ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/24 センターレポート パート3      ⑥

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。


センターレポート パート2からの続きです。

引き続き、譲渡先・預かり先を探している子たちをご紹介します。
問い合わせ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
無記名の問い合わせメールにはお返事できません。


ここでは【収容室】(一部)の犬たちを紹介します。






【収容室・ケージ内】



※2/17よりレポート登場 (2/6収容)
▼薄茶 オス 2-3歳? 14-15キロ


先週いったん大部屋に移動してもらったのに、
ケンカを売ってケージに戻されてしまった男の子です。
f0078320_8285654.jpg


初めて会う大勢の犬たちと、独特の雰囲気…。

そんな環境で、ちょいとケンカをふっかけてしまったとしても、
必ずしもこの子が他の子とうまくやれないということではないと思います。


人馴れはバツグンで、とても人懐こい可愛い子です。
触れ合っている間中、ピヨピヨ鼻鳴きし
「うれしい!うれしい!」という気持ちが伝わってきました。
f0078320_8292691.jpg


f0078320_829496.jpg


f0078320_8293842.jpg


f0078320_829471.jpg



上の、ケージの中にいる様子を撮影した写真では耳が立っていますが
外で人と一緒にいる間、ずっと耳はペッタンコ。

大勢の人がその場にいましたが、そんな環境にも動じることなく
誰の手も喜んで受け入れていました。

f0078320_8295718.jpg


f0078320_830877.jpg


f0078320_8291747.jpg



ケージに戻すと、やはりピヨピヨ鳴いていました。
大きな体でケージの中で過ごすのは、
決して居心地がいいとは言えないでしょう。
早く伸び伸び過ごせる環境に移動させてあげたいです。







※2/24レポート初登場 (先週後半収容期限切れ、譲渡用に選定されました)
(2/10収容)
▼黒茶 メス 1-2歳 7-8kg


ちょっと怖がりの、小柄な女の子です。
f0078320_8322183.jpg

f0078320_830179.jpg


ロープで外に誘導しようとしましたが、
怖がって、外に出すのに少々時間がかかりました。
f0078320_8302982.jpg


ケージ内ではロープをかけられまいとしてお口を出していましたが
それも本気で噛みに来るわけではなく
「やめて!」と警告しているだけです。

私にも歯が当たりましたが、歯を当てても噛み締める意図はなく
「やめて」と言っているだけ。

いったん外に出てしまえば、暴れたり騒いだりする様子は全くありません。
ただただ「私を見ないで下さい」といっぱいいっぱいな様子です。

f0078320_8304858.jpg

f0078320_8305820.jpg


大勢の人がそばにいましたので
ビビリの彼女にしてみれば当たり前の反応なのでしょう。
おやつをあげてみましたが、それどころではないようで
匂いを嗅ぐこともしませんでした。

それでも、取り付く島もないほどのビビリではなく
ただ経験が不足しているだけのように思います。
人は怖くない、自分に危害を加える存在ではないと学べば
それほど人馴れに時間はかからないのでは、と感じました。

収容室の中の人間の数が少なくなると
そろそろと部屋の中を動き回ることができました。
f0078320_831716.jpg


それでもまだ私たちのそばではおやつは食べられませんでしたが
まわりを観察する余裕は多少出てきたようです。
f0078320_832142.jpg
身体も頭も普通に触れました。
f0078320_8311691.jpg




ケージに戻ると、やっとフードのお皿に入れたおやつを
(フードは残しておやつだけ!)上手に食べていました。
f0078320_8321178.jpg







※2/24レポート初登場 (前日に収容期限が切れ、譲渡用に選定されました)
(2/17収容)
▼黒 オス  若齢 12-3kg

小型の黒ラブのような
毛艶よく、まだとても若い感じの男の子です。
f0078320_8323660.jpg


この子もビビリで、なかなか外に出てきてくれませんでしたが
怖がってもお口が出るようなことはありません。
f0078320_8324647.jpg

f0078320_8325556.jpg



ただ固まる系。声も出しません。
立ち姿が緊張でいっぱいです。
f0078320_833523.jpg

f0078320_8331458.jpg

f0078320_8332328.jpg

f0078320_833339.jpg


同じ場所で、最初は目だけを動かして周りを観察しているような感じでしたが
そのうち少しずつ動き出しました。

上の黒茶の女の子と一緒に外に出してみましたが
特に興味を持ったり、絡んだりすることはありませんでした。
もしかしたら、そういう気持ちの余裕がなかっただけかもしれません。

おやつもあげてみましたが、まったく口にしませんでした。
これもやはり、余裕がなかったのでしょう。

他の犬のケージの前では匂いを嗅いだりしていました。
その際も唸ったり吠えたりせず、とても友好的な態度でした。
f0078320_8334321.jpg


この子もただ経験が不足しているだけという印象です。
家庭に入れば甘えん坊になるのも時間の問題という気がしました。







2/10よりレポート登場(1/29収容)
▼茶白 オス 5歳くらい 17キロくらい


大きくておっとりした、とても可愛い男の子です。
赤っぽくて個性的な茶色の毛と、白い胸毛やソックスがとてもきれいです。
f0078320_8342419.jpg

f0078320_8343354.jpg

f0078320_8335735.jpg


以前のレポートにも「シニアかと思った」と記載がありましたが
あまりに穏やかな様子なので一見シニアに見えても不思議はありません。
f0078320_834545.jpg



ケージの中でも、外に出ても、まったく声を出すことなく
こちらの誘導に素直に従ってくれる、とても穏やかな子です。

歯にはそれなりに歯石がついていましたが
足取りもしっかりしており、やはりまだまだ若いのではないかと思います。
f0078320_835958.jpg



動きはゆっくりですが、それがこの子の気質であり性格なのでしょう。
一緒にいると、ゆったりと平和な時間が流れるような気がします。
f0078320_834517.jpg


アイコンタクトもバッチリ。
f0078320_2232855.jpg



一緒に生活しやすい子なのでは?というのはもちろんですが
人間の心の支えになってくれそうな、そんな頼り甲斐と存在感のある子です。







※2/24レポート初登場 (前日に収容期限が切れ、譲渡用に選定されました)
(2/17収容)
▼茶・黒毛まじり メス 1-2歳 10kgくらい?


レポート初登場のビビリの女の子です。
f0078320_8352067.jpg

f0078320_8353092.jpg



誘導してやっと外に出てきてくれましたが
f0078320_8353923.jpg



おおきな音が聞こえたのか?びっくりすることがあったのか?
急に何かに怯えて動きが激しくなり、ケージに戻りたがったので
安心できる場所で様子を見せてもらいました。
f0078320_8361212.jpg



撮影は出来ませんでしたが、歯はとてもキレイでした。
子どもを1~2度産んだことのあるお乳をしていましたので
1歳は超えていると思いますが
f0078320_8355045.jpg

まだとても若い子だと思います。



ビビリではありますが、
人と触れ合う時間が増えればすぐに克服できる程度のものだと思います。
人馴れが難しいタイプではなく、環境に慣れていないのだと感じました。

看護士のOさんが部屋に入ってくると
ホッとしたように、姿を目で追っていましたし
f0078320_836122.jpg


撫でたりすることは問題なくできます。
f0078320_836247.jpg


誰か気を許せる特定の人を足がかりにできれば、
順調に世界を広げていけるのではと感じます。

看護士Oさんのお話では、あまり皮膚の状態がよくないとのことでした。
見た感じは病的なものではなさそうでしたので
栄養状態やストレスが関係しているのかもしれません。

早く安心できる場所で治療を始められるといいと思います。






※2/24レポート初登場 (前日に収容期限が切れ、譲渡用に選定されました)
(2/16収容)
▼薄茶 オス 2-3歳 17-18kgくらい?


大きな体でとても甘えん坊の可愛い男の子です。
f0078320_8363575.jpg

f0078320_8364762.jpg


まだとても若い子ですが、穏やかで落ち着いています。
その上、ずっと甘ったれモード。
f0078320_8371175.jpg

f0078320_8374257.jpg


終始耳ペッタンで
人と一緒にいられる束の間の時間、
ずっと誰かに甘えていたいという感じに見えました。
f0078320_23152516.jpg

f0078320_2315508.jpg



おやつも問題なく人の手から食べられます。
しかも、そっと上手に食べていました。
f0078320_838979.jpg



歯もとてもキレイです。
f0078320_8365817.jpg


ケージの中でも外でも全く吠えていませんでした。
すぐにも家庭犬としてスタートできる子だと思います。






レポートはパート4に続きます。
by centre_report | 2015-02-25 08:38 | 愛護センターレポート
<< 2/24センターレポート パー... 2/24 センターレポート パ... >>