ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3/19センターレポート

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



子犬7頭と成犬3頭、計10頭の引き出しの為
センターを訪問しました。


まずは御礼から。


先日開催された篠崎定例犬親会で集まりました古新聞を

持ち寄ってくださった皆さんのお気持ちを代表して
メンバーの手でセンターへと運搬させていただきました。

いつも本当にありがとうございます。
皆様のお気持ちに感謝いたします。
f0078320_2026544.jpg





【子犬舎】

最初に子犬達の引き出し作業を開始しました。
先週ここにいた子たちの受け入れ先を確保して7頭全てを引き出したのですが、
その後新たに何頭も収容されてしまいました。
またまた譲渡・預かり先を募集しなければなりません。


この日は少し動くと汗ばむほど暖かく
子犬達も表の囲いに出してもらい
日向ぼっこをしていました。

ポカポカと気持ちよさそうです。
f0078320_20271577.jpg
△▽この黒い子犬たちはまだ月齢が低いため他団体さんが引き受け可能だそうで、
ちばわんでは預かり先募集をしません。
f0078320_2133747.jpg

f0078320_20272252.jpg

f0078320_23301663.jpg
 △▽こちらの4頭(オス2メス2)の譲渡・預かり先を募集しています。
f0078320_20274890.jpg

f0078320_19263466.jpg

△左:体調が悪いそうで、治療中です。元気になりますように。


▽以下は、この日引き出した子たちです。
f0078320_2132049.jpg

f0078320_214342.jpg

f0078320_20381770.jpg




この日引き出した子犬達7頭です。
f0078320_20375172.jpg
f0078320_2038425.jpg

f0078320_20455096.jpg

f0078320_20404569.jpg

f0078320_2175078.jpg

f0078320_20462792.jpg

f0078320_20382875.jpg




以下の成犬たちも、譲渡・預かり先を募集しています。

問合せ先
 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


【旧子犬舎】

先週開催されたセンター主催の譲渡会で
旧子犬舎にいた成犬達に家族が決まったそうで
この部屋の顔ぶれが変わっていました。


▼テリア雑・白茶・オス・10kg・推定1歳
f0078320_20544975.jpg
f0078320_20544874.jpg

いつも大人しくニコニコ尻尾を振っている印象があります。
テリアと言うよりは大き目なシーズー犬のような見た目をしています。
『飼い主募集中No.2010』←こちらも合わせてご覧ください。



▼ジャーマン・スパニエル? 男の子 推定年齢2~3歳 14kgくらい
f0078320_20593761.jpg

私たちを見て嬉しそうに尾を振り始終穏やかにニコニコしていました。



▼柴 オス 2-3歳 9キロ
f0078320_211726100.jpg




▼雑・茶白・オス・9.5kg・推定3歳 『飼い主募集中No.1992』
f0078320_21184469.jpg






【小型犬用部屋】

▼雑・うす茶・オス・15kg・推定3~4歳 『飼い主募集中No.1999』
f0078320_20384462.jpg

f0078320_20421179.jpg

体は大きめですが、ゆったりと落ち着いていて飼いやすい子だと思います。


▼白 男の子 12Kgぐらい
f0078320_20434037.jpg

見た感じはシニアだと思われます。
いつも大人しくケージ内にいます。


▼柴系雑 茶黒 推定1歳 7kgぐらい
f0078320_226306.jpg



【譲渡室】

ケージNoⅡ
オス 推定1歳 11-12キロくらい  他抑留所から先週移送
f0078320_21305327.jpg

f0078320_21295433.jpg
f0078320_21301376.jpg
f0078320_2130106.jpg
f0078320_2130258.jpg

ビビりと言うよりは腰の低い感じの子で
人に触れられると耳がペターンとなりますが
実際はたち耳で、カッコ良いお顔をしています。
顎下に手を置いた写真ばかりですが、そうしていないと
「僕に敵意はありませんよ」と言いたげにどんどん姿勢が低くなってしまいます。




ケージNoⅣ
メス 推定3歳未満 6-7キロくらい     他抑留所から先週移送
f0078320_2146454.jpg
f0078320_21463823.jpg

f0078320_21473638.jpg

f0078320_17433131.jpg

明るく活発な子です。
人が好きなようで、私たちの顔を確認するように
上を見上げては見つめてきました。
ジッとはしていませんでしたが、歯も見せてくれました。
目の周り、鼻先に脱毛があり、皮膚疾患かと思いましたが
体の他の部分には目立った脱毛は見られませんでした。






ケージNoⅦ
私たちの見学作業中に新しい飼い主さんが迎えに来て、譲渡されて行きました。
f0078320_22523710.jpg
f0078320_22525565.jpg

f0078320_22572585.jpg

f0078320_22525539.jpg

ややシャイで腰が引けていましたが
触れても唸ったり怒ったりすることはありませんでした。
ケージ内でも吠えることなく大人しくしていました。




ケージNoⅧ
オス 推定6-7歳 10-11キロくらい     他抑留所から先週移送
f0078320_2302614.jpg
f0078320_2304382.jpg
f0078320_2304399.jpg

f0078320_2341182.jpg

f0078320_1835473.jpg

明るく元気いっぱい
撫でられてニコニコ、笑顔がとても可愛らしいです。
それほど若くはないようですが活発なタイプの子のようです。





ケージNoⅢ
うす茶ラブ風MIX オス 4-5歳 20kg
f0078320_238325.jpg
f0078320_2381251.jpg

f0078320_2311886.jpg
f0078320_23111870.jpg

尻尾が途中で切れています。
切れてからそう年月は経っていないようですが痛がっている様子はありません。
とても痩せていますが、食欲はかなりあるようです。
活発なタイプのようですが、歯を見る時怒るようなことはありませんでした。






【選定室】



ケージNo1
MIX 茶白 メス 5-6歳 15Kgぐらい(やせ気味)
f0078320_23183548.jpg

多頭飼育現場から保護された21頭のうちの1頭で
一番人懐っこいということからすぐに譲渡向けに選定されました。
私たちを見ると、吠えることなくケージ内で尾を振って触れられることを待っている様子です。





▼No3 雑・うす茶・メス・9kg・推定4歳 『飼い主募集中No.1968』
f0078320_23171086.jpg
f0078320_23171263.jpg

相変わらず大人しく、決して前に出てくるタイプではありませんが
「ちゃーちゃん」と声を掛けると控えめに尻尾を振るようになりました。
攻撃性などは全くなく、穏やかで物静かなタイプの子です。






ケージNo4
MIX 薄茶 オス 7~8か月ぐらい 9Kgぐらい
f0078320_23223939.jpg
f0078320_23224936.jpg
f0078320_23225910.jpg

大人しく、少しシャイな子です。
問題なく触れることができます。



ケージNo5
メス 推定3-5歳 13キロ位(太り気味) 『飼い主募集中No.2004』
f0078320_23284685.jpg

f0078320_23263562.jpg
f0078320_23263799.jpg

ケージ内では吠えてしまいますが
外に出すと鳴き止みます。
人馴れは問題ないようです。






ケージNo6
MIX 茶 メス 2歳ぐらい 12Kgぐらい 『飼い主募集中No.2000』
f0078320_23313463.jpg
f0078320_23313740.jpg

この子もケージ内では少し吠えますが
基本的に大人しく、穏やかなタイプだと思います。
攻撃性などはありません。





ケージNo7
柴MIX 白 メス 6歳 7-8kg 
f0078320_23344785.jpg

f0078320_23333838.jpg

この日も元気いっぱいでした。
結構吠えていましたが
散歩に出たがっていたように思います。
活発ですが、人に対して強く出る感じではありません。





【旧シャンプー室】
何度かレポートに登場している
一斉に保護された21頭のうちの4頭です。

相変わらずシャイな子達ですが
表情はより明るく豊かになっていました。
以前は逃げてしまうため、あまり触れることができなかった子も
ジッと撫でさせてくれるようになっていました。
f0078320_23463457.jpg

f0078320_23512099.jpg

f0078320_23514443.jpg




▼茶長毛 メス 3-4歳 9-10kg
f0078320_23435230.jpg

だいぶ触らせてくれるようになりました。
ビビりですが明るい性格の子です。



▼茶黒 メス 1歳ぐらい 12kgぐらい 
f0078320_23441737.jpg

この子は触れようとすると上手に逃げます。



▼白 メス 2歳ぐらい 11.5kg
f0078320_23443626.jpg

この中では一番人懐っこく
静かに前に出て撫でてほしそうに見つめてきます。
この子は全く逃げません。



▼茶長毛 オス 3-4歳? 10kgぐらい
f0078320_23461426.jpg

この中で唯一のオスです。
上手に逃げてしまうため
この子もまだ触れることができませんでした。






【4日目の部屋】

同じく保護された21頭のうちの6頭です。
全てオスです。
f0078320_18435249.jpg
f0078320_184425.jpg




▼黒長毛  8Kgぐらい 後肢異常(原因不明)
f0078320_23584835.jpg

f0078320_0235866.jpg

この部屋で一番人懐っこいこの子は今日も真っ先に駆け寄ってきました。
相変わらず群れには溶け込めないのか、1頭だけ離れて過ごしていました。



▼茶白 10Kgぐらい(かなり痩せている)
f0078320_23585719.jpg

f0078320_23591667.jpg

f0078320_19301053.jpg

人に興味があるようで、近くに寄ってきて匂いを嗅いだりします。
手を出すとやや後ろに下がります。



▼白黒 12Kgぐらい(かなり痩せ過ぎ)
f0078320_23593298.jpg

f0078320_0192159.jpg

近づくだけで逃げてしまうので触れることはできませんでした。



▼白黒 15Kgぐらい(かなり痩せ過ぎ)
f0078320_0173230.jpg

この子も人から遠ざかるので、触れることはできませんでした。
相変わらず細すぎでしたが水下痢の状態からは脱したようです。



▼茶とら 7Kgぐらい(かなり痩せている) 5-6歳
f0078320_0195569.jpg
f0078320_020591.jpg
f0078320_0202893.jpg

以前は触れることはできても撫でることまではできなかったこの子は大進歩!
ひととき撫でさせてくれました。
不安から転じて攻撃的になることもありません。



▼黒白 13Kgぐらい(かなり痩せ過ぎ)
f0078320_021358.jpg

自ら人に近寄ってくるタイプです。
触れようとするとやや後ろに下がります。




その他、新たに譲渡用として選定された子2頭と、先週・先々週に譲渡用として選定された子2頭です。



▼白茶 メス 1歳未満 9キロ  
f0078320_0271670.jpg

f0078320_0275642.jpg
f0078320_028820.jpg
f0078320_0282277.jpg

すぐにコロ~ンと引っくり返ってしまい
起き上がると人の足の間に潜ろうとします。
まだ幼い印象で、人を頼っている感じがしました。


△▽この2頭は日にちは違いますが同じ場所で捕獲されました。
姉妹または一族かも知れません。




▼茶黒 メス 1歳未満 10.5キロ
f0078320_0332585.jpg
f0078320_0332566.jpg
f0078320_0335877.jpg

少しビビりな子で、触れると固まっていましたが
肉球、お尻など何処を触っても怒ることなどはありませんでした。





▼黒茶やや長毛 メス 3歳ぐらい 14kgぐらい
f0078320_039353.jpg
f0078320_0394571.jpg

この子も少しビビりで、隅っこで固まります。
でも触れても問題ありません。





▼うす茶 オス 2歳ぐらい 13.5kgとのことですが、↑の黒茶の子よりも大きく見えました。
人が大好きな様子ですが落ち着きがなく、歯を見るのに難儀しました。
f0078320_0424329.jpg
f0078320_0425331.jpg
f0078320_04303.jpg



大変悲しいことですが、先週訪問時に最終部屋から出してもらい、
譲渡候補とした2頭のうち1頭が亡くなってしまいました。
他にも2頭、譲渡用とされていた子が、
恐ろしい感染症と思われる症状で亡くなったとのこと。
先週はあんなに元気な姿を見せてくれていた若い子が、

預かりの声もあがり、あともう少しで幸せへの階段を昇り始めるはずだったのに
・・・あまりに残念でなりません。

その他にも1頭、長くセンターにいた子が亡くなったと聞かされました。
センターに収容された子のうち、譲渡候補として残してもらえるのは一部だけ。
そしてその中でも、全員が元気で出られるわけでは残念ながらありません。
救うことができるのは、ほんのひと握りなのです。
いったいどうしたら、こんな悲劇がなくなるのでしょうか。





この日引き出した成犬3頭です。

不安そうな顔も外に出て一変します。
f0078320_2015134.jpg
f0078320_20153338.jpg

f0078320_20203999.jpg

f0078320_20211950.jpg



4日目の部屋で
小さい子を背に乗せたりしていて
皆に頼りにされていた白いモコモコの子も引き出しました。
f0078320_1933878.jpg

f0078320_219817.jpg

身を寄せ合い過ごしてきた子達です。
部屋から出される様子を見て、後を追う子もいました。

此処を出たら、良い未来が待っていること
この子達にまだ理解はできるはずもありません。

急に1頭となり、不安でいっぱいの表情をしています。
f0078320_1853930.jpg

外に出ても進むべきかどうか考えるこの子にジッと付き合います。
f0078320_18532757.jpg

そして進むと決めたかのようにしっかり立ち上がり歩き出します。
f0078320_1853432.jpg
f0078320_18541991.jpg

新しい犬生の一歩を踏み出したこの子達に
沢山の幸せが訪れますように。




*     *     *     *     *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、
センターではなく、まずは必ず ちばわんまでお願いいたします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
また、安否確認のみのご連絡はご遠慮くださいますようお願いいたします。


★収容期限内の犬については『収容犬情報』をご覧ください。
お問い合わせは動物愛護センターにお願いします。


★譲渡用に残されている仔に関しましては千葉県内にお住まいの成人の方は、
センターから直接譲渡を受けることが可能です。
こちらをご覧ください⇒⇒⇒⇒【飼い主募集中!】
by centre_report | 2013-03-19 21:48 | 愛護センターレポート
<< 3/26センターレポート その1 3月12日(火)センター・レポート >>