ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6/24センターレポート パート5

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き6/24のレポートです。

ここでは選定室の子たちを紹介します。

すべて譲渡先・預かり先募集中の仔たちです。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)

【選定室】
▼NO1 メス 薄茶白 折れ耳 6~8才 10~12キロ
扉を開けると嬉しそうに出てきて、控え目に甘えます。
われ先にというタイプではなく、
みんなが終わるのを待ってから出てくるようなのんびりした子に思えました。
お口の写真はありませんが、基本的にどこを触っても大丈夫です。
優しく穏やかな子だと思います。
f0078320_0454486.jpg

f0078320_0485959.jpg
f0078320_0478100.jpg
f0078320_0463521.jpg


▼NO3 オス 茶白 長毛 1才前後 15~16キロ
頭が大きく、体とのバランスがまだ取れていないお子様体型のかわいい子です。
性格は明るくとても元気。
子どもっぽさが抜け切れていませんが、
待っている間は吠えることもなく、早く自分の番にならないかなーと、
しっぽフリフリでケージに顔を押し付けて待ってくれます。
f0078320_103882.jpg
f0078320_101723.jpg
f0078320_0595326.jpg
f0078320_0594185.jpg


▼NO4 メス 黒茶まだら 1~2才 12~13キロ
自分の子+ほかの子も授乳して育ててくれました。
ようやく子育てが終わり、ほっと一息ついているころだと思います。
子どもと離され、まだ緊張があるのかずーっと写真のままの姿勢でした。
できるだけ早く出して、甘えさせてあげたい子です。
f0078320_1215898.jpg
f0078320_1211019.jpg
f0078320_1202115.jpg

f0078320_1264586.jpg

↑この写真は先週のレポートからです。

レポート初登場
▼NO5 オス 柴 2~3才くらい  8~9キロ
ペットボトルのお水を終始飲んでいました。
コツがつかめないのかうまく飲めなかったのでしょう。
出すとワチャワチャしてマーキングが見られますが、未去勢のためだと思います。
歯は見せてもらえませんでしたが、どこを触っても大丈夫です。
f0078320_1291715.jpg
f0078320_1284076.jpg
f0078320_1287100.jpg
 

▼NO6 オス コーギーMIX 8キロ前後
この日はかなりの下痢が見られました。
この子の目の前のプールに子犬がいたため、出すのをやめました。
本来は明るく天真爛漫な性格のようです。
f0078320_1461769.jpg
f0078320_146232.jpg
f0078320_1452933.jpg

↑写真はすべて先週のレポートから。

▼NO7 メス こげ茶 2才くらい 13~14キロ
落ち着いた物静かな子です。
甘え方は控えめですが、どうしていいのかわからないだけのように思います。
撫でられと気持ちよさそうにしていましたから、
家庭に入ると甘えん坊になるタイプだと思います。
カメラも気にせず近づきすぎのおちゃめな面も見せてくれました。
f0078320_1501216.jpg
f0078320_149454.jpg
f0078320_1491783.jpg
f0078320_149053.jpg



【手術室】
▼メス(不妊手術済み) 薄茶 1~2才 12~3キロ
先週まで選定室№5に入っていた子です。3/3からセンターにいます。
人懐っこく、甘えん坊な女の子です。
この日は術後とあってクレートに入っていました。
手術跡を気にしていましたので出すのを控えました。
f0078320_211259.jpg
f0078320_2104896.jpg

f0078320_2112761.jpg
f0078320_2111684.jpg

↑出ている写真2枚は先週のレポートからです。

▼オス(去勢済み) 黒 1-2歳 12.9キロ
飼い主募集中!№2580
顔はフレブル風で愛嬌があります。
パワーが有り余っていてかなりパワフルです。
人懐っこく甘えん坊な子なので構ってほしくて仕方がないのだと思います。
この子も術後のため出すのを控えました。
f0078320_2185823.jpg
f0078320_2184388.jpg

f0078320_2191034.jpg

↑出ている写真は先週のレポートからです。



そして最終部屋には、生きる望みを絶たれた子が12頭いました。
この日多頭飼育崩壊により飼育放棄された子も4頭含まれます。
窓に近づくと一斉にこちらを見つめ返してきます。
あきらめた瞳、希望を見つけたい瞳、
立つことができなかった子も一生懸命いざってこちらに来ようとします。
そしてそのそばには一緒に暮らしていた子が心配そうに見ていました。

合掌

レポートは以上です。
by centre_report | 2014-06-26 02:51 | 愛護センターレポート
<< 7/1センターレポート パート1 6/24センターレポート パート4 >>