ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月27日センター訪問

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



6月27日、子犬のシャンプーのために個人ボラさんたちとセンターを訪れました。

26日のレポートと重複するかと思いますが、どなたかの目にとまり、命に期限を決められてしまった子たちにもう一度チャンスが訪れることを願って紹介します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせはセンターではなくちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)

時間がありません。28日(木)が期限の子たちです。

27日午後2時過ぎの時点では最終部屋は空でした。
誰もいない静寂は、昨日処分があったということを物語っています。

殺処分ゼロは夢でしょうか。
願って願って、たくさんの人が願っているのです。
どうぞ、収容された犬たちに目を向けてください。

▼yo120620-01
14~15キロと思われる男の子です。かまってほしそうに要求していました。お迎えを待っています。
f0078320_1181126.jpg
f0078320_1183325.jpg


▼sa120620-01
13キロ前後ではないかと思います。人間を信じることができないのでしょうか。とても悲しそうな表情でした。
f0078320_119423.jpg


▼ks120620-01
長毛のきれいな男の子です。13キロ前後だと思います。唸ったり威嚇したりの素振りはまったくないのですが、人馴れは×の印がありました。まだ若そうです。人への信頼を取り戻すことはできないのでしょうか。
f0078320_129275.jpg


▼ks120620-02
まだ4ヶ月くらいの女の子です。人馴れは△の印でした。しっぽを振って寄ってはこないけれど、ちょっとビビリなだけ。人と接することではじける笑顔を見せてくれそうです。ほんの2ヶ月ほどの違いでこの子は子犬部屋に入れないのです。
f0078320_1341611.jpg
f0078320_1343824.jpg
f0078320_1345877.jpg


▼ks120620-03
10キロ超えたくらいだと思います。女の子です。舌を出してよだれを垂らしていました。緊張が続いているのでしょうか。
f0078320_1413162.jpg


▼sa120622-01
おとなしい女の子です。譲渡とありましたから、検疫に回れるのだと思います。
f0078320_1484030.jpg



7月2日が期限です。

▼ks120626-01
鑑定室にいました。大き目の男の子です。負傷犬ということですが、怪我の様子はわかりませんでした。ただ動くこともできないようでとても具合が悪そうに見えました。お顔は見ることができませんでした。
f0078320_1525531.jpg


▼yo120626-01
落ち着いて気品すら感じました。15キロ前後の男の子です。
f0078320_11027.jpg

f0078320_1113061.jpg


▼sa120625-01
10歳近いかもしれません。小さくてとてもかわいい女の子です。足に小さな怪我がありましたが気にはしていませんでした。まだまだ元気に暮らしていける子です。
f0078320_15642.jpg

f0078320_15792.jpg


▼in120625-01
黒柴そのものと思われる男の子です。8キロくらいでしょうか。吠えることもなく静かに寝ていました。
f0078320_24122.jpg


▼in120626-02
かなり弱っているおばあちゃん犬です。ほんの一瞬お顔を上げてくれました。家族がお迎えにきてくれるまで頑張ってください。
f0078320_271093.jpg

f0078320_284798.jpg


▼in120626-01
写真が撮れていませんでした。ごめんなさい。
f0078320_2125347.jpg


▼ks120626-03
10キロ以下の小さな男の子です。人馴れは問題なくよほどおなかが空いていたのか、隣のケージのご飯を食べたそうにしていました。腰の辺りにかなり大きなかさぶたと足にも小さな怪我が見られましたが、気にしていないようでした。
f0078320_2151778.jpg

f0078320_2153890.jpg

f0078320_218363.jpg


▼ks120626-02
20キロ以上、25キロくらいあるかもしれません。大きな体を小さくして、目を合わさないようにしていました。飼い主さんのお迎えをひたすら待っているように見えました。
f0078320_2231356.jpg


▼収容犬情報にはありませんが、27日に収容されたコッカーです。飼い主さんが現れないときは譲渡に回るのでしょうか。
f0078320_225398.jpg
f0078320_2252372.jpg


▼鑑定室にいた負傷犬です。データがありませんでした。6~7キロくらいの小さな子です。性別も期限もわかりません。立つことも動くこともせず、このままの姿勢でした。
f0078320_228422.jpg
f0078320_2285728.jpg
 △6月22日捕獲 29日期限 市原市平田 雑 黒白 オス 中 
負傷犬収容体勢のない保健所から期限満了前に移送されて来ました。



同じ部屋にいた負傷猫です。
▼まだ子猫です。怪我の様子はわかりませんでした。
f0078320_2311961.jpg


▼とても懐こい子で、ケージ越しにスリスリしてきます。パッと見ただけでは怪我も見当たりませんでした。
f0078320_2323660.jpg


▼この猫さんは頭に怪我が見えました。丸くうずくまったままでしたから、ほかにも怪我があるのかもしれません。表情も辛そうです。
f0078320_2335362.jpg


紹介した犬たちには時間がありません。命に期限のある子を急ぎました。

譲渡希望・預かり希望がありましたら
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
までお問い合わせ下さい。

選定室の子、シャンプーした子、子犬たちはその2に続きます。

この記事をご覧になってのお問い合わせはセンターではなくちばわんにお願いします。
限られた時間の中でのボランティア活動です。「あのコはどうなりましたか」のような安否の問い合わせは控えてください。その間にも、命をつなげるお問い合わせが入るかもしれませんので、ご理解ください
by centre_report | 2012-06-28 02:54 | 愛護センターレポート
<< 6月27日センター訪問 その2 6月26日(火)センターレポー... >>