ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9/16センターレポート パート1

サトウさんのレポートです。
加筆・修正しています。

センターで譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。
問い合わせ先
 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)



【ドックランで日光浴中だった子】

7/1よりレポート登場
▼茶白黒 オス(去勢済み) 20キロ位 まだ若い
若さあふれんばかりに、体をクネクネしながら、
迎えてくれました。
どうすればおやつがもらえるようになるか?
一生懸命考えて、お座りできるようになりました。
頭の回転の速い子なんだと感心しました。
身体のどこを触っても怒りませんが、
犬はどの子も平気というわけではなさそうです。
f0078320_12313544.jpg


f0078320_12315045.jpg


f0078320_123243.jpg


f0078320_12321729.jpg



8/13よりレポート登場(8/4収容)
▼ハスキー系雑 白 メス 13キロぐらい 2-3歳
ドックラン内で、ピクリとも動かずにいたので、
また調子が悪いのか?と心配しましたが、
寝ているだけでした。
ただ、3本足ですから体のバランスは少々崩しているようで
収容当時より少しやせていました。性格は花丸でどんな子も平気なようです。
ブルーアイが本当にきれいな子です。
f0078320_12363774.jpg


f0078320_12365373.jpg


f0078320_1237013.jpg


f0078320_1237166.jpg



▼柴 茶 オス(去勢済み) 9-10キロ
お座りができる子です。
おやつをもらえるまで、静かに待っていられます。
隣に係留されていた子が、挑発的な態度をとりましたが、
気にせず無視できるようです。
どこを触っても嫌がることはありません。
f0078320_1249825.jpg


f0078320_12492596.jpg


f0078320_1250032.jpg
繫留している鎖の根元を触ろうとするときに、
嫌がることがあるそうです。



【子犬舎】
9/3よりレポート登場(8/25移送収容)
▼メス 茶黒 1歳未満 8~9キロ
とてもいい子です。
人が大好きなようで、この月齢なのにとても落ち着いています。
一緒に入っている、ビビりさんたちとも問題なく暮らしています。
人に構ってほしくて仕方ないようで、
終始私たちの動向を控えめに観察していました。
f0078320_12531938.jpg


f0078320_12533733.jpg


f0078320_12541713.jpg


f0078320_12543265.jpg



7/23よりレポート登場(7/10収容)
▼メス 黒 6ヵ月ぐらい 9キロ位
相変わらず、人が怖いようですが逃げずに抱っこさせてくれました。
ビビりうんは出ましたが、おしっこはしませんでした。
ころころのいいうんちでした。されるがままで、一切抵抗しません。
f0078320_12591555.jpg


f0078320_12595857.jpg


f0078320_1305992.jpg


f0078320_1311533.jpg



8/19よりレポート登場(8/7収容)
▼メス 白茶 6~7ヵ月 9キロ前後?
まだまだ、人間が怖いようです。私たちから逃げ回ります。
攻撃性はありませんが、抱っこは、暴れてしまうので今回も断念しました。
人が優しい存在だということをはやく教えてあげたいです。
人の手で撫でられてウトウト寝てしまう経験をさせてあげたいですね。
f0078320_134416.jpg


f0078320_1345717.jpg


f0078320_1351467.jpg


f0078320_135308.jpg


f0078320_1354465.jpg



6/25よりレポート登場(6/13収容)
▼オス 黒茶 柴MIX 推定6-7ヵ月 7キロ前後
おやつは大好きですから、おやつを持っていれば触れますし、
寄ってきてくれます。そうでないと、ややシャイです。
抱き上げられるのはまだ怖いようでお口が出ますが、
毎日お世話をしてくれているO看護師さんは、抱けるようです。
f0078320_131644.jpg


f0078320_13163588.jpg


f0078320_13164946.jpg


f0078320_1317661.jpg



9/3よりレポート登場(8/26引取収容)
▼ 黒 ラブMIX オス 4-5ヵ月 8キロくらい とても人馴れしています。
ザ・子犬という感じの子です。尻尾をプロペラのようにブンブン振って、
人という人にあいさつに行きます。
楽しそうですが、同室の柴mixにめちゃくちゃ怒られます。
悲鳴を上げますが、懲りないようです。
手に大きな水かきがあります。とても特徴的な子です。
毛色は黒にこげ茶という感じです。
抱っこされると先ほどのが嘘のように静かになります。

f0078320_13222837.jpg


f0078320_13224796.jpg


f0078320_13225721.jpg


f0078320_13234082.jpg



下の2頭は兄妹犬です。
7/2よりレポート登場
▼メス 茶 推定7~8ヵ月 10キロ前後
顔つきはちょっと厳つい兄弟ですが、性格は花丸さんです。
同室の子とおやつを食べる際も喧嘩になりません。
すっごく元気ですが、抱っこをしたり何をしてもされるがままです。
f0078320_13274825.jpg


f0078320_13281116.jpg


f0078320_13283427.jpg



7/2よりレポート登場
▼オス 白 推定7~8ヵ月 12キロ前後
おやつ!おやつ!とケージの中から騒いでいますが、
吠えることはありません。手からも静かに食べられます。
すっごくパワフルですが、抱っこされるととても大人しくなります。
同行メンバーが
「なんか、この子がっちりしてるんだけど、そんなに重くない。
抱っこされ方が上手なのかも。」
とコメントしてました。抱かれ上手?なようです。
f0078320_13431824.jpg


f0078320_13452182.jpg


f0078320_13454181.jpg


f0078320_13462229.jpg



7/23よりレポート登場(7/11収容)
▼メス 薄茶タレ耳 推定1歳弱 10キロ位
収容当初はシャイで、おやつも食べられないくらいでしたが、
同室の兄妹が非常に人が好きとういういい影響を受けているようで
ケージの入り口のほうに出てきてくれるようになりました。
この子は毎週、毎週、人馴れが進んでいます。
f0078320_1351874.jpg


f0078320_13525046.jpg


f0078320_1353376.jpg


f0078320_1354143.jpg



6/24引取収容
▼8ヵ月~1歳程度の4頭
I市多頭飼育崩壊により保護された中から、
譲渡用に選定された子たちです。
皆まだまだ痩せています。
f0078320_1461399.jpg


6/25よりレポート登場
▼オス 右たち耳 推定8ヵ月 8キロ前後
まだ痩せています。
お腹に虫がいるのでしょうか?おやつを狂ったように食べます。
抱っこはスムーズにさせてくれます。
f0078320_1403986.jpg


f0078320_14054100.jpg


f0078320_1414810.jpg



6/25よりレポート登場
▼オス 左たち耳 推定8ヵ月 8キロ前後
立ち耳加減が、変化してきているので判別が非常に難しくなっています。
みんな垂れ耳さんになる可能性があります。
この子が一番痩せていて、骨格標本のようにやせ細っています。
当初この子たちは、15キロくらいになるのではないかと言われていましたが、
この成長期にこのやせ方では10㎏くらいかもしれません。
今は5キロくらいしかないと思われます。
f0078320_1410020.jpg


f0078320_14103793.jpg


f0078320_14105328.jpg



6/25よりレポート登場
オス 両たれ耳 推定8ヵ月   8キロ前後
この子は2番目に痩せています。6キロくらいのようです。
早く、体調を整えてふっくらさせてあげたいです。
ちばわんで7月末に引き出した同胞はみな立派な体型になっています。
同行メンバーも「この子たち軽すぎる」と心配しています。
抱っこは大人しくさせてくれます。
f0078320_14143419.jpg


f0078320_1415932.jpg


f0078320_14161166.jpg
やはり、引き出して個別にケアしないと
完璧な駆虫は難しく、太れないのだと思います。



6/25よりレポート登場
▼オス 推定1才 10キロ~11キロ
この子が、一番のビビりさんですが、犬の中では一番強いようで、
一番体型がしっかりしています。抱っこはまだ、逃げ回ってできませんが、
触られている間は落ち着くことができるようになりました。
f0078320_1418985.jpg


f0078320_14183079.jpg


f0078320_14184874.jpg



レポートは、パート2に続きます。
by centre_report | 2014-09-17 14:19 | 愛護センターレポート
<< 9/16センターレポート パート2 9/9センターレポート パート4 >>