ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2/3センター訪問パート4

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き2月3日のレポートです。

センターで譲渡先・預かり先を募集している仔たちの紹介です。
問い合わせ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)
※無記名の問い合わせメールには返信しません。



【譲渡室】
※レポート初登場
NOⅠ オス ゴールデンレトリーバー クリーム  
推定3~5歳 30キロ前後
とてもきれいな毛並みです。出るとうれしくてはしゃぐ様子も見られますが、リードコントロールでお座りができます。
写真でもわかるようにアイコンタクトもしっかり取れる子です。
この犬種特有の人懐っこさですが、しつけは入っていたのかもしれません。
すぐに家庭に入っても問題ない子のように思いました。
f0078320_10272671.jpg

f0078320_10274555.jpg

f0078320_1031363.jpg

f0078320_1031564.jpg



▼NO II オス(去勢済み) 22.88キロ 4歳
(12/26からレポート登場 11月半ば収容)
飼い主募集中!!No.2845」
大きな背中です。
太り過ぎですが、もう少し体重を落とせばとてもきれいだと思います。
ロープをかけて誘導すると、慣れたようにすんなり部屋から出てきますし、
入るときも自分から素直に入ります。
以前会ったときのように、
大きな体をカタカタと震わせるような様子は見られませんでした。
おやつも手から食べることができるようになったのは、
この環境に慣れてきたのだと思います。
それでも大きな瞳は、どこか不安そうで淋しそうです。
f0078320_1039282.jpg

f0078320_10394188.jpg
f0078320_10395436.jpg

f0078320_1040371.jpg

↓前回のレポートより
f0078320_10532047.jpg



▼NO III メス 2-4歳 12キロくらい
(12/16レポート登場 11/18子ども3頭連れで収容)
ケージから出たくてしきりに私たちを呼び、出るととてもうれしそうです。
子育てから解放され、ママだったことなど忘れてしまったかのようです。
ブルーの目の印象から強面に見えますが、甘える仕草はまだ仔犬のようです。
人の目をよく見る子で、ケージにも素直に入ります。
f0078320_10442130.jpg

f0078320_10443830.jpg

f0078320_1045669.jpg

f0078320_1058941.jpg

↓前回のレポートより
f0078320_10504677.jpg



▼NO IV  オス 鼻黒茶 11ー12キロ 3ー4歳
(1/13 よりレポート登場 12/22収容)
先週のレポートにタヌキちゃんのようととありましたが、
お顔を見て納得しました。
お顔もしぐさもなんともひょうきんな子で、とてもかわいい子です。
歯がとてもきれいでしたからもう少し若いか、
それとも手入れをされていたのかもしれません。
f0078320_10585829.jpg
f0078320_10591486.jpg
f0078320_10593025.jpg
f0078320_10594488.jpg
f0078320_10595897.jpg



▼NO VIII  オス 茶黒 去勢済 8ー9歳 14.12キロ(12/16よりレポート登場)
飼い主募集中!!No.2809」
一見、小さなシェパードのようにも見えますが、
目がくりくりでパッと見の印象より優しいお顔です。
先週も同じことをレポートされていますが、
ケージから出るとすぐにオシッコをしていました。
自分のスペースは汚したくないきれい好きなタイプなのでしょう。
お座りのコマンドで何度でもフセまで披露してくれ、
見上げる瞳は「ほら、できたよ。ボクいい子?」
と聞いているようで切なくなります。
当然この子もしつけられて家族の中にいた子です。
人恋しいに決まっています。
欠点がどこにあるのか、短い触れ合いなので分かりませんが、
早く家庭で安心させてあげたいです。
f0078320_1181460.jpg
f0078320_1182666.jpg

f0078320_1184368.jpg

f0078320_1185958.jpg
推定年齢よりもずいぶんと若々しい印象で、力強く元気です。


【小型犬部屋】
▼コーギー メス 8歳 8-9キロくらい(1/20からレポートに登場)
大きな瞳が印象的な美犬さんです。
コーギー独特の強さはあまりこの子からは感じられません。
差し出すおやつもそっと食べます。
目もきれいで8才には見えない美犬さんです。
f0078320_11194117.jpg
f0078320_1119538.jpg

f0078320_11261177.jpg

↓前回のレポートより
f0078320_11223475.jpg

f0078320_11225425.jpg


以上、譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介しました。



この日引き出した21頭です。
f0078320_11284817.jpg


f0078320_12405064.jpg
f0078320_11285816.jpg

f0078320_11292387.jpg

f0078320_11361089.jpg

f0078320_11312069.jpg

f0078320_11523533.jpg

f0078320_1132384.jpg
f0078320_11322099.jpg

f0078320_11574646.jpg

f0078320_1133316.jpg
f0078320_113476.jpg
f0078320_1134231.jpg
f0078320_11343686.jpg
f0078320_11344817.jpg
f0078320_1135117.jpg

以上、子犬舎の幼犬17頭です。

f0078320_11575151.jpg

f0078320_1158471.jpg
f0078320_11582079.jpg

f0078320_14344910.jpg

以上成犬4頭です。

引き出した犬たちは預かり宅で心身両面のケアを整えてから、
いぬ親さん募集を開始します。
ちばわん家族を待ってる犬猫たちをご覧ください。

ちばわんのようなボランティアにより一見多くの子が引き出されたように見える一方で、
相変わらず最終部屋という部屋は存在します。
最後がくるなんて思いもしない犬たちは、
ひたすら飼い主のお迎えを、出られることを待ち望んでいます。
首輪の付いた子たちがこの日は7頭いました。
長く待ちすぎてあきらめてしまったのか、部屋の奥でうずくまり、身動きしない子がいます。
またうろうろと落ち着かない子は、不安でどうしてよいかわからないのでしょう。
そして人の気配がするとうれしそうに寄ってくる子がいます。
きっとお迎えがきたと思うのでしょう。
写真なんか撮ってごめんね。
f0078320_12181512.jpg

f0078320_12183441.jpg

私たちがセンターを後にしたのは夕方5時半過ぎでしたが、
この日の選定作業がそのあと行われたはずです。

この部屋の中からも、1頭でも命をつなぐことができますように。
そう思いながらシャッターを押しました。
by centre_report | 2015-02-05 12:43 | 愛護センターレポート
<< 2/10センターレポート パート1 2/3センター訪問レポート パート3 >>