ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3/11センター・レポート パート1

バロン母さんのレポート(小型犬用部屋&旧シャンプー室)です。
加筆・修正しています。



譲渡先・預かり先を募集中の子たちを紹介します。

問い合わせ先
 korotarouhs★nifty.com (★を@にかえてください)



小型犬用部屋

▽黒茶白 メス 推定3-5歳? 7キロぐらい 
先週まで譲渡室Ⅳにいましたが、こちらへ移動してきました。
サークルから出すと嬉しくてちょこまか動き回っていましたが、
抱きかかえられると途端に大人しくしてくれました。
f0078320_22394770.jpg

人と触れ合えることで安心したのでしょう。
f0078320_22402210.jpg

歯も抵抗なく見せてくれて、歯石もなく真っ白でした。
4-5歳よりもっと若い???
f0078320_22403639.jpg




▽茶鼻黒 メス 1歳ちょっと(飼い主申告) 5-6キロ
体つきは細くて小柄な印象でした。
f0078320_22412100.jpg

他の犬達が外に出ているのを見ると吠えていましたが、
扉を開けると吠えるのを止めて、小刻みに体を震わせていました。
優しく撫でてもらうと人間を頼るような仕草をみせました。
f0078320_22411972.jpg

歯も見ても決して怒ることなく、綺麗な歯をしていました。
f0078320_22413294.jpg





▽柴犬 オス去勢済み 8キロくらい
ケージから出すと全身で喜びを表現してくれました。
f0078320_22414791.jpg

人が側に居るだけでこの子は幸せなんでしょう。
上手に写真に収めることが出来ませんので先週レポートよりお借りしました。
f0078320_233392.jpg
 △この子は、自分がケージ内にいるとき他犬が前を通っても、
ただただ黙ってニコニコしています。




▽茶 額と鼻が黒 メス 8.5キロ 2-3歳
穏やかで控えめな印象です。
人のお顔見るとお耳をペターと倒して尻尾フリフリ人に対して精一杯の愛情表現を見せてくれます。
f0078320_22422368.jpg

リードを持ってる人を尊敬の眼差し見上げる姿もありました。
f0078320_22423784.jpg

撫でてあげると、穏やかに甘えていました。
f0078320_22424918.jpg

犬歯には歯石が付いていました。
f0078320_2243290.jpg




▽コーギー メス 7-8才 10キロくらい
片耳が垂れています。
コーギーの活発なイメージよりはおっとりした子に感じました。

ケージから出そうと抱きかかえると、体を預けてきてくれました。
f0078320_22452066.jpg

撫でてもらい、リラックスしたのか体を預けてきて、結局へそ天をお披露目してくれました。
f0078320_22453797.jpg
f0078320_22454864.jpg




▽黒柴 メス 生後6か月くらい 6.5キロ
年齢の割に落ちいています。他の子が吠えていても動じる事なくいました。
3/4レポートより
f0078320_23392142.jpg

この日、引き出し予定の子です。
f0078320_2246346.jpg




旧シャンプー室 

▽茶(鼻黒) メス 8才(飼い主申告) 12-3キロ
人懐っこく、甘えん坊で部屋に入るとすぐに体を寄せてきて甘えてくれました。
お部屋の外の犬に対して、他の犬が吠えると一緒になって吠えていましたが、この子自身はそれほど強い子ではないように感じました。
f0078320_014189.jpg

f0078320_015625.jpg

3/4レポートより
f0078320_081027.jpg
   
   ↑
この二頭は血縁関係のようです。
   ↓
▽薄茶 メス 2歳(飼い主申告) 11-12キロ
この子も積極的に人との関わりを持とうと寄ってきます。
撫でてもらい安心した様子の眼差しでした。
f0078320_01214.jpg

f0078320_0114658.jpg

3/4レポートより
f0078320_018359.jpg




▽白(薄茶) メス 推定1歳~1歳弱 7-8キロ
お部屋に入る前からずっとこの体制で気配を消していました。
f0078320_024119.jpg

f0078320_0242749.jpg

撫でても逃げるでもなくされるがままにただ固まっていました。
以前は抱っこもさせてくれたようですので、人との関わりの中で心開いてくれるのではないでしょうか。
f0078320_0244048.jpg



レポートは、パート2、パート3に続きます。
by centre_report | 2014-03-11 22:21 | 愛護センターレポート
<< 3/11センター・レポート パート2 3/4センターレポート パート2 >>