのひと時を楽しんでくれました。
本当に明るくて、可愛らしい男の子です。
f0078320_05069.jpg

f0078320_052937.jpg


やや落ち着きがないようにも見えましたが、若いこの子には無理からぬこと。
自由に動き回るわけにはいかなケージの中では
この子の欲求は満たされないのでしょう。

隣の子とケージ越しに鼻を突き合わせたときも、
特に唸るでも吠えるでもなく、上手に挨拶をしていましたし
適切な運動ができる環境であれば、もっと落ち着きが生まれることと思います。




※2/10よりレポート登場(1/29収容)
▼茶白 オス 去勢済 6-8歳 15.86キロ

飼い主募集中!!№2892


穏やかでのんびりている、とても可愛い男の子です。
f0078320_13523467.jpg

(上の写真は先週のレポートから)

年齢的には”おじさん”ですし、
ゆったりのんびりしている様子は、まさに大人のそれなのですが
なんだか幼稚園児くらいの
お母さんの後ろにこっそり隠れてしまう小さな男の子のような
そんな可愛らしさのある子です。

f0078320_053947.jpg

f0078320_054864.jpg

f0078320_055863.jpg

f0078320_055863.jpg


人が部屋に入ったときはバウバウ吠えているのですが
毎回、視線を向けると吠えるのをやめますので
「え?誰が吠えてたの?」という感じです。
ただ単に注意を引きたくて、こっちだよ」と呼んでいるだけのようです。
外に出てくると「吠えてたことなんて知りません」とばかり、
一言も声を出さずに無口を装います。
f0078320_061354.jpg

f0078320_063146.jpg

f0078320_064252.jpg

f0078320_065570.jpg


ここに来てから覚えたのか、
コマンドで「オスワリ」をピシッと決めてくれました。

きっと、かけがえのないパートナーになってくれる子だと思います。




レポートはパート5に続きます。
by centre_report | 2015-04-01 12:38 | 愛護センターレポート
<< 3/31センターレポート パー... 3/31センターレポート パー... >>