ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


12/9 センターレポート パート3

はなこさんのレポートです。
加筆・修正しています。

12/9センター・レポートパート1からの続きです。
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

問い合わせ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)


収容中の犬たちの様子です。
ここでは【譲渡室】【鑑定室】【収容室】の犬たちを紹介します。



【譲渡室】

11/25レポートより登場
▼No.I オス ゴールデン・レトリバー 4~5歳? 30kgくらい

個室から外に出るなり、足を上げずに長~くオシッコをしていました。
前回レポートでも同様の記載がありますので
個室内を汚したくなくて我慢していたのでしょう。
f0078320_823649.jpg


個室内では元気に吠えていますが、
外に出ると全く吠えず、飛びつきなどもありません。
落ち着いて人と接することが出来ます。
f0078320_8231896.jpg

f0078320_8234578.jpg

f0078320_824118.jpg


吠えていたのは、人恋しくて「こっちこっち」と呼んでいたのでしょう。
私たちに「遊ぼう!」と誘うポーズも見せてくれました。
f0078320_8233270.jpg


人馴れなどは全く問題なく、どこを触っても穏やかに受け入れてくれる子です。
家庭に入って落ち着けば、ゆったりと人のそばに寄り添える子だと感じました。




11/18レポートより登場(11/11収容)
▼No.IV メス 茶 2歳程度 12~13kgくらい

ロープをかけて個室の外へ誘導すると
「どうしようかな?出ても大丈夫かな?」と躊躇している様子で
なかなか出てきてくれませんでしたので
抱っこで出てきてもらいました。
f0078320_8243452.jpg

f0078320_8244660.jpg



外に出てくると、それなりにその場を楽しんでいて
ビクビクすることもなく、穏やかにゆったりと過ごすことができます。
f0078320_8251434.jpg

f0078320_8252752.jpg



抱っこはあまり慣れていないのか、多少固まる感じではありましたが
嫌がって暴れるなどの様子は全くありません。
f0078320_8253846.jpg

f0078320_825522.jpg


とても美しい横顔。
f0078320_8262099.jpg


けれども
何度も何度も子どもを産んで、子育てしてきたおっぱいをしています。
f0078320_8264240.jpg



右の犬歯の先が折れていました。
f0078320_8245931.jpg

また、爪が長く伸びていて歩き難そうでした。


どこを触っても動じることはありません。
何を主張することもなく、ただただ現状を静かに受け入れてきたのでしょう。
今度はあなたが幸せになる番だよ、と
声をかけずにはいられません。






12/9 レポート初登場(11/27収容)
先週後半に収容期限が切れ、譲渡用に選定されました。
子連れで捕獲・収容された子です。
元気に育った子犬2頭は、他団体さんにより引き出されました。

▼No.V メス 茶白 2~3歳 8~9kg

初登場の、一見おとなしく穏やかな女の子。
f0078320_8272077.jpg

f0078320_8273129.jpg


とてもとても痩せていて、体つきがゴツゴツしていますし
爪が長く伸びていて、お散歩をしてもらっていない様子が伺えます。
f0078320_8274361.jpg


まだまだ若いのにワチャワチャしたところが全くなく、
静かに落ち着いて過ごすことが出来る子ですが
もっとはしゃいでいいんだよ、と、声をかけたくなりました。


抱いても暴れたり嫌がったりするそぶりはありませんし
体のどこを触っても大丈夫。
人の手からおやつも食べられます。
f0078320_828129.jpg

f0078320_8283271.jpg


こんなに痩せているのは、子どもにしっかりと栄養を与えていた証拠です。
f0078320_8275685.jpg




困ったような表情をしていますが、
個室の外の雰囲気を静かに楽しんでいるようにも見えました。

大人しいのは環境に慣れていないだけ。
すぐに家庭に馴染んで明るく過ごせるようになるのでは?と感じました。

ちょっとだけでしたが、人との触れあいが楽しかったのでしょうか。
帰りは足を踏ん張って、なかなかお部屋に戻ってくれませんでした。
f0078320_8285711.jpg


抱っこして戻すと、再び外に出たがったり。
f0078320_8291639.jpg


早く暖かい家庭に迎えられ
思う存分、外の世界を満喫できますようにと願います。


撮影作業後に別のメンバーが入室した際には、
「あたちはここよ~!!!」
と叫んでいました。
やっぱり、本当は甘えたいのだと思います。






12/9 レポート初登場(11/26収容)
▼No.VI オス ゴールデン・レトリバー 3~4歳? 30kgくらい
※12/11追記;他団体さん引き出しが決まったそうです。

その場にいたちばわんメンバー全員が、思わず声を揃えて
「いい子だねぇ~」と言ってしまった可愛い子です。
f0078320_8293122.jpg


センター収容犬らしからぬ、お手入れされたようにきれいな毛並み。
f0078320_8294460.jpg


「伏せ」「「ダウン」には反応がありませんでしたが
「お座り」はちゃんと理解している様子。
お座りのコマンドで座ることができました。


人と一緒にいえば、こんなににこやか。
f0078320_829584.jpg



とにかく人が大好きで
初対面の私たちにも躊躇なく甘えてくれます。
f0078320_8302545.jpg

f0078320_8304190.jpg

f0078320_8312751.jpg



誰かに寄り添っていることが出来さえすれば、うっとり満足なようす。

手にしていたおやつにはほとんど興味を示さず
「おやつなんかより、今は甘えたいんだ」と言っているようでした。


あちこち触ってもモチロン大丈夫。
歯もしっかりと見せてくれました。
f0078320_8305469.jpg


甘えん坊のいい子です。








【鑑定室】


12/2レポートより登場
▼No.8  オス ビーグルMIX 1~2歳くらい 8~9kgくらい


小柄の、大人しい男の子です。
f0078320_884535.jpg

f0078320_8103285.jpg

(上の写真2点は先週レポートから)


風邪のような、乾いた感じのコホコホした咳をしており、
個室の中では元気がありませんでしたので
外に出すのをやめようかと思ったのですが
ロープをかけるとヒョイと出てきてくれました。
f0078320_873970.jpg


外にでれば、グッタリしているという風ではなく
比較的元気そうに見えましたが、やはり咳が気になります。

右目から目やにが出ているのも気になりました。
f0078320_875550.jpg

f0078320_88656.jpg


先週の写真に比べると、右目の状態は悪化しているようです。
センターでも当然見てくださっていますが、
山のような仕事を前に、充分なケアは難しいと思います。
f0078320_882721.jpg


早く外に出て、治療をしてあげたいです。






10/28レポートより登場
▼No.9  メス 白×黒茶まだら 11kg前後

大変怖がりな子ですので、いつも同じような写真になってしまいます。
f0078320_810533.jpg


大きなお部屋にいたときは、個室の扉を開けると飛び出して
怖がって部屋の中を駆け回ったりすることもありましたが
この鑑定室は小さなお部屋だからか、
人が扉を開けても固まるだけでパニックになることはありません。
f0078320_81199.jpg



子育てしていたときは、カメラを近づけても
怯えているというよりは、毅然とした態度でいるように見えました。

子育てが終わった今、
守るべきものは自分の身ひとつとなって
素直に怯えているということなのかもしれませんが
早く「人と一緒も悪くない」と思えるほどに、
人と触れ合うチャンスが与えられることを願います。
f0078320_8104444.jpg



今回は目の前でおやつも食べてくれました。
人と目を合わせることの出来るこの子は、
しかるべきケアを受けさえすれば、
徐々に心を開いてくれるのではないかと感じました。







10/21レポートより登場(10/8収容)
▼No.10  オス 薄茶 1~2歳 10~11kg


ビビリと言っても、この子はなんだか微笑ましいビビリくんです。
f0078320_821405.jpg


出てきてくれるときもあるのですが
今回は「出たくない」という意思を感じましたので
無理に出すことはせず、同じ個室の中に人が入って過ごしてみました。
f0078320_8215320.jpg



この子も人の動きをしっかり目で追っていますし
人と目を合わすこともできます。

おやつも、ドキドキが伝わってくるようでしたが私の手から食べてくれました。
f0078320_2062868.jpg

f0078320_2065159.jpg




前回レポートの写真です。
f0078320_207539.jpg




目を見開いてこわごわ抱っこされている様子は、つい頬が緩んでしまいます。
「怖がらなくてもいいんだよ!」と守ってあげたくなる
とても可愛い男の子です。






【収容室】



12/2レポートより登場(11/17収容)
▼茶 オス 2歳ぐらい 12~3kg

微妙なタレ耳が可愛い、おとなしく落ち着いた男の子です。
f0078320_11472366.jpg



ケージの中でもほとんど吠えず、外に出てきても静かにしていました。
抱っこは慣れていない様子ではありましたが、平気です。
f0078320_11475740.jpg

f0078320_1147391.jpg



ぐいぐい甘えてくる感じではありませんが
そっと人の懐に顔をつっこんで、そばにいたい気持ちをアピールします。
f0078320_11484086.jpg

f0078320_11485353.jpg

f0078320_11491052.jpg



女の子かな?と思ったほど、とても穏やかで従順。
手先、足先を触っても大丈夫ですし
もちろん、歯もしっかり見せてくれました。
f0078320_11482326.jpg



私たちの手から、しっかりおやつも食べることができました。

すぐにも家庭に馴染み、一緒に暮らしやすい子だと思います。





12/9 レポート初登場(11/28収容)
先週後半収容期限が切れ、譲渡用に選定されました。
▼薄茶白・黒毛まじり メス 中長毛 2~3歳? 8~9kg

この子もケージの中でも外でも吠えず
大人しい印象の女の子です。
f0078320_8141212.jpg

f0078320_815720.jpg



ロープをかけてケージから外に出すと
好奇心いっぱいの様子であちこちの匂いを嗅いでいました。
f0078320_8153917.jpg


きっとドキドキしていたのでしょう。
尻尾は終始後ろ足の間に入っていて
一緒に撮影していたメンバーが「あれ?尻尾がない!」とびっくりするほど
尻尾の存在を消していました。
「断尾したの?」と見紛うほどに。


それでも、手からおやつを食べ、手先や足先を触っても大丈夫。

大人しく控えめな印象ではありますが、
それはまだこの場に慣れていないからからというだけ?

本来は明るく活発な女の子のような気もします。


人馴れは全く問題ありません。
f0078320_8204860.jpg

f0078320_8152634.jpg

f0078320_8155615.jpg



抱っこも暴れたりせずにできました。
f0078320_814087.jpg

f0078320_8194826.jpg



まだまだ若く、ふわふわで長めの毛が可愛らしい女の子です。





12/2レポートより登場(11/19収容)
▼茶(白ソックス柄) メス 2~3歳 7~8kg


若く幼い印象の女の子ですが、この子もお産を経験しているようです。
f0078320_8134032.jpg

(上の写真は先週レポートから)



少し躊躇していましたが、ロープを引くとわりとすんなり出てきてくれました。
f0078320_8112862.jpg

f0078320_8115354.jpg

f0078320_8114357.jpg


ちばわんメンバーが頭をホリホリなでてあげるとうっとり。
気持ちよさそうに身をゆだねて来ました。
f0078320_812327.jpg



飛び出していた毛を引っ張ってたくさん取りましたが
大人しくしていてくれます。
f0078320_813295.jpg

f0078320_8132845.jpg


歯も大人しく見せてくれました。
f0078320_8131621.jpg



まだまだ戸惑っている風でもありますが
終始耳をペッタンコにして、敵意の無い様子を示してくれます。
家庭に入ればすぐに慣れて甘えん坊になりそうな
とても可愛い女の子です。




レポートは以上です。


この日も最終部屋には、何頭もの子たちが入っていました。

レポートパート2でご紹介したように、
その中から新たに3頭が譲渡用に選定されて部屋移動しましたが、
最終部屋に残ったままの子たちもたくさんいました。
f0078320_1620921.jpg

f0078320_16202976.jpg

f0078320_16204574.jpg

その子たちの中で、
もう足も立たなくなっていた高齢の女の子を
たまたま別の子のお迎えで訪れていたCACI代表さんが
引き出してくださいました。
f0078320_1621732.jpg


処分ではなく、うちで看取ります、と。

本当に、感謝です。

by centre_report | 2014-12-11 08:46 | 愛護センターレポート
<< 12/16センターレポート パート1 12/9センターレポート パート2 >>